ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「名刺」最新記事一覧

ABM支援サービスとも連動:
Phone AppliとtoBeマーケティング、名刺管理×マーケティングオートメーションによる営業支援サービスを提供
Phone AppliはtoBeマーケティングと協業し、Salesforce連携名刺管理サービス「MAPlus 名刺管理」の提供を開始したと発表した。(2017/5/16)

Phone Appliら、Salesforceとも連携し営業活動を支援する「MAPlus 名刺管理」発表
Phone AppliとtoBeマーケティングは、名刺管理とマーケティングオートメーション(MA)を連携させ、企業のマーケティング活動を促進するソリューション「MAPlus 名刺管理」を発表。名刺取得後の負荷を軽減し、スピード感ある営業活動の実現を支援する。(2017/5/16)

「先進企業が語る、API活用最前線」レポート(後編):
Sansanが名刺データをAPI公開した理由から探る、「API×ビジネス」のヒント
2017年3月15日に開催された@IT API活用セミナー「先進企業が語る、API活用最前線」の中から、テクマトリックス、日本アイ・ビー・エム、Sansanの講演模様をお届けする。(2017/4/26)

グループチャット機能追加:
名刺サービスEightが狙う「ビジネスSNSの空白」
名刺アプリ「Eight」の新バージョンでメッセージ機能を強化した。3人以上のグループでもメッセージのやりとりが可能になる。Eightの狙いとは?(2017/4/13)

キヤノンMJ、名刺やプラスチックへの印刷に対応したカラーカードプリンタ「CX-G6400」
キヤノンマーケティングジャパンは、新たにプラスチック印刷にも対応したカラーカードプリンタ「CX-G6400」の販売を開始する。(2017/2/27)

名刺交換からニンジャ現る サラリーマンの名刺アクションが華麗でかっこいい
きっと名前も覚えてもらえるはず。(2017/2/26)

帰宅後のサービス残業増える:
「働き方改革で業務に支障が出ている」42.9%
働き方改革の実態はどうなっているのか?――クラウド名刺管理サービスを提供するSansan調べ。(2017/2/15)

「List Finder」から名刺の検索が可能に:
「List Finder」と「Sansan」、データ連携を開始
イノベーションは、同社のマーケティングオートメーションツール「List Finder」において、Sansanが提供する法人向け名刺管理サービス「Sansan」とAPIによるツール間のデータ連携を開始した。(2017/2/10)

よろしくニャ! ネコのイラスト入りハンコ「ねこずかん」がまん丸キュートな名刺になって登場!
名刺交換が楽しみニャ。(2017/1/11)

ユーザーの利便性とセキュリティ/運用管理の簡素化を両立:
PR:Azure ADとのID連携で“働き方改革”を強力に支援――クラウド名刺管理サービスのSansanが実現した高度なクラウドセキュリティとは?
クラウド名刺管理サービスのフル機能を利用しつつ、セキュリティと運用管理性も同時に高めたい――。こうした企業のニーズに応えるために、SansanはAzure ADとのID連携に踏み切った。Sansanを利用する企業のメリットは、シングルサインオン(SSO)、セルフサービス型のパスワード管理、高度なセキュリティ機能などを利用できることだ。(2016/11/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。