ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「リスクマネジメント」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「リスクマネジメント」に関する情報が集まったページです。

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第3話:妨害工作(後編)
企業を守るサイバーセキュリティの精鋭部隊「CSIRT」のリアルな舞台裏を目撃せよ――イベントを告知したばかりの「ひまわり海洋エネルギー」を、突然の同時多発インシデントが襲った。社内の各部署やマスコミへの対応を求められ、新生CSIRTがとった行動とは……?(2018/7/20)

ライバルはRIZAP?:
“チケキャン後”のミクシィ、「健康」と「スポーツ」に打って出る狙い 木村新社長に聞く
ミクシィの新社長にモンストの生みの親、木村弘毅氏が就任。閉鎖した「チケキャン」なき後、ミクシィは「健康」と「スポーツ」に打って出る。(2018/7/13)

Gartner Insights Pickup(67):
GDPR対応のポイント早分かり
GDPRは、EU居住者の個人データを処理、保持する全ての組織に、その所在地にかかわらず適用される。本稿では、さまざまなビジネスおよびITリーダーにとって最も重要な事項をまとめて紹介する。(2018/7/13)

IoTによって製品品質を向上する(5):
不具合の連鎖を断つ、品質問題発覚時の展開ステップと対応策
IoTの活用が広がりを見せていますが、上手に活用すれば製品品質の向上につなげることも可能です。本連載では、最新の事例を紹介しながら、IoTを使って製品の品質をどう向上させるかについて説明していきます。最終回となる今回は、「IoTのフェーズ」をテーマに解説します。(2018/7/11)

IT部門は何ができるか
最大のリスクは「ユーザー」と「GDPR」 専門家が語るクラウドセキュリティの危機
「企業がクラウドのセキュリティ脅威に対策するよりも、クラウドの成長は早い」と専門家達は口をそろえる。だが、リスク管理は手の届くところにある。専門家が挙げた具体策は。(2018/7/10)

全ての悩めるCISOにささげる――「CISOハンドブック」はいかにして生まれたか
2018年5月、「CISOハンドブック Ver. 1.0β」が公開された。NPO日本ネットワークセキュリティ協会のCISO支援ワーキンググループのメンバーによって作成されたこのハンドブックは、どのような狙いを持って作成されたのだろうか。中心となった4人のキーパーソンに、このドキュメントに込めた願いを聞いた。(2018/7/6)

経営者のセキュリティ意識の高まりが追い風に:
Gartner、セキュリティ部門が対応すべき6つのトレンドを指摘
Gartnerは、セキュリティリーダーは、セキュリティおよびリスク管理の6つの新しいトレンドを利用し、自社の回復力の強化や、セキュリティ部門の評価の向上に取り組むべきだと提言した。(2018/7/5)

企業での活用のヒントをつかむ:
PR:知っておきたいRPAの本質的な効果、将来の働き方を変えるかもしれない可能性を秘める
「富士通フォーラム2018 東京」が開催され、「Human Centric Innovation:Co-creation for Success」をテーマに多数の講演と展示が行われた。(2018/6/25)

転職市場、崩れた“年齢の壁” 50歳以上を積極採用、能力重視進む
人手不足を背景に活況な転職市場で、中高年層の存在感が高まっている。年齢にとらわれずに能力を持った人材を積極的に獲得する企業が増え、転職の“年齢の壁”が崩れ始めた。(2018/6/11)

中高年層の存在感:
転職市場、崩れた“年齢の壁” 50歳以上を積極採用、能力重視進む
人手不足を背景に活況な転職市場で、中高年層の存在感が高まっている。就職・転職サービス大手のリクルートキャリアによると、2017年度の50歳以上の転職決定数は09年度の1.8倍以上、16年度比でも2割超の大きな伸びだという。(2018/6/11)

転職市場、崩れた“年齢の壁” 50歳以上を積極採用、能力重視進む
人手不足を背景に活況な転職市場で、中高年層の存在感が高まっている。(2018/6/8)

Gartner Insights Pickup(63):
サイバーセキュリティQ&A:今日の脅威状況と対策の方向
デジタルトランスフォーメーションや新手のサイバー攻撃は、企業の脅威対策にどのような変化をもたらしているのか。企業はデータ侵害の阻止に力を入れる傾向がある。だが、それは負け戦であることが分かってきた。(2018/6/8)

ディルバート(557):
カッコいい死に様
企業向けに“ネット炎上保険”が登場するなど、リスク管理や危機管理の関心が高まる中、ボスも“風評対策”が気になるようですが……。(2018/6/7)

0.5歩先の未来を作る医療IT
紙の問診票をタブレット問診やWeb問診ツールに置き換える5つのメリット
Webサイトやタブレットから入力できる「問診システム」が登場しましたが、いまだに紙の問診票を使い続けている診療所も少なくありません。問診システムに置き換えるメリットについて解説します。(2018/5/30)

衝撃事件の核心:
シャンデリアにダーツ……「ナンパ師」セミナー受講生らが女性を連れ込んだ専用部屋「ハウス」の全貌
5月8日、女性に大量の酒を飲ませて乱暴したとして、会社員の男2人が警視庁に準強制性交容疑で逮捕された。(2018/5/28)

経済インサイド:
3メガバンク「気候変動リスク」情報を初開示へ……高効率の石炭火力発電融資など?座礁?懸念
三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)、三井住友FG、みずほFGの3メガバンクが7月にも公表する報告書で、気候変動が経営に与えるリスク情報を初めて開示することが23日、分かった。(2018/5/24)

EIM(エンタープライズ情報管理)で開かれる新たな地平:
PR:日本でデジタル化の取り組みがうまくいかない理由、欧米企業と国内企業における非構造化データの活用格差とは
「エンタープライズ情報管理(EIM:Enterprise Information Management)」は、ECMをもう一段大きく発展させたものだ。日本ではそれほど一般的ではないが、英語圏ではECMやBPM、CEM(顧客体験管理)、BIなどのアナリティクス、eDiscovery(電子証拠開示)などのコンプライアンス対応、そして企業間データ連携といった、企業の情報を管理したり、企業間で情報を連携させたりするさまざまな機能を包含した仕組みとして注目度が増している。(2018/5/23)

「知らない」「理解していない」が66.5%:
制裁金がある「GDPR」について「十分理解している」企業は10.0%――トレンドマイクロ調査
トレンドマイクロは「EU一般データ保護規則(GDPR)対応に関する実態調査」の結果を発表した。「内容について十分理解している」割合は10.0%なのに対して、「名前だけは知っている」または「知らない」は66.5%。欧州国民の個人情報を取り扱っているにもかかわらず対応に着手していない割合は70.3%に上った。(2018/5/18)

海外医療技術トレンド(35):
NISTサイバーセキュリティフレームワーク1.1版と医療機器
2018年4月16日、米国立標準技術研究所(NIST)が、サイバーセキュリティフレームワーク1.1版を正式にリリースした。医療機器/デジタルヘルス企業に、どんな影響が及ぶのだろうか。(2018/5/18)

財務部門はもっと評価されるべきだ
鍵は「フロントERP」 すぐにでも実現可能な仕組みとは
同じ企業の「カネ」を扱う部門で経理と財務の扱いが違うのはなぜか。財務がもっと“輝く”ことで企業の成長が促進されるという。その理由を聞いた。(2018/5/18)

備えあれば憂いなし:
「超就職氷河期世代」よりも老後が心配な世代は?
他の世代に比べて老後の備えが出遅れている世代とは? 年代別可処分所得の変化を分析することで、それを導き出してみたいと思う。(2018/5/17)

企業のIT支出、2018年は約4割が事業部門による支出、2021年まで4%で成長――IDC予測
2018年の国内企業におけるIT支出のうち、事業/業務部による支出(LOB支出)が市場の約40%を占める4兆8793億円と予測。LOB支出は金融、製造、運輸、公共/公益、建設/土木産業を中心に、2021年まで年間平均成長率(CAGR)4%で成長すると分析する。(2018/5/8)

狙いは「働き方改革」ではない:
賛否両論の丸紅「社内副業」義務化 人事部長に真意を聞いてみた
大手総合商社の丸紅による「社内副業義務化」報道が議論を呼んでいる。丸紅の鹿島浩二人事部長に真意を聞いた。(2018/5/7)

Weekly Memo:
話題の「RPA」にはこんなリスクも――KPMGが指南する対策とは
定型業務を自動化することで業務効率化を実現する「RPA」が注目を集めている。ただ、そこにはさまざまなリスクも潜む。KPMGコンサルティングの対策から「RPAのリスク管理」について考察したい。(2018/5/7)

調査会社Forresterレポート
人間はAI、RPAとどうコラボレーションをすべきか、先進事例を見る
人間と機械のコラボレーションが進めば、働き方はよりシンプルで生産的で人間らしいものになる――調査会社Forrester ResearchのAI、RPAに関するレポートを紹介する。(2018/5/6)

賢い「セキュリティ予算」獲得術【第3回】
「セキュリティ予算」の“満額獲得”方法と、交渉戦術
「適切なセキュリティ予算」をどう見積もるべきかは分かった。実際に獲得するには、どう考え、どう行動すべきなのか。獲得できなかった場合はどうすればよいのか。勘所をまとめた。(2018/4/27)

80%の幹部は自信なし
サイバーリスクの管理に自信のない企業が今すぐすべきこと
調査によると、サイバー攻撃のリスクに対応する自信があると答えた上級幹部は19%しかいなかった。サイバーリスクを適切に管理するために、まず着手すべきこととは?(2018/4/26)

セキュリティ人材がいないなんて大ウソ? ANAグループのCSIRT番長、阿部恭一氏の人材発掘、育成法
セキュリティ人材の不足が叫ばれる中、ANAグループのCSIRTを率いる阿部恭一氏は、「それは大ウソ」と断言する。阿部氏がいう、社内に眠っているお宝人材とは?(2018/4/25)

機械学習、予測分析、行動解析を組み込む
Airbnb、技術が可能にするユーザーとホストの間での信頼構築
ユーザーとホストの間で宿泊施設の仲介をするAirbnbにとってそれぞれの信頼関係をどう構築するかがビジネスの基本となる。シェアリングエコノミーを実現するための技術活用とは?(2018/4/16)

新連載:otsuneの「燃える前に水をかぶれ」:
火が点かないようにしても意味がない
炎上対策会社「MiTERU」を立ち上げたネットウォッチャー、おおつねまさふみ氏によるリスクマネジメント連載がスタート。火がついても燃え広がらないようにするためにやるべきことは?(2018/4/11)

誰しも罰金は御免被りたい
GDPRが定める「データ侵害通知義務」を順守するメリットに目を向けよ
2018年5月25日に施行となる「一般データ保護規則」(GDPR)の要件に対応するため、1年以上前から水面下で準備を進めていた大手企業もあるが、それは一部にすぎないようだ。残る時間は少ない。(2018/4/10)

「炎上」対策会社をネットウォッチャーが立ち上げた理由
ネット炎上を防ぐためにはネットリテラシーが必要。「半年ROMれ」を手助けする会社が設立された。代表はあのネットウォッチャーだ。(2018/4/7)

新社長はマネックス勝屋敏彦氏:
マネックス、コインチェックを36億円で買収 和田・大塚両氏は執行役員に
マネックスグループがコインチェックを36億円で買収すると正式発表。オンライン証券事業で培ったノウハウを活用し、体制改善をバックアップするという。和田晃一良社長と大塚雄介COOは退任し、新社長にはマネックス常務執行役の勝屋敏彦氏が就任する。(2018/4/6)

コインチェック、マネックスが完全子会社化 和田社長は退任へ
コインチェックが、マネックスグループの完全子会社となり、経営体制を刷新へ。コインチェックの和田晃一良社長、大塚雄介取締役は経営責任を取り退任。(2018/4/6)

ホートンワークス、日本市場での成長をさらに加速
ホートンワークスジャパンは4月3日、「大口顧客獲得」「パートナー体制確立」「新製品投入」を柱とする成長戦略を明らかにした。前年比3倍の事業成長を見込んでいる。(2018/4/4)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(25):
従業員による社内データの持ち出しを防ぐには? 工作機械大手の事例から学ぶ
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策。しかし、堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学をお届け! 今回は、従業員による機密情報の持ち出し(情報漏えい)について紹介します。(2018/4/3)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
熱意ある情シスが組織を変える、まずはITで“風穴”をあけろ――LIXIL CIOの小和瀬浩之氏
情報システム部門こそ事業や組織をドラスティックに変える力を持つと語るLIXILのCIO 兼 情報システム本部長 小和瀬浩之氏が語る、情シス像とは?(2018/3/30)

Gartner Insights Pickup(54):
「セキュリティチャンピオンプログラム」を成功させるための4カ条
よく練られた「セキュリティチャンピオン(推進リーダー)プログラム」は、組織の長期的な行動変化を後押しする。では、セキュリティチャンピオンとは何か。どうやって有効なプログラムを構築すればいいのだろうか。(2018/3/30)

静止画なのに回って見える AIも「錯視」 ディープラーニングで再現に成功
静止画にも関わらず、まるで動いているかのように見える「蛇の回転錯視」をディープラーニングマシンで再現したと日本の研究チームが発表。錯視をディープラーニングマシンで再現した世界初の事例という。(2018/3/22)

Apple、Cisco Systems製品のユーザーが対象
Appleユーザーなら保険料が安くなる? 新「サイバーセキュリティ保険」の中身
保険大手Allianzと保険仲介大手Aonとの提携が生んだ新たなサイバーセキュリティ保険は、Apple製品とCisco Systems製品のユーザー企業に大きなメリットをもたらす可能性がある。(2018/3/14)

コインチェック仮想通貨流出、原因は標的型攻撃か 補償・サービス再開は「来週中」
仮想通貨取引所「Coincheck」を運営するコインチェックは3月8日、約580億円分(当時レート)の仮想通貨「NEM」を流出した事件について会見し、被害に遭ったユーザーへの補償予定などを説明した。調査の結果、流出原因は従業員PCへのメール経由でのマルウェア感染とみられるという。(2018/3/8)

金融庁、仮想通貨7社を行政処分 GMOコイン・テックビューロなどに改善命令
金融庁が、仮想通貨交換事業者7社に一斉に行政処分。ビットステーションとFSHOに業務停止命令を出したほか、GMOコイン、テックビューロなど5社に業務改善命令を出した。(2018/3/8)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
最高のチームに変わる「仕組み」のつくり方
部下が自発的に望ましい行動を繰り返し、成果を引き出すようになるには?(2018/3/8)

“働き方改革”が追い風――コンカー、急成長の要因と今後の戦略
コンカーが2018年3月6日にプレス向け説明会を実施。“働き方改革”の追い風を受けて急成長を見せるクラウド型経費精算ソリューションの現状や「Concur Labs Tokyo」の設立経緯、今後のビジネス戦略を語った。(2018/3/7)

@ITセキュリティセミナー2018.2:
サイバー脅威の机上演習(TTX)によってどんな学びを得られるのか――サイバーディフェンス研究所
@ITは、2018年2月7日、東京で「@ITセキュリティセミナー」を開催した。本稿では、サイバーディフェンス研究所による基調講演「サイバー演習支援で見出されたこと(Findings)と得られた教訓(Lessons Learned)」の内容をお伝えする。(2018/3/6)

前社長のクーデターは「なかった」:
積水ハウスはなぜ“地面師詐欺”を見抜けなかったのか
積水ハウスが、マンション用地取引で約55億5千万円をだまし取られた問題についての調査報告書を公表。リスク管理を担う複数の部門が詐欺を見抜けなかったためという。一部が報じた、前社長が前会長を退任させた“クーデター”も「なかった」としている。(2018/3/6)

医療機器ニュース:
医療機器に特化した品質マネジメントシステムに関する国際規格認証取得
OKIグループのOKIアイディエスが、医療機器に特化した品質マネジメントシステムに関する国際規格の認証を取得した。設計開発から製品製造まで一貫体制で医療機器のEMS事業を拡大する。(2018/3/2)

システムの脆弱性を可視化し、リスクマネジメントを支援――NTT Com、「脆弱性見える化ソリューション」を提供開始
NTTコミュニケーションズ(NTT Com)が、新しいリスクマネジメント管理サービス「脆弱性見える化ソリューション」を開始。セキュリティリスクを可視化することで、経営者の事業継続に関わる判断を支援するとともに、CSIRTの管理業務の効率化、システム管理者の作業負荷軽減などを実現するという。(2018/3/1)

量子コンピュータで「株価予測」「ポートフォリオ最適化」 野村HDと東北大
野村ホールディングスと東北大学が、資産運用業務に「量子コンピュータ」を活用していくための共同研究を始めた。(2018/3/1)

PR:セキュリティ投資がビジネス発展の鍵 経営者が今、取り組むべきことは
「社長、我が社がサイバー攻撃を受けています」――。その時、あなたの会社はすぐに対策できますか?(2018/3/5)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。