ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「コンプライアンス」最新記事一覧

企業が経営・活動を行う上で、法令や各種規則などのルール、さらには社会的規範などを守ること。一般市民が法律を遵守することと区別するために、企業活動をいう場合は、「ビジネスコンプライアンス」ともいう。
コンプライアンス − @IT情報マネジメント用語事典
-こちらもご覧ください-
日本版SOX法&コンプライアンス − @IT情報マネジメント
読めば分かるコンプライアンス インデックス − @IT情報マネジメント
コンプライアンス − TechTargetジャパン

ドローン、伊丹空港を飛行か JAL便が着陸をやり直し
ドローンらしき物体が大阪空港内を飛行し、日航機が着陸をやり直す事態が起きた。国交省が法令順守の徹底を呼び掛けている。(2017/10/12)

「メルカリは泥棒市場だ」コンプライアンスの不十分さを指摘する週刊新潮記事に、メルカリが反論 
盗品が売買される実態について、実例を交えて新潮が報じていた。(2017/8/23)

今こそ見直す「データガバナンス」(3):
あなたの会社の取引先データ、コンプライアンス的に大丈夫ですか?
データガバナンスやMDMを見直すポイントを紹介する本連載。今回はコンプライアンスの視点から、MDMがなぜ重要なのかをお話しします。(2017/8/17)

「安いHDDで何でも保存」な時代は終わる
EU「一般データ保護規則」(GDPR)に盛り込まれた“忘れられる権利”をどう守る?
EU一般データ保護規則(GDPR)の“忘れられる権利”は、コンプライアンスの重要な要素になりそうだ。企業はこの権利を尊重し、顧客から求められたら、証明可能な方法でデータを完全に削除する必要がある。(2017/8/10)

2017年度IT優先度調査
企業は「コンプライアンスファースト」へ、調査で分かったその優先度
GDPR(EU一般データ保護規則)やセキュリティ関連の規則など、コンプライアンスへの意識が高まる中、米企業担当者のコンプライアンス関連IT投資への意欲の高さが調査で浮き彫りになった。(2017/8/1)

サイバー攻撃、ライセンス違反も明日はわが身:
PR:IT資産管理の全てがここにある――ITAM World 2017レポート
仮想化、クラウドが多くの企業に浸透した近年、ITシステムは大幅に複雑化し、確実な把握・管理が年々難しくなっている。一方でサイバー攻撃はますます巧妙化し、われわれは常に甚大なセキュリティ、コンプライアンスリスクにさらされている状況だ。では一体どうすれば膨大なIT資産を確実に管理し、「攻めのIT」を支えることができるのだろうか? ITAM World 2017にその答えを探る。(2017/7/27)

巨額の罰金を食らう前に対策を
GDPR対策にデータ追跡と暗号化が必須な理由
新しいEU一般データ保護規則(GDPR)が施行される2018年5月25日まで、残り1年を切った。専門家は、GDPRのコンプライアンスにデータの追跡や暗号化などの手段が重要になると説明する。(2017/7/24)

今さら? 今こそ! データベースセキュリティ(3):
「講じなければならない」ならば話は別 データベースセキュリティが「各種ガイドライン」に記載され始めている事実
本連載では、データベースセキュリティの「考え方」と「必要な対策」をおさらいし、Oracle Databaseを軸にした「具体的な実装方法」や「Tips」を紹介していきます。今回は、「今、各種ガイドラインが示すコンプライアンス要件としてデータベースのセキュリティがどのように記載されているのか」を解説します。(2017/7/20)

データ分析や不正検知が必須に
施行迫るGDPR “72時間ルール”に企業が警戒すべき理由
新たに制定されたEU一般データ保護規則(GDPR)は、個人データの侵害(漏えい)が見つかった企業に、72時間以内の通知を義務化する。違反者に対する罰金は高額だ。企業はGDPRの厳格な罰則を念頭に、コンプライアンス保持のコストを見直す必要がある。(2017/7/19)

三井住友カード、債権回収業務に音声認識ソリューションを導入
三井住友カードが音声認識ソリューション「AmiVoice Communication Suite2」を導入。通話品質向上と法令順守体制、モニタリング体制の高度化を目指す。(2017/6/8)

脱税、粉飾決算、偽装……:
“コンプラ違反”倒産、16年度は減少 好景気が影響
「コンプライアンス違反」による倒産、2016年度の傾向は?――東京商工リサーチ調べ。(2017/4/10)

Azure漫遊記:
“コンプラ”を理由にクラウドを使わない時代は終わったのか
個人情報の扱いなど、企業コンプライアンス(法令順守)の重視から、オンプレミスサーバにこだわる企業も少なくない。だが、クラウド上の個人情報保護や特許にまつわる問題への対応は確実に進んでいる。パブリッククラウドの1つ「Microsoft Azure」では、これらの問題を未然に防ぐための施策を数多く用意している。(2017/5/12)

情報アクセス要件の厳しい企業に向け:
マイクロソフト、Azure ADのアクセス制御を拡張する「テナント制限機能」を提供開始
マイクロソフトが、Azure ADにユーザーに特定テナントへのアクセスだけを許可する「Tenant Restrictions(テナント制限)機能」を追加した。情報アクセスやコンプライアンスの要件が厳しい業種、企業に向けて提供する。(2017/2/3)

コンプライアンス基準への理解度が顕著な低さ
社長がセキュリティリスク? 調査で見えた“経営層の脆弱性”
経営幹部の間で、ガバナンス、リスク、コンプライアンス、さらに企業に影響するセキュリティのコンプライアンス要件に対する考えが曖昧であると、最新の調査で明らかになった。(2017/1/20)

Zuken Innovation World 2016:
「基板」単位ではなく「機能」単位による製品開発を実現したオリンパスの取り組み
製品開発は法令順守や機器の高度化などで複雑化する一方であり、これまでの手法では限界を迎えつつある。オリンパスは医療機器開発において「基板」単位ではなく「機能」単位による製品開発を実現したが、どのようにしてその変革は成功したのか。(2017/1/5)

違いはExcelのあり、なしだけではない
「Office 365」 vs. 「Google Apps for Work」、双方の愛好者が訴える利点と弱点は?
Googleのクラウド型グループウェア「Google Apps for Work」は新興企業や学生の支持を獲得しているが、業務利用や法令順守の面で弱点もある。「Office 365」と比べてみた。(2016/9/2)

キヤノンMJ、企業コンプライアンスを支援するサービス「こんぷろカスタム」を提供開始
キヤノンマーケティングジャパンは、コンプライアンス推進の特化した資料や最新情報の提供を行う企業向けサービス「こんぷろカスタム」を発表した。(2016/8/31)

サービスリスク評価で必要な情報を集約:
Office 365のセキュリティ、プライバシー、コンプライアンス情報を確認できる「サービスアシュアランス」とは
マイクロソフトは、「Office 365」の顧客がセキュリティ、プライバシー、コンプライアンスに関する重要情報を入手できるサービスアシュアランス機能について解説した。(2016/8/10)

データセンター可視化、新技術の実力(2):
PR:金融業界の性能管理とセキュリティコンプライアンス、このツールは決め手となるか
画期的な技術に基づくデータセンター可視化製品、「Cisco Tetration Analytics」が金融業界で大きな注目を集めているという。その理由は、性能管理とセキュリティコンプライアンス維持に関わる負荷の大きい作業を、完全に自動化できることにある。(2016/8/9)

問題は、コンプライアンスだけではない。さらに高まるソフトウェア資産管理の重要性:
PR:ソフトウェア資産管理の全てがここにある〜SAM World 2016レポート〜
仮想化、クラウド、モバイルなど、IT技術やサービスの多様化が著しい現在、ビジネスのスピードや利便性は大幅に向上した。だがその反面、IT資産は複雑化し、その把握とコントロールは一筋縄ではいかなくなっている。こうした状況の中、いかに自社の情報セキュリティやコンプライアンスを維持すればよいのか?――SAM World 2016にその答えを探る。(2016/8/15)

キーサイト・テクノロジー U7243B:
USB3.1 Type-C仕様の送信評価に対応した試験ソフトウェア
キーサイト・テクノロジーは、USB3.1 Type-C仕様の送信試験に対応する「U7243B USB3.1送信評価コンプライアンス試験ソフトウェア」を発表した。(2016/6/17)

キーサイト U7243B:
USB3.1 Type-Cの送信試験に対応したソフトウェア
キーサイト・テクノロジーは、USB3.1 Type-C仕様の送信試験に対応する「U7243B USB3.1送信評価コンプライアンス試験ソフトウェア」を発表した。USB3.1 Type-C機器のGen1/Gen2コンプライアンス試験に対応。開発コスト削減や試験プロセスの簡略化に貢献するという。(2016/6/7)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(14):
ハイブリッド環境でのセキュリティとコンプライアンスの問題を一掃――Azure Active Directoryの新機能
日本マイクロソフトが15周年を迎えた「Active Directory」を記念してイベントを開催。このイベントに来日した米マイクロソフトのEran Dvir氏が「Azure Active Directory」の最新機能を紹介しました。(2016/4/12)

ハギーのデジタル道しるべ:
PCの使い方が分からない(?)新人にマナーをうまく伝える知恵
システムエンジニア教育や情報セキュリティ教育、コンプライアンス教育、内部不正対策など40年近く手掛けてきた経験からいえる、いまの新人にITリテラシーやマナーを知ってもえるためのヒントとは?(2016/4/1)

仮想化、クラウドで「ライセンスの重複・違反」が続出?:
PR:コスト最適化、コンプライアンス担保に不可欠な、ソフトウェアライセンスの知識を1日で習得するには
仮想化、クラウドの浸透によりシステムが複雑化している今、「ソフトウェアライセンスの重複によるコスト増大」「意図しないライセンス違反」などの問題が相次いでいる。これを受けて、SAMAC(一般社団法人 ソフトウェア資産管理評価認定協会)は、ライセンス管理の知識・ノウハウを短時間で身につけられる研修・資格制度「SAMACライセンスマネージャー(CLM: Certified License Manager)」を展開し好評を博しているという。その中身とメリットとは?(2016/3/31)

ルールを破らずセキュリティを死守してアプリ開発
モバイル活用企業が挑む、デスクトップPCとは異なる“5つの難問”
企業のモバイル活用はIT管理者に新たな課題を突き付けている。コンプライアンスやセキュリティ、アプリ開発など代表的な5つの課題と、その対処方法を紹介する。(2016/3/21)

USB Type-Cの登場で評価試験はどう変わる?(5):
USB PDの評価
連載の最終回となる今回は、「USB PDの評価」に関して、PD(Power Delivery)のコンプライアンス試験や動作検証などのテストソリューションについて述べる。(2016/3/8)

モバイルデバイスのコンプライアンスに苦心するIT管理者【後編】
「iPhone」「Android」ユーザーの“わがまま”を放置すると法令違反を招く?
モバイルデバイスを活用する企業にとって、コンプライアンスを難しくしている原因とは何か。コンプライアンス維持に役立つツールとは。(2016/2/16)

モバイルデバイスのコンプライアンスに苦心するIT管理者【前編】
「iPhone、AndroidはPCと同じ」と思い込んでいると法に違反してしまう?
多くの企業が、モバイルデバイスのコンプライアンス維持に必要な作業を理解していない。その背景には何があるのか。現状を整理する。(2016/2/8)

教えて、マイクロソフトさん:
PR:金融、医療系企業に認められるクラウドサービスの条件は
医療系や金融系の企業は、取引先や社内コンプライアンスの観点から他の業界に比べて特に「クラウド化が難しい」といわれています。それはどのような理由によるもので、どの課題が解決すればクラウド化に踏み切れるのでしょうか。 (2016/1/25)

無配慮な投稿は大企業も滅ぼす
ソーシャルメディア“コンプライアンス違反”のリスクが高い業種とは?
超巨大規模のグローバル企業において、ソーシャルメディアコンプライアンスの失策がもたらす問題の深刻さは常識的に想定できる範囲を超越する。順風満帆の企業を天国から地獄に突き落とす最大の問題とは。(2016/1/13)

覚えておきたい「電源測定」のきほん手順(3):
コンプライアンステストと最終検証
プロトタイプ電源の測定が一通り終われば、コンプライアンスなどに適合しているかどうか、最終的なチェックを行いましょう。(2015/12/17)

Office 365運用管理入門(12):
Office 365のセキュリティとコンプライアンスをさらに強化する
Office 2016のリリースに伴い、Office 365のセキュリティやコンプライアンス機能も強化された。2016年2月に予定されている「Office 365 ProPlus」の2016バージョンの自動更新までに変更点を確認しておこう。(2015/12/7)

法令順守意識が高い企業ランキング
就職・転職のためのリサーチサイトを運営しているヴォーカーズは18日、「法令順守意識が高い企業ランキング」を発表した。(2015/11/18)

最新サーバーが企業のイノベーションを加速する:
PR:マイナンバーを機にサーバー環境の見直しを――企業のビジネスイノベーションを支えるITインフラの在り方とは
ITインフラとしてクラウドが広く利用されるようになったものの、経済性やコンプライアンス適合性などの理由から、オンプレミス環境はエンタープライズコンピューティングにとって不可欠なITインフラとして使われ続ける。ただし、その時々のビジネスニーズに応じて技術や構成を見直す必要があることも確か。これからの企業のイノベーションを支えるITインフラとは、どう在るべきなのだろうか。(2015/11/4)

製造IT導入事例:
鉄道車両製造大手がPLMにArasを採用
Arasは、カナダ・ボンバルディアの鉄道制御ソリューション(RCS)部門が、エンタープライズPLMに「Aras Innovator スイート」を採用したと発表した。サプライチェーン全体の構成管理・変更管理、コンプライアンスの最適化を図るという。(2015/8/11)

特集 情シスが率先して実施する「企業のマイナンバー対応」:
間に合う? マイナンバー対応 「進んでいる企業」はこうしている
マイナンバー制度の開始まであと数カ月。果たして対応は間に合うのか。法令順守のためにいち早く策を講じてきた企業に、「どうしているのか」取り組みのポイントを聞いた。(2015/7/31)

OSS:
ブラック・ダック・ソフトウェア、「Protex」にバイナリ解析機能を追加
ブラック・ダック・ソフトウェアが同社オープンソースコンプライアンス管理ソリューション「Protex」にバイナリ解析機能を追加した。(2015/7/24)

USB3.1試験の課題(2):
Type-Cケーブル、相互接続動作を評価するには?
3回にわたって、最新USB規格である「USB3.1」に対応するための試験について解説していく本連載。第2回は、USB3.1デバイス対応として設計された新しいリバーシブル型コネクタType-Cである。全ての機能を1種類のサイズで提供するType-Cケーブルだが、設計や試験の観点からみればさまざまな問題がある。ケーブルとコネクタに対する新コンプライアンス試験について紹介しよう。(2015/6/18)

Office 365運用管理入門(8):
「コンプライアンスセンター」でOffice 365のコンプライアンス管理を強化する
2014年末から現在まで、「Office 365」ではコンプライアンス管理機能について多くの拡張が行われている。今回はOffice 365の「コンプライアンスセンター」から管理できる機能を確認してみよう。(2015/6/10)

いまさら聞けないハイブリッドクラウド【第6回】
「社内ポリシーを生かしてクラウドを使いたい」企業に役立つ3つのポイント
ハイブリッドクラウドの利用において、懸念点の1つとなるのがクラウドサービス上でのセキュリティと自社コンプライアンスの維持だろう。(2015/5/26)

内部統制監査済み企業でも、実態は……:
PR:現役CISAに聞く「特権ID管理」の新常識。内部犯行はどうすれば防止できる? CSIRTの活動を阻むものとは?
昨今、企業で相次いでいる情報漏えい事件などを受けて、セキュリティ、コンプライアンス担保の在り方が今あらためて強く問われている。中でも対策のカギとなるのが特権ID管理だが、その確実な管理のポイントはどこにあるのだろうか? 多くの現場を知るCISA (公認情報システム監査人)に、“現場の実態”と、取るべき施策を聞いた。(2015/5/25)

「攻める」だけでは自社の基盤が揺らぎかねない:
PR:仮想化、クラウド、モバイル時代、IT資産管理がセキュリティ、コンプライアンスを左右する理由
仮想化、クラウドの浸透で、ソフトウェアをはじめとする各種ITリソースは迅速かつ手軽に調達可能となった。その利便性は企業にとって大きな武器となったが、サーバー仮想化の活用、クラウド移行、モバイル導入などの背後にある“思わぬ落とし穴”にも十分に目を向けなければならない。落とし穴の具体像と回避策をソフトウェア資産管理評価認定協会(SAMAC)に聞いた。(2015/5/14)

PR:再生可能エネルギーを加速するLooopの事業、設備認定案件を実現に向けて先導
太陽光発電所を立ち上げるには、さまざまな壁がある。設備認定を受けながら、壁にぶつかって実現に至らない案件に対して、「ワンストップ」のサービスを提供する企業が現れた。Looopは顧客の融資サポートから、法令順守の確認・対応、地域住民への説明に至るまで、事業環境整備に役立つサービスを開始する。発電事業の手助けする他、権利の譲渡も受ける。(2015/4/27)

USB3.1試験の課題(1):
USB3.1 Gen2の高速データレート“10Gbps”で変わったテスト要件
3回にわたって、最新USB規格である「USB3.1」に対応するための試験について解説していく。第1回は、10Gビット/秒の高速データレートに対処するための課題を洗い出しながら、トランスミッタとレシーバのプレコンプライアンス試験の概要を紹介しよう。(2015/4/24)

FC2、「代表者逮捕」報道にコメント 逮捕は「開発委託先会社の社長」と説明
今までどおりコンプライアンスを重視してサービスを提供して行くとコメントしている。(2015/4/23)

FC2がコメント「今まで通りコンプライアンスを重視」
「FC2動画」をめぐり大阪市内のネット企業代表らが逮捕された事件で、FC2がコメントを発表。(2015/4/23)

テレダイン・レクロイ QPHY-USB3.1-Tx-Rx:
USB3.1コンプライアンス試験ソフト、試験時間を短縮しレポートも自動作成
テレダイン・レクロイ・ジャパンは、USB3.1送信機/受信機コンプライアンス試験パッケージ「QPHY-USB3.1-Tx-Rx」を発表した。同社製デジタルオシロスコープやレシーバトレランステスタと組み合わせることで、USB3.1の物理層試験を短時間で行うことができる。(2015/4/3)

顧客、従業員、企業、取引の関係を分析
あの金融不正を防げ、ゴールドマン・サックスが自社開発した“グラフ分析”の威力
米Goldman Sachsでは、自社開発のグラフ分析プラットフォームをコンプライアンスと不正検出に役立てている。不正行為も社会的な活動と捉えることができ、グラフ分析を適用可能だという。(2015/4/1)

企業の対策強化で人気職種に
「応募がたったの6人」、セキュリティ人材がどこも引っ張りだこの理由
セキュリティ脅威の増加で企業はセキュリティとコンプライアンスに長けた人材の採用に苦労している。そのような人材は賃金も上昇。企業にできることとは?(2015/3/26)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。