ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「業務改善」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「業務改善」に関する情報が集まったページです。

意外な導入メリットに迫る:
PR:常識を覆す「バッテリーがないタブレット」が業務改善になる理由
「次はバッテリーを外したWindowsタブレットを販売します」――こんなお知らせを聞くと、一般的な消費者であればまず首をかしげるところだろう。「電源を抜くと使えないタブレットに何の価値があるのか」と。しかし、これが「大いにある」のだ。サードウェーブのバッテリーレス タブレット型 Windows PCが何を解決するのか、それを知るために、従来のサードウェーブWindowsタブレットを組み込み用途として採用した事例と、採用して浮かび上がった「ある問題」を紹介する。(2018/5/9)

「みんなのビットコイン」に:
金融庁、仮想通貨みなし業者に業務改善命令 行政処分10社目
金融庁は、仮想通貨交換業者「みんなのビットコイン」(東京都港区)に対し、改正資金決済法に基づく業務改善命令を出した。(2018/4/25)

コスト削減だけではない:
今こそ知りたい! RPAツールの選び方
バックオフィスの業務を自動化するRPAが注目されています。効果的に運用できれば、大幅な業務改善につながりますが、どのようなツールを選んだらいいのでしょうか。ポイントを解説します。(2018/4/23)

中堅企業の戦い方
大企業の大規模投資に負けない、売れる仕掛け作りのキモ
「高くても問題ない、だってうちのは売れるから」。モノが売れない時代に、こう言い切れる企業が人知れず実践するのは意外にも業務改善。では、なぜもうかるのか。(2018/4/16)

仮想通貨取引所「ビットステーション」廃業 顧客の仮想通貨を幹部が私的流用
仮想通貨取引所「bit station」を運営するビットステーションが廃業を発表。金融庁から業務改善命令を受け、態勢の立て直しに努めてきたが、「万全の態勢を整えることが難しい」と判断したという。(2018/4/9)

コインチェック、業務改善計画書を金融庁に提出
コインチェックは22日、金融庁から求められていた業務改善計画書を提出したと発表した。金融庁は同社に対し、経営体制の抜本的な見直しや顧客保護の徹底などを求めている。(2018/3/23)

「Zaif」トップページから剛力彩芽さんの写真削除 「行政処分受け自主的に」
「Zaif」のCMキャラクターを務めていた女優の剛力彩芽さんの写真が、Zaifのトップページから削除。Zaif運営元が金融庁から業務改善命令を受けたため、「写真掲載を自主的に取りやめた」という。(2018/3/9)

コインチェック「サービス再開とNEMの補償、来週中をめどに実施」 金融庁処分受け
仮想通貨取引所「coincheck」を運営するコインチェックは3月8日、同日の金融庁からの業務改善命令を受けて会見を開き、1月26日に約580億円相当(当時レート)の流出が判明した仮想通貨「NEM」について、「来週中をめどに補償を実施する」と発表した。(2018/3/8)

金融庁、仮想通貨7社を行政処分 GMOコイン・テックビューロなどに改善命令
金融庁が、仮想通貨交換事業者7社に一斉に行政処分。ビットステーションとFSHOに業務停止命令を出したほか、GMOコイン、テックビューロなど5社に業務改善命令を出した。(2018/3/8)

コインチェック「事業続ける」「仮想通貨の出金は安全を確認し次第」
コインチェックは、金融庁へ業務改善命令に係る報告書を提出したことを受け、東京都渋谷区の本社内エントランスで記者会見を開き、同社の大塚雄介取締役が現在の状況を説明した。(2018/2/13)

コインチェック、業務改善へ 金融庁に報告書提出
コインチェックが金融庁に業務改善のための報告書を提出。仮想通貨「NEM」が流出したトラブルを受け、再発防止策などをまとめたという。(2018/2/13)

業務改善命令受け:
コインチェック、金融庁に再発防止策などの報告書を提出=関係筋
巨額の仮想通貨流出で業務改善命令を受けた仮想通貨取引所・コインチェックは、金融庁に対し、再発防止策などを盛り込んだ報告書を提出した。(2018/2/13)

「コインチェック」業務改善命令 金融庁は何を問題視?
コインチェックが約580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」を消失させた問題に関連して、金融庁が同社に業務改善命令を出した。その経緯と、今後の流れを簡単に解説する。(2018/1/30)

コインチェックに財務省が業務改善命令 原因究明や顧客対応が不十分と判断、2月13日までに具体的な報告求める
コインチェックは26日、約580億円相当の仮想通貨の流出があったことを認めていました。(2018/1/29)

コインチェックに業務改善命令 再発防止策など2月13日までに報告へ
不正アクセスにより約580億円相当の仮想通貨「NEM」が流出したコインチェックに対し、関東財務局が行政処分。(2018/1/29)

対応不十分と指摘:
仮想通貨流出のコインチェックに業務改善命令 金融庁
金融庁がコインチェックに対し業務改善命令。(2018/1/29)

ガバナンスに重大な問題:
金融庁、コインチェックに対し週内にも業務改善命令=関係筋
金融庁は、巨額の仮想通貨が流出した問題で、仮想通貨取引所大手・コインチェックに対し、改正資金決済法にもとづき週内にも業務改善命令を出す方向となった。(2018/1/29)

企業のモバイル活用に関する調査レポート
ビジネスをもっとスマートに、調査で分かったモバイル活用の実態
2016年6月にキーマンズネットが実施したモバイル活用に関する読者アンケートから、タブレットやスマートフォン導入の業務改善効果が明らかになった。(2017/9/29)

さらに進化した最新エコタンク搭載モデル:
PR:業務効率をどれだけ改善できる? エコタンク搭載モデル無料モニター大募集 「EW-M670FT」と「EW-M571T」を各1名に進呈
大容量インクで話題の最新エコタンク搭載モデルを業務改善に生かしてみませんか?(2017/8/31)

従業員は当初、消極的だったというが……
スマートグラス「Recon Jet Pro」を導入した運送会社、業務改善への効果は?
両手の自由を確保できるウェアラブルのスマートグラス。ある企業がIntelのスマートグラス「Recon Jet Pro」を導入して生産性向上を果たした。どのように実践したのか。(2017/8/27)

AIで時間の使い方を可視化し、働き方改革を支援――NRIが新サービス
野村総合研究所(NRI)は、AIでスケジュールを分析して社員の働き方を可視化し、業務改善や働き方改革を支援するコンサルティングサービスを開始した。(2017/8/7)

FAニュース:
IoT実現のカギは映像にあり、撮影するだけで使える見える化システム
日立産業制御ソリューションズは、現場全体の人やモノの動きを把握し、業務改善を支援する状況収集・可視化システム「VSIP」の提供を開始した。カメラ映像の情報から現場全体の人やモノの動きを把握し、IoT導入に活用する。(2017/6/29)

「クラウドサービスで利用可能」な映像解析とは?
動線解析における「エッジ処理&IoT技術」のメリット
映像を活用した業務改善や事業活性化にクラウドを利用するには、通信帯域や運用上の課題も多い。これらの問題を独自技術とサービスの組み合わせで解決する方法を紹介する。(2017/5/26)

提供:東日本電信電話株式会社
モバイル活用調査:タブレット・スマホ導入で「効果があった」企業は何%?
キーマンズネットでは2016年6月にモバイル活用に関する読者アンケートを実施した。タブレットやスマートフォン、モバイルデバイス管理ツールを導入した目的や効果などを調査した結果、導入による業務改善効果などが明らかになった。(2017/3/23)

日立グループ、フィジカルセキュリティデータを一元管理する統合プラットフォームを開発
日立製作所とグループ会社3社は、フィジカルセキュリティデータやIoTのセンサーデータを一元的に収集・蓄積・分析する統合プラットフォームを発表。人やモノの動線・動作・状況を分析することで、業務改善や経営課題の解決を支援する。(2017/3/23)

ワークフローとファイル共有のセットが鍵
「Box」と柔軟なワークフローで製造業の現場はどう変わるのか?
クラウドサービスとモバイル端末を活用して、製造業の現場作業員に対する業務改善に際し、見落としがちな課題とは何か。その解決策とは。(2017/3/17)

「データ分析ツールは“大人のオモチャ”のような存在であればいい」――カブドットコム 齋藤社長
業務改善から新ビジネス創出まで、幅広い分野でデータ分析を駆使しているカブドットコム証券。データ分析ツールの利用者を増やし、データで物事を語る文化はどのようにして生まれたのか? 講演後のパネルディスカッションでその秘密が見えてきた。(2017/1/26)

「設計・解析とクラウド」読者調査連動企画:
PR:いま設計現場で考える“2つの選択”、クラウド導入する? しない?
従来の枠組みの中で、効率化や品質向上といった業務改善に取り組んでいても限界がある。変化の激しい市場環境の中で競争を勝ち抜くためには、“これまでのものづくりの枠組みにとらわれない変革”が必要だ! その方向性の1つである設計現場における“クラウド活用”にフォーカスし、競争力のある優れた製品開発を加速させるためのヒントを提示する。(2016/12/8)

製造マネジメントニュース:
AIを活用した業務改善に向け、ディープラーニングのベンチャーと協業
ダイキン工業は、ディープラーニングのビジネスへの応用を専門とするABEJAと協業する。社内にある製造業特有の情報をAI(人工知能)で解析し、業務の改善・効率化につながる情報を探索し、解析結果の活用を目指す。(2016/7/12)

電力供給サービス:
東京電力の料金通知の遅れ、解消の見通し立たず9月以降も続く
小売全面自由化に支障を及ぼしている東京電力のシステム不具合の問題は、いつまでに解消できるか見通しが立っていない。不具合を解消できずに、小売電気事業者や発電事業者に対するデータ提供の未通知が拡大している。9月以降も続く見込みで、政府は6月17日に業務改善勧告を出した。(2016/6/20)

PR:保守現場の作業員を支援! 屋外作業にも使えるWindowsタブレット
保守・点検業務では、経験豊富な熟練の作業員が対応しなければならない場合がある。こうした現場に求められるのが、業務改善に役立つ情報ツール。富士通のWindowsタブレットは、まさにそれを実現するものだ。(2016/3/21)

PR:熟練のワザ、ITで共有、継承へ――富士通ヘッドマウントディスプレイ×AR/リモートサポートで実現する現場の効率化
IoTやウェアラブル端末といったトレンドは、これまでIT化の進展が遅れている分野にも利活用が広がるものとして大いに期待されている。富士通のユビキタスビジネスは、まさにそうした分野に狙いを定めたもの。既に多くの実証実験が始まっており、技能系・現業系の現場における業務改善に役立てられている。(2016/2/29)

産業機器の予防保全のためのIoTパッケージ:
産業機械の故障要因などを分析、TISが業務改善ソリューションの提供開始
TISは、産業機械向け業務改善ソリューションの提供を開始する。業務に影響を与える要因を特定する故障発生パターンなど、予測分析が可能である。(2016/1/25)

Excelとの親和性が高く、現場業務改善に効果:
PR:Oracle Application Express(Oracle APEX)とは何か。何ができるのか
「業務改善のためにデータを容易に活用できる環境が欲しいが、専用のシステムを導入するのは手間や予算の面でハードルが高い」と悩む組織は少なくない。「Oracle Database Cloud Service」に用意された「Oracle APEX」を使えば、さまざまな業務で組織的なデータ活用が容易となり、業務改善のハードルを大きく下げることができる。[パブリッククラウド][Oracle Cloud](2016/1/12)

現場の「ほしい」をすぐ実現:
営業が作る業務改善アプリ、アジャイルで高速開発――三井住友海上の事例
ビジネス部門がアプリ開発を主導するケースが広まりつつある中、三井住友海上でも業務効率化や情報共有のための多数のアプリを開発している。その取り組みを聞いた。(2015/12/9)

即席!3分で分かるITトレンド:
毎週3分、情シスドリル コレ1枚で分かる「アナリティクスのプロセス」
業務改善や経営改革に役立つ知見を得るために業務データを活用するには、BI(Business Intelligence:ビジネスインテリジェンス)アプリケーションでの分析・活用するためにデータを最適化するプロセスが必要です。業務データはどのように最適化されるのか、そのプロセスについて解説します。(2015/11/2)

「アリさんマークの引越社」に業務改善を求めるネット署名 1万6000人を突破
労働組合のプレカリアートユニオンが署名運動を展開しています。(2015/10/7)

スマートシティ:
奈良県北西部の町が一大“実験都市”へ、小水力発電や空調自動制御システムなど
奈良県葛城市とリコージャパンは、葛城市民の生活の質の向上と地方創生に向けた連携協力に関する協定を締結。今後は「葛城市ラボラトリー・シティ構想」のもと、葛城市の行政に関する「コスト削減」に向けた業務改善や実証実験を行う。(2015/9/16)

即席!3分で分かるITトレンド:
毎週3分、情シスドリル コレ1枚で分かる「データサイエンティスト」
業務改善や経営改革に役立つ知見を得られるデータ分析。分析の担い手となる「データサイエンティスト」の仕事と、求められるスキルを分かりやすく解説します。(2015/7/21)

モバイル化できない企業も変革する――IBMが戦略説明
マーケティングや業務改善での企業のモバイル活用を支援するという取り組みを日本IBMが紹介した。(2015/3/24)

動き出す電力システム改革(29):
電力市場の監視委員会が2015年内に発足、小売の競争と送配電の中立を図る
政府は電力システム改革が確実に機能するように市場の監視体制を強化する。新たに「電力市場監視委員会」を2015年内に発足させて、小売全面自由化と発送電分離に備える方針だ。事業者の情報収集や立入検査を実施して、ルールに違反している場合には業務改善勧告を出す権限も与える。(2015/1/29)

サーバー移行を機にオフィス全体の最適化を:
PR:課題把握から移行後の保守運用までサーバー移行をワンストップで提供、更に業務改善を含めたオフィスの“見える化”を支援
富士ゼロックスでは、課題把握から設計・導入、移行後の保守運用も含めたワンストップのサーバー移行サービスを提供している。同社の強みは、複写機・複合機の販売で培ったノウハウと体制に基づくオフィス全体を見通した提案と運用サポートを、全国のエンジニアが均一のサービス品質で提供できることにある。(2014/11/26)

経営者・役員がプロジェクトを壊す? 業務改善の悲しい現実
双方が納得する就業規則はどうすれば作ることができるのか。(2014/10/28)

法制度・規制:
「おひさまエネルギーファンド」に行政処分が下る、再発防止策と業務改善計画を要求
5月16日に証券取引等監視委員会が勧告した「おひさまエネルギーファンド」の法令違反行為に対して、金融庁は5月23日に5項目の業務改善命令からなる行政処分を下した。同ファンドは1カ月以内に原因の究明と責任の所在を明らかにするとともに、再発防止策と業務改善計画を策定する。(2014/5/27)

Citrix Synergy 2014 Report:
BYODにも着手 デスクトップ仮想化で業務を変えた米製造業と豪銀行
2日目となった米Citrixの年次カンファレンス「Citrix Synergy 2014」。午前のキーノートでは、同社のソリューションをフル活用して業務改善に取り組むユーザーが登場した。(2014/5/8)

ホワイトペーパー:
業務改革、スマートデバイス導入だけでは解決しない?――事例にみるスマホ導入の“弱点”と“解決策”
「客先で手間取る」「資料作成は非効率」――。業務改善のためにスマートデバイスを導入するケースが増えているが、いざ活用すると思わぬ問題に直面する。スマートデバイスの有用性を最大限に引き出すには?現場の業務効率と顧客の満足度を向上させるソリューションを提案する。(2013/8/16)

杉山淳一の時事日想:
なぜJR北海道でトラブルが続くのか
JR北海道で車両火災などトラブルが頻発している。車両の新旧や該当箇所もまちまち。共通の原因を見つけ出すとするなら、それは車両ではなく運用だ。JR北海道は昨年、整備体制の不備を会計監査院に指摘され、国土交通省から業務改善命令も受けていた。(2013/7/26)

ホワイトペーパー:
コールセンター業務の現場力向上と業務改革を推進
uCosminexus Navigation Platformで構築したコールセンターは、自社の業務改善だけでなく新たなビジネスも創出しつつあるという。シンクライアントのパイオニアとして知られるミントウェーブに話を聞いた(2013/7/22)

ホワイトペーパー:
構築・運用実績は100社以上! サービスデスク・ヘルプデスク・ITIL専門企業が語る、業務改善の実践事例
お客様から企業内ユーザーまで、サポートサービスの成否が、事業やプロジェクトの鍵を握っている。本稿では、クレオネットワークスの協業パートナーで、サービスデスクやヘルプデスクの構築・運営などを手掛ける専門企業「ハウコム」が、業務改善の事例を中心にノウハウを解説する。(2013/4/26)

ホワイトペーパー:
請求書などの帳票業務をまるごとクラウド化! 自社所有と比較し65%のコストを削減した【成功ユーザ事例】
請求書をはじめとする、紙の帳票や手作業での発送業務。業務負荷・コスト・時間の面で課題を感じながら、システム導入は進んでいないのが現状だ。自社所有と比較して低コストで導入可能なSaaS・クラウド型サービスを活用し、業務改善を成功させたユーザ様の事例を紹介。(2012/11/30)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。