ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スマートデバイス」最新記事一覧

NIが戦略語る:
IoT時代の計測システムはソフトウェアが鍵になる
日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は、スマートデバイス向けテストシステムに関する戦略説明会を都内で開催した。同社が目指すのは、モジュール式のハードウェアと、オープンでフレキシブルなソフトウェアを活用した「プラットフォームベース」のアプローチである。(2016/6/14)

資本・業務提携を発表:
ソフトバンクとマイクロアドがスマートデバイス向け広告事業で協業
ソフトバンクとマイクロアドは資本提携およびスマートデバイス向けの広告事業での業務提携を発表した。(2016/4/21)

保育園と保護者をつなぐコミュニケーションサービス「kidsly」、リクルートが提供
リクルートは、保育園と保護者をつなぐコミュニケーションサービス「kidsly」を提供開始。スマートデバイスでの手軽な情報共有を可能とする。(2016/3/15)

ホワイトペーパー:
スマートデバイス活用と安全なリモートアクセスを可能にするアプライアンスを徹底検証
スマートフォンをはじめとするモバイル端末の企業導入が進み、安全かつクライアントレスな社内ネットワークへのアクセスが求められている。本資料ではセキュアなリモートアクセスを実現するアプライアンス製品を詳しく解説する。(2016/2/29)

自社オリジナルのMDMツールも開発可能
Apple純正もある、iPhone/Androidスマホをタダで管理できるツール「保存版まとめ」
大量のスマートデバイスを運用する際に不可欠なモバイルデバイス管理(MDM)ツール。実は無料やオープンソースのMDMツールが存在するのをご存じだろうか。主要ツールを紹介しよう。(2016/2/29)

スマホカメラとタッチで変わる制作現場(4):
モバイルファーストに効く、Photoshopによるワイヤフレーム/デザインカンプの作り方
Adobe Creative CloudとスマートデバイスでWebデザインのワークスタイルはどう変わるのかを検証する連載。今回は、モバイル用サイト、PC用サイトのワイヤフレーム/デザインカンプを作り込むのに有効なPhotoshopの新機能を紹介しよう。(2016/2/10)

複数デバイスからのアクセスを安全に:
ユーザーと端末を同時に認証、F5ネットワークスとパスロジが共同開発
F5ネットワークスジャパンとパスロジは、スマートデバイスなど、端末固有情報の登録作業を自動化する機能を共同開発した。個人認証と端末認証を同時に実施する仕組みを容易に導入できる。(2016/2/8)

ホワイトペーパー:
25の医療機関事例を一挙公開 先進ソリューションの導入で日本の医療はどう変わる?
革新的な基盤技術を活用した医療用データウェアハウスシステムやスマートデバイス対応電子カルテシステム、次世代統合医療情報システムといった先進ソリューションの導入により、日本の医療はどう変わるのか。25の医療機関の導入事例を一挙に紹介する。(2016/2/1)

ホワイトペーパー:
BYOD対策も抜かりなし――「クラウド×スマートデバイス」導入企業が語る成功のノウハウ
クラウドの普及とスマートデバイスの多様化に伴い、セキュリティの課題が大きくなってきた。ミサワホームやエステーなど大手企業の「クラウド×スマートデバイス」導入事例から課題解決と成功の秘訣を探る。BYOD対策書籍のプレゼントも。(2016/1/20)

リクルート、鎌倉女子大学と保育園での共同プロジェクトを開始――ICT化の有効性を研究
リクルートマーケティングパートナーズは、鎌倉女子大学の小泉裕子研究室と保育園での共同プロジェクトを開始。スマートデバイスやアプリなどICT化の有効性を研究していく。(2016/1/18)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
2015年のPC/スマートデバイス動向を冷静に振り返る
よりよく進化した製品は数多く見られたが、2016年以降の大きな流れを生み出すような「メガトレンド」は見いだせない――そんな1年だったのではないだろうか。(2015/12/28)

2015年にグッと来た「デジタル仕事道具」ベスト5
SOHO/中小企業に役立つPC、スマートデバイス、周辺機器、ソフトウェア、サービスなどの情報をお届けする「PC USER Pro」。今回は趣向を変えて、SOHO事業者でもある筆者が「個人で購入できて仕事がはかどるデジタル製品」の2015年版ベスト5を選んでみた。(2015/12/24)

スマートデバイスを安全に活用する方法
企業が踏むべき「スマートデバイス」で成功するための3つのステップとは?
企業がスマートデバイスの導入から高い成果を得るためには、明確な目標設計と、その達成に向けた計画が必要だ。では、どのような計画を立てて、どのようなステップを踏むのが最適なのだろうか。(2015/12/22)

ALSI スマートデバイス向け 統合セキュリティサービス:
スマートデバイス活用の機動性・安全性を両立する「新しいアプローチ」とは
(2015/12/11)

デザインで業務アプリケーションはどのように変わる?
“デザイン”によって業務アプリは進化する、効果を上げる3つのポイントとは
昨今、多くの企業が業務効率化や企業戦略の実現のためにスマートデバイスやクラウドに投資をするが、見合った効果を得られないケースも少なくない。その原因はどこにあり、どのように解決すればいいのだろうか。(2015/12/11)

CSAJ「テレワークとクラウド」セミナーリポート
“在宅勤務あるある”の課題を解決、中堅・中小企業が本気でテレワークを導入するには?
スマートデバイスやリモートアクセス技術、クラウドサービスの普及で、オフィスにとらわれず自由な場所で働ける環境の実現は困難ではなくなった。しかし企業がテレワーク制度を導入するとなると話は別のようだ。(2015/12/2)

デル株式会社提供Webキャスト
60%の従業員は複数端末を使い分け? 企業向けPCの買い替えのポイントを解説
限られたIT予算と多様化する従業員のニーズ、セキュリティの脅威などの課題に対し、企業は、デスクトップPCやノートPC、スマートデバイスなどの最適なライフサイクルを考える必要がある。PC買い替えの最適課題解決策をWebキャストで解説する。(2015/10/29)

Microsoftの“逆襲”が本格化
iPad派も認めざるを得ない「Surface」大躍進、新製品で加速か
スマートデバイス市場で長らく、米Apple、米Googleの2大巨頭に押され気味だった米Microsoft。同社は「Surface」シリーズを核に、ここにきて急速に存在感を示し始めた。(2015/10/27)

スマートデバイスの特性を生かした多彩な広告表現を実現:
電通とアクセルマーク、スマートデバイス向け広告サービス「BRAND SCREEN」の提供を開始
電通はアクセルマークと共同で、スマートデバイス上での新たなブランド体験を実現する広告サービス「BRAND SCREEN」の提供を開始した。(2015/10/26)

リノベる「Connectly Lab.」:
1人の男が挑戦する“スマートホーム”の答え探し
マンションなどのリノベーションを行うリノベるは2015年9月、スマートハウスのショールーム「Connectly Lab.」をオープンした。世界中のスマートデバイスが集まる同ショールームで、開設したきっかけやその狙い、今後の展望を聞いた。そこには、ある1人の男の挑戦があった。(2015/10/21)

新しいサービスの登場に期待:
映像にスマホをかざして情報取得、富士通が展示
富士通は「CEATEC JAPAN 2015」で、映像とスマート端末を使った新しい情報配信サービスなどを紹介した。映像にスマートフォンをかざすと、その映像に関連する情報を取得できるというもので、さまざまな新しいサービスの登場につながりそうだ。(2015/10/9)

Windows 10のツボ(32):
Windows 10の「OneDrive」でスマホ写真を素早くPCに取り込む方法
Windows 10に統合されたMicrosoftのクラウドストレージサービス「OneDrive」を使えば、スマートデバイスで撮影した写真や動画をWindows 10へ簡単に同期できる。(2015/9/22)

2015年 用途別/市場別IC市場予測:
PC用と通信用の差が広がるIC市場、その要因は?
IC Insightsは2015年の用途/地域別ICの市場規模予測を発表した。2013年に最大市場だったPC用を超した通信用が、その差を2014年の1.1%から2.7%まで拡大している。IoTやスマート端末の普及が進んでいることから、2つの差は2015年以降も大きくなっていくと考えられる。(2015/9/11)

製造ITニュース:
デジタコとスマート端末の混在運用も可能な運行管理ソリューション
富士通は物流ソリューション「Logifit」シリーズに、運行管理ソリューション「FUJITSU ロジスティクスソリューション Logifit TM-NexTR」を追加した。運用コストの大幅な削減につながる他、安全で品質の高い輸配送業務が可能になる。(2015/8/27)

災害状況の“みえる化”で迅速な救助活動を:
自衛隊がスマホ活用、“即時情報共有”で素早い救助を
陸上自衛隊はスマートデバイスの活用でリアルタイムに災害情報の共有を実現させる富士通のシステムを採用した。(2015/8/26)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー リポート:
コニカミノルタとサッポロが示す「デバイス管理とBYOD」実践・徹底への道筋
スマートデバイスの利用が拡大する中で、IT部門には私用端末の業務利用で生じる新たなセキュリティリスクへの対応などが求められている。編集部主催「デバイス管理セミナー」で、サッポロホールディングスとコニカミノルタの取り組みと工夫、そして企業のクライアント管理を支える最新ソリューションが紹介された。【更新】(2015/8/25)

スイス・チューリッヒ保険など3社のモバイル戦略を紹介
「MDM」はもはやiPhone活用成功の絶対条件ではない?
スマートデバイス活用を進める企業が、当たり前のように導入を検討してきたモバイルデバイス管理(MDM)。そんなMDMに対する企業の見方が変化しつつある。3社の担当者の話から、現状を探る。(2015/8/25)

ユーザー企業/組織の読者が選んだ、2015年上半期記事ランキング(モバイル編)
iPhone/Androidを生かす「4種の神器」とは? 2015年上半期に最も読まれたモバイル関連記事は
スマートデバイスを企業の生産性向上につなげ、投資対効果を高めるためのノウハウとは? 2015年上半期に公開した、モバイル端末の業務利用に関する記事ランキングを紹介します。(2015/8/14)

スマホカメラとタッチで変わる制作現場(3):
iPadとタッチ操作でデザインカンプが作れるプロトタイピングツールCompを使ってみた
Adobe Creative CloudとスマートデバイスでWebデザインのワークスタイルはどう変わるのかを検証する連載。今回は、プロトタイピングアプリ「Comp」を使って簡単なWebデザインカンプを作成し、Photoshopで仕上げるというワークフローを紹介しよう。(2015/8/10)

リクルート、スマートデバイス向けクレジットカード決済サービス「Airペイメント」を11月中旬に提供開始
リクルートライフスタイルは、「Airレジ」と連携して活用できるクレジットカード決済サービス「Airペイメント」を11月中旬に提供開始する。(2015/7/30)

会議室がデジタル化:
スマホ資料を”スワイプ”で壁に投影! ふせん紙いらず、新しい会議の形
富士通は壁・机など部屋全体をUIにする技術を開発し、ホワイトボードやふせん紙のいらないデジタル会議の実証実験を開始した。スマート端末を起点に、複数人で同じ画面に資料を投影することができる。(2015/7/28)

情報技術力と社員力で培われた製品で支える:
PR:スマートフォンやタブレットもIoTの一部――多様化するデバイスの強みをビジネスで積極的に活用できる業務システムの未来
スマートフォンやタブレット端末の普及に伴い、デバイスの単価は下がり続けている。一方で、シーンに応じて複数デバイスを駆使する新たな業務スタイルを、経営者も従業員も求めている。ではこうしたマルチデバイス/マルチプラットフォーム時代、エンジニアとして最新のビジネスニーズをどう捉え、どのようなシステムを作るべきなのか。ハンディターミナルやPDAの時代から、スマートデバイスを活用した業務アプリ開発をベンダーとして支え続けているオープンストリームに、ニーズに応える新たなソリューションとそれを支える社内体制を聞いた。(2015/7/16)

5分でわかる最新キーワード解説:
地下街でも居場所が分かる「地磁気データ屋内測位」とは
スマートデバイスの普及やO2Oへの期待もあり、高精度な位置情報測位への需要は高まっています。地下街や建物内でも利用でき、高精度な測位が可能な「地磁気データ屋内測位」は機器新設を必要としないこともあり、活用が期待されています。(2015/7/9)

スマートデバイスの業務利用に関する調査リポート
「スマートデバイス導入済み」は7割弱、業務変革への期待がにじむ
TechTargetジャパン会員を対象に、「スマートデバイスの業務利用に関する読者調査」を実施した。本リポートでは、その概要をまとめた。(2015/7/1)

ヘルスケアだけで終わらせない医療IT(3):
スマートデバイスからのログ、病院DB、医療機器から得る画像――医療現場のビッグデータ活用を実践する3社の事例
医療、ヘルスケアに関連したテクノロジビジネスやスタートアップの動向を、エンジニアやビジネスマンに対して紹介するイベント「Digital Health Meetup Vol.2」のピッチセッションから3社の医療ベンチャーが開発したサービスやアプリの事例をお伝えする。(2015/6/18)

車載情報機器:
トヨタはスマホと車載機の連携基盤もオープンソース、AppleとGoogleに対抗
トヨタ自動車は、車載情報機器上でスマートフォンアプリを利用するためのプラットフォームとして「スマートデバイスリンク(SDL)」の採用を検討している。同様のプラットフォームに、Appleの「CarPlay」やGoogleの「Android Auto」があるが、SDLはオープンソースである点で異なる。(2015/6/3)

スマートテレビ、スマートデバイスで新事業:
日本テレビとバスキュールが合弁会社を設立
日本テレビ放送網とインタラクティブコンテンツ制作のバスキュールは、スマートテレビやスマートデバイスをメインフィールドにした事業を推進する合弁会社「株式会社HAROiD」を設立した。(2015/5/25)

Surface 3も登場:
スマートデバイスで生活が変わる――2015年夏の“新”ソフトバンクはAndroidにも注力 ヤフーとの連携はさらに強化
ソフトバンクモバイルが久々に大規模な発表会を開催した。ワイモバイルを統合し、商号を「ソフトバンク」に改める同社は、モバイルインターネットのNo.1コアカンパニーを目指す。(2015/5/19)

任天堂、スマートデバイス向けに来年度末までに5タイトル計画 “廃課金”モデル否定
任天堂はスマートデバイス向けゲームを17年3月末までに5タイトル程度投入する計画。「やる以上はここで成果を出さねば意味がない」と確実なヒットを狙う。(2015/5/11)

ホワイトペーパー:
スマートデバイス、クラウド時代に求められる新しい透過型SSOの登場
近年のITシステムの急激な変化により、従来のシングルサイオン(SSO)という仕組みに対し、よりセキュリティを求める声が高くなってきた。「クラウドサービス」「スマートデバイス」を意識した機能とは、いったい何を指し示すのだろうか?(2015/5/8)

任天堂の今期、営業益は2倍見込む 2Dマリオ新作やスマートデバイス向けゲームアプリ投入
任天堂の今期営業益は約2倍の500億円になる見通し。2Dマリオの新作発売や、DeNAとの提携によるゲームアプリ投入などを計画している。(2015/5/7)

検証、「HTML5で業務アプリができる」は本当か【後編】
もうネイティブアプリはいらない? 「HTML5」で業務アプリはここまでできる
HTML5を利用したスマートデバイス向け業務アプリケーションは、どこまで実用に耐えるのか。9種の実例から、その可能性を探る。(2015/4/28)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
新しいMacBookで話題の「USB 3.1 Type-C」はWindows PCをどう変えるか?
「USB-C」の採用により、未来を少し先取りした感のある「新しいMacBook」。この新インタフェースで今後のWindows PCやスマートデバイスはどう変わるのだろうか?(2015/4/24)

女性系スマートフォン動画広告ネットワーク事業:
@cosmeのアイスタイルら3社、スマートデバイス向け動画広告ネットワーク事業の新会社を共同で設立
コスメレビューサイト「@cosme(アットコスメ)」を営むアイスタイルと、エキサイト、インキュベイトファンドの3社は4月10日、スマートデバイス向け動画広告事業を営む新会社を共同で設立したことを発表した。(2015/4/10)

ソニー、イメージセンサー生産能力を増強 投資総額1500億円に
ソニーが積層型CMOSイメージセンサーの生産能力をさらに増強。旺盛なスマートデバイス向け需要に対応する。(2015/4/7)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】スマートデバイスの業務利用に関するアンケート調査
本調査は、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に「スマートデバイスの業務利用」についてお伺いします。(2015/4/6)

組み込み開発ニュース:
デバイスドライバをOS非依存に、スマート端末向け新技術
富士通研究所はスマートフォンなどにおいて、アプリケーションソフトやデバイスドライバをOS非依存とするWebOS技術の開発に成功した。(2015/4/3)

「MDM」から「MAM」、そして「MIM」へ
「モバイルデバイス管理(MDM)」はもう“オワコン”なのか
スマートデバイスの運用管理やセキュリティ対策に重宝されてきたモバイルデバイス管理(MDM)。だが私物端末の業務利用(BYOD)をはじめとする環境変化は、MDMのカバー範囲を超える課題を生み出し始めた。(2015/4/2)

「やる以上は絶対の勝算を」 任天堂、スマホ本格進出の狙い なぜDeNA? 「ガチャ」は? 岩田社長語る
「スマートデバイスとゲーム専用機の間に架け橋を」――任天堂とDeNAが資本・業務提携。スマホゲームを通じてゲーム人口を増やし、専用機にも誘導する狙いだ。任天堂は新ハード「NX」も開発中と発表。岩田社長は「専用機への情熱も失っていない」と強調した。(2015/3/17)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10世代のPC/タブレット/スマホは「USB 3.1」でどう変わるか?
Windows 10世代のスマートデバイスやPCでは、より高速で高機能化したUSB規格「USB 3.1」をサポートしていく見込みだ。USB 3.1によって使い勝手がどう変わるのか、現状での情報をまとめた。(2015/3/9)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。