ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「不動産」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
Business Media 誠:不動産チャンネル
質問!不動産売買→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で不動産売買関連の質問をチェック
質問!不動産賃貸→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で不動産賃貸関連の質問をチェック

LIFE STYLEと業務提携:
「RICOH THETA」による360°画像の制作受託、リコーが不動産業界向けに開始
リコーは、実写VRの制作・プロモーション支援を行うLIFE STYLEと業務提携し、クラウドサービス「THETA 360.biz」において、360°画像の制作受託サービスを開始すると発表した。(2017/3/29)

次のブルーオーシャンはどこか
創造的破壊が起きつつある5つの市場 次の「Airbnb」「Uber」はどこで生まれる?
近年、民泊サービスの「Airbnb」、タクシー配車サービスの「Uber」、不動産取引の金融サービス「HomeAdvisor」などのサービスが勢いを増している。次はどの市場にシェアリングエコノミーが参入するだろうか。(2017/3/23)

情報化施工:
シロアリ対策にロボット活用、積水ハウスが実戦投入
積水ハウスは賃貸就業住宅のシロアリ対策にロボットを導入する。床下に薬剤を散布する処理を、遠隔からロボットで行えるようにする。立ち会いなど住民の負担も減る他、従来の作業者が床下に入る方法よりコストを1割削減できるメリットもあるという。(2017/3/15)

接客の効率化が狙い:
賃貸物件を「VR」で内見 東急リバブルの新サービス
不動産業の東急リバブルが、VR技術を活用して物件の内見ができるサービスを始めた。移動時間などを削減することで、接客の効率化につなげる狙いがある。(2017/3/10)

ユーザーの購買行動も蓄積可能:
Lifull Marketing Partners、物件情報管理サービス「LMPマーケティングジャーニー」を提供
Lifull Marketing Partnersは、新築分譲マンション、分譲戸建て、分譲宅地事業者向けに「LMP Marketing Journey」を2017年3月中に販売すると発表した。(2017/3/10)

省エネビル:
設備をオーナの代わりに購入、省エネ改修の障壁を下げる新サービス
東京電力ホールディングスの子会社である東電不動産は、建物オーナー向けに、初期費用を抑えながら建物の設備改修を行えるサービスの提供を開始した。新たに購入する設備費用の一部を東電不動産が代わりに購入し、オーナーは月々の電気料金と維持管理費用と合わせて割賦払いで支払える。オーナーの初期投資を抑え、建物の省エネ改修を支援する。(2017/2/28)

問い合わせの6割をAIが対応:
不動産界の“イタンジ”に聞く 急成長の理由
不動産ベンチャー、イタンジ。“一律3万円”という業界の常識を覆す安価な仲介手数料と、ユーザーからの問い合わせの6割をAIで即時対応するサービスが人気となり急成長している。業界に新しい風を吹き込むの同社の創業者、伊藤嘉盛社長にサービス誕生の背景を聞いた。(2017/2/27)

FM:
その看板は落下しないか、IoTで危険を予知
建物に取り付けられた看板が老朽化し、落下する事故が増えている。センサー機器開発のオプテックスと、不動産マネジメント事業を手掛けるザイマックスは、こうした看板の状態を遠隔から監視する共同実証実験を開始した。将来は新しい看板の保守サービスを展開する考えだ。(2017/2/10)

吉祥寺はもう“住みたい街”じゃないの……? 賃貸人気の高い駅ランキングで2年連続ランク圏外
オウチーノによる調査。ここ数年、人気なのは目黒、荻窪、武蔵小杉、赤羽の4駅。(2017/2/2)

不動産各社がベンチャー支援強化 三菱地所、活動拠点移転で相乗効果狙う
不動産各社が都内で、ベンチャーの支援策を強化している。(2017/2/2)

省エネビル:
横浜に低炭素マンション、エネファームを全66戸に採用
明和地所は横浜市に建設する分譲マンション「クリオ横濱綱島」の全66戸に、東京ガスが販売する家庭用燃料電池エネファームを採用する。これにより神奈川県で初めて低炭素建築物認定を取得した。(2017/1/26)

現場管理:
音声認識で議事録作成を自動化、建設業界に特化した新サービス
建設・不動産業界で頻繁に行われている作業の1つーー「議事録作成」。アドバンスト・メディアはこうした議事録作成を自動化できるサービスの販売を開始する。同社の強みとする音声認識技術を活用したサービスで、建設・不動産業界特有の単語にも対応。最大で議事録作成にかかる時間を約5割削減できるという。(2017/1/18)

実写映画版「ねこあつめ」、特報公開! 田口トモロヲ、木村多江、大久保佳代子の出演も判明
田口さんは編集者、木村さんはペットショップ店主、大久保さんは不動産屋役。(2017/1/12)

省エネ機器:
MITと開発した自然採光システムで特許取得、重さ半分の太陽光パネルも
不動産事業を手掛けるヒューリックはMIT(マサチューセッツ工科大学)と共同開発した自然採光システムと、太陽工業、岐阜プラスチック工業と共同開発した軽量かつ高強度な太陽光パネルの2製品について特許を取得した。自社物件に導入し、省エネなどに活用していく計画だ。(2017/1/10)

「つま恋」の名のまま再始動 ヤマハ、リゾート施設の不動産および商標権を譲渡
2017年4月1日からは、譲渡を受けたホテルマネージメントインターナショナルが「つま恋」商標を使用して営業開始。(2016/12/28)

FM:
スタジアム管理にドローン活用、自動航行で目視点検を効率化
不動産管理の東急コミュニティーは、施設管理業務にドローンを導入する。まず静岡県袋井市の競技場の管理に導入する計画で、従来作業員が目視で行っていた高所の点検などに活用し、業務効率と安全性の向上を図る計画だ。(2016/12/14)

省エネビル:
日本初のZEH分譲マンション、名古屋市で2019年完成
戸建住宅では徐々に広がりつつある「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」。一次エネルギー消費量がほぼゼロになるこのZEHで、国内初となる分譲マンションが2019年春に名古屋市に完成する予定だ。積水ハウスが建設するもので、(2016/12/13)

楽天とネクスト、不動産物件の「おとり物件」を協同で排除へ 不正注文の防止も
空き家での荷物受け取りなどを防止する狙いです。(2016/11/18)

世界を読み解くニュース・サロン:
夫の不貞に耐えたのに、ヒラリーの悲しき末路
2016年の米大統領選が終わった。1年半にわたって繰り広げられた大統領選は、大方の予想に反して、不動産王のドナルド・トランプが大統領に選ばれた。トンデモ大統領が誕生するわけだが、ひとつ気になることがある。それは敗北したヒラリー・クリントンと夫であるビル・クリントン元大統領との関係だ。(2016/11/10)

クックパッド前社長が買収する「オウチーノ」、ストップ高
10月31日の株式市場で、不動産サイトを運営するオウチーノがストップ高。(2016/10/31)

レオパレス21、賃貸物件にクラウド型防犯カメラサービスを導入
レオパレス21は賃貸物件にNECのクラウド型防犯カメラサービスを導入した。クラウドに収集・蓄積した映像を遠隔からリアルタイムで確認できる。(2016/10/25)

レオパレス21 NEC クラウド型防犯カメラサービス:
NECのクラウド形防犯カメラサービス、レオパレス21が年間1000棟に導入
NECが提供する、録画用レコーダーを設置しないクラウド形防犯カメラをレオパレス21が年間1000棟に導入。賃貸物件向けとしては初めて(同社)だという。500店舗に導入済みであるセブンイレブンに続く大規模導入例。(2016/10/25)

中野サンプラザ一帯の建て替え・再整備、25年度完成目指し5社が中野区と協定書
中野区が2025年度の完成を目指して計画している中野サンプラザ地域の再整備計画で、野村不動産など5社が事業協力協定書を区と結んだ。(2016/10/18)

「不動産売却、ネットだけで完結は困難」 不動産大手6社が専門ポータルサイト
不動産流通大手6社が不動産売却専門のポータルサイトを開設した。(2016/10/7)

省エネビル:
停電しても制震性能を維持、新宿の超高層ビルを免震改修
野村不動産と竹中工務店は東京都新宿区にある1978年竣工の「新宿野村ビル」の免震改修工事を実施した。今後想定される大規模地震に対応する狙いだ。停電時にも制震機能を維持する両社独自開発の制振装置を導入した他、建物の安全度を計測できるモニタリングシステムも導入した。(2016/10/4)

マネーの達人:
「自宅を売る」のは難しい 今のうちに知っておくべき3つの注意点
住宅を売却するとき「不動産業者が提示した査定額は適正なのか」という疑問はつきもの。業者に任せきりにせず、インターネットなどを利用して自分で調べることも重要です。今回は、自宅を売るときに注意すべき3つのポイントをご紹介します。(2016/10/3)

広告ROI向上に独自システムを開発:
“代理店任せ”の限界とは? 「HOME'S」運営のネクストがWeb広告運用のインハウス化に挑む理由
大手不動産・住宅情報サイト「HOME'S」などを運営するネクストが広告運用のインハウス化に取り組んでいる。巨大Webサイトを軸にした事業会社が広告代理店依存からの脱却を目指す真意はどこにあるのか。(2016/11/10)

FM:
IoTで空室管理を効率化、内覧時に電子錠を遠隔解除
東急グループの3社が自社で所有する賃貸住宅を活用し、IoTを活用した賃貸住宅の空室管理システムの実証試験を開始する。内覧希望があった際に管理会社が遠隔から電子錠を解錠し、立ち会いなく内覧できるようにするなど、空室管理業務の効率化を図る。(2016/9/20)

「住まいの怖い話」川柳 最優秀賞は「出て行けと 喉まで出るが 妻名義」
不動産・住宅情報サイトを運営するネクストは16日、「第1回HOME’S住まいの川柳コンテスト」の入賞作品を発表した。(2016/9/16)

FM:
老朽化不動産を強くもうかる資産に「再生」、旧耐震基準も対応
三井不動産は老朽化不動産の再生コンサルティングサービスを開始した。老朽化した住宅や建築物の耐震化が進まないことが問題となっているが、その要因となっている高額な改修費用や資金調達、投資回収を含めた採算性の課題解決をまとめてサポートする。実際の改修は青木茂建築工房の「リファイニング建築」の手法を活用し、建て替えの70%程度のコストに抑える。(2016/9/2)

リクルート、住宅ローンの事前審査をオンラインで行えるサービスを開始
リクルート住まいカンパニーは、8月18日に住宅ローンの事前審査から結果確認までオンラインで行えるFintechサービス「一括ローン相談 by SUUMO」を提供開始した。まずは首都圏の幅広い不動産会社で導入する。(2016/8/18)

なんだこの世界観 不動産投資会社のプロモサイト「よけろ!藤原くん」から狂気しか感じない
バーグハンバーグバーグとAC部が組むとこうなっちまうのか(驚愕)。(2016/8/3)

リクルート、スマホが鍵になる「iNORTH KEY」販売開始――不動産内覧向け
リクルートは、不動産内覧に特化したキーレスエントリーシステム「iNORTH KEY」を販売開始。手持ちのスマートフォンを一時的に物件の鍵として利用できる。本体価格は6000円(税別)、月額利用料金は380円(税別)。(2016/7/29)

築5年、駅から10分、ピカチュウ出現? LR賃貸がポケモンの出現位置を見られる「POKEVISION」に対応
部屋もポケモンの湧きで選ぶ時代か。(2016/7/26)

省エネビル:
日本初の全住戸BELS認証を取得した省エネマンション、最大で27%電力削減
不動産開発および販売を行う大京は、日本で初めて集合住宅として全住戸がBELSによる第三者認証を取得し省エネ性能が優れるとの評価を受けたマンションを建設し販売を開始する。(2016/7/26)

ビジネスパーソンの副業の落とし穴! 知らないと怖い「民泊ビジネスと法律」
もともと不動産投資に関心があり、インバウンド需要の盛り上がりに伴って「民泊ビジネス」に魅力を感じる――というビジネスパーソンも増えているのでは。しかし民泊ビジネスは現状、問題が多い状態にある。“落とし穴”にハマらないために必要な「法律」の知識とは?(2016/7/11)

「貞子vs伽椰子」で使われた“伽椰子ハウス”が賃貸情報サイトで発見され話題に 「あの階段」もちゃんとあるぞ!
伽椰子と俊雄は付属しません。(2016/7/10)

コンビニ大手3社、高齢化した団地に出店へ URと連携、生活支援拠点に
コンビニ大手3社は、UR都市機構と提携し、高齢者支援を含むUR賃貸住宅居住者の生活をサポートする。(2016/7/5)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
「その建物のこと何でも知ってます」――現場データの見える化が西松建設のIT活用の鍵
創業から140年以上の歴史で培った技術を活かし、土木、建築、開発・不動産のコア事業からレタス栽培まで、常に新しいプロジェクトにチャレンジする西松建設。同社が目指すIT活用とは。(2016/6/29)

グロースハッカーネットワークも利用可能:
Kaizen Platformとネクストが連携、不動産に特化した反響数アップ支援サービスを提供
Kaizen Platformは、大手不動産・住宅情報サイト「HOME'S」を運営するネクストと連携し、不動産に特化した反響数アップ支援新サービスを開始した。(2016/6/23)

コンビニ探偵! 調査報告書:
コンビニ「家主」のトラブルあるある
コンビニオーナーは、店舗の経営権はあっても自分で土地や建物所有しているわけではない。コンビニ本部と土地や建物の所有者である「家主」が賃貸借契約を結んでいることがほとんどだ。今回は、コンビニの「家主」について解説しよう。(2016/6/14)

賃貸アパートでも!――お手頃ホームセキュリティ「セキュアル」登場
Secual(セキュアル)は、自分で導入できるホームセキュリティサービス「Secual」の本格販売を開始した。センサー、ゲートウェイ、専用アプリで構成されるシンプルなシステムだ。(2016/5/27)

VRでバーチャル物件見学、建築前でもOK 東京の不動産会社が導入
VR技術を使い、更地や建築中でも、実際に建物があるように見えるシステム「ショーライズ」(SHOWRISE)を、オープンランウェイズが提供を始めた。(2016/5/27)

オンライン不動産仲介「ietty」、東大と共同研究 人工知能botで物件提案
オンライン不動産仲介サービス「ietty」が東京大学と共同研究をスタート。物件データをもとに、人工知能で適切な物件を紹介するチャットbot開発に取り組む。(2016/5/16)

森や井戸もある、赤プリ跡地の「東京ガーデンテラス紀尾井町」が一部開業
5年前に閉鎖した赤坂プリンスホテルの跡地に新たな複合施設が誕生した。オフィスや商業施設、賃貸住宅などからなる「東京ガーデンテラス紀尾井町」だ。今年7月のグランドオープンに先駆けて、施設の一部を開業した。(2016/5/9)

スマートシティ:
「ネット・ゼロ・エネルギー」の街が誕生、3つの電池で実現
大和ハウス工業が富山県富山市の小学校跡地を活用し、一次エネルギー消費量が差し引きゼロになる「ネット・ゼロ・エネルギー・タウン」の開発に着手する。分譲住宅全戸に太陽光発電システムと蓄電池、家庭用燃料電池を設置し、HEMSも導入する。2017年後半に完成する予定だ。(2016/5/2)

一人暮らしの強い味方? 食事付き賃貸物件とは
忙しいビジネスパーソンにとって食事付きの環境は重宝しますよね。そんなニーズが「食事付き賃貸物件」として人気になっているようです。(2016/4/3)

スマートシティ:
横浜に新たなスマートシティが2018年に誕生、街全体で電力を融通
横浜市で先進的なスマートシティの開発が進んでいる。港北区綱島地区にあるパナソニックの事業所跡地を活用し、Tsunashima サスティナブル・スマートタウン」としてパナソニック、横浜市、野村不動産、東京ガス、米Apple社など10団体が参画して開発を進める。マンション、商業施設の他、米Apple社の研究開発施設も建設する。再生可能エネルギーや水素などの利用率を30%まで高める他、IT技術を活用したサービスも提供していく計画だ。(2016/3/29)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン 第79回:
ヘイトスピーチを逆手に取る――米移民擁護団体のクールな「反トランプ」キャンペーン
米大統領選に大異変。不動産王ドナルド・トランプ氏が事前の予想を超える支持拡大で共和党候補者指名に一歩リードといわれ、世界に衝撃が走っている。この流れを変えるべく、あるキャンペーンが立ち上がった。(2016/3/28)

「不動産×VR」で内見が不要になる? ドローンやOculusの活用も
物件選びにおいて最も時間の掛かる「内見」の煩わしさを解消してくれそうなWebサービスが国内外で登場している。ドローンやOculus Riftなどの先端技術を駆使しているのが特徴だ。(2016/3/14)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。