ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「業務改善」最新記事一覧

製造マネジメントニュース:
AIを活用した業務改善に向け、ディープラーニングのベンチャーと協業
ダイキン工業は、ディープラーニングのビジネスへの応用を専門とするABEJAと協業する。社内にある製造業特有の情報をAI(人工知能)で解析し、業務の改善・効率化につながる情報を探索し、解析結果の活用を目指す。(2016/7/12)

電力供給サービス:
東京電力の料金通知の遅れ、解消の見通し立たず9月以降も続く
小売全面自由化に支障を及ぼしている東京電力のシステム不具合の問題は、いつまでに解消できるか見通しが立っていない。不具合を解消できずに、小売電気事業者や発電事業者に対するデータ提供の未通知が拡大している。9月以降も続く見込みで、政府は6月17日に業務改善勧告を出した。(2016/6/20)

PR:保守現場の作業員を支援! 屋外作業にも使えるWindowsタブレット
保守・点検業務では、経験豊富な熟練の作業員が対応しなければならない場合がある。こうした現場に求められるのが、業務改善に役立つ情報ツール。富士通のWindowsタブレットは、まさにそれを実現するものだ。(2016/3/21)

PR:熟練のワザ、ITで共有、継承へ――富士通ヘッドマウントディスプレイ×AR/リモートサポートで実現する現場の効率化
IoTやウェアラブル端末といったトレンドは、これまでIT化の進展が遅れている分野にも利活用が広がるものとして大いに期待されている。富士通のユビキタスビジネスは、まさにそうした分野に狙いを定めたもの。既に多くの実証実験が始まっており、技能系・現業系の現場における業務改善に役立てられている。(2016/2/29)

産業機器の予防保全のためのIoTパッケージ:
産業機械の故障要因などを分析、TISが業務改善ソリューションの提供開始
TISは、産業機械向け業務改善ソリューションの提供を開始する。業務に影響を与える要因を特定する故障発生パターンなど、予測分析が可能である。(2016/1/25)

Excelとの親和性が高く、現場業務改善に効果:
PR:Oracle Application Express(Oracle APEX)とは何か。何ができるのか
「業務改善のためにデータを容易に活用できる環境が欲しいが、専用のシステムを導入するのは手間や予算の面でハードルが高い」と悩む組織は少なくない。「Oracle Database Cloud Service」に用意された「Oracle APEX」を使えば、さまざまな業務で組織的なデータ活用が容易となり、業務改善のハードルを大きく下げることができる。[パブリッククラウド][Oracle Cloud](2016/1/12)

現場の「ほしい」をすぐ実現:
営業が作る業務改善アプリ、アジャイルで高速開発――三井住友海上の事例
ビジネス部門がアプリ開発を主導するケースが広まりつつある中、三井住友海上でも業務効率化や情報共有のための多数のアプリを開発している。その取り組みを聞いた。(2015/12/9)

即席!3分で分かるITトレンド:
毎週3分、情シスドリル コレ1枚で分かる「アナリティクスのプロセス」
業務改善や経営改革に役立つ知見を得るために業務データを活用するには、BI(Business Intelligence:ビジネスインテリジェンス)アプリケーションでの分析・活用するためにデータを最適化するプロセスが必要です。業務データはどのように最適化されるのか、そのプロセスについて解説します。(2015/11/2)

「アリさんマークの引越社」に業務改善を求めるネット署名 1万6000人を突破
労働組合のプレカリアートユニオンが署名運動を展開しています。(2015/10/7)

スマートシティ:
奈良県北西部の町が一大“実験都市”へ、小水力発電や空調自動制御システムなど
奈良県葛城市とリコージャパンは、葛城市民の生活の質の向上と地方創生に向けた連携協力に関する協定を締結。今後は「葛城市ラボラトリー・シティ構想」のもと、葛城市の行政に関する「コスト削減」に向けた業務改善や実証実験を行う。(2015/9/16)

即席!3分で分かるITトレンド:
毎週3分、情シスドリル コレ1枚で分かる「データサイエンティスト」
業務改善や経営改革に役立つ知見を得られるデータ分析。分析の担い手となる「データサイエンティスト」の仕事と、求められるスキルを分かりやすく解説します。(2015/7/21)

モバイル化できない企業も変革する――IBMが戦略説明
マーケティングや業務改善での企業のモバイル活用を支援するという取り組みを日本IBMが紹介した。(2015/3/24)

動き出す電力システム改革(29):
電力市場の監視委員会が2015年内に発足、小売の競争と送配電の中立を図る
政府は電力システム改革が確実に機能するように市場の監視体制を強化する。新たに「電力市場監視委員会」を2015年内に発足させて、小売全面自由化と発送電分離に備える方針だ。事業者の情報収集や立入検査を実施して、ルールに違反している場合には業務改善勧告を出す権限も与える。(2015/1/29)

サーバー移行を機にオフィス全体の最適化を:
PR:課題把握から移行後の保守運用までサーバー移行をワンストップで提供、更に業務改善を含めたオフィスの“見える化”を支援
富士ゼロックスでは、課題把握から設計・導入、移行後の保守運用も含めたワンストップのサーバー移行サービスを提供している。同社の強みは、複写機・複合機の販売で培ったノウハウと体制に基づくオフィス全体を見通した提案と運用サポートを、全国のエンジニアが均一のサービス品質で提供できることにある。(2014/11/26)

経営者・役員がプロジェクトを壊す? 業務改善の悲しい現実
双方が納得する就業規則はどうすれば作ることができるのか。(2014/10/28)

法制度・規制:
「おひさまエネルギーファンド」に行政処分が下る、再発防止策と業務改善計画を要求
5月16日に証券取引等監視委員会が勧告した「おひさまエネルギーファンド」の法令違反行為に対して、金融庁は5月23日に5項目の業務改善命令からなる行政処分を下した。同ファンドは1カ月以内に原因の究明と責任の所在を明らかにするとともに、再発防止策と業務改善計画を策定する。(2014/5/27)

Citrix Synergy 2014 Report:
BYODにも着手 デスクトップ仮想化で業務を変えた米製造業と豪銀行
2日目となった米Citrixの年次カンファレンス「Citrix Synergy 2014」。午前のキーノートでは、同社のソリューションをフル活用して業務改善に取り組むユーザーが登場した。(2014/5/8)

ホワイトペーパー:
業務改革、スマートデバイス導入だけでは解決しない?――事例にみるスマホ導入の“弱点”と“解決策”
「客先で手間取る」「資料作成は非効率」――。業務改善のためにスマートデバイスを導入するケースが増えているが、いざ活用すると思わぬ問題に直面する。スマートデバイスの有用性を最大限に引き出すには?現場の業務効率と顧客の満足度を向上させるソリューションを提案する。(2013/8/16)

杉山淳一の時事日想:
なぜJR北海道でトラブルが続くのか
JR北海道で車両火災などトラブルが頻発している。車両の新旧や該当箇所もまちまち。共通の原因を見つけ出すとするなら、それは車両ではなく運用だ。JR北海道は昨年、整備体制の不備を会計監査院に指摘され、国土交通省から業務改善命令も受けていた。(2013/7/26)

ホワイトペーパー:
コールセンター業務の現場力向上と業務改革を推進
uCosminexus Navigation Platformで構築したコールセンターは、自社の業務改善だけでなく新たなビジネスも創出しつつあるという。シンクライアントのパイオニアとして知られるミントウェーブに話を聞いた(2013/7/22)

ホワイトペーパー:
構築・運用実績は100社以上! サービスデスク・ヘルプデスク・ITIL専門企業が語る、業務改善の実践事例
お客様から企業内ユーザーまで、サポートサービスの成否が、事業やプロジェクトの鍵を握っている。本稿では、クレオネットワークスの協業パートナーで、サービスデスクやヘルプデスクの構築・運営などを手掛ける専門企業「ハウコム」が、業務改善の事例を中心にノウハウを解説する。(2013/4/26)

ホワイトペーパー:
請求書などの帳票業務をまるごとクラウド化! 自社所有と比較し65%のコストを削減した【成功ユーザ事例】
請求書をはじめとする、紙の帳票や手作業での発送業務。業務負荷・コスト・時間の面で課題を感じながら、システム導入は進んでいないのが現状だ。自社所有と比較して低コストで導入可能なSaaS・クラウド型サービスを活用し、業務改善を成功させたユーザ様の事例を紹介。(2012/11/30)

廿日市市の職員約1100人がシンクライアントを導入 業務改善図る
老朽化したPCを刷新し業務効率化を図るため、日本オラクルのシンクライアント基盤を廿日市市が採用した。(2012/10/9)

業務効率と生産性を驚くほど改善!:
PR:スマホやタブレットをもっと使える道具に――アノトペンの実力とは
タッチデバイス全盛の今、改めて注目されているのが「ペンと紙」。スマートフォンやタブレット導入時に「アノトペン」を加えることで、より一層の業務改善できる現場も出てきたのだ。(2012/8/31)

SoftBank World 2012:
CAの業務を変えた6000台のiPad、成功のカギは“iPadの導入を目的化しないこと”――ANAの林氏
キャビンアテンダントの業務改善を図るべく、6000台のiPadを導入したANA。導入を成功に導いたのは、“iPadの導入を目的化せず、必要とする業務改革の実現に最適なツールを選択する”という姿勢だった。(2012/7/19)

ベルシステム24、社内コンテンツの一元管理で業務改善
契約書管理などの効率化を目的に、ベルシステム24は文書管理システムを導入した。(2012/5/23)

ホワイトペーパー:
MicroAd 広告配信システムに IBM Netezza DWH アプライアンスを採用
IBM Netezza DWH アプライアンスで広告効果分析システムを構築。業務改善の意識改革を実現。(2012/5/17)

オープンミドルウェア・ケーススタディ:
PR:「uCosminexus Navigation Platform」でコールセンター業務の現場力向上と業務改革を推進
uCosminexus Navigation Platformで構築したコールセンターは、自社の業務改善だけでなく新たなビジネスも創出しつつあるという。シンクライアントのパイオニアとして知られるミントウェーブに話を聞いた。(2012/3/16)

事例で学ぶBI活用のアイデア【第8回】
BIで生産活動情報を見える化、カイゼンに生かした製造業事例
間接部門の業務改善活動を支援する集計分析システムをBIツールで構築。作業日報の集計・作成所要時間を約70%削減した製造業のBI活用事例を紹介する。(2012/1/23)

グローバルPLM〜世界同時開発を可能にする製品開発マネジメント(8):
実録! 製品設計・開発の業務改善 “成功者”の掟
前回までで設計・開発プロセスの失敗パターンを見てきました。今回は、「じゃあ、どうしたらうまくいくの?」という疑問に答えます。(2011/8/24)

グローバルPLM〜世界同時開発を可能にする製品開発マネジメント(7):
実録! 製品設計・開発の業務改善 “失敗者”のパターン
製品設計・開発環境やプロセスをイマドキに変更したいのに、どうしてもうまくいかない……。その理由はやっぱり……!?(2011/8/18)

iPadで躍動する職場:
シンクライアント技術でiPadセキュリティを強固に 内田洋行
オフィス家具の販売やシステムインテグレーションを手掛ける内田洋行は、社内業務改善の効果を期待して数十台のiPadを採用した。導入にあたり、セキュリティなどシステム運用面への配慮が不可欠だったという。(2011/3/25)

iPadで躍動する職場:
iPadの企業導入は進むも、セキュリティやコストに課題
企業に業務改善をもたらすツールとして注目を集めているのが、iPadをはじめとするタブレット端末だ。本稿では、ビジネスユーザーの調査データを元に、企業におけるiPad活用の可能性について、ITアナリストが分析、解説する。(2011/3/9)

中小企業の活力を高めるクラウド活用の潮流:
業務改善からワークスタイル変革へ クラウドで「完全在宅勤務」を目指す
ずさんな案件進ちょく管理によってプロジェクトの停滞や赤字案件の発生などが相次ぐ中、デザイン制作会社のマーキュリープロジェクトオフィスでは、クラウドサービスを活用してトップダウンによる業務改革を断行した。(2011/1/31)

モノづくり最前線レポート(25):
収益に結び付く「4つの箱」カイゼンフレームワーク
ちょっとのスキルで業務改善に成功したヤンマーエネルギーシステムの事例と、日産NPW活動のベースにある思考フレームワークを紹介(2010/12/1)

企業情報ポータル型グループウェアで実現する新ビジネスコックピット
事例に学ぶ、「攻めに転じる」グループウェア活用
メールやグループウェアの活用が進み、情報を広く全員に届けることは容易になった。しかし、必要な担当者に、タイムリーに伝え、情報を業務改善の「武器」にしているだろうか。(2010/11/16)

プロジェクト管理ツール紹介:デンソークリエイト編
現場メンバーの改善活動を支援する工数・プロジェクト管理ツール「TimeTracker FX」
現場の業務改善において、重要な情報源となる日々の工数実績。しかし、現場のメンバーに毎日正確に入力させるのは難しいことでもある。今回は、実績入力の負荷を軽減する機能を追求したツールを紹介する。(2010/10/7)

“業務改善型”UCを導入する【最終回】
業務改善型ユニファイドコミュニケーション、その導入に向けてすべきこと
ユニファイドコミュニケーション(UC)の本来の導入目的は、生産性やビジネスプロセスの改善。業務を改善するためのUCソリューションを検討、導入する際に求められる視点、実施すべきことをまとめた。(2010/9/17)

ベスト16に残ったサッカー日本代表の問題解決力
2010年6月11日から1カ月間にわたって南アフリカ共和国で開催された2010 FIFAワールドカップ。ベスト16に残ったサッカー日本代表は「問題解決」や「業務改善」という点でも多大な示唆を与えてくれた――今回は連載「プロが教える業務改善のツボ」でおなじみの松浦剛志氏が、氏のコンサルティング業務のパートナーである田代真広氏とともに、サッカー経験者、業務改善コンサルタントという2つの視点から、サッカー日本代表に見る問題解決力のツボを分析する。(2010/8/25)

プロが教える業務改善のツボ(3):
手順を共有していないから、改善活動が混乱する
業務改善の活動において「手順」は重要だが、こだわらなくてもよいところにこだわりすぎるとかえって迷路に迷い込んでしまう。今回は、「手順」のこだわるべきポイントはどこなのか? 陥りやすいワナはどこにあるのか? 大切なポイントをお教えしよう(2010/8/10)

コラボレーションツールはなぜ業績改善に効果が出ないのか
ユニファイドコミュニケーションが社内情報共有にもたらす3つの相乗作用
コミュニケーションの円滑化を標ぼうするコラボレーションツール。だが「業務改善」の観点では、ユーザーの評価は厳しい。業務効率を上げるには、コラボレーションと実業務とのギャップを埋める必要がある。(2010/8/10)

SMB向け業務パッケージ紹介【人事・給与編】:カシオヒューマンシステムズ
“人財”の発掘は正確な人事管理から――「ADPS 人事統合システム」
中堅・中小企業向けに特化した業務パッケージを取り上げる本連載。まず企業の人事・給与管理業務を効率化する製品を取り上げ、業務改善に結び付く特徴や先進的な機能を紹介していく。(2010/6/24)

ITユーザーのためのメンタル管理術(2):
業務改善を狙うなら、遅刻した人に温かく声を掛けよう
最近「人と接していないな……」と感じたり、小さな遅刻が増えたりしていたら、手遅れになる前に、心の状態を見直してみてほしい。その些細な“変化”は、本人や組織に大きなダメージを与える“心の悲鳴”かもしれないから。(2010/6/2)

プロが教える業務改善のツボ(2):
業務を邪魔する“諸悪の根源”は、こうして突き止める
業務改善を“決められた期間内で、システマティックに”行うためには、それなりのポイントがある。その柱となるのが「なぜ?」を繰り返して縦方向に原因を追求するアプローチだが、そうした作業の確実性、効率性を向上させるのが今回紹介する「横」方向の原因追究だ。(2010/6/1)

事例紹介 キッコーマン株式会社:
PR:業務改善 と企業力強化を実現した“予測力”の秘密に迫る
世界経済が混迷し、先を読むことがいよいよ困難となってきた。コスト削減のために、在庫圧縮も叫ばれている。こんな時代だからこそ、注目を集めているのが需要予測支援システムである。需要予測システム市場において、世界1万2000社以上、日本国内でも350社以上で導入されているのが「ForecastPRO」だ。キッコーマンではForecastPROの可能性にいち早く着目し、活用を始めてから数年がたつ。今回、その使用現場を訪問して、抱えていた課題と解決方法、ForecastPROの効果的な活用方法などを聞いた。(2010/6/1)

アノトペンなら「できる」:
PR:全世界で20万人が使っている「紙とペンだけ」の業務改善
この不況下にあって、コスト削減は最大の懸案だ。とはいえ、そんなに簡単に削減できないのも現実だ。トータルコストを削減し、投資対効果が明らかな対策――の1つであるデジタルペンソリューションを紹介しよう。(2010/5/10)

プロが教える業務改善のツボ(1):
“人のせい”にしているから、効率化は失敗する
業務を改善するためには、まず不都合の原因を究明することが大切だ。だが、狙った期間内で確実に改善するためには、どんな原因に焦点を定め、どのように究明し、どう対策を立案すればよいのだろうか? いざ取り掛かろうとすると途方に暮れてしまいがちな業務改善のコツを、 プロの業務コンサルタントが具体的に伝授する。(2010/4/21)

“業務改善型”ユニファイドコミュニケーションを導入する
ユニファイドコミュニケーション(UC)は導入効果が見えにくいといわれる。ならばUCを業務上の課題を解決するためのツールとしてとらえてはどうか。UCがいかに業務課題を解決できるのか、明らかにしていく。(2010/3/3)

“業務改善型”ユニファイドコミュニケーションを導入する【第1回】
これからのユニファイドコミュニケーションに必要な「業務改善」の視点
その導入効果や適用範囲が分かりにくいといわれるユニファイドコミュニケーション(UC)。本連載はUCをどの業務へ適用したらいいのか、どのように検討・導入を進めていくのかを業務改善の観点から解説する。(2010/2/25)

情シス担当者必見の注目ERPを公開
コスト削減と業務改善を実現、製造業向けERPのすごさ
急速に変化するマーケットのニーズに対応すべく、いかにコストを削減し、業務改善に手を付けていくか。さまざまな課題解決が求められる製造業の情報システム担当者に向けた、すぐに役立つコンテンツを紹介する。(2010/1/26)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。