ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ベッキー」最新記事一覧

関連キーワード

ゲス極・川谷絵音 おばさまたちに「写真撮ってください」と頼まれるも、まさかの展開に
日本語って難しい。(2016/7/14)

許される不祥事、許されない不祥事の違いとは
犯罪や企業不祥事など、その対応を一歩間違えると存続をも脅かしかねません。昨今の芸能人スキャンダルも、取り扱いを誤って炎上し続けている人もいれば、上手な火消しで早々と活動を継続再開している人もいます。これは、善悪の差ではありません。(2016/7/7)

スピン経済の歩き方:
舛添さんが「公明党」に見捨てられた、本当の理由
サンドバック状態だった舛添要一都知事が、ついに辞表を提出した。メディアや議会からの追及に対して、馬の耳に念仏といった感じで受け流していたのに、なぜ急に心がポキンと折れてしまったのか。(2016/6/21)

ベッキー仕事復帰へ 今度は「人を傷つけない恋愛したい」
BSスカパー!の音楽番組「FULL CHORUS 〜音楽は、フルコーラス〜」でまずはレギュラー復帰予定。(2016/6/10)

きゃりー、ゲス極&岡村靖幸と食事会 隣には満面の笑みでピースをキメる川谷絵音
ファンは複雑な反応。(2016/6/8)

「金スマ」ベッキー復帰で視聴率24.0% 番組史上最高記録を更新
瞬間最高視聴率は26.6%でした。(2016/5/16)

「ゲスの極み乙女。」川谷絵音がベッキー復帰放送を受けブログ更新 不倫関係を認め謝罪
「週刊文春さんで報じられたLINEの内容は全て本物です。かつベッキーさんと友達関係だと最初のFAXでお伝えしましたが、あれは嘘であり、恋愛関係にありました」(2016/5/14)

ベッキーが公式ブログを元旦以来の更新 一連の件について謝罪
復帰した「金スマ」放送直前の更新でした。(2016/5/13)

「金スマ」でベッキーが中居に明かした本音 涙声で語った「記者会見のウソ」【書き起こし】
番組内でベッキーが語った内容を書き起こしました。(2016/5/13)

ベッキー「金スマ」で“心を入れ替えて”復帰 涙声で謝罪し番組に合流
目をうるませ「私事でご迷惑おかけして申し訳ありませんでした」と謝罪しました。(2016/5/13)

ベッキー復帰にTwitterで賛否 「うれしすぎ」VS「あざとい」 なぜかショーンK待望論も
ベッキー復帰が発表された12日、Twitterには賛否両論の投稿が相次いだ。(2016/5/13)

「ゲスの極み乙女。」川谷さん、離婚を報告
ベッキーさんとの不倫が報じられていた。(2016/5/9)

スピン経済の歩き方:
ガリガリ君とカップヌードル「攻めたCM」の命運を分けたものはなにか
先週、2つのCMがネット上で大きな話題となった。値上げ謝罪をした「ガリガリ君」のCMは絶賛の嵐だったのに、ビートたけしさんが学長に扮した「日清カップヌードル」のCMは批判の嵐。この2つのCMは、なぜ命運を分けてしまったのだろうか。(2016/4/12)

きゃりーぱみゅぱみゅさんがゲス川谷さんと写った写真をSNSに投稿 ファンから賛否の声が上がる
きゃりーさん自身は同件について触れず。(2016/4/11)

スピン経済の歩き方:
電力切り替えのテレビCMは、なぜ「ふわっ」としたものが多いのか
2016年4月、電力自由化がスタートした。新電力会社として660以上の事業者が登録し、各社はCM合戦を繰り広げているが、なぜか「ふわっ」とした内容のものが多い。その理由について、筆者の窪田氏は……。(2016/4/5)

「映画.com」エイプリルフールが物議 ゴシップネタを扱う内容に批判も ※追記あり
乙武さんやベッキーさんをネタにしており、ネットではネタの範疇(はんちゅう)を超えているとの声も。(2016/4/1)

“文春砲”の作り方、新谷学編集長に聞く
「週刊文春」の相次ぐスクープが話題をさらっている。“文春砲”は、どのようにして生み出されるのか――「スクープ第一主義」を貫いてきた新谷学編集長に聞いた。(2016/3/31)

“文春砲”連発 「週刊文春」の独走ぶりは何を意味する?
「週刊文春」が年明けからスクープを連発している。その独走ぶりからはタブーを恐れず有名人の陰に迫る週刊誌報道の力とともに、雑誌が置かれた苦境も透けて見える。(2016/3/28)

「ゲスの極み乙女。」川谷絵音、約2カ月ぶりのツイートでファンに釈明 「真摯に音楽で向き合いたい」
言葉って難しい。(2016/3/10)

梅宮アンナ、田村淳のWeb番組で育児放棄疑惑を否定 田村「次回はぜひベッキーを」
インターネットらしい番組が始まりました。(2016/3/2)

日本ユニセフ協会、ベッキーさんの寄付報道について「寄付履歴を開示した事実はない」
多額の寄付によりアフリカに校舎が建ったと関係者が証言したとする記事に対して反論。(2016/3/2)

LINE“盗み見”に対策 「クローンiPhone」不可能に
LINEのiPhoneアプリ最新版で、1つのLINEアカウントに複数のiPhoneで同時にアクセス可能だった、いわゆる「クローンiPhone」問題が解消された。(2016/2/23)

スピン経済の歩き方:
テレビや新聞には、なぜ「文春砲」のようなスクープがないのか
年明けから「文春砲」の勢いが止まらない。ベッキーとゲス川谷氏の「不倫」報道を皮切りに、甘利明大臣の「口利き疑惑」、宮崎謙介議員の「不倫」などが続いているが、筆者の窪田氏はある弊害を懸念している。それは……。(2016/2/16)

R25スマホ情報局:
「他人のLINE覗き見」4割以上が経験
KUROCK NETWORKがLINEのぞき見に関する調査を実施。その結果、電車の中でのやりとりや新着のポップアップなどをのぞいた経験のある人は4割以上ということが分かりました。(2016/2/9)

ベッキー、番組出演を当面見合わせ 所属事務所が発表
「本人のとった軽率な行動、責任の重大さを鑑みて」決定したという。(2016/2/5)

石川温のスマホ業界新聞:
ベッキー「mineo」CM契約打ち切り騒動の舞台裏――沈静化を待つも、相次ぐ週刊文春報道で苦渋の決断
ケイ・オプティコムの「mineo」でCMキャラクターを務めていたベッキーさんの騒動が世間を騒がせている。最初はベッキーさんの続投を検討していたケイ・オプティコムだったが……。(2016/2/5)

R25スマホ情報局:
LINEをやめたい時に使う言葉1位は?
延々と続くLINEのやりとりが苦手という人は多いはず。そこで、20〜30代のユーザーを対象にLINEでの会話を切り上げるときに使う言葉をアンケートしてみました。(2016/2/5)

年末恒例のネタ企画「裏紅白歌合戦」が1月なのに急きょ臨時開催 「あまりにいろんなことがありすぎて」
まだ1カ月しかたってないよ!(2016/2/1)

アプリ「卒論 ゲスの極みと恋する乙女の恋愛物語」がストアから消滅
開発元と指摘された会社には見解を問い合わせ中。(2016/1/29)

“ベッキー騒動”も思わぬ効果? 競争激化のMVNO市場、「mineo」が打ち出す次の手
「mineo」を展開するケイ・オプティコムは、ユーザーの意見を基に新サービスを生み出すという理念「Fun with Fans!」を発表。コミュニティーサイトを活用し、ファンユーザーの獲得を図っていく。(2016/1/28)

スピン経済の歩き方:
「SMAPは友情と打算の二重構造」と感じる、これだけの理由
日本中がザワザワした「SMAP解散騒動」がようやく落ち着こうとしている。一連の動きを振り返って、筆者の窪田氏が最も印象に残ったのは「情報戦」だという。その理由は……。(2016/1/26)

LINE、第三者の盗み見は「極めて限定的」 パスワード管理など注意呼び掛け
第三者がLINEの画面を盗み見できる可能性について、LINEが公式な見解を発表。スマホやパスワードの管理を徹底するように注意を促している。(2016/1/25)

スピン経済の歩き方:
ベッキーの謝罪会見は、なぜ「質問禁止」だったのか
人気タレントのベッキーに、初スキャンダルが発覚した。所属事務所内でベッキーは緊急会見を開いたものの、メディアからの「質問」は一切受け付けなかった。果たしてこの戦略は“正しかった”のか、それとも……。(2016/1/12)

2000万円のベッキー等身大フィギュア、「マダム・タッソー東京」でお目見え 見た人からは「双子?」と驚きの声
衣装チェンジもあるようです。(2015/12/16)

360セキュリティ、スマホのリスクとセキュリティに関する意識調査を実施――84.7%が危険を感じたと回答
360モバイル・セキュリティ・リミテッドは、全国のスマートフォン所有者を対象とした「スマートフォンのリスクとセキュリティに関する意識調査」を実施。何らかの危険やリスクを感じたことがあるのは全体の84.7%となった。(2015/10/14)

MMDの「格安SIMに関する調査」――シェアTOP3は 「OCN モバイル ONE」「楽天モバイル」「IIJmio」
MMD研究所が発表した「格安SIMに関する調査」によると、シェアTOP3は「OCN モバイル ONE」「楽天モバイル」「IIJmio」。店頭での購入、申し込みが増加する一方、インターネット経由は減少傾向にある。(2015/9/3)

自称「一部の人に理解される」という怪しすぎるカレー屋「サリサリカリー」に行ってみたら激ウマだった!
お店のWebサイトには、「一部の人に理解される」「千年前から変わらぬレシピ」「最高の美味は消え味」「ものすごく惚れた人に口の中を撫で回される感じ」「皿の上に母がいる」などと書かれています。うん、よくわからん。(2015/6/16)

ブルーオーシャンのはずが:
mineo、9月に「ドコモ」プラン追加――SIMロック解除と“iPhone”問題が契機
mineoは9月から、au回線に加えてドコモ回線を利用したMVNOサービスを開始すると発表した。SIMロック解除とau系格安SIMがiOS 8で使えない問題を契機に、mineo内でドコモ回線とau回線を選択できるようにする。(2015/5/26)

iPhone 6で使えない原因は「つかめていない」が──格安SIM「mineo」がドコモ回線も導入、「マルチキャリアMVNO」で挽回
KDDI回線の「mineo」がiPhone 6で使えない理由は不明のままだというが、新たにドコモ回線を導入することでカバー。端末に合わせて回線を選べる「マルチキャリアMVNO」をうたい、ユーザー拡大を目指していく。(2015/5/26)

理想の男性上司「松岡修造さん」が初のトップ
あなたにとって理想の上司は誰ですか? この春就職した新入社員に聞いたところ、男性上司1位はスポーツキャスターの「松岡修造さん」が昨年の6位から上昇していることが、産業能率大学の調査で分かった。(2015/4/21)

消費者理解コトハジメ:
「イオニスト」と「ららぽーたー」を比較してみた
少し前ですが、巨大なショッピングモールで、休日を家族で1日中過ごす消費スタイルが話題になりました。今回は、イオンモールで過ごす「イオニスト」と、ららぽーとで買い物をする「ららぽーたー」を比較してみます。(2014/9/12)

ベッキーが金言を朗読 『ベッキーの♪心のとびら』電子版が発売
落ち込んだときなどに何度でも読みたいベッキーのベストセラーが本人の朗読付きで電子書籍に。(2014/4/16)

動画配信サービス「Hulu」が「au かんたん決済」に対応
動画配信サービス「Hulu」の決済方法に「au かんたん決済」が登場。5種類から選べるようになった。(2013/6/25)

高画素スマホカメラでも7割が「暗い」写真の経験――HTC NIPPONが調査
HTC NIPPONが、スマートフォンカメラに関する実態調査を発表。7割のユーザーが高画素なスマホカメラでも暗い写真を撮った経験があったほか、披露宴で撮られたくない写真トップ3も明らかになった。(2013/6/4)

Twitterにハマった三村マサカズさん 「愛すべきおっさん」とユーザーから大人気
自由奔放なツイートが人気です。(2013/5/10)

ナインティナイン岡村、テレビ局の「インターネットへの悪意」を語る
「ニコニコ超会議2」を体験取材したナインティナイン岡村隆史さんが、テレビ局が行うインターネットユーザーへの取材姿勢に疑問を感じたと吐露した。(2013/5/8)

HuluがTV CM放送を記念してクイズキャンペーン、抽選で“1年間見放題”やお風呂テレビをプレゼント
動画配信サービス「Hulu」は、タレントのベッキーさんを起用した新TV CMの放送記念として「クイズに答えてハッピーに♪映画・ドラマ1年間見放題が当たるキャンペーン」を実施する。(2013/4/26)

運転中、助手席の人にされてうれしいこと、腹が立つことは何ですか?
ゴールデンウィークは普段よりも長距離を運転する機会が多くなる時期。ドライバーは普段助手席に誰を乗せ、どんなことをされるとうれしいと思っているのだろうか。(2013/4/25)

世界初の「Dropbox」パッケージ版も:
「目標は3年で100タイトル」――ソースネクストが海外のサービスやソフトを日本へ積極展開
PCソフトからスマートフォン/タブレット用アプリに進出し、売り上げも順調というソースネクストが今後の事業戦略を説明した。同社の次なるターゲットはシリコンバレーで生まれる優良なソフトウェアやサービスだという。(2013/4/25)

LINE公式アカウント ランキング:
LINE公式アカウントで最も友だち数が多いのはローソン
2013年1月に、ユーザー数が1億人を突破したLINE。そんなLINEの公式アカウントの中で、何が最も人気があるのかを確認できるのが「LINE公式アカウント ランキング」だ。(2013/3/15)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。