ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「金融」最新記事一覧

「タックスヘイブンはもう古い」と金融のプロは笑った 租税回避とマネーロンダリングの主流はいま
「悪事を隠す方法はいくらでもある」――金融のプロは、パナマ文書以上に深い闇を語り始めた。(2016/5/18)

不正送金関与のマルウェアに注意、金融機関のデータベースから痕跡隠す
金融機関のデータベースから不正送金の痕跡を隠すマルウェアが横行しているとして、国際銀行間金融通信協会(SWIFT)が注意を呼び掛けた。(2016/4/27)

CTC&HPE 仮想化エキスパートが提言:
PR:「インダストリー4.0」を見据え──今、なぜ「OSとアプリケーションの分離」が叫ばれているのか
社会一般において情報セキュリティに対する意識が年々高まる中、官公庁や金融機関は「インターネット分離」によって、外部ネットワークと内部ネットワークを切り離すなど、積極的にセキュリティ対策に取り組んでいる。同様の姿勢は「インダストリー4.0」といったキーワードの下、社会全体の注目を集める製造業をはじめ、各業種にも求められるが、営利組織にとっては「攻めと守りの両立」が大前提。今、それを実現する新しいアプローチとして注目を集める「アプリケーション分離」について、二人のエキスパートに話を聞いた。(2016/4/20)

PR:ミャンマー国家プロジェクトの金融システムでは、なぜ「手のひら静脈認証」が選ばれたのか?
内部犯行や標的型攻撃による情報漏えい事件は後を絶たないが、「セキュリティ強化」は事業継続に関わる重大な経営課題である。ミャンマーにおける金融システム立ち上げの国家プロジェクトと、そこで採用された富士通の手のひら静脈認証技術から「真に使えるIT」を考える。(2016/4/14)

特集:FinTech入門(7):
銀行APIの公開で便利で面白い金融サービスは生まれるか――12の多彩なアイデアが完成度を競ったFintech Challenge 2016
三菱東京UFJ銀行は、FinTechをテーマとしたハッカソンイベント「Fintech Challenge 2016 “Bring Your Own Bank!”」を開催した。この記事では、ハッカソン最終日に行われた12チームによるプレゼンテーションの概要と、審査結果をレポートする。(2016/4/6)

今さら聞けない「FinTech」の基礎知識:
第7回:中小企業を救う融資サービス、FinTechで続々 弱者の味方に
決済と並んでFintechサービスが最も賑わいを見せているのが融資の分野。この領域では、金融機関をめぐる環境の大きな転換点となったリーマンショックの反省を糧にしたさまざまなサービスが登場している。(2016/4/4)

シャープに追加金融支援を 鴻海が主力行に要請
鴻海がシャープの主力取引銀行に追加的な金融支援を求めていることが分かった。主力行は応じるかどうか検討している。(2016/3/9)

特集:FinTech入門(6):
金融庁はFinTech革命にどう向き合うのか?――新たな決済サービス、キャッシュマネジメントサービス、電子記録債権、XML電文、国際ローバリュー送金、そして規制改正
金融とITの融合によって多様で革新的な金融サービスを生み出す原動力になると期待されるFinTech。FinTechは日本の金融システムに何をもたらそうとしているのか? 1月20日に開催された「BINET倶楽部セミナー」では、金融庁総務企画局企画課で企画官を務める神田潤一氏が「日本におけるFinTechの活性化に向けた金融庁の取り組み」と題して講演を行った。(2016/3/2)

宅配サイト「出前館」の創業者を相場操縦疑いで強制調査 証取監視委
証券取引等監視委員会が、日本最大級の宅配サイト「出前館」創業者の男性らの関係先を金融商品取引法違反(相場操縦)容疑で強制捜査した。(2016/2/29)

IBM InterConnect 2016 Report:
ブロックチェーンが抱える課題と可能性とは? IBMフェローに聞く
金融取引の仕組みを大きく変えるとして注目される「ブロックチェーン」に米IBMも本格進出を始めた。同社における取り組みやその狙いとは何か。(2016/2/25)

BIANの仕様に準拠:
日本IBMが「FinTech共通API」の提供を開始
日本IBMは、金融機関に向けて「FinTech共通API」の提供を開始する。残高情報などをAPIコールで呼び出せる仕組みだ。(2016/2/24)

「SmartCoin」のOrbが参加:
オリックス、静岡銀行らがブロックチェーンでNTTデータらと共同研究
NTTデータなど5社は、ブロックチェーン技術を活用した新たな金融サービスの開発に向けて共同研究を開始する。(2016/2/23)

銀行業界、フィンテック戦略加速 「マイナス金利政策」で普及後押し
 銀行業界で金融とITを融合した「フィンテック」の取り組みが加速している。(2016/2/23)

スマホ決済三つどもえ:
中国スマホ簡単決済「QQ」「WeChat」「Alipay」続々上陸
爆買いブームを背景に、IT企業ネットスターズは、中国ネット大手テンセントホールディングスのグループ会社で金融事業を手掛ける「テンペイ」と提携。スマホアプリを用いた決済サービス「QQ Wallet」の日本での提供を始めた。(2016/2/23)

特集:FinTech入門(5):
FinTech時代の到来で日本の金融システムはどう変わるのか?――銀行グループ改革と金融規制の在り方を問う
金融とITの融合によって多様で革新的な金融サービスを生み出す原動力になると期待されるFinTech。FinTechは日本の金融システムに何をもたらそうとしているのか? 1月20日に開催された「BINET倶楽部セミナー」では、日本総合研究所の副理事長で金融審議会の臨時委員を務める翁百合氏が「FinTechの現状と日本の金融システム」と題して講演を行った。(2016/2/23)

JPXはIBMとHyperledgerで、みずほはISIDらとAzure上で:
JPX、みずほがブロックチェーン技術の実証実験を開始
証券、金融取引でブロックチェーン技術適用の可能性を探る動きが日本国内でも。JPXはOSSの分散台帳フレームワークで、みずほフィナンシャルグループはAzure BaaSで検証を行う。(2016/2/16)

美人社長の愛読書は「ナニワ金融道」 取り立て屋から学んだ、怖いけどためになるお金の話
紹介してくれた松元理美さんは、ヨガインストラクター&経営者として活躍中。(2016/2/6)

負け組にならないための新技術
技術オタクだけが知っている「ブロックチェーン」の可能性、“スマート契約”とは?
ビットコインの基盤として使われている「ブロックチェーン」技術だが、金融業界と法務処理の形を大きく変える可能性があるという。(2016/2/4)

財務省・金融庁サイトにサイバー攻撃か アクセス障害相次ぐ
財務省と金融庁は、Webサイトが1月31日深夜からつながりにくくなっていることを明らかにした。「DDoS(ディードス)攻撃」の可能性が高いとみて調査を続けている。(2016/2/1)

PR:「金融業のクラウド化は危険」という時代は終わった――金融大手オリックスが「Office 365」を選んだ理由
これまで「クラウド化が難しい」といわれてきた金融業界に変化の波が起こっている。大手金融系企業のクラウド導入が相次いでいるのだ。業界でもトップクラスのセキュリティ要件が求められるこの業界で、なぜ、クラウドが認められるようになったのか。オリックスの事例から探ってみよう。(2016/2/1)

15カ国から167件の申し込み:
ブロックチェーンの実証実験に取り組む国内企業20社の社名が公開、その利用用途とは
mijinクラウドチェーンの無料βプログラムを発表していたテックビューロが、申し込み企業と実証実験の目的などを公表した。15カ国、167件の内訳を見ると、金融以外にも多様な用途で検討されていることが分かる。(2016/1/29)

中国「シーコノミクス」の中身って? 日本の事例研究、経済策も「借用」か
世界的な金融市場の動揺の震源となっている中国。2015年の成長率が25年ぶりの低水準に減速した経済を政府は今後どうかじ取りするのか。(2016/1/25)

即席!3分で分かるITトレンド:
【図解】コレ1枚で分かる「FinTech」
金融ITの分野で、お金にまつわるさまざまなサービスを生み出し、注目を集めている「FinTech」。その概要を4つのビジネス分野に整理しながら解説します。(2016/1/25)

ホワイトペーパー:
オープンソースの戦略的活用が金融サービスを変える
金融サービス機関は、オープンソースソフトウェアを戦略的に活用することで、効率化、技術革新を推し進めて市場優位に立つことができる。そのためには、セキュリティや運用上の課題の解決が急務となる。(2016/1/25)

教えて、マイクロソフトさん:
PR:金融、医療系企業に認められるクラウドサービスの条件は
医療系や金融系の企業は、取引先や社内コンプライアンスの観点から他の業界に比べて特に「クラウド化が難しい」といわれています。それはどのような理由によるもので、どの課題が解決すればクラウド化に踏み切れるのでしょうか。 (2016/1/25)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
FinTechは金融だけ? なぜ異業種も目の色を変えるのか
「FinTech」という文字だけ見れば金融業界の話題に思えるが、実際にはあらゆる業種が参入を狙っている。その理由をひも解いてみたい。(2016/1/22)

セキュリティのアレ(9):
「フィッシング」の手口、お見せします
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第9回のテーマは、金融機関などをかたり金銭を窃取しようとする「フィッシング」です。今回は実際のフィッシングを模したデモもお見せします!(2016/1/22)

自然エネルギー:
バイオガス発電で食品リサイクルへ、1日80トンの廃棄物から940世帯分の電力
毎日大量に発生する食品廃棄物を利用したバイオガス発電所の建設プロジェクトが静岡県の牧之原市で始まった。総工費18億円をかけてバイオガス発電設備と食品廃棄物の中間処理施設を建設する計画だ。地元の金融機関を中心に全額を民間企業が融資して、地域ぐるみで食品リサイクルに取り組む。(2016/1/21)

特集:FinTech入門(3):
ブロックチェーンは「取引コストゼロ」の世界を実現しようとしている
本特集では金融業界がFinTechでビジネスを拡大するために必要な技術要件を浮き彫りにし、一つ一つ解説していく。今回は、FinTechの潮流の中で、特に注目を浴びているキーワード「ブロックチェーン」についてのセミナーの模様を紹介する。その応用分野は狭義の「金融」にとどまらない。流通やヘルスケア、音楽、ゲーム、さらには「契約」全般など、幅広い可能性を秘めたブロックチェーンの可能性を探る。(2016/1/22)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
剣の極意から学ぶビジネス規範――ポジティブシンキングで「驚懼疑惑」を克服する
エネルギー分野や運輸・交通分野、都市開発、復興支援、グローバル展開など、日本の未来づくりを支援する日本政策投資銀行。金融力による未来のデザインを支えるIT戦略とは。(2016/1/20)

CD不況を予測、音楽を証券化 先見の人だったデビッド・ボウイ 死去で注目集める意外な功績
10日に死去した英ロック歌手、デビッド・ボウイさん。金融ビジネスの分野でも先駆的な存在だったとして、その功績が改めて注目を集めている。(2016/1/18)

特集:FinTech入門(2):
FinTechの要はAPI公開――公開側、利用側、ソリューション提供側が語る、その実践ノウハウとは
本特集では金融業界がFinTechでビジネスを拡大するために必要な技術要件を浮き彫りにし、一つ一つ解説していく。今回は、「API公開・活用・管理」について、マネーフォワードや住信SBIネット銀行、日本IBMの取り組みなどを紹介。日本におけるAPIビジネス拡大の今後を占う。(2016/1/13)

メガバンクを中心にIT投資は拡大:
国内の金融IT市場は堅調、IDCジャパンが最新市場予測を発表
IDCジャパンが、国内金融IT市場について最新予測を発表。前年比成長率は0.6%と堅調で、特にメガバンクは3.0%と強めを予想した。金融機関は積極的なIT活用を模索しており、FinTech企業との連携を強化する大手金融機関が増加するとした。(2016/1/8)

特集:FinTech入門(1):
FinTechとは何か? エンジニア、金融業に、不可欠となる技術要件は何か?
「FinTech」が社会一般の注目を集めている。この一大トレンドの中、「決済」をはじめ、あらゆる金融サービスに利便性を求める人々の強いニーズが、今エンジニアたちの創造力を開花させようとしている。(2016/1/6)

Adobe Marketing Cloudベースのソリューションとサービスを提供:
アクセンチュアとアドビ、提携拡大し北米および欧州でのデジタルマーケティング変革を推進
アクセンチュアとアドビシステムズは、北米および欧州のライフサイエンス、ヘルスケア、金融サービスの事業者向けにデジタルマーケティングソリューションを開発・提供するために提携を拡大すると発表した。(2015/12/24)

次世代WANネットワーク技術「SD-WAN」の真価を見る
数千拠点規模で採用! 拠点WANコストを劇的に削減するセキュアSD-WANの衝撃
ビジネスの拡大に伴いWAN環境の運用管理の煩雑さや回線・運用コストに悩む企業が後を絶たない。そんな中、多数の拠点を抱える製造・小売・流通・金融業を中心にWANの新技術が注目されている。その秘密に迫る。(2015/12/24)

不正送金マルウェア「Rovnix」に新手口、偽画面で追加情報を盗む
国内の金融機関を狙うために攻撃手法がカスタマイズされているという。(2015/12/17)

銀行のライバルはITベンチャー? 「フィンテック」で金融サービスはどう変わるのか
金融とITを融合した新しいサービス「フィンテック」が脚光を集めている。金融機関の“聖域”に飛び込むITベンチャーは「銀行にとって最強のライバル」になりつつある。(2015/12/9)

技術論だけでは普及できない背景
DevOpsは「文化」、金融業界のリーダーが語るIT雇用の変化
パブリッククラウドやコンテナ技術、マイクロサービスなどの普及はIT雇用にも影響を及ぼしつつある。企業はスタックについて総合的に考えるDevOpsチームの構築を目指している。(2015/11/20)

野村総合研究所が選択したDB基盤:
PR:金融機関向けSaaSに必要な三つの要件。Oracle Exadataはどう応えたか
金融機関のミッションクリティカルな業務で利用されるクラウドサービスには、当然ながら可用性やパフォーマンス、災害対策などを高いレベルで実現することが求められる。これらの要件を満たしたサービスを提供する野村総合研究所では、国内銀行業界で高いシェアを誇る金融機関向けSaaS「BESTWAY/JJ」のデータベース基盤に「Oracle Exadata」を採用した。[プライベートクラウド/データベース統合][パフォーマンス改善][Engineered System](2015/11/13)

電力供給サービス:
小売電気事業者に石油最大手のJX、オリックスや三井物産も登録
家庭向けに電力を販売できる小売電気事業者の登録数が早くも50社を超えた。石油元売り最大手のJX日鉱日石エネルギーをはじめ、金融大手のオリックス、総合商社の三井物産が11月6日に審査を通過した。再生可能エネルギーの電力を中心に販売する事業者の登録も増えている。(2015/11/6)

家計の金融資産、前年比27万円増の1209万円
金融広報中央委員会は11月5日、「家計の金融行動に関する世論調査」(2人以上世帯)を発表した。(2015/11/5)

IBM「Watson」が、あなただけの“ソムリエ”になる
医療や金融など、さまざまなビジネス分野で活躍しているIBMの認知型テクノロジー「Watson」。APIを公開することで、今後は多くの人にWatsonを使ったアプリを開発してもらう狙いがある。IBMがその先に見ているのは、ビジネスに「コグニティブ」が適用されるのが“当たり前”となる世界のようだ。(2015/10/28)

イベントレポート:
PR:金融業界からも高い期待が集まる電子サインソリューションとは?
契約書やクレジットカード決済などの署名時に、従来のような紙とペンではなく、電子的なサインをする機会が増えている。そのリーディングカンパニーであるワコムのソリューションを紹介しよう。(2015/10/28)

三井、明治安田の生保2社 キヤノンMJ開発のSFAを導入
キヤノンMJがSalesforceを活用した金融機関向けの法人営業支援システムを新たに開発し、三井生命と明治安田生命が先行導入している。(2015/10/21)

Deep-Learningによる自動取引アルゴリズム生成:
米AlpacaDBがDeep-Learningを使った金融プラットフォームを開発へ
Deep-Learning技術による画像認識プラットフォームを展開してきたAlpacaDBが、資金調達に成功し、金融系の事業領域に本格進出する。(2015/10/19)

あらためてセキュリティパッチの適用を:
日本のネットバンキング利用者を狙い、金融庁装うフィッシングサイトに誘導するマルウエア
セキュリティ企業のESETとキヤノンITソリューションズは2015年10月16日、 日本のインターネットバンキング利用者を狙い、金融庁を装ったフィッシングサイトに誘導するマルウエアに注意を呼び掛けた。(2015/10/16)

金融庁の偽サイト攻撃、脆弱性悪用で成人向けサイトから誘導か
偽サイトは金融庁や検察庁になりすましており、攻撃ではネット銀行のユーザーも標的にしている。成人向けサイトから誘導される恐れがある。(2015/10/16)

金融庁をかたるフィッシングサイトに注意 個人情報は入力しないよう注意を呼びかけ
偽サイトについてフィッシング対策協議会が注意を呼びかけています。(2015/10/16)

金融庁を名乗る偽サイト出現、「情報入力をしないで」
なりすましサイトでは「秘密の質問」の答えを入力させようとする。(2015/10/16)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。