ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

「Bluetooth」最新記事一覧

米MASTER&DYNAMICからモダンデザインのBluetoothヘッドフォン「MW60」が登場
アユートは、米MASTER&DYNAMICのワイヤレスヘッドフォン「MW60」を7月1日に発売する。金属と革の素材を生かしたモダンなデザインが特徴だ。(2016/6/24)

UPQ、1万3800円の折りたたみ式Bluetoothヘッドフォン「HDP5」を発売
UPQ(アップ・キュー)から初の密閉型ワイヤレスヘッドフォンQ-musicシリーズ「HDP5」が登場。Bluetooth 4.0、apt-X対応。(2016/6/23)

製造業×IoT キーマンインタビュー:
すべてのIoTデバイスに「Bluetooth」を
「IoTのすべてをターゲットにしている」。こう語るのは、今やWi-Fiに並んで、最も普及する無線「Bluetooth」の規格策定団体トップを務めるマーク・パウエル氏だ。2017年初めまでには、IoTをターゲットにした新規格「Bluetooth 5」をリリースすることも発表した。Bluetoothは、乱立するIoT向け無線規格の中で、果たして勝ち抜けるのか? 同氏にIoTに向けたBluetoothの展望を聞いた。(2016/6/20)

最新バージョン「Bluetooth 5」が発表 データ通信容量が8倍まで増加
Bluetooth 5対応機器は2016年後半〜2017年前半にリリース予定とのこと。(2016/6/17)

Bluetooth SIG幹部が詳細明かす:
Bluetooth 5、2Mbpsで100m、125Kbpsなら400m
Bluetoothの規格策定団体の幹部は2016年6月17日、EE Times Japanのインタビュー取材に応じ、次期バージョン「Bluetooth 5」の詳細を明らかにした。(2016/6/17)

速度2倍の次世代Bluetooth、「Bluetooth 5」としてリリース
通信範囲は4倍、通信速度は2倍(消費電力は変わらず)という次世代Bluetoothが「Bluetooth 5」として、2016年末〜2017年初頭にリリースされる。(2016/6/17)

「Bluetooth 5」正式発表 4倍遠くに2倍速く、2017年初頭までにリリースへ
Bluetooth SIGが次期短距離無線通信機規格「Bluetoth 5」を発表した。現行版より到達距離は4倍に、伝送速度は2倍に、ブロードキャストメッセージングの容量は8倍になる。リリースは2016年末〜2017年初頭の予定だ。(2016/6/17)

IoTに照準:
通信範囲4倍、速度2倍の「Bluetooth 5」を発表
Bluetooth SIG(Special Interest Group)は2016年6月16日、無線通信規格「Bluetooth」の最新バージョンとなる「Bluetooth 5」を発表した。(2016/6/17)

空気の汚れを“見える化”、PM2.5対応の「ほこりセンサー」をラトックが発売
空気中を浮遊している微細粒子を計測してスマートフォンやタブレットの画面で確認できるBluetoothほこりセンサー「REX-BTPM25」が登場。温度、湿度、照度、気圧を計測するセンサーも搭載している。(2016/6/15)

モノラルだけどハイレゾ対応、Bluetoothも使えるエレコムのアクティブスピーカー「ピアニッシモ」
エレコムからハイレゾ再生も可能なアクティブスピーカー「pianissimo」(ピアニッシモ)が登場。モノラル仕様だが、ウーファーとツイーターを個別のアンプで駆動するバイアンプ方式を採用し、パッシブラジエーターも備えている。(2016/6/7)

ランプやファンに早変わり、フラワーポッド型のBluetoothスピーカー「スマートリーフ」
エレスは、emoiブランドの新製品として、Bluetoothスピーカー「SMART LEAF SPEAKER」(スマートリーフスピーカー、H0021)を発売した。リーフ部分を外して別売オプションを取り付ければ、卓上扇風機や照明器具に早変わり。(2016/6/6)

パナソニック、Wi-Fiにも対応したお風呂ワイヤレススピーカー「SC-ALL05」
パナソニックは、IPX5/7相当の防水性能を備えたワイヤレススピーカーシステム「SC-ALL05」を6月24日に発売する。Bluetooth 3.0とWi-Fiの両方をサポートした。市場想定価格は3万円前後(税別)。(2016/6/6)

ワイヤレスジャパン/WTP 2016:
SiPを作り続けて10年、IoTが次なる飛躍の糧に
Insight SIP(インサイトSIP)は、SiP(System in Package)を手掛けるフランスのメーカーだ。2016年で設立10周年となる同社は、「ワイヤレスジャパン2016」(2016年5月25〜27日/東京ビッグサイト)で、Bluetooth Low Energy(BLE)対応のモジュールなど同社の製品群を展示した。(2016/6/6)

Bose、ノイズキャンセルヘッドフォン「QuietComfort」の無線モデル「QC35」を349.95ドルで発売
ノイズキャンセリング機能に定評のあるBoseが、アラウンドイヤー型ヘッドフォン「QuietComfort」シリーズの新モデルとして、BluetoothとNFCで接続する無線ヘッドフォン「QuietComfort 35」を349.95ドル(約3万7300円)で発売した。(2016/6/6)

スマートにカタカタ、ターン!:
キーバックライトは3色に変更可能――「LEDライト付き 三つ折りBluetoothキーボード」
上海問屋が、三つ折りできるバックライト付きBluetoothキーボードを発売した。価格は5999円(税込)。(2016/5/30)

タイプライター風Bluetoothキーボード「QWERKYWRITER」発売
タイプライター風のビジュアルのBluetoothキーボード「QWERKYWRITER」が発売される。見た目だけでなく、質感やキータッチもタイプライターに近づけている。(2016/5/30)

ワイヤレスジャパン/WTP 2016:
BLEで双方向の音声通信、STマイクロがデモ
STマイクロエレクトロニクスは、「ワイヤレスジャパン 2016」で、Bluetooth Low Energy(BLE)を用いた双方向音声通信のデモ展示を行った。(2016/5/27)

ワイヤレスジャパン/WTP 2016:
AllJoynでBluetoothが使える! ルネサスがデモ
ルネサス エレクトロニクスは、「ワイヤレスジャパン 2016」(2016年5月25〜27日、東京ビッグサイト)で、AllJoyn対応機器をBluetooth Low Energy(BLE)で相互接続するデモを披露した。AllJoynでBLEを使用するのは「業界初」(同社)だという。(2016/5/27)

普段ワイヤレススピーカー、時々リアスピーカー ソニーが提案する新しいサラウンドの形
普段は、Wi-FiやBluetoothを使って音楽を再生できるワイヤレススピーカー。しかし映画などを見るときは、サウンドバーと連携してリアスピーカーとして働き、迫力のサラウンドを楽しませてくれる。そんな一石二鳥のコンパクトスピーカーが登場した。(2016/5/26)

ソニー、Bluetoothで音を出せる初めてのBlu-ray Discプレーヤー「BDP-S6700」
ソニーがBlu-ray Discプレーヤーの新製品「BDP-S6700」を発表した。新たにBluetooth送信機能を設け、ワイヤレスヘッドフォンを使って映画や音楽を楽しめる。(2016/5/25)

ワイヤレスジャパン 2016:
「ワイヤレスジャパン 2016」開幕――あのMVNOも出展、注目のIoT製品も
5月25日に「ワイヤレスジャパン 2016」が開幕。MVNO、IoT、Bluetooth製品などの出展が充実している。主な見どころをチェックしていこう。(2016/5/25)

Pebble、進化型iPod Shuffleのような「Core」とスマートウォッチの新モデル2機種発表
Pebble Techが、Kickstarterで新たなプロジェクトを立ち上げた。「Pebble 2」と「Pebble Time 2」、そしてディスプレイがなく3G/Wi-Fi/Bluetooth接続可能なガジェット「Pebble Core」への出資を募っている。立ち上げ後数時間でゴールを達成した。(2016/5/25)

完全ワイヤレス! e☆イヤホンから防水仕様のBluetoothイヤフォン「Arie One」が登場
「e☆イヤホン」は、香港の新興オーディオブランド「fFLAT5」のワイヤレスイヤフォン「Arie One」を発売する。左右のイヤフォン部をワイヤレス接続することでケーブルを完全に排除。(2016/5/24)

Human、完全無線のヘッドフォン「Sound」の付け耳のようなコンセプト画像を公開
米新興企業Humanが、完全に無線なBluetoothヘッドフォン「Sound」のコンセプト画像を公開した。付け耳のような形で、外部の音量も調整できる製品になる見込みだ。(2016/5/24)

ワイドFM対応:
ソニー、スタイリッシュなステレオFM/AMラジオ「SRF-V1BT」を発売――Bluetoothスピーカーにもなる
ソニーがシンプルなデザインの小型ステレオラジオ「SRF-V1BT」を発売する。NFCとBluetoothも搭載し、ワイヤレススピーカーとしても利用できる。(2016/5/23)

磁石が便利なBluetoothイヤフォン、サンワサプライから
サンワサプライがBluetoothイヤフォンの新製品「400-BTSH003」を発表。左右のハウジングにマグネットを備え、くっつけると自動的に楽曲再生を停止。イヤフォンがネックレス状になるので収納する手間もない。(2016/5/23)

IoT/M2M展:
村田がBLEメッシュ用いたシステム開発中、なぜ?
村田製作所は、「第5回 IoT/M2M展」(2016年5月11〜13日/東京ビッグサイト)で、開発中のBluetooth Low Energy(BLE)メッシュを活用した屋内位置推定システムを展示した。(2016/5/19)

「カチャカチャターン!」が捗りそう タイプライター風Bluetoothキーボード「QWERKYWRITER」
タイプライター特有のリターンバーまで搭載。(2016/5/18)

IPX4相当の防滴仕様:
パナソニック、耳にフィットして外れにくいスポーツ用Bluetoothイヤフォン「RP-BTS30」を発売
パナソニックは、防滴仕様でスポーツ仕様のBluetoothイヤフォン「RP-BTS30」を6月17日に発売する。(2016/5/18)

エレコム、手触り滑らかなイタリアンソフトレザー採用のタブレット用キーボードケース
エレコムは、各種タブレット端末向きのBluetoothキーボード搭載カバーケースの販売を開始する。(2016/5/17)

IoT/M2M展:
Bluetooth v4.2対応のBLEモジュールを投入
u-blox(ユーブロックス)は、「第5回IoT/M2M展 春」で、スタンドアロン型BLE(Bluetooth Low Energy)モジュールや、IoTゲートウェイモジュールを応用したIoTソリューションのデモ展示を行った。(2016/5/16)

IoT時代の無線規格を知る【Thread編】(1):
Google傘下が主導した無線規格「Thread」とは
家庭やオフィスに無線メッシュネットワークを形成し、丸ごとインターネットに接続できる低消費無線通信の新規格「Thread」。Threadは、Wi-FiやBluetoothなどの既存の無線規格で実現することが難しいIoTの世界を実現する。今回は入門編として、Threadの基礎を紹介する。(2016/5/17)

特選ブックレットガイド:
カシオが考える「スマートウォッチ」の方向性
Bluetooth Low Energy対応スポーツウォッチ「STB-1000」の開発秘話。(2016/5/11)

春のヘッドフォン祭2016:
サウンド設定をイヤフォンに保存!? Bluetoothイヤフォン「Jaybird Freedom」
イヤフォンにサウンド設定を保存するという発想。(2016/5/2)

TECHNO-FRONTIER 2016:
ナノアンペア級の電流波形観測、不可能を可能に
キーサイト・テクノロジーは、「テクノフロンティア 2016」において、ナノアンペアレベルの電流波形観測を可能としたデバイス電流波形アナライザー「CX3300」を用い、Bluetooth Low Energy(BLE)無線搭載モジュールの微小な漏れ電流などを測定するデモ展示を行った。(2016/4/26)

PC USER 週間ベスト10:
Windows 10を改善させた国内ユーザーの集いに潜入(2016年4月18日〜4月24日)
今回のアクセスランキングは、Windows Insider Programのユーザーイベントの模様を伝える記事に注目が集まりました。Bluetoothモデルが登場した「Happy Hacking Keyboard」のレビューや、「Apple Watch Hermes」新色ストラップの実機レポートも人気です。(2016/4/25)

5分で分かる最新キーワード解説:
IoTデバイスとスマホ連携をプログラムレスに?「Linking」
スマートフォンとBluetooth LE対応デバイスとの連携をシンプルにする新プラットフォームとして策定された「Linking」。GUIベースの開発環境も準備が進められており、コードを書かずにIoTデバイスとスマホを連携できる日も近そうです。(2016/4/20)

5年ぶりの新モデル:
Bluetooth搭載で「馬の鞍」は時代に追いついたか――Happy Hacking Keyboard Professional BTを試す
高級キーボードの代表格、HHKBシリーズに5年振りの新モデルが登場。マルチデバイス時代の“カウボーイ”たちに向け、待望のBluetooth対応を果たした。(2016/4/19)

くるっと巻けるBluetoothキーボード、LG Electronicsが韓国で発売へ
LG Electronicsが、巻くと五角柱になるBluetoothキーボード「Rolly Keyboard 2」を韓国で発売した。価格は12万9000ウォン(約1万2000円)。Android、iOS、Windows、OS Xをサポートする。(2016/4/18)

質感高し:
本格ゲーミングから普段使いまで お手頃価格が魅力の「ideacentre Y700」
レノボ・ジャパンの「ideacentre Y700」は、Skylake世代のCore iプロセッサやSSD+SSHD、ミドルレンジのGeForce GTX960を備えるゲーミングPCだ。コストパフォーマンスにも優れており、無線LANやBluetoothも搭載するなど、オールラウンダーなPCといえる。(2016/4/15)

史上最高のスマホ用キーボード? Happy Hacking KeyboardにBluetoothモデルが登場
カタカタカタ……ッターン!(2016/4/12)

音楽を聴きながら日曜大工!:
電動工具とバッテリーを共用できるBluetoothスピーカー、ブラック・アンド・デッカーから
ブラック・アンド・デッカーは、電動工具と着脱式バッテリーを共用できるBluetoothスピーカー「BDCSP18」を4月下旬に発売する。(2016/4/12)

PFU、“Happy Hacking Keyboard”にBluetoothモデル3機種を追加
PFUは、同社製キーボード「Happy Hacking Keyboard」シリーズのラインアップにBluetooth接続対応のワイヤレスモデルを追加した。(2016/4/12)

小型キーボード「HHKB」にBluetooth対応モデル 最大4機とワイヤレス接続
小型キーボード「HHKB」の新製品として、シリーズ初のBluetooth対応ワイヤレスモデルが発売される。(2016/4/12)

Thermaltake、iPhone/iPad対応のBluetoothゲームコントローラ「CONTOUR」
アスクは、Thermaltake製となるiOSデバイス向けゲームパッド「CONTOUR」の取り扱いを開始する。(2016/4/12)

歯みがきを楽しもう! スマホと連動して歯みがきを採点する“スマート歯ブラシ”「ガムプレイ」
サンスターの「G・U・M PLAY」(ガムプレイ)は、センサーやBluetooth通信機能を搭載した“スマート歯ブラシ”。ゲーム性の高い専用アプリ3種を提供することで、子どもたちが楽しみながら正しい歯磨きを身につくという。(2016/4/11)

モレスキン、紙+ペンの手書きデータをクラウドに保存・編集・検索できる「Smart Writing Set」
イタリアの老舗文具メーカーMoleskineが、デジタル文具「Smart Writing Set」を199ドルで発売した。紙に手書きした文字や絵をBluetooth経由でリアルタイムでiOS/Android端末のアプリに送り、データとして保存できる。デジタルデータにしてから編集したり検索することができる。(2016/4/7)

「Raspberry Pi 3」の実力をベンチマークで検証する
ボードコンピュータ「Raspberry Pi」に新製品、CPU強化と無線機能を搭載した「Raspberry Pi 3」が登場した。ベンチマークによるパフォーマンス検証と、ターミナルでのBluetooth有効化を行う。(2016/4/5)

太陽誘電 EYSHCNZXZ/EYSHJNZXZ:
BLEモジュール、高機能タイプ2製品を追加
太陽誘電は、高性能CPUコアの採用とメモリ容量を増やすことで、高機能化を図ったBluetooth Smartモジュール2製品を発表した。IoT(モノのインターネット)関連機器などの用途に向ける。(2016/4/5)

ランニングのお供に! スポーツ用Bluetoothイヤフォン5選
暖かい春はランニングに最適な季節。ランニングのお供におすすめなスポーツ用Bluetoothイヤフォンを紹介。(2016/4/4)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。