ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「脈拍」最新記事一覧

着るだけでドライバーの眠気を検知する「hitoe」ウェア 産学連携で実証実験
着用すると心拍データを取得できる機能素材「hitoe」を活用し、ドライバーの眠気を検知・通知するシステムの実証実験が始まった。(2016/5/11)

医療機器ニュース:
手首に機器を付けるだけで1拍ごとの血圧値を連続測定する技術を開発
オムロン ヘルスケアは、手首に機器を付けるだけで、心臓の拍動の1拍ごとの血圧を測定できる、連続血圧測定技術を開発した。46個のセンサーを1列に並べた、独自の圧力センサーを採用している。(2016/5/10)

MEDTEC Japan 2016:
PC作業中のバイタルモニタリングはマウスで、“低拘束”のセンサーで実現
アルプス電気は、「MEDTEC Japan 2016」において、脈拍に加えて、動脈と静脈のヘモグロビン度、酸素飽和度を同時に測定できる「ウェアラブル近赤外分光センサ」を展示。体の各所にセンサーを軽く当てるだけで計測できるという“抵拘束”も特徴の1つだ。(2016/4/28)

心拍数急上昇 超高層ビルの屋上でホバーボードに乗る男がギリギリを攻めすぎて怖い
ギリギリでいつも生きていたいから……!(2016/4/25)

MEDTEC Japan 2016:
動いてる間でも正確に脈拍を測定、ルネサスがスマートアナログマイコンで実現
ルネサス エレクトロニクスは、「MEDTEC Japan 2016」において、高精度に脈拍を測定できるソリューションを展示した。(2016/4/22)

肌に貼れる有機ELディスプレイ、東大が開発 脈拍数など表示
顔や手の甲に貼り付け、脈拍数などを表示できる有機ELディスプレイを、東京大学の研究チームが開発した。(2016/4/19)

ダイキン工業 Airitmo:
カラダに負担をかけずに生体情報を測定できるイス型センサー
ダイキン工業は独自センシング技術「Airitmo」を応用し、座っているだけで心拍情報などを測定できるオフィスチェア型センサーを開発した。(2016/3/2)

医療機器ニュース:
座るだけで心拍情報を測定するオフィスチェア型センサー
ダイキン工業は、座っているだけで心拍情報を測定できるオフィスチェア型センサーを開発した。これを用いて、室内環境の変化とオフィスで働く人の心拍変動の相関を分析する調査を、三菱地所と共同で開始する。(2016/3/1)

座るだけで心拍測定するオフィスチェア、ダイキンが開発 “仕事がはかどる空調”実現へ
座っているだけで心拍を測定できるオフィスチェア型センサーを、ダイキン工業が開発した。仕事がはかどる空気環境制御技術の開発につなげる。(2016/2/17)

ポラール、心拍モニター搭載のリストバンド型活動量計「Polar A360」に新色を追加
ポラールが心拍モニターを搭載したリストバンド型の活動量計「Polar A360」の新色、ソルベピンク、ネイビーブルーを発表しました。(2016/2/3)

Maxim Integrated Products MAX30102:
超低電力なパルス酸素濃度計/心拍数統合センサーモジュール
Maxim Integrated Productsは、赤色および赤外線LEDを内蔵し、LEDパルスを変調して酸素飽和度と心拍数の測定値を送信できるセンサーモジュール「MAX30102」を発表した。(2016/2/1)

医療機器ニュース:
ウェアラブル医療向けパルス酸素濃度計/心拍数統合センサーモジュール
Maxim Integrated Productsは、ウェアラブル医療やフィットネスアプリケーション向けに、パルス酸素濃度計および心拍数統合センサーモジュールの「MAX30102」を発表した。(2016/2/1)

パナソニックと京都大学が共同で開発:
非接触で心拍間隔を計測、ミリ波レーダーで
パナソニックは2016年1月20日、京都大学の「Center of Innovation(COI)」と共同で、非接触で心拍間隔を計測する生体情報センシング技術の開発に成功したと発表した。スペクトラム拡散ミリ波レーダーを用いて、心電計相当の精度で心拍間隔をリアルタイムに計測できるという。(2016/1/29)

医療機器ニュース:
ミリ波レーダーで居間にいる家族全員の心電図が見られる、センサーは10cm角に
パナソニックと京都大学が、両者が共同開発しているミリ波レーダーを用いた非接触の生体情報センシング技術について説明。心拍だけでなく心拍間隔も計測できる高い精度と、測定対象が1人だけでなく複数人数の同時計測が可能な点が特徴。将来的には、センサーモジュールを10cm角まで小型化することも視野に入れている。(2016/1/29)

VO2Max推定にも対応したGPSウォッチ「WristableGPS SF-850」
エプソンから高機能GPSウォッチ「WristableGPS SF-850」が登場。走行速度と脈拍から簡易的にVO2Max(最大酸素摂取量)の推計をする機能があります。マラソンタイムの予測なども可能です。(2016/1/28)

離れたところから心拍を測定 ミリ波レーダー活用 京大とパナソニックが開発
ミリ波レーダーとアルゴリズムを組み合わせ、離れたところから心拍数や心拍間隔を測る技術を、京都大学とパナソニックが共同開発した。(2016/1/20)

パルス酸素濃度と心拍数を計測可能:
医療用ウェアラブル向け統合型センサー、マキシム
Maxim Integrated Productsは2016年1月13日、パルス酸素濃度と心拍数を計測できる医療用ウェアラブル機器向け統合センサーモジュール「MAX30102」を発表した。(2016/1/13)

着るだけでカロリーを見える化、グンゼからIoT肌着
グンゼとNECが協力し、肌着として着用するだけで消費カロリーや姿勢、心拍数などを計測できる衣料型ウェアラブルシステムを開発した。伸縮性に富み洗濯も可能と常用も問題ない。(2016/1/6)

ドコモ、「hitoe」で取得した心拍数などの生体情報を活用できるSDKを無償配布
NTTドコモが「hitoeウェア」と「hitoeトランスミッター 01」を活用したアプリケーションなどの開発が可能なソフトウェア開発キット(SDK)の無償配布を行います。(2015/12/8)

心拍計測も可能なリストバンド型活動量計Fitbit「Charge HR」に新色登場
心拍数の計測やスマートフォンの着信通知などの機能を備えたFitbitのリストバンド型活動量系「Charge HR」に新色「タンジェリン」「ブルー」が登場しました。(2015/11/13)

これはお母さんも安心できそう 赤ちゃんに履かせるだけで脈拍数や呼吸をどこでもチェックできる靴下が登場
赤ちゃんの状態はスマホやタブレットなどでも確認することができます。(2015/10/24)

組み合わせ自由のモジュール式スマートウォッチ「BLOCKS」がKickstarterに登場
本体の「Core」モジュールに、心拍計やNFC、追加バッテリーモジュールなどを組み合わせて追加できる組み立て式のスマートウォッチ「BLOCKS」のキャンペーンがKickstarterでスタートした。キャンペーン価格はCore+ストラップが195ドルから。(2015/10/14)

車載用途に展開していた製品を応用:
心臓ペースメーカーの小型化に貢献するセラコン
村田製作所は、心臓ペースメーカーなどのインプラント医療機器向けに積層セラミックコンデンサを開発したと発表した。車載市場向けに展開していた信頼性の高いコンデンサの設計技術や品質管理を応用した製品となっている。同製品は、CEATEC JAPAN 2015において展示される。(2015/10/7)

ソニーモバイル、心拍センサー搭載の「SmartBand 2 SWR12」を10月17日発売
心拍センサーを搭載した新しいウェアラブルデバイス「SmartBand 2 SWR12」が日本で10月17日に発売される。価格は1万5000円前後。(2015/9/28)

iPhoneで心拍数を記録したいなら
(2015/9/24)

バイブレーションとスマート通知を搭載した「Polar Loop 2」発売
心拍計と連携できるGPSウォッチや活動量計をラインアップするポラールが、スマホ連携機能を強化した活動量計「Polar Loop 2」を発売しました。(2015/9/18)

心拍センサー搭載で:
ソニー「SmartBand 2」はストレス度も分かる!?
ソニーモバイルコミュニケーションズは2015年8月、リストバンド型ウェアラブル端末「SmartBand 2」を世界60カ国で発売すると発表した。加速度センサーに加えて新たに心拍センサーを搭載。脈拍と心拍変動を計測することで興奮度やストレス度を測定できるという。(2015/8/24)

iOSにも対応:
ソニーモバイル、心拍センサーを内蔵した「SmartBand 2」を発表
ソニーモバイルのリストバンド型ウェアラブル製品「SmartBand 2」が、世界各国で9月から発売される。心拍センサーを内蔵しており、興奮度やストレスレベルを計測できる。iOSとも連携可能だ。(2015/8/21)

サッカーJ1の松本山雅FCが「PULSENSE PS-100T」を導入 心拍トレーニングに活用
J1リーグ所属のサッカーチーム、松本山雅FCが、脈拍計測機能を搭載したエプソンの活動量計「PULSENSE PS-100T」をトレーニングに導入すると発表しました。(2015/8/17)

機能素材「hitoe」で空港作業員の心拍リアルタイムに観察 JALとNTTコム、東レが安全管理システムの実証実験
着るだけで心拍数などを計測できる機能素材「hitoe」を活用し、屋外で作業する空港作業員の安全管理を行うシステムの実証実験がスタートした。(2015/8/17)

健康レベルをモニターするウェアラブル機器向け:
低消費電力と精度の向上を実現した光学式センサー
オスラム オプトセミコンダクターズは2015年8月、脈拍数と血中酸素濃度を測定する光学式センサーの製品ラインアップを拡充したと発表した。健康レベルをモニタリングするスマートウォッチやフィットネス用のアームバンドなどのウェアラブル機器に適しているという。(2015/8/17)

“出会い”は人工知能が決める!Apple Watch×マッチングの最前線
出会い系アプリ「Tinder」のプラットフォームとApple Watchの心拍数計測機能を使った、新感覚のマッチングサービスがアメリカで発表されました。人工知能やビッグデータを使ったテクノロジーやサービスが私たちにとって身近になっていることを実感します。(2015/8/7)

ついに登場した「UP3 by Jawbone」 1カ月使用レビュー
心拍センサーを新たに搭載した「UP3 by Jawbone」。発売前の1カ月間触ってみて分かった使用感をご紹介します。(2015/8/2)

心拍や血圧、動脈血酸素飽和度などがモニターできる小型医療機器「チェックミー」
アプリや活動量計よりももっと正確に血圧や心拍、動脈血酸素飽和度などを記録したい。そんなニーズに応えるコンパクトな医療機器が登場しました。(2015/7/29)

医療機器ニュース:
ベッド上の患者の生体情報を一元管理するシステム
パラマウントベッドは、ベッド上の患者の脈拍数・呼吸数を非装着で連続測定し、生体情報を一元管理する「スマートベッド システム」を発表した。取得した情報は、ベッドサイドの端末などと24時間リアルタイムで共有できる。(2015/7/28)

寝たまま何も装着せずに脈拍や呼吸を測定できる「スマートベッド」 パラマウントが発売へ
ベッドに寝ている患者の脈拍数・呼吸数を非装着で連続測定でき、ナースステーションなどの端末に配信できる「スマートベッドシステム」をパラマウントベッドが開発した。(2015/7/15)

PULSENSEをアップデートするとスマホアプリでの結果表示が約10倍高速に 「PULSENSE サクサク!キャンペーン」も実施
エプソン販売が、脈拍計測機能付きの活動量計「PULSENSE」のファームウェアをアップデート。計測結果の表示時間が大幅に短縮されます。(2015/7/1)

ドップラー効果で体表面の振動を検出:
3m離れていても心拍数を測定できるマイクロ波センサー
シャープは、3m離れた場所でも心拍数や呼吸数を計測できるマイクロ波センサーモジュールを開発した。(2015/6/25)

PayPalエバンジェリスト、生体認証を語る
心拍認証から人体埋め込み型認証デバイスまで、個人認証手段はどこまで進む?
個人認証技術は今後、人体との融合に向かって進むのか? 指紋認証は静脈そして心拍認証へと体内機能に近づいていき、さらに人体にデバイスを埋め込む方法が検討されている。(2015/6/12)

樫尾俊雄発明記念館:
現代のスマートウォッチよりスゴイ?――カシオの歴代多機能時計はこんなにユニークだった
6月10日から7月24日まで「樫尾俊雄発明記念館」、カシオ計算機の歴代多機能時計が展示される。ゲームができる腕時計、放射温度計がついた腕時計、心拍数を測れる腕時計など、数々のユニークな製品を見ていきたい。(2015/6/6)

Apple Watch、「入れ墨は心拍センサーに影響する」とAppleがヘルプに追加
入れ墨(タトゥー)を入れた腕に巻くと、Apple Watchのセンサーが正常に働かないという多数のクレームを受け、Appleがヘルプページに「入れ墨によってはセンサーの光が遮断されて正確なデータ読み取りができない可能性がある」という文言を追加した。(2015/5/2)

MEDTEC Japan 2015:
ベッドに取り付けるだけで脈拍数を計測、介護や見守りの負担軽減へ
村田製作所は、「MEDTEC Japan 2015」で、ベッドに取り付けるだけで脈拍数や呼吸数を検知できるセンサーを展示した。人間は、心臓が鼓動を打つ時に身体がわずかに振動する。同センサーは、ベッドを通して伝わってくる、そのわずかな動きを感知することができるという。(2015/4/27)

5日間連続動作する脈拍計測機能付き活動量計「Fitbit Charge HR」の真価
Jawbone UP3に強敵現る――。防水性能や脈拍計測機能を備えた活動量計として、米国で人気の「Fitbit Charge HR」が発売されました。5日間のバッテリー駆動が可能で、毎日充電する必要がありません。(2015/4/27)

ニコニコ超会議2015:
前から後ろから上から下から360°怖い「360°ホラームービー」がめっちゃ怖かった
心拍数が表示される羞恥プレイ。(2015/4/25)

「Apple Watch」のバッテリーは205mAh、プレスチモグラフを搭載──iFixitの解剖で分かったこと
iFixitが発売当日に「Apple Watch Sport」(38ミリ)を分解したところ、バッテリーの放電容量が205mAhであることや、心拍数計センサーにはプレスチモグラフ(体積変動記録装置)の機能もあることなどが分かった。修理しやすさは10点満点中5点だった。(2015/4/25)

MEDTEC Japan 2015:
体に当てるだけで脈拍などが計測可能に、アルプス電気のウェアラブル近赤外分光センサー
アルプス電気は「MEDTEC Japan 2015」において、体に当てるだけで脈拍などを計測できるウェアラブル近赤外分光センサーや介護ロボット向けのフォースセンサーやBAW式ジャイロセンサーなどを展示した。(2015/4/23)

MEDTEC Japan 2015:
3.5mm角の超小型Bluetoothモジュールで実現、ばんそうこう型ウェアラブル端末で体温管理も簡単に
TDKは「MEDTEC Japan 2015」で、IC内蔵基板を活用したBluetooth LE通信モジュールなどを展示した。3.5mm角という超小型サイズを生かし、ばんそうこう型の体温/心拍モニタリング用端末など、さまざまな形状に応用できる可能性がある。(2015/4/22)

「Apple Watch」の敏感肌向け注意事項と心拍数計の仕組みの解説ページ
Appleが公式サポートページに、Apple Watchのお手入れや敏感肌ユーザーへの注意事項と、心拍計の仕組みを解説するページを追加した。(2015/4/21)

PR:自分の今を知り、変えていく――ポラール のウェアラブル「Loop」「M400」「V800」それぞれの活用法
小型の心拍モニターにルーツを持つスポーツウォッチメーカー、ポラールの製品は、正確に運動量を把握する機能が充実しているのが特徴です。運動をしようと思い立ったら、いきなりランニングを始めるのではなく、こうした機器を使って毎日を分析し、自分に合った運動をしていくのがポイントです。(2015/4/20)

片岡義明の「こんなアプリと暮らしたい」:
顔の撮影で心拍数を計測、心をリラックスさせるアプリ「Pace Sync」
今回紹介するのは、心の緊張を緩和するiPhone/Androidアプリ「Pace Sync」。スマホのカメラで顔を撮影するだけで心拍数を計測し、ユーザーを落ち着かせる動画を再生する。(2015/4/9)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。