ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「データ統合」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「データ統合」に関する情報が集まったページです。

製造IT導入事例:
インドの物流効率化プロジェクトにデータ分析サービスを提供
NECは、同社のビッグデータ分析プラットフォーム「Data Platform for Hadoop(DPH)」と「データインテグレーション・分析サービス」を、インドの物流効率化プロジェクトを支援するために提供したと発表した。(2018/6/7)

データドリブンな企業の取るべき選択肢:
GDPR対策もリアルタイムマーケティングも、まずデータ統合から Tealium幹部が語る
2018年5月25日、いよいよ欧州でGDPR(EU一般データ保護規則)が施行される。企業はこれにどう向き合うべきなのだろうか。(2018/5/25)

ETLや名寄せツールを使いこなす
NTTコムウェアとUQコミュニケーションズに学ぶデータ統合の間違いないプロセス
データドリブンな意思決定を志向する企業が増えつつあるが、たくさんのデータを持っていればビジネスに有利といえば、必ずしもそうではないようだ。(2018/4/26)

OTとITを知り尽くす日立だからできる提案:
PR:IoTの成果を実感できる、現場データ統合と可視化で始めるスマートファクトリー
製造業におけるIoT活用に注目が集まる中、価値を生み出す源泉となる「データ」の重要性が増している。しかし、現実に目を向けてみるとOTとITのデータの収集や統合などに課題を抱えている現場も多く、将来的なスマートファクトリーの実現どころか、足元の改善すらままならないケースが見受けられる。こうした状況に救いの手を差し伸べるのがOTとITの双方に精通し、顧客との「協創」を通じてイノベーション創出を支援する日立製作所だ。同社が提案する「OTプラットフォーム」により、スマートファクトリー実現に向けた着実な第一歩が踏み出せる。(2018/3/22)

CMSと関連製品群を刷新:
「Sitecore Experience Cloud」が実現するもの――データ統合、機械学習、マーケティングオートメーション
新たに発表された「Sitecore Experience Cloud」で何が変わるのか。「Sitecore Digital Marketing Summit 2017」の講演からポイントを探る。(2017/11/14)

製造ITニュース:
データの利活用時に必要な準備作業を自動化する技術
富士通研究所は、データの整形や統合処理などデータの利活用時に必要な準備作業を自動化する技術を開発した。これまで膨大な時間を要していた、目的とするデータ統合結果を得るための組み合わせ探索処理を効率化することに成功した。(2017/10/4)

オバマケア「Healthcare.gov」の危機的状況を救ったデータベース:
PR:既存のRDB、NoSQLと何が違うのか マルチモデルデータベース「MarkLogic」の強みとその効果に迫る
RDBには限界があるとして「NoSQL」が多数登場し、それによってRDBの特定の課題を解決できるようになった。しかし、その多くがエンタープライズ向けではなかった──。「MarkLogic」は企業が求めるエンタープライズクラスの要件を満たしつつ、RDBが苦手としているデータの多様性もカバーした「NoSQLデータベース」だという。鍵は「ユニバーサルインデックス」と呼ばれる、リッチなインデックスとデータの保有の仕方だ。特にデータ統合の用途に強みを発揮するという、MarkLogicの「強み」と「その効果」をキーパーソンに聞いた。(2017/9/1)

購買履歴から行動履歴へ:
「スマホシフト」に挑むケンタッキー、膨大な顧客データをどう統合するのか?
日本でも有数のファストフードチェーン「ケンタッキーフライドチキン」。同社はこれまで、店頭での購買履歴を中心に顧客管理を行ってきたが、デジタルでの行動履歴を含めた顧客管理にシフトしようと、大規模なデータ統合を行っている。(2017/8/30)

単なるETLでは限界
ビッグデータ活用の最初の難関「データ統合」をどうする?
真のデータドリブン経営の実現には、レガシーシステムを含めたデータ統合が必要になる。だが品質を確保するには従来のETLツールでは限界がある。どうするか。(2017/6/30)

【新連載】今こそ見直す「データガバナンス」:
あなたの会社のデータ統合が進まない「4つの理由」
「マスターデータマネジメント」。少し前に注目を集めたこの言葉ですが、いまだに苦戦している企業が多いのが現実です。その理由について、取引先マスターを例に考えてみます。(2017/6/2)

「SAP HANA/BW connector」を用意:
マイクロソフト、「Azure Data Factory」でSAP HANA/Business Warehouseのデータロードに対応
マイクロソフトのクラウドベースのデータ統合サービス「Azure Data Factory」に「SAP HANA Connector」「SAP BW Connector」が追加された。SAP HANA/Business WarehouseのデータをAzureデータストアへ容易にロードできるようになる。(2017/3/23)

データを「つなぐ」、100%クラウドネイティブのiPaaSを投入:
アプレッソとテラスカイが連携 PaaS型データ統合サービス「DataSpider Cloud」を共同展開
アプレッソとテラスカイが、クラウド型データインテグレーションサービス「DataSpider Cloud」を共同開発。異なるシステムで稼働するアプリケーションソフトウェアの間で、目的とする一連の処理フローに沿ってデータを「つなぐ」役割を担う。2017年1月22日にサービスの提供を開始する。(2016/12/9)

あらゆるデータの統合とAIベースの意思決定を可能に:
IBM、「Watson」ベースのデータ統合/分析プラットフォーム「Project DataWorks」を発表
IBMが、「Watson」のAI技術を活用して迅速な意思決定を支援するクラウド型データ統合/分析プラットフォーム「Project DataWorks」を発表した。(2016/9/29)

エネルギー管理:
電気や水道の検針データを統合管理、自動検針システムを簡単に
三菱電機は水道メーターやガスメーターなどを手掛ける愛知時計電機と、検針データ統合管理システムの共同開発を開始する。三菱電機の配電制御ネットワークで検針データを一括管理し、自動検針システムの機器構成簡素化と管理コスト低減を実現するソリューションを提供する。(2016/6/17)

ホワイトペーパー:
クラウド活用で営業データを価値に変える分析力を身に付ける
Microsoft Cloudで、さまざまなデータを統合し、分析した結果を営業活動や業務効率化に活用することができる。データ統合から分析までの作業を画面を見ながら解説していこう。(2016/6/10)

120種類以上のデータ接続形式に対応:
インフォマティカ・ジャパン、クラウド〜オンプレミス間でのデータ統合ソリューションをリリース
インフォマティカ・ジャパンは2015年9月9日、クラウドやオンプレミスの環境上に分散したデータを統合するためのソリューション「Informatica Cloud Data Integration」の日本国内での提供開始を発表した。(2015/9/11)

突発的な運航変更でもメール配信:
ANA、Oracle製品を活用しメール配信システムの顧客サービス向上を実現
日本オラクルは10月9日、全日本空輸がオラクルの高速データベース「Oracle Exadata Database Machine」ならびにリアルタイム・データ統合ツール「Oracle GoldenGate」を採用し、国内路線顧客を対象にしたメール配信システムを刷新したと発表した。(2014/10/9)

企業の抱えるデータ連携・データ統合の課題を探る
データ連携の課題をまとめて解決! 鍵となる「データのサイロ化」の解消とは
TechTargetジャパンが行った読者調査から、多くの企業がデータ連携・データ統合に関する課題を抱えていることが分かった。具体的な問題点を考察するとともに、その解決策を探る。(2014/9/1)

顧客を通信事業者から一般企業に拡大:
独Enterest、ビッグデータのデータ統合で国内市場を開拓
ドイツに本社を置くEnterestは、一般企業を対象に、データ統合ツールおよび関連コンサルティングサービスを国内で展開する。同社と、その日本における代理店となっているアイエムが、8月7日に東京都内で説明した。(2014/8/7)

ホワイトペーパー:
事例に学ぶ、ビッグデータ活用に向けたデータ統合のアプローチ
ビッグデータを活用したいが、BIが硬直化していて新規要件を追加できない……。こうした課題を抱えているのなら、自社のデータ統合環境を抜本的に見直すチャンスだ。サービス業、小売業、製薬メーカーの事例を交えて、ビッグデータ時代のデータ統合のアプローチを解説する。(2014/6/12)

データ精度向上へ:
データドリブン組織を目指すなら避けて通れない「データ評価」、課題点を集約
ビッグデータのブームが落ち着き、現在多くの企業で実務レベルでのデータ統合/活用が進められている。しかし、統合データ戦略を実現しようとすればするほど山積みになる課題点を集約した。(2014/4/10)

センサーデータは消防活動にも有効
データ統合を果たしたスコットランド消防本部が待望するIoT時代
組織統合により、情報の一元化を迫られたスコットランド消防本部。ETLツールとBIで一元化とアウトプット体制を整備した先にあるのは、モノのインターネットの活用だった。(2014/4/10)

製造ITニュース:
生産活動データ共有による工場安全強化システムを共同開発――スマートインサイト
スマートインサイトのデータ統合可視化ツール「SMART/InSight G2 Open」を使って、旭化成エンジニアリングが構築してきた工場の安全・安定・安心運営を図る仕組みをシステム化。販売・導入支援を進めていく。(2014/3/24)

レッドハット、データ統合プラットフォーム「JBoss Data Virtualization 6」を提供
レッドハットは、企業内に散在するさまざまな大規模データを統合し、迅速なデータアクセスを可能にするデータ統合プラットフォーム製品「JBoss Data Virtualization 6」の提供を始めた。(2014/2/20)

日本オラクル、データ統合製品の最新版を提供
日本オラクルは、2つのデータ統合製品「Oracle GoldenGate 12c」「Oracle Data Integrator 12c」の最新版を提供する。(2014/1/30)

データ統合インフラ製品情報:
ETLエンジンにYARNを採用「Talend 5.4」
OSSのデータ統合プラットフォームであるTalend 5.4がリリースに。Apache Hadoopの関連プロダクトとして注目を集めているYARNをネイティブでサポートする。(2013/12/17)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
ビッグデータ時代の情報基盤という存在に アグラ
企業に散在するバラバラなデータをつなぐデータ統合基盤ソフトを開発・販売するアグラは、ソリューション提供へと事業範囲を広げている。その狙いとは――。(2013/12/3)

製品動向:
オラクル、「Data Integrator 12c」「GoldenGate 12c」発表
Data IntegratorもGoldenGateも「12c」に。自社データベース製品などとの連携を強化、大量データ活用を前提としたデータ統合を支援する。(2013/10/24)

シンプルなデータレプリケーションが成功の鍵
データ統合で「必要な時に必要なデータを」、成功企業の実例は
データ分析を考える際に欠かせないのが分析対象のデータを集める「データ統合」だ。世界のビッグデータ先進企業はこのデータ統合に注目している。海外や国内成功企業の事例と共に最新ソリューションを紹介する。(2013/8/1)

リバーベッド、ストレージへの接続を高速化する「Riverbed Granite」を発表
リバーベッドテクノロジーは、サーバおよびデータ統合のための新ソリューション製品「Riverbed Granite」ファミリーを発表した。(2013/7/29)

マルチデバイスに対応:
アタラ、マーケティングデータ統合管理プラットフォーム「glu(グル―)」の広告レポート機能を強化
PCやスマートフォン、タブレットなど複数のデバイスに配信した広告効果データを自動で収集/蓄積し、Excelレポートを作成できる。(2013/7/17)

グローバル管理会計を強化 カルソニックカンセイが「Hyperion」を導入
カルソニックカンセイは、オラクルの財務データ統合アプリケーション「Oracle Hyperion Data Relationship Management」を導入した。(2013/6/24)

NEWS
循環器部門向けデータ統合管理ソリューションを販売、GEヘルスケア・ジャパン
中小規模の医療機関を主なターゲットとして、循環器領域の診断・治療に必要な画像データや検査情報、解析データなどを一元的に管理するソリューションを提供する。(2013/2/18)

ホワイトペーパー:
サイロ化したシステムのコンソリデーションからBCPまで行う賢い方法
複数システムのデータ統合や高可用性担保による事業継続計画に関する課題の相談が増えている。ダウンタイム極小化、高速なデータ変換への厳しい条件に加え、IT投資へのコスト削減圧力は強い。年間総コストを3分の2に削減しながら期待に応えた事例を交え、解決策を紹介する。(2013/2/4)

オラクル、データ統合製品「GoldenGate」の最新版をリリース
「Oracle GoldenGate 11g R2」では大容量システムやグローバル環境への実装、異種プラットフォーム対応などが強化されている。(2012/9/26)

Maker's Voice:
データ統合化のボトルネックは「合意形成」 組織の壁をどう越えるか
データ活用の重要性が叫ばれる中、さまざまな組織に分散するデータの整理・統合がなかなか進まないというケースが少なくない。Informatica バイスプレジデントのジョン・シュミット氏は、「ICC」というコンセプトの導入を推奨する(2012/9/21)

NEWS
加古川市民病院機構、公立病院と民間病院のデータを統合し新人事給与システムに移行
公立病院と民間病院を合併して地方独立行政法人化するに当たり、両病院のデータ統合と新人事給与システムへの移行を6カ月で実施した。(2011/12/20)

日本IBM、医療分野向けのマスターデータ統合製品を発売
日本IBMは2400以上の医療機関などで導入実績があるデータ統合製品「IBM Initiate MDS」を発売した。(2011/5/17)

SAS、金融機関向けのデータ統合製品群を提供開始
SAS Institute Japanは、企業内に散在するデータの統合やビジネス分析などを可能にする「SAS Banking Analytical Architecture」を発表した。(2011/3/1)

アシスト、ETLベンダーの仏Talendと提携
アシストは、オープンソースベースのデータ統合ツールを手掛けるTalendと提携して、データ統合や品質管理、マスターデータ管理などの製品を国内提供する。(2011/2/24)

ホワイトペーパー:
従来比で約10倍性能が向上したシステム間連携の最適化手法
システム間のデータ連携部分をスクラッチ開発し続けるとデータの整合性確保が困難になったり、処理性能の劣化などが発生する。データ統合基盤の導入により、処理時間を従来の10分の1まで削減した事例を紹介する(提供:三菱電機インフォメーションテクノロジー)。(2010/11/19)

Informatica World 2010 Report:
「データ統合」は日本企業が復活を遂げる手段
企業内に散在するデータを統合してビジネスにつなげるという取り組みについて、日本企業は米国企業よりも数年の後れを取っていると言われる。米Infomaticaでアジア太平洋・日本地域を統括するソーウェデン上級副社長に展望を聞いた。(2010/11/5)

Informatica World 2010 Report:
ISVが生き残る道は「中立性」――InformaticaのCEO
データ統合ソリューリョンを専業とするInformaticaは、この分野では数少ない独立系ソフトウェアベンダーとなった。大手ベンダーとの競争をどう勝ち抜いていくかについて、ソヘイブ・アバシ会長兼CEOが言及した。(2010/11/5)

ここから始まる攻めのIT投資
生き残り戦略を支えるデータ統合プラットフォームの実力とは
これからの企業戦略のキーワードは「生き残り」だ。そのためには、業績データの分析がますます重要になる。しかし正確な分析が可能なデータをどれだけの企業が保持しているかは疑問の余地があるという。(2010/5/21)

NEWS
インフォテリア、マスターデータ統合管理ソフトの最新版「ASTERIA MDM One MI 1.2」を発表
大規模利用やITガバナンス適用において要望が高かったディレクトリサーバとの連携・認証機能を搭載し、各種仮想化プラットフォームなどにも対応した。(2010/3/18)

IBM、医療向けデータ統合ソフトベンダーInitiateを買収
IBMは医療機関向けにMDMソリューションを提供するInitiateを買収し、ヘルスケア分野での情報分析製品を強化する。(2010/2/4)

CRMでできること
ERP CRM早分かりガイド
ERP CRMソフトウェアは、顧客のトランザクションを把握できるだけでなく、顧客データ統合も可能だ。(2009/12/21)

顧客データ活用のABC:
PR:第3回:マルチチャネル環境下でのデータ統合
消費低迷環境下において顧客からの支持を得るためには、自社の顧客を深く理解する能力が求められる。当連載「顧客データ活用のABC」では、顧客データを分析し、活用に導く枠組みを解説してきた。第3回目では、これを実現するためのデータ基盤を考察する。(2009/9/16)

日立が提供する、ETLツールのスタンダード「DataStage®」
データ統合をスピーディーかつ低コストに実現する秘訣は「開発ツールの生産性」
日々データは蓄えられているのに、各システムに散在しており、戦略的に活用できていない。社内データの統合を試みたものの、膨大なコストが……。こうした課題を解決するのがETLツール「DataStage」だ。(2009/8/28)

2009年下半期の新戦略:
全方位外交でデータ統合を推進、インフォマティカ
(2009/5/13)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。