ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「予算」最新記事一覧

彼らは戦場でなくても一番乗り
勇猛果敢な米海兵隊でさえ悲鳴を上げる──Windows 10 vs.“古参”PC
軍隊向けITデバイスでは、導入計画から予算確保、調達、そして、部隊配置まで長い時間を要する。そのため、最新技術の導入では常にタイムラグの問題で悩むことになる。Windows 10もその例外ではない。(2016/5/25)

PCからモバイルへのシフトも加速
医療IT最新調査で明らかになった「セキュリティ対策が全ての投資対象を突き放す」
医療現場のIT活用で注目のキーワードが「ポピュレーションヘルス」だ。現場の効率化を実現する新しいプラットフォームだが、購買担当者は限りある予算を別なものに振り向けようとしている。(2016/5/17)

既存のネットワークゲートウェイに標的型攻撃対策を追加
限りなく“100%安全”を目指す、姫路市役所のセキュリティ戦略
企業と同様、市民生活を支える自治体もサイバー攻撃の脅威と無縁ではない。攻撃の巧妙化や予算の制約を前に、実効的なセキュリティ対策をどう実現すべきか。その課題に挑んだ姫路市役所の取り組みを見ていこう。(2016/5/13)

完全無欠なセキュリティ対策など存在しない
「セキュリティ事故は突然に」、インシデント後に増える予算を効果的に使うコツ
サイバーセキュリティの予算は、インシデント発生後に急激に増加する。だが、その予算を最適に使うには、どのように使うべきなのだろうか。(2016/5/2)

AIめぐり霞が関で予算ぶんどり合戦が始まった! 主導権を握るのはどの省庁か?
人工知能(AI)をめぐり、霞が関で主導権争いが起きている。司令塔設置を急げとの声も上がっている。(2016/4/25)

「セキュリティ費用を増やさない」企業は6割 どこに使うのか?
会社関係者の悪事やサイバー攻撃が増えても大半の企業はセキュリティ対策の予算を増やすつもりはないとしている。ただ、使い道には変化もみられる。(2016/4/14)

Windowsセキュリティアップデート、Windows Helloへの評価は
“意識高いブロガー”は今、「Windows 10」の何を語っているのか
限られた予算でアップグレードする方法から、Windows Helloのセキュリティアップグレード、Windowsパスワードをリカバリーする方法まで。Windowsブロガーたちは、インターネットにどんなことを書き込んでいるのか。(2016/4/14)

小さな投資でクラウド環境を「お試し」できる
クラウドサービスを“スモールスタート”、はじめの一歩はバックアップから
クラウドサービスの発展により、バックアップやディザスタリカバリも安価に開始できるようになった。しかし、サービスが多様過ぎて選びきれないケースもある。予算と相談して柔軟に選ぶベストな方法はないだろうか。(2016/3/25)

「共有」と「自動化」が鍵に:
PR:対応のスピード化や現場の人材不足を解消する「脅威対策ライフサイクル」とは?
高度化する脅威にセキュリティ対策の現場は、限られた人材や予算で対応せざるを得ず、膨大な作業量と有事対応の長期化という課題を抱える。インテル セキュリティは、そうした課題を抱える組織が効率的で迅速な対応によって、継続的にセキュリティを強化していくための方法を提案する。そのアプローチはどのようなものか。(2016/4/11)

予算1万円で300グラムのモバイルiPad Retinaディスプレイを作ってみた
モバイル液晶ディスプレイ好きの皆さん、お集まりください。(2016/3/25)

【連載】“失敗”から学ぶマーケティングオートメーション活用術 第3回:
マーケティングオートメーション導入に向けた社内調整、予算確保への8ステップ
マーケティングオートメーション導入初期に味わった苦い経験。システムの観点から見る失敗の理由について、さらに語ります。(2016/3/25)

2016年のIT予算は前年比4.8%アップの見込み
無料で使えるIT予算計画テンプレートでベストプラクティスを学ぼう
確実なIT予算は、テクノロジーの支出管理とコラボレーション促進の両方に欠かせない。本稿では、無料で使えるIT予算計画テンプレートを紹介する。(2016/3/14)

【連載】“失敗”から学ぶマーケティングオートメーション活用術 第2回:
MA導入の目的は何? 最も重要な「ゴール設定」が案外軽視されがちな理由
導入決定に立ちはだかる「予算の壁」と「人間の壁」をどう乗り越えるか。今回と次回で、マーケティングオートメーション(MA)の導入フェーズにおける失敗の理由を考察する。(2016/3/9)

「日本死ね!」発信者の匿名女性が取材に答えた
「保育園落ちた日本死ね!」という書き出しで始まる匿名の文章が注目を集めている。保育所の入園選考にもれた母親が率直な心境をつづったインターネット上の記事だ。安倍晋三首相が予算委員会で内容について言及し……。(2016/3/4)

「保育園落ちた日本死ね」ブログ、国会で激論 安倍首相の考えは
衆院予算委で、話題の匿名ブログ「保育園落ちた日本死ね!!!」をめぐり激論が交わされた(2016/3/1)

手軽に高度なDRを実現
理想と現実のギャップが激しいDR環境構築、クラウド活用でうまくいくためには?
DR対策はIT部門にとって無視できない課題。とはいえ本気で取り組むには予算が足りない。クラウド活用でコスト軽減という選択肢はあるが、運用まで考えるとやはり負担は少なくない。どうすればいいのか。(2016/2/25)

新しいCRMに関して:
ガートナーが見解を発表、独自のIT予算を持つマーケティング組織を擁する国内企業の割合が2019年までに倍増
2016年2月24日、ガートナーは年次イベントである「ガートナー カスタマー 360 サミット 2016」の開催に合わせ、マーケティングにはスピードと俊敏性に焦点を当てた新しいITアプローチが必要になるとの見解を発表した。(2016/2/24)

香川・観音寺市、アニメ「結城友奈は勇者である」コラボで地域活性 2200万円の予算案
アニメ「結城友奈は勇者である」を使ったPR費用として、観音寺市が2200万円を補正予算案に組み込んだことを明らかにした。(2016/2/24)

ホワイトペーパー:
女子大生リポーターが直撃! 中堅・中小企業のデータ保護課題の解決方法
ITmediaエンタープライズの連載記事でおなじみの女子大生リポーター、細野皐月さんが、中堅・中小企業におけるデータ保護に関する課題解決策を日本ヒューレット・パッカードの製品担当者に聞く。少ない予算とリソースでデータを守りぬく方法とは?(2016/2/23)

【連載】サイバーエージェント流動画広告入門 第3回:
動画広告導入へ、最大の難関「予算の壁」をどう乗り越える?
今すぐにでも動画広告を始めたいと思っても、担当者にとって常に悩みの種になるのは、肝心の予算をどうするかというところ。今回は「予算アロケーション(配分)の考え方」について解説したいと思います。(2016/2/19)

アプリ開発を抜本的に改善できる魔法のようなツール
アプリ開発の生産性向上を実現する“ハイレベルな開発ツール”とは?
多くのIT部門が現在、ビジネス環境の変化に俊敏に対応するために開発生産性の向上を求められている。限られたIT予算で既存システムの保守と新規開発の効率を最大化できる開発ツールとは?(2016/2/1)

Excelとの親和性が高く、現場業務改善に効果:
PR:Oracle Application Express(Oracle APEX)とは何か。何ができるのか
「業務改善のためにデータを容易に活用できる環境が欲しいが、専用のシステムを導入するのは手間や予算の面でハードルが高い」と悩む組織は少なくない。「Oracle Database Cloud Service」に用意された「Oracle APEX」を使えば、さまざまな業務で組織的なデータ活用が容易となり、業務改善のハードルを大きく下げることができる。[パブリッククラウド][Oracle Cloud](2016/1/12)

補助金:
2016年度のエネルギー関連予算は5.3%増、“オイルショック後”水準の省エネへ
平成28年(2016年)度の予算案が閣議決定された。資源・エネルギー関連分野は前年度よりやや増額し、引き続き多額の予算を投入する。2030年のエネルギーミックス目標に向け、住宅やビルなどの省エネルギー分野が注力領域として掲げられている。(2016/1/5)

IT予算が増えた企業、減った企業
比較して分かるIT部門の“微妙な現状” 増えた予算はどこに消えた?
米TechTargetが実施した2015年度の給与調査では、「IT部門の予算と人員数は増加または横ばい」という回答が多かったという。しかし、過去の結果と比較して分かった本当の現状とは。(2015/12/31)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン 第73回:
年間プロモーション予算の全てをKickstarterに投入、スタートアップ支援と自社ブランディングの“一石二鳥”
クラウドファンディングに出資して才能あふれる起業家を支援し、自社のブランド価値も高める。そんなユニークなWebキャンペーンを行っているワインメーカーがある。(2015/12/28)

「HANAが必要になることはめったにない」
無駄なアップグレードを勧めるベンダーとの戦い方
大手ソフトウェア会社の中には、顧客に無駄なアップグレードを勧める例があるという。売り手の口車に乗らず、貴重なIT予算を効率的に使うための交渉術を紹介する。(2015/12/24)

エンドポイントセキュリティとファイアウォールの自動連係が肝に
人手やスキルがなくても「標的型攻撃対策」ができる現実的な方法とは?
セキュリティ対策は大企業だけでなく、中堅・中小企業にとっても重要であり、その負担は重くのしかかる。人員も予算も限られる中、効果的かつ効率的に対策を進める方法はあるのか。(2015/11/30)

「会社のライフがゼロです」という事態も?:
「よぉーし、社長に標的型攻撃を仕掛けるぞ!」と遊べる(?)サイバー攻撃体感ゲーム登場
「よぉーし、社長に標的型攻撃を仕掛けるぞ!」「対策予算がないので手が打てません!」といういうやりとりが発生するかは不明だが、いざというときのシミュレーションができるサイバー攻撃体験ゲームが登場した。(2015/11/24)

Synologyで始めるNAS入門 第1回:
NASキット初心者でも簡単! 低予算でホームNASを構築する
複数のPCからアクセスでき、スマホやタブレットとも連携できるNASは、大容量を手軽に使えるメリットもあって人気を博している。今回はSynologyの人気機種「DS215j」を使い、手持ちのドライブをNASとして活用できるようにするまでのプロセスを紹介する。(2015/11/17)

【後編】Gartner Symposium/ITxpoリポート
IT部門が使える“IT予算”はたったの3割?
全社のIT予算のうち、IT部門が管理しているのは32%にすぎない。IT部門以外の部門によるIT予算の執行は何を意味するのか? 「コグニティブコンピューティング」などの話題とともにお届けする。(2015/11/16)

セキュリティは「防御」から「検知」へ
「セキュリティ予算の7割がウイルス対策とファイアウォール」は時代遅れなのか?
防御に重点を置いたセキュリティ対策は、実害を確実になくすことはできない。CIOは、セキュリティ投資の在り方を再検討する必要がある。(2015/11/12)

デル株式会社提供Webキャスト
60%の従業員は複数端末を使い分け? 企業向けPCの買い替えのポイントを解説
限られたIT予算と多様化する従業員のニーズ、セキュリティの脅威などの課題に対し、企業は、デスクトップPCやノートPC、スマートデバイスなどの最適なライフサイクルを考える必要がある。PC買い替えの最適課題解決策をWebキャストで解説する。(2015/10/29)

ポイントは無理せず運用できるシステム
神奈川県の市役所が実現した「専門担当者がいなくても運用できるセキュリティシステム」とは
「予算がない」「ITセキュリティの分かる担当者がいない」といった課題に頭を悩ませる自治体は少なくない。神奈川県西部に位置する南足柄市が実現した、担当者がべったり張り付かなくても運用可能な仕組みとは。(2015/10/14)

ネットワークトラブルシューティング
インフラの強化を考える前にやるべきネットワーク速度低下の改善策
速度低下の原因として、ネットワークに深刻なボトルネックが生じている可能性が考えられる。こうしたボトルネックは、新しい設備予算を検討する前に対処すべきものだ。(2015/10/13)

高レベルのセキュリティ対策を手軽に実現
月額10万円以下、セキュリティの「検知・予防」“丸ごとお任せサービス”の実力は?
セキュリティ対策では「検知・予防」の重要性が高まりつつあるものの、十分な予算も人材も確保できない状況では、有効な対策が難しい。だが、そんな課題を一気に解決する手段が、実は存在する。(2015/10/5)

7〜12インチが選択肢
「iPad Pro」で悩みが増える――タブレットにおける最適な画面サイズとは?
タブレットを選ぶときには、適切な画面サイズを決めることが重要になる。小型、中型、大型のうち、どのサイズの画面を選ぶかは、タブレットを使用する目的、場所、予算に左右される。(2015/9/20)

SYSTEM DESIGN JOURNAL:
あのロボットが私のハードウェア予算を食っている!
ロボットを止めるにはもう遅すぎる――これはハードウェア予算やシステムデザインの話ですが、影響を軽減することは可能です。「あるロボットに未知の地形を滑らかに歩かせる」を例に、エンベデッドシステム化するロボットについて考えてみましょう。(2015/9/15)

「iTeachers TV」最新番組紹介
動画:タブレット予算がないなら“足元”を見直すべき――佐賀県職員 円城寺氏
救急医療の現場にタブレット「iPad」を生かす佐賀県。IT予算が限られる中、iPad導入資金を捻出した秘策とは? 教育ITの実践とノウハウを紹介する「iTeachers TV」の最新番組を紹介します。(2015/9/9)

補助金:
エネルギー分野で9757億円、2016年度の概算要求は省エネに重点
経済産業省は2016年度予算の概算要求のうち9757億円をエネルギー分野に割り当てた。特に重点を置くのが省エネ関連で、前年度から倍増の2429億円を投入して工場の設備更新を促進する。IoTによる製造プロセスの改善にも取り組む一方で、再生可能エネルギーの要求額は微増にとどめた。(2015/9/1)

100%安全は不可能 だから知っておきたいセキュリティ対策
お金もないし人もいない――そんな会社でもできるセキュリティ対策とは?
セキュリティ対策に必要な人材も予算もない。とはいえ、サイバー攻撃の被害が相次いで明るみに出る中、社内の重要情報を守り抜かなければならない。有効な解決策はあるのか?(2015/9/25)

自然エネルギー:
地熱開発の補助金が37地域に広がる、温泉井戸の掘削も対象に
28億円の国家予算を投入する地熱資源開発の補助金の交付対象に新たに9つの地域が決まった。すでに第1次の公募で確定している28地域と合わせて、全国37カ所で開発プロジェクトが進む。第3次の公募も8月3日に始まり、地熱発電所の影響を調査するための温泉井戸の掘削が対象に加わった。(2015/8/7)

東芝、「チャレンジ」の場となった「社長月例」廃止 今後は「実力に即した予算」策定
東芝は不適切会計問題を受け、「チャレンジ」の場だった「社長月例」を廃止した。(2015/7/29)

ホワイトペーパー:
次世代の情報共有「クラウド型オンラインストレージサービス」でビジネス変革
無料のオンラインストレージではセキュリティに不安があるが、ファイルサーバを構築する予算がない。その課題は企業向けのクラウド型オンラインストレージサービスで解決する。(2015/7/23)

そんな予算をかけて大丈夫か? 伝説のゲーム「エルシャダイ」のコミックアート展が東京・中野で今夏開催
8月27〜9月1日に開催。毎日サイン会も。(2015/7/21)

白石晃士監督インタビュー:
「ほぼ無名」の低予算ホラーが起こした奇跡 ネット騒然「コワすぎ!」人気の理由は
niconicoを中心に一部でカルト的人気を誇る「コワすぎ!」シリーズ。夏の一挙放送を前に、白石晃士監督に撮影の裏側や制作の狙いを聞いた。(2015/7/19)

リスク回避だけにとどまらない最新サーバOSがもたらす価値
中小企業が陥りやすいITコスト削減のワナ、無駄遣いしないコツとは?
IT予算の限られている中小企業では、コスト削減のために古いサーバを長く使い続ける傾向がある。しかし、それがシステム運用・保守コストを増大させる原因にもなっている。(2015/7/13)

自社でもオンプレミスとクラウドの“いいとこ取り”を
プライベートクラウドの“簡単”構築の第一歩を踏み出そう
予算や人的リソースが限られる中堅・中小規模企業では、プライベートクラウドの構築・運用が難しいといわれる。しかし、諦めるのはまだ早い。手軽に構築・運用できる方法がある。(2015/7/13)

「予算ゼロで有名になりたい」 無料で使える脱サラ双子姉妹“フリー素材アイドル”が生まれるまで
「私たち、無料です」を掲げ、商用非商用を問わず無料で使える写真素材を公開した“フリー素材アイドル”「MIKA☆RIKA」。ネットで注目を集めたこのプロジェクトが生まれるまで。(2015/7/10)

女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:
プロマネは“コストのギャップを埋める”錬金術師?
次なる難関はお金の話、“コスト・マネジメント”。ついつい「予算の範囲内でまかなうために、どこにいくら使えるか」って考えてしまいがちだけど、それではダメみたい。だとすると、どう考えればいいのか……。(2015/7/10)

SOHO/中小企業に効く「モバイルプリンタ」の選び方(第2回):
即戦力の「モバイルプリンタ」を予算1万〜3万円で選ぶ
据え置き型のプリンタと異なり、場所にとらわれず、あちこちに持ち歩いて利用できるのがモバイルプリンタの大きな特徴だ。そんなモバイルプリンタの選び方を紹介する本連載の後編では、具体的な製品例を紹介しよう。(2015/6/23)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。