ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「飲料」最新記事一覧

帰宅時間の「癒やし」に焦点:
なぜケーキを飲み物に?「飲むショートケーキ」を飲んでみた
ダイドードリンコは11月28日から、JR東日本の自販機向け新商品「コクGrand time ふって飲む甘美なショートケーキ」を販売する。ビジネスパーソンが帰宅時間に求める「癒やし」需要を狙う。(2017/11/21)

「本来のおいしさ」ではない:
日清ヨーク「ピルクル」自主回収 「異なる風味」
日清ヨークは、乳酸菌飲料「ピルクル」の一部を自主回収する。(2017/10/18)

製造マネジメント インタビュー:
プロセス産業でも進む「デジタルツイン」、早ければ2022年にも実現
インダストリー4.0やスマートファクトリーの取り組みは、組み立て系製品だけでなく、石油、化学、食品/飲料といったプロセス系製品も対象になっている。プロセス産業への「デジタルツイン」の適用を目指すシュナイダーエレクトリックは、2022〜2025年に実現できると想定している。(2017/10/12)

“飲む焼きいも”爆誕 ハウスウェルネスフーズが焼きいも味の飲料を販売
焼きいもは飲み物。【訂正】(2017/10/5)

大瓶で10%前後:
アサヒがビール系飲料を10年ぶりに値上げへ、業務用で10%程度
アサヒグループホールディングスは、業務用を中心に瓶やたる詰めのビール系飲料(ビール、発泡酒、新ジャンル)を値上げする。(2017/10/4)

「い・ろ・は・す」初のホット飲料 津軽りんごエキスを加えた「焼きりんご」期間限定発売
寒い日に飲みたい。(2017/9/27)

残量が少ないと“最安値”で自動注文 IoT活用「スマートマット」登場
日用品を自動注文するIoTデバイス「スマートマット」が登場。飲料水などの残りが少なくなると、最安値で扱っているECサイトから注文してくれるという。(2017/9/13)

飲料・小売りで広がる共同輸送 ビール4社、北海道できょう開始
食料品・日用品メーカーや流通大手が手を組み、物流を効率化する動きが広がってきた。(2017/9/12)

乳成分まで透明に……!? サントリーが「透明なミルクティー」新発売
今までで一番驚きの透明飲料かも。(2017/9/10)

あめを溶かしたシロップ使用:
マックシェイク、新コラボ商品「飲むチェルシー」発売
日本マクドナルドが、明治のキャンディー「CHELSEA(チェルシー)」とコラボした飲料「マックシェイク チェルシー」を9月13日に発売する。(2017/9/7)

冷え冷えの飲み物を冷蔵庫が運んでくる パナソニックが動く冷蔵庫を展示
未来っぽい。(2017/9/2)

ドリンク購入で情報発信 ダイドードリンコの「未来型自販機」とは
ダイドードリンコは9月4日から、飲料を購入したユーザーのスマートフォンに情報発信するサービス「Smile Town Portal」を始める。(2017/8/17)

ダイドー、自販機と連動する「ザ キング オブ ファイターズ」アプリを開発 ガチャ演出まで自販機だあ!
飲み物の購入時にもらえるポイントをゲーム内のコインに交換し、アイテムやキャラクターを入手可能。(2017/8/10)

喉が渇いたのかな? 自販機にペタッと張り付きカルピスを眺めるカエルさんが猛暑を伝える
夏の思い出に欠かせない飲み物。(2017/8/10)

“自販機連動”スマホ格ゲー登場 「KOF」とダイドーがコラボ、飲料買ってキャラ育成
KOFのキャラが登場するスマホ格ゲーがダイドーから登場。自動販売機で飲料を買って手に入れたポイントでキャラを育成できる。(2017/8/10)

「恐ろしい店が建てられてる……」 衝撃の店名で話題になった「とんかつは飲み物。」を一足先に味わってきた
ふざけてると思われた店名には深い意味が込められていました。【訂正】(2017/7/27)

ノンアルコールドリンクに酒混入 「グラブルカフェ」が謝罪
「グランブルーファンタジー」のコラボカフェで、ノンアルコール飲料に誤って酒を混入したとして、運営元のレッグスが謝罪した。(2017/7/10)

コカ・コーラもシーチキンもボタン一発で注文できる Amazon Dash Buttonのラインアップが100ブランド以上に拡大
アルコール飲料やオフィス文房具など新カテゴリが設けられ、幅広いラインアップに。(2017/6/28)

営業力は「カゴメ」が1位:
国内飲料メーカーの「営業体制」を比較 各社の強みは?
国内飲料メーカーの営業体制の違いは?――TPCマーケティングリサーチ調べ。(2017/6/16)

常見陽平のサラリーマン研究所:
上司の“アルコール武勇伝”は面倒臭い、3つのパターン
中年上司のアルコールにまつわる話は面倒くさい。彼らの話は大きく3つに分かれる。「イッキ飲みの作法」「酒量自慢」「アルコール飲料のCM」の話である。(2017/6/16)

組み込み開発ニュース:
IoT対応「見守り自販機」が地域情報をリアルタイムに“つぶやく”
情報通信研究機構は、アサヒ飲料と共同でIoT対応の「見守り自販機」の実証実験を2017年6月から順次実施する。見守り自販機は、リアルタイムな地域情報を“つぶやく”ことができる。(2017/6/8)

Wi-SUNを活用したメッシュネットワーク:
アサヒとNICT、自販機100台をIoT化する実証実験 見守りサービスへの応用探る
NICTとアサヒ飲料が東京都墨田区で、街中の自動販売機を活用した地域IoT無線ネットワークの実証実験を行う。Wi-SUNを活用し、見守りサービスなどへの応用可能性を探る。(2017/5/25)

「この先注意!」 交通安全情報などを自販機がつぶやくIoT対応「見守り自販機」
国立研究開発法人情報通信研究機構とアサヒ飲料が共同で、IoT対応「見守り自販機」の実証実験を発表した。(2017/5/23)

脂肪吸収抑えるカロリーゼロ飲料:
「スプライト」に初のトクホ登場 日本向け「エクストラ」
炭酸飲料「スプライト」ブランドに初のトクホが登場。日本向けに開発された「スプライト エクストラ」が6月5日に発売。(2017/5/22)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
5年間のTCOを約63%削減、アサヒグループが全社システムに選んだストレージは?
飲料・食品事業を行うアサヒグループは、全社システムの8割以上を占めるプライベートクラウド基盤の統合ストレージを刷新した。同グループの厳しい審査や実機テストをクリアしたオールフラッシュアレイとはどのようなものだろうか。(2017/4/20)

アサヒ飲料が謝罪:
三ツ矢サイダーの新CM取り止め 「危険」指摘相次ぎ
アサヒ飲料が、三ツ矢サイダーの新CMを削除。危険な表現があるという指摘を受けたため。(2017/4/19)

トヨタ、アウトドア特化SUV「TOYOTA FT-4X」公開 サイドミラーに小型カメラ
ルームライトを取り外すと懐中電灯に、ドアハンドルは飲料用ボトルにもなる。(2017/4/14)

暑い夏場にうれしい従来より4℃低い強冷自動販売機がアサヒ飲料から登場
年内5500台の設置を目指す。(2017/4/8)

炭酸飲料が爽快に:
めちゃ冷え自販機、アサヒ飲料が設置 従来比4度低く
庫内温度を従来から4度下げ、約1度の「強冷」で飲料を提供できる自動販売機をアサヒ飲料が設置する。(2017/4/7)

自然エネルギー:
水力を中心に再エネを活用、キリンがCO2を6600世帯分削減
キリンホールディングスは自社の飲料工場や事業所のCO2排出量削減に向け、使用電力に再生可能エネルギーの活用を進めている。4月から東京電力エナジーパートナーが提供する水力発電の電力を利用した電気料金プランや、グリーン電力証書の導入を進め、6600世帯分のCO2排出量削減を図った。(2017/4/4)

食品飲料向けに:
サイバーエージェント、「ペコリ by Ameba」のレシピ動画フォーマットを広告商品として提供開始
サイバーエージェントは「Ameba」が提供する業種特化型の動画広告フォーマット「AVA Style」第2弾として、レシピメディア「ペコリ by Ameba」のレシピ動画を活用した食品飲料向けフォーマットの提供を開始する。(2017/3/31)

羊かんは飲み物! 北海道・北見の菓子店が地元産の小豆を使ったドリンクを発売
以前「焼肉クッキー」を作ったお店です。(2017/3/30)

冷やししるこも発売:
伊藤園、缶入り「冷やしみそ汁」(なめこ入り)発売
伊藤園が春夏シーズン限定の缶入り飲料「冷やししるこ」「冷やしみそ汁」を発売する。(2017/3/23)

プレゼント機能も:
自販機がこれからも進化する理由
スマートフォンアプリで飲み物を買ったり、プレゼントしたりできる自販機が東京駅に設置された。飲料の売り場として、昔から変わらない役割を担い続ける自販機。なぜ変わろうとしているのか。(2017/3/15)

ドリンクボトルにもなる“ランタンスピーカー”発売――飲み物の色で明かりが変わる
(2017/3/14)

シュークリームは飲み物 永谷園から「ビアードパパの飲むシュークリーム」発売
3月21日にエキナカ自販機acureで先行発売。(2017/3/14)

ピーチヨーグルト味:
キリンとライザップがコラボ プロテイン飲料発売
キリンビバレッジとRIZAPがプロテイン飲料を共同開発。3月28日から全国で販売する。(2017/3/14)

主力ブランドで成長へ:
体脂肪減らすカルピス投入 アサヒが健康イメージ強化
アサヒ飲料は、2017年の清涼飲料の販売量を前年比0.5%増の2億5500万ケースとする計画を発表。「カルピス」ブランドには、体脂肪を減らす乳酸菌を配合した機能性表示食品を投入する。(2017/3/1)

コーヒー焙煎工場新設も発表:
サントリー、地域限定「BOSS」拡大 東北などで今春
サントリー食品インターナショナルは今春、缶コーヒー「BOSS」の地域限定3商品(東北・北海道・九州)を発売する。コーヒー飲料事業の競争力強化のため、コーヒー豆焙煎の新工場計画も発表した。(2017/2/21)

コンビニで買える「むくみケア」に使えるヘルシーフードとは?
朝起きたら顔や手足のむくみが気になるという場合、何が原因なのでしょうか。その対処法として摂るといい食べ物や飲み物を管理栄養士に聞きました。(2017/1/25)

富士経済が発表:
清涼飲料市場、成長 夏場の猛暑で需要増
富士経済が2016年の清涼飲料市場を発表。最需要期となる夏場に猛暑が続き、需要が上向いたことで、5兆1155億円(前年比1.6%増)になる見込み。コーヒー飲料、茶系飲料、ミネラルウオーター類が好調。(2017/1/24)

専門家に聞く 寝る前に飲むと「質の高い睡眠」が得られる飲み物
睡眠の質を上げるために、寝る前に飲むのにおすすめのドリンクを睡眠の専門家に教えてもらいました。(2017/1/15)

“『酒』『食』『飲』を手掛けるユニークな「食品企業」”を支える新しいIT基盤
サッポログループが実現、グローバルIT基盤の刷新とそれを支える運用管理
国内酒類や食品・飲料など多くの事業を展開するサッポログループは、事業改革を進めるためにグループIT基盤を短期間で刷新した。刷新はどのように実現したのだろうか。(2017/1/13)

キャップ付き紙パックが開けやすくなる 飲料向けに大日本印刷が開発
大日本印刷が、液体紙容器のキャップを開けると同時に中栓も取れる技術を開発した。(2017/1/12)

食品・飲料業界の需給計画の悩みを解決
複雑な生産スケジューリングを半自動化、キリンも採用した需給計画の策定術
メーカーにとって需給計画の精度向上は、商機を喪失しないためにも極めて重要だ。しかし、食品・飲料業界では、商品特性の違いから実現はなかなか困難だ。(2016/12/26)

24時間バッテリーで動く自販機が東京駅に登場 電源ない場所にも飲料提供
バッテリーで稼働する自動販売機が東京駅で試験運用される。(2016/12/13)

飲料業界が脱紙書類!
北陸コカ・コーラボトリングが電子帳票システムを大幅改修する4つの目的
帳票電子化により、帳票運用と業務はどう変わるのか? 大手飲料販売会社の導入事例をカギに、帳票電子化の生産性向上効果を考える。(2016/12/9)

息子の命をつなぐ愛用のコップ探して――Twitterでの呼びかけに同等品の寄贈続々、メーカーも反応し再生産を約束
息子さんは愛用のコップでしか飲み物を飲めず、今あるコップが使えなくなった場合、生命の危機すら懸念されていました。(2016/12/1)

省エネ機器:
海水から飲料水を省エネ製造、NEDOが南アフリカで実証
南アフリカ共和国では大規模な干ばつなどの影響による深刻な水不足が大きな課題となっている。こうした課題の解決に向け、NEDOは国内事業で培った海水や再生水から飲料水を製造できる装置の実証事業を展開する。従来より30%省エネかつ周辺環境への影響が少ないのが特徴のシステムだ。(2016/11/22)

コンビニで買える「冷え症対策」に有効な食べ物&飲み物は?
いざというときに便利なコンビニ。冷え対策するための食べ物や飲み物を上手に選んで、忙しいときでも体調を万全に保ちましょう。(2016/11/16)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。