ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「飲料」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「飲料」に関する情報が集まったページです。

アサヒ飲料がラベルレスのミネラルウォーターを発売 地球にやさしく、ラベルをはがす手間もラクに
「人にやさしく、地球にもやさしい」(2018/5/23)

ねとめし:
秒速で本格ラッシーができるネパール人直伝レシピ! 材料を混ぜるだけで「神の飲み物」が精製されるぞ
うまーーーーーーーい。(2018/5/19)

90周年を機に変わったロングセラー:
「キリンレモン」に学ぶ、成功するリニューアルの鉄則
90周年を迎えたロングセラー炭酸飲料「キリンレモン」のリニューアルが好調だ。リニューアルを手掛けたキリンビバレッジの女性マーケターに、「成功するリニューアルに欠かせないもの」を聞いた。(2018/5/14)

“ビールの代わり”だけじゃない:
「透明なノンアルビール」サントリーが投入 “昼のオフィス”需要創出へ
サントリーが「透明なノンアルビールテイスト飲料」をコンビニ限定で6月19日に発売。職場でも気兼ねなく飲用できる「透明」かつ「ペットボトル容器」を採用し、“ビールの代わり”にとどまらない飲用シーンを提供する。(2018/5/11)

「まずはビール」はもう古い!?:
ノンアルコール飲料、飲食店で「置いて当たり前」の時代に
飲食店のうち8割がノンアルコール飲料を提供しているという調査結果が出た。中には飲み放題メニューに入れるなど提供方法も工夫している店もあるほどで、居酒屋に行った時の「まずはビール」は古くなりつつあるのかもしれない。(2018/5/8)

自然エネルギー:
アサヒグループが環境目標、2050年に温室効果ガス排出“ゼロ”を掲げる
飲料大手のアサヒグループホールディングスが新しい環境目標を策定。国内グループ企業を対象に、2050年までに温室効果ガス排出ゼロを目指す方針だ。(2018/5/8)

全国150台設置へ:
マイナス5度の「三ツ矢サイダー」 自販機で味わう“シャリシャリ感”
アサヒ飲料は、マイナス5度に冷やした「三ツ矢サイダー」を販売する自販機の展開を開始。5月末までに、全国で約150台を設置する。(2018/4/28)

「シュタインズ・ゲート ゼロ」と知的飲料「ドクターペッパー」がコラボ! アキバの飲食店30店舗で開催
ktkr!(2018/4/26)

“直飲み”が広まる:
スカッと発散 強い刺激の炭酸水、競争激しく
炭酸水の新商品を各社が投入している。アサヒ飲料「ウィルキンソン」を筆頭に、炭酸水をそのまま飲む需要が増加。強い刺激がありながら健康的であるため、リフレッシュや爽快感といった需要を訴求し、競争が激しくなっている。(2018/4/19)

開発の狙いは?:
新感覚の「コカ・コーラ」登場 容器ごと凍らせる“フローズン”
コカ・コーラシステムが、フローズン飲料「コカ・コーラ フローズン レモン」を4月16日に発売する。容器ごと凍らせることで、シャーベット感覚で楽しめる。新たな顧客層を開拓する狙い。(2018/4/12)

コーヒーブレイクに癒やしをプラス 宇宙服で飲み物に浮かぶネコのマシュマロ「NYASA」が登場
コーヒーの宇宙でネコはナニヲ思う?(2018/3/10)

ストラタシス Objet Eden 260VS|事例:
サントリー、ペットボトル容器の試作リードタイム短縮に3Dプリンタを活用
サントリーMONOZUKURIエキスパートは、清涼飲料用ペットボトル容器の試作開発において、StratasysのPolyJet方式3Dプリンタ「Objet Eden 260VS」を採用。3Dプリンタ製樹脂型を用いた加工技術「デジタルモールド」による試作のリードタイム短縮に乗り出し、ペットボトル容器の試作評価期間の大幅短縮に成功したという。(2018/3/9)

コカ・コーラ、2018年に日本で缶酎ハイを発売 グループ初事業で日本を選んだのはなぜか
125年の歴史の中でも、コカ・コーラ社のアルコール飲料参入は異例の取り組み。(2018/3/8)

低アルコールカテゴリーでの実験:
コカ・コーラ、日本市場で「缶酎ハイ」発売へ 初のアルコール飲料
米コカ・コーラが日本市場で缶酎ハイを発売する。ノンアルコール引力に注力してきたコカ・コーラが新たな領域へ。(2018/3/8)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタでペットボトル容器の試作を内製化、最短で3日に
ストラタシス・ジャパンのPolyJet方式3Dプリンタ「Objet Eden 260VS」を、サントリーMONOZUKURIエキスパートが清涼飲料用のペットボトル容器開発に採用した。同プリンタにより、サントリーは試作期間を1カ月半から最短3日と大幅に短縮している。(2018/3/7)

「歯みがきをした後に飲食すると大抵まずい?」 歯磨き粉と味覚の謎、メーカーに聞いた
乳酸菌飲料、スポーツ飲料などが特にまずいという意見も。(2018/2/24)

自販機の普及台数、年間500万台を割り込む 販売効率重視で
2016年の自動販売機の普及台数が500万台を割り込んだ。飲料メーカーが台数増よりも1台当たりの販売効率を重視したため。一方、販売効率を向上させる“ネットにつながる”自販機が増えている。(2018/1/31)

来週話題になるハナシ:
苦戦が予想される「ダイエットコーク」に、立ちはだかる過去の壁
1982年に発売されたダイエットコークが岐路に立たされている。米国での炭酸飲料全体の売り上げが落ち込んでいることから大幅なリニューアルを行う予定だが、効果はどのくらいあるのだろうか。最大の壁は……。(2018/1/25)

キリン横浜工場 CO2半減へ、グループを先導 天然ガスで熱電併給
地球環境保全は企業にとって共通の課題だ。とくに気候変動が原料となる生物資源や水資源に悪影響を与えかねないため、大量のエネルギーを使う飲料メーカーにとって、温室効果ガスの削減は避けて通れない。(2018/1/22)

ビールは1986年並みの水準:
昨年のビール類出荷は過去最低更新、新ジャンルでアサヒが首位
ビール各社が発表した2017年のビール系飲料(ビール・発泡酒・新ジャンル)の課税出荷数量は前年比2.6%減だった。(2018/1/16)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
カヌー騒動の波紋が、学生にも広がり始めている
日本のカヌー界が大きく揺れている。日本選手権に出場した小松正治選手の飲み物に、ライバル関係にあった鈴木康大選手が禁止薬物を混入。大きな波紋を広げているなかで、その影響は中高生にも出始めているという。どういうことかというと……。(2018/1/12)

キッコーマン豆乳飲料から「チョコミント」味が登場 チョコミントなのに乳原料もコレステロールもゼロ
チョコミン豆乳。(2018/1/10)

市民の声「救急隊が自販機の飲み物をゴクゴク。これってアリ?」がネット上で物議 大阪市「今回はアリな状況」
似た事例では「消防車はうどん屋に立ち寄っていいのか」と賛否両論になったことも。(2018/1/9)

泡立てたミルクは分量に含めるべきか:
米スタバ「ラテの量が少ない」訴訟、連邦地裁が原告の訴え却下
スターバックスがミルクのコストを削減するために飲料の量を少なくして顧客を欺いたとして訴えられていた裁判で、米連邦地裁は証拠不十分として原告側の訴えを却下。(2018/1/9)

「どん兵衛」「オロナミンC」など:
西友、年末年始の人気商品37品目を平均14%値下げ
西友は12月19日〜2018年1月8日にかけて、年末年始に需要が高まる食品・飲料品37品目を平均14%値下げする。(2017/12/18)

ウォーターサーバなど販売:
ジャパネットHDがミネラルウォーター会社を買収 飲料水事業に参入
通信販売大手のジャパネットHDが飲料水事業に参入する。(2017/12/13)

製造業IoT:
「倉庫管理の未来形を作る」、JDAとサトーが生産性40%向上目指し提携
JDAソフトウェアとサトーホールディングスが戦略的パートナーシップを締結。提携の第1弾として、JDAの倉庫労務管理ソリューションと、サトーの「Visual Warehouse」を組み合わせたパッケージソリューションを提供する。当初は、2019年3月までに食品、飲料業界の大手メーカー5社への導入を目指す。(2017/12/7)

ポテチは飲み物!? 片手で口に流し込める「ONE HAND POTECHI」発売
スマホやPC中でも、片手でレッツポテチ!(2017/12/4)

日本酒をソフトドリンクで割る:
コカ・コーラがぐるなびと「飲食店支援」 若年層向けのレシピ提案
日本コカ・コーラはぐるなびと業務提携し、日本酒や焼酎などをソフトドリンクで割った低アルコール飲料のレシピを飲食店に提案していくと発表した。「若年層を集客できるレシピを提案することで飲食店を支援する」という。(2017/11/25)

帰宅時間の「癒やし」に焦点:
なぜケーキを飲み物に?「飲むショートケーキ」を飲んでみた
ダイドードリンコは11月28日から、JR東日本の自販機向け新商品「コクGrand time ふって飲む甘美なショートケーキ」を販売する。ビジネスパーソンが帰宅時間に求める「癒やし」需要を狙う。(2017/11/21)

「本来のおいしさ」ではない:
日清ヨーク「ピルクル」自主回収 「異なる風味」
日清ヨークは、乳酸菌飲料「ピルクル」の一部を自主回収する。(2017/10/18)

製造マネジメント インタビュー:
プロセス産業でも進む「デジタルツイン」、早ければ2022年にも実現
インダストリー4.0やスマートファクトリーの取り組みは、組み立て系製品だけでなく、石油、化学、食品/飲料といったプロセス系製品も対象になっている。プロセス産業への「デジタルツイン」の適用を目指すシュナイダーエレクトリックは、2022〜2025年に実現できると想定している。(2017/10/12)

“飲む焼きいも”爆誕 ハウスウェルネスフーズが焼きいも味の飲料を販売
焼きいもは飲み物。【訂正】(2017/10/5)

大瓶で10%前後:
アサヒがビール系飲料を10年ぶりに値上げへ、業務用で10%程度
アサヒグループホールディングスは、業務用を中心に瓶やたる詰めのビール系飲料(ビール、発泡酒、新ジャンル)を値上げする。(2017/10/4)

「い・ろ・は・す」初のホット飲料 津軽りんごエキスを加えた「焼きりんご」期間限定発売
寒い日に飲みたい。(2017/9/27)

残量が少ないと“最安値”で自動注文 IoT活用「スマートマット」登場
日用品を自動注文するIoTデバイス「スマートマット」が登場。飲料水などの残りが少なくなると、最安値で扱っているECサイトから注文してくれるという。(2017/9/13)

乳成分まで透明に……!? サントリーが「透明なミルクティー」新発売
今までで一番驚きの透明飲料かも。(2017/9/10)

あめを溶かしたシロップ使用:
マックシェイク、新コラボ商品「飲むチェルシー」発売
日本マクドナルドが、明治のキャンディー「CHELSEA(チェルシー)」とコラボした飲料「マックシェイク チェルシー」を9月13日に発売する。(2017/9/7)

冷え冷えの飲み物を冷蔵庫が運んでくる パナソニックが動く冷蔵庫を展示
未来っぽい。(2017/9/2)

ドリンク購入で情報発信 ダイドードリンコの「未来型自販機」とは
ダイドードリンコは9月4日から、飲料を購入したユーザーのスマートフォンに情報発信するサービス「Smile Town Portal」を始める。(2017/8/17)

ダイドー、自販機と連動する「ザ キング オブ ファイターズ」アプリを開発 ガチャ演出まで自販機だあ!
飲み物の購入時にもらえるポイントをゲーム内のコインに交換し、アイテムやキャラクターを入手可能。(2017/8/10)

喉が渇いたのかな? 自販機にペタッと張り付きカルピスを眺めるカエルさんが猛暑を伝える
夏の思い出に欠かせない飲み物。(2017/8/10)

“自販機連動”スマホ格ゲー登場 「KOF」とダイドーがコラボ、飲料買ってキャラ育成
KOFのキャラが登場するスマホ格ゲーがダイドーから登場。自動販売機で飲料を買って手に入れたポイントでキャラを育成できる。(2017/8/10)

「恐ろしい店が建てられてる……」 衝撃の店名で話題になった「とんかつは飲み物。」を一足先に味わってきた
ふざけてると思われた店名には深い意味が込められていました。【訂正】(2017/7/27)

ノンアルコールドリンクに酒混入 「グラブルカフェ」が謝罪
「グランブルーファンタジー」のコラボカフェで、ノンアルコール飲料に誤って酒を混入したとして、運営元のレッグスが謝罪した。(2017/7/10)

コカ・コーラもシーチキンもボタン一発で注文できる Amazon Dash Buttonのラインアップが100ブランド以上に拡大
アルコール飲料やオフィス文房具など新カテゴリが設けられ、幅広いラインアップに。(2017/6/28)

営業力は「カゴメ」が1位:
国内飲料メーカーの「営業体制」を比較 各社の強みは?
国内飲料メーカーの営業体制の違いは?――TPCマーケティングリサーチ調べ。(2017/6/16)

常見陽平のサラリーマン研究所:
上司の“アルコール武勇伝”は面倒臭い、3つのパターン
中年上司のアルコールにまつわる話は面倒くさい。彼らの話は大きく3つに分かれる。「イッキ飲みの作法」「酒量自慢」「アルコール飲料のCM」の話である。(2017/6/16)

組み込み開発ニュース:
IoT対応「見守り自販機」が地域情報をリアルタイムに“つぶやく”
情報通信研究機構は、アサヒ飲料と共同でIoT対応の「見守り自販機」の実証実験を2017年6月から順次実施する。見守り自販機は、リアルタイムな地域情報を“つぶやく”ことができる。(2017/6/8)

Wi-SUNを活用したメッシュネットワーク:
アサヒとNICT、自販機100台をIoT化する実証実験 見守りサービスへの応用探る
NICTとアサヒ飲料が東京都墨田区で、街中の自動販売機を活用した地域IoT無線ネットワークの実証実験を行う。Wi-SUNを活用し、見守りサービスなどへの応用可能性を探る。(2017/5/25)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。