ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「カルビー」最新記事一覧

47都道府県の味のポテトチップス カルビーから登場
47都道府県の「地元ならではの味」がポテチに。(2017/8/10)

水曜インタビュー劇場(国産公演):
大人気の湖池屋プライドポテト、販売休止の裏で何があったのか
国産じゃがいもを100%使用した「KOIKEYA PRIDE POTATO」が売れている。2017年2月に発売したところ、一部商品が販売休止に。復活後も順調に売れていて、半年足らずで初年度の目標を達成した。なぜ湖池屋のポテトチップスがこれほど売れているのか。その理由を取材したところ……。(2017/7/26)

製造IT導入事例:
カルビーがネットワーク基盤を刷新、本社と工場で
Aruba,a Hewlett Packard Enterprise companyは、カルビーが同社のソリューションを採用してネットワーク基盤を刷新し、安定した環境を整備したと発表した。(2017/7/20)

さらなる顧客獲得目指す:
盛り上がる記念日ビジネス 7月11日は「セブンの日」
セブン‐イレブン・ジャパンが、社名にちなんで今年から7月11日を「セブン‐イレブンの日」として正式登録。公式ツイッターを活用したキャンペーンを積極的に展開している。現在、企業では、社名や商品名に関する語呂合わせをもとに記念日を制定し、SNSを活用してプロモーションに生かす流れが盛んになっている。(2017/7/10)

7月11日がセブン-イレブンの日に サイズ7倍キャラメルコーン・わさび7倍わさビーフなど7つのコラボ菓子発売
セブンシュー味のチロルチョコやツナマヨおにぎり味のポテトチップスなど、人気製品にちなんだ菓子も。(2017/7/4)

ビジネス変革の担い手:
PR:「自分で目標の天井を作らない」――カルビーのヒット商品を支えるリーダー、網干氏の仕事哲学とは?【後編】
業績好調なカルビー。そのビジネス成長をけん引するシリアル食品「フルグラ」の事業本部でリーダーとして活躍するのが網干弓子氏である。前編に続き、ビジネス成功に向けた彼女の仕事哲学に迫る。(2017/6/19)

ピザポテト販売再開 6月19日以降順次
原料のじゃがいも不足で4月から休売していた「ピザポテト」の販売が6月19日以降順次再開へ。(2017/6/15)

ジャガイモ不足で休売していた:
カルビー「ピザポテト」販売再開 6月19日から順次
カルビーが人気商品「ピザポテト」の販売再開を発表。ジャガイモ不足で休売していた。「堅あげポテト ブラックペッパー」「ポテトチップス しあわせバタ〜」も順次販売再開へ。(2017/6/15)

「ピザポテト」が販売再開 6月19日から北・東日本エリア、26日から中・西日本で
やったああああああ!(2017/6/15)

2014年のテスト販売から3年:
カルビー、「Jagabee」の姉妹商品「おさつビー」を発売
カルビーが、「Jagabee」の姉妹商品であるサツマイモスティックの「おさつビー」を、6月12日からコンビニで先行販売する。14年のテスト販売から3年、「食感や素材の味を引き出す商品に仕上げた」という。(2017/6/8)

ビジネス変革の担い手:
PR:「現場を誰よりも理解する」――カルビーのヒット商品を支えるリーダー、網干氏の仕事哲学とは?【前編】
業績好調なカルビー。そのビジネス成長をけん引するのがシリアル食品「フルグラ」だ。なぜフルグラがこれほどまで売れているのか。そこにはリーダーとして頭角を現している一人の女性の姿があった。フルグラ事業本部において企画部 部長を務める網干弓子氏である。そのビジネス成功の裏には彼女のどのような仕事哲学があるのだろうか――。(2017/6/8)

いつでも「じゃがりこ」と一緒にいたい人集まれ〜! たらこバター味を巨大化したリュック爆誕
あなたの「じゃがりこ」愛が試されるとき。(2017/6/1)

海外本格展開:
カルビー、越境ECで「フルグラ」の販売開始へ
カルビーがAlibaba(アリババ)と組み、越境ECサイト「天猫国際」で「フルグラ」の販売を開始する。(2017/5/25)

「ボス ラテベース スイートメープル」:
女性の朝食需要を狙え サントリーがカルビーと共同開発
サントリーとカルビーが「ボス ラテベース スイートメープル」を共同開発。カルビーの主力商品「フルグラ」とコラボし、女性消費者の“朝”を狙う。(2017/5/24)

コメ農家にジャガイモ栽培を:
ポテチ品薄、回復は秋以降? カルビー、農家支援も
北海道産加工用ジャガイモの不足から、ポテトチップスの品薄が長期化している。(2017/5/17)

販売休止で“ポテチ狂想曲” 「ピザポテト」1箱5万円!
大フィーバーに沸き返る“ポテチ狂想曲”を追った。(2017/4/24)

1箱5万円も:
ポテチ“狂想曲”、沸騰するオークションサイト
北海道産じゃがいもの不作のあおりを受け、一部のポテトチップスが販売休止・終了に追い込まれた「ポテチ・ショック」。需要を当て込んで個人向けオークションサイトにはポテチが大量出品され、中には1箱5万円という法外な値付けも。(2017/4/24)

段ボールで再現した「ピザポテト」がリアルでおいしそう
内側のギザギザ部分で「ピザポテト」の形状を再現してしまう発想力。販売休止なら自分で作ればいいじゃない。(2017/4/20)

ピザポテトがないなら作ればいいじゃない カップスープの素を使ったピザポテト再現動画が登場
見た目、かなり近い。(2017/4/20)

一面水浸しでまるで水田…… 農家が2016年のジャガイモ畑の写真を投稿、ポテチ品薄は「仕方ない」
そらジャガイモ不足になるわ……。(2017/4/13)

休売伝わり需要急増:
カルビー「ピザポテト」休売 需要急増で10日前倒し
カルビーの人気ポテトチップス「ピザポテト」が休売。4月22日から12日へと前倒し。需要が急増し、十分な供給が見込めないと判断した。(2017/4/12)

「ピザポテト」今日から休売 需要急増で前倒し
22日の予定だったが「需要が急増し、22日までに十分な供給が見込めない」ため前倒しに。(2017/4/12)

「ピザポテト」が需要急増で休売日を前倒しに 4月22日から12日へ変更
ネットでは高額で売られるケースも発生していた。(2017/4/12)

販売休止で品薄の「ピザポテト」、オークションサイトへの出品相次ぐ 1袋1万5000円で販売も
はやく復活してくれ……!(2017/4/10)

じゃがいも不足のポテチ市場 「わさビーフ」は休売予定なし、山芳製菓「じゃがいもの量は大丈夫」
「わさビーフ、お前もか……」とはなりません!!!(2017/4/10)

「ピザポテト」全サイズが販売休止 カルビーや湖池屋、じゃがいも不足で「ポテチ」一部商品を休売・終売
カルビー「ポテトチップス」のビッグサイズも全て休売となる。(2017/4/10)

「ピザポテト」など対象:
カルビー、湖池屋が一部ポテチ休売 ジャガイモ不足で
カルビーと湖池屋が、ポテトチップス製品の一部を休売・終売する方針であることを明らかにした。昨夏の台風の影響で、北海道産ジャガイモの収穫量が激減したことが原因。(2017/4/10)

カルビー追うケロッグ、日清シスコ:
600億円超えたシリアル市場 各社どう戦う?
急成長を続けるシリアル食品市場。2016年には出荷額が621億円、対前年比で15.7%増となった。それをけん引するのがグラノーラだ。トップを走るカルビーに対し、日本ケロッグ、日清シスコはどう攻勢をかけていくのか?(2017/3/30)

ポテチ味のコロッケが誕生! カルビーによるコロッケ店「カルビーポテト」が大阪にグランドオープン
オリジナルのコロッケ2種類が販売されます。(2017/3/24)

カルビーが「ポテトチップス パクチー味」を発売 上級パクチストには生パクチーを振りかける「追いパク」がオススメ
うおおおお!!(2017/3/15)

カルビー、47都道府県のご当地ポテチ発売へ 今夏以降に順次発売
地元は何味になるのか予想する動きも。(2017/3/4)

完全にガチ勢向けのやつだこれ! カルビーが公開した謎解きサイトが激ムズすぎる
ポテチを使って謎を解くだと……?(2017/3/3)

カルビーを支える女性リーダー:
フルグラやJagabeeを成長させた「現場主義」
女性の活躍を推進するカルビーには、生き生きと働く女性リーダーが多い。その一人がフルグラ事業部 企画部 部長の網干弓子さんだ。長らくマーケティング部門に所属し、「Jagabee」のブランド立ち上げにも携わった彼女の仕事のスタンスとは――。(2017/3/2)

「アンバサダーサミット2017」レポ―ト:
ファン作りは売り上げにコミットしているか?――日本マクドナルド、西友、カルビーのマーケティング幹部が語る
「アンバサダーサミット2017」から、「CMOや宣伝部長の視点から考えるアンバサダープログラムの課題と可能性」と題したパネルディスカッションのダイジェストを紹介する。(2017/2/28)

就業経験の有無は問わず:
カルビー、既卒5年以内が応募できる「既卒採用」実施
カルビーが2017年6月1日から、大学や大学院を卒業して5年以内であれば応募できる「既卒採用」を新たに実施。就業経験の有無、国籍、性別は問わない。卒業後の経験を強みにもつ人材を獲得し、社内の多様性を生み出す狙い。(2017/2/21)

化粧品や生活雑貨を中心に需要が拡大:
日本からの中国向け越境ECは1兆円市場に――富士経済が調査結果を発表
富士経済は、中国のEC市場、中でも伸びが著しい中国向け越境ECを中心に調査を実施。その結果を報告書「中国向け越境EC市場の実態と今後 2016」にまとめた。(2017/2/13)

購買層の拡大を狙う:
カルビー、ロッテリアとコラボした新商品発売
カルビーはロッテリアの人気メニューとコラボした新商品を発売する。(2017/2/3)

夢の「ドアラ対つば九郎」が実現! 球団マスコットも参戦するファミスタ新作が4月20日に発売
これは胸アツ。(2017/1/18)

焼きそば「一平ちゃん チョコソース/ショートケーキ味」なぜ作ってしまったのか 明星食品に聞いてみた
担当者「“めんスイーツ”という新たな文化を育てたい」。(2017/1/9)

”クリぼっち”を救え! カルビーが「10円でじゃがビー詰め放題」イベント開催
カルビーの「Jagabee(じゃがビー)」が発売10周年を記念し、クリスマスプレゼントとして詰め放題イベントを開催。多数の「クリぼっち」や「リア充」たちが参加しました。(2016/12/24)

間食からダイエット! ファミマ担当者が選ぶ「ヘルシースナッキング」ベスト4+1
今、ブームのヘルシースナッキング。ファミリーマートの広報担当者に、そんなヘルシーな間食の売り上げランキングとおすすめ商品を聞きました。(2016/12/22)

「ぽろしり」誕生に10年以上:
カルビー、ジャガイモ新品種開発のわけ
10年以上の年月をかけて、カルビーグループはジャガイモの新品種を初めて自社開発した。その名は「ぽろしり」。なぜ同社は新たな品種が必要だったのだろうか……?(2016/12/6)

ポテチ老舗の変革:
新生湖池屋の“競合を見ない”戦略とは?
ポテトチップスの老舗メーカーである湖池屋が、経営体制やCIロゴマークなどを刷新して再スタートを切った。従来とは異なるポジショニングを作っていくというが、一体どういうことだろうか――。(2016/12/5)

カルビーのカピバラ社員とカピバラさんがコラボイベントでまったり そこには癒しの空間が広がっていた
カピバラ社員の仕事ぶりを見に行ったよ!(2016/11/18)

見た目は「じゃがりこ」だけど走っちゃうよー! じゃがりこ・サラダ味モデルのトミカが誕生
11月19日発売です。(2016/11/16)

じゃがりこ100種類目のメモリアルフレーバー「塩とごま油味」が発売 記念食べ放題イベントも
参加費100円の記念食べ放題イベントも開催。(2016/11/8)

内山信二が行く! オフィス訪問記:
社員が勝手に駄菓子屋をオープン? 自由すぎるエンジニアフロア……ドワンゴオフィスに内山信二も困惑
自然と“前のめり”で会議に臨めちゃう椅子や、駄菓子屋を開いちゃう社員、段ボールで机を囲う社員など……自由すぎるオフィスに内山信二もびっくり!(2016/11/5)

カルビーの16年4〜9月期、売上高2.2%増 ポテト系の減収をフルグラ補う
カルビーの2016年4〜9月期の連結決算は、売上高が前年同期比2.2%増の1236億円に。フルグラが引き続き好調だった。(2016/11/2)

社外との協業強化:
カルビー、広島にヒット商品開発の新拠点
菓子メーカー大手のカルビーは、社外との協業を図る商品開発拠点「Calbee Future Labo」を広島に開設した。(2016/10/28)

カルビーが「成型ポテトチップス」の開発を止めなかった理由
ついにカルビーが「成型ポテトチップス」市場に本格参入した。筒型タイプの新商品「ポテトチップスクリスプ」を発売、初年度で20億円以上の売上高を目指す。実は成型ポテトチップスの商品化は以前から検討を進めていたのだが……。(2016/10/15)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。