ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「葬儀」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「葬儀」に関する情報が集まったページです。

収入が増えない……:
2割は「昨年より購買姿勢が消極的になった」 節約したもの1位は「通信費」 生協連調べ
日本生活協同組合連合会はこのほど、消費などに関する意識調査の結果を発表。昨年と比べ購入姿勢が「消極的になった」と答えた人は22.8%いた。(2018/11/16)

歌手・成田賢さんが肺炎で死去 「サイボーグ009」「電子戦隊デンジマン」主題歌など
「デンジマンを…009『誰がために』をありがとうございました…」。(2018/11/13)

DMMが終活サービスに参入 終活情報サイト「終活ねっと」買収で
DMMが終活情報サイト「終活ねっと」を運営するスタートアップ企業を買収。終活サービスに参入する(2018/11/12)

心残りで足だけ成仏できず…… お嫁さんの“足だけ幽霊”に尽くす旦那さんの漫画が切ない
「足だけになった嫁」にも優しい旦那様。(2018/11/7)

米Amazon.comの倉庫が竜巻で一部崩壊、2人が死亡
(2018/11/5)

「スーパーマリオ」の名前の由来となったマリオ・セガールさん死去
お仕事は配管工ではありませんでした。(2018/11/3)

悩める人に寄り添う仏教目指す:
「火渡修行」にビジネス街での瞑想会 シリコンバレーのエリート社員が仏門に転じた理由
順調だった外資系会計事務所の職を捨て仏門に転じた人がいる。ビジネス街での瞑想イベントや子ども向けの“寺子屋”活動などに精力的に取り組んでいる。(2018/10/29)

アニメーター・木村圭市郎さん亡くなる 「サイボーグ009」「タイガーマスク」でキャラクターデザイン・作画監督を担当
今見ても格好良い絵の数々。(2018/10/23)

世界を「数字」で回してみよう(52) 働き方改革(11):
介護サービス市場を正しく理解するための“悪魔の計算”
今回は、寿命と介護について、恐らくは“世界初”となるであろう「悪魔の計算」を試みました。この計算結果を見て、あなたはどう思いますか?そして私が見いだした、「働き方改革」を行う本当の理由とは……?(2018/10/19)

【ネタバレ】「好きなキャラを殺されたんですよ!?」 PS4スパイダーマンはなぜ神ゲーとなったのか、重症オタクが語る「ダン・スロット」という文脈
意外と語られていないPS4「スパイダーマン」のシナリオについて、スパイダーマンのマニアに「どこがすごいんですか?」と聞いてみました。(2018/10/25)

俳優の志水正義さん死去 「相棒」や「秘密のケンミンSHOW」に出演
Facebook上でがん闘病を公表していました。(2018/9/27)

「フランスパンの神様」フィリップ・ビゴさん亡くなる 日本にフランスパンを普及
日本のフランスパンの草分け的存在でした。(2018/9/18)

将来的にはAI活用:
パルスボッツがフィギュアと会話できる台座開発 年内発売目指す
ソフトウェア開発のパルスボッツ(東京都目黒区)は14日、手持ちの3次元(3D)フィギュア(人形)との会話が楽しめる専用台座を開発したと発表した。例えばフィギュアに「ただいま」と呼びかけると、「おかえり」と返事してくれる。近く量産への準備を始め、年内の発売開始を目指す。(2018/9/18)

高齢者の「身元保証」や「亡くなった後」のサポート事業の注意点 消費者庁がまとめて啓発
病院や施設に「保証人が必要」と言われて……不安の多い高齢者のサポートサービスが増えるのに伴い、悩みやトラブルも生じてきているようです。(2018/9/5)

「サザエさん」初代フネ役・麻生美代子さん死去 92歳
サザエさん役の声優・加藤みどりさんらもコメント。(2018/9/3)

ゲーム大会で銃撃事件が発生 容疑者含め3人が死亡
容疑者がゲームに敗退したあとで発砲したと報じられています。(2018/8/27)

新型「クラウン」が霊きゅう車に:
消えた「宮型霊きゅう車」の代わりに、葬儀業界で「つながるクルマ」が主流になる?
終活ビジネスの展示会「エンディング産業展2018」に、霊きゅう車に改造した新型「クラウン」が出展されていた。出展社に、かつて主流だった「宮型霊きゅう車」が街から消えた理由を聞いた。(2018/8/24)

女優の菅井きんさんが死去、「必殺仕事人」「家なき子」などで強烈なインパクト残した名バイプレイヤー
ご冥福をお祈りします。(2018/8/23)

誰にとってもひとごとではない「孤独死」「ごみ屋敷」 壮絶なミニチュアで知る“実情”
誰にでも起こる可能性がある。(2018/8/22)

アニメーターの阿部邦博さんが死去、50歳 「機動戦士Zガンダム」「少女革命ウテナ」など手掛ける
ご冥福をお祈りします。(2018/8/19)

「お墓を持つのはぜいたく」な時代が来る? お盆前、日本の“最新墓事情”について調べてみた
お墓で土地がいっぱいにならないの?(2018/8/9)

スマートスピーカーでお坊さんも呼べる 「Clova」で「お坊さん便」手配可能に
LINEのスマートスピーカー「Clova」に、お坊さん便を呼べる「僧侶手配」スキル登場。「ねぇClova、僧侶手配を開いて」と話しかけると起動する。(2018/8/8)

又吉イエスさん、がんで亡くなる
6月末に健康問題を理由に政治活動の終了を発表していました。(2018/7/23)

『週刊少年チャンピオン』32号・33号を無料ネット配信 豪雨による配送遅延で
豪雨の影響で、被災地を中心として大幅な遅延や未配達が発生したため。(2018/7/20)

小学館、『月刊コロコロコミック』7月号の漫画をネットで無料公開 平成30年7月豪雨を受けて
コロコロの漫画約300ページを読むことができます。(2018/7/15)

東京も問題は避けられない:
高齢化で何が起こるか 秋田に見る「日本の未来図」
「未来図は描けません、今の状態だと。どんどん人口が減少していって」──秋田県の人口は、2045年までに41%減少し、約60万人のうち半分が65歳以上になると試算されている。日本全体では2040年ごろ、65歳以上の比率が現在の秋田県と同じになると推定されている。(2018/7/13)

二重螺旋で故人をしのぶ DNAを形見として残す鑑定サービス開始
葬儀業界では日本初です。(2018/7/6)

ドライアイス問題を解決:
葬儀業界に新風 ドウシシャの遺体冷却安置台は何がすごいのか?
葬儀業界の“常識”が変わろうとしている。現在、遺体冷却の80%以上をドライアイスに頼っていると言われているが、ドウシシャが発売する吸熱式遺体冷却安置台「メモリアルベッド」ではペルチェ素子によって冷却できるのだという。(2018/7/6)

漫画家の佐藤タカヒロさんが死去、41歳 週刊少年チャンピオンで『鮫島、最後の十五日』を連載中
秋田書店が公式サイトで報告しています。(2018/7/3)

落語家・桂歌丸さんが逝去、81歳 「笑点」などで活躍
2006年から2016年までは「笑点」の司会者としても活躍。(2018/7/2)

築地本願寺が立ち向かう“寺離れ”:
ビジネスマン僧侶が挑む お寺が「コンシェルジュ」になろうとする理由
築地本願寺は「開かれたお寺」を目指すプロジェクトを立ち上げた。仕掛け人は、ビジネスマンとしての顔も持つ、代表役員 宗務長の安永雄玄さん。“寺離れ”が進む現状に立ち向かうためにはどうすればいいのか。取り組みとその背景を探った。(2018/6/27)

「今後のサイバーセキュリティ業界にとっても貴重な人材を失った」 Hagexさん、勤務先が追悼コメント
サイバーセキュリティ関連会社「sprout」高野聖玄社長の名義で。(2018/6/26)

岡田敏一のエンタメよもやま話:
スター・ウォーズ曇らせる“有毒”ファン 「最後のジェダイ」シンデレラ女優に中傷殺到、インスタ閉鎖
「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」でレジスタンス側の女性整備士を演じたベトナム系米国人女優ケリー・マリー・トランさんが、Instagramで度重なる中傷や人種差別を受け、アカウントを閉鎖。その背景は――(2018/6/22)

カシオ会長・樫尾和雄氏が死去 個人向け電卓を開発、Gショック主導
カシオ計算機は19日、創業4兄弟の三男で27年間にわたり経営トップを務めた樫尾和雄会長が18日死去したと発表した。89歳だった。(2018/6/20)

独身女性は終活への関心が高め:
5割以上が来世も「お独りさま」望む 40歳以上の独身男女
葬式の総合情報サイト「いい葬儀」などを運営する鎌倉新書は6月12日、独身男女40歳以上の死生観に関する意識調査結果を発表した。半数以上の独身者は来世でもお独りさま人生を望んでいるという。(2018/6/13)

CADイベント:
成形品内にセンサー、部品点数600点のクルマ――産業のルネサンスとは
ダッソー・システムズは2018年5月30〜31日、「3DEXPERIENCE FORUM Japan 2018」を開催した。会期2日目には、同社CEO ベルナール・シャーレス氏が基調講演で登壇する予定だったが、急きょ変更になり、同社エグゼクティブ・バイス・プレジデントのシルバン・ローラン氏が登壇した。(2018/6/12)

葬儀のコンパクト化:
火葬してから告別式 イオンの「夕刻一日葬」は今の暮らしに合う?
イオンライフは、火葬後の夕刻に告別式を行う「夕刻一日葬」のサービスを開始。日中に時間が取れない人も参列しやすくなる。葬儀のニーズはどう変化しているのか。同社に聞いた。(2018/6/11)

「余韻がすごくミステリアス」 世にも奇妙な世界観のTwitter漫画「束の間の幻影」に鳥肌立つ人続出
後日談からが本編。(2018/6/12)

衝撃事件の核心:
歓楽街のど真ん中に白骨遺体、誰にも気づかれなかった男性の孤独死
都会のど真ん中で人知れず息絶え、しかも2年間も野ざらしにされていた。昼夜を問わず人の往来が絶えない大阪・ミナミ。目抜き通りの御堂筋と交差し、1日数万台が行き交う千日前通りの中央分離帯で5月、白骨遺体が見つかった。(2018/6/5)

世界初“安楽死マシン”と、「長生き悔やみ」安楽死した104歳学者が突きつける現実
オーストラリアの医師が開発した「安楽死幇助マシン」が話題に。死にたい人は、この機械に入ってボタンを押すと、約5分後に死亡する。痛みや窒息による苦しみはほとんどないという。(2018/6/4)

漫画家・土山しげる氏が逝去、68歳 『喰いしん坊!』『喧嘩ラーメン』『極道めし』などグルメ漫画生み出す
葬儀は家族の意向により親族のみで執り行ったとのこと。(2018/6/1)

常見陽平のサラリーマン研究所:
西城秀樹さんの訃報を聞いて、 “Webおくりびと”の言動を考える
著名人が亡くなると、気になることがある。Web上で、著名人のことをあれこれ書く人たちのことである。ひたすら悲しみをつづったり、思い出を書いたり、うんちくを披露したり。筆者の常見氏はこうした発言に異論を唱えているわけではないが、「何かが足りない」と感じている。その何かとは……。(2018/6/1)

プロ雀士、小島武夫さん死去 「ミスター麻雀」の異名を持つカリスマ勝負師
82歳でした。(2018/5/31)

登山家・栗城史多氏の死因は「滑落」 事務所が訂正
21日にエベレストで死去した登山家の栗城史多氏の死因を事務所が訂正。滑落による頭や全身の強打が死因という。(2018/5/28)

「何のために焼香に行ったんですか?」 「西城秀樹さんお別れの会」記念品がオークションで高額転売
「大杉漣さんお別れの会」の記念品を転売した出品者が「西城秀樹さんお別れの会」の記念品を転売しているケースも。(2018/5/28)

吉岡里帆がインスタ再開 事務所社長の死に「立ち止まっている事も出来ません」と前向き
5月11日からInstagramを非公開にしていました。(2018/5/24)

漫画家・黒岩よしひろが逝去、55歳 代表作『鬼神童子ZENKI』など
5月8日に心筋梗塞のため。(2018/5/16)

いつもは受けだが今度は攻め 舘ひろし、映画「終わった人」完成披露で見せた“枯れない役者魂”
ハングリー精神でアドリブや10行以上のセリフに挑戦。(2018/5/11)

「世界をオマエのモノにしてやろうか」「いらない」 変な神様に取り憑かれた少年の漫画が深い
変な神と少年の不思議な関係。(2018/5/8)

絵本作家、かこさとしさん死去 代表作に『からすのパンやさん』『だるまちゃん』シリーズなど
心よりご冥福をお祈り申し上げます。(2018/5/7)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。