ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「リアルタイム」最新記事一覧

CAEニュース:
周波数応答解析を分かりやすくするCAE「MSC Apex Fossa」
エムエスシーソフトウェアがリリースした新製品「MSC Apex Fossa」の新機能で、特に注目したいのが「周波数応答におけるパラメータスタディ」だ。従来のツールでは直感的に分かりづらかった周波数応答の結果データを、1画面にまとめて、3Dデータやグラフを交えて分かりやすく表現することが可能だ。パラメータの修正はリアルタイムで結果に反映できる。(2016/12/1)

電気自動車:
リチウムイオンの挙動を捕捉、蓄電池の高性能化へトヨタが新手法
トヨタ自動車は、リチウムイオン電池が充放電する際に電解液中を移動するリチウムイオンの挙動を、実際の製品の使用環境・条件でリアルタイムに観察できる手法を開発した。リチウムイオン電池の高性能化に向けた研究開発に寄与するもので、世界初の手法だという。(2016/11/28)

電気自動車:
電池を分解せずに電解液中のリチウムイオン挙動観察に成功、トヨタが世界初技術
トヨタ自動車は、リチウムイオン電池が充放電する際に電解液中を移動するリチウムイオンの挙動を、ラミネートセルのままリアルタイムに観察する手法を開発した。X線を透過させにくい重元素を含む電解液を使用することにより、放射光X線でリチウムイオンの濃度を撮影できる。(2016/11/25)

省エネビル:
西日本の空調機を広域無線で接続、ダイキンがIoTサービス創出へ実証
ダイキン工業とNTT西日本は広域無線通信の1つである「LPWA」と空調機を接続する実証試験に着手する。空調機と常時接続を行うことで、稼働状態や屋内外の空間情報をリアルタイム監視を行えるようにする。技術検証を進め、IoTを活用した将来の新サービスの創出につなげたい考えだ。(2016/11/24)

Googleマップ、お店の“リアルタイム”の「混雑する時間帯」を表示
Googleマップに以前からあるレストランやショップの「混雑する時間帯」に、リアルタイムの混雑具合が表示されるようになった。(2016/11/22)

情報化施工:
遠隔操作でもショベルの手応えを伝達、次世代建設ロボットを開発
東北大学、大阪大学などの研究グループは新しい建設ロボットの実験機を開発した。遠隔操作でもショベルの感覚をオペレーターに伝える技術や、ドローンを活用した俯瞰映像のリアルタイム生成など、さまざまな新技術を導入している。(2016/11/21)

会社の個室トイレ利用状況をリアルタイム確認できるアプリが登場 待ち時間なくもっと効率的に働ける
全ての企業戦士たちに捧ぐ……。(2016/11/17)

Googleが画像をリアルタイムで高画質にする新技術発表 機械学習をもとに画像を高速処理
そのうちねとらぼの記事の画像も、よりキレイに見せられるようになるかも?(2016/11/16)

「Google Play Music」に機械学習採用プレイリストやオフライン再生機能強化
Googleの音楽サービス「Google Play Music」のローリングアウト中のアップデートで、ユーザーの行動に合わせたプレイリストがリアルタイムで表示されるようになる。例えば通勤中、勉強中、ランニング中など向けのプレイリストを機械学習によって提示する([設定]でのオプトインが必要)。(2016/11/15)

FAニュース:
生産設備でエッジコンピューティング、リアルタイム解析対応の後付けモジュール
ジェイテクトは、生産設備データを収集や蓄積、解析を実現するエッジ型解析モジュール「TOYOPUC-AAA」を開発した。エッジコンピューティングによるリアルタイム解析に対応し、特別なソフトがなくても生産設備の情報を見える化できる。(2016/11/15)

池澤あやかとミライを試そう!:
2020年に超臨場感のあるパブリックビューイングを!  池澤あやかがNTTの「研究開発センター」に潜入
あの巨大なNTTの研究開発センタに、ギーク女優・池澤あやかが潜入! そこで見た“超臨場感リアルタイム伝送技術”に一同驚愕! 「疑似3D」と共演した池澤あやかの反応は…? ニコニコ超会議の話題をかっさらったあの技術を大解剖!(2016/11/12)

Facebook、ライブ動画をリアルタイムで加工できる「Caffe2Go」発表
Facebookは、Prismaなどのアプリで知られる画像加工機能「スタイルトランスファー」をリアルタイムのストリーミング動画に適用するディープラーニングプラットフォーム「Caffe2Go」を発表した。iOSおよびAndroid版公式アプリで利用できるようにする計画だ。(2016/11/9)

デジタルマーケティング関連商品を体系化:
富士通、リアルタイムマーケティングを支援する「eXperience Data Platform」の提供を開始
富士通は、顧客起点のリアルタイムマーケティングを実現するソリューション「eXperience Data Platform」の提供を開始した。(2016/11/8)

ジャパンセミコンダクター/マルティスープ:
半導体製造業務のムダを削減! 屋内測位技術を活用した、人・モノ・設備のリアルタイム監視システム
ジャパンセミコンダクターは、マルティスープが提供する屋内位置情報ソリューション「iField indoor」を採用。「モノ」「設備」の情報に、新たに「人」の情報を加え、これらリアルタイム情報を工場図面上に表示できる「M3 Vision モニター」を構築し、大分事業所で運用を開始した。(2016/11/7)

【速報】巨大不明生物、蒲田駅付近に上陸 「シン・ゴジラ」の世界をリアルタイムに体感できる実況Twitterアカウントが始動
まだ映画を見てない人は閲覧注意。(2016/11/3)

「一風堂」を運営する力の源HD、予算管理クラウドで経営情報を一元管理
ラーメン専門店「一風堂」の運営を手掛ける力の源ホールディングスが、予算管理クラウドを導入。複雑化する予算管理の効率化と店舗・セグメント別のリアルタイムな損益情報の把握を実現した。(2016/11/2)

異常が起こる20分前にAIが予測 加速する「スマート工場化」
成長が期待されるIoT市場。特に成長が期待されているのが製造業の分野だ。工場内のあらゆる機器をネットワークに接続し、品質や状態を詳細かつ、リアルタイムに把握(予測)することで生産性を高める「スマート工場化」の取り組みが加速している。(2016/11/1)

車載、産機向けSoC発表:
Intel、IoTを巡ってARMと対決
Intelがこのほど、自動車、産業機器市場向けのリアルタイム性能を備えた新SoCを発表したことで、ARMとのIoT(モノのインターネット)の市場を巡る戦いが激化しつつある。(2016/10/31)

日本オラクル/三菱重工航空エンジン Oracle Java Cloud Service:
製品不具合や納期遅延をリアルタイムに把握できるサプライヤー向けポータルサイトを構築
日本オラクルは、三菱重工航空エンジンがサプライヤー向けポータルサイト構築にクラウド型Javaアプリケーション開発・実行基盤「Oracle Java Cloud Service」を採用したことを発表した。(2016/10/31)

群衆行動解析技術を強化:
大規模群衆の混雑度と人の流れ、高精度に予測
NECは、防犯カメラの映像を解析することで、数万人規模の混雑度と人の流れを、高い精度でリアルタイムに推定、予測する技術を開発した。同社が行った実証実験では、10分後の混雑状況を20%以内の誤差精度で予測することができた。(2016/10/26)

複数人が同時に話してもリアルタイムで聞き分け集音 東芝が新技術
複数の人が同時に話しても、話者ごとに聞き分けて集音できる技術を東芝が開発。(2016/10/25)

レオパレス21、賃貸物件にクラウド型防犯カメラサービスを導入
レオパレス21は賃貸物件にNECのクラウド型防犯カメラサービスを導入した。クラウドに収集・蓄積した映像を遠隔からリアルタイムで確認できる。(2016/10/25)

福岡市、LINEと協定 防災・子育て情報など配信強化
LINEと福岡市がアプリ「LINE」を行政情報配信サービスに生かす協定を締結。防災や子育てなどの情報をリアルタイムで受け取れる仕組みづくりを目指す。(2016/10/24)

KDDI、VRによるリアルタイム遠隔海外旅行サービス「SYNC TRAVEL」を期間限定で提供
KDDIとナビタイムジャパンは、VRを活用したリアルタイム遠隔海外旅行サービス「SYNC TRAVEL」を期間限定で提供する。(2016/10/20)

VRでリアルタイム海外旅行「SYNC TRAVEL」 現地ガイドの360度カメラ目線で
VR HMDを使って、海外旅行の映像をリアルタイムで楽しめるサービス「SYNC TRAVEL」を、KDDIが2日間限定で提供する。(2016/10/20)

車載ソフトウェア:
自動運転に必要なセンサーデータや地図情報を一元管理、応答時間は100分の1に
日立オートモティブシステムズと日立ソリューションズは、自動運転ECUプラットフォームを開発した。センサーや地図情報などのデータを一元管理するリアルタイムデータベースを設けることにより、従来のようなアプリケーションごとに組み込むデータ処理/管理プログラムが不要になる。(2016/10/20)

ドコモ、通話の内容をテキスト表示する「みえる電話」トライアルサービスを提供開始
NTTドコモは、通話相手の発話内容をスマートフォン上でリアルタイムにテキスト表示する「みえる電話」をトライアルサービスとして提供開始。2017年度以降に本格商用化を目指す。(2016/10/19)

通話内容、リアルタイムにテキスト化 「みえる電話」ドコモが試験提供
耳の聞こえづらい顧客向けに、通話相手の発話内容をテキスト表示する「みえる電話」のトライアルサービスをドコモが始める。(2016/10/19)

自動運転ECUとSDKを提供、アプリ開発を効率化:
日立、リアルタイムDBを備えた自動運転システム向けプラットフォームを開発
日立オートモティブシステムズと日立ソリューションズは、自動運転車向けのECUを共同で開発。リアルタイムデータベースを搭載しており、データ検索時間を従来の100分の1に短縮した。(2016/10/19)

コインパーキングの空き状況がリアルタイムで分かる――駐車場をIoT化した「Smart Park」
コインパーキングがなかなか見つからずにイライラ……。そんな状況から解放されるかもしれない新サービス「Smart Park」が発表された。センサーで把握した満空状態を、スマートフォンのアプリから確認できる。(2016/10/18)

2016年秋にサービス化、都内オフィスビルなどへ販売:
CTC、オフィスビル向け「IoTトイレ」を開発 空き状況をスマホで確認
伊藤忠テクノソリューションズは、トイレの空き状況をリアルタイムに確認できる「IoTトイレ」を開発した。2016年秋から主にオフィスビル向けに販売する。(2016/10/18)

製造業IoT:
今一番ホットなIoT活用サービスはトイレ!?
伊藤忠テクノソリューションズが、トイレにセンサーを設置してリアルタイムに個室の空き状況を確認できるクラウドサービス「IoTトイレ」を開発。ユニアデックスも同様の機能を持つIoT(モノのインターネット)の活用シナリオ「スマートトイレルーム」を発表しており、今後はIoT活用サービスとしてトイレが最もホットな場所になるかもしれない。(2016/10/18)

FM:
トイレの空き状況がすぐ分かるIoTサービス、CTCが開発
伊藤忠テクノソリューションズは、トイレにセンサーを設置し、スマートフォンなどからリアルタイムに個室の空き状況を確認できるクラウドサービス「IoTトイレ」を開発した。2016年秋をめどに東京都内のオフィスビルのオーナーや管理会社向けに販売する。(2016/10/18)

オフィスのトイレの空き状況、PCやスマホで確認「IoTトイレ」 CTCが発売へ
オフィスビルのトイレの個室の空き状況を、PCやスマートフォンからリアルタイムに確認できるクラウドサービス「IoTトイレ」をCTCが開発。秋から販売する。(2016/10/17)

医療技術ニュース:
缶コーヒーを飲むとストレスが低下? 清涼飲料水を飲んだ後の気持ちの変化を可視化
慶應義塾大学は、独自の脳波測定システムを用いることで、清涼飲料水の飲用前後における「気持ち(感性)」の変化をリアルタイムに数値化することに成功した。(2016/10/14)

医療技術ニュース:
画像評価を用いたiPS細胞のリアルタイム品質管理技術を開発
名古屋大学は、iPS細胞などのヒト多能性幹細胞の培養工程で、画像情報を用いて細胞の品質を管理・評価する技術を開発した。培養中の細胞を破壊せず、リアルタイムに品質評価ができる。(2016/10/13)

非接触センサー:
イスに座るだけ、心拍・呼吸をピタリと測定
生体から発する微細な振動を検知するシート型センサーを凸版印刷が開発した。イスの座面やベッドのマットレスの下に置くだけで、心拍や呼吸などの生体情報をリアルタイムで取得できることが特長だ。薄いシートを加工するフィルムコンバーティング技術を応用して製造、大量生産時のコスト低減を狙えるという。(2016/10/13)

電子ブックレット/エネルギー管理:
IoTが変革するエネルギーの世界
エネルギー産業において、さまざまなモノとインターネットがつながるIoTの仕組みを活用する事例が増えてきた。住宅や地域の電力使用状況をセンサーで計測して、インターネットでリアルタイムにデータを収集して分析できる。火力発電所の運転監視にもIoTの応用が始まる。(2016/10/12)

ISID/ローム/ラピスセミコンダクタ SynapSensor:
屋内稼働する作業車の位置や稼働状況をリアルタイムで見える化するシステム
電通国際情報サービス(ISID)、ローム、ラピスセミコンダクタの3社は、共同開発を進めているIoTインフラ「SynapSensor」を用いて、屋内稼働する作業車の位置/稼働状況などをリアルタイムで“見える化”するシステムのプロトタイプを開発したことを発表した。(2016/10/12)

NTTドコモがCEATECで展示:
AI×人口統計でタクシー需要をリアルタイムに予測
NTTドコモは「CEATEC JAPAN 2016」(2016年10月4〜7日、千葉・幕張メッセ)で、AIを活用してタクシー利用の需要をリアルタイムで予測する技術を展示した。人口統計や気象データなどのデータを、多変量自己回帰と深層学習を使って解析して情報を抽出し、「30分後、都内のどのエリアにおいてタクシーの需要が増すか」を予測する。(2016/10/7)

AIで都市監視や駐車管理、富士通が自社技術でソフト製品
富士通は、AI技術とスーパーコンピュータ技術を活用した都市監視や駐車管理のソリューションを販売した。市街地や施設内に設置された監視カメラ映像を分析し、都市全体の見守りもリアルタイムに実現するという。(2016/10/4)

リアルタイム脅威分析に生かせるSIEMの条件とは
“役に立たないSIEM”をつかまされないための「3つの選定ポイント」
セキュリティ情報を収集、分析する「SIEM」製品をリアルタイムの脅威分析に十分に生かすには、適切な製品選びが不可欠だ。注視すべき3つの選定ポイントを伝授する。(2016/10/4)

DJI、折りたたみカメラドローン「Mavic Pro」を税込み11万9800円で発売へ
GoProの「Karma」に続き、DJIが折りたためるコンパクトなカメラドローン「Mavic Pro」を発表した。価格は税込み11万9800円とKarmaよりやや高いが、ジェスチャーで自分を追尾させる機能やカメラ視点でリアルタイムの映像を楽しめるゴーグル(別売)などが楽しめる。(2016/9/28)

車載半導体:
ARMの最新リアルタイムプロセッサ「Cortex-R52」、自動運転車の機能安全を実現
ARMは、高度な安全機能が求められる自動車や医療機器、産業機器向けとなるプロセッサコア製品「Cortex-R52」を発表した。既に、STMicroelectronicsが、車載分野で高度に統合したSoC(System on Chip)を開発するためライセンスを取得済み。デンソーもCortex-R52の投入を歓迎するコメントを発表している。(2016/9/28)

自律走行に必要なリアルタイム性能も実現:
高度な安全機能を備えた「ARM Cortex-R52」
ARMは、次世代の自律走行システムなどの用途に向けたリアルタイムプロセッサ「ARM Cortex-R52」を発表した。「ARMv8-Rアーキテクチャ」を採用した最初のプロセッサとなる。(2016/9/23)

東急電鉄、駅構内の様子をネット配信するサービス開始 混雑状況をリアルタイムで確認できる
構内の様子を画像で、1分置きに更新。プライバシー保護のため来場者はアイコンに置換される。(2016/9/16)

情報化施工:
位置情報とカメラ映像が連動、現場管理を低コストに実現
凸版印刷は現場作業員の氏名や位置などの識別情報と、カメラ映像を使った作業者管理システム「BLE/NVR監視サービス」を開発した。センサーで自動取得した位置情報と監視カメラの映像を組み合わせ、誰が何時にどこにいたのかをリアルタイムに管理できる。従来型のシステムより導入コストを50%抑えられるメリットもあるとしている。(2016/9/16)

ヤマハが“AI演奏システム”用いたコンサートを開催 今は亡きピアノの巨匠がよみがえる
マイクとカメラで共演者の演奏をリアルタイムに分析。(2016/9/7)

9月8日午前2時から! Appleのイベントをチェックするならここを見よう
Appleが、日本時間の9月8日午前2時から、「iPhone 7」などを発表するとみられるイベントを開催します。リアルタイムで発表内容をチェックしたいなら、ここで紹介するWebサイトを確認するのがお勧めです。(2016/9/7)

情報化施工:
「着る」生体センサー、現場作業者の安全管理に活用
現場作業者の健康・安全管理の効率化に向け、ウェアラブル端末を活用するサービスが続々と登場している。東レは着用型の生体センサーを利用した「hitoe 作業者みまもりサービス」の提供を開始した。遠隔地からリアルタイムに作業者の心拍数や心理的安定度、転倒の有無などを確認できるサービスだ。(2016/8/30)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。