ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「通帳」最新記事一覧

印鑑不要 口座開設から窓口・ATM取引まで「手のひら認証」で 大垣共立銀行が来春スタート
印鑑の代わりに手のひら静脈認証を行い、口座開設や窓口・ATM取引が使えるサービスを大垣共立銀行が2017年春に始める。(2016/9/14)

手紙でネコと目が合う ネコが何かを見つめている仕草の切手セット、日本郵便から発売
じー(ΦωΦ) ーっ……撮影は「岩合光昭の世界ネコ歩き」の岩合光昭さん。(2016/8/22)

私はこうして“息子”にだまされた 実録! オレオレ詐欺事件 「催眠術にかかったみたい」
「墓石を買うんです」。女性は金融機関に嘘をついた。“息子”を助けたい一心だった。だが、それは本当の息子ではなく、オレオレ詐欺だった――。(2016/8/3)

格安SIM Q&A:
格安SIMに入れ替えてもドコモは自動解約にならないんですか?
大手キャリアの2年契約が切れたので、とある格安SIMを新規契約しました。SIMカードを入れ替えたら大手キャリアの方は自動解約になると思っていたのですが、そうじゃないんですか?(2016/7/17)

日本型セキュリティの現実と理想:
第25回 中小企業が取り組める現実的なセキュリティ対策とは?
中小企業だからサイバー攻撃に遭わないということはなく、攻撃者にとって脆弱な中小企業が情報をダダ漏れの状況のままにしてくれるのは、むしろ都合がよい。今回は、経営資源の限られた中小企業のセキュリティの実態と対策にどう取り組むべきかについて考察する。(2016/6/23)

マネーの達人:
「預貯金をしたくなる状況」にする3つの方法
お金の不安が減らせる第一歩として、預貯金をしたくなる状況に自分を追い込む方法を3つ紹介したいと思います。(2016/5/31)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
ローカル鉄道と地域を支える“寄付ツーリズム”のすすめ
熊本地震における南阿蘇鉄道の被害が甚大だ。その支援のため、第三セクター鉄道4社が合同で寄付金を募る復興祈念切符を販売している。南阿蘇鉄道も義援金受け入れ口座を開設した。鉄道ファンとしては参加したい。寄付から始まる特別な思いが、大きな満足となる。(2016/4/29)

Fintechは当たり前のサービスとして普及する有望市場
早稲田大学IT戦略研究所が開催するエグゼクティブ・リーダーズ・フォーラム(ELF)の通算第71回目の定例会では、「Fintechがもたらす産業構造変化とビジネスモデル革新」をテーマに議論が展開された。(2016/4/26)

岡本夏生、被災地へ100万円寄付宣言 「今の、俺には、この、金額が、精一杯だ」
「俺が今、できるのは、100万円の寄付」というタイトルでブログを更新しています。(2016/4/22)

PR:ミャンマー国家プロジェクトの金融システムでは、なぜ「手のひら静脈認証」が選ばれたのか?
内部犯行や標的型攻撃による情報漏えい事件は後を絶たないが、「セキュリティ強化」は事業継続に関わる重大な経営課題である。ミャンマーにおける金融システム立ち上げの国家プロジェクトと、そこで採用された富士通の手のひら静脈認証技術から「真に使えるIT」を考える。(2016/4/14)

FinTech推進の一環:
サインのみで取引可能に、三井住友銀行が「サイン認証」を導入
三井住友銀行が直筆サインで電子的に本人認証できる「サイン認証」サービスを導入する。「FinTech」推進施策の一環。(2016/4/13)

取引は印鑑不要で 三井住友銀、サインでOKに
三井住友銀は、サインで本人確認できるサービスを16年度に導入する。(2016/4/12)

本当に“使える”会計ソフトを探せ:
「え? これだけでいいの?」 サクッとクリックで8割完成 気が重い確定申告を「freee」で楽々突破
年に1度の確定申告、気が重い――クラウド会計ソフト「freee」なら質問に答えるだけで8割完成。憂鬱な気持ちを引きずらず、1日でサクッと終わらせてしまいましょう。(2016/2/19)

トクする申告書の書き方:
会社員でサイドビジネスがある人は――20万円までなら申告不要
会社員で、サイドビジネスの所得が20万円以下なら申告は不要です。(2016/2/2)

SOHO/中小企業に効く「クラウド確定申告サービス」の選び方:
なぜ「確定申告」×「クラウド」が便利なのかを知る
近年よく耳にするようになったクラウド型の確定申告サービス。なぜ今クラウド確定申告サービスが注目を集めているのか、そして従来までのソフトと異なる点は?(2016/1/27)

「Pepper」ソフトバンク店頭で販売開始
Pepperが全国約100店舗のソフトバンクショップ店頭にて販売開始される。(2016/1/20)

確定申告の基礎知識:
「白色申告」のポイントをあらためておさらい 必要な記帳内容は? 青色申告との違いは?
フリーランスや個人事業主にとって必要な記帳内容は? 帳簿はいつまで保管するもの? 青色申告との違いは? ――「白色申告」の基礎知識をおさらいしておきましょう。(2016/1/7)

ここが知りたい 税のあれこれ知恵袋:
趣味の人形コレクションをオークションで売却 確定申告って必要ですか?
ネットオークションで人形コレクションを売却。……もしかして、確定申告が必要?(2016/1/5)

オタクや腐女子のみんなー! バレると恥ずかしい文書やシュミの雑誌などを誰にも見られずに処分してくれるサービス開始
黒い歴史を葬る(物理)。(2015/12/10)

確定申告の季節がやってくる:
今年こそ申告直前に焦らない――「弥生」サポートセンターに聞いた「抑えておきたい5つのポイント」
今度こそ確定申告で焦らない――毎年苦しんでいる方、今年初めて挑む方に向けた「直前に焦らないために抑えておきたい5つのポイント」、「弥生」サポートセンターで悩み相談のプロ集団に聞いてきました。(2015/12/4)

「読書通帳」が便利で楽しい! 借りた本の総額が記録されるサービスも
導入する図書館が全国で増加中。借りたことで浮いた本代を見てニンマリできるぞ。(2015/11/16)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
もし亡くなったら――いま熱いデジタル遺品(後編)
これから注目される「デジタル遺品」について前回は、広義の「遺産」で多くの人が直面するであろう問題点を解説した。今回は本論の「デジタル遺品」の定義から始めよう。(2015/10/30)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
もし亡くなったら――いま熱いデジタル遺品(前編)
近い将来に大きな問題となるのが、自分や身近な人が亡くなった時における大切な写真やメール、インターネットサービスなどのデータだ。この「デジタル遺品」について解説しよう。(2015/10/23)

水曜インタビュー劇場(学習帳公演):
累計12億冊! 知られざる「ジャポニカ学習帳」のスゴさ
小学生のころに「ジャポニカ学習帳」を使ったことがある人も多いのでは。45年前に誕生して、累計販売数はなんと12億冊以上。半世紀に近くにわたって、なぜジャポニカ学習帳は支持され続けているのか。(2015/10/14)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
ネットバンキングを少しでも安全に使うための方法とは?
便利なインターネットバンキングでウイルス感染による不正送金被害などの問題が深刻化し、しかも状況が変化している。現時点(2015年夏)で考えられる安全に使うための方法を紹介したい。(2015/9/4)

“終活”専用PCソフト登場 「はじめてのエンディングノート」、筆まめから
通帳の情報や印鑑の場所、遺言など、自分の身の回りの情報を整理できるPCソフト「はじめてのエンディングノート」が筆まめから登場。(2015/8/19)

スクウェア・エニックスが運営するストリーミングゲームサービス「DIVE IN」 9月13日をもって終了
クラウド技術を用いた注目のサービスでした。(2015/8/14)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
死後にPCやデータをどうすればいいか――IT終活のススメ
還暦が近いと出会いの数より別れの数が多くなる。今回は読者の皆さんもいずれ直面するであろう「死後」における自身のPCやデータなど扱いについて解説したい。(2015/3/27)

マネーの達人:
得する預金――少しでも高い金利で預金するポイント
最近、「預金で得するコツ」について問い合わせがありました。預金金利が過去最低水準にあるなか、少しでも高い金利で預金することに関心が集まりつつあるようです。今回は、少しでも高い金利で預金するポイントについてお話しします。(2015/3/26)

パブリックドメインを使った二次創作――「Book Short」の優秀作がネットで公開中
第4期までの優秀作の中から決定する大賞に選出されれば、ショートフィルム化やラジオ番組化も。(2015/2/27)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
情報セキュリティと「終活」 “その時”に備えておくこと
昨年の情報セキュリティセミナーで初めて「終活」、つまり人生をどう結ぶのかについて講演を試みた。たぶん受講者は目が点になっていたに違いない。いざ“その時”が来た時に、円滑に対応できるかという点で情報セキュリティと終活に共通するものがある。(2015/2/13)

杏野はるなさんいまだ連絡付かず エッグコア小林社長が悲痛なSOS「通帳なくて病院行けない」
一連の騒動の経緯について、あらためて小林氏が説明。しかし事態は相変わらず進展していないようで……。(2015/1/13)

やよいの白色申告オンライン:
記帳義務化の白色申告を“やよいのクラウド”で乗り越えたときに分かること
2014年1月から白色申告者のすべてに帳簿付けと保管の義務が課せられることになった。これまでどんぶり勘定で確定申告をしていた人にとって大きな変更だ。これを機にクラウド会計ソフトを使ってみるのはどうだろうか?(2014/12/9)

マネーの達人:
亡くなった夫の預金、すぐに下ろせないってホント?
夫が亡くなったとき、妻が通帳や印鑑などを持っていても預金は引き出せません。故人の預金を下ろすにはいろいろと手続きが必要です。家族のためにも、元気なうちに準備をしておくことをおすすめします。(2014/11/18)

北日本銀行が店舗向け新システムを導入、ITの力で“待ち時間”は減らせるか?
北日本銀行が日立のシステムを用いて、営業店舗向け新システムを構築。業務の効率化を通して、客の待ち時間を減らそうとしている。(2014/11/12)

普通の開発者のためのリーンスタートアップ手順書(4):
今度の土日に激安でスタートアップするための3つのツール選定ポイント
スタートアップではいかにお金を使わずにプロダクトを開発するかは成功につながる大きなポイントとなる。コストを掛けずにプロダクトを作っていく上で、導入すべきツールをどのように使うかを数回に分けて紹介していこう。(2014/10/10)

頼られる人になる「経理アタマ」の鍛えかた:
「経理はつぶしがきく」って本当ですか?
これから経理に携わるなら、ココを知っておいてほしい――。退職しても引き留めにあわないような典型的“ダメ経理”から、“デキる経理”へと変身した経理マンが、これからの経理に必要とされる“知恵と知識”を伝授します。(2014/10/10)

マネーの達人:
通帳を見れば分かる、お金が貯まらない人に多い“3つのポイント”
貯蓄ができない原因はシンプル。1つはお金を貯める仕組みを作っていないこと、もう1つは、支出の管理ができていないことです。これがうまいか下手かは、預金通帳を見ればすぐに分かります。(2014/9/22)

メガネ・コンタクトの利用率は8割! 今すぐできる目のケア方法とは?
現代人が抱える視力の問題の改善が見込めるメソッドを書籍『目を温めれば視力はよくなる!』から紹介します。(2014/9/18)

マイナンバー・企業の対応と注意点:
「マイナンバー」への対応で実施すべき5つのポイント
2015年10月から始まる「番号制度(マイナンバー)」では行政や民間企業にさまざまな対応が求められます。今回は行政機関・自治体等と民間企業がそれぞれに実施すべきポイントを解説します。(2014/9/17)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
稼ぐ人はなぜ、1円玉を拾うのか?
チャンスはいたるところに転がっている。それを見つけられるかどうかはあなた次第。(2014/7/10)

消費税10%への再増税、3人に2人が反対
消費税が5%から8%に増税されたが、10%への再増税についてはどのように考えている人が多いのだろうか。20〜50代の男女に聞いたところ、66.6%の人が「反対」と答えた。メディケア生命保険調べ。(2014/6/23)

「国内投資は増えない」は本当か?
資産運用先として注目を集める海外投資。分かりにくいことも多い海外投資の入門用書籍『厳選10本のお宝ファンドを紹介!初めての海外投資でしっかり儲ける本』の著者、森智紀さんにインタビューを行いました。(2014/6/5)

情報システム担当者のための「突撃! 隣のセキュリティ」:
「100年前から情報セキュリティ」――凸版印刷に見る大規模企業の対策と現実
サイバー空間の脅威から自社を守るために、情報システム担当者はセキュリティ対策の在り方を常に考える必要がある。本連載ではJPCERTコーディネーションセンターの情報セキュリティアナリスト、瀬古敏智氏が企業の情報セキュリティ対策事例を取材。エキスパートの視点から取り組みのポイントを分かりやすく解説する。(2014/6/11)

ご一緒に“おでん”いかがですか:
知っていましたか? 今のコンビニコピー機がスゴいことを
「コンビニのコピー機を使うのは、紙をコピーするときだけ」という人も多いのでは。それだけではもったいない。今のコンビニコピー機は高機能が搭載されていて、実に便利。どんなサービスが提供さているのか、簡単に紹介しよう。(2014/5/13)

マネーの達人:
「口座引落しVSクレジットカード」――公共料金の支払でオトクなのは?
お金を貯めるには、小さい出費を抑えることも大切です。まずは、身近な公共料金の支払い方法の見直しから。今回は、電気やガス、水道などの公共料金の口座引き落としとクレジットカード払いを比較します。(2014/5/9)

貯金は30歳までが大事 年収分を貯めるには?
女性が30歳に向けて知っておきたい貯金の方法。ファイナンシャル・プランナーの中村芳子さんによる、4つの口座を使った貯金の方法を紹介します。(2014/4/24)

保存版:
IT時代ならではの“これは便利”な防災グッズ
災害大国ニッポン――日本に住んでいれば、地震や台風といった災害への備えは常にしておきたいところ。本記事では、ITに関連した「普段からできる」災害対策グッズを4つ紹介しよう。(2014/3/7)

消費税8%時代の確定申告:
クラウド? パッケージ? 青色申告ソフトの選び方
これまで8年間、パッケージソフトで確定申告をしてきた筆者。最近、話題のクラウド会計ソフト「マネーフォワード 確定申告」と「freee」の使用感を検証した。(2014/3/4)

導入事例:
東邦銀行、タブレットで行内システムを使える仮想デスクトップ基盤を整備
東邦銀行は渉外活動の強化を目指し、タブレット端末から行内システムを利用できる仮想デスクトップ基盤を構築した。(2014/2/18)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。