ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Windows Hello」最新記事一覧

Weekly Memo:
Windows 10を導入しない企業は成長しない?
マイクロソフトが企業のPC用OSとして、導入を強力に推し進めているWindows 10。企業がWindows 10を採用する決め手は何なのか――。機能強化版「Windows 10 Anniversary Update」に実装された機能も検証しながらあらためて整理した。(2016/8/22)

Cortanaが変えるWindowsの未来
Windows 10がAnniversary Updateで本気モード、革新的“キラーアプリ”を徹底レビュー
Microsoftは、「Windows 10 Anniversary Update」でCortanaを大きく強化した。その他の新機能や強化された点も含めてAnniversary Updateの内容を紹介する。(2016/8/21)

不安はあれどもWindows 10に移行するのが最善策
Windows 10移行に“断固拒否”な人がきっと心変わりする「5つの根拠」
「Windows 10」への移行をためらう人が少なくないのには、それなりの理由があるのは確かだ。だが移行によって得られるメリットは、こうした懸念を補って余りある可能性がある。(2016/8/14)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
失速するWindows 10 Mobileは生き残れるのか?
日本ではサードパーティー製品の元気がいい「Windows 10 Mobileスマホ」だが、世界的には苦戦が続いている。MicrosoftはWindows 10 Mobileを諦めてしまうのだろうか。(2016/8/10)

オーバーレインボーか、トルネードミックスか:
8月10日の「Windows 10の日」にあの10段ソフトクリームが復活
日本マイクロソフトが「Windows 10 Anniversary Update」に関するプレスセミナーを開催。「愛されるWindows」を目指す。(2016/8/5)

Windows 10無償更新「終了」のはずが……障がい者向け措置が“抜け穴”に? 一般ユーザーはどうなる
Windows 10への無料アップグレード期間は7月29日で終了したが、アクセシビリティー機能を利用するユーザーは引き続き無料でアップグレード可能。特に手続きも必要ないため、一般ユーザーでも利用できてしまう。日本マイクロソフトはどう考えているか。(2016/8/5)

2015年11月以来の大型アップデート:
マイクロソフト、「Windows 10 Anniversary Update」と「対応SDK」をリリース
マイクロソフトは「Windows 10 Anniversary Update」の提供を開始。併せて、その新機能を利用したアプリケーションを開発するための「Windows 10 Anniversary Update SDK」もリリースした。(2016/8/4)

待てない人は:
Windows 10公開1周年無料大型アップデートを今すぐ手動で入手する方法
Windows 10公開1周年を記念した大型アップデート「Anniversary Update」の配信が始まった。待っていれば自動的に適用されるが、今すぐアップデートしたい人はどうすればいい?(2016/8/3)

注目デバイスを徹底比較
王者「Surface Pro 4」に挑む新星「Huawei MateBook」、比較で分かった“価格以外の差”
手頃な価格で高パフォーマンスの「HUAWEI MateBook」は、Windows 10タブレットの最高峰「Surface Pro 4」に勝ち目があったのだろうか。両機種を比較してみた。(2016/7/30)

「App-V」「UE-V」が「Windows 10 Enterprise」に搭載へ
「Windows 10」次期更新で「Pro」ユーザーが迫られる“究極の選択”
Windows 10の大型アップデート「Windows 10 Anniversary Update」には、企業向けの新ツールや新機能が備わる。だが「Windows 10 Pro」のユーザー企業は落胆するかもしれない。(2016/7/20)

適正価格の2-in-1デバイス
徹底レビュー:「HUAWEI MateBook」は“お得版のSurface Pro 4”、USB Type-Cでも不便じゃない?
「HUAWEI MateBook」は、性能と価格のバランスが取れた2-in-1デバイスだ。そのスペックや性能をレビューする。(2016/7/16)

学生優待プログラムも実施:
Surface値下げ 2in1市場の拡大を狙う日本マイクロソフト
日本マイクロソフトがSurface Pro 4とSurface Bookの価格改定を発表。Surface Bookは最大2万5000円安くなる。学生はさらに値引きも。(2016/7/15)

命運握る「Windows 7」ユーザーの選択は
「Windows 10無料移行」を拒んだ人が2年後に悔しがる“これだけの根拠”
2016年7月29日に無償アップデートが終了する「Windows 10」。移行をかたくなに拒む動きもあるが、Microsoftが掲げる「2、3年でWindows 10デバイスを10億台へ」という目標は、絵に描いた餅ではなさそうだ。(2016/7/14)

スマホ業界からの刺客:
PR:ビジネスを華やかに彩る新世代2 in 1「HUAWEI MateBook」徹底レビュー
スマートフォンでおなじみのファーウェイから意外な新製品が登場した。その名も「HUAWEI MateBook」(以下、MateBook)。CPUにCore Mプロセッサーを採用するデタッチャブル型の2 in 1デバイスだ。PC市場に進出してきた新進気鋭ブランドの“本気度”はいかに?(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2016/7/6)

「AppLocker」の使い方
Windowsで“使われるとまずいアプリ”を起動禁止にするには?
WindowsのAppLockerでは、発行元やパスなどの属性に基づいて、アプリケーションの実行を拒否するルールを適用できる。だがAppLockerは、包括的なアプリケーション制御ツールではない。(2016/7/6)

企業の認証セキュリティに関する調査レポート
9割以上が“パスワード認証”を利用、他の認証手段の導入は進むのか?
TechTargetジャパンは会員読者を対象に、「企業の認証セキュリティに関する読者調査」を実施した。本レポートでは、その概要をまとめた。(2016/7/1)

Windows 10の2回目の大型アップデート:
「Windows 10 Anniversary Update」のリリースが8月2日に決定
マイクロソフトは、Windows 10のメジャーアップデート「Windows 10 Anniversary Update」を8月2日にリリースすると発表した。(2016/6/30)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の1周年記念アップデートは8月2日 Windows 7/8.1からの無料アップグレード終了直後に提供
Windows 7/8.1からWindows 10への無料アップグレード期間内に間に合うかと思いきや、その直後となる8月2日に次期大型アップデート「Anniversary Update」は公開される。(2016/6/30)

Enterprise IT Kaleidoscope:
Windows 10は次の大型アップデートでどう変わるのか
Windows 10への無償アップグレードの終了が近づいているが、Windows 10自体は8月2日に新たな大型アップデート「Anniversary Update」を控えている。目玉とされるセキュリティまわりを中心にAnniversary Updateでの変化を予習しておこう。(2016/6/30)

Windows 10の「Anniversary Update」は8月2日リリース──Microsoftが正式発表
Microsoftが、Windows 10の次期大型アップデート「Anniversary Update」を8月2日にリリースすると発表した。この無料アップデートでは、「Windows Ink」の追加や「Windows Hello」の強化などが実施される。(2016/6/29)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10次期大型アップデートにギリギリで加わった「自作PC」向け新機能
自作PCなどでハードウェアの構成を変えることが多いユーザーに朗報。Windows 10の次期大型アップデートでは、構成変更に伴うライセンス認証の問題が改善される。(2016/6/28)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
これでWindows 10を導入する気になる? 公開1年記念アップデートで変わること
強引な無料アップグレード施策が物議を醸す「Windows 10」。今夏に控えた大型アップデート「Anniversary Update」でOSとしての完成度、評価は高まるだろうか。(2016/6/23)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10 Mobileスマホがおサイフになる日は近い?(追記あり)
スマホ選びで基準の1つとなる「おサイフケータイ」対応。Windows 10 Mobileスマホも次期大型アップデートでタッチ&ペイの決済機能が加わるかもしれない(日本の対応時期も気になるところだが)。 ※記事末に追記あり(2016/6/22)

パスワード管理の「安全」テクニック
「パスワードの定期的な変更を義務付け」は本当に有効? 安全な認証方法を探る
脆弱(ぜいじゃく)なパスワードシステムだが、世界中で多くのユーザーが長い年月使ってきたこの認証方法が消滅すると考えるのは時期尚早だ。パスワードの安全を守るシステムは依然として重要であり続ける。(2016/6/20)

Enterprise IT Kaleidoscope:
Windows 10のEdgeブラウザ、Anniversary Updateでどう変わる?
Windows 10の標準ブラウザとなる「Edge」は、当初こそ荒削りだったが、Anniversary Updateで大きな進化を見せるようだ。その姿とまだ不十分なところとは?(2016/6/14)

2016年PC/タブレット夏モデル:
Windows Helloによる顔認証やBlu-rayドライブ搭載など デルが個人向けPC「Inspiron」シリーズの新製品7モデルを発表
デルが個人向けPC「Inspiron」シリーズの新製品7モデルを発表した。ディスプレイを360度回転できる2in1が多数を占め、赤外線カメラによる顔認証が可能な「Windows Hello」対応モデルやBlu-rayドライブ搭載モデルも用意する。(2016/6/3)

COMPUTEX TAIPEI 2016:
“パソコンの斜陽化”でMicrosoftがパートナーに打ち出すメッセージとは
PC斜陽化が叫ばれるなか、Windows 10 Mobileの市場はそれほど拡大しておらず、Microsoftの市場支配力は以前よりも弱まっていると言われる。MicrosoftのCOMPUTEX基調講演から見えてきたのは……(2016/6/2)

COMPUTEX TAIPEI 2016:
ASUS、Core i7搭載でMacBookより薄く軽い12.5型「ZenBook 3」 999ドルから
ASUSがMacBook対抗のUltrabookとして投入し続けている「ZenBook」。その第3世代モデルが台北で披露された。(2016/5/31)

暗証番号、生体認証、ピクチャパスワード
「Windows 10」にどうログオンする? “パスワード不要”の3つの認証とは
認証の世界は長らくパスワードが支配してきた。だが、パスワードは万全ではない。Microsoftは「Windows 10」で、生体認証「Windows Hello」やPINなど、パスワードの代替措置を多数提供している。(2016/5/26)

Enterprise IT Kaleidoscope:
Windows 10の1周年アップデート、UIを徹底解剖してみる
Windows 10最初のリリースから1周年としてリリースされるAnniversary Update は、さらに大きな変化をみせるようだ。今回はInsider Previewからその実態と解き明かしていこう。(2016/5/25)

Enterprise IT Kaleidoscope:
次のWindows 10、「Anniversary Update」とは何者か
3月、Windows 10の最初のリリースから1周年を記念する「Anniversary Update」の提供が発表された。どんな点が注目されるのだろうか。(2016/5/23)

松岡功の「ITニュースの真相、キーワードの裏側」:
なぜ米国防総省はWindows 10を採用したのか
「勝手にアップグレードされた」「なぜ強行するのか」などと、最近、Windows 10へのアップグレードについて大きな関心が寄せられている。そんな中、米国防総省が省内で使用している約400万台のPCのOSを、2016年内にWindows 10へ移行することを決めた。アップグレードをネガティブな目で見る風潮がある中で、なぜ米国防総省はWindows 10への移行を決定したのか。(2016/4/27)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
日本からの声でWindows 10はどう改善された? Meetupイベントで明らかに
Windows 10はもっとこうすればいいのに……そんな要望があるユーザーはWindows Insider Programに参加し、Microsoftの開発陣にフィードバックしてみてはいかがだろうか。もちろん、日本語でのコメントも受け付けてくれる。(2016/4/21)

重量は約1.11キロ、薄さ10.4ミリ
徹底レビュー:“世界最薄”ノートPC「HP Spectre」、プレミアム感で「MacBook」にどう挑む?
Hewlett Packardは新型のノートPC「HP Spectre」を発表した。現時点での“世界最薄”となる13.3型ノートPCで、デザイン性も高い最新モデルだ。この極薄ノートPCは、いくら払っても惜しくない性能なのだろうか?(2016/4/17)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Flash排除に向かうEdgeブラウザの今後
2016年夏に提供予定のWindows 10次期大型アップデート「Anniversary Update」では、Edgeブラウザの機能強化が予告されている。その中から「Flashコンテンツ停止」について見ていこう。(2016/4/16)

Windowsセキュリティアップデート、Windows Helloへの評価は
“意識高いブロガー”は今、「Windows 10」の何を語っているのか
限られた予算でアップグレードする方法から、Windows Helloのセキュリティアップグレード、Windowsパスワードをリカバリーする方法まで。Windowsブロガーたちは、インターネットにどんなことを書き込んでいるのか。(2016/4/14)

Build 2016:
Windows 10公開から1年後の姿はどうなる?
2016年も始まった米Microsoftの開発者会議「Build」。幅広いPCユーザーに関係するWindows 10次期大型アップデートとUWPアプリの今後について新情報が次々と発表された。(2016/4/2)

Windows 10次期大型アップデート「Anniversary Update」は2016年夏に無償提供
2016年夏に、MicrosoftはWindows 10の次期大型アップデート「Anniversary Update」を無償提供する。年次開発者会議「Build 2016」で正式に発表された。(2016/3/31)

PR:Surface 3×指紋認証で働き方はどう変わる? ビジネスパーソンが使って感じた“3つのメリット”
(2016/3/18)

スペック外の魅力を求めて:
「Surface Book」徹底検証――触れば分かる上質感は37万円の価値アリ?
日本マイクロソフトが放つハイエンドな2in1ノートPC「Surface Book」。37万2384円(税込)のハイエンドモデルを検証し、スペック表では分からない価値を探る。(2016/3/17)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(44):
Windows 10の「ワークプレース参加」はどうなる?[後編]
Windows 10におけるデバイス認証の仕組みや導入方法は、Windows 8.1の「ワークプレース参加」から大きく変更されています。前回に続き、今回もWindows 10におけるワークプレース参加について説明します。(2016/3/10)

通常の英字配列タイプカラーも全国量販店で発売:
Surface Pro 4の「指紋センサー付きタイプカバー」は3月18日発売
日本マイクロソフトは、Surface Pro 4用キーボード兼カバー「タイプカバー」のラインアップに指紋認証センサー付きモデルを追加する。(2016/3/8)

マルウェア対策に有効な一手か?
「Windows 10」の“なぜか注目されない”新セキュリティ機能「分離ユーザーモード」とは?
「Windows 10」には新しいセキュリティ技術「Isolated User Mode」(分離ユーザーモード)がある。仮想化ベースの技術で、セキュアなカーネルとアプリケーションを実現している。(2016/3/4)

Surface Pro 4/Pro 3で使える指紋センサー付きType Cover、日本国内でも発売
米Microsoftが、指紋センサー付きType Coverの「Surface Pro 4 Type Cover with Fingerprint ID」を日本を含む26カ国で発売する。(2016/3/3)

2in1より魅力的?:
「VAIO Z」クラムシェルモデル徹底検証――性能だけでなく使い勝手も最上級か
タブレットへの変形機構は不要というユーザーの声に応えて追加された「VAIO Z」クラムシェルモデル。スペック表では分からない使い勝手に迫る。(2016/3/2)

簡単、安全、ミライセキュリティ:
PR:子どもがマイクラを始める前に、親が考えるべきこと
子どものネット利用には難しい問題が多い。パスワードは煩雑さを増し、ネットは空間の概念がないため、悪意はどこにでも、どこまでも届く――たとえ相手が子どもであっても。そこで注目したいのが、未来を予測して考えられた「ミライセキュリティ」だ。(2016/2/29)

新しいSurface、Windowsで実現する未来の働き方とは
SurfaceシリーズとWindows10は私たちの働き方、そして企業のビジネスをどう変えていくのか――。その問いへの“解”ともいえるセミナーイベントの内容をお伝えする。(2016/2/24)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(43):
Windows 10の「ワークプレース参加」はどうなる?[前編]
Windows 10のデバイス認証は、Windows 8.1に新機能として追加された「ワークプレース参加(Workplace Join)」機能を発展させたものであり、Windows 10の新機能「Microsoft Passport for Work」の要素技術でもあります。しかし、Windows 10におけるデバイス認証の仕組みや導入方法は、Windows 8.1のワークプレース参加から大きく変更されています。(2016/2/24)

「友達の友達」に個人情報が知られてしまう?
評価が分かれるWindows 10のWi-Fiセンサーとの“暫定的”な付き合い方
Windows 10の「Wi-Fiセンサー」は、ホットスポット共有を簡単にする機能だ。しかし、セキュリティリスクの可能性や実質的なメリット、他の共有方法と比べた安全性などに多くの専門家が疑問を呈している。(2016/2/21)

ハイエンド2-in-1デバイス
「Surface Book」の価格に納得できない人たち
Microsoftの「Surface Book」はハイエンドの2-in-1デバイスで、それに見合う価格設定だ。企業の購買担当者は、もっと安い価格で適切なデバイスを見つけた方がいいのだろうか?(2016/2/20)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。