ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

セキュリティ対策 に関する記事 セキュリティ対策 に関する質問

「セキュリティ対策」最新記事一覧

半径300メートルのIT:
あなたの銀行口座が狙われている――情報セキュリティ10大脅威 2015
IPAが発表した10大脅威、堂々の1位を飾ったのは「インターネットバンキングやクレジットカード情報の不正利用」。明確に日本国内の口座を対象とした攻撃もあります。(2015/3/30)

2020年に向け重要な都市IT基盤となる「スマートシティ」
現在、竹中工務店では、スマートシティの実現を目指しており、2020年に向けた都市IT基盤づくりが非常に重要な取り組みとなる。(2015/3/30)

Searsの元CISOが語る
小売大手が詐欺防止のために取り組む「ビッグデータ+セキュリティ分析」の効果とは
小売大手の米Searsでは、ビッグデータを活用するセキュリティシステムを導入した。小売業を狙った詐欺行為を食い止めるための仕組み、システム導入に必要な経営陣の承認を得る説得方法を紹介する。(2015/3/30)

低コストと安全性:
PR:情報漏えい対策は大丈夫? 「オフィス宅ふぁいる便」が支持されている理由
画像や動画などのデータを送る際、大容量データ転送サービスを利用している人も多いと思うが、情報漏えい対策のために禁止する企業が増えてきている。そうした中、「オフィス宅ふぁいる便」を利用する企業が急増中。サービスを提供しているオージス総研の担当者に、その理由を聞いたところ……。(2015/3/30)

セキュリティ対策の費用は現状改善に生かすべき――HPが提言
既知の問題を悪用する脅威の方が多い一方、企業ではセキュリティ対策の基本がしっかりと行われていないとHPは指摘する。(2015/3/27)

@IT セキュリティセミナー 東京・福岡・大阪ロードショーリポート(2):
インターポールも動く――「僕らの眠り」を妨げるものを駆逐せよ!
@IT主催のセキュリティセミナーリポート第2弾は、@IT筆者陣が登場したパネルディスカッションやインターポールの取り組み、そしてスポンサーセッションの様子をお送りしよう。(2015/3/27)

週間記事ランキング
Windows 10スマホの使用感は? レビューで分かった「Microsoft Lumia」の実力
「Windows 10」にアップグレードできるMicrosoftのスマホ「Lumia 640/640 XL」を徹底レビュー。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2015/3/27)

最終回 セキュリティエバンジェリストに聞く:
PR:手のひら静脈認証は、セキュリティが「良くなる」と「楽になる」を両立するか?
本連載を通じて、パスワード認証には「なりすまし」や「不正ログイン」といったリスクあることを述べた。だがもう1つ大きな課題がある。それは、従業員にもシステム管理者にも大きな負担を強いていることだ。手のひらをかざすだけで認証できる「手のひら静脈認証」は、このような現状を解決する可能性を秘めている。辻伸弘氏に聞く連載最終回。(2015/3/27)

Google、開発者に迷惑ソフトのデータを提供へ
「Safe Browsing API」では迷惑ソフトウェアに関するデータを開発者に提供し、Google以外のセキュリティサービスや製品にも組み込んでもらえるようにする。(2015/3/26)

企業の対策強化で人気職種に
「応募がたったの6人」、セキュリティ人材がどこも引っ張りだこの理由
セキュリティ脅威の増加で企業はセキュリティとコンプライアンスに長けた人材の採用に苦労している。そのような人材は賃金も上昇。企業にできることとは?(2015/3/26)

モバイル、ビッグデータ、セキュリティの課題を一気に解決する手段があった
“Windowsサポート終了騒動”で見えた、Windows環境の見えざる落とし穴とは?
多くのユーザーが使用しているサーバOS「Windows Server」。実はその制限で、モバイル導入、ビッグデータ活用、セキュリティ対策などの課題解決が難しくなる場合がある。理由と解決策を追う。(2015/3/26)

ビジネスニュース 業界動向:
Android OSの断片化が進む中国スマホ、セキュリティの課題が浮き彫りに
Android OSの「断片化」が進む中国。個人のモバイル機器を社内に持ち込んで仕事をするBYOD(Bring Your Own Device)が盛んになっている今、セキュリティへの懸念も高まっている。(2015/3/25)

「WYOD」で必要なセキュリティ対策をチェック
これを守るならウェアラブル端末を仕事で使ってOK、「セキュリティ対策7カ条」
自分が持っているウェアラブル端末を会社でも使いたい――。従業員からのこうした声が高まる前に、企業が検討すべき主要なセキュリティ対策7種を紹介する。(2015/3/25)

利便性が高く運用もラク:
PR:大手企業のエグゼクティブが議論――「生体認証」が従業員の生産性向上の切り札に?
企業価値に損害をもたらしかねない「情報漏えいリスク」に、企業はどのような手を打つべきなのか。大手企業の業務部門や監査部門の責任者を務める3人のエグゼクティブをお招きし、企業ITとセキュリティの動向について語り合ってもらった。進行役は調査会社アイ・ティ・アールのシニアアナリスト、舘野真人氏。(2015/3/25)

「コスト」から「武器」へ
ビジネス成長の足かせとならない「攻め」のネットワーク再構築
ネットワーク構築・運用のコスト削減は多くの企業が抱える課題だが、それを言い訳に必要な投資まで抑えていないだろうか。ムダを省きつつ自社のビジネスをドライブする理想のネットワークの在り方とは?(2015/3/25)

第1回 セキュリティエバンジェリストに聞く:
PR:なぜ人は、安易なパスワードを使うのか?
アクセスしてきた相手を識別する「認証」はセキュリティの基本だ。数ある認証手段のうち、最も普及しているのは「パスワード」だろう。しかし実際には、容易に推測できてしまうパスワードが横行しているのが現状だ。セキュリティエバンジェリストとして知られる辻伸弘氏に、課題と対策について聞いた(全3回連載)(2015/3/25)

モバイル化できない企業も変革する――IBMが戦略説明
マーケティングや業務改善での企業のモバイル活用を支援するという取り組みを日本IBMが紹介した。(2015/3/24)

特集「Office365」:
個人用PCのOffice、どうする?――MacユーザーほどOffice 365 Soloを選ぶべき理由
会社で使うPCは、Microsoft Officeがインストールされているのが当たり前。しかし迷うのが「個人用PCにOfficeをどうするか」。家ではMacという人もいるし、最近はOfficeファイルを開けるクラウドサービスもあるけれど、宮田さんが最近購入したのはOffice 365 Solo。その理由は……?(2015/3/24)

セキュリティ強化のための6つのアドバイスも披露
モバイルセキュリティの“ブラック企業”を見破る10個のチェックポイント
モバイル端末の数が世界人口を超えた今こそ、企業はモバイルセキュリティをあらためて真剣に見直すべきだ。今すぐ確認すべき10種のリスクと、改善のための6つのアドバイスを示す。(2015/3/24)

「都心の植物工場」と社員に優しいオフィス パソナが採用した「社内無線LAN化」の考え方
人材サービス大手のパソナなどを展開するパソナグループは、緑化した職場環境を整えた本社「アーバンファーム」をはじめ、社員のライフスタイルに合わせた働き方/ダイバーシティの取り組みを積極推進することで知られる。この一環として導入した「全社無線LAN化」の考え方とは。(2015/3/23)

ガイドラインに準拠:
分かりづらいマイナンバーの安全対策、パッケージで キヤノンS&Sが中小企業向けに
「マイナンバーのセキュリティ対策、どうしたらいいか分からない」――。そんな中小企業の声を受けて、キヤノンS&Sが、マイナンバー制度のガイドラインに準拠したセキュリティ対策パッケージを提供する。(2015/3/23)

半径300メートルのIT:
「DDoS攻撃、800円でやってあげる」が成り立つワケ
昨年、高校生がオンラインゲームのサーバにDDoS攻撃を仕掛けたとして書類送検されました。ちょっと調べてみると簡単に”サイバー攻撃サービス”が見つかります。(2015/3/23)

@IT セキュリティセミナー 東京・福岡・大阪ロードショーリポート(1):
@ITの筆者陣も登場、「訴訟」や「まとめ」を通して見たサイバー世界
@IT主催のセキュリティセミナー、リポート第1弾はスポンサーセッションの内容とともに、@ITの人気筆者陣による講演をお送りしよう。(2015/3/23)

企業に及ぼす影響は?
今すぐ知りたい「PCI DSS v3.0」の変更点、よくある6つの疑問を解説
「PCI DSS v3.0」の新しい準拠要件は、企業の日常的なビジネスプロセスの一環としてカード会員データが保護されるようになることを目指している。本稿では、PCI DSS v3.0についてよく寄せられる質問と回答を紹介する。(2015/3/23)

山市良のうぃんどうず日記(29):
もっと新しいエメット(EMET 5.2)さん、リ・リリース
2015年3月に「EMET 5.2」が公開されました。実は、今公開されているEMET 5.2は“二度目”のリリースです。数日で差し替えられたEMET 5.2、いったい何があったのでしょうか?(2015/3/20)

決して無視できない「WYOD」
お手本は「iPhone」――「Apple Watch」のビジネス利用はどこまで期待できる?
ウェアラブル端末の業務利用が進むことで、「WYOD」(Wear Your Own Device)の時代がすぐそこまで迫っている。IT部門は今、ウェアラブル端末の管理とセキュリティという新たな課題に直面しようとしている。(2015/3/20)

「ネットワークセキュリティ製品」を使い倒すには【最終回】
「セキュリティインテリジェンス」でセキュリティ対策はどう変わるのか?
企業のセキュリティ対策で重要性が高まりつつあるのが「セキュリティインテリジェンス」だ。なかなか把握しにくいその実態と、効果的な活用に必要な「共有」の具体像を示す。(2015/3/20)

セキュリティインシデントに立ち向かう「CSIRT」:
米国にみるセキュリティ人材とCSIRT強化の課題解決
CSIRTを構築する企業が増える一方、セキュリティ人材の不足といった悩み声も聞かれる。サイバーセキュリティ先進国とのイメージが強い米国でも同様の課題が生じているが、解決に向けて企業が様々な取り組みを始めているという。(2015/3/19)

PR:「生体認証はコストがかかる」は大きな誤解――“Mr.手のひら静脈認証”若林氏に聞く導入のメリット
「安全性が高く、使いやすいのも分かる。でも、値段が高いでしょ」――。情報システム部門が生体認証の導入に及び腰なのは、たいていこの理由だ。しかし、富士通で手のひら静脈認証の開発を手掛ける若林晃氏によるとそれは大きな誤解で、利便性が高まるだけでなく、コスト削減にもつながるという。(2015/3/19)

OpenSSLが更新版公開を予告、深刻なセキュリティ問題修正へ
危険度「高」に分類された深刻な問題も含め、複数のセキュリティ問題の修正を予定しているという。(2015/3/18)

これからのモバイル基盤:
VDI環境でも残されるセキュリティの課題と解決策
いま企業導入が加速しているのが、仮想デスクトップ基盤(VDI)だ。社内データを外部に出さずにセキュリティを確保できると注目されているが、実はさらなる問題が生じている。それは何か――。(2015/3/18)

現役の情報システム部門に聞く:
PR:ID・パスワード方式はもう限界? 業務PCのセキュリティと利便性を両立する方法とは
セキュリティリスクから企業を守るには、業務PCのセキュリティ強化が欠かせない。一方で、利便性やコストの安さも求められる。このようなジレンマのなか、情シス部門はどのような課題を感じ、またどのようなソリューションを望んでいるのか。情報システム部門を率いる立場にある3人の方を招き、率直な話を聞いた。(2015/3/18)

熱血メカ設計者・デルオくん:
PR:モバイルワークステーションで3D CADを使おうよ!
モバイルワークステーションで3D CADが快適に動くってご存じでしたか? デルのモバイルワークステーション「Dell Precision M2800」は、持ち歩きが負担にならないスマートさ&重さで、何よりプロ仕様のマシンなのに廉価なんです。外出先で3D CADが使えれば、設計業務の幅がぐんと広がります。ついでに夢も広がるかもしれません(多分)。さあ、メカ設計者のデルオくんと、Precision M2800のスペックに迫っていきましょう。(2015/3/19)

Googleが調べた国内のBYOD実態、個人端末の仕事利用が半数に
サイバーセキュリティ月間の取り組みとして、Googleが7000人以上を対象に個人端末での仕事利用の実態を調べた。(2015/3/17)

「懐かしい」だけではない危険性
「Microsoft Excel」「Word」標的のマクロウイルスに再び注意すべき切迫した理由
2000年代初め以降、マクロウイルスの勢いは衰退の一途をたどっていた。しかし、最近ではマクロ機能を悪用したマルウェアが再び増加の傾向を示している。企業は今、どのような対策を講じればいいのだろうか。(2015/3/17)

Yahoo! JAPANに学ぶサイバー護身術のツボ:
PR:ヤフーに学ぶ「完全防御」から「致命傷にならない守り方」への転換
Yahoo! JAPANはいかにして「守り方」を変えたのか、テクノロジだけでサイバー攻撃は防げるのか――「HP Technology At Work 2015」セキュリティ分科会における、パネルディスカッションをリポートしよう。(2015/3/23)

日本人観光客はWi-Fiのセキュリティ意識が甘い結果に
スマホやタブレットで公衆無線LANを利用する観光客は多いものの、日本人は外国人に比べてセキュリティ対策が甘かった。(2015/3/16)

Weekly Memo:
シマンテックが説く「IoTセキュリティの核心」
あらゆる機器がインターネットにつながる「IoT時代」に求められるセキュリティ対策とはどのようなものか。シマンテックの興味深い提案を紹介しながら、考察したい。(2015/3/16)

PR:モバイル中心のIoT時代、セキュリティと利便性をどう両立する? IntelとMcAfeeが「MWC 2015」で実演
Intel傘下のMcAfeeが、バルセロナで開催された世界最大のモバイル関連見本市「MWC 2015」で「True Key」のモバイル向けソリューションを披露。現地で見つけた最先端のセキュリティ技術を紹介しよう。(2015/3/16)

法人向け2in1タブレットの本命登場:
PR:戸田 覚が東芝「dynabook R82」の使い勝手を徹底レビュー
ビジネスに最適なタブレットとは何か? 数々のタブレットを検証してきた戸田覚氏が、東芝「dynabook R82」を徹底レビュー。戸田氏が注目する「dynabook R82」の注目ポイント、そしてビジネスの現場での使い勝手は?(2015/3/16)

ドライバーの情報が流出
Uber、大丈夫? 5万人の情報漏えいで流出元の特定を急ぐ
Uberは約5万人のパートナードライバーの情報が盗まれたことを受け、情報の流出元特定につながる可能性のあるGitHubデータを入手する目的で召喚を申し立てた。(2015/3/16)

ホワイトペーパー:
LTE内蔵タブレットPCで訪問看護業務効率化と紛失・盗難対策強化を実現
訪問看護業務のIT化を推進した名古屋市療養サービス事業団は、看護師の携帯時の負担減にタブレットPC採用を決定。セキュリティ対策強化を実現した同財団が選択したのはLTE内蔵のWindows 8搭載のタブレットPCだ(2015/3/16)

国内でも注目度が急上昇:
PR:“初めてのNAS”にSynologyを選ぶ3つの理由
海外製NASキットの中でも、豊富な機能と使いやすさで国内ユーザーの注目を集めているのがSynologyだ。その魅力を徹底解説。(2015/3/16)

ホワイトペーパー:
脱XPを妨げる2つの課題を解決
XPサポート終了が迫っているにもかかわらず、まだ何の対策も行っていない企業が抱えている課題とその解決方法に迫る。(2015/3/13)

PR:Yahoo! JAPANの実体験に基づくパスワード認証の限界とは?
国内最大規模のインターネットサービスを提供しているYahoo! JAPAN。多数の顧客情報を抱え、"日本一狙われる"企業と言ってもいい同社は、どのような原則でセキュリティリスクに取り組んでいるのだろうか。中でも鍵となる「認証セキュリティ」対策を中心に、同社の取り組みを聞いた。(2015/3/13)

企業のマイナンバー対応、待った無しの状況に
2016年1月から「マイナンバー制度」の運用が始まるが、番号通知が始まる2015年10月以降に企業では急ピッチの対応が求められそうだ。(2015/3/12)

Office 365、EMSをグループ全体、約2万人へ展開:
マイクロソフトがベネッセのセキュリティ対策と事業成長を支援
日本マイクロソフトは2015年3月12日、ベネッセのセキュリティ対策強化と事業成長支援に向けて、ITパートナーとして協力すること発表した。(2015/3/12)

ベネッセ、Office 365などMSクラウドを導入へ
グループのセキュリティ強化などを目的に、マイクロソフトのOffice 365やモバイルセキュリティサービスなどを順次導入するという。(2015/3/12)

「次世代ファイアウォール」とはこう違う
今更聞けない「Webアプリケーションファイアウォール」の基礎、どう役立つのか?
Webアプリケーションファイアウォール(WAF)は、Webアプリケーションに対する既知および未知の脅威にどう対処するのか。WAFの運用管理や製品選定のポイントは何か。詳細に解説する。(2015/3/12)

【レポート】先進事例から探るコンテンツビジネスの未来:
キュレーションメディア「Antenna」から考えるスマホ時代のコンテンツビジネス
コンテンツ消費が4大メディアからスマートフォンへと変遷する中、コンテンツ事業者にとって「スマートフォンに最適なコンテンツの設計」「配信」の2つが大きな課題になっている。第1回 「ITmedia マーケティング」セミナー「先進事例から探るコンテンツビジネスの未来」の模様をレポートする。(2015/3/11)



普及の途上にあるウェアラブルデバイスの本命と見られるAppleのスマートウォッチ。ウェアラブルデバイスはどの製品も、明確かつ魅力的な用途を提案できていない感があるが、この製品をきっかけに市場が確立すると見る識者も多い。

Windows 10と同じく今年下半期にリリースが予定される次世代Office。Microsoftの主力製品としてWindows同様に常にユーザーの厳しい目にさらされており、その製品の出来が世界中の企業の生産性に影響するお化け製品だ。

大ヒットした艦これの要素を踏襲するように、日本刀を擬人化したブラウザゲーム。男性キャラばかりなので女性プレイヤーばかりかと思えばそうでもない。艦これの「提督」に対し、プレイヤーは「審神者(さにわ)」と呼ばれ、今やネット上では提督同様に目立っている。