ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「妊娠」最新記事一覧

「未婚の母でまだ未熟な私ですが」 浜田ブリトニー、38歳の高齢出産を乗り越え第1子授かる
ギャル時代が懐かしい。(2018/4/20)

パワハラ規制できるの? 「指導」との線引き難しく……「大山鳴動、ネズミ一匹出ない」 法制化困難
パワハラ防止のための報告書が厚生労働省の有識者検討会でまとめられた。一時は罰則を含めた法制化も取り沙汰されたが、企業側が抵抗。「大山鳴動して、ネズミ1匹すら出ない」。有識者からはそんな落胆した声も漏れた。(2018/4/20)

ニュースの深層:
パワハラ規制できるの? 「大山鳴動、ネズミ一匹出ない」 法制化困難
パワーハラスメント(パワハラ)を防止するための報告書が3月末、厚生労働省の有識者検討会でまとめられた。最近では女子レスリング内で指導者のパワハラが明らかになったり、先輩から繰り返し叱責された女性社員が自殺したりするなど深刻な問題だ。(2018/4/19)

マタフォトのベテラン? 熊田曜子、妊娠7カ月のぽっこりお腹に“愛のオーラ”があふれだす
何度見ても神秘的。(2018/4/16)

プリンセスの人物設定めぐり物議、「中絶、ビザ無し、組合労働者も……」 ディズニーに「多様性」を求める声の真実
「ディズニープリンセスが“多様性を反映していない”」とやり玉に挙げられ、米国で物議に。トランプ大統領の長男も議論に参加。さらに、英国ディズニーが「性別で給与を差別している」と騒ぎになり……。(2018/4/13)

「胎動ポコポコ」 妊娠8カ月の熊田曜子、“ぼよんっ”と跳ね上がるお腹を動画で公開
めっちゃ元気。(2018/4/10)

東尾理子、第3子の出産報告 壱成夫婦の授かり婚で「なんとも頭を使う家族構成に」
夫の石田純一さんは子どもと孫が同学年に。(2018/4/10)

ママになってもキュート 安田美沙子、熊田曜子、ほしのあきの“レジェンド”3ショットに驚きの声
青春を盛り上げたレジェンドなママたち。(2018/4/9)

「今年も自称ハタチと出産を頑張る」 浜田ブリトニー、“自称20歳”の誕生日を今年もお祝い(通算20回目)
大きなおなかをプリントした自称ハタチケーキも登場。(2018/4/7)

「今度こそはしっかりしなければ」 いしだ壱成、すでに妊娠の飯村貴子と再々婚へ
9日に結婚予定。(2018/4/7)

ITりてらしぃのすゝめ:
Facebook診断アプリに注意 情報流出の被害、友達にも 対策は
Facebook上で性格診断アプリを使ったユーザーと、その友人を含む5000万人の個人情報を不正に利用したとして、米国のデータ解析企業が話題になっている。サイバー攻撃でない形でもデータを不正に利用されるケースがあることに自覚的であるためには。(2018/4/4)

「妊婦さんかと思った」 新婚の菊地亜美、“妊娠”疑惑の写真に「まだ子どもはいません笑」
妊娠じゃないぞ、手がぶれてるだけだ。(2018/4/3)

産後1カ月とは思えない! 森下悠里、10キロ減でくびれくっきり美ボディーに近づく
1カ月で10キロ減ってすごいな。(2018/3/29)

「今度はトロフィー持って帰ってくる」 東尾理子の長男、初のゴルフ大会はトータル107で7位
キャディーは石田純一さんが務めました。(2018/3/29)

うぉぉ!? 電話ボックスが坂を登っていく! 坂の街長崎ならではの乗りもの「斜面移送システム」って何?
これはいい乗りもの。(2018/3/27)

みーんな笑顔! 菊地亜美、りゅうちぇる、ノラ、トレエン斉藤ら“新婚6ショット”が春の幸せオーラ祭
全員いい笑顔。(2018/3/22)

「立花彩乃と書いて、パッツン!」 榮倉奈々がドラマ「99.9」最終回で復帰、ネットに歓喜の声あふれる
出産後初のドラマ復帰。前髪ぱっつん再び。(2018/3/15)

「性か死か」勝てば種付け、負ければ食肉行き……過酷すぎる「種牡馬」の生涯 モテない馬はどうしてる?(後編)
夢の舞台は、数々の犠牲の上に成り立っている。(2018/3/11)

一発2億4000万円! オトコのお仕事「種牡馬」とは? 99%が童貞の「超格差社会」を勝ち抜いたエリート馬たちの世界(前編)
究極の勝負の世界。(2018/3/10)

不妊治療を乗り越えたきずな 保田圭、第3子妊娠の東尾理子とママ交流「生まれたら一緒に遊ばせられたら」
早生まれだと同級生になるかも。(2018/3/6)

「新しい命を授かりました」 佐々木希、第1子妊娠を自らの言葉で報告
出産は今秋を予定。(2018/2/28)

森下悠里、第1子女児を出産 わが子を見つめる2ショットを公開
2017年6月に一般男性と結婚していました。(2018/2/26)

“日本が知らない”海外のIT:
スマホで避妊をサポート 女性の健康を守る「Femtech」市場の可能性
女性のヘルスケアをITテクノロジーで解決しようという「Femtech」(フェムテック)という造語をご存知だろうか。Femtech市場の現状について、海外の事例を中心に紹介していきたい。(2018/2/26)

「感じたことのない新しい喜びと感動」 元体操の田中理恵が第1子出産
おめでとうございます。(2018/2/22)

きっかけは入院時に支えてくれた『ジョジョ』 とある育児漫画の激変ぶりが話題に 「何が起きた」「最初はほんわかしてたのに」
よーしよしよしよしよしよしよしよし(褒めて伸ばす)。(2018/2/22)

奈良・王寺町:
町民あ然、全面禁煙の施設屋上で町職員らこっそり喫煙
奈良県内で初めて庁舎敷地内の全面禁煙に踏み切った王寺町で、町役場と渡り廊下でつながる隣接の町施設の屋上にこっそり関係者用の喫煙スペースが設けられ、町職員らが行き来して日常的に喫煙していた。(2018/2/21)

「シングルマザーという道を選びました」 浜田ブリトニー、病をのりこえ第1子の妊娠発表
2013年に一般男性と婚約、2014年には解消していたブリトニーさん。(2018/2/20)

「いつまでも忘れないでいたい一瞬」 長友佑都、子どもに指を握らせた至福の写真でファンを癒やす
赤ちゃんでいる時間は一瞬。(2018/2/15)

“家事代行のイマ”を聞く:
家事代行サービスは「家事をしすぎている日本女性」を救えるか?
家事をしすぎている日本女性。家事の負担は社会進出が進む女性の“重石”となっている。対応策として期待されている「家事代行サービス」のイマをCaSyの加茂雄一CEOに聞いた。(2018/2/14)

好きをカタチにする行動力:
女子アナから働き方を変えた前田有紀さんがいま伝えたいこと
テレビ朝日のアナウンサーとして活躍した前田有紀さんは、入社10年という区切りの年に退社。そこからフラワーやガーデニングの世界に飛び込んだ。彼女自身の歩みを振り返りながら、いま、そしてこれからをじっくりと語ってくれた。(2018/2/13)

新妻聖子、第1子の妊娠5カ月を報告 「見守っていて頂けたら」
ブログで明かしました。(2018/2/11)

「4人家族になりました」 吉川ひなの、第2子出産報告ショットがまるで女神様
ママになっても美のカリスマ。(2018/2/9)

長友佑都、平愛梨の第1子出産を我が子の写真とともに報告 「この感動は一生忘れないでしょう」
3ショットも見たい!(2018/2/6)

「私たちらしいパパとママになっていけたら」 りゅうちぇるとぺこ、第1子妊娠を報告
現在妊娠5カ月とのこと。(2018/2/3)

「こんな日が自分に来るなんて」 押切もえのベビーシャワーに蛯原友里、山田優ら集結しゴージャスにお祝い
何だ? ここは桃源郷か?(2018/2/2)

常磐線で昼下がりに:
JR車内で女児出産 「本人」など続々ツイートの異例の展開に
電車内で突然女性が破水し、出産──千葉県内を走るJR常磐線の車内で起こった突然の出来事。(2018/2/2)

JR車内で女児出産も異例なら「本人」はじめ続々ツイートの異例の展開に
電車内で突然女性が破水し、出産――JRの車内で起こった突然の出来事。出産した女性を名乗るTwitterアカウントから居合わせた乗客らに感謝の投稿がなされるなど、異例の出来事は大きな反響を呼んでいる。(2018/2/1)

Over the AI ―― AIの向こう側に(19):
未来を占う人工知能 〜人類が生み出した至宝の測定ツール
今回は、統計処理技術についてお話します。え? 統計? それってAIなの?――そう思われた読者の方、確かにAI技術とは言えません。ですが、統計処理技術はAIの根底を成すものであり、これを知らないままでは、「英単語を知らずに英語を話そうとする」ようなものなのです。(2018/1/31)

愛川ゆず季、第一子妊娠を発表 「今のところ男の子っぽいね〜といわれました」
おめでとうございます!(2018/1/26)

医療機器ニュース:
産後うつや周産期のストレスを心拍測定で早期発見、「スマートテキスタイル」で
東北大学が企業と共同で、産後うつの研究向けに妊婦用スマートテキスタイルを開発した。ウェアラブル心拍センサーとフィルム状導電素材を使用し、圧迫感が小さく着脱しやすい自然な装着感と測定精度を両立する。(2018/1/26)

「美しすぎるママですね」 元AAA伊藤千晃、第1子のハーフバースデーに着物姿で華を添える
相変わらずかわいい。(2018/1/24)

男性の同意なく……:
野放図な「DNA親子鑑定」が危険
妊娠中の母親の血液から胎児と父親の親子関係をDNA鑑定する「出生前DNA鑑定」を行う業者が存在する。(2018/1/23)

父親が誰かで生まれる前に中絶可能 歯ブラシや吸い殻でOK、男性の同意なく……
妊娠中の母親の血液から胎児と父親の親子関係をDNA鑑定する「出生前DNA鑑定」を行う業者が存在している。子供の父親が誰かによって中絶を選ぶことが可能。「命の選択につながる」と規制の必要を訴える声も。(2018/1/22)

ウェアラブルEXPO:
「100回洗濯できる」生体データ計測ウェア 競走馬、高齢者の見守りにも
生体情報計測ウェア向けの素材「COCOMI」を開発する東洋紡が、同素材の競走馬や高齢者の見守りへの活用例を「第4回 ウェアラブルEXPO」で展示している。(2018/1/18)

世界を読み解くニュース・サロン:
海外で「児童婚」が問題に、日本はどうする?
最近、海外のメディアで「児童婚」のニュースをよく目にする。未成年者の結婚が問題になっていて、結婚年齢を引き上げる国が増えてきている。こうした動きに対して、日本はどうするのか。(2018/1/18)

スピン経済の歩き方:
モスバーガーが「創業以来の絶不調」である、もうひとつの理由
業界第2位のモスバーガーが苦戦している。「創業以来2度目の絶不調」とも言われ、あれが悪い、これが悪いとさまざまな敗因が取り沙汰されている。どれも納得のいく話であるが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。それは……。(2018/1/16)

ぽっこりお腹をなでなで 熊田曜子、第3子の安産祈願がメルヘンチックで幸せいっぱい!
かわいい子が生まれそう。(2018/1/13)

「ついに会えたんだね」 保田圭の出産に後藤真希、紺野あさ美ら元モー娘。メンバーが祝福
紺野あさ美さんは夫・小崎陽一さんとの思い出も投稿しています。(2018/1/10)

「妊娠したやろ?!」「しとるかぃ!!」 平愛梨、妊娠発覚は兄妹漫才がきっかけ?
これも兄妹愛?(2018/1/10)

ゴールデングローブ賞、黒づくめドレスで「TIME’S UP」と大盛況 陰では批判もちらり
翌日セクハラを告発された賛同者も。(2018/1/10)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。