ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「Firefox 5」最新記事一覧

関連キーワード

Tech TIPS:
Webブラウザで現在地情報を正しく取得できない場合の原因と対策
2016年4月からGoogle Chromeで、9月ごろからはSafari/iOSで、ユーザーの現在地(位置情報)を活用するWebサービスに接続すると、現在地が正しく表示されなかったり、現在地取得に失敗したというエラーメッセージが表示されたりするようになった。その原因と対策は?(2016/9/30)

電子書店完全ガイド:
「eBookJapan」を徹底解剖する
eBook USERがお届けする国内主要電子書店の徹底レビュー。完全ガイド2015年の第3回目は「eBookJapan」を紹介する。(2015/5/29)

キングソフト、無料通話などを備えた企業向けアプリ「WowTalk Business」をリリース
キングソフトがグループトークや無料音声通話、タイムラインによる情報共有機能を備えた企業向けアプリ「WowTalk Business」をリリース。記念として無料体験キャンペーンも実施する。(2014/3/26)

Twitter、主要ブラウザでの「Do Not Track」サポートを発表
Twitterが、広告サイトなどによるユーザーの履歴トラッキングを遮断する「Do Not Track」機能をサポートすると発表した。(2012/5/18)

Mozilla、「Firefox 6」の正式版をリリース Android版はタブレットに最適化
Firefoxの最新版では10件の脆弱性に対処したほか、ロケーションバー周りのユーザーインタフェースに改善が加えられた。Android版は起動やページ読み込み速度が短縮され、タブレット端末での表示向けにボタンやフォントサイズが調整された。(2011/8/17)

Googleツールバー、Firefox 5以降はサポートせず
Googleツールバーは、Firefoxバージョン4までしかサポートしないという。(2011/7/22)

Firefox 4のサポート打ち切りに企業から不満の声、MicrosoftはIEをアピール
Firefox 4のサポートが打ち切られたことに対して企業などから不満の声が出ている。Microsoft幹部はこの機会を使ってIEの売り込みに乗り出した。(2011/6/27)

Firefoxは6週間ごとに最新版に 拡張の互換性は?
Firefoxは今後、6週間というスケジュールに従って定期的にバージョンアップし、年末ごろには「9」が登場する見通しだ。従来はバージョンアップごとに拡張の互換性に問題が起きる場合もあったが、今後はバージョンアップの影響は少なくなっていくという。(2011/6/22)

せかにゅ:
MicrosoftがFirefox 5のリリース祝う ケーキをプレゼント
「リリースおめでとう」――MicrosoftがFirefox 5のリリースを祝して、Mozillaにケーキを贈った。(2011/6/22)

Mozilla、「Firefox 5」の正式版をリリース Android版にも「Do Not Track」
Firefox 5の正式版が「6週間サイクル」でのスケジュール通り公開された。Firefox 4で追加された「Do Not Track」の設定が、より分かりやすくなった。(2011/6/22)

Firefox 5のβ版公開
デスクトップ版とAndroid版のFirefox 5βがリリースされた。(2011/5/23)

Mozilla、Firefox 3.5のユーザーに3.6を自動配信へ
Mozillaはサポート期間が終了したFirefox 3.5をまだ使い続けている1200万人に対し、3.6を「強制的に」配信する方針を決めた。(2011/5/17)

Mozilla、Firefoxのリリースサイクルを変更 「Aurora」チャンネルを追加
リリースサイクルの短縮を目的に、「Nightly」と「Beta」の間に「Aurora」チャンネルを追加し、Firefox 5のAurora版をリリースした。(2011/4/14)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。