ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

セキュリティ対策 に関する記事 セキュリティ対策 に関する質問

「セキュリティ対策」最新記事一覧

「秘密の質問」が突破される確率は? Googleが調査
例えば米国人の「好きな食べ物」の質問に対する答えは、1回の推測だけで19.7%の確率で言い当てられた。(2015/5/22)

特集:フレッシュマン企画:
無料で入手できるドキュメント/電子書籍で勉強しよう
インターネット上で無料で公開されているドキュメントや電子書籍を使って、自分のスキルや知識を向上させよう!(2015/5/22)

過去、現在、そして未来へ! AD進化の歴史を振り返る:
カリスマITトレーナーが見てきたActive Directory 15年の変遷
@IT誕生と同じ2000年に登場し、今年で15周年を迎える「Active Directory」。Windows 2000 Serverの“目玉機能”として搭載され、今現在も企業IT基盤として重要な役割を果たしている。15周年を機会に、あらためてActive Directoryの進化を確認してみたい。(2015/5/22)

セキュリティ対策の自動化を推進、ソフォスが事業戦略
IT担当者が少ない中堅・中小企業でのセキュリティ対策を支援していく。(2015/5/21)

シマンテックが新事業戦略、セキュリティ専門の原点へ
「ベリタス」ブランドの情報管理ビジネスとセキュリティビジネスに分社化するシマンテックが、セキュリティ事業の戦略を表明した。(2015/5/21)

操られて内部犯行者に変わる
“意識高い系社員”が内部犯行に手を染める意外な理由
企業で発生する内部犯行を防ぐには、従業員のセキュリティ意識向上は十分な効果をもたらさない。その理由とは何か。具体的な4つの対策を交えて紹介する。(2015/5/21)

規制とセキュリティのバランス:
医療現場で進むBYOD、患者のプライバシー情報をどう守る?
医療分野でのITの導入が進んでいるが、患者のプライバシーに関わる情報を多数扱うことから、規制への対応などセキュリティの運用が難しい。医療ITが進む米国では、現場の情報セキュリティをどう担保しているだろうか。(2015/5/20)

Office 365運用管理入門(7):
OneDriveのセキュリティをRMSで強化する
「Office 365」ではドキュメントやメールの情報漏えい対策として「Rights Management Services(RMS)」が利用できる。今回は、OneDrive for Businessで確認してみよう。(2015/5/20)

みならい君のマイナンバー制度対応物語(1):
みならい君と学ぶ「マイナンバー制度」の概要と背景
みならい君が帰ってきました! 見習い内部統制室メンバーの「みならい君」が、上司や先輩に指導を受けながら、マイナンバー制度への対応作業を行っていく物語をどうぞ。(2015/5/20)

MS本気「Surface 3」 法人PC市場へのインパクト
マイクロソフトが新型のWindowsタブレット「Surface 3」を発表。622グラムで6万円台から、LTE内蔵でSIMフリー。ソフトバンクと戦略的パートナーシップを結び、特に「法人PC市場」への訴求を加速させる。(2015/5/19)

小中学生のネット理解を無償診断、静岡大らが開発
25の設問から「情報モラル」を診断できる無償サービスを小中学校に提供する。(2015/5/19)

パロアルトネットワークスがPC/サーバ向け対策製品、ウイルス対策の置き換え狙う
定義ファイルを使わずエクスプロイトの実行やマルウェアダウンロードを阻止するという。(2015/5/19)

標的型攻撃を受けたヤフー、語られた対策とは?
2013年に不正アクセスでユーザー情報が流出したヤフー。同社がこの事件で得た教訓も基づく標的型攻撃対策の視点を語った。(2015/5/19)

クルマポータルサイト「Goo-net」の性能向上/サービス拡大の真実:
PR:4カ月でDB統合、販売店支援を5.3倍高速化したプロトコーポレーション
プロトコーポレーションは2015年1月、クルマ情報誌「Goo」やクルマポータルサイト「Goo-net」をはじめとする基幹事業のデータベース群をOracle Exadata X4-2上に統合した。「ここまで劇的に性能が向上するのなら、もっと早く導入すればよかった」──このプロジェクトを統括した同社の山本正博氏はそう語る。[パフォーマンス改善][データベース統合][運用管理効率化][セキュリティ対策][Oracle Exadata][Oracle Enterprise Manager](2015/5/19)

医療機器ニュース:
医療情報管理の安全対策強化に向け、アクセス制御システムを提案
サウスコ・ジャパンは、医療情報管理の物理的な安全対策強化に向け、電子アクセスソリューションの国内需要を開拓すると発表した。電気的に鍵を開閉する電子ロータリーラッチを中心に、ユーザーの用途に応じた電子アクセスシステムを提案していく。(2015/5/18)

先生もびっくり? 中学1年の意外なiPadの使い方
横浜市の桐蔭学園では4月に導入したiPadを中学校と中等教育学校1年生の授業で利用している。リテラシー教育のヒントになる生徒の意外な使い方が見えてきたという。(2015/5/18)

基礎から分かるグループポリシー再入門(5):
セキュリティの強化に役立つグループポリシー設定
「グループポリシー」で設定できることは多々あるが、どんな組織でも必ず考慮しなければならないのがセキュリティだ。今回は、セキュリティの強化でぜひ活用したいグループポリシー設定を紹介する。(2015/5/18)

こちらでは安定して動いていました:
インテル、秋田美人に「Compute Stick」「Surface Pro 3」をアピール
「こんなに小さくなったら画面が見えないわよ」「ディスプレイはこちらでございます、奥様」という会話もあったとかなかったとか。(2015/5/16)

情報セキュリティEXPOレポート:
「パスワード要らず」が来る? チョット気になるセキュリティ製品たち
便利と安全の両立――セキュリティの永遠なるテーマを実現してくれるかもしれない期待の先端技術や参考製品などに注目してみました。(2015/5/15)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
マイナンバー対応の問題をチャンスに変えた出来事
いま現場では様々な問題が発生しているものの、困った状況をチャンスに変えることができた企業が出始めている。筆者が実際に見たケースを紹介したい。(2015/5/15)

サポート終了直前緊急特別対談:
PR:Windows Server 2003のサポート終了は10年先を見据えた経営革新の機会とせよ
直前に迫ったWindows Server 2003の延長サポート終了。日本マイクロソフトは新しいIT基盤への1日も早い移行をユーザー企業に呼びかけている。この取り組みは、今どこまで進んでいるのか。企業の経営者にIT投資を納得してもらうには何が求められているのか――。ジャーナリストの松岡功氏が日本マイクロソフトの佐藤久氏に迫った。(2015/5/15)

SSL VPN製品の選択で考慮すべき4つの基準【後編】
SSL VPN製品選びについてはわがままを言いたい、失敗しない見極め方とは
SSL VPN製品を評価する上で重要な基準は4つ。前回に引き続き残る2つの基準「同時接続ユーザーのサポート」と「ネットワークアクセス制御」について見ていこう。(2015/5/15)

無防備「内部犯行」:
マイナンバー対応ふまえた、日本企業「データ保護」の課題
Vometricが公開した内部犯行に関する調査リポートにより、改めて日本独特の課題が浮かび上がった。日本企業は、マイナンバー対応をふまえた「データ保護」のセキュリティをどんな観点で考えるべきか(2015/5/13)

医療IT最新トピック
日本郵政グループがIBM、Appleと業務提携する意味
日本郵政グループがタブレットを活用した高齢者向けサービスの提供を目指し、米IBM、米Appleと業務提携。その狙いは。医療IT関連の最新トピックを紹介します。(2015/5/13)

マイクロソフトとトレンドマイクロが徹底対談
オンプレミスと同じでいいの? クラウドにはクラウドのセキュリティ対策を
セキュリティがネックとなりクラウド導入に踏み切れない企業はいまだ多い。だが、オンプレミスとは異なるIaaSならではの特性を知り、適切なセキュリティ対策を講じることで、問題の多くは解決する。(2015/5/13)

日本マイクロソフトがセキュリティに対する取り組みを解説
最新の脅威に対応するためにはユーザーそのものを含む包括的な保護が必要だ。(2015/5/12)

月例パッチの予告をなぜ終了? MS幹部が語るセキュリティ施策
Microsoftは月例パッチの一般向け予告を終了するなど、セキュリティ施策を変更しつつある。セキュリティ責任者が理由などを説明した。(2015/5/12)

R25スマホ情報局:
SNSセキュリティ、対策は大丈夫?
アカウントの乗っ取りやスパムポストなど、SNSに関わるトラブルはいまだに多い。自分の大切なSNSアカウントを守るためにはどうしたらいいのだろうか? トレンドマイクロの高橋さんに話を聞いた。(2015/5/12)

サイバー攻撃に狙われる医療機関、患者情報の流出状況は?
医療機関などを狙った不正アクセスなどの攻撃は2010年から大幅に増え、情報流出にも影響している。(2015/5/12)

SSL VPN製品の選択で考慮すべき4つの基準【前編】
似たり寄ったりのSSL VPN製品、自社のニーズに合った製品を見つけるには?
SSL VPNは社内ネットワーク通信に不可欠なセキュリティを提供する。本記事ではSSL VPN製品を評価する上で最も重要な基準について、セキュリティ専門家のカレン・スカーフォーン氏が解説する。(2015/5/12)

若手男性社員は危険? モバイルセキュリティの実体
アルバネットワークスがモバイルセキュリティのリスクに関する調査結果を発表。ハイリスクな従業員は「若年世代」のようだが、その対策を企業はどう考えるべきか。これからのネットワーク管理は、締め付けではなく「リスクを管理する」のがキモだ。(2015/5/11)

神奈川県南足柄市、マイナンバー制度対応のセキュリティシステムを構築
総務省のシステム方式設計書で推奨されたサンドボックスについて、少数のシステム運用体制でも利用できる製品を採用した。(2015/5/11)

失敗しない「学校IT製品」の選び方:シンクライアント編【後編】
Chromebookが救世主に? 「シンクライアントは高すぎる」という学校への代替策
シンクライアントシステムは教育機関にとって、セキュリティ面や管理面でさまざまな利点があるが、膨大な導入コストがネックとなる。だが実は、コストが抑えられる代替策は幾つかある。(2015/5/11)

課題は山積みだが……
「セキュリティ対策に100%の自信」、“ドヤ顔”企業の実態は?
米Fortinetの最新の研究報告から、企業は包括的なセキュリティ手法は欠くものの、セキュリティ対策に対して強い自信を持っていることが分かった。(2015/5/10)

廃棄時は現金輸送車で確実に:
ALSOK、マイナンバー管理支援サービス「ALSOKマイナンバーソリューション」開始
ALSOKが企業向けマイナンバー管理支援サービスを開始。侵入監視や入出管理、アクセスや持ち出し管理を強固にするメニューとともに、安全確実な廃棄対策も深く考慮した。価格は基本料金3万円/月から。(2015/5/8)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
マイナンバーのセキュリティ対策 面倒な事態を避けるには?
これから社内で取り扱っていくマイナンバーという“新しい情報”ではセキュリティが重要だといわれる。システム管理者や経営者はどう向き合えばいいのかを解説しよう。(2015/5/8)

収集と管理の一連機能をセキュア環境で用意:
セコム、マイナンバー対応のアウトソーシングサービス開始
セコムが、マイナンバー対応のためのアウトソーシングサービス「あんしんマイナンバーサービス」を開始。セキュアな自社環境で安全に収集・管理する機能と、収集したマイナンバーを必要な時に安全に使用する機能を一体で提供する。初期費20万円、月額3万円から。(2015/5/7)

Microsoft、法人向けWindows Update発表 Google批判も展開
新たなパッチ管理サービスを提供する一方で、「Googleは顧客のデバイスのアップデート配信について責任を持つことを拒み、エンドユーザーや企業を無防備な状態にさらしている」と批判した。(2015/5/7)

LiveWorx 2015:
マイケル・ポーターが語る“つながるスマート製品”による第3次IT革命
米国PTCおよび同社傘下のThingWorxは2015年5月4〜7日(現地時間)、米国マサチューセッツ州ボストンにおいてユーザーカンファレンス「LiveWorx 2015」を開催。IoTに関する新たな論文を公開した経済学者マイケル・ポーター氏が、IoTのもたらす変化について講演を行った。(2015/5/7)

ベンダーに聞くCAE最新動向(2):
計算機はクラウドの時代へ、セキュリティの進化が後押し
CAE業界において、クラウド化という新たな動きが進みつつある。CAE最新動向を有力ベンダーに聞くシリーズの第2回は、クラウド化の背景やクラウド化の際に生じる課題、先行する欧米の状況などについて、CAEベンダーのヴァイナスに聞いた。(2015/5/7)

注目機能を徹底比較
iOS 8 vs. Android 5.0、セキュリティ機能の差は本当に縮まったか?
米GoogleのモバイルOS「Android」のセキュリティは、米Appleの「iOS」との差を縮めつつあるものの、マルウェアや企業データ損失への対応ではまだiOSより脆弱だ。(2015/5/3)

大須賀社長に聞く:
特許技術でマルウェアを“予知”できる――モバイルに特化した「Lookout」の強み
個人情報の搾取、マルウェア、盗難、モバイル端末の乗っ取りなど、スマートフォンを標的にした脅威は増え続けている。モバイルに特化したサービスを提供しているLookoutは、どのように対処していくのだろうか。日本法人の大須賀社長に聞いた。(2015/5/1)

ベネッセHD、前期は107億円の最終赤字 情報漏えい事件で通信教育会員が大幅減
昨年7月に発覚した顧客情報漏えい事件が大打撃。国内通信教育事業が落ち込み、ベネッセホールディングスの2015年3月期通期決算は減収減益となった。(2015/5/1)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
マイナンバー対応の現場から――システムやセキュリティにおける混乱
マイナンバー制度への対応作業を始めてみると、思いも寄らなかった課題が次々に噴出してくる。いま実際に作業している現場で筆者が感じた注意点などについて紹介したい。(2015/5/1)

日本郵政グループ、Apple、IBMが業務提携 3300万の高齢者にサービス提供
高齢者に向けたサービスの実現を目的に、iPad活用などの実証実験を始まる。(2015/5/1)

Device Guardで信頼できないアプリをブロック
「Windows 10」の生体認証機能でパスワードいらずの世界がすぐそこ
米Microsoftの次世代OS「Windows 10」には、生体認証機能「Windows Hello」とハードウェア技術を用いたセキュリティ機能「Device Guard」が新たに搭載される。2つの機能の詳細と新たな課題を解説する。(2015/5/1)

AWSやAzureなどで実例を解説
もう誰も信じない「性悪説セキュリティ」のススメ
性善説ではなく性悪説に立った「ゼロトラストセキュリティ」。物理環境での実現には制限もあるが、仮想化とクラウドの普及で実現が容易になってきた。具体的な製品/サービスを例に解説する。(2015/5/1)

日本人スタッフが人力でデータ入力:
PR:"タブレットに手書き"でペーパーレス化! 最安0円からアンケートや申込用紙が作れる「KAMIMAGE」
アンケートや申込用紙をお客様に手書きで記入してもらったり、建築工事や介護などの現場でスタッフが手書きでレポートを書いたり……という現場は多い。手書きした紙をデータ化するにはこれまで1カ月くらいかかることが多かった。しかしこれを最速15分で納品し、新たなビジネスチャンスを創造するサービスがあることをご存じだろうか?(2015/4/30)

利便性と安全性を両立させるセキュリティ対策
マイナンバーでは懲役も 「個人情報漏えい」を防ぐ“常識破りの手段”があった
2014年に発生した大手教育出版社の情報漏えい事件は記憶に新しい。マイナンバー制度の開始によって、情報の取り扱いに一層の管理責任が問われる中、同様の問題を起こさないための根本的な対策はないのだろうか?(2015/4/30)

IoT時代の大規模情報流出対策
端末ベースの対策はもう古い DropboxやBoxと連係して使えるセキュリティ対策
IT部門は端末にロックを掛けることができるが、BYODと大規模情報流出の時代では、こうした対策は通用しなくなってきている。そこで、注目されているのがファイル単位の暗号化だ。(2015/4/29)



普及の途上にあるウェアラブルデバイスの本命と見られるAppleのスマートウォッチ。ウェアラブルデバイスはどの製品も、明確かつ魅力的な用途を提案できていない感があるが、この製品をきっかけに市場が確立すると見る識者も多い。

Windows 10と同じく今年下半期にリリースが予定される次世代Office。Microsoftの主力製品としてWindows同様に常にユーザーの厳しい目にさらされており、その製品の出来が世界中の企業の生産性に影響するお化け製品だ。

大ヒットした艦これの要素を踏襲するように、日本刀を擬人化したブラウザゲーム。男性キャラばかりなので女性プレイヤーばかりかと思えばそうでもない。艦これの「提督」に対し、プレイヤーは「審神者(さにわ)」と呼ばれ、今やネット上では提督同様に目立っている。