ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

セキュリティ対策 に関する記事 セキュリティ対策 に関する質問

「セキュリティ対策」最新記事一覧

ISO27001も取得:
「Simeji」などの技術情報を首都大准教授が解説 バイドゥが来春から取り組み
バイドゥは、首都大で言語処理を研究する小町准教授らとともに、来春からSimejiなど日本語入力サービスの技術情報を分かりやすく解説する取り組みを開始する。(2014/12/19)

PC USER Pro特別企画:
2014年にグッと来た「デジタル仕事道具」ベスト5
SOHO/中小企業に役立つPC、スマートデバイス、周辺機器、ソフトウェア、サービスなどの情報をお届けする「PC USER Pro」。今回は趣向を変えて、2014年に筆者が触れた製品から、個人で購入できて仕事の効率化に貢献するタブレットや周辺機器を選んでみた。(2014/12/19)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
サイバー攻撃はもう古い サイバー戦争が“身近に”なる証拠
ソニー・ピクチャーズに対するサイバー攻撃は、これまでとは次元が異なる「サイバー戦争」のようにも言われているが、既に「サイバー戦争」が当たり前になったことを示す事実が幾つも存在するのをご存じだろうか。(2014/12/19)

Windows、Mac OS、主要アプリなどに対応
ちょっと気が重いOSへのパッチ適用を簡単に、3つのツールを紹介する
効果的なパッチ適用、管理体制を実現するには、各種エンドポイントセキュリティツールの中から適切なツールを選定する必要がある。本稿では、パッチ管理プロセスにお勧めのツールを紹介する。(2014/12/19)

年末年始でも忘れずに:
冬休みに気をつけたいセキュリティ対策(家庭編)
毎度おなじみですが、年末年始の長期休暇で注意すべきセキュリティ対策のポイントをお届けします。休暇中の自宅や実家における利用が対象です。(2014/12/18)

年末年始でも忘れずに:
冬休みに気をつけたいセキュリティ対策(社員や職員編)
毎度おなじみですが、年末年始の長期休暇で注意すべきセキュリティ対策のポイントをお届けします。一般の社員や職員の方が対象です。(2014/12/18)

年末年始でも忘れずに:
冬休みに気をつけたいセキュリティ対策(システム管理者編)
毎度おなじみですが、年末年始の長期休暇で注意すべきセキュリティ対策のポイントをお届けします。こちらはシステム管理者向けです。(2014/12/18)

第3のプラットフォームを「経営基盤」にせよ:
国内IT市場動向、2015年はどうなる? 企業の将来を占う「10のメガトレンド」
2015年の国内IT市場でカギとなる技術や市場トレンドは何か。ベンダーの動きはどうなるか。我々は何を考え、実行すべきか。IDC Japanが「2015年IT市場の主要10項目」をまとめた。(2014/12/18)

Windowsカーネルへの攻撃も遮断、国産セキュリティ対策技術を開発へ
NTTコミュニケーションズと日本マイクロソフト、FFRIが連携し、標的型サイバー攻撃対策の新たなサービスを開発する。(2014/12/18)

ICANNに不正アクセス、ユーザー情報が流出
スピアフィッシング攻撃で職員数人のメールのパスワードなどが流出し、そのパスワードを使ってICANNの他のシステムにも不正アクセスされた。(2014/12/18)

場面で学ぶ制御システムセキュリティ講座(4):
制御システムを守るためにまず押さえるべき7つの対策点
制御システムにおけるセキュリティが注目を集める中、実際に攻撃を受けた場合どういうことが起こり、どう対応すべきか、という点を紹介する本連載。4回目となる今回は、セキュリティ事故を引き起こさないようにするには、どういった対策が事前に必要かを解説する。(2014/12/18)

50%は現状のBYODセキュリティ製品に不満
私物スマホ解禁、30%が「セキュリティ対策なし」の原因は?
BYOD採用の動きは拡大傾向にあるものの、セキュリティに懸念を抱く企業は多い。特に、現状のBYODセキュリティ製品には半数の企業が満足できていないことが、米調査で明らかになった。(2014/12/18)

HTTP接続は「安全でない」と明示すべし――Googleが提案
「HTTPには情報セキュリティ対策が施されていない」という事実をもっとはっきりユーザーに示す必要があるとGoogleは主張する。(2014/12/16)

Webサービスに必要な7つの対策
氾濫する脆弱なWebサービス、セキュリティ対策の後れを取り戻すには
被害が深刻化する日本のWebサイト/Webシステム攻撃の現状、そして既存のセキュリティ対策の実態についてセキュリティの有識者が対談した。情報システム部門が行うべきセキュリティ対策とは?(2014/12/17)

Computer Weekly製品導入ガイド
市場調査に見る効果的なセキュリティ投資のポイント
多くの企業が予防的なセキュリティコントロールや脅威インテリジェンスへの投資増を計画している。(2014/12/16)

闇市場で売買される情報と攻撃ツールのお値段
サイバー犯罪が“活況”を呈している背景には、闇市場での経済圏の拡大があるという。盗み取られた情報の相場や攻撃に使われる有償サービスなどの実態はどのようなものか――。(2014/12/15)

個人市場の台風の目になるか:
小型軽量Chromebookが日本上陸――「Chromebook C720」徹底レビュー
個人向けに国内販売が開始された日本エイサーの「Chromebook C720」は、同カテゴリの製品の中でも小型軽量ボディが特徴だ。その実力はいかほどか?(2014/12/12)

アライドら5社、「オフィス環境向けSDNソリューション」で連携
アライドテレシスがオフィス環境向けのSDNソリューションを発表。データセンターやクラウド分野で採用が進むSDNを、人事系やIT資産システムなど企業内ITの効率化を目指すための新たな方向性を打ち出した。トレンドマイクロらパートナー4社と連携して取り組む。(2014/12/11)

ワンタイムパスより便利? 「スマホ認証」、常陽銀行がネットバンクに採用した新機能
サイバー攻撃での被害額が急増する中、金融機関はネットバンクサービスの安全性と利便性を高めるため、どんな対策を進めているか。常陽銀行がシマンテックの新機能「VIP Access Push」を導入した。(2014/12/11)

「サイバー攻撃は当社の対策を超えた」 苦戦する企業実態が浮き彫りに
米IBMによる調査ではサイバー攻撃の高度化によって、セキュリティ責任者の60%近くが課題を抱えていると答えた。(2014/12/11)

MacやiPhoneはいま、どのくらい危ないのか?
かつて「Macは安全」というCMが話題になったが、ユーザーの広がりから今ではマルウェアなどの危険性と無縁ではなくなりつつある。現在はどの程度危ないのか? Kasperskyのセキュリティ研究者に聞いてみた。(2014/12/11)

電源操作を無効化する「休眠マルウェア」も登場か
電源オフだと見せ掛けて“盗撮” Androidに新たな不正アプリの可能性
画面を暗くして電源オフを装い、こっそりとカメラを起動して撮影する――。Androidには、そんな不正アプリを実現可能な不具合があることを専門家が実証した。その脅威に迫る。(2014/12/11)

日本ジオトラスト株式会社提供ebook
「遅いWeb」「危ないWeb」を防ぐには? ヤマハ発動機などの事例で学ぶ
WebサイトやWebアプリのパフォーマンスや安全性をどう高めるべきか。ヤマハ発動機のヨーロッパ法人の事例からパフォーマンス改善策を、Webアプリの不備に関する実例からセキュリティ対策を学ぶ。(2014/12/11)

Computer Weekly製品導入ガイド
リアルタイムセキュリティ分析を実現する製品群
効果的なITセキュリティ対策には、攻撃が発生する前と発生中、そして事後のインテリジェンスが求められる。具体的にどのような製品が存在するのか?(2014/12/11)

トレンドマイクロ、マイナンバー向けのセキュリティ対策製品を発売
サンドボックス技術などを利用して特定個人情報などの機密情報に対する攻撃を検出する仕組みを自治体などに提供する。(2014/12/10)

PR:既存のシステムを活用して実現する真のワークスタイル変革 その方法とは?
スマートフォンやタブレットを利用して、いつでもどこでも仕事ができるワークスタイルが注目を集める。しかし実際に導入するとなれば、既存システムを改修すべきか、新規システムを構築するかなど、様々な課題を伴うだろう。本記事では既存のシステム環境を生かして手間なくモバイル活用を実現するためのソリューションを紹介する。(2014/12/10)

ネット犯罪の2015年を占う
2014年の国内のネット犯罪ではマルウェアによるオンラインバンキングの不正送金被害が話題になった。2015年は犯罪手口のさらなる高度化が予想されるという。(2014/12/8)

脅威特定に役立つ「SIEM」導入の難しさと期待
ユーザーの20〜30%が導入に失敗するセキュリティ製品とは?
徐々に改良が進む「セキュリティ情報イベント管理(SIEM)」製品。だが多くの企業は、十分な計画を立てずにSIEM製品を導入し、悲惨な結果に終わる例が後を絶たないと米Gartnerは指摘する。(2014/12/8)

ThinkPadタブレットシリーズの強みを探る
ハードな利用も問題なし、SOHO・中小企業に最適な“最強”タブレットとは?
業務効率の向上を目指し、タブレットPCに注目するSOHO・中小企業が増えてきた。しかし、SOHO・中小企業には、タブレット採用に当たり独自のニーズがある。その要求に応えるタブレットとは?(2014/12/8)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
標的型攻撃の事実が示すセキュリティ対策の“本当の誤解”とは?
「標的型攻撃に狙われるのは大企業」「多層防御だから心配ない」と考える企業が少なくない。だが対策を講じても、根底を誤ると失敗する。それは何か。(2014/12/5)

「VMware NSX」で実現する仮想化基盤に適したセキュリティ対策
仮想環境では従来型セキュリティ対策が「限界」を迎える2つの理由
社外からの不正侵入防止を重視する対策が限界に直面する今、柔軟かつ安全なインフラをどう実現するか。「VMware NSX」「Trend Micro Deep Security」の連係を例に具体策を探る。(2014/12/5)

2015年7月15日にサポート終了、国の支援策も:
深刻「中小企業のWindows Server 2003問題」 今、何をすべきか
サーバOS「Windows Server 2003」のサポート終了日が迫っている。マイクロソフトと販売パートナー、そして国が、まだ利用している中堅中小企業層に向け、認知強化とさらなる優遇支援策を打ち出した。(2014/12/4)

袖高×近大附属 東西高校IT対談【後編】
タブレット学習の効果は数字だけでは測れない――袖高と近大附属が熱弁
教育機関のIT活用効果はどう捉えるべきなのか。あるべき大学入試の姿とは。先駆的なIT活用校である千葉県立袖ヶ浦高等学校と近畿大学附属高等学校が議論する。(2014/12/4)

クラウド環境のセキュリティ対策はダイナミックに 日本IBMが新施策
アクセス管理やデータ保護、可視化、運用の4領域に関する製品やサービスを体系化した「ダイナミック・クラウド・セキュリティー」を提供する。(2014/12/3)

大容量データ転送における課題解決のススメ Case File.2(設計図、CADデータ):
PR:大容量データを、爆速かつ高いセキュリティでやりとりする――JP1/Data Highway+FinalCode
さまざまな情報漏えい事故が世間をにぎわせた2014年。「人ごとではない」と思った企業は多いはずだ。「JP1/Data Highway」は現在、大容量データを高速に送受信できるという機能に加えて、「送ったデータを後から操作し、高い安全性を保つ」というセキュリティ面での強化を進めている。爆速かつ安全、その気になる秘密とは……?(2014/12/3)

半径300メートルのIT:
いつの間にかやられている「やり取り型」攻撃って知ってる?
今さら「オレオレ詐欺」に引っ掛かる人はいないよね――。そんな油断を突いて攻撃者はさまざまな“情シス助けて詐欺”を仕掛けてきます。(2014/12/1)

リアルタイム経営強化の一手として、NTTドコモも期待:
PR:Oracle Database In-Memoryは従来のインメモリDBと何が違う? 徹底解剖した
リアルタイム経営強化に向け、データ活用のさらなるスピードアップを求める企業に決定打となるソリューションが登場した。日本オラクルが2014年7月にリリースした「Oracle Database In-Memory」だ。その特徴を、製品のベータテストに参加したNTTドコモの声も交えて紹介する。[ビッグデータ][DWH][データベース統合][セキュリティ対策][In-Memory](2014/12/1)

シマンテック「クライアントPC/サーバのセキュリティ対策に関するアンケート調査」
簡単なアンケートにご協力いただいた方の中から抽選で合計10名様にAmazonギフト券 3000円分をプレゼント。(2014/11/27)

AWSが発表したクラウドネイティブなMySQL互換DB「Amazon Aurora」
Amazon RDSに新たに加わったAurora。MySQL互換をうたうハイパフォーマンスのデータベースサービスを取材した。(2014/11/28)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
日本のセキュリティはなぜ米国に劣るのか?
2014年はセキュリティの出来事に沸いた一年になりそうだ。今回は日本のセキュリティの実態について専門の視点から考察してみたい。(2014/11/28)

社内に専任チームを設置
高度化、悪質化するセキュリティ脅威、企業が取るべき“自衛策”とは
ファイアウォールやIPS、IDSといった従来型のセキュリティ対策では、もはや企業の機密情報を守ることはできない。そこで注目されているのが、セキュリティ脅威対応の専任チームである。そのベストプラクティスを探る。(2014/11/28)

5年のTCOを50%以下に削減した企業例も紹介
VDI構築・運用時における盲点――TCO増大につながるリスクとは?
急速に導入が進むVDI。しかし、VDI特有のセキュリティ対策や余剰リソース、運用・管理費の負担などでトータルコストの増大につながるリスクがあるのをご存じだろうか。(2014/11/26)

日立ソリューションズが「秘文」を刷新、ファイル拡散を防ぐ新製品も
企業間連携の拡大やセキュリティ脅威の複雑化を背景に、情報漏えい防止ソリューション「秘文」のコンセプトを刷新し、製品体系を2015年春に一新する。(2014/11/27)

東京駅は「全域Wi-Fi対応」、ご存じでしたか?:
JR東日本が仕掛ける、駅を今よりもっと便利にする「秘策」
駅をもっと便利にしたい──顧客サービスのさらなる向上を目指し、JR東日本が「SDNソリューション」を導入し、JR東京駅と新宿駅で運用をはじめた。SDNを選定した経緯と理由、それは私たちにどんな効果をもたらしてくれるだろうか。(2014/11/27)

PR:日本で研究開発されたレノボのThinkPadタブレット その5つの魅力に迫る
レノボ・ジャパンのThinkPadタブレット最新モデル「ThinkPad 8」と「ThinkPad 10」は、伝統のブランドに恥じぬ性能の高さと堅牢性を兼ね備えたタブレットだ。(2014/11/27)

クラウドセキュリティに新たな視点
クラウドは“危険物”ではなく、セキュリティを変えるチャンスだった
クラウド移行の課題に「セキュリティ」を挙げる企業は多い。こうした中、クラウドの特性を生かし、新しい時代のセキュリティ対策を模索する動きが始まりつつある。その具体像を追う。(2014/12/4)

多重防御をさらに強化したESET最新版「ESET Smart Security V8.0」
ESETの最新バージョンでは、新たにボットネット対策機能が搭載されたほか、Jacaのぜい弱性に特化した機能強化が図られている。(2014/11/26)

新たにボットネット対策とJava脆弱性対策を追加:
誤検知率ゼロを目指し、「ESETセキュリティ」新版を発表
「NOD32」で知られた「ESETセキュリティソフトウェアシリーズ」の最新バージョンが発表。新たにJavaに対する攻撃を防御する機能などを拡充した。(2014/11/26)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
情報セキュリティはガバナンスの一部――グループ企業全体としてのガバナンスが重要
「第28回 ITmedia エグゼクティブフォーラム」の基調講演に、デロイト トーマツ サイバーセキュリティ先端研究所 所長の丸山満彦氏が登場。「グローバル・ガバナンス強化とセキュリティ」と題し、これからの企業のグローバルセキュリティのあり方について講演した。(2014/11/26)

【連載】初めてのデータドリブンマーケティング:
第6回 チーフデータオフィサー(CDO)の必要性
前回は「データ活用を成功させるためポイント」として、1)ビッグデータへの対応、2)ITを活用したスピードアップ、3)オートメーション、の3点を指摘しました。経営判断に限らず、マーケティング活動においても、データ分析の結果を素早く意思決定につなげることが成功の鍵となります。企業において、「データ」に関するガバナンス責任を持つのがCDO(チーフデータオフィサー)なのです。(2014/11/26)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。