まとめ
» 2021年11月13日 12時00分 公開

買い替えは「iPhone 13」より特価「SE」や「12 mini」? 秋冬の目的別iPhone購入術(1/3 ページ)

9月に「iPhone 13」シリーズが発売されたが、指紋認証を搭載しなかったiPhone 13の128GBモデルでもApple Storeでは9万6800円と、少々割高に感じるのが現状だ。では、どうiPhoneを購入すればお得なのか? 旧モデルの購入も視野に入れながら考えた。

[島徹,ITmedia]

 この秋冬のiPhone買い替えだが、最新だが高額な「iPhone 13」シリーズを選ぶか、安価な旧モデルを購入するか迷っている人は多いだろう。

iPhone購入術 iPhone 13シリーズが登場し、そろそろiPhoneの買い替え時だ

 だがこの秋冬シーズン、一部店頭で販売されている条件付き「iPhone SE」の一括1円や、「iPhone 12 mini」の大幅値下げなどの特価販売を見る機会が増えている。実際に、これらのモデルがお得なのか興味を持っている人も多いのではないだろうか。

iPhone購入術 この秋冬商戦、iPhone SE(第2世代)やiPhone 12 miniの特価販売を見る機会が増えてきた

 そこでこの記事では、買い替えの目的別にどのiPhoneを買うべきかに加え、iPhone 13シリーズをお得に買う方法、この秋冬お買い得なモデルをお得に方法を紹介していく。この秋冬シーズン、お得に高性能なiPhoneを手に入れたい人は要チェックだ。料金は全て税込み。

最新・旧iPhoneの性能と特徴をチェック

 これからiPhoneを買い替える人は、以下に大別されるだろう。この記事では最初に現在買えるiPhoneの全体像を示したうえで、おすすめの機種と購入方法を紹介していく。

  • 最新iPhone 13シリーズを、できるだけ安く買いたい
  • そこそこ安く快適なiPhoneや、指紋認証が欲しい

 現在、各キャリアやApple Store、量販店で新品が販売されているのは、iPhone 13シリーズとiPhone 12シリーズ、iPhone SE(第2世代)、iPhone 11といったモデルだ。

iPhone購入術 左から「iPhone 13 Pro」「iPhone 12 mini」「iPhone SE(第2世代)」「iPhone 11」

 現行のiPhone 13、12、11シリーズは画面が大きいモデルが多く、ロック解除は顔認証、カメラを2つ以上搭載し、夜景に強いナイトモードを搭載している。さらに、13 Proと12 Proモデルは望遠カメラやLiDAR搭載などカメラ機能がより優れるが、特に13 Proは重量が重たいという欠点もある。

iPhone購入術 左からiPhone 13 Proの6.1型、iPhone 12 miniの5.4型、iPhone SE(第2世代)の4.7型、iPhone 11の6.1型

 安価に販売されているiPhone SE(第2世代)は、「iPhone 8」「iPhone 7」「iPhone 6s」などとほぼ同じ形状で、マスク装着時も指紋認証でロック解除が楽だ。だが、今時のスマホとしては画面が小さく、動画視聴やアプリをヘビーに使う人にとってはバッテリー持ちがやや劣るという難点もある。

iPhone購入術 iPhone SE(第2世代)は指紋認証センサーを搭載。マスクを装着しての外出時のロック解除やスマホ決済は、現行の全iPhone中で一番快適だ

 iPhone SE(第2世代)のアウトカメラは1つのみでナイトモードも非対応だが、iPhone 8や「iPhone X」あたりとほぼ同等の写りだ。夜景もナイトモード搭載モデルには劣るが、そこそこ明るく写る。

iPhone購入術 iPhone 13 Proのナイトモード撮影
iPhone購入術 iPhone SE(第2世代)の通常撮影

 なお、どのモデルを選んでもSuicaなどのFeliCa系サービス、防水性能、ステレオスピーカーを搭載。イヤフォン端子は非搭載だが、それ以外は求められる機能をほぼ搭載している。

 CPUなどの処理性能の面で見ると、現行の13からSEまでどのモデルもハイエンドと呼べる処理性能を持つ。3Dグラフィックのゲームアプリの動作もほぼ不満を感じない。処理性能だけに限れば、低価格で販売されているiPhone SE(第2世代)のコスパは全スマートフォンの中でも圧倒的だといえる。

iPhone購入術 CPUベンチマークの「Geenbench 5」のおおよその結果。2021年のスマートフォンを基準として大ざっぱに分類すると、iPhone XやiPhone 8以上がハイエンドやミドルハイ相当の快適に使えるモデルといえる

 旧モデルとも比較した画面サイズと重量、価格情報も見ておこう。価格は販売するキャリアや店頭によって異なるため、基準としてApple Storeの128GBモデルの価格を掲載。また、後述する11月5日時点の特価情報も参考として掲載している。

iPhone購入術 新旧iPhoneの比較リスト

 軽量コンパクトで高性能なら、iPhone 13 miniが一番魅力的だ。iPhone 12 miniの弱点だったバッテリー持ちが若干改善し、バランスの取れたモデルとなっている。ただ、現在はiPhone 12 miniやiPhone SE(第2世代)が特価販売で安い状況なのでコスパの面ではやや劣る。

 大画面の6.1型モデルではiPhone 13やiPhone 12が軽さを含め使い勝手がいい。なお、価格面では現状13と12の価格差は非常に小さい。しかし機能面では13のコスパが良く、カラバリは12が多いという悩ましい状況だ。

 この他、望遠カメラも必要ならiPhone 12 Proは要チェックだ。iPhone 13 Proが重たいので、軽い望遠搭載モデルが欲しいならこれしかない。少々コスパが悪くても在庫がなくなる前に確保する必要がある。

 これらを踏まえて、目的別にiPhoneのお得な買い方を見ていこう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー