ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「飲料」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「飲料」に関する情報が集まったページです。

【Amazonサイバーマンデー】おいしい天然水62%OFF、プロテイン45%OFF、オールブラン38%OFFなど 常備できる食べ物系まとめ
食べ物、飲み物などもこの機会に。(2018/12/8)

実購買データと連動:
マイクロアド、食品・飲料業界向けに購買リフト分析可能なデータプラットフォームを提供
マイクロアドは、食品・飲料業界向けに、実購買データを連携したデータプラットフォーム「Pantry」の提供を開始した。(2018/11/26)

自販機での交通系電子マネー利用は約6割(首都圏) NTTコムの調査から
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションらは、11月15日に「清涼飲料水の自動販売機での購入に関する調査」の結果を発表。自販機で購入する際の決済で交通系電子マネーの利用が約6割に達し、現金での購入を全くしない層も確認できた。未来の自販機にはスマホアプリとの連動による「レコメンデーション+α機能」などに期待が寄せられていることが分かった。(2018/11/15)

「家計を応援」:
西友、飲料など約200品目を平均9%値下げ 19年1月頭までの期間限定
西友が飲料など約200品目を2019年1月6日までの期間限定で平均約9%値下げする。同社の値下げは18年に入り5回目。今後は「プライスロック」を11月後半に始める予定という。(2018/11/9)

小規模オフィスにミニ自販機を設置 キャッシュレスで飲料が買えるサービス「コーク ミニ」をコカ・コーラが提供
オフィスに自動販売機を導入しなくても飲料が買える新サービス。(2018/11/9)

3段階のとろみ調節:
高齢者の誤嚥防止、飲料にとろみの自販機 介護の負担軽減
のみ込む(嚥下(えんげ))機能が低下した高齢者などのために飲料にとろみを付けるカップ式自動販売機を、医療介護補助食品製造のニュートリー(三重県四日市市)と自販機運営・管理のアペックス(愛知県大府市)が共同開発した。介護現場では誤嚥や窒息防止のため手作業で飲料にとろみを付けているが、この自販機を導入すれば負担を軽減できるとしている。(2018/11/8)

外出時間を削減:
“置きコカ・コーラ”始まる 小規模な職場向け飲料サービス、キャッシュレスで
コカ・コーラ ボトラーズジャパンが、小規模オフィス向けの飲料提供サービスを開始。サービス名は「Coke mini」。小型機材で飲料を販売する点と、決済方法をキャッシュレスに限定した点が特徴。(2018/11/6)

ファミマ・サークルKで先行販売:
「ウコンの力」に初のゼリータイプ誕生 飲み会前の“すきっ腹”満たす
「ウコンの力」シリーズに初のゼリー飲料が登場。全国のファミリーマート、サークルK、サンクス計1万6700店で先行発売される。ターゲット層は20〜30代の男性で、飲み会前などの利用を想定する。(2018/10/24)

ハロウィーン警戒 渋谷区がマナー順守やアルコール飲料の販売自粛呼びかけへ
(2018/10/18)

停滞する居酒屋のお酒に新ヒットを:
モンテローザ、焼酎割りのニュー飲料で狙う“ハイボールの次の座”
モンテローザが焼酎の卸や酒蔵と組んで焼酎割りの新ブランド「スパイダー」を売り込む。ハイボールの次のヒットが生まれない居酒屋業界と低迷が続く焼酎業界が手を組み若者にアピール。(2018/10/9)

イメージを変える:
拡大する「パンのお供」 専用牛乳や塗るごちそうも 
食欲の秋が到来し、各地で名店のパンを一堂に会した「パンフェス」が花盛り。パン人気が熱を帯びる中、“お供”となる食品や飲料のバリエーションが拡大している。日本に根強い「パン=朝食」のイメージを変える商品もお目見えしている。(榊聡美)(2018/10/3)

「たたんでくれてありがとうにゅう」――豆乳飲料「ごまはち」の隠しメッセージ、消費者からの便りで社長も耳に入る事態に
販売元のマルサンアイに詳細を聞きました。(2018/9/26)

フォンダンショコラは飲み物 ダイドーから「飲むフォンダンショコラ」発売
(2018/9/25)

第20回自動認識総合展:
飲料容器へのRFIDタグ貼り付けを自動化、遮断扉なしのゲート型RFIDリーダーも
凸版印刷は、「第20回自動認識総合展」において、紙製の飲料容器であるカートカンへのRFIDタグの自動貼り付けや、ゲート型RFIDリーダーによる一括読み取りなど、同社グループ製品によるデモンストレーションを披露した。(2018/9/21)

未知の飲料「コカ・コーラ プラスコーヒー」が気になり過ぎるので買って飲んでみた → 8割コーラ
後味だけコーヒー。(2018/9/18)

【マンガ】小学生でも分かる「炭酸飲料にはアルミ缶が使われやすい理由」
反対に、ジュースやお茶はスチール缶が多いとか。(2018/9/18)

【マンガ】“ラムネが英語ではなくなった”理由
もともとは黒船とともに日本にやってきた飲み物でしたが……。(2018/9/13)

災害時に無料で飲料を取り出せる自販機、「停電で使えない」ツイート出回る どんな仕組みかサントリーに聞いた
どのような仕組みになっているのか、災害時にどのようにすればいいのかを聞きました。(2018/9/7)

ソルティライチに次ぐ商品に:
コーヒーとお茶のあいだに“新しい飲み物”を 「麦のコーヒー」は定着するか
キリンビバレッジが7月に発売した「世界のKitchenから 麦のカフェ CEBADA(セバダ)」。スペインの食文化をヒントに開発した、麦を使った飲み物だ。日本になじみのない文化をあえて取り入れ、提案するのはなぜだろうか。(2018/8/29)

サントリー「BOSS」に炭酸飲料「ボストニック」登場 コーヒー由来の苦味から放たれるシュワシュワ感
自販機限定商品として発売中。(2018/8/23)

食べるのがもったいない! カラフルで美しいクリームソーダを作る「クリームソーダ職人」がステキ
クリームソーダはレトロかと思いきや、フォトジェニックな飲み物になっていました。(2018/8/11)

うは、「プシュー」できるぞ! 「ハローキティ新幹線のブレーキハンドル」形のペットボトルオープナー発売
炭酸飲料で「プシュー」。(2018/8/10)

担当者に聞く:
日本コカ・コーラのミレニアル世代が主導したコミュニケーション改革
「ミレニアル世代」の感性を取り込んで、商品開発や組織作りに生かそうとする会社が増えているという。飲料メーカー大手の日本コカ・コーラもそうした1社である。(2018/7/30)

「救急車でコンビニ等に立ち寄り飲料水等を購入する場合があります」 猛暑による救急出動が続く事態に名古屋市消防局が理解呼びかける
救急隊員が倒れてしまう……。(2018/7/27)

猛暑 熱中症の対策強化 飲料各社、新商品や増産相次ぐ
飲料各社は熱中症対策の新商品を相次いで市場に投入。(2018/7/18)

紙パック飲料を冷たくキープ ドリンクホルダーみたいな冷却機「SUPER COLD BOX」発売
ドリンクの選択肢が広がります。(2018/7/15)

飲める氷のポカリスエット「アイススラリー」が新発売 身体を芯から冷やす熱中症対策飲料
フローズンやスムージーのような“飲める氷”のポカリスエットです。(2018/7/15)

「爽健美茶」シリーズに新商品「爽健美水」 果実フレーバーを加えた透明水
透明系飲料もここまできました。(2018/6/26)

あなたの職場でも“開店”するかも:
パンやペン、ストッキングも“冷え冷え” オフィス用「無人コンビニ」がスゴイ
オフィスで食品や飲料、日用品が買える自販機「無人コンビニ」のサービスが正式に開始。便利なだけでなくユーザーの要望に応えて好みの商品ばかり置く機能が特徴だ。(2018/6/19)

クレカ決済のオフィス向け“無人コンビニ”「600」 正式スタート
お菓子や弁当、飲料から日用品までを手軽に買えるオフィス向け自動販売機「600」が正式展開。商品にRFIDタグを付け、専用デバイスによるクレジットカード決済を可能にした。(2018/6/18)

「アサヒ ドライゼロ」に初のペットボトル版 ゴクゴク飲めるビールテイスト清涼飲料
夏限定で発売されます。(2018/6/9)

「ポン酢、フルーツポンチはもともと同じ飲み物」って知ってた?
ていうか、「ポン」って何?(2018/6/5)

オフィスでも気軽に:
とうとうコーラも「透明」に 「コカ・コーラ クリア」登場
コカ・コーラシステムは6月11日、透明炭酸飲料「コカ・コーラ クリア」を発売。仕事の合間やスポーツの後など、コーラを飲む機会が少なかったシーンでも気軽に飲める飲料として提案する。(2018/6/1)

コーラなのにカラメル色じゃない! コカ・コーラから透明炭酸飲料「コカ・コーラ クリア」登場
強い炭酸とレモンの風味を、ゼロカロリーで楽しめる。(2018/6/1)

チケット購入からスタジアムの買い物までスマホ1つで 「シント=トロイデンVV」の公式アプリ、DMMなどが開発へ
DMM.com、Candee、トランスコスモス、ベルギーの1部リーグに所属するサッカークラブ「STVV」(シント=トロイデンVV)を運営するSSTVは、同クラブのスタジアムのICT化を目指す「コネクテッドスタジアム事業」を開始。まずは観戦チケットの購入や駐車場の予約、スタジアムでのグッズや飲料の購入などが行える「STVV公式アプリ」の開発を進める。(2018/6/1)

愛知・三河のソウルフード「キリンラーメン」、大人の事情で名称変更を発表 新名称は一般公募に
飲料メーカーのキリンは「係争になっているのは事実」とコメント。(2018/5/29)

アサヒ飲料がラベルレスのミネラルウォーターを発売 地球にやさしく、ラベルをはがす手間もラクに
「人にやさしく、地球にもやさしい」(2018/5/23)

ねとめし:
秒速で本格ラッシーができるネパール人直伝レシピ! 材料を混ぜるだけで「神の飲み物」が精製されるぞ
うまーーーーーーーい。(2018/5/19)

90周年を機に変わったロングセラー:
「キリンレモン」に学ぶ、成功するリニューアルの鉄則
90周年を迎えたロングセラー炭酸飲料「キリンレモン」のリニューアルが好調だ。リニューアルを手掛けたキリンビバレッジの女性マーケターに、「成功するリニューアルに欠かせないもの」を聞いた。(2018/5/14)

“ビールの代わり”だけじゃない:
「透明なノンアルビール」サントリーが投入 “昼のオフィス”需要創出へ
サントリーが「透明なノンアルビールテイスト飲料」をコンビニ限定で6月19日に発売。職場でも気兼ねなく飲用できる「透明」かつ「ペットボトル容器」を採用し、“ビールの代わり”にとどまらない飲用シーンを提供する。(2018/5/11)

「まずはビール」はもう古い!?:
ノンアルコール飲料、飲食店で「置いて当たり前」の時代に
飲食店のうち8割がノンアルコール飲料を提供しているという調査結果が出た。中には飲み放題メニューに入れるなど提供方法も工夫している店もあるほどで、居酒屋に行った時の「まずはビール」は古くなりつつあるのかもしれない。(2018/5/8)

自然エネルギー:
アサヒグループが環境目標、2050年に温室効果ガス排出“ゼロ”を掲げる
飲料大手のアサヒグループホールディングスが新しい環境目標を策定。国内グループ企業を対象に、2050年までに温室効果ガス排出ゼロを目指す方針だ。(2018/5/8)

全国150台設置へ:
マイナス5度の「三ツ矢サイダー」 自販機で味わう“シャリシャリ感”
アサヒ飲料は、マイナス5度に冷やした「三ツ矢サイダー」を販売する自販機の展開を開始。5月末までに、全国で約150台を設置する。(2018/4/28)

「シュタインズ・ゲート ゼロ」と知的飲料「ドクターペッパー」がコラボ! アキバの飲食店30店舗で開催
ktkr!(2018/4/26)

“直飲み”が広まる:
スカッと発散 強い刺激の炭酸水、競争激しく
炭酸水の新商品を各社が投入している。アサヒ飲料「ウィルキンソン」を筆頭に、炭酸水をそのまま飲む需要が増加。強い刺激がありながら健康的であるため、リフレッシュや爽快感といった需要を訴求し、競争が激しくなっている。(2018/4/19)

開発の狙いは?:
新感覚の「コカ・コーラ」登場 容器ごと凍らせる“フローズン”
コカ・コーラシステムが、フローズン飲料「コカ・コーラ フローズン レモン」を4月16日に発売する。容器ごと凍らせることで、シャーベット感覚で楽しめる。新たな顧客層を開拓する狙い。(2018/4/12)

コーヒーブレイクに癒やしをプラス 宇宙服で飲み物に浮かぶネコのマシュマロ「NYASA」が登場
コーヒーの宇宙でネコはナニヲ思う?(2018/3/10)

ストラタシス Objet Eden 260VS|事例:
サントリー、ペットボトル容器の試作リードタイム短縮に3Dプリンタを活用
サントリーMONOZUKURIエキスパートは、清涼飲料用ペットボトル容器の試作開発において、StratasysのPolyJet方式3Dプリンタ「Objet Eden 260VS」を採用。3Dプリンタ製樹脂型を用いた加工技術「デジタルモールド」による試作のリードタイム短縮に乗り出し、ペットボトル容器の試作評価期間の大幅短縮に成功したという。(2018/3/9)

コカ・コーラ、2018年に日本で缶酎ハイを発売 グループ初事業で日本を選んだのはなぜか
125年の歴史の中でも、コカ・コーラ社のアルコール飲料参入は異例の取り組み。(2018/3/8)

低アルコールカテゴリーでの実験:
コカ・コーラ、日本市場で「缶酎ハイ」発売へ 初のアルコール飲料
米コカ・コーラが日本市場で缶酎ハイを発売する。ノンアルコール引力に注力してきたコカ・コーラが新たな領域へ。(2018/3/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。