ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「歯医者」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「歯医者」に関する情報が集まったページです。

「オッス! おらマダオ!」 ドラマ「銀魂2」が禁断のパロ全振り予告、ドラゴンボールへの依存半端ない
マダオ「ぜってー見てくれよな!」(2018/8/8)

作品違いますよね!? ドラマ版「銀魂2」、山本美月演じる“メーテル”登場でファンざわつく
銀魂には作品の枠なんて関係ない。(2018/7/17)

歯医者さんって、多くない?
コンビニ並じゃない?(2018/6/30)

医療機器ニュース:
歯科医師の約6000倍の速さでX線画像読影ができる診断AIを開発
葵会とメディホームが、歯科パノラマX線における診断AIを共同開発した。虫歯や根尖病巣、歯石、嚢胞、根分岐部病変の各症状の患部を検出し、ベテラン歯科医師の約6000倍の速さでX線画像の読影ができる。(2018/6/27)

無邪気におちんちんで遊びながらも日々成長 『苺ましまろ』作者が連絡帳につづる息子の成長日記にほっこり
3歳児の豊かな発想にニンマリ。(2018/6/5)

スタジオカラー「シン・エヴァ」スタッフを募集 「制作はすでに始まっていますが、スタッフは何名いても多いということはない」
参加できるチャンス。(2018/5/24)

虫歯治療の恐怖から開放されるVRサービス「BiPSEE歯科VR」 パートナー医院を募集中
BiPSEEは、同社が開発した歯科向けVRサービス「BiPSEE歯科VR」に協力するパートナーの募集開始を発表した。(2018/5/8)

漫画家が快適さを追求した結果「歯医者っぽくなった仕事場」にさらなる進化 トランスフォームで運動も可能に
通常モードから、立ち仕事に切り替えられる「スタンドモード」や、仕事をしながら運動できる「エアロバイクモード」に3段変形。(2018/4/23)

シャチは虫歯と口臭がひどい 生き物の“ざんねん”な部分に迫るシリーズ第3弾「ざんねんないきもの事典」が登場
まだまだ“ざんねん”な生き物がたくさん。(2018/3/10)

セキュアなモバイルアプリ開発の10大ベストプラクティス【後編】
「モバイルアプリ」を社内システムと安全に連携させるには? 脆弱性のつぶし方は?
モバイルアプリを開発する際に重要なのは、セキュリティだ。本稿ではコードレベルのセキュリティ確保や、バックエンドシステム/各種サービスとの接続時のセキュリティなどを取り上げる。(2018/2/26)

セキュアなモバイルアプリ開発の10大ベストプラクティス【前編】
“危険なモバイルアプリ”の開発者にならないための5つのチェックリスト
モバイルアプリを開発する際、最優先すべきなのはセキュリティの確保だ。本稿で紹介するヒントを参考に、モバイルアプリのセキュリティを厳密に確保することをお勧めする。(2018/2/21)

歯科医自身が「FileMaker」で構築
「全くの初心者だった」 歯科医が開発した補綴治療計画ツールに込める思い
恵愛歯科クリニックが「FileMaker Pro」で独自開発したソフトウェア「Owlview(アウルビュー)」。なぜ歯科用ソフトウェアを院長自身が開発したのか。工程や費用はどうだったのか。院長の杉原 新氏に聞いた。(2018/1/24)

IoTスマートハブラシと歯科医療がクラウド連携――サンスターと富士通から先進予防歯科サービス
サンスターと富士通は、IoTスマート歯ブラシ「G・U・M PLAY」と、歯科医院向けクラウドサービスを連携させた先進予防歯科サービスの提供を2018年1月31日から開始。日々の歯みがきの状況を踏まえた歯科指導により、患者の予防歯科行動を促進できるという。(2017/12/26)

医療機器ニュース:
IoTで予防歯科の啓蒙と促進を「入れ歯は確実に防げる」
富士通とサンスターグループ オーラルケアカンパニーはIoTスマート歯ブラシ「G・U・M PLAY(ガム・プレイ)」と歯科医院向けクラウドサービスが連携する先進予防歯科サービスを販売する。富士通の歯科医院向けクラウドサービスを利用する、日本の予防歯科における第一人者、日吉歯科診療所 理事長である熊谷崇氏が、予防歯科の意義や課題について訴えた。(2017/12/26)

「虫歯になってから歯医者に行く」は間違い 富士通らが提案する新しい歯科の使い方
「削って詰めて、削って詰めて……」という治療をなくすために、すべきこととは?(2017/12/25)

Gartner Catalyst Conference 2017レポート
これからのシステム構築で大切な3つの目標:正確性、廃棄可能性、自律性
Gartnerが2017年8月にIT担当者向けに開催した「Gartner Catalyst Conference」では、一風変わった物語仕立てのアプローチが取られ、デジタル社会の未来に向けてIT担当者が構築すべきものが示された。(2017/11/6)

スタジオカラー「龍の歯医者」劇場上映決定! Blu-ray発売は2018年1月24日に
スクリーンで見られる日が来るとは。(2017/10/20)

医療機器ニュース:
最適な歯磨きを実践できる歯磨き見守りサービスを発売
オムロン ヘルスケア、ミック、ハイミン・エンタープライズは、歯磨き見守りサービス「Curline」を共同開発し、2017年11月8日より発売する。歯科医が処方した磨き方を音波式電動歯ブラシに登録することで、最適な歯磨きを実践できる。(2017/10/19)

アプリ連動からソーシャル連携へ――スマート歯ブラシ「ソニッケアー」の最上位モデルを試す
フィリップスの電動歯ブラシ「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」は、スマホ連動型コネクテッドモデル。スマホと連携して磨き方のリアルタイムコーチングや成果記録などの機能を提供する。(2017/9/10)

医療機器ニュース:
子どもの睡眠不足や夜更かしを専門家に相談できるスマホアプリ
大阪大学は、幼児の睡眠習慣に関して、専門家に相談し、指導を受けられるアプリ「ねんねナビ」を開発した。スマートフォンやタブレット端末で使用でき、保護者にとって分かりやすい睡眠教育コンテンツ(動画)も作成した。(2017/8/28)

医療技術ニュース:
自分の歯が多く残っていると、健康寿命が2〜3カ月長くなる
東北大学は、高齢期に歯を多く保っている人は、寿命が長いだけでなく、健康で要介護の期間が短いということを明らかにした。(2017/7/14)

10秒のハンズフリーですぐ完了 くわえるだけで自動で歯を磨いてくれる電動歯ブラシが便利そう
クラウドファンディングで人気となっています。(2017/7/9)

「アイケア戦略」は奏功:
メガネスーパー、不振脱却への道は「IoT」と「M&A」
メガネスーパーが、2017年4月期の連結決算を発表。減益だったが、最終黒字に踏みとどまった。今後は「アイケア戦略」のほか、他の眼鏡店の買収・合併と、ウェアラブルデバイス「b.g.」の販売に注力していくという。(2017/6/21)

漫画家が至高の仕事場を完成させるも、どう見ても歯医者
猫さんもくつろぎたくなる快適環境。(2017/5/22)

歯医者のお姉さんがおっぱいを当ててくるのはなぜ?
よしちょっと歯医者行ってくる。(2017/5/3)

スタジオカラー「龍の歯医者」がNHK総合で放送 「サブタイトルは『イデオン』劇場版から付けた」小ネタ満載のスタッフニコ生も
NHK総合で2週連続放送。(2017/3/30)

菅田将暉、成田凌らがGReeeeNの10周年ライブの前座で「キセキ」を熱唱 「やばいね!」「一生忘れない景色」
映画「キセキ−あの日のソビト−」でGReeeeNを演じた4人で出演。(2017/1/8)

医師に聞く「意外なインフルエンザ予防法」
インフルエンザ予防法といえば、うがいや手洗い、マスク着用などが一般的ですが、近年、ちょっと変わったインフルエンザ予防の方法が発案されています。(2016/12/23)

NHKが3年連続で冬コミに参戦! 「薄い本」の表紙・裏表紙を絵師さんにお願いする本気っぷり
忍たま・おじゃる丸・ニャンボー・3月のライオンなど中身も盛りだくさん。(2016/12/12)

「(ヱヴァ)頑張っています」 カラー10周年記念展で庵野秀明が新作アニメ「龍の歯医者」についても語った
記念展が11月23日から11月30日まで、ラフォーレミュージアム原宿で開催中。(2016/11/22)

病院に横たわる不気味なロボットが治療中に「ハァ……ハァ」と荒い息遣い 福岡歯科大学で何が起こっているのか
病院で聞こえる「ハァ……ハァ」と荒い息遣い。その正体は……。(2016/10/18)

磨いた場所を検知、スマホでチェックできる電動歯ブラシ P&Gが発売
プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)は、電動歯ブラシ「ブラウンオーラルB」の最上位モデル「ジーニアス9000」を発表。磨いた場所を検知してスマートフォンで知らせる「ポジション検知機能」を搭載した。(2016/10/13)

唾液を郵送すると診断結果が届く 自宅で手軽に試せる歯ぐきの健康検査サービス
通信添削のように歯ぐきの健康度を診断して、歯周病の対策に。(2016/10/8)

「歯磨きイヤイヤ」をあっさり卒業!? 「ソニッケアー キッズ」を4歳児に使わせてみた
幼児期の“イヤイヤ”といえば歯磨きというくらい全国(万国)共通の悩み。わが家でも子供の歯磨きは悩みのタネだった。せめて毎日の歯磨き習慣だけでもつけさせてやりたいと思っていたところ、フィリップスから幼児でも使える電動歯ブラシが登場した。(2016/10/6)

曲がっているから奥歯の奥まで届く――オムロンヘルスケアの電動歯ブラシ新製品
オムロン ヘルスケアは、音波式電動歯ブラシ「メディクリーン」の新製品として、屈曲したヘッドが特徴の「HT-B315」を発売する。「奥歯の奥にまで届く」(同社)という。(2016/9/20)

持続可能な検定事業のために:
日本医師会監修の「日本健康マスター検定」が「モニプラ」を活用する理由
超高齢化社会を迎え「健康」がブームになる中、2017年にスタートする「日本健康マスター検定」がSNSマーケティングプラットフォーム「モニプラ」を全面採用した。その理由とは。(2016/9/19)

見よ! 働く大人の生き様を! 名刺交換から始まるMCバトル「社会人ラップ選手権」が激アツい
御社の調子はどーーーーう!!?(2016/9/6)

高井尚之が探るヒットの裏側:
顧客満足度1位 「リッチモンドホテル」が好調なワケ
ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、人気企業・人気商品の裏側を解説する連載。今回は売上高と稼働率を伸ばし続けるビジネスホテル「リッチモンドホテル」を読み解く。(2016/9/2)

ヱヴァから日本アニメ(ーター)見本市まで カラー10周年記念展が今秋開催
ラフォーレ原宿で11月23日からの開催が決定。(2016/8/31)

庵野に鶴巻に舞城……豪華制作陣による長編アニメ「龍の歯医者」がNHK BSプレミアムで放送決定
日本アニメ(ーター)見本市発!(2016/8/26)

海老蔵、金メダルみたいな髪色になる 「ブリーチしてみた笑 中学以来っす」
「ま、まつもとさんや! うっかりしてた笑」(2016/8/11)

マネーの達人:
歯医者の治療が長引く本当の理由とは
歯科を受診した際、ちょっとした治療のはずが何回も通わなければならない……そんな経験はありませんか? 今回は、歯科医での治療が長引く本当の理由をご紹介します。(2016/8/8)

科学のちからってすげー! レーザー光線でサビを取る動画が鮮やか&爽快
サビが一瞬にして焼き払われるこの快感。(2016/7/17)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
うまくいく人がしないこと
一流になるためには、一流がしていることをして、していないことをしなければいい。では何をしていないのだろうか。(2016/7/14)

そんなにあったの? 知っておきたい歯みがき法
実は、歯をもっと効果的にみがく方法があります。今の歯みがきをちょっと見直してみませんか?(2016/7/11)

そもそも音楽は反体制なのかどうなのか問題
「音楽に政治を持ち込むな」「そもそも音楽は反体制だ」──最近、音楽をめぐってこんな議論が交わされた。作家の堀田純司さんは、「音楽と反体制」を戦後史からひもとき、現在の世代との認識のズレを指摘する一方、コンテンツに「反体制」の兆しが現れつつあるのを見ている。(2016/7/8)

水曜インタビュー劇場(楽器公演):
少子高齢化もなんのその 島村楽器の業績が好調なワケ
少子高齢化なので、島村楽器の業績は厳しいだろうなあ……と思っていたら、店舗数・売上高ともに右肩上がり。好調な理由を聞いたところ、客商売の基本を徹底していることが分かってきた。(2016/6/22)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
正しい歯磨きが楽しく身につくスマート歯ブラシ「G・U・M PLAY」
スマート家電の可能性を語る上で「ヘルスケア」分野の製品を検証しないわけにはいかない。ということで、今回は日本を代表するオーラルケアブランドのサンスターから発売された“スマート歯ブラシ”「G・U・M PLAY」(ガム プレイ)に体当たりしてみよう。(2016/5/27)

寿司に野菜に楽器……リアルすぎる「おもしろ消しゴム」ってなんだ?
集めたい。(2016/5/16)

お口の健康、気にしてる?:
正しい歯磨きかセンサーで分析、スマホで表示 スマート歯ブラシ「G・U・M PLAY」登場
スマート歯ブラシでお口は健康になるのか? 発売会でサンスターの広報に直撃取材した。(2016/4/19)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。