ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「FIFA Online」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「FIFA Online」に関する情報が集まったページです。

タイポURLでだます:
ゲームアカウント狙いの詐欺が増加、ユーザーの心理を悪用か
シマンテックは、ユーザー情報を盗み出すフィッシング詐欺の標的がネットバンキングからオンラインゲームに移りつつあると指摘する。(2011/5/31)

事前登録で特典アイテムをゲット――10月24日開催「ゲームオンLIVE2010」事前登録受付開始
当日は、ゲームオンのゲーム紹介のほかステージイベントなども開催を予定している。事前登録のうえイベントに参加すると、好きなゲームのアイテムが手に入る特典もあるので、プレイヤーは要チェック!(2010/10/9)

167カ国・地域から世界の頂点を目指せ――「EA SPORTS FIFA Online 2」に「ワールドカップモード」が追加
(2010/5/19)

「ユニオンチャンピオンシップ」システムを実装――「EA SPORTS FIFA Online 2」
(2009/3/11)

オンラインゲーム最新イベント情報:
負けるが勝ちか?
それともやっぱり勝った方が勝者なのだろうか?(2009/1/28)

「EA SPORTS FIFA Online 2」、シングルモード向けの“ヨーロッパチャレンジカップ”を追加
(2008/12/25)

「EA SPORTS FIFA Online 2」、オークションシステムを導入
(2008/11/25)

FC Asian CupとAFCチャンピオンズ・リーグが登場――「EA SPORTS FIFA Online 2」
(2008/11/12)

ゲームオン、同社の人気タイトルが一堂に会する「ゲームオンフェスタ2008」を開催
ゲームオンは10月19日、同社の運営するオンラインゲームを集めたファンイベント「ゲームオンフェスタ2008」を、東京・池袋の池袋サンシャインシティにて開催した。(2008/10/20)

東京ゲームショウ2008 エレクトロニック・アーツブース:
EA、体験プレイ可能なオンラインゲーム2種を展示
 EAブースでは、まだ国内サービスがスタートしていない、「EA SPORTS FIFA Online2」と「Battlefield Heroes」、そして発売済みの「SPORE」が制限時間付きだがプレイアブルに。(2008/10/10)

東京ゲームショウ2008:
4年ぶりのゲームショウは新作タイトル満載――エレクトロニック・アーツブース
スポーツ、アクション、シミュレーション、レース……幅広いジャンルのタイトルを取りそろえたエレクトロニック・アーツブースを紹介しよう(2008/10/9)

エレクトロニック・アーツ、TGS2008出展タイトルを発表
(2008/10/8)

ITmedia +D Games枠で100名募集:
「EA SPORTS FIFA Online 2」クローズドβテスターを募集開始
PCオンライン専用アクションサッカーゲーム「EA SPORTS FIFA Online 2」のクローズドβテスター募集が開始。ITmedia +D Gamesでもβテスターを募集する。(2008/8/29)

クローズドβテストは9月16日から――「EA SPORTS FIFA Online 2」プレス説明会
PCオンライン専用アクションサッカーゲーム「EA SPORTS FIFA Online 2」のプレス説明会が開催。ゲーム内容の詳しい説明に加え、クローズドβテストの実施期間などが明かされた。(2008/8/22)

ゲームオン、「EA SPORTS FIFA Online 2」、「NBA Street Online」のライセンス契約をEAと締結
(2008/6/30)

EA「バトルフィールド オンライン」をアジア各国で展開すると発表
エレクトロニック・アーツは、EA DICEブランドをNeowiz Gamesと共同開発し、アジアのオンラインゲーム市場に参入すると発表した。その第1弾が「バトルフィールド オンライン」となる。(2007/6/7)

「北京」にらみ、EAが中国オンラインゲーム会社に出資
Electronic Artsが中国のThe9に出資するとともに、「EA SPORTS FIFA Online」の中国での独占運営権を与えた。(2007/5/23)

NeoWiz Japanインタビュー:
「モナト エスプリ」は“ポスト・ラグナロクオンライン”を狙う
東京ゲームショウ2006の会場で、今後同社の主力タイトルとなるMMORPG「モナト エスプリ」に加えて、「EA SPORTS FIFA ONLINE」の一般公開についても発表したNeoWiz Japan。今後の展開についてゲーム事業部長であるイー・ギウォン氏、チームマネージャーのパク・ジェフン氏に話を聞いた。(2006/9/28)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。