ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「出版」最新記事一覧

加谷珪一の“いま”が分かるビジネス塾:
「キンドル読み放題」は書店を街から消すのか
このところ、出版業界に大きな動きが相次いでいる――。アマゾンジャパンが電子書籍の読み放題サービス「Kindle Unlimited」(キンドルアンリミテッド)をスタートさせた。書籍の市場は手にとって1冊ずつ購入するという形から、電子書籍の定額読み放題に一気に流れてしまうのだろうか。(2016/8/31)

人工知能が書いた小説「賢人降臨」、出版 福沢諭吉と新渡戸稲造の著作をディープラーニング
賢人から学んだAIは賢人となるか。(2016/8/24)

女子中高生の約8割がiPhoneユーザー――100人の街頭インタビューから
スターツ出版の運営するケータイ小説サイト「野いちご」は、首都圏の女子中高生100人へ街頭インタビューを実施。約8割がiPhoneを使用し、フィルタリング設定をしているユーザーは30人。利用率の高いアプリは「LINE」「twitter」「instagram」となった。(2016/8/10)

Kindle Unlimitedは出版側にとって神か悪魔か
Kindle Unlimitedは利用者にとっては便利なサービスですが、出版側にとっては必ずしもそうではないようです。(2016/8/6)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftがひっそり出版部門を終了
あまり関係ないかと思いきや、Microsoftにも出版不況のあおりか。(2016/7/24)

哲学書「精神と自然」の新思索社、破産決定
哲学書「精神と自然」など専門書の出版で知られる新思索社が破産開始決定を受けた。(2016/7/21)

「三才ブックス<電子出版>ストア」がリニューアル 本とのマッチングGUIを実装
三才ブックスは、電子書籍専門店であるコンテン堂モール内「三才ブックス<電子出版>ストア」に本とのマッチングGUI「ワードサーフィンR」を導入。興味のあるキーワードと類語からユーザニーズの高そうなコンテンツをマッチングさせる。(2016/7/21)

セミナー「小説投稿サイトの現在」:
“出版不況の中でも売れる本”を生み出す「ウェブ小説」の仕組みとは?
出版不況の中でも、毎年ベストセラーは生まれている。映画化もされた川村元気『世界から猫が消えたなら』は累計100万部、又吉直樹の次に売れている新人作家・住野よるの『君の膵臓をたべたい』は累計55万部を突破した。「出版不況でも売れる本」に隠された「ウェブ小説」の秘密とは?(2016/7/15)

俳優の平岳大が結婚、お相手は出版業界で働く同い年の女性 昨年ごろから交際
平さんはファンからの祝福の声に一言「ありがとうございます」とツイートしています。(2016/7/12)

EU離脱の日に出版された「1ポンド硬貨と恋に落ちてタイムトラベルするゲイ経済SF小説」が何だかすごいと話題に
ハリポタ作者「何か手に負えないものの中に笑いを見出した」。(2016/7/11)

「今や雑誌は情報ではなく“雑貨”」――女性向けWebメディア「MERY」が紙の雑誌を創刊した理由
月間2000万UUを超える女性向けキュレーションサービス「MERY」が3月に雑誌を創刊。全国でほぼ5万部が完売する反響となった。出版不況や雑誌離れが叫ばれる今、Web/アプリを飛び出し、あえて紙のメディアに挑戦した理由とは――。(2016/6/28)

栗原類、番組での公表きっかけに発達障害の本出版へ 「僕の項は全部自分で書きました」
10月13日ごろ、KADOKAWAから出版予定。(2016/6/21)

高須院長、出版したばかりの自著を絶版に 小学館からの「不適切な表現」書き直し要求を拒否
高須院長はその後小学館と「手打ちしました」と報告。(2016/6/3)

一迅社から教則本「おっぱいの描き方」発売 なんと「触手の描き方(仮)」も出版予定
これで君もおっぱいマスターだ!(2016/4/21)

「全力疾走」という病:
漫画が売れたら終わりではない 敏腕編集者・佐渡島氏が描く『宇宙兄弟』の次
講談社時代、漫画『ドラゴン桜』や『宇宙兄弟』など数々のヒットを飛ばした編集者、佐渡島庸平氏。大手出版社勤務というキャリアを捨てて彼が選んだのは、作家エージェントとしての起業だった。彼を駆り立てるものは一体何だったのだろうか――。(2016/4/20)

「ネット上で思わぬ反響」 英語教科書の「エレン先生」人気に出版元がコメント発表
キャラの許諾についても言及。(2016/4/14)

英語教科書の「エレン先生」人気は出版元も想定外 なぜあのイラストが採用されたのか、そして初の試みとは
英語教科書「NEW HORIZON」の制作現場に聞いてみた。(2016/4/8)

東京のまねしたらあきまへん――ひと味違う京都の出版社・ミネルヴァ書房の挑戦
京都市のミネルヴァ書房がおもしろい試みを行なっている。有名講師に連続講座を行なってもらい、それを書籍化するというもの。「京都らしさで、業界に風穴を」と意気込む。(2016/4/7)

対談集をほぼ一人で作る:
酒井若菜さんが“物書き”として伝えたいこと
女優の酒井若菜さんが文筆家としての一面も持っていることをご存じだろうか。これまでに小説やエッセイを出版し、先月には初の対談集「酒井若菜と8人の男たち」を上梓した。酒井さんが文章を書くことで伝えたい思いとは何だろうか――。(2016/3/30)

小学6年生が作った「すごい文房具図鑑」は書籍になってもすごかった 文具メーカー36社のコメント入り、修正テープ跡もあえてクッキリ
いろは出版の担当者に聞きました。(2016/3/29)

太洋社に連鎖、書店14社が休廃業 東京商工リサーチ調査
出版取次中堅の太洋社が自己破産を申請するまでの一連の動きに連鎖し、書店の休廃業が相次いだ。倒産した芳林堂書店とあわせて15社に連鎖したとしている。(2016/3/16)

「万策尽きた」 出版取次業者の太洋社が自主廃業から一転して破産へ
東京地裁へ破産を申請。破産開始決定を受けた。(2016/3/15)

取次中堅の太洋社、破産決定 芳林堂書店の倒産で8億円焦げ付き
出版取次中堅の太洋社が東京地裁に自己破産を申請。出版取次の倒産では、栗田出版販売に次ぐ2番目の規模となる。(2016/3/15)

ミリオン出版、無断転載の事実を確認 イラストレーターと協議中
2月10日に発売された「封印発禁TV 素手喧嘩SP」に読者から指摘。事実関係を確認していた。(2016/3/2)

竹書房のサジェストが「ポプテピピック」のせいで“指定暴力団”に なおその前は“倒産”だったもよう
※普通の出版社です。(2016/2/15)

「友朋堂書店」「ひょうたん書店」店舗を閉店 取次・太洋社の自主廃業で
出版取次業者・太洋社が自主廃業に向けた準備に入ることから、店舗の営業が困難と判断した。(2016/2/15)

ミリオン出版「封印発禁TV 素手喧嘩SP」 無断転載の指摘に「事実関係を確認中」
「真摯に対応致すため、事実関係を確認しております」とコメント。(2016/2/10)

「コミックの太洋社」と呼ばれた出版取次業者・太洋社が自主廃業を視野に
出版不況の影響を受けて業績が低迷していた。(2016/2/5)

小説原稿を2年間放置? 一迅社が謝罪 著者が「らちがあかない」とTwitterで訴え
2年前に原稿を送った小説がいまだ刊行予定も明らかにされないとして著者が怒りの声。出版元の一迅社は「管理不足」と謝罪し、制作を進めるという。(2016/2/5)

コミックに強い取次中堅の太洋社、自主廃業も視野に
帝国データバンクによると、出版取次中堅の太洋社が自主廃業も視野に資産精査を進める方針を明らかにした。(2016/2/5)

2015年のKindle売上ランキング 出版社別でKADOKAWAが2連覇、文藝春秋はトップ5入りと躍進
今年もKADOKAWAのセールに期待。(2016/2/4)

出版社の倒産、2年連続で増加
東京商工リサーチは出版社の倒産件数(2015年)を発表した。(2016/2/3)

「そうだ難民しよう!」著者のサイン会、中止に
出版社「理由はみなさまご想像のとおりです」。(2016/1/28)

小保方氏、手記出版 STAP細胞問題の経緯を説明
「STAP細胞」をめぐる研究不正問題について、論文執筆者の小保方氏が自ら経緯を説明する手記が出版される。(2016/1/27)

出版業界のリアルに迫ったマンガ「重版出来!」の連続ドラマ化が決定 
1月27日発売の「月刊!スピリッツ」3月号で発表されました。(2016/1/27)

comicoの人気漫画「ReLIFE」、アニメ化に続き舞台化も決定 今秋東京と大阪で
舞台化に合わせ、フランスでの単行本出版も決定。(2016/1/21)

筑摩書房、朝日新聞記事に「看過できぬ」と抗議 「Amazonの値引きに1社だけ参加」報道に立場は逆だと主張
Amazon.co.jpの値引き販売に、出版社のなかで筑摩書房だけが参加したという報道に抗議。(2015/12/25)

当選者「1万2000人」、実際は「6000人」 水増しのパズル雑誌出版社に措置命令
パズル雑誌の懸賞企画で当選者数を水増ししていたとして、景表法違反で出版社に措置命令。(2015/12/9)

喜屋武ちあきさん、アニメヨガ本出版 「殴ってなぜ悪いか」「裏コード、ザ・ビースト!」などのポーズを披露
ジョジョ立ちは腹筋に効果ありそう。(2015/12/8)

発売前の「ワンピース」を海賊版サイトに無断アップロード 「電子出版権侵害」で初の逮捕者
集英社は「非常に大きな進展」とコメント。(2015/11/13)

「電子出版権」侵害で初の逮捕 「ONE PIECE」発売前に無断でネット公開
ジャンプ発売前にONE PIECEをネットに無断公開した中国人3人が逮捕された。電子出版権侵害での逮捕は初めて。(2015/11/13)

伝説の打ち切りマンガ「ポプテピピック」がLINEスタンプに よくみたらクソむかつくとき、完全に理解したときなどに便利
最終回で出版社を殴ってぶっ壊したから名作。(2015/11/12)

最終回で主人公が出版社を殴ってぶっ壊す 異色の4コマ漫画「ポプテピピック」がゆるーく笑いの鋭角をえぐってくる
「今日も1日がんばるぞいって私が言い出したことになんねえかな〜」。(2015/11/6)

エイ出版、ムック「日本酒入門」回収 既刊書の無断再掲載を著者指摘 「許諾確認に不手際」と謝罪
過去の自著と内容が酷似している無断“パクリ”本――エイ出版は、著者への「2次利用の許諾確認に不手際があった」とし、ムック「日本酒入門」を回収すると発表した。(2015/10/28)

「日本酒入門」騒動でエイ出版が謝罪 「二次使用の許諾確認に不手際があった」
すでに全冊回収が決定しています。(2015/10/28)

「日本酒」本で著作権侵害騒動 出版社に対して「倫理観を疑います」と著者が激怒→発売当日に回収決定
同じ構成と同じ写真で語尾だけ変えた本が勝手に安く出版されたと、元となった著書の作者が訴え。どちらの書籍も同じ出版社からだけどどうなっているの?(2015/10/27)

LINEマンガが出版事業に参入 2016年1月に2タイトルのコミックス発売へ
コミックス購入者特典には限定LINEスタンプも。(2015/10/23)

ノーベル文学賞受賞のアレクシエーヴィチ氏、群像社刊行の書籍3点の版権を引き上げ
「出版社が有する権利が消失しているため」と代理人から通達。(2015/10/22)

「週刊将棋」休刊 「その役割終えた」
日本将棋連盟とマイナビ出版は、将棋専門紙「週刊将棋」を来年3月30日号で休刊する。(2015/10/20)

漫画家に無断で作品を掲載 リブレ出版が謝罪 担当編集者を懲戒解雇に
書籍の回収、購入者への返金などの対応も行う。(2015/10/13)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。