ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「マウス」最新記事一覧

質問!マウス・キーボード→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でマウス・キーボード関連の質問をチェック

ロジクール、ロングバッテリー設計のワイヤレスキーボードセット「MK235」
ロジクールは、ワイヤレスキーボード+マウスセット「ロジクール ワイヤレスコンボ MK235」の販売を開始する。(2016/5/26)

ユニーク、カチャカチャ音がしない静音キーボード+マウスセット
ユニークは、静音設計のワイヤレスキーボード+マウスセット「ザ・ワイヤレス・サイレント マウス&キーボード」の販売を開始する。(2016/5/25)

ナカバヤシ、Androidでも直接使える3ボタンUSBマウス
ナカバヤシは、ケーブル巻取り機構を備えたUSBマウスの販売を開始する。(2016/5/23)

Thermaltake、ゲーミングマウスも付属するLED発光対応ゲーミングキーボード
アスクは、Thermaltake製となるゲーミングキーボード+マウスのセットパッケージ「Challenger Prime RGB Combo」の取り扱いを開始する。(2016/5/20)

サンワ、静音性に優れた左右非対称デザインのマウス
サンワサプライは、クリックやカーソルスクロール時の静音性に優れた静音マウスの販売を開始した。ワイヤレスと有線の2モデルを展開する。(2016/5/13)

太田智美がなんかやる:
秋月で買った「小型アンプキット」を組み立てる
「しゃべるお花畑」をつくるため、秋月電子通商で部品を購入。今回はマイクロマウスとPCを接続して音を出す装置を作る。(2016/5/6)

MEDTEC Japan 2016:
PC作業中のバイタルモニタリングはマウスで、“低拘束”のセンサーで実現
アルプス電気は、「MEDTEC Japan 2016」において、脈拍に加えて、動脈と静脈のヘモグロビン度、酸素飽和度を同時に測定できる「ウェアラブル近赤外分光センサ」を展示。体の各所にセンサーを軽く当てるだけで計測できるという“抵拘束”も特徴の1つだ。(2016/4/28)

紳士のPCタイムにどうぞ 極柔で等身大な「DEAD OR ALIVE Xtreme3」マウスパッド登場
これがクールジャパンか……。(2016/4/23)

米セキュリティ企業が警鐘 ワイヤレスマウス経由でPCを乗っ取る「マウスジャック」の手口が発見される
ワイヤレス入力デバイスのドングルが、外部から制御されてしまう。(2016/4/22)

すき間時間に! マウスの腱鞘炎を回避するためのストレッチ術
PCを使った作業では、キーボードやマウスを長時間使用することで、けんしょう炎になることがあります。回避するためにはストレッチがポイントになります。(2016/4/18)

MSI、ゲーミングマウス付きで1万円台前半のエントリーゲーミングマザー「B150M GAMING PRO」
台湾MSIは、Intel B150チップセットを採用するエントリーゲーミングマザーボード「B150M GAMING PRO」を発表した。(2016/4/15)

医療技術ニュース:
手術不要、注射による簡便な顎骨造成にマウスで成功
東京医科歯科大学は、マウスの口腔内への注射によって顎の骨を造成させることに、世界で初めて成功したと発表した。この、手術不要の顎骨造成方法は、今後歯科臨床への応用が期待される。(2016/4/8)

ロジクール、食品業界へ参入――食べられるマウスを発売
ロジクールは、エイプリルフール企画となる“食べられるマウス”「ロジクール イータブル ワイヤレスマウス M0401」を発表した。(2016/4/1)

参加者全員に新型マウスをプレゼント:
ロジクール、ブロガー向けの最新ゲーミングマウス体験イベントを開催――4月7日
ロジクールは、同社製最新マウス「G900」の発売前タッチ&トライイベント開催を発表。抽選で計20名が参加可能だ。(2016/3/28)

車載情報機器:
スマートキーで酒気帯びチェック、規定以上の濃度ならクルマは動かない
日立製作所と本田技術研究所は、マウスピースなしで利用可能なポータブル呼気アルコール検知器を開発/試作した。息を吹きかけると約3秒で呼気中のアルコール濃度を高精度に計測できる。スマートキーへの組み込みが可能で、規定以上のアルコール濃度を検知した場合にエンジンを強制的に作動させないシステムを構築することもできる。(2016/3/25)

ロジクール、有線/無線に両対応した軽量ゲーミングマウス「G900」など2製品
ロジクールは、左右対称デザインを採用する軽量設計のゲーミングマウス「G900」など計2製品を発表した。(2016/3/24)

Scratchで始めるプログラミング教育(3):
Scratchならこんなに簡単!キャラが千変万化で縦横無尽
ビジュアルプログラミングツールである「Scratch」を使って、プログラミングで何ができるのかを体験してもらう本連載。今回は、ペイントエディターで図形を描く方法を紹介し、キャラクターをマウスの動きに着いていかせて、「ペン」で線を描く命令を使う方法、さらに猫のクローン(複製)を作る方法も紹介する。(2016/3/23)

“ほんのりふくらんだ胸部” 「To LOVEる 美柑立体マウスパッド」があえての小盛りサイズで登場
寄せて上げてもそれか。(2016/3/10)

サンワ、アタッチメントの付け替えも可能なエルゴノミクスマウス
サンワサプライは、手首の負担を軽減できるエルゴノミクス形状を採用したワイヤレスマウスの販売を開始した。(2016/3/10)

バッファロー、ベーシック仕様の3ボタン光学マウス
バッファローは、光学式センサーを採用したスタンダード設計の無線/有線マウス計2シリーズを発表した。(2016/3/9)

TSUKUMO、“G-GEAR”ブランドの布製マウスパッドを発売
ProjectWhiteは、「G-GEAR」ブランド製ゲーミングデバイスの第一弾モデルとなるオリジナルマウスパッド「TSGG-MOUSEPAD/01」を発売した。(2016/3/4)

食べようとしているのかな? 動くマウスカーソルを突っつく文鳥が応援したくなるかわいさ
残念ながらそれ、食べられません。(2016/2/26)

マッドキャッツ、本体形状を1944通りにカスタマイズできるゲーミングマウス「R.A.T. PRO X Ultimate」など4製品
マッドキャッツは、形状カスタマイズ機能を備えた高機能ゲーミングマウス「R.A.T.TM PRO X Ultimate」など計4モデルを発表した。(2016/2/23)

古田雄介のアキバPickUp!:
自動開閉する近未来ケース「H-TOWER」がアキバに登場! 31万円超!
先週は尖った製品が立て続けに登場した。自動開閉のPCケース「H-TOWER」のほか、Raspberry Pi2用のノートPCキット、キーボード内蔵Windowsマシン、フレーム構造マウスなど、豊作だ。(2016/2/22)

6つ子のパンダマウスを50時間ニコ生で中継! 「スーパーおこたタイム」達成で「全力バタンキュー」が流れる
パンダマウスさんのお友達もコメントに応じて登場予定。(2016/2/18)

何だ? ここは戦場か? 本物の戦車や装甲車が走り回るロシアのサバゲーがどうみても軍事演習な件
これよりマウス攻略作戦を開始します!(2016/2/15)

Corsair、高精度ゲーミングマウス向けのマウスパッド「MM300」
リンクスインターナショナルは、ゲーミングマウス向けとなるマウスパッド「MM300 Anti-Fray Cloth Mouse Mat」シリーズの取り扱いを開始する。(2016/2/15)

ラブライバー集合:
ドスパラ秋葉原本店、声優の飯田里穂さんを招いた「忍マウス」数量限定カラー発売記念トークイベント
ドスパラ秋葉原本店で、声優の飯田里穂さんを招いたトークイベントを開催する。(2016/2/12)

感触を忠実に再現した“肉球マウス”が登場 さあ、好きなだけぷにるが良いさ
ぷにぷにぷにぷにぷにぷにぷにぷに……。(2016/2/9)

なんという技術の無駄遣い マウスポインターの位置に指さした写真を出してくれるサイトがジワジワくる
謎によくできてる。(2016/1/26)

立体マウスパッドメーカーの商品紹介が激熱 「卓球ラケットが飛んできた」「中国人とテレパシーで通じた」
どんなに暴走した妄想も形にしてくれるそうです。(2016/1/21)

医療技術ニュース:
物体の輪郭を認識する視覚のメカニズムの一端を解明
九州大学は、物体の輪郭を認識するのに重要な「方位選択性」が、マウスにおいてもヒトと同様に大脳の神経回路で作られることを確認したと発表した。(2016/1/15)

バッファロー、静音ボタンを採用したBluetoothワイヤレスマウス
バッファローは、Bluetooth 3.0接続対応のワイヤレスマウス「BSMBB21S」シリーズを発表。各ボタンに静音スイッチを採用したモデルだ。(2016/1/14)

ロジクール、小型シンプル設計のワイヤレスマウス「M171」
ロジクールは、左右対称デザインを採用した小型ワイヤレスマウス「M171」を発表した。(2016/1/7)

ロジクール、フルカラー発光対応の12ボタン搭載ゲーミングマウス「G502 RGB」
ロジクールは、高精度センサーを採用する多ボタン搭載ゲーミングマウス「G502 RGB」を発表した。発売は2月以降の予定。(2016/1/6)

これは禁断ですわ 重要な部分に”凸”のついた艦これマウスパッド6種が抜錨です
実用性じゃない。ロマンだ。(2015/12/28)

第36回全日本マイクロマウス大会2015 レポート:
台湾から参加の吸引式マウスが優勝、2位との差はわずか1000分の6秒
2015年11月20〜22日の2日間、東京工芸大学 厚木キャンパスで「第36回全日本マイクロマウス大会2015」が開催された。今回はマイクロマウスクラシックのエキスパート、フレッシュマンともに、海外勢が優勝した。(2015/12/24)

「ニンジャスレイヤー」アニメから実際スゴイ「スリケン」発売 ナンシーのマウスパッドも豊満ヤッター!
ニンジャのイクサには欠かせない!(2015/12/22)

週末アキバ特価リポート:
10万円ケース「S-Frame GOLD」が4万円台に! 懐かし掘り出し特価に注目
10カ月前に登場した高級ケース「S-Frame GOLD」や、SteelSeries製マウスパッドの在庫放出、最後とも言われるダーマポイント製品の特価セールなど、年末のアキバは掘り出しモノ系の宝がザクザク見つかる!(2015/12/19)

医療技術ニュース:
細胞が生きた状態で心臓組織シートを簡便に積層化する方法を開発
京都大学は、ゼラチンハイドロゲル粒子を利用することで、マウスES細胞から作製した心臓組織シートを簡便に積層化する手法を確立。このシート15枚を積層化し、細胞が生きた状態で厚さ約1mmにすることに成功したと発表した。(2015/12/18)

Corsair、MMO/MOBAに向く17ボタン搭載ゲーミングマウス「SCIMITAR RGB」
アスクは、Corsair製となる多ボタン搭載ゲーミングマウス「SCIMITAR RGB」の取り扱いを開始する。(2015/12/9)

「秋田妹!えびなちゃん」連載開始! ミラクルジャンプ1月19日発売号では「ひもうと!うまるちゃんSS」の新連載も、作画はヒジキさん
海老名菜々ちゃんの「等身大おっぱいマウスパッド」も発売決定。(2015/12/7)

上海問屋、マグネットで手指のツボを刺激できる(かもしれない)「エレキマウス」
ドスパラは、表面に9個の磁石を内蔵したUSBマウス「エレキマウス」の販売を開始した。(2015/12/3)

上海問屋、「プロジェクションマウス」に新色“シルバー”を追加
ドスパラは、同社取り扱いのプロジェクション型マウス「プロジェクションマウス」に新色“シルバー”モデルを追加した。(2015/11/27)

Mionix、計5サイズを用意したマイクロファイバー生地採用ゲーミングマウスパッド
Mionixは、マイクロファイバー素材を採用したゲーミングマウスパッド「SARGAS」シリーズの発表を行った。(2015/11/26)

ロジクール、ポップな動物柄プリント入りのモバイルマウス「M238」
ロジクールは、動物をモチーフにしたイラストをペイントしたベーシックなモバイルマウス「M238」を発売する。(2015/11/25)

日本マイクロソフト、12カ月駆動に対応したモバイルBluetoothマウス
日本マイクロソフトは、持ち運びにも便利なコンパクト設計のBluetooth接続対応ワイヤレスマウス「Bluetooth Mobile Mouse 3600」を発売する。(2015/11/19)

Chrome OS搭載スティック端末「Chromebit」、ASUSが85ドルで発売
ASUSが、4月に予告したChrome OS搭載スティック端末「Chromebit」を85ドルで発売した。HDMI端子を持つディスプレイやテレビに挿してBluetoothキーボードとマウスと接続するとパソコン代わりに使えるが、デジタルキオスクやデジタルサイネージ用端末に向いている。(2015/11/18)

医療技術ニュース:
科学最大の謎の1つ、レム睡眠の役割を解明
筑波大学は、レム睡眠とノンレム睡眠の切り替えをつかさどる脳部位を発見し、レム睡眠を操作できるマウスを開発した。その結果、レム睡眠には、ノンレム睡眠中にデルタ波を誘発する役割があることが判明した。(2015/11/9)

医療技術ニュース:
自発的なうつ状態を繰り返すモデルマウスを作製、原因となる脳部位を発見
理化学研究所は、自発的なうつ状態を繰り返すモデルマウスの作製に成功し、うつ状態の原因が脳内の視床室傍核という部位のミトコンドリア機能障害にあることを解明した。(2015/11/6)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。