ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「応援」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「応援」に関する情報が集まったページです。

auが6月1日から「スマホ応援割」をスタート 利用料金を1年間毎月1000円(税別)引きに
auが6月1日から1年間(12カ月間)限定の割引サービスを新たに投入する。機種変更または新規契約時に「auピタットプラン」「auフラットプラン」で「カケホ」「スーパーカケホ」に申し込むと、その翌月から1年間の利用料金を毎月1000円(税別)割り引く。(2018/5/22)

Spigen、Galaxy S9/S9+向けケースを40%オフで販売 5月31日まで
Spigenは、5月16日から5月31日までGalaxy S9/S9+発売を記念した応援キャンペーンをAmazonで開催。薄型軽量ケースやクリアケース、耐衝撃ケースなどを40%オフで販売する。(2018/5/17)

「告白しようか迷ってます」→「現場から応援してます!」 工事現場の意見箱、回答が丁寧すぎてほっこり
徹底して丁寧な回答。(2018/5/15)

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」絶叫&応援上映が決定! 5月18日に全国5大都市で開催
マーベル・シネマティック・ユニバース史上初の絶叫&応援上映です。(2018/5/11)

お風呂場に誘導され「まさかニャ……?」 5年ぶりにシャンプーされるネコの表情が伝わりすぎて応援したくなる
気づいた瞬間のお顔に注目……!(2018/5/10)

「#今度は福島がTOKIOを応援する番だ」がTwitterで加熱 TOKIOの復興支援に感謝、一方「被害者を無視」と批判も
賛否両論となっています。(2018/5/3)

「バーフバリ」、バラーラデーヴァ応援上映から次回作まで S.S.ラージャマウリ監督大いに語る
監督に語っていただきました。(2018/4/30)

ニコニコ超会議2018:
「超歌舞伎」、初音ミクがスクリーンの外に 鏡音リン応援する「鏡屋!」の声も
テクノロジーと伝統芸能が融合した「超歌舞伎」の新作「積思花顔競 祝春超歌舞伎賑」が上演。普段はスクリーン上に登場する初音ミクが、山車(だし)に乗ってステージ上を移動する演出も。(2018/4/28)

サラリーマン、プリキュアを語る:
「応援なんて誰にでもできる」という正論に、プリキュアはどう立ち向かったのか? 「HUGっと!プリキュア」開始3カ月を振り返る
まだ4分の1が終わっただけなのにこの密度。2018年のプリキュアはとにかくすごいぞ。(2018/4/26)

動画配信者からスター発掘 C Channelがオーディションアプリ「mysta」本格始動
C Channelが、集英社や松竹などと動画視聴アプリ「mysta」の本格展開を始めた。視聴者の応援に応じて動画に順位が付き、上位者にはイベント出演など活躍の場を用意する。(2018/4/25)

漫画「吸血鬼と不健康OLの話」 吸血鬼を応援したくなるまさかの展開とは?
続きが気になる……!(2018/4/16)

アルプススタンドに“勝利の女神” 元チア部の石川恋、甲子園でOG仲間と母校を応援
ステキな先輩。(2018/3/29)

デル、法人向け製品を特価提供する「1億円大還元セール」を開始 個人向けセールも併催
デルは、法人向け製品を大幅値引きして提供する「年度末決算応援!1億円大還元セール!」の開催を発表した。(2018/3/27)

ツッコミどころ満載の旦那さんを漫画化 謎の寝言・謎の人物・聞き間違いに「かわいい」「ツボった」の声
「でもヤップラシモが応援してくれよる」(2018/3/21)

スマホ向け「ATOK」が40%オフに 3月21日から31日まで
ジャストシステムは、日本語入力システム「ATOK for iOS」「ATOK for Android」を特別価格で提供する「新生活応援40%OFFセール」を開催。期間は3月21日から3月31日まで。(2018/3/20)

ある日天使が押しかけてきて……スパルタ特訓で運命の相手との結婚へ導く漫画が切なくて尊い
天使が応援してくれた本当の理由は……?(2018/3/20)

PR:女子野球部育成ゲーム「ハチナイ」を柳沢慎吾が独り芝居で応援 監督オレ投手オレ代打オレ実況オレとにかく「全部オレ」
ほぼ無音の球場に、柳沢さんの叫びがこだまする。(2018/3/20)

課金すると“推し”に高級肉が届く? 女性ファンの熱量をカロリーに変えるバンナムの動画配信サービス
バンダイナムコエンターテインメントが2018年春、動画配信サービスに本格参入する。「俳優たちが寝食を共にしながら映画制作するのを24時間放送し続ける」「視聴者の応援がキャスティングにつながる」など、型破りな番組を予定しているが、その狙いは。(2018/3/14)

ヤフー、「3.11」企画で集まった約1億円を寄付
「3.11」で検索すると1人につき10円が寄付される、「Search for 3.11 検索は応援になる。」による寄付金額は約4200万円。(2018/3/13)

マウス、“乃木マウス”のパンフレットがもらえる「春の新生活応援キャンペーン」
マウスコンピューターは、「DAIV」「G-Tune」ブランド製PC購入者を対象としたプレゼントキャンペーン「春の新生活応援キャンペーン」を開始する。(2018/3/8)

“投げ銭”サービス「Osushi」再開 「金銭」受け取り→「商品」と交換制に
ネットクリエイターなどに“投げ銭”できる「Osushi」がサービスを再開。「法的な問題があるのでは」などの指摘が出ていたが、応援された側が「金銭」をそのまま受け取るのではなく商品と交換する仕組みに。(2018/3/7)

サイコム、Crucial製SSDが5000円引きされる「春の新生活応援キャンペーン」
サイコムは、同社製BTOデスクトップPC購入者を対象とした「春の新生活応援キャンペーン」を開始した。(2018/3/7)

キャッチコピー「℃℃℃」も登場:
広島電鉄、「カープ電車」18年バージョンを発表
広島電鉄が2018年バージョンの「カープ電車」を発表。広島東洋カープの応援企画の一環で、18年のキャッチフレーズ「℃℃℃(ドドドォー!!!)」や球団キャラクターをラッピングした。(2018/3/6)

ヤフーが今年も「Search for 3.11 検索は応援になる。」を開催 羽生結弦選手らが出品するチャリティーオークションも
3月11日に「3.11」と検索すると1人につき10円が復興支援団体に寄付されます。(2018/3/5)

稲垣、草なぎ、香取がパラ応援のチャリティーソング「雨あがりのステップ」発表 菅野よう子らが協力
3月19日にリリース、6月30日までの売り上げは全額パラスポーツの支援にあてられます。(2018/3/4)

メルマガ購読キャンペーン:
春の新生活応援「ITmedia NEWSアンカーデスクマガジン」購読キャンペーン! 抽選で13名様に「Google Home Mini」や「ブルーエア」の空気清浄機などをプレゼント
メールマガジン「ITmedia NEWS アンカーデスクマガジン」の購読キャンペーンを実施します。新規登録の方を対象に、抽選で13名様にスマートスピーカー「Google Home Mini」や、Blueair(ブルーエア)の空気清浄機「Blue Pure 411」、モバイルバッテリーなどをプレゼント!(2018/3/2)

日清食品による「近代五種」の応援サイトが心配になる切なさ 「やるのも辛い。見るのも辛い」「日本人選手、たったの33人」
日本では“キングオブマイナースポーツ”の「近代五種」を知っていますか……?(2018/3/1)

auユーザー以外もOK:
10人の「母ちゃん」と早起き練習――「au モーニングコールセンター」期間限定で開設
「新社会人を含めた若者の生活を応援」すべく、KDDIが3月の5日間、「母ちゃん」によるモーニングコールセンターを開設する。同社が実施した意識調査に基づく、エイプリルフール“ではない”取り組みだ。(2018/3/1)

mojimo-manga:
フォントワークス、「同人誌制作を応援する」年間定額制サービス 年額3600円 
フォントワークスが年間定額制フォントサービス「mojimo-manga」をスタート。「同人誌制作を応援する」という。(2018/3/1)

梶浦由記、事務所からの独立を報告 Kalafinaについては「今後も微力ながら応援」
事務所との問題などには言及せず。(2018/2/21)

ラ王など割引販売:
日清食品が崖っぷち「プレミアムフライデー」を応援 ノンフライ麺で
日清食品が「崖っぷちプレミアムフライデー」を応援するとして、キャンペーン「プレミアムノンフライデー」を発表。オンラインストアで「日清ラ王」などのノンフライ麺を20%引きで販売する。(2018/2/19)

「七輪焼肉安安」でYouTuberを対象にした応援キャンペーン 1000円で全品食べ放題
対象はチャンネル登録者数100人以上のYouTuberとその同伴者5人。(2018/2/14)

大手3社が福井県に700人近くの応援部隊を派遣:
コンビニが大雪でも営業継続にこだわる理由
記録的な大雪が襲った福井県で、コンビニ大手各社が店舗支援のために多数の応援部隊を派遣している。緊急時でも営業継続をする狙いとは?(2018/2/13)

がんばれ開発担当! 本人鬼監修の“叶姉妹フィギュア”が試作品から超ファビュラス
サカタさんを応援したい。(2018/2/12)

Twitterにオリンピック応援絵文字 「#JPN」で日本国旗など
Twitterにオリンピックの応援絵文字が実装した。オリンピック関連ハッシュタグをつぶやくと、タグの末尾に絵文字が表示される。(2018/2/9)

中島美嘉、バレーボール・清水邦弘との離婚を発表 「家族としての時間を作ることが難しかった」
今後については「お互いの夢を追いかけ、お互いの人生を応援していきたいと思います」と前向き。(2018/2/3)

マウス、ダイレクトショップ限定の「新生活応援フェア」 2月2日から
マウスコンピューターは、数量限定モデルなどを販売する「新生活応援フェア」をダイレクトショップ各店で開催する。(2018/2/2)

サムライ支える妻の鏡! 出産直前の平愛梨、長友佑都のトルコ移籍に「かなしいたけ」
2人とも応援してます!(2018/2/2)

週休3日制に続き:
ヤフー、本社入居ビル内に「保育所」7月オープン 社員の育児を応援
ヤフーが7月、本社が入居するビル内に企業内保育所「HUTTE」を開園する。産休・育休から復帰した社員の業務をサポートする。東京都以外の各拠点でも、企業内保育所の開設を検討しているという。(2018/1/23)

電力供給サービス:
「農業×太陽光」を応援できる電力プラン、0円で住宅太陽光発電の設置も
横浜環境デザインは農業と太陽光発電を両立する「ソーラーシェアリング」を応援できる電気料金プラン「ヨコハマのでんき」を展開。太陽光発電の第三者所有モデル事業も開始する。(2018/1/15)

箱根駅伝、「自撮り棒・ドローン使わないで」
箱根駅伝を沿道で応援する際、コース周辺でドローンを操縦・飛行させたり、自撮り棒を使用しないよう、注意を呼び掛けている。(2017/12/27)

常見陽平のサラリーマン研究所:
就活生を悩ませる、おじさんたちの「個性」「人間力」という言葉
就活の時期になると必ず現れるのが、意識高く就活生にエールを送る「若者応援おじさん」や、就活や新卒一括採用を批判する「若者の味方おじさん」だ。前者はまだかわいらしい。ただ、後者は罪である。若者を何も救わないからだ。(2017/12/8)

浅野忠信、実父逮捕にコメントを発表 「僕にとってはたった一人の父」
ファンからは応援メッセージが多数届いています。(2017/12/6)

伝統工芸×DMM.make=?(2):
PR:京鹿の子絞に3Dプリンタを使って、伝統的で革新的な、はんなりやさしい生地が作りたい
京都絞美京の3代目である松岡輝一氏は、ファッションブランド「KIZOMÉ」を展開し、イタリアのミラノでも作品展示している。3Dプリンタの型を使った京鹿の子絞では、ワッフルのようにふっくらした、はんなりやさしい生地が作れる。自分が普段使っているデスクトップ3Dプリンタではなく、最新鋭の機器が使えるなら、もっともっと可能性が広がりそう。「世界中の人に、京鹿の子絞を見てほしい……!」――松岡氏の飽くなきチャレンジをDMM.makeが応援する。(2017/11/30)

「ママ・パパの同人活動を応援したい!」 同人イベントでの出張託児所設置を目指すクラウドファンディング
目標を達成すれば、料金の大幅な引き下げが実現できる。(2017/11/28)

何が始まろうとしているのニャ? 「劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き」の応援上映イベントが豊洲で決定
大スクリーンのネコに万雷の拍手を。(2017/11/19)

「鉄拳7」に「FF15」のノクティスが電撃参戦! 実は鉄拳キャラと釣り仲間だった……!?
イグニスたちやチョコボもバックで応援。(2017/11/13)

また逸材出てきた! “日本一の美少女”高橋ひかる、「高校サッカー選手権」応援マネに就任
透明感しかない。(2017/11/10)

電力供給サービス:
太陽光発電の電力で“母校を応援”、新しい電気料金プラン登場
母校に設置された太陽光発電の電力を購入することで、出身校を応援できるーー。こうしたユニークな電気料金プランが登場した。(2017/11/7)

日清が国宝応援プロジェクトとして“カップヌードル専用縄文土器”を販売 いやその応援はおかしい
縄文人もびっくり。(2017/11/2)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。