ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「葬儀」最新記事一覧

鶴ひろみ「送る会」2018年1月に開催へ 発起人に野沢雅子、戸田恵子ら
一般の参加も可能となっています。(2017/12/13)

移植と供養:
ソニーが見放した先代「AIBO」の今
生産を中止した先代「AIBO」もひっそり生きながらえている。(2017/12/12)

移植と供養……ソニーが見放した先代「AIBO」の今
ソニーの犬型ロボットが「aibo」として復活したが、生産を中止した先代「AIBO」もひっそり生きながらえている。保守窓口は閉鎖されたが、ソニーの元エンジニアが修理を請け負っている。(2017/12/11)

LINE、Twitterなど「ネット自殺」対策強化へ 座間市の事件受け
LINE、Twitterなどが加盟する「青少年ネット利用環境整備協議会」が、ネット上で自殺を誘う行為を明確に禁止するなど、対策を強化。座間市での殺人事件を受け、加盟事業者に呼び掛ける。(2017/12/6)

純愛か、異常か:
パジャマ姿の交際女性遺体と5日間夜を明かした男の胸中
生死を超えた純愛か、それとも異常な性愛なのか。大阪府枚方市の民家で11月、なんとも奇妙な事件があった。(2017/11/24)

定年バカ:
「定年後に1億円」は本当に必要なのか
フィナンシャルプランナーなどが講師を務めるセミナーで「定年後に1億円は必要です」といったセリフを聞いたことがある。「1億円」という数字を聞いてびっくりした人も多いかもしれないが、本当に1億円も必要なのだろうか。(2017/11/20)

お坊さん便に「法要シミュレーター」 故人の没年月日から法事・法要の日取りを自動算出
法要シミュレーターが命日を記憶してトップ画面に表示します。(2017/11/16)

TechFactory通信 編集後記:
ソニーの犬型ロボットが12年ぶりに復活! あの人型ロボットとの共通点
大文字から小文字に――。(2017/11/11)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
1週間で1000万です――3年を捧げた奇跡の大作、依頼の実態は「ゴーストライター」
作家志望者が作家死亡者にならないために。(2017/11/7)

遠藤賢司さん、70歳で死去 10月24日に容態急変
2016年6月にスタッフを通じて胃がんを公表していました。(2017/10/25)

漫画家・高畠エナガさん、29歳で死去 ミラクルジャンプなどで連載
あまりにも若すぎました。(2017/10/13)

需要高まる「墓テック」:
蔵前に「ICカードで参拝」の納骨堂 最新ITで墓参り
東京都内の“墓不足”の解消策として注目を浴びている「納骨堂」。東京・蔵前の歴史ある寺がICカードで墓参できる納骨堂「蔵前陵苑」の運営を始めた。「最新の墓参り」を体験してきた。(2017/10/12)

「大切なこの歌を一生かけて歌っていく」はなわ、楽曲のモデルとなった義父の死去を報告
「お義父さんのおかげで歌が生まれ、そして家族の絆が深まりました」(2017/10/11)

ラスベガス銃乱射事件の全貌 容疑者は「カジノ好きの裕福な64歳白人男性」
米国史上最悪の銃乱射事件が起きた。だがその動機は謎のままだ。(2017/10/3)

「おひとりさま」葬儀も“自己責任”で 生前に自分で予約 「早割」も
自分で自分のお葬式を準備する――「おひとりさま」が増える中、自身のエンディングの責任も自分で持つ時代が訪れている。そんな時代に合わせたサービスを、オンラインで葬儀を仲介する企業が相次いで始めた。(2017/9/28)

ディルバート(520):
互いのストレスを発散する秘訣
ウォーリーのストレス発散のターゲットにされたアシュック。でも結果オーライ的な感じで……。(2017/9/28)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(45):
もう誰も死なせない――IT業界で働くエンジニアに必要な「勇気」
長時間労働が習慣化しやすいIT業界。部下や同僚を過労死させない、そして自分が倒れてしまわないために、エンジニアや管理職は何をすればよいのだろうか。IT訴訟事例を解説する本連載、今回は「エンジニアの過労死」が争われた判例を解説する。(2017/9/19)

声優・音響監督の中嶋聡彦さん逝去 「ガンダムSEED」「サクラ大戦」の親方役などバイプレーヤーとして活躍
告別式や葬儀は近親者で執り行われました。(2017/9/16)

遺品整理の仕事とは?:
“終活”展示会で「孤独死・ごみ屋敷」再現模型に出合った
“終活”ビジネスの展示会で、「孤独死・ごみ屋敷ミニチュア展示中」とポップを掲げるブースがあった。遺品整理クリーンサービスのToDo-Companyだ。ミニチュアを制作した25歳の女性社員に、制作意図や「遺品整理の仕事とは?」を聞いた。(2017/8/25)

アニメーター椛島義夫さん死去 「ガンバの冒険」「ルパンVS複製人間」などでキャラクターデザイン手掛ける
ご冥福をお祈りします。(2017/8/18)

Pepper導師が読経や説法を担当 SF感ある“IT葬儀”登場
導師姿のPepperくん。(2017/8/14)

お守りがボロボロになった理由に涙 漫画「おじいちゃんのお守り」にTwitterで感動の声集まる
電車での閲覧注意です。(2017/8/11)

初代ゴジラスーツアクター・中島春雄さん逝去 関係者から哀悼の声
(追記あり)“ミスター・ゴジラ”中島さんのご冥福を心よりお祈りいたします。(2017/8/8)

Yahoo!ショッピングで初のお葬式サービス 安置と火葬のみ行うシンプルな直葬プランも
葬儀を身内だけで行いたい、極力費用を抑えたいといったニーズに応えるサービス。(2017/8/4)

アニメーターの増尾昭一さんが逝去、57歳 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」特技監督などで活躍
「王立宇宙軍」「ふしぎの海のナディア 」「無責任艦長タイラー」などを手掛けました。(2017/7/26)

大手居酒屋チェーン店店長の過労死を遺族が漫画で公開 激務の人は「生きろ。逃げろ」
多くの人に知ってほしい。(2017/7/24)

嫌がらせが原因で葬儀社の車から“社名”が消えた? Twitter漫画で話題の真相を葬儀社に聞いた
漫画家の空路恵さんが投稿した漫画が共感を集めています。(2017/7/4)

「野際ママ。第二のお母さん」 野際陽子死去の報に佐野史郎がコメント
2人はテレビドラマ「ずっとあなたが好きだった」で共演。(2017/6/15)

マンチェスター出身の音楽家、爆破事件にSNSで思い寄せる ギャラガー兄弟、ニューオーダー モリッシーは国への批判も
中には娘がコンサート会場にいたことを明らかにしたアーティストも。(2017/5/24)

「007」3代目ジェームズ・ボンド、ロジャー・ムーア永眠に世界中で悲しみの声広がる
「最高のジェームズ・ボンド」とピアース・ブロスナン。(2017/5/24)

メンバー全員が本物の牧師さんのロックバンド「牧師ROCKS」 ライブ会場には懺悔を聞いてもらえる「懺悔室ブース」も
90歳のおばあちゃんのお客さんに「冥土の土産にライブに来た」と言われて、「キリスト教に冥土はねえぜ」と返すメンバー。ロックだ。(2017/5/16)

ヤフー前社長・井上雅博氏死去 交通事故で
米カリフォルニア州で交通事故により死去したという。60歳だった。(2017/4/29)

枚方市のペット霊園が突如閉鎖で物議 山積みの遺骨や墓標に利用者から悲痛な声「自然葬の子はどこへ……」
大阪府枚方市のペット霊園「宝塔」。現在電話も通じない状態です。(2017/4/21)

遺影を「お客さま」と呼んで隣の席に座らせてくれた航空会社の神対応
本当に2人旅をしているような気持ちに。(2017/4/5)

電子楽器の巨星、梯郁太郎氏のメモリアルセレモニー、6月11日開催
梯郁太郎氏が最後に起業した会社、ATVから正式に発表された。ローランドからも追悼メッセージ。(2017/4/4)

Facebook、個人が募金できるツールの提供開始
例えば自宅の火災で困っている友人を助けるためや自分の手術代などをFacebookで募金できるツールが、まずは米国でβ版としてスタートした。(2017/3/31)

作家・佐藤大輔さんが死去 「征途」など架空戦記で活躍、「皇国の守護者」は続刊予定なし
執筆が途絶えていた「皇国の守護者」は、続巻が出る予定はないとのこと。(2017/3/27)

撲殺天使ドクロちゃんのイラストレーター・とりしもさん亡くなる Twitterで悲しみ広がる
年末にはコミックマーケット91に参加していました。(2017/3/4)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
観光列車の次のブームは廃線かもしれない
岐阜県飛騨市、秋田県大館市、宮崎県高千穂町で廃止された鉄道路線を観光に生かす人々が集まり「日本ロストライン協議会」を設立する。鉄道趣味の1分野だった「廃線」が、城巡りに通じる新たな観光資源として注目されている。(2017/2/10)

故人が好きだった曲、葬儀で流すにも使用料が必要? JASRACに聞いた
葬儀で楽曲を使いたいときも、JASRACに使用料を払う必要はあるのか。JASRACに聞いた。(2017/2/9)

「パックマンの父」と世界で親しまれた:
【訃報】ナムコ創業者の中村雅哉氏が死去
ナムコ創業者の中村雅哉氏が1月22日、死去した。(2017/1/30)

やはり猫侍は実在した? 戦国時代の“ミミズク兜”、「実は猫耳がモチーフ」と美術作家が新説提唱
新説が認められれば歴史的な大発見になるかもしれません。(2017/1/22)

「レイア姫」キャリー・フィッシャーさんの母デビー・レイノルズさん死去
娘のキャリー・フィッシャーさんが亡くなったばかりでした。(2016/12/29)

元「ワム!」のジョージ・マイケル死去、マドンナやレニー・クラヴィッツら追悼 「静かに休んでくれ、兄弟」
クリスマスに亡くなるなんて……。(2016/12/26)

メキシコの花火市場で大規模な爆発 現地の映像に激しい火花や煙
激しい爆発をとらえた動画が公開されています。(2016/12/21)

「(演出を行ったのは)本学の学生であった」 多摩美、芸術祭で葬儀風演出行った学生らに注意・指導
大学は約1カ月にわたって調査していました。(2016/12/16)

GOING UNDER GROUNDのキーボード&共同プロデューサー・橋口靖正が逝去 「これからも彼と作った音楽を演奏していきます」
12月3日・4日に共演したばかりでした。(2016/12/11)

「L⇔R」黒沢健一さん、脳腫瘍のため48歳で死去 メンバーがコメント寄せる
2015年10月のライブリハーサル中にめまいを起こし、脳腫瘍を患っていることが発覚していました。(2016/12/7)

DeNA南場会長の夫・紺屋勝成氏が死去
DeNA南場会長の夫で、元USEN取締役の紺屋勝成氏が死去した。(2016/12/7)

朝本浩文さん53歳で死去 UAなどの音楽プロデューサーとして活躍
妻の由美さんがFacebookで報告しました。(2016/12/3)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。