ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「出版」最新記事一覧

日本の科学研究「失速」 Nature記事、Webで全文公開中
工学、分子生物学、コンピュータサイエンスなどの分野で論文出版数が減少していることなどを、取材やデータを基に解説している。(2017/3/24)

CCCが徳間書店の子会社化を発表 映像・音楽事業と連携した出版物の刊行に取り組む
14日に一部報道により傘下に入ることが伝えられていた。(2017/3/21)

メディアドゥと協業:
講談社、マイ電子書店スマホで開設「じぶん書店」4月開始
講談社は、自分の電子書店をスマートフォンで簡単に開ける新プラットフォーム「じぶん書店」を4月からサービス開始。電子書籍約3万2000点の中から好きにタイトルを選び、自分の書店のように売り出せる。運営は電子出版取り次ぎメディアドゥと共同。(2017/3/9)

13年の歴史に幕:
R25の終焉が示すフリーペーパー「冬の時代」
フリーペーパーとして一世を風靡(ふうび)した「R25」がその歴史に幕を下ろす。出版不況のなか、印刷・配送費用に見合う広告収入が見込めず、フリーペーパーやフリーマガジンは休刊、廃刊が相次ぐ。Web転換も容易ではなく、業界は「冬の時代」に突入した。(2017/3/3)

約2000万円を求める訴訟:
「青林堂」の従業員が浴びた罵詈雑言の数々
パワハラで精神疾患になり働けなくなったなどとして、老舗出版社「青林堂」の従業員が青林堂と社長らを相手取り、慰謝料や未払い賃金計約2000万円を求める訴えを東京地裁に起こした。(2017/3/3)

「バカ」「スパイ」「左翼」……「ガロ」で知られる出版社、従業員に罵詈雑言 300時間の音声データの中身は
パワハラで精神疾患になり働けなくなったなどとして、「ガロ」を発行していた出版社「青林堂」の従業員が提訴。300時間の音声データには社長や専務との衝撃的な会話が記録されていた。(2017/3/2)

出版デジタル機構子会社化で:
メディアドゥ、年初来高値更新 同業買収を好感視
3月1日の東京株式市場で、電子書籍取り次ぎのメディアドゥ(東証1部)が年初来高値を更新。出版デジタル機構子会社化によるコンテンツと業界シェア拡大を期待し、買い注文が集まった。(2017/3/1)

電子書籍取次のメディアドゥ、出版デジタル機構を買収 書籍ラインアップ強化
電子書籍取次のメディアドゥが出版デジタル機構を約80億円で買収する。(2017/2/28)

出版デジタル機構を子会社化:
電子書籍取次メディアドゥ、業界最大手を買収 80億円で
電子書籍取り次ぎのメディアドゥは2月28日、同業の出版デジタル機構を子会社化すると発表。70.52%の株式を産業革新機構から取得する。取得額は79億4000万円。市場シェアの2割を得ることに。(2017/2/28)

“IoT×ブロックチェーン”を考える
“ブロックチェーン”は万能薬ではない、IoTでの使用が適さない理由とは
IoTでブロックチェーンの使用を提案する出版物や記事も少なくない。しかし、必ずしも使うのが良いというわけではない。本稿ではその理由を紹介する。(2017/2/7)

講談社、キュレーションサイトを立ち上げ 自社コンテンツをベースに適切な権利処理で運営
他出版社の参画も促進中。(2017/1/26)

成長しているのに電子<紙?:
なぜ電子出版は軽視されるのか
不調が続く出版業界の中で、唯一成長している電子出版市場。出版社が電子に注力する価値はありそうに見えるが、実際は業界内の電子への期待はまだまだ薄い。「売れない紙を大事にして、売れ始めている電子を軽視する」のはどうしてなのだろうか。(2017/1/18)

Amazon読み放題、配信ストップの6出版社で配信再開 講談社はまだ
Kinde Unlimitedで、昨年10月から配信を止められていた約20社のうち、光文社やイースト・プレス、芳文社など6社の提供作品の配信が5日までに再開された。(2017/1/6)

Twitterで人気の「猫船長」カンパチちゃんの写真集が出版決定 あの「うどんをひっくり返して懲罰中」写真ももちろん収録
過去には「ベスト内航船員賞」も受賞しています。(2016/12/29)

角栄ブームは「狙っていない」:
編集者に聞く「元祖・田中角栄本」の秘話
近年、田中角栄元首相を題材にした書籍が大ブームとなっている。ブームのきっかけとなったのは、宝島社が発行する『田中角栄という生き方』だ。出版業界が田中角栄に再注目する要因となった同書は、どのような経緯で世に出たのだろうか。編集を手掛けた欠端大林氏に話を聞いた。(2016/12/27)

指定暴力団の貫禄 “ポプ子にぶっ壊される竹書房”が全人類待望のねんどろいど化
ポプ子に地べたを這わせドロ水すすらせたクリーンな出版社。(2016/12/9)

大手出版・取次はマイナス傾向:
出版不況の中、大手書店企業は増収 なぜ?
出版不況の中、売上高が100億円以上の書店運営企業は前年度から増収になっているという。帝国データバンク調べ。(2016/11/30)

900億円規模に拡大:
オーディオブックは出版界を活性化するか?
本を音声データにして耳で楽しむ「オーディオブック」が、この2年ほどで利用者が急増、拡大の兆しをみせている。“ながら聴き”という読書スタイルが支持され、有望市場に成長すれば、低迷する出版業界が活性化しそうだ。(2016/11/25)

キャリアニュース:
理想の上司は「頑張りを見て評価してくれる上司」
まる出版が、理想の上司の行動に関する調査結果を発表した。「頑張りを見て評価してくれる」上司を理想に挙げた人が66.1%で最も多かった。(2016/11/18)

女子高生AI「りんな」、書籍出版を記念してサイン会を実施
マイクロソフトの女子高生AI「りんな」が、今度はサイン会を実施。(2016/10/21)

「5カ月分の予算が最初の1週間で消えた」―― 出版社社員が明かす「Kindle Unlimited」大混乱の理由
現役出版社社員がニコニコ生放送に出演し、裏側を語りました。(2016/10/6)

「爆買い」に頼らない! アニメ聖地、食と温泉……訪日客集めに試行錯誤 KADOKAWAやぐるなびの取り組み
訪日旅行客を、全国の津々浦々へ――そんな民間主導の取り組みが相次ぎスタートした。出版大手KADOKAWAや、飲食店検索サイト大手ぐるなびなどがそれぞれ「アニメの聖地巡り」や「食と温泉」をテーマに観光振興を図る団体を旗揚げした。(2016/10/6)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
本が売れない時代に本を置く異業種店が増えているのはなぜ?
出版不況が叫ばれて久しいですが、昨今、店に本を置くアパレルショップや雑貨屋、カフェなどが増えています。そして、それらは共通して繁盛しているというのです。その理由を探ります。(2016/10/6)

マリンスポーツ専門出版社「マリン企画」が破産 業歴45年、月刊「サーフィンライフ」など
近年はマリンスポーツ人口の減少や出版不況から赤字を散発していました。(2016/10/5)

加谷珪一の“いま”が分かるビジネス塾:
「キンドル読み放題」は書店を街から消すのか
このところ、出版業界に大きな動きが相次いでいる――。アマゾンジャパンが電子書籍の読み放題サービス「Kindle Unlimited」(キンドルアンリミテッド)をスタートさせた。書籍の市場は手にとって1冊ずつ購入するという形から、電子書籍の定額読み放題に一気に流れてしまうのだろうか。(2016/8/31)

人工知能が書いた小説「賢人降臨」、出版 福沢諭吉と新渡戸稲造の著作をディープラーニング
賢人から学んだAIは賢人となるか。(2016/8/24)

女子中高生の約8割がiPhoneユーザー――100人の街頭インタビューから
スターツ出版の運営するケータイ小説サイト「野いちご」は、首都圏の女子中高生100人へ街頭インタビューを実施。約8割がiPhoneを使用し、フィルタリング設定をしているユーザーは30人。利用率の高いアプリは「LINE」「twitter」「instagram」となった。(2016/8/10)

Kindle Unlimitedは出版側にとって神か悪魔か
Kindle Unlimitedは利用者にとっては便利なサービスですが、出版側にとっては必ずしもそうではないようです。(2016/8/6)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftがひっそり出版部門を終了
あまり関係ないかと思いきや、Microsoftにも出版不況のあおりか。(2016/7/24)

哲学書「精神と自然」の新思索社、破産決定
哲学書「精神と自然」など専門書の出版で知られる新思索社が破産開始決定を受けた。(2016/7/21)

「三才ブックス<電子出版>ストア」がリニューアル 本とのマッチングGUIを実装
三才ブックスは、電子書籍専門店であるコンテン堂モール内「三才ブックス<電子出版>ストア」に本とのマッチングGUI「ワードサーフィンR」を導入。興味のあるキーワードと類語からユーザニーズの高そうなコンテンツをマッチングさせる。(2016/7/21)

セミナー「小説投稿サイトの現在」:
“出版不況の中でも売れる本”を生み出す「ウェブ小説」の仕組みとは?
出版不況の中でも、毎年ベストセラーは生まれている。映画化もされた川村元気『世界から猫が消えたなら』は累計100万部、又吉直樹の次に売れている新人作家・住野よるの『君の膵臓をたべたい』は累計55万部を突破した。「出版不況でも売れる本」に隠された「ウェブ小説」の秘密とは?(2016/7/15)

俳優の平岳大が結婚、お相手は出版業界で働く同い年の女性 昨年ごろから交際
平さんはファンからの祝福の声に一言「ありがとうございます」とツイートしています。(2016/7/12)

EU離脱の日に出版された「1ポンド硬貨と恋に落ちてタイムトラベルするゲイ経済SF小説」が何だかすごいと話題に
ハリポタ作者「何か手に負えないものの中に笑いを見出した」。(2016/7/11)

「今や雑誌は情報ではなく“雑貨”」――女性向けWebメディア「MERY」が紙の雑誌を創刊した理由
月間2000万UUを超える女性向けキュレーションサービス「MERY」が3月に雑誌を創刊。全国でほぼ5万部が完売する反響となった。出版不況や雑誌離れが叫ばれる今、Web/アプリを飛び出し、あえて紙のメディアに挑戦した理由とは――。(2016/6/28)

栗原類、番組での公表きっかけに発達障害の本出版へ 「僕の項は全部自分で書きました」
10月13日ごろ、KADOKAWAから出版予定。(2016/6/21)

高須院長、出版したばかりの自著を絶版に 小学館からの「不適切な表現」書き直し要求を拒否
高須院長はその後小学館と「手打ちしました」と報告。(2016/6/3)

一迅社から教則本「おっぱいの描き方」発売 なんと「触手の描き方(仮)」も出版予定
これで君もおっぱいマスターだ!(2016/4/21)

「全力疾走」という病:
漫画が売れたら終わりではない 敏腕編集者・佐渡島氏が描く『宇宙兄弟』の次
講談社時代、漫画『ドラゴン桜』や『宇宙兄弟』など数々のヒットを飛ばした編集者、佐渡島庸平氏。大手出版社勤務というキャリアを捨てて彼が選んだのは、作家エージェントとしての起業だった。彼を駆り立てるものは一体何だったのだろうか――。(2016/4/20)

「ネット上で思わぬ反響」 英語教科書の「エレン先生」人気に出版元がコメント発表
キャラの許諾についても言及。(2016/4/14)

英語教科書の「エレン先生」人気は出版元も想定外 なぜあのイラストが採用されたのか、そして初の試みとは
英語教科書「NEW HORIZON」の制作現場に聞いてみた。(2016/4/8)

対談集をほぼ一人で作る:
酒井若菜さんが“物書き”として伝えたいこと
女優の酒井若菜さんが文筆家としての一面も持っていることをご存じだろうか。これまでに小説やエッセイを出版し、先月には初の対談集「酒井若菜と8人の男たち」を上梓した。酒井さんが文章を書くことで伝えたい思いとは何だろうか――。(2016/3/30)

小学6年生が作った「すごい文房具図鑑」は書籍になってもすごかった 文具メーカー36社のコメント入り、修正テープ跡もあえてクッキリ
いろは出版の担当者に聞きました。(2016/3/29)

太洋社に連鎖、書店14社が休廃業 東京商工リサーチ調査
出版取次中堅の太洋社が自己破産を申請するまでの一連の動きに連鎖し、書店の休廃業が相次いだ。倒産した芳林堂書店とあわせて15社に連鎖したとしている。(2016/3/16)

「万策尽きた」 出版取次業者の太洋社が自主廃業から一転して破産へ
東京地裁へ破産を申請。破産開始決定を受けた。(2016/3/15)

取次中堅の太洋社、破産決定 芳林堂書店の倒産で8億円焦げ付き
出版取次中堅の太洋社が東京地裁に自己破産を申請。出版取次の倒産では、栗田出版販売に次ぐ2番目の規模となる。(2016/3/15)

ミリオン出版、無断転載の事実を確認 イラストレーターと協議中
2月10日に発売された「封印発禁TV 素手喧嘩SP」に読者から指摘。事実関係を確認していた。(2016/3/2)

竹書房のサジェストが「ポプテピピック」のせいで“指定暴力団”に なおその前は“倒産”だったもよう
※普通の出版社です。(2016/2/15)

「友朋堂書店」「ひょうたん書店」店舗を閉店 取次・太洋社の自主廃業で
出版取次業者・太洋社が自主廃業に向けた準備に入ることから、店舗の営業が困難と判断した。(2016/2/15)

ミリオン出版「封印発禁TV 素手喧嘩SP」 無断転載の指摘に「事実関係を確認中」
「真摯に対応致すため、事実関係を確認しております」とコメント。(2016/2/10)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。