ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「美術大学」最新記事一覧

ハロウィーンにルギア爆誕! 大きく羽ばたき咆哮する渾身の仮装に注目
ンゴェエェェェ!(2017/11/1)

赤字から躍進へ:
ツインバード工業社長、V字回復までの“苦悩”を語る
ヒット商品を多数生み出し、業績を伸ばしているツインバード工業。しかし、2000年代初期には5期連続赤字の苦境に陥り、会社は倒産寸前だったという。その時、リーダーはどう振る舞ったのか。同社の野水重明社長に聞いた。(2017/11/1)

“どこでも映画館”半年で120カ所 画期的な上映サービス「popcorn」の挑戦
日本の映画興行システムに一石を投じる起爆剤になるか−。誰でも“自分の映画館”を作ることができる画期的なサービス「popcorn」が今年4月にスタートした。(2017/10/10)

働いてる人みんなに「えらいよ」と伝えたい漫画『はぐちさん』 作者のくらっぺ先生、初インタビュー
無理すればな、漫画家にもなれんねん。(2017/9/29)

柴崎辰彦の「モノづくりコトづくりを考える」:
SXSW 2017観戦記 魅惑の“アイデア家電”が勢ぞろい 初参戦Panasonicが見せた老舗の意地
“IT界のパリコレ”ともいわれるイベント「SXSW 2017」で見聞きし、体験した刺激的なあれこれをレポート。今回は、Panasonicの「Game Changer Catapult」が提案する近未来の家電やサービスを紹介します。(2017/4/29)

これは面白くてタメになるな! 美術館の監視員が描く4コマ漫画「ミュージアムの女」が話題に
読むと美術館に行きたくなる漫画です。(2017/1/6)

「(演出を行ったのは)本学の学生であった」 多摩美、芸術祭で葬儀風演出行った学生らに注意・指導
大学は約1カ月にわたって調査していました。(2016/12/16)

TOKIO視点:
どのレベルから作るの? 田植え、養鶏、食器も土から 学生がカレーを全部イチから作るドキュメンタリー公開
その名も「カレーライスを一から作る」。スパイスも塩もぜーんぶ自作。そこから美大生たちが気づく命の重さ。(2016/10/17)

「売れる商品」の原動力:
「プロフェッショナルな仕事」とは何か
「プロフェッショナルの仕事」とは、どういうものでしょうか。ミスをしないということ。考えられる最善を尽くすこと。そして、自分に仕事を頼んだ相手に期待以上のサプライズと喜びを与えるものであることです。(2016/8/24)

「全力疾走」という病:
長く売れ続ける「定番」を狙う デザイナー・小関隆一氏のモノ作り哲学とは?
ワインボトルの形をしたLED照明「Bottled」や、ペン型のはがせる水性塗料「マスキングカラー」など、ユニークな日本の技術をうまく組み合わせた商品をデザイン。これらは国内外で売れ続けている。その仕掛け人、デザイナーの小関隆一氏の生き方を追った。(2016/6/30)

教えて! 絵師さん:
夜明け前の町に灯る明かりのような希望 おかずさん
自らのイラスト歴を「遅いスタートだった」と振り返るおかずさん。「描きたい」と気付いた高校時代、必死で吸収した大学時代――イラストレーターとして歩き出すまでを聞きました。(2016/6/20)

一糸まとわぬセクシーショット満載、写真集「鶏夏」がビレバンで取り扱い開始 ※ただし全部鶏肉
人類には早すぎる。(2016/5/25)

教えて小野賢章、本当に具現化したい妄想は? 映画「燐寸少女」で妄想に踊る男に聞く
独占インタビューで聞いてみました。(2016/5/26)

古い技術とあなどるなかれ:
GIFアニメをリアルギャラリーで 企画展「Room.gif」
(2016/4/26)

V8! V8! V8! 多摩美の卒業式が今年は「マッドマックス 怒りのデス・ロード」仕様に
これぞ美大生の本気。(2016/3/24)

片思いの切なさに共感 女優が選んだ「ハチクロ」の好きなシーン&キャラトップ3
選んだのは、ドラマ「梅ちゃん先生」「大好き五つ子」などに出演した女優の鈴木貴子さん。(2016/3/19)

「ライフワーク」と「ライスワーク」の両立:
PR:藝大卒イラストレーターが選んだ“都合のいい”働き方とは?
自分探しの旅の末に見つけたのは「フリーのイラストレーターになりたい」という思い。だが、独り立ちするまでには生活の糧となる仕事も必要だ。いつかはフリー専業で働くために、彼女が選んだ“都合のいい”働き方とは――?(2016/3/2)

恋愛小説「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」が実写映画化 福士蒼汰さんと小松菜奈さんが初共演で一番泣ける純愛映画を
監督は「ホットロード」「アオハライド」の三木孝浩さん。(2016/1/13)

教えて! 絵師さん:
顔が見えない絵にも“表情”を宿して Re°さん
音楽や映画から受けたインスピレーションを形に――光あふれるどこか幻想的なRe°さんのイラスト。顔が見えない絵にも“表情”を感じます。(2015/12/7)

NEWS加藤シゲアキさんの初短編小説集がドラマ化! 1月9日から4週連続放送
「傘をもたない蟻たちは」から3編を取り上げて全4話でドラマ化します。(2015/11/17)

すべてのクリエイティブのために――「iPad Pro」がかける「もうひとつの魔法」
iPadに、12.9型という大きなディスプレイを搭載した「iPad Pro」が加わった。Apple初となる“大きなiPad”は、どのような価値とユーザー体験をもたらすのか。使用リポートとともに考えてみたい。(2015/11/11)

石膏像がアイドルなアニメ「石膏ボーイズ」のキービジュアルとPV公開
台車で運ばれるアイドル。(2015/11/4)

杉田智和さんに小野大輔さんら出演!! 世界初の石膏像アイドルユニット「石膏ボーイズ」テレビアニメ化&キャスト発表
主題歌は石膏ボーイズ(CV. 杉田智和、立花慎之介、福山潤、小野大輔)が歌います。(2015/10/24)

教えて! 絵師さん:
音楽に日常に色をのせて ゆのさん
ボーカロイド曲のMVなどで活躍するゆのさん。やさしいペンのタッチと色使いに引きこまれます。(2015/9/14)

美術の石膏像をアイドルユニットにした「石膏ボーイズ」 デビュー半年でまさかのアニメ化決定
美大生「うおおおおおおお」(2015/9/2)

教えて! 絵師さん:
温かく優しい物語のある部屋 井田千秋さん
ミリペンで細かく描き込まれた、童話のような世界。生活感ある部屋から物語が広がります。(2015/8/3)

学生による2事例:
学生フォーミュラカーにバスケットゴール、人間も!? トポロジー最適化やってみた!
構想設計においてトポロジー最適化を活用する例が増えている。学生フォーミュラや美大生が構想設計ツール「solidThinking Inspire」を使った事例を紹介する。(2015/7/27)

DMS2015:
切削RPマシンを活用した先進的な研究事例を披露
ローランド ディー.ジー.は「第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)」(会期:2015年6月24〜26日)に出展し、同社製品の導入が進んでいる教育機関での先進的な活用事例を紹介した。(2015/6/25)

教えて! 絵師さん:
しろくま、星屑、水族館――輝く青に魅せられて のみやさん
さまざまなニュアンスの青を生み出す、のみやさん。絵の具のようなタッチはフルデジタルで描かれています。(2015/6/1)

「すごかった」「めちゃめちゃ驚いたけど素晴らしい」 カナダの美大生が作った短編アニメがニコ動で絶賛 堂々の総合ランキング1位に
エミリー・カー美術大学の卒業制作とのこと。(2015/5/12)

講談社、ハースト婦人画報社が発行する全出版物の書店販売業務を受託
講談社の強力な流通インフラを活用、女性誌を中心に雑誌市場の活性化を図る。(2015/3/9)

出版社「帯を変えたら売れ行き10倍になった」 ラノベ作家の一般文芸デビュー作がベストセラーに
作者は「俺がお嬢様学校に『庶民サンプル』として拉致られた件」の七月隆文さん。(2015/3/5)

デジタルモノづくり人物探訪(2):
アルゴリズムが無限のデザインを創り出す――Grasshopper使いの“3D漬け”生活
3Dモデリングツールや3Dプリンタを活用し、モノづくり業界で活躍するエンジニアやクリエーターにスポットを当てる本企画。今回は「Rhinoceros」と「Grasshopper」を使ってシャツやスカート、着物作りに挑戦する小野正晴氏を紹介する。(2015/3/3)

モーニング編集部の新人漫画家育成計画が始動、新人賞「MANGA OPEN」もリニューアル
新人賞受賞者を対象とした東村アキコのクロッキー教室や、門倉紫麻のWeb連載「漫画家になるための戦略教室」もスタートする。(2015/2/5)

一体なにがどうなっているんだ…… 美術の授業でおなじみの石膏像4体がユニット「石膏ボーイズ」として芸能活動開始!?
マルス・メディチ・聖ジョルジョ・ヘルメス。超期待の大型新人だぜ!(2015/2/4)

「アーティスト」という職業で生計を立てるために持つべき視点とは?
(2014/12/2)

PR:美大を目指す19歳女子、“はじめての液晶ペンタブレット”に挑戦してみた
「液晶ペンタブレット、興味はあるけど実際どうなの?」「アナログに慣れてるとデジタルペンって使いにくい?」――イラストを描くあなたのそんな疑問に答えるべく、美大を目指す19歳の女の子の“はじめての液晶ペンタブレット”に密着してきました。(2014/11/19)

クリエイター女子部:
「Yahoo!JAPANアプリ」を支える3年目デザイナー ヤフー・平野彩花さん
デジタルコンテンツ制作に携わる女性にフォーカスする「クリエイター女子部」。第3回は、ヤフーで「Yahoo!JAPANアプリ」のデザインを担当している平野彩花さん。(2014/10/31)

「Product for 1000」挑戦記(1):
モノづくり素人が“何か”を作る無謀なプロジェクト始動
「Product for 1000×3Dモデラボ×Mozilla Japan」特別企画。3Dプリンタをはじめとするデジタルファブリケーション機器の普及・発展により、“個人のモノづくり”がより身近になってきたというけれど本当なの? どうやって始めるの? そんな疑問を持ったモノづくりド素人が「だったら自分たちで実践してみよう!」と、「Product for 1000」というフレームワークを使い、モノづくりプロジェクトを立ち上げた。(2014/10/28)

ある日、トイレットペーパーが衝撃的なことになってた
新種のアート!(2014/10/22)

唯野未歩子インタビュー:
1曲のポップスを聞いた時のような読後感を――『青きを踏む、花曇り、その他の短篇』
(2014/10/21)

ラーメンズ小林賢太郎の美術展開催 自ら制作したコントや演劇の小道具ずらり
実際にコントや撮影で使用されたものが間近で見れます!(2014/8/10)

まるで漫画家専用のコワーキングスペース――“描ける”漫喫「漫画空間」
東京・高円寺にある漫画を描くことができる漫画喫茶「漫画空間」に突撃取材。店長・深谷陽先生の作業風景も撮影させていただきました。必見です!(2014/8/8)

デジタル写真の露出が分析できる「EVGrapher」
ライブラリにある写真を読み込むと、その写真の露出を分析し、グラフ上にプロットするソフトが「EVGrapher」。写真をより深く勉強しようと思ったときに便利なツールだ。(2014/7/11)

国際電子出版EXPOリポート:
今年の電子出版EXPOを振り返る
いよいよ最終日をむかえた国際電子出版EXPO。展示の紹介や、クリエイターEXPOでのインタビューを交えつつ、2014年のEXPOを振り返る。(2014/7/4)

金沢のアートや工芸の魅力を再発見できるデジタル雑誌アプリ「kanavi」――美大生らが作成
金沢芸術工芸大学の学生の「目利きの視点」を活かして、金沢の新たな魅力を紹介していく。(2014/6/6)

オーデマ ピゲ、アート・バーゼル香港2014でブランドの原点を表現する映像作品を発表
(2014/4/14)

スペシャルインタビュー:
世界を捉える新しい視点――ヤン・チップチェイス氏のデザイン・リサーチ
現地でのインタビューや観察によって消費者の潜在ニーズを紐解く行動観察手法「デザインリサーチ」が今注目を集めている。デザインリサーチの専門家ヤン・チップチェイス氏に話を聞いた。(2014/3/27)

企業の採用方針が若干変化:
新卒求人に“特化型”、範囲を広げる「美大・芸大生専門」就職マッチングサービスの狙い
文系、理系、そして“美系”も──。就活サイトに「美大・芸大生専門」とする特化型サービスが範囲を拡大している。その背景と狙いとは。(2014/3/26)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/2/24)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。