ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

セキュリティ対策 に関する記事 セキュリティ対策 に関する質問

「セキュリティ対策」最新記事一覧

ストレージの利用状況に関する読者調査
読者はストレージをどう活用し、何に悩んでいるか? 調査が示す最新トレンド
TechTargetジャパンは2014年8月、「ストレージの利用状況に関する読者調査」を実施した。調査結果からは企業のストレージ利用状況が明らかになった。(2014/10/20)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】企業のWebサイトセキュリティ対策に関するアンケート調査
本調査は、セキュリティ製品/サービスの導入に関与する方を対象に「Webサイトセキュリティ対策」についてお伺いします。社内システムではなく、社外向けWebサイトのセキュリティ対策を対象とします。(2014/10/20)

実トラフィックが語る「セキュリティ脅威の真実」【第3回】
「Heartbleed」の脅威を正しく回避する7つの対策
企業では、SSL暗号化通信をするアプリはどれくらい使われているのか。OpenSSLの脆弱性「Heartbleed」に対処する方法とは。調査結果を交えて詳細に示す。(2014/10/20)

ITPro EXPO 2014:
SDN+SIEMで標的型攻撃を検知し隔離する、NTTデータが開発
NTTデータは「ITPro EXPO 2014」に合わせ、SDNを活用してマルウェアに感染した端末の検出を迅速に行えるようにする新技術を披露した。2015年度にソリューション化し、販売する計画だ。(2014/10/17)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
「当社をサイバー攻撃してくれないかなぁ」 コスパ企業の担当者が漏らした本音
セキュリティ分野の仕事をしていると、しばし経営者から「今期の情報セキュリティの実績はどう?」と聞かれる。経営視点での評価軸は1つだけではないはずだが、なぜか数字だけで考える経営者は少なくない。(2014/10/17)

ITpro EXPO 2014 レポート:
なるほどこんな方法も──“声”を消す、「人間のセキュリティ脆弱性」対策
セキュリティ対策で穴になる「人間の脆弱性」。作業ミスに由来する脅威は深刻だが、会議室での会話を盗み聞きされ──こんな穴もありえる。ヤマハが独自の音響技術を取り入れたスピーカー型「盗み聞き」対策機器に、“なるほど。そういえばこんな方法もあった”と注目を集めていた。(2014/10/16)

犯罪者に手の内を知られずネットの不正行為を検出、RSAがツールを大幅強化
オンラインバンキングやECサイトの膨大な訪問者の中から不正行為を検知するための分析ツールをサイト運営者向けに提供する。(2014/10/16)

仕事で使うPCやタブレットの管理、社内で手に負えなくなっていませんか
PC、スマホ、タブレットにWi-Fiルータ……。社内で管理するIT機器は増え続け、それを管理する情シススタッフの負担も増える一方だ。“もういいかげん、手におえない”という企業は、機器の調達から運用管理、不具合発生時の対応、廃棄までのライフサイクル管理をアウトソースするという選択肢もある。(2014/10/16)

巧妙化する標的型攻撃に効率的に対処するポイントとは
「標的型攻撃対策はサンドボックスだけで十分」は大きな誤解だった?
今なお増加を続ける標的型攻撃対策として、“切り札”だと見なされている技術が「サンドボックス」だ。サンドボックスに「死角」はないのか。標的型攻撃の動向とともに確認してみよう。(2014/10/20)

「ネットワークセキュリティ製品」を使い倒すには【第6回】
「アンチウイルスが死んだ」今、職場のネットワークをどう守るべきか?
脅威の多様化やスマートデバイスの普及などが、ビジネスの現場を支えるキャンパスネットワーク(大規模LAN)のセキュリティ対策に変革を迫る。対策に不可欠な3種の要素を示す。(2014/10/15)

Piston OpenStackはどう違うか:
PR:「OpenStackは難しくない」を製品にするとこうなる
OpenStackを難しく考えればきりがない。結局のところこれはITインフラをツールとして使えるようにするための技術。アプライアンス的な製品で、サクッと仕事に生かそう!(2014/10/15)

Androidブラウザの脆弱性は日本が高リスク
Lookoutによれば、AOSP版ブラウザに存在する同一生成元ポリシー回避の脆弱性の影響は日本のユーザーが最も多く受けるという。(2014/10/14)

“失敗覚悟”の多角展開 LINEは「生活×エンタメ」密着のプラットフォームで世界一目指す
LINEの事業戦略発表会で、森川亮CEOは「生活」と「エンタメ」の両軸プラットフォームとしてLINEを成長させていくことを発表。うわさされている上場については明言を避けた。(2014/10/14)

ホワイトペーパー:
誤送信事故と情報漏えい事件の実例から分析する、メールセキュリティの具体策
「他人宛のメールを受け取ったことがある」従業員は49.0%──。実際に起こったメールの誤送信事故と情報漏えい事件の分析と、従業員への意識調査から、事件・事故の特徴とメールセキュリティの具体策が浮き彫りになった。(2014/10/14)

低コストで高度な防御を実現
マルウェアの回避行動も見抜く「一枚上」の次世代型サンドボックス
新たな脅威としてセキュリティ担当者の頭を悩ます「標的型攻撃」。対策に有効とされてきたツールも万能ではないことが分かり、より強固なツールが求められる。限られた予算の中で効果的な投資を行うための最適解は?(2014/10/9)

セキュリティ対策の抜け道になる「1日限定サイト」
セキュリティ会社が調査したWebサイトの71%は1日足らずで消滅し、コンピュータに感染したマルウェアとの通信手段などに使われているという。(2014/10/10)

Symantecが会社分割、国内体制は当面維持
2015年末をめどに、コンシューマ向けを含むセキュリティ分野と、バックアップなど情報管理分野の2つの事業会社を設立する。(2014/10/10)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2014年9月版:
ShellShockに管理者はショック! パスワード定期変更の議論どころではない?
2014年9月はまた、大きな大きな脆弱性に振り回されました。その裏では、セキュリティクラスターのみんなが大好きなあの議論も……(2014/10/10)

そのセキュリティ製品、“あの製品”で代替できるかも?
「投資ゼロ」でもセキュリティ対策はここまでできる
セキュリティ対策はセキュリティ製品を導入しないとできない――。本当にそうだろうか。一般的なネットワーク製品の機能を生かせば、セキュリティ製品に余計な投資をする必要はないかもしれない。(2014/10/10)

IPA、不正アクセスの兆候を検知する無償ツールを公開
Webサイトの脆弱性を突いて行われる不正アクセスの兆候を検知する機能を搭載した「iLogScanner」の新バージョンをリリースした。(2014/10/9)

仕事耕具:
撮って5秒で完全デジタル化、商談共有もOK――そんな名刺管理サービス、試してみたくない?
名刺の管理もデジタル化もめんどくさい……。そう思っている人に朗報! スマホで撮って最短5秒で“修正いらず”の名刺データが得られ、商談情報の共有が可能なうえに比較的安価な名刺管理サービス「CAMCARD BUSINESS」が登場した。(2014/10/9)

現金引き出しを可能にするATM感染マルウェアが見つかる
ATMにこのマルウェアを感染させると、不正に現金を引き出すことが可能になるという。(2014/10/8)

松岡功の時事日想:
「次」の情報セキュリティ──私たちは、何を考えるべきか
昨今多発している「情報漏えい事件」、これは人ごとではない。モバイル機器の普及と次なるIoT化──。では、私たちは「次の情報セキュリティ」で何を考えればいいのか。情報セキュリティの最新トレンドと将来展望を、セキュリティ大手米マカフィー幹部の話をもとに考察する。(2014/10/8)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
サイバー攻撃は現実の脅威――ヤフーだけが特別ではなくすべての会社が対象
「第31回 ITmedia エグゼクティブセミナー」の基調講演に、ヤフー 社長室 リスクマネジメント室 プリンシパルである高元伸氏が登場。「セキュリティリスクをどう管理する その対策は何故するのか」をテーマに講演した。(2014/10/8)

PR:グローバル市場を狙うパイオニアVCが選んだIBM SoftLayerの魅力とは?
製造・文教市場を中心に多数の顧客を抱えるパイオニアVCは、10月にビジュアルコラボレーションの新サービス「xSync(バイシンク) Prime」をスタートさせた。同社はサービスの提供基盤にIBMのクラウド・サービス「IBM SoftLayer」を選定、ビジュアルコラボレーションという新分野でのグローバル市場でナンバーワンを目指すという。幾多のIaaSサービスの中で、IBM SoftLayerがなぜ選ばれたのだろうか。(2014/10/8)

歴史的事件から考える:
内部不正による情報漏えいを減らす方法は?
企業や組織の関係者による機密情報の漏えいは非常に対策が難しいといわれる。最近でも教育サービス企業から大量の個人情報が持ち出される事件が起きたばかりだが、このリスクにどう対処すべきか。情報セキュリティ業界の専門家が議論を交わした。(2014/10/7)

「あらやだ、こんなに小さいの?」:
インテル、富山の大収穫祭でCore M搭載2in1をアピール
海の幸に山の幸、そして、ブラックラーメンが主役のイベントにインテルがCore Mを引っさげて参戦した。(2014/10/6)

青少年のインターネット・リテラシー上昇 総務省が調査結果発表
スマートフォンの保有やスマートフォンからのネット利用の割合が高まっている。(2014/10/1)

ワンストップのファイルサーバ運用管理ソリューション:
PR:ファイルサーバをスリム化して、移行にかかる全体費用を大幅削減!
いまだ、多くのWindows Server 2003が稼働していると言われているファイルサーバ。2015年7月に迫っているサポート終了に向けて、日立製作所は、ファイルサーバの移行準備から、移行方法、更にクラウド活用までをワンストップで提供する「ファイルサーバ運用管理ソリューション」を提供。これは、第一に移行を契機としたファイルサーバ運用のコスト削減・見直しを考慮し、移行準備に向けたデータのスリム化や、オンラインデータ移行、クラウドストレージの活用などを提供するソリューションだ。事例によると、不要ファイルを約3割以上も削減できた例や、移行後のファイルサーバ購入金額を数百万円も抑えることができたケースがある。(2014/10/20)

標的型攻撃対策に関する調査リポート
「標的型攻撃に遭遇の可能性」は13.5%、製品導入・運用の負荷が対策を阻む
TechTargetジャパン会員を対象に、「標的型攻撃対策に関する読者調査」を実施した。本リポートでは、その概要をまとめた。(2014/10/6)

ビッグデータで脅威を分析する「ThreatData」公開
世界中で狙われる「Facebook」、そのセキュリティ対策は他社でも役立つ?
企業はセキュリティ対策強化のために、FacebookのThreatDataフレームワークによるセキュリティアナリティクスから何を学べばいいのか。(2014/10/3)

クラウドのアカウント登録の不備を悪用
“偽メアド”でゾンビPCを調達 「ボットネット」構築の新たな手口
ボットネットの構築には端末のマルウェア感染が必要だという“常識”は、既に過去のものかもしれない。ボットネットはもっと簡単な手口で構築できると、専門家は注意を促す。(2014/10/1)

シグネチャで防げないマルウェアは、独自の仮想実行環境で検知:
PR:未知の脆弱性を悪用した標的型攻撃を確実に防御するファイア・アイのテクノロジ
サイバー攻撃には、最先端の技術で対応すべし。これまでの製品では回避されてしまうような攻撃も、ファイア・アイの「MVXエンジン」と「DTIクラウド」なら止められるのだ。(2014/10/1)

「マカフィー リブセーフ 2015」製品説明会
マカフィーが2015年版の個人向けセキュリティ製品を発表。iOSやAndroid向けの機能が強化された。(2014/9/30)

生体認証の活用で「脱パスワード」も視野に:
マカフィー、個人向けセキュリティ製品の新版を発表
生体認証を使い、「脱パスワード」も視野に。マカフィーがセキュリティ対策ソフトウェア新版の発表とともに、将来の認証手段を予測した。(2014/9/30)

セキュリティソフトのこれからは? マカフィーが個人向け製品を刷新
マカフィーが2015年版個人向けセキュリティ製品を発表した。今回はモバイル向けのセキュリティ機能が強化され、インターネット接続機器が多様化していく今後を見据えた展開をかたった。(2014/9/30)

連載・“シャドーIT”との向き合い方:
シャドーIT問題を増長させる「インフラの重力に魂を縛られた人々」と「ニュータイプ社員」とは?
重大なセキュリティ事故などを引き起こす恐れがある「シャドーIT」問題。今回は、企業が自社に潜むシャドーITを発見するポイントを「ニュータイプ社員」「インフラの重力に魂を縛られた人々」という2つのキーワードを用いて解説しよう。(2014/9/30)

いまだに残る“男の職場”イメージ
セキュリティ担当に女性はなぜ少ない? Facebook幹部が「残念な誤解」を指摘
Facebookのセキュリティ担当ディレクターは、情報セキュリティ分野で女性がキャリアを成功させることは可能であり、人材の多様化はセキュリティ対策の強化に有効だと訴えた。(2014/9/30)

iPhoneを紛失したらどうなる?
“おさいふiPhone”を実現する注目の「Apple Pay」、弱点は本当にないのか?
米Appleの新たな決済機能「Apple Pay」に組み込まれたセキュリティ対策は、決済セキュリティのエコシステム強化につながるかもしれない。だがiPhoneを紛失した場合の対策など、まだ答えの出ていない疑問もある。(2014/9/30)

脆弱性の改修、必要性が分かっていても先送り?:
シマンテックがWeb攻撃の傾向を解説、最多の攻撃はSQLインジェクション
誰もが知る「SQLインジェクション」攻撃、なのに対策は進んでいない――シマンテックが「分かっているけど対策できない」現状を解説した。(2014/9/29)

「脅威分析情報」の公開開始:
ラック自身が「モルモット」に、どんな攻撃を受けたか情報公開
ラック自身を狙った攻撃は? 攻撃手法を広く知らしめることで、攻撃の実態を明らかにするというラックの新たな試みが発表された。(2014/9/29)

産業制御システムのセキュリティ:
工場の安定稼働が人質に! なぜ今制御システムセキュリティを考えるべきなのか
工場や発電所などで使われる制御システムのセキュリティが今脅かされていることをご存じだろうか。イランの核施設を襲った「Stuxnet」以来、各国の政府が対策を本格化させているが、日本における制御システムセキュリティ対策で重要な役割を担うのが制御システムセキュリティセンター(CSSC)だ。本稿ではCSSCの取り組みとその基幹施設であるテストベッド「CSS-Base6」の概要について紹介する。(2014/9/29)

セキュリティ対策に悩む担当者へ:
セキュリティ対策を安く的確に実施する方法
大規模な情報漏えい事件が多発しており、「うちのセキュリティ対策は大丈夫なのか?」や「セキュリティ対策を最新にしたい」と悩む担当者は多い。しかし、どうすればこの問題が解決するのか分からないのも事実だ。そこで、これらを的確に投資対効果を高く(安く)実施する方法を紹介する。(2014/9/29)

いまだ30万サイト以上が未対策
危険な「Heartbleed放置サイト一覧」が公開 攻撃者が悪用の恐れも
OpenSSLの脆弱性である「Heartbleed」の対策が完了していない企業はいまだに多く、30万サイトが依然として危険にさらされているという。その理由に迫る。(2014/9/29)

影響範囲はどこまで?:
bashにコードインジェクションの脆弱性「Shellshock」、管理者に大きなショック
UNIX系OSのシェル「bash」に極めて深刻な脆弱(ぜいじゃく)性が発見された。すでにこの脆弱性をスキャンする通信を観測したという報告もあり、修正パッチの適用や継続的な情報収集が望まれる。(2014/9/26)

ベネッセの情報漏えいはなぜ起きた? 調査報告で問題詳細が明らかに
調査委員会の最終報告書では事件発生時のセキュリティ対策や犯行の手口などがまとめられ、システム面や組織面におけるセキュリティの問題点が明らかにされた。(2014/9/25)

製造ITニュース:
M2Mの活用企業は22%で前年比80%増、“自社製品の強化”への利用が増加へ
ボーダフォン グローバル エンタープライズは、世界14カ国、7業界の600人以上の企業経営幹部を対象にM2Mの普及情報を調査し「2014年度版ボーダフォン M2M普及状況調査レポート」をまとめた。同調査は2回目で前年と比べM2Mソリューションの導入企業は約80%増加し、普及率は22%となったという。(2014/9/25)

iPhone 6(5sも)を守る3つの方法
比較的新しいiPhoneやApple IDなどのサービスを簡単な手順で安全にするセキュリティ対策方法をシマンテックが解説している。(2014/9/25)

2012〜13年度のセキュリティ被害額、日本は83%増も米国では50%減に
MM総研によれば、日本企業のセキュリティ投資は米国企業の2年前の水準だという。(2014/9/25)

ITの進化に伴い発生するWebセキュリティの新たな課題
ユーザーが直面する標的型攻撃対策の盲点 その解決策とは?
デバイスやネットワーク環境の急速な変化が、Webセキュリティの在り方に変化を促しつつある。企業が標的型攻撃対策を考える上で、注目すべき新たな課題3点を挙げ、その具体的な解決策を示す。(2014/9/25)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。