ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「睡眠」最新記事一覧

ここで眠れば良いワン! 眠気に耐えられない赤ちゃんのベッドになってあげるワンコ
寝心地よさそう。(2016/5/28)

榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:
“ダメ会議”を変える7つのコツ
会議に集まったはいいが、参加者が内職や居眠りをしていないだろうか。したり……。そんなダメ会議から脱却するために押さえるべき「4つのフェーズ」と「7つの基本動作」を紹介する。(2016/5/24)

橘十徳の「自腹ですがなにか?」:
もう電車で寝過ごすのは嫌だ! キングジム「めざましイヤホン」を試す
今回紹介するのは、キングジムの「めざましイヤホン」。電車やバスに乗って居眠りをしても、設定した時間になるとイヤフォンの振動で時間を知らせてくれる。音が鳴らないので、周りに迷惑をかける心配も不要だ。(2016/5/23)

彼シャツみたいなぶかぶかパジャマの“寝起きもが”、週プレに降臨
うそみたいだろ、「一緒に二度寝しよ」とか言われてるんだぜ。(2016/5/23)

「カードキャプターさくら」のケロちゃんとスッピー お昼寝姿のぬいぐるみクッションが登場ですわ!
抱っこさせてくれるケロちゃん。(2016/5/19)

いしゃまち:
私をゆっくり眠らせて! 金縛りの正体
「金縛り」とは、レム睡眠に関連した現象で心霊現象ではありません。今回は、入眠時幻覚と睡眠麻痺について詳しくお話します。(2016/5/18)

着るだけでドライバーの眠気を検知する「hitoe」ウェア 産学連携で実証実験
着用すると心拍データを取得できる機能素材「hitoe」を活用し、ドライバーの眠気を検知・通知するシステムの実証実験が始まった。(2016/5/11)

快適な眠りをもたらすウェアラブルデバイス「2breathe」 その機能の秘密とは
ねむログが販売する「2breathe」は、入眠をサポートするウェアラブルデバイスです。これを使うと快適に眠れるというので試してみたところ、実際によく眠れました。その機能の秘密を、開発者に聞きました。(2016/5/11)

日本人は睡眠不足? 世界100カ国で最下位、米ミシガン大が発表
米ミシガン大学が100カ国の平均睡眠時間を調査。日本とシンガポールが7時間24分と、最も短いことが分かった。(2016/5/9)

突然死のリスクも……不眠にサヨナラするために読みたい記事5選
現代人にとって重要な睡眠。快適な睡眠には何が必要なのか? 寝具の選び方や睡眠の質を高める方法などを紹介します。(2016/5/3)

CES-ASIAで展示:
パイオニア、車載機器向け「眠気検知ユニット」を開発――次世代運転支援システムの開発に弾み
先鋒電子(パイオニア中国)は、清華大学蘇州自動車研究院傘下のベンチャー企業と共同で「眠気検知ユニット」を開発した。5月11日からのCES-ASIA(中国・上海)で展示する。(2016/4/25)

近未来の健康ガジェット:
いびき防止機能も搭載! 理想的な睡眠を支援するスマートなベッド「Balluga」
最近、睡眠の質を高めるデバイスなどが登場していますが、今回紹介するのはなんとスマートなベッドです。Kickstarterですでに目標を超える資金を調達済み。安くはありませんが、ほしいかも、と思えるベッドです。(2016/4/16)

テストして分かった高い安定性
徹底レビュー: iPad Proで試す「iOS 9.3」 「Night Shift」でぐっすり睡眠は本当?
Appleがリリースした「iOS 9.3」は、iOS 9.0以来の最も規模の大きいアップデートといわれている。どのような新機能が追加されたのか紹介する。(2016/4/16)

医療技術ニュース:
カルシウムイオンが睡眠と覚醒を制御する
東京大学は、神経細胞のコンピュータシミュレーションと動物実験を組み合わせることで、睡眠・覚醒の制御にカルシウムイオンが重要な役割を果たしていることを明らかにしたと発表した。(2016/4/7)

芹那、美脚に“ど根性ガエル”Tシャツを組み合わせたシュールな写真を披露
原因は睡眠不足?(2016/3/24)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「ウサギとカメ」の本当の教訓とは?――童話の教えを疑ってかかってみると、人生の本質が見えてくる
どうしてウサギはカメに負けたのか、あまりに有名な童話です。ウサギは油断して昼寝をし、カメはコツコツと歩みを進めてウサギを追い抜いた。しかし、これが思わぬ結果をもたらした本当の理由ではない。(2016/3/24)

医療技術ニュース:
睡眠時無呼吸を治療すると体重が増えるメカニズムを解明
京都大学は、睡眠時無呼吸症候群の患者が持続性陽圧気道によって治療を受けた後に、体重が増加するメカニズムを明らかにしたと発表した。治療後、基礎代謝量が低下することや、体重増減により関わるのは食行動の違いであることも確認した。(2016/3/22)

睡眠不足を感じているのは「経営者」より「一般社員」?
3月18日は「世界睡眠の日」。ねむログの調査で、睡眠不足に関する興味深い結果が発表された。(2016/3/17)

近未来の健康ガジェット:
脳波を測り、音で快適睡眠に誘うスリープトラッカー「Sleep Shepherd Blue」
単に睡眠の状態を記録するだけでなく、よりよい眠りをもたらしてくれる製品が、Kickstarterで支援者を募集しています。すでに目標額を大幅に上回る金額を集めているこの製品、どんな機能を持っているのでしょうか。(2016/3/6)

図書館で自習はダメ? 論争再燃 「居眠りは許されるのに」
地域の図書館で自習をするのは是か非か。古くて新しい図書館の“自習問題”が、大阪市天王寺区で再燃している。(2016/2/24)

PCやスマホの影響も 子どもの睡眠不足が深刻な理由
子どもたちの就寝時刻の遅さや睡眠時間の少なさが問題になっています。早く眠りやすい環境を整えてあげることが重要ですね。(2016/2/4)

「就寝時に息がしやすかった」――ダイソン、睡眠時の加湿器使用実態を調査
ダイソンは、同社の加湿器「Dyson Hygienic Mist」を用いた「睡眠時の加湿器使用実態」調査結果を発表した。モニター参加者全員が「室内の潤いを実感した」という。(2016/1/29)

理研、新たな「睡眠遺伝子」を発見
哺乳類の睡眠時間と覚醒時間の割合が一定に保たれている理由は、いまだ明らかになっていません。(2016/1/8)

Withings、電子ペーパーディスプレイを搭載した活動量計「Withings Go」を発表
Withingsが、電子ペーパーディスプレイを採用し、運動や睡眠の自動トラッキング機能を備えた活動量計「Withings Go」を発表しました。日本での発売は未定。(2016/1/6)

“ウェアラブル”の今:
第53回 MISFIT SHINE 2で睡眠を計測したら見えてきたこと
最近の活動量計の多くが、睡眠の状態を可視化する機能を備えている。MISFITの最新モデル「SHINE 2」は、ボタン電池で約半年動作する活動量計で、睡眠の自動計測機能を備える。1カ月ほど使って見えてきたことを紹介したい。(2015/12/23)

イケメン×寝起き×天気予報 「LINE LIVE」で斬新すぎる天気予報番組がスタート
美女の添い寝バージョンもあるよ。(2015/12/22)

眠れぬ夜に! コンビニで買える快眠アイテムはコレ
布団に入っても、なんだか目が冴えて眠れない……。そんなとき、ちょっと外に散歩に出て、コンビニにでも行ってみるのも一つの方法です。(2015/12/15)

眠らない国、日本――睡眠時間は先進国中最低レベル?
日本人の睡眠時間は世界でも少ないといわれており、近年減少傾向に。日本人の睡眠を知るために、都道府県別の睡眠時間ランキングなどをご紹介します。(2015/12/13)

ぬいぐるみがないと眠れない? 実は科学的にも効果アリ
ぬいぐるみを抱きしめながら寝るとなぜかスーッと眠れた……。そんな経験はありませんか? ぬいぐるみと睡眠には深い関係があるようです。(2015/12/11)

深夜3時以降でないと寝付けないあなた!「睡眠相後退症候群」かも?
「ちょっと最近、夜型生活が続いてるかも……」そんなあなたは要注意! 午前中にしんどさを感じていませんか?(2015/12/5)

敵を知り己を知ればおふとん危うからず:
PR:ふとんの大敵ダニはどこからやってくる? あのレイコップが調べた【10の事実】
快適な眠りを得るために知っておきたい、ダニとふとんにまつわる【10の事実】をレイコップで聞いてきた。(2015/12/4)

活動量計(アクティビティトラッカー)とは
腕や腰などに付けておき、日々の運動の量や睡眠の質などを自動計測してくれるウェアラブルデバイス、「活動量計」が各社から続々と発売されています。活動量計を使うとどんないいことがあるのでしょうか。(2015/12/2)

水木しげるさん訃報に漫画家ら著名人が追悼ツイート 睡眠も大切にする姿勢が「数多くの漫画家の命を救った」
手塚・石ノ森両氏に「睡眠をバカにしちゃあいけませんョ」と主張した水木さん。(2015/11/30)

JINS、スマホのブルーライトをカットする安眠対策眼鏡「NIGHT USE」
スマホのブルーライトをカットし、安眠を促進するという就寝前用の眼鏡「NIGHT USE」をJINSが発売する。(2015/11/18)

夜眠れない……アレを食べれば快眠できるかも?
「目がさえてしまい眠れない」「眠りが浅くて、すぐ目が覚めてしまう」そんなときは、食事で対処する方法もあります。(2015/11/10)

マスクも鼻栓もしなくていいんだ! いびきを軽減させるデバイスがクラウドファンディングで出資募集中
これで安眠できるぞー!(2015/11/9)

医療技術ニュース:
科学最大の謎の1つ、レム睡眠の役割を解明
筑波大学は、レム睡眠とノンレム睡眠の切り替えをつかさどる脳部位を発見し、レム睡眠を操作できるマウスを開発した。その結果、レム睡眠には、ノンレム睡眠中にデルタ波を誘発する役割があることが判明した。(2015/11/9)

冬季うつ病って何? 「眠気がすごい」「甘いモノが食べたい」は要注意
冬季うつ病の症状には、昼間のひどい眠気や甘いモノを異常に食べたくなるなどがあります。心当たりはありませんか?(2015/11/7)

不注意運転も、漫然運転も見逃さない:
漫然運転検知に「深層学習」、誤差は従来比1/3に
三菱電機は、直線走行時の漫然運転を検知する「漫然運転検知アルゴリズム」を開発した。居眠り運転や脇見運転に加えて、漫然運転も検知できるドライバーセンシングユニット(DSU)を2019年以降にも製品化する予定である。(2015/10/29)

24GHz電波でサングラス越しでも:
ドライアイ予防に効果? まばたき検知センサー
ソシオネクストは、慶應義塾大学と共同で、24GHz電波センサーモジュールを使った非接触型のまばたき検知センサーシステム(試作)を開発した。ディスプレイを凝視することなどで起こるドライアイの予防システムや、自動車の居眠り運転防止装置などへの応用を目指すという。(2015/10/20)

IFA 2015リポート:
デジタルヘルスケアの新潮流「睡眠トラッカー」の価値
歩数計などの機能を持つリストバンド型ウェアラブル端末「アクティビティトラッカー」は、主に肥満対策などのデジタルヘルスケアの用途で注目され、数多くの製品が販売されるようになった。そのデジタルヘルスケアの新たな潮流となっているのが、「IFA 2015」で数多くの製品が展示された「睡眠トラッカー」だ。(2015/10/15)

センサー付き眼鏡「JINS MEME」11月5日発売 リアルタイムに疲れや眠気を可視化 スポーツ・医療でも活用
目や体の動きをリアルタイムにトラッキングし、疲労度や眠気を示すセンサー付き眼鏡「JINS MEME」が11月に発売される。研究者、開発者とも広く連携し、活用を進める。(2015/10/14)

賢い人が皆「睡眠日記」を書く理由 記録&分析サイクルを回そう
不眠ぎみ、睡眠不足などで悩んでいる人は、「睡眠日記」をつけてみてはいかがでしょうか。実はこの睡眠日記、多くの賢い人たちが実践しているのです。(2015/10/12)

「寝る前の考え事」は危険? 睡眠過剰反応の罠
夜なかなか寝付けないとき無理に眠ろうとするとかえって眠れなくなります。そのメカニズムと対処法をご紹介します。(2015/10/9)

運転者の疲労度合いを見逃さない:
着座姿勢センサーで、居眠りなどの状態を検知
太陽誘電は、シートに座った状態でドライバーの異常な動作を検知できる着座姿勢センサーを開発した。アラーム警告などと連動することで居眠り運転などを防止することが可能となる。(2015/10/8)

音・光・香りで眠る:
モバイルバッテリーのcheero、睡眠導入ガジェット「Sleepion」発売
モバイルバッテリーで知られるcheeroが、新ジャンルの“睡眠導入マネージメント製品”「Sleepion」を発表。音・光・香りで質の高い眠りへといざなうという。(2015/10/8)

「寝ながら猫背」は危険? 快眠におすすめの姿勢はコレ!
猫背の寝姿は睡眠障害になりやすいといわれています。その根拠と正しい寝姿勢を紹介します。(2015/10/8)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
40歳を超えて不安な健康 でも、時間がない、酒も飲みたい人の抜け道
毎日運動をして食事に気をつけて十分な睡眠をとりましょう。そんなことができれば苦労はない、と思っている忙しい人にこそ知ってほしい抜け道がある。(2015/10/8)

寝るだけダイエット:
10キロ減の元ミス日本「睡眠変えたら人生変わった」
睡眠ダイエットの時代がやってきた?(2015/10/5)

寝付いてもすぐ起きちゃう人へ!「コンパクト睡眠」の秘訣
歳をとれば、誰でも必要な睡眠時間が短くなります。まだ早いとはいえ、準備は早いに越したことはありません。まだ20代〜30代のあなたも、今から、中途覚醒や早朝覚醒との上手な付き合い方を知っておきましょう。(2015/10/5)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。