ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

Google検索で「メトロノーム」を検索すると、メトロノームになる
Google検索で「メトロノーム」を検索すると、テンポ120のメトロノームカードが表示される。テンポは40〜208BPMの範囲で変更可能だ。(2016/3/16)

人口減少時代に備えたビジネス変革:
PR:デジタルサイネージを活用する札幌市交通局、業務可視化で価値創出
少子高齢化で人口減少が進む今、生活に欠かせない社会インフラである鉄道がビジネスモデルの変革を迫られている。乗車料金以外の収入源として着目するのは広告。デジタルサイネージに注力する札幌市交通局は、クラウドやBPMといったITの力を使い、広告価値の向上に挑んでいる。(2016/3/10)

ホワイトペーパー:
事例に見る次世代BPMの姿──先進テクノロジーでプロセス変革を実現せよ
Fortune 500企業における非効率なプロセスによる損失額は4880億ドルともいわれている。今こそ先進テクノロジーの力で自社のビジネスプロセスを変革するときだ。(2014/12/1)

レッドハット、オープンソースのBPMスイート製品「JBoss BPM Suite 6」を提供
JBoss BPM Suite 6は、BPMとBRM、複合イベント処理の機能を統合的に提供する。(2014/3/6)

Weekly Memo:
今こそBPMシステムが求められる理由
BPM(ビジネスプロセスマネジメント)システムの活用が今にわかに注目されている。その背景には、企業におけるIT活用の変化があるようだ。(2013/9/2)

開発動向:
「Eclipse 4.3」リリース、Java EE 7やBPMに対応
Keplerがリリースされた。Mavenの統合、BPMツール「Eclipse Stardust 1.0」などが含まれる。(2013/7/5)

NEWS
iPhoneに対応、クラウド型BPMツール「BizOne/BizPlatform」が強化
業務状況を可視化するBPMツール「BizOne/BizPlatform」がアップデート。iPhoneに対応し、入力画面の操作性を向上させるのが骨子だ。(2013/6/21)

ホワイトペーパー:
効果に着目! BPMの考え方に基づくSOA適用
課題の明確化とソリューション選定がやりやすくなる。BPMを実現するPDCAサイクルに関して、立場やフェーズごとに有効となるプロセス連携をすべてマトリクスの形でグラフィカルに整理しよう。(2013/6/3)

コンテンツ管理と連携するBPM新製品をリリース、オープンテキスト
ビジネスプロセスに基づいたコンテンツ活用を実現するという「OpenText MBPM」を発表した。(2013/3/13)

PR:業務のPDCAサイクルを確立し、ビッグデータ活用につなげる手法とは?
市場の成熟に伴い、企業における業務の絶えまない見直しが生き残る上で欠かせなくなっている。その実践にあたり重要性を指摘されているのが、SOAを基盤とするBPMの実施である。ただし、その実践手法は十分に周知されているとはいい難い。最適なアプローチとはいかなるものか。(2012/11/19)

特集:企業システムを柔軟に統合する Part.3:
BPMでシステムインフラを作り変える
システム開発・実行環境だったWebアプリケーションサーバが、BPM機能を取り込んできた。これがどのようなメリットに結び付くのかを押さえよう。(2012/10/22)

ホワイトペーパーレビュー
BPMツール選びに役立つ3つのホワイトペーパー
ビジネスプロセスを自動化、効率化し、企業の俊敏性を高める。BPMツールにはそのような期待がある。しかし多機能な製品だけにBPMツールの選択は簡単ではない。BPMツール選びに役立つホワイトペーパーを紹介しよう。(2012/6/26)

コラボレーション機能を強化したBPM最新版 日本IBM
日本IBMは、業務担当者の作業状況をリアルタイムで確認する機能などを追加したBPMソフトウェアの最新版を発表した。(2012/5/31)

ホワイトペーパー:
事例で分かった! BPMに成功している企業が必ずやっている3つのこと
ビジネスの俊敏性や従業員の生産性の向上を目的に導入されたBPM。多くの企業が使う中で成功するための教訓も見えていた。企業の事例を紹介し、成功のためのポイントを説明する。(2012/1/24)

ホワイトペーパー:
3つのステップで解説――BPMを次のレベルに移行させる方法とは
これまで限定された分野でBPMを活用してきた企業が、より大規模なビジネスプロセス改善に取り組もうとしている。その際の重要なポイントは何なのか。3つのステップで解説する。(2012/1/23)

富士通がBPMソフトの最新版発売、業務フローの自動図化が可能に
システムのログから業務フロー図を自動的に作成する「ビジネスプロセスディスカバリー」を搭載する。(2011/12/15)

識者が語る「ERP製品選択の目」:ガートナー ジャパン 本好宏次氏
クラウドERPの普及はいつ? ガートナーが示す次世代ERPの浸透時期
ERPのトレンドに挙げられるクラウド対応やBPM/SOA対応。企業はこのような新しい技術をいつ採用するのだろうか。ガートナー ジャパンのアナリストが示す次世代ERPの普及時期を紹介する。(2011/10/13)

NECと日本オラクル、BPM製品分野で協業
NECと日本オラクルは業務プロセス管理(BPM)製品の分野で協業する。間接業務の作業時間を年間でのべ400時間短縮した九州日本電気ソフトウェアでのノウハウを活用する。(2011/6/29)

中堅・中小企業のためのERP徹底活用術(9):
「今だからできること」もある。復興こそ長期的な展望を
現在、被災した多くの企業が復興に乗り出している。だが、その被害の深刻さや先行きの不透明さから、ともすると長期的な展望を見失ってしまいがちだ。だが、こんなときでも希望はあるし、こんなときだからこそ建設的に考えたい――今回は、ERP、BPM、CPMに深い知見と経験を持つ鍋野敬一郎氏が、その独自の視点から復興に取り組む全ての企業にエールを送る。(2011/6/20)

CeBIT 2011 Report:
BPM以外の分野にも拡張していく――独Software AGのシュトライビッヒCEO
独Software AGのトップが企業買収を含む今後の事業戦略を語った。(2011/3/4)

IDSシェアーとの経営統合による新戦略を発表 ソフトウェア・エー・ジー
BPM製品を提供するソフトウェア・エー・ジーは、今後注力すべき4つの戦略分野を発表した。(2011/2/15)

ベンダーフリーの立場から選択したソリューション:
PR:SOA・BPMの豊富な実績を支える情報基盤
BPM(BusinessProcessManagement)の分野において豊富な経験と実績を持つ協和エクシオでは、IBM WebSphereを採用したシステム構築事例を多く手がけている。同社が提供するBPMシステムについて、協和エクシオ ビジネス事業本部の戸塚 勝巳氏に話を伺った。(2011/1/24)

BPM FORUM 2010 Report:
市場変化に耐えるビジネスプロセスの確立――BPM導入の方程式
市場を取り巻く環境変化が激しさを増す中で、企業がビジネスを成功させるには業務プロセスの最適化が不可欠だ。BPMの導入で理想的なビジネスプロセスを構築している企業に共通して見られるポイントとは、どのようなものだろうか。(2010/11/24)

企業の「実験力」とは何か:
反復型BPMが創出する、アジリティと競争力というパワー
10月29日に開催された 第17回 ITmedia エグゼクティブセミナーのテーマは「顧客基点の業務プロセス改善」。これまでも幾度となくあらゆる場所で語られ続けてきた、身近だが難しいテーマを、日本アイ・ビー・エムの中林真太郎氏は「実験力」というキーワードでひもといてみせる。(2010/11/12)

ソフトウェア・エージー、webMethods最新版で合併2社の完全統合を強調
ソフトウェア・エージーは、ビジネスプロセスマネジメント(BPM)製品であるWebMethodsの最新版として「webMethods 8日本語版」の提供を開始したと発表した。(2010/9/16)

企業システムの常識をJBossで身につける(11):
「全体を見る」ためのビジネスプロセス・BPMの常識
企業向けアプリケーションのさまざまな“常識”をJavaのオープンソース・フレームワーク群である「JBoss」から学んでいきましょう。企業システムを構築するうえでの基礎となる知識をリファレンス感覚で説明していきます。初心者から中堅、ベテランまで大歓迎!(2010/9/2)

IBM、マーケティング自動化ソフトのUnicaを4億8000万ドルで買収
IBMはマーケティング関連のBPMベンダーUnicaを買収し、ソフトウェアポートフォリオの拡充とコンサルティング部門の強化を図る。(2010/8/16)

Weekly Memo:
業務プロセス管理へのIT活用は進むか
日本オラクルとSAPジャパンが先週、業務プロセス管理(BPM)分野で新たな取り組みを始めた。両社の発表を機に、BPMへのIT活用における課題を探ってみた。(2010/7/26)

属人的な業務プロセスに目を向けるSAP
SAPジャパンは、パッケージソフトで標準化しにくい「属人的な業務プロセス」のシステム化が企業独自の強みを生み出すとし、BPMに長けたパートナー企業の人材を育成するプログラムの提供を開始した。(2010/7/20)

Process World 2010 Report:
ビジネスとITが融合する時――Software AG
WebMethods、IDS Scheerの獲得により、BPMの包括的なソリューションを提供できるようになった独Software AGは、「ビジネス部門とIT部門の融合」が企業のビジネスを変えると提唱。これを「ビジネスプロセスエクセレンス」と定義し、ユーザー企業に訴求を図っている。(2010/6/9)

NEWS
PPC、BPM製品の新版「jCOM1 S-BPM Suite 3.4.0」を発表
プロセスモデリング/実行ツールのUIが向上し、作業プロセスを簡素化。IFRSにも対応した。(2010/3/26)

「新生」プログレス、買収効果を顧客に提供へ
EAIやBPMなどを主戦場にしているベンダーの1つが米Progressだ。買収企業と統合し、2009年11月から「新生」日本プログレスを率いている黒木克彦代表取締役に日本市場での展開について聞いた。(2010/3/17)

BPMは一時しのぎの手段ではない
2010年、ビジネスプロセスマネジメントで効率化を図る
BPMは厳しいときを切り抜けるための一時しのぎと見られがちだが、その主眼は継続的な向上にあるという。(2010/2/22)

プロセス分析で効果的なBPM利用を
BPMシステム利用、まずはプロセスフローの可視化から
BPMシステム採用に当たっては、プロセスを視覚化するプロセスマップを作成すべきだ。プロセスを合理化、改善することができる。(2010/2/1)

SMBでこそ可能なBPM
BPM戦略を成功に導くための7つの作業
SMBはその規模・特質から、大企業よりもBPMが成功する可能性が高いという。社内リソースが乏しいSMBが自社の業務プロセスを合理化・効率化するのに有効なBPMの7つの作業を紹介する。(2010/1/13)

非効率なプロセスをデータで実証
BPMの効果を高めるプロセスインテリジェンスツール
BPMプロジェクトの最初の重要なステップであるデータの収集と分析に、ビジネスプロセスインテリジェンスツールを利用することで効率を高めている企業がある。(2009/12/18)

IBM、BPMベンダーLombardi買収
IBMがWebSphere対応製品を提供しているBPMベンダーのLombardiを買収し、SOA分野を強化する。(2009/12/17)

SAPジャパン、BPM導入を支援する新サービスを提供
SAPジャパンは、BPMの仕組みを手軽に導入するための新サービスを提供すると発表した。(2009/12/16)

プロセス統合管理製品「WebSphere」
ビジネスパーソンの戦略立案を強力に支援――BPMでグローバルビジネスに勝つ
IBMはWebSphereのコンセプトを進化させた。企業の戦略立案を支援しグローバルビジネスに素早く対応するIT基盤として貢献するというものだ。その背景には日本企業が直面している課題が横たわっていた。(2009/12/15)

ビジネスプロセスの整理がクラウドへの第一歩
クラウドへの移行にはSOAとBPMが不可欠
企業システムを将来的にクラウドコンピューティング環境に移行させるためには、まずはビジネスプロセスをアプリケーションから切り離す必要がある。そのためには、SOAとBPMへの取り組みが不可欠だ。(2009/6/18)

ビジネス主導型構想
BPMプロジェクト成功のカギとは
プロジェクトマネジャーは業務部門のニーズを把握するとともに、どのプロセスの改善が最大の価値を実現するかを理解することが不可欠だ。(2009/6/10)

IMPACT 2009 JAPAN SOA CONFERENCE:
4週間の仕事を2日で達成するには――IBM サンディー・カーター氏
日本IBMが19日に開催した「IMPACT 2009 JAPAN SOA CONFERENCE」の基調講演で、IBMコーポレーションのSOA,BPM&WebSphere マーケティング バイス・プレジデントのサンディー・カーター氏は「仕事の方法を変える」ことの重要性について述べた。(2009/5/20)

NEWS
NEC、アビーム、日本オラクルの3社がBPMソリューションを共同開発
3社は、顧客企業の業務コンサルティングからシステム構築、製品サポートまでを一貫して支援するサービスを共同で開発、提供を開始した。(2009/3/31)

業績好調のSofware AG、webMethods買収の成功が奏功
Software AGの業績が好調だ。カールハインツ・シュトレイビッチCEOは「SOAおよびBPM市場におけるリーダーになった」と話す。(2008/12/4)

NEWS
日揮情報ソフトウェア、BPMN 1.1完全準拠のビジネスプロセスモデリングツールを無償配布
Microsoft Office VisioでBPMN 1.1完全準拠のビジネスプロセス図の作成を実現する。(2008/12/4)

NetWeaver BPMを国内展開:
SAP、BPM製品の新版を発表 人とシステムが連携した業務プロセスを構築
SAPは「NetWeaver BPM」の国内での展開を開始する。SAP製品だけでなく他社製品もビジネスフローに組み込むことができる。人の手による業務とシステムが連携した業務プロセスを設計する。(2008/12/3)

Innovation World 2008 Report:
モルガン・スタンレーやコカコーラなど、ビジネスの流れを本気で考える米国企業
Software AGは「Innovation World 2008」でSOAを用いたBPM改革を強調する一方、Morgan StanleyやCoca Colaなど事例セッションも多く開催した。米国企業がITで仕事のやり方を改善する作業に熱心であることを印象付けている。(2008/11/5)

データ統合基盤「Informatica PowerCenter」
最新のデータ統合基盤で実現するICC構築
データ統合基盤製品「PowerCenter」は、最新版でBPM、データクレンジングの機能を搭載し、B2B対応も実現した。ICC基盤を提供するという同社の戦略が一層現実味を帯びてきた。(2008/11/5)

BPMプロジェクトの成否を分けるものは?:
ニッポンのお家芸、「カイゼン活動」がBPMの本質
「BPMは幅広いマネジメントの原則だが、中でも最も重要なことは、できるだけスピーディーにプロセスを“カイゼン”することだ」と Software AGのガリメラ副社長は話す。(2008/9/10)

今こそ攻めのIT投資を:
業務改革の原動力となるのはやはり「ヒト」
いかなる経営者にとっても、企業の利益の最大化と継続的な成長こそが最大の関心事といえる。それを実現するための経営手法の1つがBPMである。日本企業への普及に向けて“草の根活動”を行う日本BPM協会の横川省三事務局長に、BPM導入の勘所を聞いた。(2008/9/5)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。