ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ゲスの極み乙女。」最新記事一覧

関連キーワード

いとこのお兄さんかな? 川谷絵音とアンゴラ村長の2ショットから圧倒的身内感が漂う
似て……なくもないな。(2017/12/4)

なぜ作ったし 川谷絵音、「マジ卍」を連呼する謎楽曲でファンの語彙力を低下させる
こんなかっこよく「卍」使う人初めて見た。(2017/11/13)

「私、魔女のえのんです」川谷絵音が本気のキキコス、奇跡の1枚でファンを魅了する
「こっちはチャイナっ娘のいこか」。(2017/11/1)

「行きたくないと言ったのに僕がクズすぎて……」 ゲス極・川谷絵音がワイドナショーで約10カ月ぶりの地上波テレビ復帰 ベッキーを思って作った楽曲も
ベッキーさんを思って作った楽曲があることなどを赤裸々に語りました。(2017/5/7)

いよいよ活動再開 川谷絵音、「ゲスの極み乙女。」メンバーと久しぶりの4ショット
5月10日にアルバム発売と記念ライブ。(2017/4/2)

“「ゲス」川谷と飲んでいた未成年タレント” ほのかりんが所属事務所と契約解除に
もう成人しています。(2016/12/17)

新人記者が行く(特別篇):
今年の漢字はどうなる? 新人記者が大予想
不倫問題や薬物問題から「PPAP」の大流行まで、さまざまな事が起きた2016年。ITmedia ビジネスオンライン編集部の新人記者が、1年を振り返りながら、「今年の漢字」を予想する。(2016/12/9)

あの「政治とカネ」問題が1位:
2016年に起きた「不祥事」、トップ3は?
2016年に起きた不祥事のなかで、最も「イメージダウン」につながったものは?――宣伝会議調べ。(2016/12/2)

毎年恒例のネタ企画「裏紅白歌合戦」のメンバー発表 司会の中居正広・ベッキーをはじめ、コメントしづらい顔ぶれ
2016年を騒がせた人たちが大集結。(2016/11/24)

ベッキー「ワイドナショー」で5カ月ぶり地上波出演 ゲス活動休止には「未然に防げたのでは」と冷静にコメント
5月の「金スマ」出演時よりも少し痩せた?(2016/10/9)

ベッキーが10月9日放送「ワイドナショー」で地上波復帰へ 自身のInstagramで告知
コメント欄には応援の声が多数。(2016/10/8)

「ゲスの極み乙女。」最新アルバム発売をいったん中止へ 川谷と未成年タレントの飲酒を問題視
12月3日の東京・Zepp Tokyoのライブをもって活動自粛。(2016/10/4)

バンド「ゲスの極み乙女。」活動自粛へ 川谷と未成年タレントの飲酒「重く受け止め」
未成年タレント・ほのかりんさんとの飲酒が強く問題視されていました。(2016/10/3)

ベッキー、髪バッサリ&上半身裸で臨んだ広告に賛否 「もう脱ぐしかないのか」「そろそろ許しても」
9月29日の日本経済新聞朝刊に掲載されている。(2016/9/29)

ゲス極・川谷絵音、本当に乙女となる “えの子”姿に「めっちゃ可愛い!」
くせになってるな。(2016/9/17)

“ゲスの極み斎藤さん”の動画がついに公開されたぞ〜! 総ポーズ数373種類ってなにそれ
7月に取り上げたゲス斎藤さんだぞ!(2016/8/24)

トレンディエンジェル・斎藤、カツラを被るとゲスくなることが判明 川谷絵音「俺に似てる笑」
川谷「でもさ、絵音以外絵音じゃないの」(2016/7/16)

ゲス極・川谷絵音 おばさまたちに「写真撮ってください」と頼まれるも、まさかの展開に
日本語って難しい。(2016/7/14)

許される不祥事、許されない不祥事の違いとは
犯罪や企業不祥事など、その対応を一歩間違えると存続をも脅かしかねません。昨今の芸能人スキャンダルも、取り扱いを誤って炎上し続けている人もいれば、上手な火消しで早々と活動を継続再開している人もいます。これは、善悪の差ではありません。(2016/7/7)

ベッキー仕事復帰へ 今度は「人を傷つけない恋愛したい」
BSスカパー!の音楽番組「FULL CHORUS 〜音楽は、フルコーラス〜」でまずはレギュラー復帰予定。(2016/6/10)

きゃりー、ゲス極&岡村靖幸と食事会 隣には満面の笑みでピースをキメる川谷絵音
ファンは複雑な反応。(2016/6/8)

「金スマ」ベッキー復帰で視聴率24.0% 番組史上最高記録を更新
瞬間最高視聴率は26.6%でした。(2016/5/16)

「ゲスの極み乙女。」川谷絵音がベッキー復帰放送を受けブログ更新 不倫関係を認め謝罪
「週刊文春さんで報じられたLINEの内容は全て本物です。かつベッキーさんと友達関係だと最初のFAXでお伝えしましたが、あれは嘘であり、恋愛関係にありました」(2016/5/14)

ベッキーが公式ブログを元旦以来の更新 一連の件について謝罪
復帰した「金スマ」放送直前の更新でした。(2016/5/13)

「金スマ」でベッキーが中居に明かした本音 涙声で語った「記者会見のウソ」【書き起こし】
番組内でベッキーが語った内容を書き起こしました。(2016/5/13)

ベッキー「金スマ」で“心を入れ替えて”復帰 涙声で謝罪し番組に合流
目をうるませ「私事でご迷惑おかけして申し訳ありませんでした」と謝罪しました。(2016/5/13)

「ゲスの極み乙女。」川谷さん、離婚を報告
ベッキーさんとの不倫が報じられていた。(2016/5/9)

きゃりーぱみゅぱみゅさんがゲス川谷さんと写った写真をSNSに投稿 ファンから賛否の声が上がる
きゃりーさん自身は同件について触れず。(2016/4/11)

「ゲスの極み乙女。」川谷絵音、約2カ月ぶりのツイートでファンに釈明 「真摯に音楽で向き合いたい」
言葉って難しい。(2016/3/10)

日本ユニセフ協会、ベッキーさんの寄付報道について「寄付履歴を開示した事実はない」
多額の寄付によりアフリカに校舎が建ったと関係者が証言したとする記事に対して反論。(2016/3/2)

LINE“盗み見”に対策 「クローンiPhone」不可能に
LINEのiPhoneアプリ最新版で、1つのLINEアカウントに複数のiPhoneで同時にアクセス可能だった、いわゆる「クローンiPhone」問題が解消された。(2016/2/23)

R25スマホ情報局:
「他人のLINE覗き見」4割以上が経験
KUROCK NETWORKがLINEのぞき見に関する調査を実施。その結果、電車の中でのやりとりや新着のポップアップなどをのぞいた経験のある人は4割以上ということが分かりました。(2016/2/9)

ベッキー、番組出演を当面見合わせ 所属事務所が発表
「本人のとった軽率な行動、責任の重大さを鑑みて」決定したという。(2016/2/5)

niconico、利用許諾楽曲にワーナーの洋楽・邦楽70万曲追加 きゃりーぱみゅぱみゅやゲスの極みなど
niconicoの動画や生放送で利用できる許諾楽曲として、ワーナーミュージック・ジャパンが原盤権を管理する洋楽・邦楽計70万曲が追加された。(2016/2/1)

年末恒例のネタ企画「裏紅白歌合戦」が1月なのに急きょ臨時開催 「あまりにいろんなことがありすぎて」
まだ1カ月しかたってないよ!(2016/2/1)

アプリ「卒論 ゲスの極みと恋する乙女の恋愛物語」がストアから消滅
開発元と指摘された会社には見解を問い合わせ中。(2016/1/29)

LINE、第三者の盗み見は「極めて限定的」 パスワード管理など注意呼び掛け
第三者がLINEの画面を盗み見できる可能性について、LINEが公式な見解を発表。スマホやパスワードの管理を徹底するように注意を促している。(2016/1/25)

「ラブライブ!」出演確定キターーー! 第66回NHK紅白歌合戦 出場歌手51組が発表に
うわああああ!!!!!(2015/11/26)

仲間&安住、2年連続で「日本レコード大賞」総合司会 各賞受賞者も発表される
いくつ知ってる?(2015/11/20)

「200万なんて内臓を売ればすぐだぞ?」 5人の美少年に貢ぎまくる乙女ゲー「青藍高校 ヒモ部」が史上最高の殴りたさ
専属ATMになる覚悟。(2015/9/14)

ワイヤレスで行こう!:
ワイヤレスイヤフォンにモーションセンサーを搭載! 「Jabra Sport Coach Wireless」を試す
秋はスポーツを楽しむのに最適な季節。今回は、スポーツ用イヤフォン製品に注力するブランド「Jabra」から発売された、本体にモーションセンサーを内蔵するワイヤレスイヤフォン「Jabra Sport Coach Wireless」を試した。(2015/8/18)

ソニーの定額制音楽配信「Music Unlimited」、国内配信が2500万曲突破
ソニーの定額制音楽配信「Music Unlimited」の国内配信楽曲数が2500万曲を超えた。(2014/9/3)

レコチョク、103組のアーティストが参加するバーチャルフェス「dHits Fes」開催
レコチョクは、ドコモのスマホ向け定額制音楽配信サービス「dヒッツ」会員を対象にバーチャルフェス「dHits Fes」を開催する。103組のアーティストが参加する。(2014/3/11)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。