ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「タブレット」最新記事一覧

0.5歩先の未来を作る医療IT
タブレット問診票とウェアラブル血圧計は、医療現場のペーパーレスを後押しする?
問診票や、日々計測した血圧や血糖を記録する手帳は、紙ベースのフォーマットが長年利用されていました。しかし近年ではこれらもデジタル化が進んでいます。(2017/7/24)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 8時代の激安タブレットはWindows 10 Creators Updateに更新できない?
安価なWindows 8/8.1タブレットを購入して使い続けているユーザーは、Windows 10の大型アップデート「Creators Update」を導入できない場合があるので注意が必要だ。(2017/7/20)

タブレットをラフに使いまわせる防水バッグ
オウルテックは、タブレットを収納したまま使える防水仕様のタブレット用バッグ「OWL-WPCBG01」を発表した。(2017/7/20)

ASUS、10.1型WUXGA液晶を備えたAndroidタブレット「ASUS ZenPad 10」新モデルを発表
ASUS JAPANは、同社製タブレット端末「ASUS ZenPad 10」の新構成モデルを発表した。(2017/7/19)

小学校のテスト結果をAIで分析、最大6万種類の個別教材を提供 DNPから
DNPは、小学校のテストの結果をクラウドでAI分析し、能力や特性合った個別教材を提供するサービスを開始。個別教材は紙教材かタブレット端末向けのデジタル教材で提供する。(2017/7/19)

大阪市内の全小中学校でタブレットを使った次世代授業 NECが支援
2016年4月、大阪市内の小中学校全422校でタブレット端末などを活用した次世代授業がスタートした。(2017/7/18)

愛用スマホとは違うOSを選ぶのもあり
iPadの「iOS」か、Surfaceの「Windows 10」か OSで選ぶ最高のタブレット対決
タブレット端末を選ぶには、まずOSを選ばなければならない。iOS、Windows、Androidといった3つのOSそれぞれの長所と短所を比べてみよう。(2017/7/16)

ディスプレイの満足度はお値段以上
徹底レビュー: 4000円台からの爆安タブレット「Fire 7」、安過ぎて心配なので検証した
7型ディスプレイを備えるAmazon.comの新型タブレット「Fire 7」は、49.99ドルからという驚きの低価格が特徴だ。“安かろう悪かろう”ではないのか。さまざまな角度から検証する。(2017/7/15)

FM:
多忙なビル管理者は、中央監視室を“持ち運ぶ”
ジョンソンコントロールズはビルオートメーションシステム「Metasys」シリーズの新バージョンの販売を開始した。ユーザーインタフェースの改善とセキュリティを強化したのが特徴。さらに、PCだけでなく、スマートフォンやタブレット端末からでも、中央監視室と同様の作業を行えるようにするなど、作業者の利便性を高める改善を多数加えた。(2017/7/14)

手ブラでスマホを見られる首掛けアーム
ドスパラは、スマートフォンやタブレットをハンズフリーで利用可能になる首掛け式フレキシブルアーム「DN-915054」の取り扱いを開始した。(2017/7/13)

デル、12.3型3K液晶を搭載した法人向け2in1タブレットPC
デルは、プロフェッショナル向けをうたった2in1タブレットPC「Latitude 7000 12 インチ コンバーチブル 2-in-1 (7285)」を発表した。(2017/7/12)

ワコム、電子文書の表示や署名にも適した10.1型液晶ペンタブレット
ワコムは、マルチタッチ操作にも対応した10.1型液晶ペンタブレット「DTH-1152」を発表した。(2017/7/11)

ワコム、高機能液晶タブレット「Cintiq Pro」に24型/32型の大型モデルを追加 2018年初頭予定
ワコムは、同社製液晶タブレット「Cintiq Pro」シリーズの拡充を発表、新たに24型/32型の大型モデルが追加される。(2017/7/11)

ハイパフォーマンスに磨きをかけ使い勝手向上
徹底レビュー:12.9インチiPad Pro、ノートPC時代を終わらせる完成形タブレットか
初代をさらに高性能化し、ディスプレイなどを強化した2代目「12.9インチiPad Pro」(2017)は永遠に続くと思われた“ノートPC時代”に終わりを告げるのか。徹底レビューする。(2017/7/8)

東芝、タブレットスタイルでも使えるコンバーティブル機構搭載12.1型モバイルノート「dynabook V」
東芝は、2017年夏モデル第2弾となる12.1型モバイルノートPC「dynabook V」など4機種9モデルの発表を行った。(2017/7/6)

組み込み開発ニュース:
30分間で小学生にどう教える? コミュニケーションロボットのプログラミング
子ども向けの職業体験施設「キッザニア東京」(江東区豊洲)では、コミュニケーションロボットのプログラミング体験がスタートする。ロボットが携帯電話機の販売店で接客する場面を想定。プログラミングツールはNTTドコモが独自に開発したもので、タブレット端末上で50種類のブロックの中から必要なものを組み合わせるだけで完了する。(2017/7/6)

製造現場向け機器:
凍らせても使える現場向け堅牢PC、タブレットとしての使用も可能
パナソニックは頑丈フィールドモバイルとして展開する「TOUGHBOOK」シリーズの新製品としてデタッチャブルPCタイプのフラグシップモデルを発売する。製造現場や警察、消防領域などでの普及拡大を進め2017年度は前年度比20%増を目指す。(2017/7/6)

L字型USBコネクターを採用した高耐久Lightningケーブル「CHEYNN」
ミスターカードは、L字型USBコネクタのLightningケーブル「CHEYNN」を発売。タブレットにも利用できる出力2.1Aに対応し、アルミ材質のコネクタガードや、高耐久のTPE材質で柔軟性のある銅線コアを採用している。(2017/7/5)

冷蔵庫にもくっつけられる4Wayタブレットホルダー
ドスパラは、マグネット設置など計4タイプの設置方式に対応したタブレット端末用ホルダー「DN-914676」の取り扱いを開始した。(2017/7/3)

ファーウェイ、1万円台のエントリー7型タブレット「MediaPad T3 7」
華為技術日本は、エントリークラスモデルとなる7型Androidタブレット端末「HUAWEI MediaPad T3 7」を発表した。(2017/6/29)

マウス、マグネット着脱キーボードも付属した10.1型タブレットPC「MT-WN1003」
マウスコンピューターは、Windows 10搭載10.1型タブレットPC「MT-WN1003」の販売を開始した。(2017/6/28)

「iTeachersカンファレンス 2017」レポート【第3回】
公立校の「教員の異動」はIT活用を阻害するか? 「1人1台タブレット」の現実策は?
IT活用を進める教育機関が直面する課題は、決して少なくない。IT活用教育を推進する教育者チーム「iTeachers」の声を基に、幾つかの課題を洗い出す。(2017/6/28)

端末やネットの制御・添付ファイル編集・マルチOS対応:
PR:サイバー攻撃をも防ぐインテリジェントブラウザ「DoCAN」の実力とは
スマートフォンやタブレット端末を使って企業内のシステムを利用するリモートアクセスでは、セキュリティと利便性の両立が難しい。ランサムウェアや標的型攻撃などのウイルス被害を防ぎつつ、快適に利用する――こうした目的のために開発されたのが、インテリジェントブラウザ「DoCAN」だ。セキュアブラウザと知能化ゲートウェイを一体化し、端末・ネットワーク・通信コンテンツの管理制御を実現した。(2017/6/26)

「iTeachersカンファレンス 2017」レポート【第2回】
タブレットの可能性を引き出す“一押しアプリ”とは? 教育ITの先駆者が披露
タブレットを効果的に生かすには、利用するアプリケーションの選定が大きな鍵となる。タブレット活用に先駆的に挑む教育者チーム「iTeachers」の注目アプリケーションを知ることは、選定の参考になるはずだ。(2017/6/26)

DMS 2017特別企画 シーメンス・ブースレポート:
PR:ファセットとソリッドのちゃんぽん作業OKな「Solid Edge ST10」、トポロジー最適化にも対応
「第28回 設計・製造ソリューション展(DMS 2017)」に出展したシーメンスPLMソフトウェアは「Solid Edge」ブランド製品の目玉機能をデモも交えて披露した。ベースとなる3D設計機能の拡充に加え、3Dプリンタのデータとしてよく使うファセット(ポリゴン)データが、ソリッドCADで“普通に”編集できるようになった、コンバージェントモデリングに注目が集まった。音場を3Dでリアルタイムに可視化する「LMS Soundbrush」の実機デモ、マイクロソフトの2 in 1タブレットPCシリーズ「Microsoft Surface Pro」製品でのタッチスクリーン操作も多くの来場者の目を引き付けた。(2017/6/26)

シニアのスマートフォン所有率は48.2%、タブレット所有率は30.5%に
MMD研究所は、6月22日に「2017年シニアのスマートフォン利用に関する調査」の結果を発表。シニアのスマートフォン所有率は48.2%、タブレット所有率は30.5%と前年より増加し、利用端末のブランドは「iPhone 6/6 Plus」「Xperia」が最も多い。(2017/6/23)

iPhone 7 Plusユーザーが「iPad Pro(10.5型)」に触れてアリだと思った理由
Appleの最新タブレット「iPad Pro」が発売された。最新の「A10X Fusion」チップを搭載し、ディスプレイが120Hz駆動になって操作性も向上。久しぶりにタブレットをじっくり使ったが、このiPad Pro(10.5型)はアリだと思った。(2017/6/23)

PR:エンタメ向けタブレットの決定版「MediaPad M3 Lite 10」 大画面にクアッドスピーカー内蔵の魅力
エンターテインメントからビジネスまで、デジタルライフを豊かに彩るラグジュアリーな大画面タブレット。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2017/6/9)

Webブラウザで遊べる「FF13」登場 Yahoo!ゲームが試験提供
ヤフーは、HTML5とクラウド形式のゲームが遊べる新プラットフォームのβテストを開始。PCやスマートフォン、タブレットのWebブラウザ上でゲームをプレイできる。(2017/6/6)

高い方がやっぱりいいの?
徹底比較:iPad Pro vs. iPad(2017) 最高の9.7型タブレットはどっち?
ほぼ同じサイズで展開する2つのiPad。性能や使える機能に違いはあるが、その価値は価格の差を超えるのか。9.7型のiPad ProとiPad(2017)を比較した。(2017/6/3)

スマホに挟むだけで倍率400倍の顕微鏡になる「iミクロン」発売
クリップのように挟むだけで倍率400倍の顕微鏡になる「iミクロン」が登場。スマートフォンやタブレットへ専用アプリをインストールすれば観察を開始でき、撮影した画像や動画も記録できる。(2017/6/1)

乗り換え体験レビュー:
PR:IIJmioの節約体験記 Case 07 音声×データの2枚使いで節約編
家族割を残すため、キャリアSIM(通話用)とIIJmioのデータSIMを契約している折原さん。ケータイと2台持ちだったスマホもデュアルSIMモデルに集約し、現在はタブレットなどもあわせ計4枚SIMを使いこなしています。(提供:IIJ)(2017/6/1)

ファーウェイ、10型タブレット「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10」先行予約開始
ファーウェイは、6月9日に10型タブレット「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10」を発売。Wi-FiモデルとLTEモデルを用意し、5月30日から先行予約を開始した。(2017/5/30)

ファーウェイ、9.6型WXGA液晶を備えたエントリーAndroidタブレット「MediaPad T3 10」
華為技術日本は、9.6型ワイド液晶を備えたAndroidタブレット端末「MediaPad T3 10」を発表した。(2017/5/30)

デル、vProも備えたビジネス向け2in1コンバーチブルノート
デルは、360度回転ヒンジの搭載によりタブレットモードなどでの利用も可能なビジネス向けコンバーチブルノートPC「Latitude 5000 シリーズ 2-in-1 5289」の発表を行った。(2017/5/30)

ノートPC・タブレットの客室持ち込み禁止、米国発着の全国際便にも適用拡大か
米国向けの一部の国際線旅客機ではノートPCの客室内持ち込みが禁止されているが、これを米国発着の全ての国際便に拡大する動きが出てきた。(2017/5/29)

T-Mobile、“1台で複数番号/1つの番号を複数端末”の「DIGITS」スタート
米通信キャリア3位のT-Mobileが、携帯番号を複数のスマートフォン・タブレット・PCなどで使える新サービス「DIGITS」を現行加入者に無料で提供する。このサービスでは、1番号当たり月額10ドルで携帯番号を追加することもできる。(2017/5/26)

スマホやPCから仕事を探せる「dジョブ」 ドコモが今秋提供開始
NTTドコモは、アルバイト・派遣社員・正社員の「求人情報」からクラウドソーシング・アンケート回答などの「スマホワーク」まで幅広い仕事情報を検索・応募できる「dジョブ」を今秋に提供開始。スマートフォンやタブレット、PCから利用できる。(2017/5/24)

「ドコモ留守電アプリ」が留守電の“文字起こし”に対応 対応端末も拡大へ
NTTドコモがAndroidスマホ・タブレット向けに提供している「ドコモ留守電アプリ」が6月下旬にバージョンアップする。留守電音声の文字起こしに対応するほか、動作対象端末も拡大する。(2017/5/24)

8.4型WQXGAディスプレイ+指紋センサー搭載 「dtab Compact d-01J」
ドコモがタブレット「dtab Compact d-01J」を5月下旬に発売する。8.4型WQXGA(1600×2560ピクセル)液晶や指紋センサーを搭載。Microsoft Officeをプリインストールしている。(2017/5/24)

ドコモが2017年夏モデルを発表 「Galaxy S8/S8+」「Xperia XZ Premium」「AQUOS R」など8機種が新登場【画像追加】
ドコモが2017年夏商戦向けの新モデルを発表した。スマートフォン7機種、タブレット1機種が新たに登場するほか、既存の1機種に新色を追加する。(2017/5/24)

モバイル脅威からデバイスを保護せよ:
PR:働き方改革に必要な“モバイルセキュリティ”――モバイル時代にふさわしいセキュリティ対策を実現するには
働く場所がオフィスに限定されなくなり、スマートフォンやタブレットを業務に活用することが当たり前になった今、“モバイルセキュリティ”の確保が企業にとって喫緊の課題となっている。そこで求められるのが、モバイル端末側でのデバイス管理とマルウェア検出/対処を組み合わせること。その最適解となるのが、Microsoft Enterprise Mobility+SecurityとLookout Mobile Endpoint Securityの連携だ。(2017/5/19)

Amazon、タブレット刷新 薄くて軽い「Fire 7」、値下げ「Fire HD 8」発売
新型タブレット「Amazon Fire 7」と「Fire HD 8」が登場。Fire 7は従来機種と比べると薄型化・軽量化し、ディスプレイも見やすく。Fire HD 8は基本性能はそのまま、値下げした。(2017/5/17)

スマホやタブレットの「テザリング」 オプション料金はかかる?
スマートフォンやタブレットを介して他の機器をネットにつなぐ「テザリング」。料金プランによっては「有料」になること、ご存じですか?(2017/5/16)

パナソニック、タブレット端末のバッテリー発火で無償交換へ
パナソニックのWindowsタブレット「FZ-G1」シリーズのバッテリーが相次いで発火。原因は製造過程で異物が混入したためという。(2017/5/16)

ASUS、「ZenFone 3 」と「ZenPad 8.0」をAndroid 7.0に
ASUS JAPANは、5月15日にSIMロックフリースマートフォン「ZenFone 3 (ZE520KL/ZE552KL)」とタブレット「ASUS ZenPad 8.0 (Z380M)」をAndroid 7.0へアップデートした。(2017/5/12)

デル、品川駅で8Kディスプレイやクリエイター向け液晶タブレット「Canvas」を国内初披露――5月24/25日
デルは、同社最新製品を体験できる展示イベント「世界初!デル8Kモニタ & Canvas 先行展示・体験会」の開催を発表した。(2017/5/12)

サードウェーブデジノス、10.1型Windowsタブレット「Diginnos Tablet」にストレージ64GBモデルを追加
サードウェーブデジノスは、同社製10.1型Windowsタブレット「Diginnos Tablet」のラインアップに64GBストレージ搭載モデルを追加した。(2017/5/12)

サンワ、タブレット端末に挟み込み固定できるUSBハブ
サンワサプライは、タブレット端末に固定して使えるUSBハブ「USB-2H302BK」など2製品を発表した。(2017/5/10)

世界タブレット出荷、10四半期連続の減少──IDC調べ
IDCによると、世界でのタブレット(キーボードを脱着できるモデルを含む)出荷は10期連続で減少し、1〜3月期は3620万台だった。シェアランキングではAppleが首位を守った。(2017/5/8)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。