ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「葬儀」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「葬儀」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

小学館、『月刊コロコロコミック』7月号の漫画をネットで無料公開 平成30年7月豪雨を受けて
コロコロの漫画約300ページを読むことができます。(2018/7/15)

東京も問題は避けられない:
高齢化で何が起こるか 秋田に見る「日本の未来図」
「未来図は描けません、今の状態だと。どんどん人口が減少していって」──秋田県の人口は、2045年までに41%減少し、約60万人のうち半分が65歳以上になると試算されている。日本全体では2040年ごろ、65歳以上の比率が現在の秋田県と同じになると推定されている。(2018/7/13)

二重螺旋で故人をしのぶ DNAを形見として残す鑑定サービス開始
葬儀業界では日本初です。(2018/7/6)

ドライアイス問題を解決:
葬儀業界に新風 ドウシシャの遺体冷却安置台は何がすごいのか?
葬儀業界の“常識”が変わろうとしている。現在、遺体冷却の80%以上をドライアイスに頼っていると言われているが、ドウシシャが発売する吸熱式遺体冷却安置台「メモリアルベッド」ではペルチェ素子によって冷却できるのだという。(2018/7/6)

漫画家の佐藤タカヒロさんが死去、41歳 週刊少年チャンピオンで『鮫島、最後の十五日』を連載中
秋田書店が公式サイトで報告しています。(2018/7/3)

落語家・桂歌丸さんが逝去、81歳 「笑点」などで活躍
2006年から2016年までは「笑点」の司会者としても活躍。(2018/7/2)

築地本願寺が立ち向かう“寺離れ”:
ビジネスマン僧侶が挑む お寺が「コンシェルジュ」になろうとする理由
築地本願寺は「開かれたお寺」を目指すプロジェクトを立ち上げた。仕掛け人は、ビジネスマンとしての顔も持つ、代表役員 宗務長の安永雄玄さん。“寺離れ”が進む現状に立ち向かうためにはどうすればいいのか。取り組みとその背景を探った。(2018/6/27)

「今後のサイバーセキュリティ業界にとっても貴重な人材を失った」 Hagexさん、勤務先が追悼コメント
サイバーセキュリティ関連会社「sprout」高野聖玄社長の名義で。(2018/6/26)

岡田敏一のエンタメよもやま話:
スター・ウォーズ曇らせる“有毒”ファン 「最後のジェダイ」シンデレラ女優に中傷殺到、インスタ閉鎖
「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」でレジスタンス側の女性整備士を演じたベトナム系米国人女優ケリー・マリー・トランさんが、Instagramで度重なる中傷や人種差別を受け、アカウントを閉鎖。その背景は――(2018/6/22)

カシオ会長・樫尾和雄氏が死去 個人向け電卓を開発、Gショック主導
カシオ計算機は19日、創業4兄弟の三男で27年間にわたり経営トップを務めた樫尾和雄会長が18日死去したと発表した。89歳だった。(2018/6/20)

独身女性は終活への関心が高め:
5割以上が来世も「お独りさま」望む 40歳以上の独身男女
葬式の総合情報サイト「いい葬儀」などを運営する鎌倉新書は6月12日、独身男女40歳以上の死生観に関する意識調査結果を発表した。半数以上の独身者は来世でもお独りさま人生を望んでいるという。(2018/6/13)

CADイベント:
成形品内にセンサー、部品点数600点のクルマ――産業のルネサンスとは
ダッソー・システムズは2018年5月30〜31日、「3DEXPERIENCE FORUM Japan 2018」を開催した。会期2日目には、同社CEO ベルナール・シャーレス氏が基調講演で登壇する予定だったが、急きょ変更になり、同社エグゼクティブ・バイス・プレジデントのシルバン・ローラン氏が登壇した。(2018/6/12)

葬儀のコンパクト化:
火葬してから告別式 イオンの「夕刻一日葬」は今の暮らしに合う?
イオンライフは、火葬後の夕刻に告別式を行う「夕刻一日葬」のサービスを開始。日中に時間が取れない人も参列しやすくなる。葬儀のニーズはどう変化しているのか。同社に聞いた。(2018/6/11)

「余韻がすごくミステリアス」 世にも奇妙な世界観のTwitter漫画「束の間の幻影」に鳥肌立つ人続出
後日談からが本編。(2018/6/12)

衝撃事件の核心:
歓楽街のど真ん中に白骨遺体、誰にも気づかれなかった男性の孤独死
都会のど真ん中で人知れず息絶え、しかも2年間も野ざらしにされていた。昼夜を問わず人の往来が絶えない大阪・ミナミ。目抜き通りの御堂筋と交差し、1日数万台が行き交う千日前通りの中央分離帯で5月、白骨遺体が見つかった。(2018/6/5)

世界初“安楽死マシン”と、「長生き悔やみ」安楽死した104歳学者が突きつける現実
オーストラリアの医師が開発した「安楽死幇助マシン」が話題に。死にたい人は、この機械に入ってボタンを押すと、約5分後に死亡する。痛みや窒息による苦しみはほとんどないという。(2018/6/4)

漫画家・土山しげる氏が逝去、68歳 『喰いしん坊!』『喧嘩ラーメン』『極道めし』などグルメ漫画生み出す
葬儀は家族の意向により親族のみで執り行ったとのこと。(2018/6/1)

常見陽平のサラリーマン研究所:
西城秀樹さんの訃報を聞いて、 “Webおくりびと”の言動を考える
著名人が亡くなると、気になることがある。Web上で、著名人のことをあれこれ書く人たちのことである。ひたすら悲しみをつづったり、思い出を書いたり、うんちくを披露したり。筆者の常見氏はこうした発言に異論を唱えているわけではないが、「何かが足りない」と感じている。その何かとは……。(2018/6/1)

プロ雀士、小島武夫さん死去 「ミスター麻雀」の異名を持つカリスマ勝負師
82歳でした。(2018/5/31)

登山家・栗城史多氏の死因は「滑落」 事務所が訂正
21日にエベレストで死去した登山家の栗城史多氏の死因を事務所が訂正。滑落による頭や全身の強打が死因という。(2018/5/28)

「何のために焼香に行ったんですか?」 「西城秀樹さんお別れの会」記念品がオークションで高額転売
「大杉漣さんお別れの会」の記念品を転売した出品者が「西城秀樹さんお別れの会」の記念品を転売しているケースも。(2018/5/28)

吉岡里帆がインスタ再開 事務所社長の死に「立ち止まっている事も出来ません」と前向き
5月11日からInstagramを非公開にしていました。(2018/5/24)

漫画家・黒岩よしひろが逝去、55歳 代表作『鬼神童子ZENKI』など
5月8日に心筋梗塞のため。(2018/5/16)

いつもは受けだが今度は攻め 舘ひろし、映画「終わった人」完成披露で見せた“枯れない役者魂”
ハングリー精神でアドリブや10行以上のセリフに挑戦。(2018/5/11)

「世界をオマエのモノにしてやろうか」「いらない」 変な神様に取り憑かれた少年の漫画が深い
変な神と少年の不思議な関係。(2018/5/8)

絵本作家、かこさとしさん死去 代表作に『からすのパンやさん』『だるまちゃん』シリーズなど
心よりご冥福をお祈り申し上げます。(2018/5/7)

「まだHideのところには行けない」 YOSHIKI、hideの20周忌で葬儀の動画公開し秘めた思い語る
もう20年も前なんだなあ……。(2018/5/2)

高畑勲さんお別れの会、ジブリ美術館で15日に開催
4月5日に死去したアニメ監督・高畑勲氏の「お別れの会」が5月15日、「三鷹の森ジブリ美術館」で開催される。一般の人も献花できる。(2018/5/2)

「高畑勲 お別れの会」、5月15日にジブリ美術館で ファンのために献花の時間も
参会の際は平服で。香典や供花の類は固く辞退するとのこと。(2018/5/1)

高畑勲監督が死去、「火垂るの墓」「かぐや姫の物語」など手掛ける 「やりたい事がいっぱいある人だった」と鈴木敏夫氏がコメント
82歳でした。【追記】(2018/4/6)

Twitter漫画「噛み合わないザリガニJKとストーカー忍者」 2人がすれ違い続けるもどかしさがたまらない
オチも秀逸。(2018/4/5)

スマホで訃報を配信できる「葬儀×テクノロジー」の新サービス登場 弔電や供花も簡単に発注可能
時代は変わる。葬儀も変わる?(2018/3/26)

アスカネット「tsunagoo」:
葬儀×ITの「葬テック」サービス登場 スマホで訃報配信、お花も買える
アスカネットが葬儀×ITの「葬テック」事業を始めると発表。スマホでの訃報配信や、供物・供花の購入に対応した新サービス「tsunagoo(つなぐ)」をスタートした。葬儀会社に導入し、顧客企業がエンドユーザーに提供する「BtoBtoC」サービスとして展開する。(2018/3/23)

販売終了後7年:
aibo修理打ち切り方針「見直して」愛好家ら要望 サポートの充実課題
ソニーの家庭向け犬型ロボット「aibo(アイボ)」の愛好家から、販売終了後7年で修理を打ち切る方針の見直しを求める声が相次いでいる。(2018/3/23)

Uberの歩行者死亡事故、直前までの動画をテンペ警察が公開
Uberの自動運転車が自動運転中に起こした歩行者死亡事故のドライブレコーダーによる動画を、この件を捜査しているテンペ警察がTwitterで公開した。(2018/3/22)

十年来のファンの死、寂しさ抱え追悼ライブ あるアイドルの行動に称賛の声
追悼ライブは「二度とやりたくはないね」と有坂さん。(2018/3/21)

aibo修理打ち切り方針「見直して」 販売終了後7年……愛好家ら要望、サポートの充実課題
「aibo」の愛好家から、販売終了後7年で修理を打ち切る方針の見直しを求める声が相次いでいる。ソニーは打ち切りに理解を求めるが、納得できない愛好家は多い。(2018/3/20)

ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナーレポート【大阪編1】:
ユーザーのリテラシーには期待しない――燦ホールディングスが説く「多層防御」の考え方
葬祭事業で知られる公益社を含む5社からなる燦ホールディングス。曜日や時間に関係なく問い合わせがある葬祭業では、常にネットワークに大きな負荷がかかる。同社では、ファイアウォールの不具合で、メールを含むWebへのアクセスが度々できなくなっていた。(2018/3/19)

作家、内田康夫さん亡くなる 「浅見光彦シリーズ」の生みの親、『孤道』一般公募プロジェクトは継続へ
ご冥福を心よりお祈りいたします。(2018/3/18)

オタクは日頃から片付けをしておこう! オタク仲間のお葬式での教訓を描いたちょっと切ない漫画
推しグッズも、エロマンガも、一緒に火葬。(2018/3/9)

ミステリ好きが早口で語る! ドラマ「アンナチュラル」の面白さ(5〜7話)
ここからがクライマックス。(2018/3/2)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(7):
新型「aibo」が象徴する、「自由闊達にして愉快なる」ソニーマインドの復活
2018年1月11日からソニーストアで販売が開始された、ソニーのエンタテイメントロボット「aibo」。先代「AIBO」の製品開発終了から12年を経て復活したaiboだが、どのようにして開発が進められたのか。小寺信良氏が探る中で見えてきたのは、ソニーが取り戻しつつある、創業当時の「自由闊達にして愉快なる理想工場」の雰囲気だった。(2018/3/2)

「皆様の笑顔で見送って」「ET-KING」いときん死去、38歳
葬儀式は2月4日10時30分から。(2018/2/1)

北海道の「中華まんじゅう」が何か変! 三日月形で、どら焼きっぽい?
1月25日は「中華まんじゅうの日」。(2018/1/25)

とうとう5回目! 「このマンガがすごい!」にランクインしなかったけどすごい!2018
虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ! 第88回は、毎年恒例の特別企画。2017年の発表作からUK大おすすめのマンガベスト10を紹介。(2018/1/21)

漫画原作者・狩撫麻礼さん死去 『リバースエッジ 大川端探偵社』『オールドボーイ』などを世に送り出す
数々の名作を、ありがとうございました。(2018/1/15)

星野仙一さん死去 息を引き取る直前まで野球に情熱を注ぐ
2016年7月に急性膵炎(すいえん)を発症したことをきっかけに膵臓がんであることが判明。(2018/1/6)

夏目の「経営者伝」:
社長が語る 「いきなり!ステーキ」の“原点”とは
2013年に銀座に1号店を出店し、2017年には187店舗を出店した「いきなり!ステーキ」――。創業者はペッパーフードサービスの一瀬邦夫社長だ。東証一部上場も果たし、店は有名になったものの、彼が熱血漢・人情の男であることはあまり知られていない。彼の成功法則について、2回に分けてお伝えする。(2017/12/27)

寄稿・福井健策弁護士:
「森のくまさん」騒動からJASRAC問題まで……著作権10大ニュースで考える、情報社会の明日はどっちだ?
著作権まわりでもさまざまなニュースがあった2017年。この1年の「10大ニュース」を、弁護士の福井健策さんが振り返る。(2017/12/26)

鶴ひろみ「送る会」2018年1月に開催へ 発起人に野沢雅子、戸田恵子ら
一般の参加も可能となっています。(2017/12/13)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。