ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「ITmedia エグゼクティブセミナーリポート」最新記事一覧

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
グローバル競争に向けまったなし――サイバーセキュリティー強化が日本のIoTビジネス成功の鍵
IoT時代の到来で高まるサイバーセキュリティーのリスクをどう管理すべきか。セキュリティーを品質の1つとして定義し、競争優位に生かす新たな取り組みについて議論する。(2016/6/22)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
ASEAN市場でプレゼンスの高い日本企業――成功のための経営戦略とIT戦略を学ぶ
巨大市場となるASEAN。文化も経済状況も異なる国の集合体で、日本企業が成功するためには、どのような経営戦略とIT戦略が求められているのだろうか。(2016/3/31)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
ワークスタイル変革はビジョンや環境、文化の改革とIT活用で
これまで多くの企業にとって、働き方の変革は、一部の社員を対象にした在宅勤務制度のように極めて限定的な取り組みだった。しかし、もはや単なる福利厚生でなく、優れた人材の確保や生産性の向上など、企業の成長を支える「経営戦略」として取り組まれようとしている。(2015/11/25)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
多様化、高度化する脅威に組織で立ち向かう──CSIRT構築の勘所
情報セキュリティへの脅威はますます深刻化しており、不正アクセスもその手口が巧妙化するとともに、特定の企業を狙い、より効率良く経済的な価値の高いデータを盗み取ろうとする傾向が強まってきている。日本の企業が組織で立ち向かわなければならないサイバーセキュリティ対策とは。(2015/10/7)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
CISOを探せ!──セキュリティと経営を理解できる人材がサイバー攻撃から企業を救う
相次ぐサイバー攻撃で、情報漏えい事件のニュースを耳にしない日はないほどだ。サイバー攻撃が、ますます巧妙になる現在、技術的な対策はもちろん、社内体制の確立の両面から対応していかなければならない。(2015/7/31)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
シンクライアント導入で重要なのはデジタル化でやりきるという“志”
アナログの情報をデジタル化することで、ネットワークを介し、いつでも、誰でも、どこにいても、同じタイミングで情報を利用できるようになる。そのためには、シンクライアント活用という手法がある。(2015/7/7)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
「失敗しない人は成功もしない」――アインシュタインの言葉はデータ解析にも通じる
社内外のデータ資産を活用して、イノベーションを起こす企業がある一方、データを武器にしきれていない企業もある。企業がデータ活用を推進し、確実に成果を得るための3つの要諦とは。(2015/1/28)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
情報セキュリティはガバナンスの一部――グループ企業全体としてのガバナンスが重要
「第28回 ITmedia エグゼクティブフォーラム」の基調講演に、デロイト トーマツ サイバーセキュリティ先端研究所 所長の丸山満彦氏が登場。「グローバル・ガバナンス強化とセキュリティ」と題し、これからの企業のグローバルセキュリティのあり方について講演した。(2014/11/26)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
政府や重要インフラへの攻撃から日本を守るサイバーセキュリティ戦略
「第31回 ITmedia エグゼクティブセミナー」の特別講演に、内閣官房 情報セキュリティセンター 内閣参事官の三角育生氏が登場。「我が国のサイバーセキュリティ政策について」をテーマに講演した。(2014/10/22)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
サイバー攻撃は現実の脅威――ヤフーだけが特別ではなくすべての会社が対象
「第31回 ITmedia エグゼクティブセミナー」の基調講演に、ヤフー 社長室 リスクマネジメント室 プリンシパルである高元伸氏が登場。「セキュリティリスクをどう管理する その対策は何故するのか」をテーマに講演した。(2014/10/8)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
2020年の東京オリンピックはITインフラを再構築する絶好のチャンス
7月4日に開催された「第30回記念 ITmedia エグゼクティブセミナー」の基調講演に、セコム 前会長である木村昌平氏が登場。セコムでの経験を交え、「東京五輪に向けた世界最高水準のIT社会づくり 〜イノベーションと情報セキュリティを考える」をテーマに講演した。(2014/8/6)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
ヒト、モノ、世界をつなぐテクノロジーとして重要になるクラウド
グローバルで戦うためのIT戦略としてクラウド活用が注目されている。ITを駆使した新しいビジネスをシステム部門がリードするためには、新たなチャレンジが必要。(2014/5/2)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
「X経営」の実践こそがグローバル市場における日本企業の本質的な勝ち方
“失われた20年”と言われる不況の時代にも、成長している企業はあった。その企業がどのように成長したのかを学ぶ方が、失われた20年を嘆くよりも有効ではないか。(2014/4/30)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
グローバルで戦うためのIT戦略には創造的破壊を進める勇気も必要
ITを駆使した新しいビジネスを、システム部門はリードできているのか。多部門の業務にも果敢に挑み、「とりあえずやってみる」という楽観主義も持ちあわせながら、新しい姿に変えていってほしい。(2014/4/23)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
IT業界における30年間の経験を生かし日本の次世代リーダーを育成する
外資系企業で働き「日本は最高だ」と感じた。日本のことを正しく海外に伝え、海外のことを日本に伝える。次世代リーダーの育成から日本を元気にしたい。(2014/2/12)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
1店舗ずつ黒字化しながら海外に展開――無印良品に学ぶグローバル経営
海外の連結売上高構成比20%を達成し、24カ国に展開している「無印良品」。ビジネスモデル、オペレーション、人材育成などからその成功の秘訣を解き明かす。(2014/2/5)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
ビッグデータ分析がビジネスの勝敗を分ける──カギはデータサイエンティストの育成
アナリティクスとは多様化するデータをいかに取り扱うか。従来型の構造化された企業データはもちろん、ソーシャルメディアの情報や各種センサー情報、位置や地図の情報、画像、動画など急増する非構造化データを、いかに有効活用するかが重要だ。(2013/12/18)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
グローバル革命が製造業を革新――高度な経営のかじ取りが求められる今後の製造業
今日のグローバル化は新興国革命、金融革命、デジタル革命の3つが複合的に関与する強大なうねりとなっている。日本企業が生き残るためにはなにをすべきか。(2013/11/20)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
グローバリゼーション3.0――高度な経営のかじ取りが求められる製造業をITで支援
「グローバリゼーション3.0、これからが製造変革の正念場」をテーマに「第28回 ITmedia エグゼクティブセミナー」が開催された。IT革新によりグローバル化が加速し、新興国の原動力となっているグローバリゼーション3.0において、製造業の変革はいかにあるべきかが考察された。(2013/11/13)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
攻撃されないサーバはない!――進化するサイバー攻撃から学ぶセキュリティ対策
「最新サイバー攻撃生実演!攻撃から学ぶ対応策」をテーマにネットエージェントの代表取締役社長、杉浦隆幸氏が登壇。標的型攻撃とホームページの改ざんの傾向と対策について、デモを交えて講演した。(2013/10/25)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
まず敵を知ること――事象から考えるサイバーセキュリティ対策のあり方
サイバーセキュリティ対策の大原則は、まず敵を知ること。攻撃がどのタイプなのか、相手の最終目標を把握しなければ有効な対策を施すことはできない。(2013/10/23)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
サイバー攻撃から学ぶIT経営時代のセキュリティ対策
「もはや対処療法では守り切れない! サイバーテロ時代の情報セキュリティ」をテーマに「第27回 ITmedia エグゼクティブセミナー」を開催した。サイバーテロや情報漏えいなどのリスクは、どの企業にもあるということを前提としたプロセスづくりや体制づくりをはじめとする新たなアプローチについて紹介された。(2013/10/17)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
標準化によって少子高齢化や災害医療の課題に立ち向かう「コンティニュア」の取り組み
2月27日に開催された「第23回ITmediaエグゼクティブフォーラム」では、「ビジネスを変革するM2M」をテーマに、各国での標準化の取り組みや、実際の事例が多く披露された。特別講演に登壇した、インテル イノベーション事業本部デジタルヘルス事業部事業部長の田上信介氏は、M2Mのヘルスケア分野における普及と標準化に取り組んでいる業界団体「コンティニュア・ヘルス・アライアンス」の活動について紹介を行った。(2013/4/17)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
M2Mで日本が世界に先駆けるために必要な「視点」と「戦略」
2013年2月27日に開催された「第23回ITmediaエグゼクティブフォーラム」において、基調講演を行った独立行政法人情報通信研究機構執行役の富田二三彦氏は、「M2M/IoT:スマートコミュニケーション社会で世界に先駆けるビジネス戦略」と題し、M2Mに関連して世界各国で進められている「標準化」の取り組みの現状や、それに対して日本のメーカーやサービス事業者はどのようなスタンスでかかわっていくべきかについての提言を行った。(2013/4/15)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
モバイル活用で流通業界に新風――日本の「おもてなし」をアジアへ
アイティメディアは12月4日に、“反転攻勢へ、モバイルワークスタイルと経営革新”をテーマに「第26回 ITmediaエグゼクティブセミナー」を開催。特別講演には、メディアフラッグの代表取締役社長、福井康夫氏が登場し、「流通業界に新風、モバイルシステムの活用で、16万人のスタッフが日本の店頭サービスをさらにきめ細かく」と題した講演を行った。(2012/12/27)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
イノベーションを生み出すネットワーク組織の推進にモバイルは不可欠
モノ作りからコト作りへ。モノ作りは、製品を開発するための階層型の組織。コト作りは、人が中心でネットワーク型の組織による支援体制が必要。つまり社員の成長が会社の成長につながる「自律社会」となる。(2012/12/25)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
JAL再建や病院黒字化の事例にみる「アメーバ経営」とは――KCMC 浅田社長
JAL再建、そして20あまりの医療機関の黒字化など、京セラ発祥の「アメーバ経営」は他の企業などでも効果を発揮している。10月26日に開催された第25回ITmedia エグゼクティブセミナーの特別講演「アメーバ経営と経営改革〜企業経営の原点を考える〜」から、その考え方や実例について紹介する。(2012/12/4)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
標的型攻撃メールの訓練で気付きのきっかけを
9月11日に開催された第24回 ITmedia エグゼクティブセミナーの特別講演で、内閣官房情報セキュリティセンター 内閣参事官の三角氏は霞ヶ関の政府関係機関を中心とした情報セキュリティ対策について語った。(2012/11/5)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
予防策にのみ頼ってはいけない
9月11日に開催された第24回 ITmedia エグゼクティブセミナーの基調講演で、ラックの西本氏は情報セキュリティの最新トレンドについて語った。(2012/10/29)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
IT革命の成果を、そして個人の能力を生かす組織へ変革せよ
7月17日に開催された第21回 ITmedia エグゼクティブフォーラムで、“iモードの生みの親”夏野剛氏が「新たなビジネスモデル創出の極意」を語った。(2012/8/23)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
経営のアジアシフトこそ、新興市場で勝ち抜く道
世界のあらゆる企業にとってアジアの新興国市場はすでに主戦場だ。中国の次の市場の選定を進める企業も少なくない。グローバル化に後れをとる日本企業は、新興諸国でいかに勝負すべきなのか。(2012/4/26)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
日本企業のグローバル化が成功しないわけ──NEC元副社長・川村氏
日本企業は欧米などと比較すると、グローバル化に遅れをとっているのが実情だ。コンピュータの黎明期から事業に携わっていたNEC元副社長の川村敏郎氏は、その理由を日本企業の“異質さ”にあると語気を強める。(2012/4/18)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
「想定外」に企業が対応するための勘所とは 安井あらた基礎研究所所長
人間の能力には限界があり、どれほど多彩なケースを想像していようと予想外の状況があり得る。経営レベルでみても「想定外」の事態が生じる可能性を排除することはできない。そのような状況に、企業が備えることは可能なのだろうか。東日本大震災などから教訓を得た、新たなBCMの可能性について探る。(2011/10/28)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
今の日本に必要なリーダーは「狩猟」か「農耕」か? 佐々淳行氏
初代内閣安全保障室長の佐々淳行氏は、危機対応能力は個人の性質に依存すると説明する。「狩猟民型」か「農耕民型」かの違いだ。その性質を踏まえた上で、組織はどのようにして危機に備えるべきか。(2011/10/24)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
福岡からアジアへ! 効果的な情報活用で事業拡大に挑むトライアルカンパニー
全国で130以上の店舗を展開するトライアルカンパニーは、“ビッグデータ”時代を見据えて、情報システムの刷新に踏み切った。それに至った背景とは?(2011/10/13)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
乗客の動きをとらえ、地域経済を活性化した西日本鉄道
このたび開催された「第17回 ITmediaエグゼクティブフォーラム」の基調講演に登壇した西日本鉄道 ICカード事業部の奥村洋介課長は、同社の交通系ICカード「nimoca」を活用したさまざまな取り組みを解説した。(2011/9/30)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
「BCPは“使える”内容であることが望ましい」――大和総研、鈴木孝一専務
「非常時にしか役に立たない上に費用がかかる」といった評価をされがちだったBCP(事業継続計画)。しかし、上手な導入・活用で日頃から使えるBCPを実現している企業もある。どのような方法なら役に立つのか。(2011/8/31)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
ワークライフバランスは人生にも企業にも、そして社会にも好循環を作り出す
景気低迷で職場崩壊が進む中、先の震災もあり、多くの企業で働き方の多様性、ワークスタイルの変革によって職場の活力を取り戻さなければならないと痛感しているはずである。経営戦略として捉える重要性と、取り組み方をワーク・ライフバランスの小室淑恵社長が語った。(2011/7/12)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
「ITを業務の一部に組み込むことで競争優位を確立せよ」――早稲田大学、根来教授
企業の競争力はさまざまな要素が複雑に絡み合っているために、ITと競争優位との関係を明確に示すことは難しい。とはいえ、ITはもはや企業に欠かせない存在であることも事実。根来氏によると、そこでのポイントは、ITがコア業務に埋め込まれているか否かだという。(2011/6/21)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
「メール大好き文化」からの脱却を目指しユニファイドコミュニケーションの導入へ
オフィスワーカーのコミュニケーションを効率化し、働き方の多様性を高めると期待されるユニファイドコミュニケーション(UC)。インテリジェンスでは、その効果を評価しつつ、段階的にUCへの移行を進めようとしている。(2011/6/20)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
毎日使って慣れ親しんでいるコミュニケーションツールだからこそ震災時にも役立つ――日本マイクロソフト 越川CQO
3月11日に発生した東日本大震災を受けて、コミュニケーションツールのあり方が問い直されている。日本マイクロソフトでは、日頃から取り組んできたワークスタイル変革が、震災直後の従業員安否確認から、オフィスの電力消費を抑えるための在宅勤務まで、さまざまな面で役に立ったという。(2011/6/16)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
「クラウドのために組織体制を見直すべき」――大和総研、鈴木専務
大和証券グループは8年を費やしてきたシステム刷新を2010年に完了させた。そこで注目されるのが、クラウドをシステム構築に積極的に取り入れた点。そのメリットを極大化するために、同社では事務業務を抜本的に見直した。(2011/4/11)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
「真の価値創造のために同質化競争からの脱却を」――一橋大学、延岡健太郎教授
日本の製造業は大きな転換期を迎えている。従来型のモノづくりでは価値を創出することが困難になっていることがその背景にある。この変化を乗り越えるためには、モノづくりのあり方を改めて見直すことが不可欠だ。そこでのキーワードが、顧客が主観的に決める価値である「意味的価値」だ。(2011/4/4)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
変革のエンジンとなるプロジェクトチームの作り方――シグマクシス、倉重会長
第18回 ITmedia エグゼクティブセミナーでは「社員こそ競争優位の源泉 ワークスタイル変革で新たな価値創造を」というタイトルのもと、さまざまなスピーカーが熱弁をふるった。基調講演ではシグマクシス会長の倉重英樹氏が、企業に競争力とイノベーションをもたらすワークスタイル変革について持論を展開し注目を集めた。(2011/3/31)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
「クラウドで新たなイノベーションを起こせ・興せ!」――バンテック、加松氏
クラウドを利用すれば、一定の適正な利用料を支払うことで、自社では構築が難しい高度・高価なアプリケーションの利用環境を整備できる。その点を高く評価し、バンテックはマイクロソフトの「Microsoft Exchange Online」で、クラウドベースのメールシステムを整えた。(2011/3/28)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
「イノベーティブ経営の実践に向け、人のつながりを把握せよ」――東京工業大学、飯島教授
組織内における人と人とのつながりは、組織の業績を大きく左右する。各種調査によってもこのことは実証されてきた。では、組織における人と人のつながりを陽表的に把握するためには、どのような手法が効果的なのか。その観点からここにきて注目を集めているのが、「DEMO」(Design and Engineering Methodology for Organization)である。(2011/3/25)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
スイートスポットで見るアジア市場戦略――A.T. カーニー、深沢政彦氏
第11回 ITmedia エグゼクティブ ラウンドテーブルでは、「アジアで勝つ 世界で勝つ」というテーマに合わせ、A.T. カーニー パートナー 深沢政彦氏が「日本企業のアジア市場における必勝法」と題した基調講演を行った。(2011/3/24)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
「組織の壁を壊すことがWeb最適化への第一歩」――リクルート、友澤大輔氏
情報誌やインターネットなどさまざまな媒体を手掛けるリクルートは、紙からWebへ事業の軸足を移しつつある。そのために同社では、各事業での実践的なマーケティングノウハウの実践のみならず組織に横串を通す組織を設立するなど、全社を挙げてWeb媒体の収益化につなげる活動を推進している最中だ。(2011/3/22)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
「プラットフォームの整備は今からでも遅くない」――ネットイヤーグループ、石黒氏
日本企業が再び活力を取り戻すためには何が必要なのか。ネットイヤーグループの石黒氏によると、そこで求められているのが、企業と消費者とをダイレクトに結ぶプラットフォームなのだという。では、その整備をいかに進めればよいのか?(2011/3/15)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
いま日本企業が目指すべき学習優位の戦略論――一橋大学の名和教授
元マッキンゼー&カンパニーディレクターで、現在は一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授の名和高司氏が「いま日本企業が目指すべき学習優位の戦略論」とのタイトルで、経営コンサルタントとしての永年の経験を元に日本企業の新たな成長戦略を語った。(2010/12/7)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。