ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「睡眠」最新記事一覧

司会を任せたい芸能人はあの人が1位:
会議中の「眠気」、どうすれば防げる?
会議の参加者が眠くなってしまう理由とは?――スリーエムジャパン調べ。(2016/12/1)

「寝るときに靴下」はNG! 「寝像が悪い」「いびきがうるさい」人が睡眠の質を上げるには
「寝相が悪い」「いびきがうるさい」そう指摘されている人は、睡眠の質が下がっている可能性が高いです。睡眠の質を上げるには、どんな寝相がいいのでしょうか?(2016/11/26)

平均睡眠時間が6時間未満の割合増加、主要因は就労時間と家事 厚労省が「国民健康・栄養調査」発表
若い世代ほど外食の利用頻度が高く、栄養バランスに課題があるとも。(2016/11/15)

「ポルコが理想の上司過ぎる」 “紅の豚”の名言「睡眠不足はいい仕事の敵だ」に共感する人が続出
ポルコさん、一生ついていきます。(2016/11/11)

ここがいいのっ! お昼寝にPCを独占するネコ
ネコにとってのキーボードとは。(2016/11/9)

なんというつまらなさ(褒め言葉) 眠くなる動画ばかり流すNetflix風サイト「Napflix」が睡眠導入に最適すぎる
退屈すぎてよく眠れそう。(2016/11/4)

そうだ、この感じだ…… あらがえない眠気を表現したイラストが実に的確と話題に
寝よう。(2016/10/21)

一緒の布団ですやすやお昼寝 アルパカぬいぐるみに寄り添うトカゲがまるで恋人
トカゲだってぬいぐるみに癒されたい時もありますよね。(2016/10/21)

「ガクッ」→「ガバッ!」 寝落ちから起きるオネムなダチョウの雛がかわいい
眠気と闘う姿もかわいい!(2016/10/16)

睡眠時間が最も短い都道府県は神奈川県 通勤・通学時間の長さが影響?
睡眠時間が最も短い都道府県は神奈川県――総務省調べ。(2016/10/7)

これで安眠だワン! ベッドをプレゼントされたアニマルシェルターの動物たちが幸せそう
見ているだけで癒される。(2016/9/24)

破壊力すごい(いい意味で) 無数の赤ちゃんパンダが集団お昼寝をする事案が発生しTwitter民悶える
一緒に寝たい。(2016/9/6)

「NeuroOn」や小型ドローンなどに注目! 参加型もの作りプラットフォーム「+Style」9月の新製品
ソフトバンクのユーザー参加型もの作りプラットフォーム「+Style」に9月に追加される新プロジェクト9つが新たに発表された。睡眠を改善する「NeuroOn」や手のひらサイズのカメラ付きドローンなどが面白そうだ。(2016/9/1)

シンプルかつ大胆とはこのこと……! 先生にバレずに居眠りする方法が天才的
見た目だけは完璧。見た目だけは……。(2016/8/30)

医療機器ニュース:
額に貼るだけで簡単に計測できるパッチ式脳波センサー
大阪大学は、冷却シートを額に貼るような感覚で容易に装着することができ、リアルタイムに脳状態を可視化できる、パッチ式脳波センサーを開発したと発表した。大型の医療機器と同等の計測精度で睡眠中の脳波をワイヤレス計測できる。(2016/8/29)

IoTデバイスの開発秘話(1):
富士通の居眠り検知センサー、なぜ耳たぶなのか
2016年1月に起こった軽井沢のスキーツアーバス転落事故以降、長距離高速バスや貨物自動車の安全対策が問題視されている。ドライバーの居眠り対策もその1つだ。そうした中で富士通は、居眠り検知のウェアラブルセンサーとして「FEELythm(フィーリズム)」の展開を始めた。FEELythmが面白いのは、腕でもなくメガネとしてでもなく、“耳たぶ”に装着することだ。なぜ、耳たぶを選択することになったのだろうか。FEELythmの販売推進に携わっている楠山倫生氏に話を聞いた。(2016/8/16)

頭を固定するという発想 車で座って安眠するための枕がクラウドファンディングで登場
帰省するときに欲しい。(2016/8/14)

「ネットに使う時間が睡眠時間より長くなっている」イギリスで調査結果発表 34%が「ネットからの離脱が困難」
一方で「デジタルデトックス」をする人も。(2016/8/8)

R25スマホ情報局:
睡眠状態を測定して「ねむり」を改善しよう
音声ガイダンスで睡眠へ導き、睡眠中の状態を検知して気持ちよく起こしてくれる「ねむり時間計」(2016/8/2)

豪タスマニア州、オスのオットセイが女子トイレでお昼寝 無事保護される
きっと疲れてたんだ……。(2016/7/29)

医療機器ニュース:
夜間巡回の作業効率を向上させる有機EL照明ナースライト
岡村製作所は、有機EL照明ナースライト「LunaCare」を発表した。看護師が白衣の襟元に装着しておけば、夜間巡回の際に柔らかい光が面で広範囲に発光し、就寝中の患者の睡眠を妨げずに確認作業ができる。(2016/7/27)

目覚まし時計のようにカーテンを自動で開くスマート家電が発売 太陽光による心地よい目覚めを提供
太陽光が睡眠ホルモンを抑えて脳がスッキリ。(2016/7/14)

寝起きのだるさにサヨナラ――スマホ連動型カーテン自動開閉機「mornin'」登場
ロビットは、世界初のスマートフォン連動型カーテン自動開閉機「mornin'」を発表した。太陽光による“心地よい目覚め”を体験できる新しい家電。発表会にはHKT48の指原莉乃さん、芸人の徳井義実さんが駆けつけた。(2016/7/13)

“うとうと”が慢性化している人へ 眠くならない昼食の食べ方
どうにかしたい午後の眠気。これは、昼食が原因で生じることもあります。午後のうとうとをなんとかしたい人へ、できるだけ眠くなりにくい食べ方をご紹介します。(2016/6/28)

夏の寝不足には原因があった! 夏と冬で変わる睡眠
寝苦しい夏は、冬とはちょっと「睡眠」が変化します。夏はより眠りやすくする工夫が必要になりそうです。(2016/6/24)

「ただの疲れ」は勘違い 日常生活困難になる「慢性疲労症候群」とは
激しい疲労感に微熱、頭痛、筋肉痛、睡眠障害などの症状を伴う「慢性疲労症候群(CFS)」という病気がある。一般的な検査では異常があらわれず、発見が遅れるケースが後を絶たない。(2016/6/22)

ヤフー社内に「仮眠スペース」新設 社外の人が利用できる仕事場も 移転にあわせ
ヤフーは本社の移転にあわせ、従業員がいつでも利用できる仮眠スペースや、社外の人も利用できるコワーキングスペースを設置する。(2016/6/21)

ASUS、脈拍センサー搭載の活動量計「ASUS VivoWatch」を6月24日に発売
ASUS JAPANは、歩数や移動距離、消費カロリー、脈拍、睡眠時間などを記録できる、腕時計タイプの活動量計「ASUS VivoWatch」を6月24日に販売開始する。(2016/6/21)

お昼寝すると食べられちゃうぞー! 魚に食われてるっぽい子ども用寝袋がキュート
かわいい子は魚に食われちゃう。(2016/6/20)

「お腹が空いた」は○○不足のサイン
「お腹が空く」理由は、実は1つではありません。時には、水分不足や睡眠不足のことも。的確な判断が必要です。(2016/6/20)

睡眠は体内酵素を増やすチャンス! 痩せる、免疫力UPの時間
よく「睡眠不足になると太る」といわれていますが、これは睡眠中に増える「体内酵素」が関係しているようです。(2016/6/17)

医療技術ニュース:
睡眠不足でも脳への刺激で記憶力を維持・向上できることを発見
理化学研究所は、睡眠不足でも、大脳新皮質を再活性化することで記憶力が向上することを発見した。学習直後のノンレム睡眠時におけるトップダウン入力が、記憶の定着に必要であることが分かった。(2016/6/16)

加古川中学校で”昼寝”を試験導入 学習意欲の向上などを意図、生徒から提案
14日から21日まで試験的に導入されています。(2016/6/15)

ドイツの大学に出没する「キャンパス・キャット」が癒し系すぎてキャンパス・ライフがねこねこしい
得意科目はお昼寝。(2016/6/12)

「居眠り」や「パニック」も……ドライバーの状態をAIで判定 オムロンが車載センサー開発
カメラの映像と独自のAI技術により、ドライバーの状態が安全運転に適しているかリアルタイムで判定する車載センサーをオムロンが開発した。(2016/6/8)

サバンナ高橋、睡眠時無呼吸の検査写真が圧倒的恐怖っ……
「やぁ! 睡眠時無呼吸だよ!」(2016/6/6)

ZMP RoboTest VR+:
実車とシミュレーターを用いた走行実験サービス、飲酒・居眠り運転のテストも
ZMPは、実車とドライブシミュレーターを用いた実車実験走行サービス「RoboTest VR+」の提供開始を発表した。(2016/6/1)

二度寝を完全防止! 普通じゃない“ガチ”目覚まし3選
睡眠の質は大切だが、きちんと起きることも重要。「1度寝たら起きられない」「すっきり目が覚めない」と悩む人は、"ガチ"な目覚ましを使ってみてはいかがだろうか。(2016/5/29)

ここで眠れば良いワン! 眠気に耐えられない赤ちゃんのベッドになってあげるワンコ
寝心地よさそう。(2016/5/28)

榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:
“ダメ会議”を変える7つのコツ
会議に集まったはいいが、参加者が内職や居眠りをしていないだろうか。したり……。そんなダメ会議から脱却するために押さえるべき「4つのフェーズ」と「7つの基本動作」を紹介する。(2016/5/24)

橘十徳の「自腹ですがなにか?」:
もう電車で寝過ごすのは嫌だ! キングジム「めざましイヤホン」を試す
今回紹介するのは、キングジムの「めざましイヤホン」。電車やバスに乗って居眠りをしても、設定した時間になるとイヤフォンの振動で時間を知らせてくれる。音が鳴らないので、周りに迷惑をかける心配も不要だ。(2016/5/23)

彼シャツみたいなぶかぶかパジャマの“寝起きもが”、週プレに降臨
うそみたいだろ、「一緒に二度寝しよ」とか言われてるんだぜ。(2016/5/23)

「カードキャプターさくら」のケロちゃんとスッピー お昼寝姿のぬいぐるみクッションが登場ですわ!
抱っこさせてくれるケロちゃん。(2016/5/19)

いしゃまち:
私をゆっくり眠らせて! 金縛りの正体
「金縛り」とは、レム睡眠に関連した現象で心霊現象ではありません。今回は、入眠時幻覚と睡眠麻痺について詳しくお話します。(2016/5/18)

着るだけでドライバーの眠気を検知する「hitoe」ウェア 産学連携で実証実験
着用すると心拍データを取得できる機能素材「hitoe」を活用し、ドライバーの眠気を検知・通知するシステムの実証実験が始まった。(2016/5/11)

快適な眠りをもたらすウェアラブルデバイス「2breathe」 その機能の秘密とは
ねむログが販売する「2breathe」は、入眠をサポートするウェアラブルデバイスです。これを使うと快適に眠れるというので試してみたところ、実際によく眠れました。その機能の秘密を、開発者に聞きました。(2016/5/11)

日本人は睡眠不足? 世界100カ国で最下位、米ミシガン大が発表
米ミシガン大学が100カ国の平均睡眠時間を調査。日本とシンガポールが7時間24分と、最も短いことが分かった。(2016/5/9)

突然死のリスクも……不眠にサヨナラするために読みたい記事5選
現代人にとって重要な睡眠。快適な睡眠には何が必要なのか? 寝具の選び方や睡眠の質を高める方法などを紹介します。(2016/5/3)

CES-ASIAで展示:
パイオニア、車載機器向け「眠気検知ユニット」を開発――次世代運転支援システムの開発に弾み
先鋒電子(パイオニア中国)は、清華大学蘇州自動車研究院傘下のベンチャー企業と共同で「眠気検知ユニット」を開発した。5月11日からのCES-ASIA(中国・上海)で展示する。(2016/4/25)

近未来の健康ガジェット:
いびき防止機能も搭載! 理想的な睡眠を支援するスマートなベッド「Balluga」
最近、睡眠の質を高めるデバイスなどが登場していますが、今回紹介するのはなんとスマートなベッドです。Kickstarterですでに目標を超える資金を調達済み。安くはありませんが、ほしいかも、と思えるベッドです。(2016/4/16)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。