ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「Diginnos Mobile DG-W10M」最新記事一覧

Windows 10 Mobile搭載スマホを購入するには?
(2016/7/11)

Enterprise IT Kaleidoscope:
低シェアのWindows 10 Mobile、ビジネス利用で大化けするのか
市場シェアの低いWindows 10 Mobileは、個人ユーザーの間に広まるとは考えにくいが、逆にその状況が企業ユーザーの心を掴んで大化けするだろう。その理由を示してみたい。(2016/6/2)

Tech Basics/Keyword:
Windows 10 Mobile
スマートフォン/小型タブレット向けOSの「Windows 10 Mobile」。PC向けWindows 10との共通点や違いは? 注目すべき点をまとめる。(2016/2/23)

Windows 10 Mobile、ぞくぞく:
ドスパラが放つ、2万円切りWindows 10 Mobileスマートフォン「Diginnos Mobile DG-W10M」をチェックする
ついにサードウェーブデジノスからWindows 10 Mobileを搭載したスマートフォン「Diginnos Mobile DG-W10M」が発売された。外観からベンチマークテストまで見ていこう。(2015/12/22)

Surface Pro 4とWindows 10 Mobileがついに登場:
PR:顔認証や音声アシスタント、ペン描画を活用したUniversal Windows Platformアプリ開発の魅力に迫る
日本マイクロソフトは11月20日に都内で「1日でWindows 10に対応したアプリ開発手法が習得できるハンズオン〜 Windows 10 UWP Workshop」を開催。4つのWindows 10 Mobile端末やSurface Pro 4、カメラの顔認識や指紋認証による生体認証機能「Windows Hello」、音声認識アシスタント「Cortana」とアプリの連携など、Windows 10の特長を生かしたアプリ開発の魅力を紹介する。(2015/12/14)

サードウェーブデジノス、Windows 10 Mobile搭載スマートフォン「Diginnos Mobile DG-W10M」予約受付を開始
サードウェーブデジノスは、OSとしてWindows 10 Mobileを導入したスマートフォン「Diginnos Mobile DG-W10M」の予約受付を開始した。(2015/12/11)

サードウェーブ、Windows 10 Mobile搭載SIMフリースマホのスペックを公開
サードウェーブデジノスは、9月に開発を発表したWindows 10 Mobile搭載スマートフォンの液晶画面サイズなどスペックを公開した。(2015/10/14)

サードウェーブデジノス、開発中のWindows 10 Mobile搭載スマートフォンの概要を公表
サードウェーブデジノスは、開発開始を9月にアナウンスしたWindows 10 Mobile搭載スマートフォンについての続報を発表した。(2015/10/14)

VAIOら3社、日本向けに「Windows 10 Mobile」デバイスを開発中
日本マイクロソフトは、VAIO、日本エイサー、トリニティの3社が日本向けの「Windows 10 Mobile」デバイスを開発中であることを発表した。【追記あり・画像追加】(2015/10/14)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。