ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「フェアレディZ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「フェアレディZ」に関する情報が集まったページです。

東京おもちゃショー2018:
「GT-R」のエンジン音、実際に鳴る「トミカ4D」 「テストコースを貸し切り、音を収録」日産が太鼓判
タカラトミーが、エンジン音と振動を再現した「トミカ4D」を10月に発売する。日産「GT-R」のミニカーは、実際のエンジン音、走行音を収録した。(2018/6/7)

「ストラトス」「2000GT」!! マクドナルドのハッピーセットが渋すぎるトミカチョイス GWのオトーサン狙い撃ち♪
ストラトスと2000GTだとぉ。「ハッピーセット トミカ」スポーツカーシリーズは4月27日から。(2018/4/12)

往年のカラーデザインをリメイク:
フェアレディZにレーシングストライプの特別仕様車
日産自動車は、スポーツカー「フェアレディZ」の特別仕様車「Heritage edition」を5月11日に発売する。(2018/3/22)

280Zのイメージを再現 フェアレディZにオールドスタイルの特別仕様車「Heritage edition」登場
Z34型の最終形? 黄色のボディーにレーシングストライプが映えます。(写真44枚)(2018/3/20)

東京オートサロン2018:
うぉぉ「LEAF」や「NOTE e-Power」がこんなにカッコよく! 日産が“本家カスタム”のコンセプトカーを多数公開
「次期Z」を期待させるイエローカラーの特別車「FAIRLADY Z Heritage Edition」も。(2018/1/5)

お正月はトミカで百人一首? 1首の上の句・下の句が2台に分けてデザインされた「トミカ百人一首」が登場
パッケージも2種類発売されます。(2017/12/31)

新カラーも:
日産、「フェアレディZ」を一部改良 新クラッチ採用
日産が2シータ-スポーツカー「フェアレディZ」を一部改良し、発売した。(2017/7/6)

現在は国内5車種:
日産、「NISMOロードカー」事業を拡大 車種拡充へ
日産がスポーツブランド「NISMOロードカー」事業を拡大する。(2017/4/25)

「フェアレディZ」ベースのパトカーがミニカーに 1/18スケールで細部まで再現
今にも走り出しそう(2017/4/19)

PR:携帯電話がない時代のデートってどうしてた? 30年前の恋愛について両親に聞いてみた
意外と親のことって知らないものです。(2017/1/31)

専用装備を充実:
日産、ノートe-POWERに「NISMO」追加
日産自動車は、小型車「ノートe-POWER」にスポーツ仕様の「NISMO」モデルを追加すると発表。12月12日に発売する。(2016/12/8)

坂道もスイスイ上る「チャージトミカ」新登場
タカラトミーがダイキャスト製ミニカー「トミカ」の新製品として「トミカシステム チャージトミカ パトロールカーセット」を発表した。(2016/7/27)

充電式で自動走行する「チャージトミカ」発売 坂道もぐんぐん上るぞ
モデルは「フェアレディZ」(日産)のパトカー。(2016/7/27)

ミニカーにもEV化の波? 「トミカ」に“充電式自動走行”モデル
充電式で走る「トミカ」の新商品が登場。(2016/7/27)

フェアレディZをさらに高性能化だと……! 警視庁高速隊の新型パトカーから逃げきれる気がしない
本気すぎる。(2016/4/5)

アーカイブ費用を半減させたストレージソリューションとは?
日産自動車は社内クラウド基盤に積み上がるデータの保護にどう対処したか
日産自動車は、社内クラウド環境で大量に発生するデータの保管に関して経済性の課題があった。容量単価に優れ、長期保管可能な解決策として選んだのはテープによるアーカイブシステムだ。今テープを採用した理由は?(2016/2/3)

これは胸熱……! 織田信長や豊臣秀吉がミニカーに タカラトミーから「トミカ武将コレクション」発売
車種にも注目!(2015/12/26)

だがそれがいい――くまどりペイントの変なトミカ、おみくじつきで発売
タカラトミーは「トミカ」の2016年新春向けアイテムとして、“和”をテーマにした「傾きものトミカ」を発売する。(2015/12/17)

Weekly Access Top10:
2年に1度の遊園地
東京モーターショーは、近未来を予感させる“夢の国”でした。(2015/11/2)

東京モーターショー2015:
トヨタのスポーツFR「S-FR」と日産EV「IDS Concept」がトミカに 会場限定
「東京モーターショー2015」で初披露された電気自動車(EV)「IDS Concept」(日産自動車)、スポーツカー「S-FR」(トヨタ)がトミカとして発売される。(2015/10/28)

全長約100ミリ!:
手のひらサイズのドリフトRC「ドリフトパッケージ ナノ」、タカラトミーから
タカラトミーから全長約10センチのラジコンカーが登場。卓上でドリフト走行が楽しめる。車種はZ34ニスモ、180SX、FD3S、S13の4種類。(2015/10/15)

フランクフルトモーターショー2015:
日産「グリップスコンセプト」はコンパクトクロスオーバーの“極限”に挑戦
日産自動車は、「フランクフルトモーターショー2015」において、クロスオーバーSUVのコンセプトカー「Nissan Gripz Concept(ニッサン グリップス コンセプト)」を公開した。同社のBセグメントのSUV「ジューク」とほぼ同サイズだが、よりスポーティーにすることで「コンパクトクロスオーバーの極限に挑戦した」(同社)という。(2015/9/17)

フランクフルトモーターショー2015:
日産の新クロスオーバー「Gripz」、初代「フェアレディZ」から着想
日産自動車は、「フランクフルトモーターショー2015」で世界初披露する新たなクロスオーバーのコンセプトカーの車両名を「Nissan Gripz Concept(ニッサングリップスコンセプト)」と発表した。初代「フェアレディZ」の「240Z」などから着想を得ているという。(2015/9/14)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
「変わらなきゃ」から20年 日産はどう変わったのか?
昔からの日産ファンにとって、近年の同社の状況は何とも物足りないと感じているのではないだろうか。なぜ日産はこのように変わってしまったのか。(2015/6/15)

スカイラインやフェアレディZがハンコに 日産車のイラスト入り痛印登場
アニメとコラボしてきた痛印堂が、今度は日産とコラボ。(2015/2/3)

ダットサン 事業本部長 インタビュー:
復活2年目のダットサンブランドが目指すもの
ダットサンブランドが復活した2013年、新型車である「GO」と「GO+」の評判はそう芳しいものとはいえなかった。復活から2年目となる2014年を迎え、ダットサンブランドはどのような方向性を目指そうとしているのか。「インドネシア国際モーターショー2014」の会場で、同ブランド事業本部長のヴァンサン・コベ氏に聞いた。(2014/11/28)

逃がしませんわよ:
最高速度325km/h「ランボルギーニ・ウラカン LP610-4」、警察パトカーに
イタリア国家警察に、0─100km/h加速3.2秒のランボ新モデル「ウラカン LP610-4ポリツィア」が納車された。前世代の“ガヤルドパトカー”に続き、より高性能となったモデルで事故や違反の大きな抑止力に結び付ける。(2014/5/26)

ニコニコ超会議3:
まど☆マギ、ラブライブ、東方、ガルパン――傑作痛車が大集合! 「超痛Gふぇすた」が今年もアツい
高級車の無駄遣い? いえいえ、有効活用ですよ(確信)(2014/4/26)

時速300km超でダウンフォースが+100kg:
「GT-R NISMO」はNISMOブランドの旗艦車種、最高出力は「GT-R」比10%増の441kW
日産自動車は、NISMOブランドのフラッグシップとなる「GT-R NISMO」を、2014年2月末に国内発売する。エンジンの最高出力は、NISMOの専用チューニングにより、GT-Rの404kWから約10%増の441kWとなっている。量産車でニュルブルクリンク北コース最速を記録したタイムアタックの様子も映像で公開されている。(2013/11/19)

オーテックジャパン、「フェアレディZ Version NISMO」をマイナーチェンジ
ベースモデルのフェアレディZがマイナーチェンジすることを受け、Version NISMOでもさまざまな見直しを実施した。最高出力を維持しつつ、中速域のトルクを増やした。(2012/7/11)

日産、フェアレディZをマイナーチェンジ
「フェアレディZ」と「フェアレディZ ロードスター」をマイナーチェンジして、2012年7月18日に発売。よりスポーティでスタイリッシュなデザインになった。(2012/7/11)

東京おもちゃショー2012:
おもちゃショーで見つけた大人も楽しい玩具たち
東京・有明の東京国際展示場で開催された国内最大級の玩具専門展示会「東京おもちゃショー2012」。数多くの新製品の中から、大人も楽しめそうな逸品をピックアップした。(2012/6/18)

東京モーターショーレポ、今年は「スマートハウス+モビリティ」
東京モーターショーレポート。今回「もうひとつの主役」といえるのが、次世代スマートモビリティ社会を想定した各社のコンセプト展示だろう。(2011/12/15)

遊び心満載のクロスオーバー「JUKE」――日産
日産自動車は、コンパクトスポーツカーの俊敏さとSUVの力強さをあわせ持つクロスオーバー「JUKE」を6月9日に発売した。価格は169万500円から。(2010/6/9)

いい仕事してます:
プラチナの次は「漆塗りトミカ」 トミカ40周年記念で
3月の「プラチナトミカ」に続き、今度は「漆塗りトミカ」が登場した。(2010/4/15)

輝き放つ車載LED
かつて、自動車で用いられるLEDと言えば、リアランプやメーターパネルの表示灯の光源として用いられる赤色もしくは黄色のものが中心であった。それに対し、現在ではへッドライトをはじめとするさまざまな自動車システムで高輝度の白色LEDが使用されるようになった。その結果、車載LEDの市場は大きく拡大しようとしている。本稿では、LED開発の歴史を概観した上で、LEDの特徴と、車載用途におけるLED採用のメリットについてまとめる。また、ヘッドライトをはじめとするLEDの採用事例や、車載用LEDドライバの開発動向について紹介する。(2010/4/1)

リバーシブルなミニカー? バンダイ「VooV」登場
バンダイは“変身”をコンセプトにしたミニカーの新ブランド「VooV」(ブーブ)を発表した。「トワイライトエクスプレス」が「N700系新幹線のぞみ」に大変身?(2010/3/15)

輝くZ432:
700万円相当の「プラチナ トミカ」登場
「トミカ」の誕生40周年を記念して純プラチナ製の「プラチナ トミカ」が登場した。(2010/3/2)

神尾寿の時事日想・特別編:
カー・オブ・ザ・イヤーから見る――2009年、エコカーの位置づけ
2009-2010 日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)は、接戦の結果「プリウス」に決まった。しかし選考委員である神尾氏が1位として10点を投じたのは、実はプリウスではなかったという。(2009/10/23)

今年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは、トヨタの「プリウス」
(2009/10/21)

愛妻家は、どんなクルマを好む?
もし新車を購入したら、助手席に誰を乗せてドライブしますか? 40〜50歳代の妻帯者に聞いたところ「妻」が断トツ。このほか「子ども」「家族」と続いた。コミュニケーションデザイン総合研究所調べ。(2009/10/19)

あの「チョロQ」がハイブリッド化?
「チョロQ」の発売から30年。タカラトミーは新シリーズとして「チョロQハイブリッド!」を投入する。(2009/9/17)

誠 Weekly Access Top10(2009年4月4日〜4月10日):
1文字でググった時、一番上に出るWebサイトを調べてみた(英数字編)
英文字や数字を1文字だけ入力して、Google検索すると一番上に表示されるのはどんなWebサイトなのだろうか。実際に調べてみた。(2009/4/13)

+D Style モテるクルマの選び方:
強く、速く、美しい貴婦人。フェアレディZ
コンパクトながら強烈な存在感を放つボディ、そして素直で切れのいい走り――フルモデルチェンジによってさらに洗練された“貴婦人”と、つかの間のドライブを楽しんできました。(2009/3/20)

「ミッドナイトクラブ:ロサンゼルス」レビュー:
完全に再現されたLAの町並みを走り抜けろ!!
GTAシリーズでおなじみのロックスター・ゲームスが贈る新感覚レースゲームのイベントリポートに加え、登場車種リストも写真付きでお届け!(2009/2/12)

Weekly ITmedia +D Top10:
ハンバーガーを食らった日
今週のランキング1位は、ハンバーガー3個分のボリュームをもつ「クォーターパウンダー」の記事。(2008/12/11)

+D Style News:
日産、スポーツカー「フェアレディZ」をフルモデルチェンジ
日産は、2人乗りのスポーツカー「フェアレディZ」をフルモデルチェンジし、発売した。336馬力のV6エンジンを搭載。スタイリングはより筋肉質な印象に。(2008/12/1)

ねとらぼ:
「SUPER GT」で痛車勝負 初音ミクvs.鏡音リン・レン
初音ミク痛車と鏡音リン・レンの痛車が「SUPER GT」に参戦。同じレースでガチンコ勝負だ。(2008/11/6)

「ニード・フォー・スピード アンダーカバー」に新型のフェアレディZが登場
(2008/10/30)

+D Style News:
日産、新型「フェアレディZ」の写真を先行公開
日産が、新型スポーツカー「フェアレディZ」の写真を12月の発表に先駆けて公開した。(2008/10/30)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。