ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「睡眠」最新記事一覧

ぎゅっとしてモフモフ! 夏目友人帳「ニャンコ先生」のお昼寝姿そのままのもっちりキュートなぬいぐるみが登場
どーだー! かわいくってもっちもちだぞ〜!(2017/6/26)

自然豊かな石垣島で暮らす猫たち 海が見えるテラスや木陰でスヤスヤとお昼寝中
ゆったりとした時間の流れを感じます。(2017/6/23)

岡井千聖、眠る鈴木愛理の美脚と恥じらいの表情をカメラに収める有能ぶりが称賛を浴びる
ハロプロ界の寝起きドッキリマスターになろう(提案)。(2017/6/21)

居眠り絶対できない 顔認識AIで授業中の集中度を数値化、仏ビジネススクールで導入開始
まぶたにマジックで目を描く作戦が通用するかは不明。(2017/6/24)

あのキャラに花束を:
寝るために頑張る人生があってもいい 『魔王城でおやすみ』スヤリス姫は“睡眠版”『孤独のグルメ』だ
欲しいものは救いじゃなくて「ハイテク入眠用酸素カプセル」。(2017/6/17)

勝手にサービスが復旧してくれる:
PR:インフォバーンの情シスがAWSの監視を気にせず安眠できるようになった理由
Webサーバを安定運用するには監視が必要だが、監視ツールを利用した場合、通知はされるがその後の対応は運営側がやる必要がある。通知で深夜にたたき起こされ、業務に当たった経験のあるインフラエンジニアは多いはずだ。ところが、インフォバーンの情シス担当は、そんなことは気にせず安眠を手に入れたという。その秘訣を聞いた。(2017/6/1)

熟睡したいなら口にテープを 「神薬」候補が群雄割拠
短い睡眠時間でも、せめてぐっすり眠りたい――小林製薬は今春、睡眠時に口にテープを貼ることで安眠を期待する新商品を発売し、次なる“神薬”にしたいと意気込む。(2017/5/30)

眼電位から眠気を推定する技術も:
たった60秒で精神状態を見透かす映像処理技術
東芝情報システムは「運輸・交通システムEXPO 2017」で、顔や頸部の微妙な振動から感情を読み取る技術や、眼球の動きから眠気を検知する技術など、飛行機やバス、電車などの事故や事件を未然に防ぐための技術を出展した。(2017/5/30)

モビルスーツ気分ですやすや 腕に装着すると「ズゴック」みたいになれる枕でお昼寝したい
強そう。(2017/5/27)

眠りも谷間も深い? 天木じゅん、寝起きすっぴん写真で紳士の妄想をかき立てる
ナイスシチュエーション(ゴー☆ジャス風に)!(2017/5/23)

ロボットを高齢者住宅に導入、NTTデータなど実験 食欲・睡眠など効果検証
高齢者の生活改善などに役立つかを検証。2017年度中をめどに、新しいコミュニケーションロボットの商用化を目指す。(2017/5/17)

Apple、睡眠トラッカーメーカーを買収
MACお宝鑑定団が買収の理由を推測している。(2017/5/11)

乗務員の睡眠改善を支援するシステム、JR西日本が導入
センサーで乗務員の睡眠状態を計測し、睡眠改善を支援するシステムをJR西日本と富士通が共同開発。2017年度中に乗務員が所属する全職場に導入し、睡眠改善による乗務の質の向上とさらなる安全を目指す。(2017/4/20)

JR西、乗務員の「睡眠の質」改善へ センサーで分析 富士通と共同開発
睡眠状態を分析し、睡眠の質を改善するアドバイスを行うシステムを、JR西が乗務員向けに導入する。(2017/4/19)

桜の下にはネコが寝ているにゃん 桜のつもったネコちゃんに心ぽかぽか
お昼寝中の背中に桜吹雪。(2017/4/18)

スポーツ向けウェアラブルセンサー「CALM.」登場 心肺の動きを監視し過剰な負荷を警告
睡眠の質の向上や、心身のリラックスに役立てられる機能も。(2017/4/16)

経済損失は約3.5兆円!! 寝ることは大切なビジネススキル
「Fitbit Alta HR」の発表会で、日々の睡眠不足がいかに経済的損失を招いているか、睡眠時間の確保が生産性向上や無駄なコスト削減にいかに貢献するのか、という驚きの指摘がなされた。(2017/4/14)

介護・看護業界へ:
睡眠状態を可視化するシート状センサー 凸版が開発
凸版印刷が、利用者の睡眠状態を解析するシート状センサーを開発。介護・看護業界への導入を見込む。(2017/4/5)

「盗撮する気や」狙われるチアリーダー 捜査員はカメラの「赤いランプ」を見逃さなかった
居眠りしているように見えた男、実は……。(2017/3/30)

頭への刺激で入眠をサポートする「睡眠用たわし」誕生 高い速乾性や通気性も
今後、たわし派が増えるかもしれない。(2017/3/27)

職場に感じるストレス度、心拍から判定 ダイキン工業など実証実験
職場環境や睡眠状態とストレス度の関係を明らかにするという。(2017/3/22)

経営トップに聞く、顧客マネジメントの極意:
「ぐっすり眠れる」ホテルの追及によって、顧客満足度を高めるスーパーホテル
快眠に徹底的にこだわり満足してもらうことでリピーターを増やしている。顧客の声を拾い上げる仕組み、21世紀のホテルのあり方とは。(2017/3/22)

3月18日は睡眠の日! プロが教える「寝る前儀式」とは?
寝る前30分〜1時間の間にもうけたいリラックスタイム。照明や音楽、アロマなどを取り入れて、寝つきをよくする方法をスリープアドバイザーに伺いました。(2017/3/18)

「糖尿病に睡眠薬」……「ガッテン!」で医療現場混乱、NHKあわてて謝罪も、「コラーゲン特集」にも疑義
NHKが、「ガッテン!」の内容の一部について放送から1週間足らずでスピード訂正&謝罪した。息の長い人気番組で何が起きたのか。(2017/3/14)

「たけのこの里+スマホ」→「たけのこフォン」登場 たけのこの里を無料で大量発注できるスマートフォン
開発担当者「睡眠時間は毎日きっちり8時間、寝る間も惜しんで、考えてまいりました」。(2017/3/9)

Fitbit、「Alta HR」を150ドルで発売へ 心拍計追加で睡眠追跡機能も強化
Fitbitが活動量計ブレスレット「Fitbit Alta」の新モデル「Fitbit Alta HR」を3月に149.95ドルで発売する。“世界一薄い心拍計”と謳っている。心拍計を追加したことで、心拍計と機械学習技術により、精度の高い睡眠解析機能も提供するとしている。(2017/3/7)

GACKTの寝起き動画がセクシーすぎ! 豊満な“雄っぱい”にも注目が集まってしまう
一流芸能人は寝起きも一流。(2017/3/2)

NHK「ガッテン!」が公式サイトで謝罪 「糖尿病に睡眠薬が効く」と放送した件で
「混乱を招いてしまった原因はご出演して頂いた専門家ではなく番組にあります」としている。(2017/2/27)

「糖尿病に睡眠薬が効く」? 「ガッテン!」の特集で炎上 製薬会社は「推奨しない」とコメント
番組を見たという患者さんがさっそく処方を求めるケースも。(2017/2/24)

IoTデバイスの開発秘話(6):
0.4mmフィルムを組み込むIoTマットレスの挑戦
睡眠の質を向上するIoTマットレス「MOORING」が登場した。睡眠は人生の3分の1、約26年間もの時間を占めているという。MOORINGは、組み込んだPP電圧フィルムから身体反応を取得し、人工知能も活用することで、万人に共通する睡眠の質改善として有効な“温度”を調節する。(2017/2/24)

寝ちゃダメだ! 寝ちゃダメだ! 眠気に耐えるゴールデンの子犬がかわいい
うと……うと……うーん、眠いよう。(2017/2/18)

ポカポカ日和にみんなでぐっすり 日の光を浴びて集団お昼寝するカピバラ
一緒に寝たい。(2017/2/15)

医療機器ニュース:
健康経営支援を目的とした睡眠改善ソリューションの共同開発を開始
パナソニック ソリューションテクノロジーとニューロスペースは、健康経営支援目的の睡眠改善ソリューションの共同開発を開始した。2017年4月に睡眠改善プログラムを基にしたeラーニングコンテンツを商品化する予定だ。(2017/2/15)

京急電鉄、快特の“居眠り運転”で謝罪 一時的にうとうと、乗客の問い合わせで発覚
昼すぎの8両編成、特に遅れや事故等は発生していません。(2017/1/31)

京浜急行、居眠り運転で謝罪 「全乗務員への指導を徹底」
京浜急行の運転士が、乗務中に居眠りをしていたことが判明。乗客からの指摘で発覚したという。(2017/1/31)

電子ブックレット:
富士通の居眠り検知センサー、なぜ耳たぶなのか
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、富士通が“耳たぶ”に取り付ける居眠り検知のウェアラブルセンサーとして展開する「FEELythm(フィーリズム)」を紹介します。(2017/1/29)

こんなに癒される寝顔があったか! 幸せ気分になれる警戒度ゼロのお昼寝ワンコ
かわいすぎでしょ!(2017/1/26)

公園で居眠りするケーシィを起こした結果【みんなのポケGO写真】
寝たまま超能力が使える器用なポケモン。(2017/1/25)

専門家に聞く 寝る前に飲むと「質の高い睡眠」が得られる飲み物
睡眠の質を上げるために、寝る前に飲むのにおすすめのドリンクを睡眠の専門家に教えてもらいました。(2017/1/15)

ピースサインの“新八”菅田将暉、居眠りする“神楽”橋本環奈 福田監督が実写「銀魂」のオフショットを公開
橋本環奈さんは寝顔流出に「このバカチンが!!」。(2017/1/11)

父親にも「産後うつ」――スマホ見ると妻に怒られ、睡眠削って奮闘も文句言われ……
子育てに積極的な男性「イクメン」がもてはやされる中で、“イクメンブルー”に陥る父親が増えている。(2017/1/6)

猫耳パーカー&肉球クッション入り! 猫グッズだらけの福袋がフェリシモ猫部から登場ニャ
そのクッションでお昼寝したいニャ。(2016/12/9)

司会を任せたい芸能人はあの人が1位:
会議中の「眠気」、どうすれば防げる?
会議の参加者が眠くなってしまう理由とは?――スリーエムジャパン調べ。(2016/12/1)

「寝るときに靴下」はNG! 「寝像が悪い」「いびきがうるさい」人が睡眠の質を上げるには
「寝相が悪い」「いびきがうるさい」そう指摘されている人は、睡眠の質が下がっている可能性が高いです。睡眠の質を上げるには、どんな寝相がいいのでしょうか?(2016/11/26)

平均睡眠時間が6時間未満の割合増加、主要因は就労時間と家事 厚労省が「国民健康・栄養調査」発表
若い世代ほど外食の利用頻度が高く、栄養バランスに課題があるとも。(2016/11/15)

「ポルコが理想の上司過ぎる」 “紅の豚”の名言「睡眠不足はいい仕事の敵だ」に共感する人が続出
ポルコさん、一生ついていきます。(2016/11/11)

ここがいいのっ! お昼寝にPCを独占するネコ
ネコにとってのキーボードとは。(2016/11/9)

なんというつまらなさ(褒め言葉) 眠くなる動画ばかり流すNetflix風サイト「Napflix」が睡眠導入に最適すぎる
退屈すぎてよく眠れそう。(2016/11/4)

そうだ、この感じだ…… あらがえない眠気を表現したイラストが実に的確と話題に
寝よう。(2016/10/21)

一緒の布団ですやすやお昼寝 アルパカぬいぐるみに寄り添うトカゲがまるで恋人
トカゲだってぬいぐるみに癒されたい時もありますよね。(2016/10/21)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。