ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

包括的なセキュリティ対策を組織や業務に最適化する方法
「マイナンバー対策、何から手を付けていいか分からない」そんな企業にアドバイス
来たるマイナンバー制度では情報流出が企業にとって命取りになる。だが、セキュリティ対策は多岐にわたり、どこから手を付ければよいか分からないという企業も多いだろう。包括的なセキュリティ対策について専門家に聞いた。(2015/8/26)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows 10 TH2」も「Surface Pro 4」も今秋登場する?
公開されてから1カ月が過ぎようとしている「Windows 10」。今秋には早くもメジャーアップデートが提供されるかもしれない。同時期に投入される見込みのハードウェア新モデルにも注目だ。(2015/8/27)

日本型セキュリティの現実と理想:
第5回 利便性vs安全性 交通安全に学ぶセキュリティの行方
技術革新は数々の恩恵とともに“負の側面”ももたらす。日本の情報セキュリティが進むべき方向を「交通安全」からみていこう。(2015/8/27)

医療IT最新トピック
「Microsoft Azure」の機械学習を診療技術支援に応用 慶応義塾と日本マイクロソフトら
慶応義塾大学医学部と日本マイクロソフトらが「Microsoft Azure」の機械学習による未来医療の実現へ始動。医療IT関連の最新トピックを紹介します。(2015/8/27)

PR:人気の「格安スマホ」が抱える落とし穴とは? 無料の「360セキュリティ」でリスクを解消
人気の“格安スマホ”だが、コスト優先でセキュリティに関するサポートが弱い一面もある。マルウェアなどの脅威から格安スマホを守るため、ユーザーはどのような対策をすればいいのだろうか。(2015/8/27)

セキュリティと利便性の両立を目指すが……
「Firefox」の魅力、豊富なアドオンに危機? 認証制度はなぜ不評か
Firefoxは近くリリースするバージョンでセキュリティを向上するためにアドオン認証制度を導入する。その制度に対しユーザーや開発者から不評という声もあるが、なぜ導入するのだろうか。(2015/8/27)

企業のセキュリティ体制づくり 3つの観点とは?
諸外国では金融業界の監督官庁が企業のセキュリティ強化を促す施策を主導しているという。プライスウォーターハウスクーパースが国内企業の体制強化におけるポイントを解説した。(2015/8/26)

ホワイトペーパー:
パスワードを2万円で売却――「セキュリティ意識の崩壊」が認証を揺るがす
従業員はパスワードを使いまわすだけでなく、報復や金銭目的でのパスワード売却もいとわない――。セキュリティの要ともいえる認証の根幹を揺るがすこうした事態に、企業はどう対処すべきなのか。(2015/8/26)

企業も学ぶべきデータ防衛の手法
米軍が選んだ「iPhoneにデータを残さない」ソリューション、VMIの安全性とは
仮想モバイルインフラ(VMI)は企業分野で普及の兆しが見えるが、米国防総省は以前から、仮想モバイルアプリケーションがセキュリティ強化に役立つと考えてきた。(2015/8/26)

普通のファイアウォールとどこが違う?
また出た新種のファイアウォール、「社内ファイアウォール」って何だ?
内部脅威の手段としてベンダーが訴求し始めた「社内ファイアウォール」。従来のファイアウォールと何が違うのか。その利点と課題を解説する。(2015/8/26)

「iTeachers TV」最新番組紹介
動画:「知識を伝えるだけの先生」は10年後に絶滅? 近大附属高の乾教諭が熱弁
「MOOC」をはじめとするオンライン学習の普及が、教員の在り方を変えるのか? 教育ITの実践とノウハウを紹介する「iTeachers TV」の最新番組を紹介します。(2015/8/26)

製造業革新:
PR:インダストリー4.0に対し、オムロンが考えること
ドイツの「インダストリー4.0」や米国の「インダストリアルインターネットコンソーシアム」など、IoTを含むICTを活用した製造業革新の動きが加速している。日本の製造業の強みを脅かすとも見られるこの動きを、FA制御機器大手のオムロンはどう捉え、どういう取り組みを示していくのか。オムロン インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー 商品事業本部 コントローラ事業部 HMIPMG 部長の本条智仁氏に話を聞いた。(2015/8/26)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー リポート:
コニカミノルタが示す「デバイス管理とBYOD」実践・徹底への道筋
スマートデバイスの利用が拡大する中で、IT部門には私用端末の業務利用で生じる新たなセキュリティリスクへの対応などが求められている。編集部主催「デバイス管理セミナー」で、コニカミノルタの取り組みと工夫、そして企業のクライアント管理を支える最新ソリューションが紹介された。(2015/8/25)

伊藤塾長の「実践マイナンバー 早わかり3分講座(緊急編)」:
第3回 9月中には「マイナンバー開始の告知」をしよう
「具体的に何をすればいいのか」と模索する企業の担当者へ向け、やることをスッと理解できるマイナンバー実務Tips。今回のテーマは「従業員への告知時期と内容」です。(2015/8/25)

R25スマホ情報局:
Wi-Fiスポットを安全に使うための“3つの心得”
大手キャリアはもとより、「格安SIM」にも存在する“容量制限”。少しでも制限を回避しようとWi-Fi(無線LAN)スポットを活用している人も少なくないと思いますが、Wi-Fiスポットにはリスクもあります。そこで、All Aboutのガイドを務める岡田庄司さんにその傾向と、私たちが心がけるべきことを伺いました。(2015/8/24)

Weekly Memo:
セキュリティ対策は「文理融合」で臨め──東大の新プロジェクトが始動
高度なセキュリティ対策には「文理融合」で臨むべきだ──。東京大学がこんな理念のもと、新プロジェクトを始動させた。この取り組み姿勢は、企業にも当てはまりそうだ。(2015/8/24)

みならい君のマイナンバー制度対応物語(4):
マイナンバー制度対応準備その2 ―特定個人情報の安全管理策の整備
4回にわたり連載してきた「みならい君のマイナンバー制度対応物語」も、今回でいよいよ最終回となります。最後は、「特定個人情報の安全管理策の整備」について学んでいきましょう。(2015/8/24)

「電力」に迫るサイバーテロの危機(3):
電力システムセキュリティのガイドラインとは?
電力自由化やスマートメーター普及など、より効率的な電力供給が進む一方、「サイバーセキュリティ」が電力システムの重要課題になりつつある。本連載では、先行する海外の取り組みを参考にしながら、電力システムにおけるサイバーセキュリティに何が必要かということを解説している。第3回では、電力セキュリティにおけるガイドラインと、米国・欧州・日本の現状について紹介する。(2015/8/24)

PR:人事・給与システムの改修だけで大丈夫? マイナンバーの安全を守る最適解とは
2016年1月のマイナンバー制度開始まで半年を切り、企業では対応が急がれる。その作業では業務システムの改修だけではなく、12桁のマイナンバーの保護が肝心だ。残り少ない期間でマイナンバーの安全を確保するための方法を紹介しよう。(2015/8/24)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
早稲田アカデミーの盗難事件にみるセキュリティの問題点
有名な進学塾の早稲田アカデミーで大量盗難事件が発生した。事件から「スマートフォンの盗難」「セキュリティ上の問題」などを視点に、対応の問題点や企業が学ぶべきポイントを解説してみたい。(2015/8/21)

年金機構の情報漏えい、事故対応のミスで被害拡大と報告
調査報告ではセキュリティ担当者が標的型メール攻撃の可能性を感じながらも、組織的なインシデント対応が不十分だったことが被害拡大につながったと指摘している。(2015/8/20)

日本企業を襲う標的型攻撃に新たな動き
国内の企業・組織を狙う標的型攻撃では巧妙な手口が使われ、現在も攻撃が続いているとセキュリティ各社が指摘している。(2015/8/20)

豊富なセキュリティ機能をレビュー
“危険なIE”にさようなら 新ブラウザ「Microsoft Edge」は“究極の安全”実現か
Windowsの新たな標準ブラウザ「Microsoft Edge」は、「Internet Explorer」での経験を教訓に、豊富なセキュリティ機能が実装されている。詳しく説明しよう。(2015/8/20)

楽天、独自アプリストアに参入 「楽天アプリ市場」 開発者収入75%、ユーザーに10%ポイント還元
Android向けアプリストア「楽天アプリ市場」がスタート。手数料を抑えて開発者の収入を増やしつつ、ユーザーにはポイントを還元する。(2015/8/19)

DDoS攻撃が増加傾向、執拗なShellshock攻撃も
Akamaiによると、4〜6月期に発生したDDoS攻撃は前年同期比132%増、前期比では7%増。「DDoS攻撃やWebアプリケーション攻撃が投げかける脅威は四半期ごとに増大し続けている」という。(2015/8/19)

iOS版を世界先行導入:
日本人の厳しい目を、世界市場へ――「360セキュリティ」が日本に本腰を入れる理由
Google Playで高評価を得ている完全無料のセキュリティアプリ「360セキュリティ」。その提供元である香港企業が、日本でのアプリ普及活動を本格的に始めた。その背景には、日本人の「厳しい目」がある。(2015/8/19)

ホワイトペーパー:
次世代データセンターのセキュリティ対策、5つのQ&A
仮想化、モバイル、クラウドなど最新の技術の導入検討が進む中、セキュリティ対策は従来の手法のままで導入が進められているケースが少なくない。本ホワイトペーパーでは新たなデータセンター設計に関するセキュリティ対策の疑問とその解答を示す。(2015/8/19)

「iTeachers TV」最新番組紹介
動画:近大附属高生が私物iPadに入れているものとは?
2013年度に「iPad」を導入した近畿大学附属高等学校。導入3年目を迎えた今、iPadをどう生かしているのか? 教育ITの実践とノウハウを紹介する「iTeachers TV」の最新番組を紹介します。(2015/8/19)

中国の「360 セキュリティ」 日本市場での展開強化
Android向けセキュリティアプリを手掛ける360 Mobile Securityが日本市場での戦略を発表。ユーザーコミュニティーの創設やiOS向けアプリの先行展開などを予定する。(2015/8/18)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
ITシステムと制御システムが融合するIoTクラウドのいま
欧米では「インダストリアル・インターネット」や「インダストリー4.0」に代表される産業システム向けのIoT基盤が注目を集めている。これを主導するGEの動きやIoTクラウドにおける課題をみていこう。(2015/8/18)

伊藤塾長の「実践マイナンバー 早わかり3分講座(緊急編)」:
第2回 収集するのは、「誰」のマイナンバー?
「具体的に何をすればいいのか」と模索する企業担当者へ向け、やることをスッと理解できるマイナンバー実務Tips。今回のテーマは「集めるマイナンバーを洗い出す」です。(2015/8/18)

「4人に1人がサイバーセキュリティのプロになりたい」との別の調査結果も
企業の過半数がハッカー採用に前向き、英国調査で判明した人材採用の新潮流
多くの企業がサイバー攻撃に対抗するために必要とする問題解決のスキルは、多重化しているだけでなく、そうしたスキルを持つ人材を見つけることも難しくなっている。(2015/8/18)

時代が変わればルールも変わる DeNAの“二転三転デバイス管理”哲学
意志決定のスピードを損なうことなく、セキュリティを確保するにはどうすればいいのか――。モバイルサービス大手のDeNAが試行錯誤の末、たどり着いたデバイス管理の考え方とは。(2015/8/18)

高まる「制御端末のウイルス感染リスク」:
PR:工場を止めないために! “かんたん運用”のセキュリティ対策
製品を安定供給する上では、工場の安定操業が前提となる。多くの企業が、そのために設備の定期的なメンテナンスや部品交換を実施していることだろう。しかし近年、新たなリスクが登場している。それが生産設備を制御する専用端末の「ウイルス感染」だ。生産活動が最優先の工場において、いかに簡単に対策を実施し、安定操業を守るか──。その方法を探る。(2015/8/18)

特集「マイナンバー緊急対策」:
“まだ”の企業のための「マイナンバー対応 緊急診断チェックシート」
「まだこれから」の企業は、何に困っているのか。マイナンバー対応調査結果から「間に合う?/対応する」を改めて考えつつ、「実務対応診断チェックシート」で“要は何をすればよいか”をチェックしよう。(2015/8/17)

オンプレミスとクラウドが同じアーキテクチャだから実現できる価値:
PR:これまでのクラウドは犠牲にすることが多過ぎた!? オラクルのPaaSはどこが違うのか?
日本オラクルは2015年4月、企業が必要とする各種のクラウドサービスを包括的に取りそろえた「Oracle Cloud」の国内におけるサービスの拡充を発表した。なかでも注目されるのが、Oracle Databaseをはじめオンプレミスで多数のユーザーを擁するミドルウエア製品群をPaaSとして提供する「Oracle Cloud Platform」だ。[クラウド][ビッグデータ][セキュリティ対策][運用管理効率化][Oracle Database 12c](2015/8/17)

最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介
管理者が休暇中の今、システム障害が発生したらどうする?
夏季休暇を取る従業員が多い今週、もし自社で大規模なシステム障害が発生したら――。最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介します。(2015/8/14)

ITとモノづくり、日本最大級のバーチャル展示会
ITmedia Virtual EXPO 2015 秋
登録&ポイントラリーで「iPad Air 2」や「Surface Pro 3」「プレイステーション 4」が当たる! アイティメディア主催のバーチャル展示会「ITmedia Virtual EXPO」。TechTargetジャパン会員なら、登録済みの会員情報でカンタン視聴登録。(2015/8/14)

クラウドとオンプレミスでセキュリティレベルを統一
3大パブリッククラウドに対応、セキュリティ対策の「新常識」を先取りする
ERPなどの基幹系システムをパブリッククラウドで稼働させるケースが増えてきた。その中で企業の担当者が気にしているのがクラウドのセキュリティ対策だ。今も、将来も安心のベストな対策を探る。(2015/8/10)

日本型セキュリティの現実と理想:
第4回 常時接続から始まったセキュリティ対策の“無間地獄”
連日のようにセキュリティの事故や事件が取り上げられ、守る側と攻める側との“いたちごっこ”の状態が続いている。なぜ、このような事態になったのか。今回はインターネットの歴史からひも解いてみたい。(2015/8/13)

顧客の安全より知的財産の保護を優先?:
米Oracle、CSOのブログ投稿削除か――顧客による「リバースエンジニアリング」は、善意でも知的財産権侵害と主張する内容
2015年8月10日(米国時間)に、米Oracleのブログに同社のCSOが投稿した記事の内容が、Twitter上などで物議を醸している。(2015/8/12)

基礎から分かるグループポリシー再入門(10):
これだけはやっておきたい! 基本的なサーバー管理に役立つグループポリシー設定
今回は、基本的なサーバー管理作業に役立つグループポリシー設定を紹介する。組織内にはさまざまなサーバーが存在するが、サーバーの種類を問わずに利用できるグループポリシー設定を中心に紹介しよう。(2015/8/12)

「iTeachers TV」最新番組紹介
動画:“挑戦する先生”を生むIT活用「3つの自由度」とは? 近大附属高校が明かす
ITを活用した新たな取り組みを生み出すべく、近畿大学附属高等学校が設けたIT活用の基本姿勢とは? 教育ITの実践とノウハウを紹介する「iTeachers TV」の最新番組を紹介します。(2015/8/12)

ユーザー企業/組織の読者が選んだ、2015年上半期記事ランキング(セキュリティ編)
Googleドライブ/Dropbox禁止は損? 2015年上半期に最も読まれたセキュリティ記事は
オンラインストレージ同期サービスはセキュリティ担当者にとって“悪者”ではなく“味方”だった? 2015年上半期に公開した、セキュリティ関連の記事ランキングを紹介します。(2015/8/12)

電力供給サービス:
スマートメーターの接続率は約97%、新たな電力サービスは順調な滑り出し
東京電力は2015年7月以降、スマートメーターシステムを活用した新たなサービスを実施。併せてスマートメーターオペレーションセンターでの運用も開始し、順調な滑り出しを切ったことを明らかにしている。(2015/8/11)

伊藤塾長の「実践マイナンバー 早わかり3分講座(緊急編)」:
第1回 マイナンバー制度に向けて“まず”何をすべきか
「マイナンバー制度」が2016年1月に始まります。すべての人と企業に関わる重大な制度ながら、準備期間は……もうあまり残されていません。「やばい、実はほとんど準備できていない……」。そんな企業の担当者へ「間に合わせる」はもちろん、「その後につなげる」ためのマイナンバー実務Tipsを展開していきます。(2015/8/11)

機能と性能が上がったけど価格は?
日々進化する攻撃、セキュリティ製品をリプレースする前に知っておくべきこと
サイバー攻撃が日々進化し続ける中、セキュリティ対策は非常に重要だ。だが、長年使い続けているセキュリティ製品のリプレースを検討する際、不安になる要素が出てくる。(2015/8/11)

システムの導入がゴールにあらず
年金機構の情報流出事件に学ぶ、「きちんと運用が回る」セキュリティ対策とは
日本年金機構の個人情報漏えい事件は、世間に広くサイバー攻撃の脅威を知らしめることとなった。この事件から何を学び取るべきなのだろうか。大きく2つのポイントとそれを支える手段を紹介する。(2015/8/6)

脆弱性対応をめぐる現実と課題 ユーザーを守る手立ては?
開発者にとって脆弱性は頭の痛い問題だろう。適切な対応が望まれるものの、そこには多くの課題がつきまとう。より良い対応に向けてどんなことができるのだろうか。(2015/8/10)

ユーザー企業/組織の読者が選んだ、2015年上半期記事ランキング(教育IT編)
「Chromebook」が学校を席巻? 2015年上半期、教育ITで最も読まれた記事は
教育機関の関心は「iPad」などのタブレットから「Chromebook」へ移行? 2015年上半期に公開した、教育IT関連の記事ランキングを紹介します。(2015/8/10)



国民ひとりひとりに番号を割り当てて行政手続きに利用する電子化施策。一般企業も行政とのやりとりのために、従業員やその家族のマイナンバーを把握・管理しなければならず、2016年1月のスタートに向けて対応が本格化している。

テレビ等のHDMI端子に差すだけで使えるスティック型のPC。マウスコンピューターのm-Stickの登場以降、各社から同様の製品が発表されており、Lenovoも提供を決めるなど注目が高まっている。

ヤフオクが強いC2C分野だが、スマホでは新興のフリマアプリも存在感を持っている。ネットオークションの独特の作法からは距離を置いた、シンプル/直観的な使い心地が女性に好まれているようだ。