ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ベッキー」最新記事一覧

JK×ニンジャ戦士が爆誕 劇場版「JKニンジャガールズ」予告編公開
単なるアイドル映画じゃないことは分かった。(2017/5/26)

やせいのベッキーがあらわれた! 芸人・永野との2ショット写真から漂うクレイジー感
bestfriendforeverってタグ付けられて幸せかこの野郎!(2017/5/11)

「行きたくないと言ったのに僕がクズすぎて……」 ゲス極・川谷絵音がワイドナショーで約10カ月ぶりの地上波テレビ復帰 ベッキーを思って作った楽曲も
ベッキーさんを思って作った楽曲があることなどを赤裸々に語りました。(2017/5/7)

スピン経済の歩き方:
『水戸黄門』の復活が、あまりよろしくない理由
TBSが同局で42年続いているドラマ『水戸黄門』を6年ぶりに復活すると発表した。しかし、である。『水戸黄門』を放送することは、日本社会にとってあまりよくないことではないか。どういうことかというと……。(2017/3/21)

のんをCM起用:
「勝負をかける」LINEモバイルの自信
「LINEモバイル」のサービス開始半年間の実績や今後の展開は――? LINE子会社のLINEモバイルが3月14日発表。プロモーションを本格的に展開し、女優・タレントのんさんを起用した初CMを放送する。(2017/3/15)

アニメ「ぱにぽにだっしゅ!」がニコニコ生放送で全26話一挙放送! 2月17日・18日の2日間
10年以上前のシャフト全開アニメ!(2017/2/16)

ハーフは美人ばかりじゃない! ハーフにはハーフの悩みがある
役所で、就職で、飲み会で……、ハーフの悩みは尽きません。(2017/2/12)

あの“文春砲”がニコニコでドラマに! 「週刊文春」が世に放った数々のスクープの裏側を徹底取材
「ベッキー&川谷の不倫騒動」「ショーンK経歴詐称」などのスクープはどのように生まれたか。(2017/1/23)

Googleが「検索で振り返る2016年」を公開 「ポケモンGO」「ピコ太郎」「熊本地震」「パナマ文書とは」など
2016年もいろいろありました。(2016/12/15)

「このタイミングで私に?」 ベッキー、“因縁”のLINEテレビCMに再起用で激動の1年を振り返る
約5年ぶり2度目のテレビCM起用。「このタイミングで私に? と、ただただ驚きました」(ベッキー)(2016/12/15)

週刊「調査のチカラ」:
2016「今年の○○」、“ほぼほぼ”納得のいく調査データまとめ
「2016年の○○」「今年の××」といったまとめ系調査が数多くリリースされる季節になりました。「予想通り」「何でこれが?」など会話のタネになりがちなユニークなランキングをピックアップしてみます。(2016/12/10)

新人記者が行く(特別篇):
今年の漢字はどうなる? 新人記者が大予想
不倫問題や薬物問題から「PPAP」の大流行まで、さまざまな事が起きた2016年。ITmedia ビジネスオンライン編集部の新人記者が、1年を振り返りながら、「今年の漢字」を予想する。(2016/12/9)

あの「政治とカネ」問題が1位:
2016年に起きた「不祥事」、トップ3は?
2016年に起きた不祥事のなかで、最も「イメージダウン」につながったものは?――宣伝会議調べ。(2016/12/2)

ベッキー、「濃いメイク」に挑戦した自撮り写真を公開 アンニュイで大人っぽい雰囲気に
「高校のとき以来かな? こんなにメイクに興味があるのは。」(2016/11/27)

毎年恒例のネタ企画「裏紅白歌合戦」のメンバー発表 司会の中居正広・ベッキーをはじめ、コメントしづらい顔ぶれ
2016年を騒がせた人たちが大集結。(2016/11/24)

ベッキーの“意味深”写真にファン騒然 知らず知らずスマホを踏んづけていた?
画面は割れなかったもよう。(2016/11/22)

やはり転向? ベッキー&そっくりな妹・ジェシカの写真がモデルっぽいぞ
妹のジェシカ・レイボーンさんはロサンゼルスで活躍中のトップダンサーです。(2016/10/18)

ベッキー「ワイドナショー」で5カ月ぶり地上波出演 ゲス活動休止には「未然に防げたのでは」と冷静にコメント
5月の「金スマ」出演時よりも少し痩せた?(2016/10/9)

ベッキーが10月9日放送「ワイドナショー」で地上波復帰へ 自身のInstagramで告知
コメント欄には応援の声が多数。(2016/10/8)

バンド「ゲスの極み乙女。」活動自粛へ 川谷と未成年タレントの飲酒「重く受け止め」
未成年タレント・ほのかりんさんとの飲酒が強く問題視されていました。(2016/10/3)

ベッキー、髪バッサリ&上半身裸で臨んだ広告に賛否 「もう脱ぐしかないのか」「そろそろ許しても」
9月29日の日本経済新聞朝刊に掲載されている。(2016/9/29)

スピン経済の歩き方:
マクドナルドが「使っている卵は100%国産」という謎アピールを始めた理由
業績が回復しつつあるマクドナルドが、謎なアピールをしている。店内のトレイマットに「使っている卵は100%国産です」などと書かれていて、これを見た筆者の窪田氏は「マクドナルドは迷走しているのではないか」と分析。なぜなら……。(2016/9/13)

一時停止しちゃダメだぞ! きゃりーの「まこみなダンス」動画がなんだかひどいことになってる
きゃりーさん「(シラフです)」(2016/9/9)

SIM通:
ユーザーと一緒に作る「mineoファンの集い」レポート
mineoは、大阪・東京で大規模オフ会「mineoファンの集い」を開催。今回取材した東京会場では、来場者からの質問コーナーやIIJからゲストを招いたトークセッションなどが行われた。(2016/8/18)

ポケモンGOのカウントフリーはやる? iPhoneの販売は?――「mineoファンのイベント」質疑応答
7月30日と31日に開催された「mineoファンのイベント」では、参加者からさまざまな質問や要望が出た。ネットワーク、サービス、端末、全体戦略に分けてお届けする。(2016/8/3)

ゲス極・川谷絵音 おばさまたちに「写真撮ってください」と頼まれるも、まさかの展開に
日本語って難しい。(2016/7/14)

許される不祥事、許されない不祥事の違いとは
犯罪や企業不祥事など、その対応を一歩間違えると存続をも脅かしかねません。昨今の芸能人スキャンダルも、取り扱いを誤って炎上し続けている人もいれば、上手な火消しで早々と活動を継続再開している人もいます。これは、善悪の差ではありません。(2016/7/7)

スピン経済の歩き方:
舛添さんが「公明党」に見捨てられた、本当の理由
サンドバック状態だった舛添要一都知事が、ついに辞表を提出した。メディアや議会からの追及に対して、馬の耳に念仏といった感じで受け流していたのに、なぜ急に心がポキンと折れてしまったのか。(2016/6/21)

ベッキー仕事復帰へ 今度は「人を傷つけない恋愛したい」
BSスカパー!の音楽番組「FULL CHORUS 〜音楽は、フルコーラス〜」でまずはレギュラー復帰予定。(2016/6/10)

きゃりー、ゲス極&岡村靖幸と食事会 隣には満面の笑みでピースをキメる川谷絵音
ファンは複雑な反応。(2016/6/8)

「金スマ」ベッキー復帰で視聴率24.0% 番組史上最高記録を更新
瞬間最高視聴率は26.6%でした。(2016/5/16)

「ゲスの極み乙女。」川谷絵音がベッキー復帰放送を受けブログ更新 不倫関係を認め謝罪
「週刊文春さんで報じられたLINEの内容は全て本物です。かつベッキーさんと友達関係だと最初のFAXでお伝えしましたが、あれは嘘であり、恋愛関係にありました」(2016/5/14)

ベッキーが公式ブログを元旦以来の更新 一連の件について謝罪
復帰した「金スマ」放送直前の更新でした。(2016/5/13)

「金スマ」でベッキーが中居に明かした本音 涙声で語った「記者会見のウソ」【書き起こし】
番組内でベッキーが語った内容を書き起こしました。(2016/5/13)

ベッキー「金スマ」で“心を入れ替えて”復帰 涙声で謝罪し番組に合流
目をうるませ「私事でご迷惑おかけして申し訳ありませんでした」と謝罪しました。(2016/5/13)

「ゲスの極み乙女。」川谷さん、離婚を報告
ベッキーさんとの不倫が報じられていた。(2016/5/9)

スピン経済の歩き方:
ガリガリ君とカップヌードル「攻めたCM」の命運を分けたものはなにか
先週、2つのCMがネット上で大きな話題となった。値上げ謝罪をした「ガリガリ君」のCMは絶賛の嵐だったのに、ビートたけしさんが学長に扮した「日清カップヌードル」のCMは批判の嵐。この2つのCMは、なぜ命運を分けてしまったのだろうか。(2016/4/12)

きゃりーぱみゅぱみゅさんがゲス川谷さんと写った写真をSNSに投稿 ファンから賛否の声が上がる
きゃりーさん自身は同件について触れず。(2016/4/11)

スピン経済の歩き方:
電力切り替えのテレビCMは、なぜ「ふわっ」としたものが多いのか
2016年4月、電力自由化がスタートした。新電力会社として660以上の事業者が登録し、各社はCM合戦を繰り広げているが、なぜか「ふわっ」とした内容のものが多い。その理由について、筆者の窪田氏は……。(2016/4/5)

「映画.com」エイプリルフールが物議 ゴシップネタを扱う内容に批判も ※追記あり
乙武さんやベッキーさんをネタにしており、ネットではネタの範疇(はんちゅう)を超えているとの声も。(2016/4/1)

「ゲスの極み乙女。」川谷絵音、約2カ月ぶりのツイートでファンに釈明 「真摯に音楽で向き合いたい」
言葉って難しい。(2016/3/10)

梅宮アンナ、田村淳のWeb番組で育児放棄疑惑を否定 田村「次回はぜひベッキーを」
インターネットらしい番組が始まりました。(2016/3/2)

日本ユニセフ協会、ベッキーさんの寄付報道について「寄付履歴を開示した事実はない」
多額の寄付によりアフリカに校舎が建ったと関係者が証言したとする記事に対して反論。(2016/3/2)

LINE“盗み見”に対策 「クローンiPhone」不可能に
LINEのiPhoneアプリ最新版で、1つのLINEアカウントに複数のiPhoneで同時にアクセス可能だった、いわゆる「クローンiPhone」問題が解消された。(2016/2/23)

スピン経済の歩き方:
テレビや新聞には、なぜ「文春砲」のようなスクープがないのか
年明けから「文春砲」の勢いが止まらない。ベッキーとゲス川谷氏の「不倫」報道を皮切りに、甘利明大臣の「口利き疑惑」、宮崎謙介議員の「不倫」などが続いているが、筆者の窪田氏はある弊害を懸念している。それは……。(2016/2/16)

R25スマホ情報局:
「他人のLINE覗き見」4割以上が経験
KUROCK NETWORKがLINEのぞき見に関する調査を実施。その結果、電車の中でのやりとりや新着のポップアップなどをのぞいた経験のある人は4割以上ということが分かりました。(2016/2/9)

ベッキー、番組出演を当面見合わせ 所属事務所が発表
「本人のとった軽率な行動、責任の重大さを鑑みて」決定したという。(2016/2/5)

石川温のスマホ業界新聞:
ベッキー「mineo」CM契約打ち切り騒動の舞台裏――沈静化を待つも、相次ぐ週刊文春報道で苦渋の決断
ケイ・オプティコムの「mineo」でCMキャラクターを務めていたベッキーさんの騒動が世間を騒がせている。最初はベッキーさんの続投を検討していたケイ・オプティコムだったが……。(2016/2/5)

R25スマホ情報局:
LINEをやめたい時に使う言葉1位は?
延々と続くLINEのやりとりが苦手という人は多いはず。そこで、20〜30代のユーザーを対象にLINEでの会話を切り上げるときに使う言葉をアンケートしてみました。(2016/2/5)

年末恒例のネタ企画「裏紅白歌合戦」が1月なのに急きょ臨時開催 「あまりにいろんなことがありすぎて」
まだ1カ月しかたってないよ!(2016/2/1)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。