ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「クリエイター」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「クリエイター」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

東宝、AlphaBoatと資本業務提携 気鋭のクリエイターとの関係強化へ
新たな才能を取り込めるか。(2018/6/20)

Facebook、「ライブ動画」を賞金付きライブクイズ番組や投票付き動画のプラットフォームに
Facebookが、動画配信サービス「ライブ動画」を、「HQ Trivia」のようなライブクイズ番組のプラットフォームとしてクリエイターに提供する。クリエイターはサブスクリプションや広告でマネタイズでき、クイズ勝者に賞金を出すこともできる。(2018/6/20)

マウス、広色域ディスプレイを採用したクリエイター向け15.6型ノート「DAIV-NG5500」
マウスコンピューターは、第8世代Coreプロセッサを採用するクリエイター向け15.6型ノートPC「DAIV-NG5500」を発売する。(2018/6/15)

かわいくてきゅんとするミニチュア作品が集結 「ミニチュア写真の世界展」東京と名古屋で開催
人気クリエイターの作品がたくさん。(2018/5/31)

3Dプリンタニュース:
フルカラー3Dプリンタで自分が作った3Dデータを無償で出力、ミマキが東京と長野で
ミマキエンジニアリングは、同社の3Dプリンタ「3DUJ-553」を用いてフルカラー3D造形を無償で体験できる「Mimaki Full Color 3D Creative Lab.」を開催する。対象者は、3Dデータを持参可能なクリエイターや学生。(2018/5/10)

PR:クリエイター必見! プロフェッショナルのための“お仕事マシン”選び
高性能なPCが必要な開発や制作の業務に、どんなマシンを買えばいいのか分からない……そんな悩みをエプソンダイレクトの「セレクトモデル」で解決!(2018/5/10)

「LINEクリエイターズスタンプ」4周年 販売総額は530億円、売上上位のクリエイターは6億円超え
キャッシュバックキャンペーンも実施!(2018/5/8)

「pixivFANBOX」が音楽クリエイター向けの機能を追加 新規投稿から「動画・音楽」が選択可能に
音楽クリエイターにとっても使いやすくなりました。(2018/5/3)

「pixivFANBOX」全クリエイター向けに開放 ファンが月額でクリエイター支援
ピクシブは、クリエイターの創作活動を継続的に支援できる「pixivFANBOX」(ピクシブファンボックス)を全てのクリエイター向けに提供すると発表した。(2018/4/27)

「出版社頼れない」「子供は漫画無料でいい」 海賊版サイト問題と漫画家たちの苦悩
4月24日に、阿佐ヶ谷ロフトAで「海賊版サイト」をめぐる問題について識者らが議論。森田崇先生と鈴木みそ先生が漫画家・クリエイターの立場から海賊版サイト問題について語った。(2018/4/27)

「pixivFANBOX」が全クリエイターに提供開始 ファンが月額でクリエイターを支援できる
クリエイターの新たな収入源になりそう(2018/4/26)

「VR空間でデザイン」をワコムが提案 試作機でデモを披露
ワコムがクリエイターのデザイン作業をVRやMRを使って効率化する製品の試作機を披露。ペンタブレットなどでデザインしたスケッチを取り込んでVR空間で編集したりすることができるツールを開発中しており、2019年の製品化を目指すという。(2018/4/25)

note、書き手を出版社に紹介する「クリエイター紹介プログラム」開始
コンテンツ配信サービス「note」で、書き手を出版社に紹介する「クリエイター紹介プログラム」がスタート。ダイヤモンド社、扶桑社、マガジンハウスとパートナーシップを結んだ。(2018/4/24)

note、出版社へのクリエイター紹介プログラムを実施 出版社3社とパートナーシップ締結で作品の書籍化へ
より書籍化される可能性が高くなるかも。(2018/4/23)

エプソンダイレクト、スペックを厳選したクリエイター業務向けPCを発売
エプソンダイレクトは、高負荷処理が想定されるクリエイター業務向けの「クリエイターPC」計3モデルを発売した。(2018/4/23)

YouTubeのウォジスキCEO、クリエイターの収益化問題に対処すると説明
YouTubeのCEOが、クリエイターからの収益化についてのフィードバックを受け、対策について説明した。(2018/4/19)

グリー、「VTuberファンド」事業を開始 投資総額40億円でクリエイターを支援
既に3Dアバターを使ったライブ配信システムの開発元へ投資しています。(2018/4/17)

グリー、VTuber事業で投資ファンド 総額40億円
バーチャルYouTuber事業に参入したグリーが、総額40億円の投資プロジェクト「VTuberファンド」を始める。VTuberのクリエイターやスタートアップ企業を支援する。(2018/4/17)

所属クリエーターの微博(Weibo)での総ファン数は約4000万人:
KOL活用で日本企業の中国進出を支援、アライドアーキテクツが中国papitubeとパートナーシップ契約を締結
アライドアーキテクツは、中国papitubeとパートナーシップ契約を締結。現地で影響力のあるクリエイター(KOL)を起用した日本企業のプロモーションを推進する。(2018/4/16)

デジタルエクスペリエンスで世界を変えるために:
Adobeトップが講演 「プラットフォーム連携強化でマーケターとクリエイターの協働を促す」
Adobe Systems 会長・社長・CEOのシャンタヌ・ナラヤン氏が「Adobe Summit 2018」の基調講演で語った同社のエクスペリエンスビジネスの概要を紹介する。(2018/4/9)

EIZO、映像クリエイター向けのHDR対応31.1型4K液晶ディスプレイ
EIZOは、DCR 4K対応の31.1型液晶ディスプレイ「ColorEdge CG319X」を発売する。(2018/4/5)

「“ログボの必然性”考えて」――「Fate/Grand Order」塩川洋介氏が抱く、クリエイター教育の課題
「もし実装を依頼するなら、作ってもらう人には『なぜログインボーナス(ログボ)が必要か』を言えないといけない」――スマートフォンゲーム「Fate/Grand Order」をはじめとしたFGO PROJECTクリエイティブプロデューサーである塩川洋介さんは、これからクリエイターになる学生たちにこんなことを学んでほしいという。(2018/4/5)

ユニットコム、GTX 1070を標準搭載したクリエイター向け15.6型ノート
ユニットコムは、同社製クリエイター向けPC「SENSE∞」シリーズにデスクトップ向けCore i7とGeForce GTX 1070を装備した15.6型ノートPCモデルを追加した。(2018/4/3)

サードウェーブ、Quadro搭載PCを最大6万円引きする「raytrek Quadro祭り」
サードウェーブは、クリエイター向けPC「raytrek」のQuadro搭載モデルを対象とした割引キャンペーン「raytrek Quadro祭り」を開始した。(2018/3/30)

「スカイリム」などでModを作るクリエイター「ひげよし」「tktk」氏対談 Modはいかにして作られるのか?
今やPC用ゲームには欠かせない「Mod」の世界を、Modクリエイター2人が語ります。(2018/3/24)

サードウェーブ、「raytrek-V Adobe CC」に第8世代Core搭載モデルを追加
 サードウェーブは3月23日、クリエイター向けPCブランド「raytrek」で展開する「raytrek-V Adobe CC」推奨モデルに、第8世代Coreを搭載したモデルを追加し、同日販売を開始した。(2018/3/23)

マストドンつまみ食い日記:
マストドンがクリエイター向け機能を強化した理由
Instagram的な機能強化を目指したという。(2018/3/15)

ポプテピピックの「スカイリム」ネタをModで再現 ユニークなModを作り続けるModクリエイター「ひげよし」氏インタビュー
Modは誰が何のために作るのか?(2018/3/10)

CP+2018でプロカメラマンが語るクリエイターPC「DAIV」の魅力
CP+2018にDAIVが出展。ステージイベントに登壇した諏訪氏にその魅力を聞いた。(2018/3/6)

サードウェーブ、イラストレーター向けのRyzen APU採用デスクトップPCを発売
サードウェーブは、同社製クリエイター向けPC「raytrek debut!」シリーズのラインアップにRyzen APU採用ミニタワー型モデルを追加した。(2018/3/2)

マウス、4K対応17.3型液晶を内蔵したクリエイター向けハイエンドノート
マウスコンピューターは、第8世代Coreプロセッサと17.3型4K液晶ディスプレイを搭載したクリエイター向けハイエンドノートPC「DAIV-NG7620S1-SH5」を発売した。(2018/2/28)

名作RPG「クロノ・トリガー」PC版、Steamで配信開始
RPG「クロノ・トリガー」PC版の配信が「Steam」でスタートした。堀井雄二さんや鳥山明さん、坂口博信さんといった人気クリエイターが手掛けた名作だ。(2018/2/28)

ワコムの液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro」に24型の大型モデル 年内には32型も
ワコムがクリエイター向け液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro」シリーズの新製品を発表。24型2種と32型1種を、3月29日から順次販売する。(2018/2/27)

「Wacom Cintiq Pro」に待望の23.6型モデルが登場 ワコム初のワークステーションも
ワコムが23.6型の「Wacom Cintiq Pro 24」と、クリエイター向けワークステーション「Wacom Cintiq Pro Engine」を発表した。さらに32型の「Wacom Cintiq Pro 32」も年内投入予定。(2018/2/27)

3月下旬に「台湾の秋葉原」で:
とらのあな、台北に初の海外直営店をオープン 日本の同人誌を台湾へ
とらのあなが初の海外直営店をオープン。「台湾の秋葉原」に出店し、日本や現地クリエイターの同人誌を販売する。(2018/2/23)

ポートフォリオサイト「バルーン」が炎上 クリエイターのポートフォリオを第三者が勝手に編集
勝手にポートフォリオを作られても……。(2018/2/22)

PR:RAW現像に「特別なマシン」を――プロカメラマンによる「DAIV」試用レポート
PC USERでおなじみのカメラマン、矢野氏による「DAIV」レポート。クリエイター向けをうたうこのマシンはプロの目にどう映るのか。(2018/2/20)

「スター・ウォーズ」新シリーズ始動、「ゲーム・オブ・スローンズ」クリエイターが指揮 過去作とは別の物語に
これまでの「スカイウォーカー・サーガ」とも、2017年に発表された新三部作とも別の新しい作品に。(2018/2/7)

タツノコプロ、フルデジタルのアニメ制作マニュアル公開 「限界を迎えつつあるワークフロー改善の足がかりに」
タツノコプロは、フルデジタルのアニメ制作方法・ワークフローを解説する社内用マニュアルを無償公開した。「デジタルに関心のあるクリエイターや業界関係者の参考になれば」としている。(2018/2/5)

サードウェーブデジノス、GTX 1060を採用する15.6型4K液晶搭載クリエイター向けノート
サードウェーブデジノスは、4K表示対応15.6型ワイド液晶を備えたクリエイター向けノートPC「raytrek RKF1060TGK」を発売する。(2018/1/19)

「著作権」の基礎を知ってコンテンツを守りたいクリエイターへ 「月刊MdN」2018年2月号で特集
専門家に聞いた「クリエイターのための著作権Q&A」などを掲載。(2018/1/7)

アニメ製作用仮想通貨「トワイライトコイン」発行へ ファンがクリエイターを直接支援
アニメ製作に特化した仮想通貨「トワイライトコイン」発行計画を、アニメ監督のヤマカン氏が発表した。アニメファンにコインを買ってもらって製作資金を調達し、クリエイターに還元したり、作品を盛り上げる狙いだ。(2018/1/5)

pixiv、ライブ配信機能をスタート クリエイターのお絵かきライブをリアルタイムで視聴可能に
最大4人まで同時視聴することもできます。(2018/1/4)

電通時代のセクハラを告発された広告クリエイター・岸勇希さん 刻キタルの代表を辞任・退職
ライター・作家のはあちゅうさんからセクハラ・パワハラ行為を告発されていました。(2017/12/19)

ベンキュー、sRGBカバー率100%を実現するWQHD表示対応の25型ワイド液晶ディスプレイ
ベンキュージャパンは、クリエイター向けをうたったWQHD表示対応の25型ワイド液晶ディスプレイ「PD2500Q」を発表した。(2017/12/11)

ユニットコム、Quadro P1000を搭載したクリエイター向けPC
ユニットコムは、クリエイター向けPC「SENSE∞」シリーズのラインアップに第8世代Coreプロセッサ/Quadro P1000搭載ミドルタワー型モデルを追加した。(2017/12/11)

サードウェーブデジノス、クリエイター向けPC「raytrek」にRyzen/Quadro搭載構成モデルを追加
サードウェーブデジノスは、同社製クリエイター向けPC「raytrek」シリーズのラインアップにQuadro搭載モデル計3製品の追加を行った。(2017/12/8)

モリサワフォントを使った「フォントドレス」、Adobeイベント会場に 約1カ月かけて制作
アドビシステムズ主催のクリエイター向けイベント「Adobe MAX Japan 2017」の展示ブースに、「フォントドレス」が登場した。(2017/12/5)

サードウェーブデジノス、4K動画編集向けのGTX 1080 Ti搭載ハイエンドデスクトップ
サードウェーブデジノスは、クリエイター向けPC「raytrek」に4K動画編集向けのハイスペック構成モデルを追加した。(2017/12/4)

「Brave」ブラウザ、YouTuberへのビットコインでの投げ銭が可能に
JavaScriptの父が立ち上げた広告ブロックブラウザ「Brave」のビットコインによるクリエイター支援機能で、YouTuberにも寄付できるようになった。(2017/11/20)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。