ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「不動産」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
Business Media 誠:不動産チャンネル
質問!不動産売買→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で不動産売買関連の質問をチェック
質問!不動産賃貸→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で不動産賃貸関連の質問をチェック

FM:
IoTで空室管理を効率化、内覧時に電子錠を遠隔解除
東急グループの3社が自社で所有する賃貸住宅を活用し、IoTを活用した賃貸住宅の空室管理システムの実証試験を開始する。内覧希望があった際に管理会社が遠隔から電子錠を解錠し、立ち会いなく内覧できるようにするなど、空室管理業務の効率化を図る。(2016/9/20)

「住まいの怖い話」川柳 最優秀賞は「出て行けと 喉まで出るが 妻名義」
不動産・住宅情報サイトを運営するネクストは16日、「第1回HOME’S住まいの川柳コンテスト」の入賞作品を発表した。(2016/9/16)

FM:
老朽化不動産を強くもうかる資産に「再生」、旧耐震基準も対応
三井不動産は老朽化不動産の再生コンサルティングサービスを開始した。老朽化した住宅や建築物の耐震化が進まないことが問題となっているが、その要因となっている高額な改修費用や資金調達、投資回収を含めた採算性の課題解決をまとめてサポートする。実際の改修は青木茂建築工房の「リファイニング建築」の手法を活用し、建て替えの70%程度のコストに抑える。(2016/9/2)

リクルート、住宅ローンの事前審査をオンラインで行えるサービスを開始
リクルート住まいカンパニーは、8月18日に住宅ローンの事前審査から結果確認までオンラインで行えるFintechサービス「一括ローン相談 by SUUMO」を提供開始した。まずは首都圏の幅広い不動産会社で導入する。(2016/8/18)

なんだこの世界観 不動産投資会社のプロモサイト「よけろ!藤原くん」から狂気しか感じない
バーグハンバーグバーグとAC部が組むとこうなっちまうのか(驚愕)。(2016/8/3)

リクルート、スマホが鍵になる「iNORTH KEY」販売開始――不動産内覧向け
リクルートは、不動産内覧に特化したキーレスエントリーシステム「iNORTH KEY」を販売開始。手持ちのスマートフォンを一時的に物件の鍵として利用できる。本体価格は6000円(税別)、月額利用料金は380円(税別)。(2016/7/29)

築5年、駅から10分、ピカチュウ出現? LR賃貸がポケモンの出現位置を見られる「POKEVISION」に対応
部屋もポケモンの湧きで選ぶ時代か。(2016/7/26)

省エネビル:
日本初の全住戸BELS認証を取得した省エネマンション、最大で27%電力削減
不動産開発および販売を行う大京は、日本で初めて集合住宅として全住戸がBELSによる第三者認証を取得し省エネ性能が優れるとの評価を受けたマンションを建設し販売を開始する。(2016/7/26)

1坪1000万円超えの物件も:
東京・港区周辺で「億ション」販売合戦が活況
大手不動産会社が、東京都港区とその周辺エリアで、自社の“顔”ともいえる超高級物件の販売合戦を繰り広げている。1坪当たり1000万円を超える住戸もあり、首都圏新築マンションの販売が伸び悩む中、富裕層を対象にした物件をめぐる動きは活発だ。(2016/7/15)

ビジネスパーソンの副業の落とし穴! 知らないと怖い「民泊ビジネスと法律」
もともと不動産投資に関心があり、インバウンド需要の盛り上がりに伴って「民泊ビジネス」に魅力を感じる――というビジネスパーソンも増えているのでは。しかし民泊ビジネスは現状、問題が多い状態にある。“落とし穴”にハマらないために必要な「法律」の知識とは?(2016/7/11)

「貞子vs伽椰子」で使われた“伽椰子ハウス”が賃貸情報サイトで発見され話題に 「あの階段」もちゃんとあるぞ!
伽椰子と俊雄は付属しません。(2016/7/10)

コンビニ大手3社、高齢化した団地に出店へ URと連携、生活支援拠点に
コンビニ大手3社は、UR都市機構と提携し、高齢者支援を含むUR賃貸住宅居住者の生活をサポートする。(2016/7/5)

不動産大手、ビルに個性を際立たせテナント獲得 ベンチャー集積など新機軸
東京都心部でオフィス賃料の上昇が続く中、不動産大手が個性を際立たせたビル開発を競っている。(2016/7/5)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
「その建物のこと何でも知ってます」――現場データの見える化が西松建設のIT活用の鍵
創業から140年以上の歴史で培った技術を活かし、土木、建築、開発・不動産のコア事業からレタス栽培まで、常に新しいプロジェクトにチャレンジする西松建設。同社が目指すIT活用とは。(2016/6/29)

グロースハッカーネットワークも利用可能:
Kaizen Platformとネクストが連携、不動産に特化した反響数アップ支援サービスを提供
Kaizen Platformは、大手不動産・住宅情報サイト「HOME'S」を運営するネクストと連携し、不動産に特化した反響数アップ支援新サービスを開始した。(2016/6/23)

コンビニ探偵! 調査報告書:
コンビニ「家主」のトラブルあるある
コンビニオーナーは、店舗の経営権はあっても自分で土地や建物所有しているわけではない。コンビニ本部と土地や建物の所有者である「家主」が賃貸借契約を結んでいることがほとんどだ。今回は、コンビニの「家主」について解説しよう。(2016/6/14)

不動産業界、在留外国人向けサービス強化 中国人社員活用で満足度向上
不動産業界の間で、中国人社員らを活用することで在留外国人向けのサービス体制を強化する動きが相次いでいる。(2016/6/2)

賃貸アパートでも!――お手頃ホームセキュリティ「セキュアル」登場
Secual(セキュアル)は、自分で導入できるホームセキュリティサービス「Secual」の本格販売を開始した。センサー、ゲートウェイ、専用アプリで構成されるシンプルなシステムだ。(2016/5/27)

VRでバーチャル物件見学、建築前でもOK 東京の不動産会社が導入
VR技術を使い、更地や建築中でも、実際に建物があるように見えるシステム「ショーライズ」(SHOWRISE)を、オープンランウェイズが提供を始めた。(2016/5/27)

オンライン不動産仲介「ietty」、東大と共同研究 人工知能botで物件提案
オンライン不動産仲介サービス「ietty」が東京大学と共同研究をスタート。物件データをもとに、人工知能で適切な物件を紹介するチャットbot開発に取り組む。(2016/5/16)

社内報告1カ月後に社長射殺:
「餃子の王将」食い物にした男の正体は? 消えぬ「反社」の影、深まるナゾ
王将フードサービスが約10年にわたり特定の人物と不明朗な不動産取引などを繰り返し、176億円もの資金が回収不能になっていたことが、同社の第三者委員会の調査報告書で初めて明らかになった。(2016/5/12)

森や井戸もある、赤プリ跡地の「東京ガーデンテラス紀尾井町」が一部開業
5年前に閉鎖した赤坂プリンスホテルの跡地に新たな複合施設が誕生した。オフィスや商業施設、賃貸住宅などからなる「東京ガーデンテラス紀尾井町」だ。今年7月のグランドオープンに先駆けて、施設の一部を開業した。(2016/5/9)

スマートシティ:
「ネット・ゼロ・エネルギー」の街が誕生、3つの電池で実現
大和ハウス工業が富山県富山市の小学校跡地を活用し、一次エネルギー消費量が差し引きゼロになる「ネット・ゼロ・エネルギー・タウン」の開発に着手する。分譲住宅全戸に太陽光発電システムと蓄電池、家庭用燃料電池を設置し、HEMSも導入する。2017年後半に完成する予定だ。(2016/5/2)

一人暮らしの強い味方? 食事付き賃貸物件とは
忙しいビジネスパーソンにとって食事付きの環境は重宝しますよね。そんなニーズが「食事付き賃貸物件」として人気になっているようです。(2016/4/3)

スマートシティ:
横浜に新たなスマートシティが2018年に誕生、街全体で電力を融通
横浜市で先進的なスマートシティの開発が進んでいる。港北区綱島地区にあるパナソニックの事業所跡地を活用し、Tsunashima サスティナブル・スマートタウン」としてパナソニック、横浜市、野村不動産、東京ガス、米Apple社など10団体が参画して開発を進める。マンション、商業施設の他、米Apple社の研究開発施設も建設する。再生可能エネルギーや水素などの利用率を30%まで高める他、IT技術を活用したサービスも提供していく計画だ。(2016/3/29)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン 第79回:
ヘイトスピーチを逆手に取る――米移民擁護団体のクールな「反トランプ」キャンペーン
米大統領選に大異変。不動産王ドナルド・トランプ氏が事前の予想を超える支持拡大で共和党候補者指名に一歩リードといわれ、世界に衝撃が走っている。この流れを変えるべく、あるキャンペーンが立ち上がった。(2016/3/28)

「不動産×VR」で内見が不要になる? ドローンやOculusの活用も
物件選びにおいて最も時間の掛かる「内見」の煩わしさを解消してくれそうなWebサービスが国内外で登場している。ドローンやOculus Riftなどの先端技術を駆使しているのが特徴だ。(2016/3/14)

自然エネルギー:
風車や売電債権を担保に小型風力事業を推進、風況の良い青森で
青森銀行は青森県内で小形風力発電事業を計画する個人事業者に、ABL(アセット・べースト・レンティング、動産担保融資)を実施した。商品・機械などの動産を担保として活用し、不動産や個人保証に過度に依存しない資金調達の仕組みだ。(2016/3/11)

シュタゲの公式コラボ賃貸、関西に初登場! 近畿大学徒歩1分の立地で月額4万8500円
入居者を募集中です。(2016/3/3)

「近くにあるうどん屋」から物件を探せる賃貸サイトが登場 そんなサイトがあるのはモチロンあの県
香川の物件は駅までの距離ではなく、うどん屋までの距離で探す。(2016/2/10)

経済評論家・山崎元の「エンジニアの生きる道」(22):
賃貸vs.持ち家、どっちがお得?――住居選びも戦略だ
エンジニアがエンジニアとして生き残るためには、ビジネス的な観点が必要だ。ビジネスのプロである経済評論家の山崎元さんがエンジニアに必要な考え方をアドバイスする本連載。今回は「エンジニアの住居戦略」を考える。(2016/2/1)

SUUMO、2月3日に中古物件の情報を拡充――性能・品質での検索が可能に
不動産・住宅情報サイト「SUUMO」は、2月3日から中古流通物件に性能・品質に関する項目を追加。より品質の良い物件を検索しやすくなる。(2016/1/28)

リクルート、カギ不要で物件を内覧できるアプリを提供
利用対象を不動産管理者へ絞り込み、物件内覧時にスマートフォンへインストールした専用アプリを使った玄関ドアの解錠/施錠を可能としている。(2016/1/26)

KPI設計からクリエイティブ制作までプロのノウハウを提供:
PR:「オムニチャネルジャーニー」視点で考える不動産マーケティングの最適化
高額商品のマーケティングはWebだけで完結することができない。不動産はその典型例だ。オンラインとオフラインを行き来する見込み客の購入意欲を高め、ゴールに導くために必要なノウハウを探る。(2016/1/26)

新築で住むならココ! 市町村ランキング
オウチーノ総研は1月25日、不動産サイトのアクセス数をもとに「2015年、人気の高かった市町村ランキング(新築マンション・新築一戸建て/首都圏編)」を発表した。(2016/1/25)

人気の高い駅ランキング、1位は「吉祥寺」でなく
オウチーノ総研は1月19日、賃貸サイトのアクセス数(2015年1月1日から12月31日)をもとに「人気の高かった駅・沿線ランキング」を発表した。(2016/1/19)

首都圏マンション販売戸数、前年比9.9%減 平均価格はバブル期以来の高水準に
不動産経済研究所によると、昨年の首都圏マンション販売戸数は前年割れだった一方、1戸当たりの平均価格は1991年以来の高値に。(2016/1/19)

「堀北真希と山本耕史に物件紹介した」と不動産社員がツイートした件でセンチュリー21が謝罪
紹介した物件など個人情報を漏えいし炎上していた。(2016/1/15)

Pepper導入「来客増に効果あり」、スーモが導入店舗拡大
不動産サービスのスーモがPepperの導入を加速させる。試験導入店舗では、全国店舗中で最多の来客数を記録するなど、高い効果が見られたため。(2015/12/18)

西日本最高価格・7億円超えも 京都の高級マンション、即日完売
高級分譲マンション「ザ・パークハウス 京都鴨川御所東」の第1期販売で、西日本最高価格となる7億4900万円の1戸を含む全26戸が即日完売した。(2015/12/8)

SUUMOとQrio、不動産内覧効率化を目指すスマートロックの実証実験を開始
SUUMOとQrioは、スマートロックシステム「Qrio Smart Lock」を使った不動産内覧の効率化を目指す実証実験を開始した。(2015/12/1)

ねとらぼレビュー:
「猫付きマンション」はなぜ生まれたのか 新しい猫保護の形を探る1冊「猫を助ける仕事」
不動産ビジネスにまで踏み込んだ、猫保護の新しい形とは。(2015/12/1)

「HOME'S」の賃貸物件データセット、研究者に無償提供 間取り図や賃料など
住宅情報サイト「HOME'S」に掲載された賃貸物件データを、NIIが研究者向けに無償提供する。(2015/11/19)

スピン経済の歩き方:
なぜ三井不動産は、マンションの「ズレ」を放置したのか
三井不動産レジデンシャルが販売した横浜市都筑区のマンション。連日報道されている通り、「傾いている」ことが判明し、大きく注目されている。住民から「ずれている!」と指摘されていたのにもかかわらず、なぜ同社は10カ月以上も放置していたのか。それは……。(2015/10/20)

不動産の成約価格、機械学習で高精度に推定 ソニーが独自エンジン開発
ソニー不動産は10月8日、不動産取引における消費者の意思決定を支援する「不動産価格推定エンジン」を開発したことを発表した。(2015/10/9)

SUUMOとタイムズカープラスが連携、ステーション情報と賃貸物件情報の同時検索が可能に
不動産・住宅情報サイト「SUUMO」とカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」が連携。「SUUMO賃貸」の物件詳細ページの地図画面上に、近隣のステーション情報も表示されるようになった。(2015/10/8)

リクルート、「Pepper」の賃貸検討者向け接客実証実験を開始
リクルート住まいカンパニーは、感情認識パーソナルロボット「Pepper」を活用した賃貸検討者向け接客の実証実験を開始した。(2015/9/17)

不動産業界と自然界には共有点!? 「なんで不動産の社長はみんな同じ格好なの?」という疑問に答えるサイト登場
これはひどい(ほめてる)。(2015/9/16)

シュタゲの公式コラボ賃貸、東京都杉並区で入居募集開始 月額7万8000円
方南町から徒歩3分の場所。(2015/9/8)

「オタク専用お部屋探し」って特定層ロックオンじゃねーか!  お部屋探しサービス「にゃんぽち」サービス開始
不動産仲介もニッチな分野に目を向けるようになったもよう。(2015/8/30)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。