ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「SDガンダム Gジェネレーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SDガンダム Gジェネレーション」に関する情報が集まったページです。

R25スマホ情報局:
AKB48・田名部生来さんの“オタク的”スマホ活用術=後編=
前編では、AKB48内で人気のスマホアプリを紹介してくれたAKB48の田名部生来さん。今回は、彼女ならではの個性が光るおすすめのアプリを教えてもらいました!(2014/4/9)

週間ゲームソフト販売ランキング:
PS3「バイオハザード6」がトップ
10月1日から10月7日の期間集計した週間ゲームソフト販売ランキングです。(2012/10/11)

開幕まであと1週間!――東京ゲームショウ2012、各社出展タイトル&イベント情報
あと1週間となったTGSに向けて、各社から出展タイトルやステージイベントの情報が続々と公開中です。そこで、現在までに発表となっているものについてまとめてみました。(2012/9/13)

「SDガンダムGジェネレーション3D」シャア専用3DS同梱版の詳細明らかに
「SDガンダムGジェネレーション3D」のプレミアムボックスに同梱される“シャア専用ニンテンドー3DS”は、赤い本体に歴代シャアのシルエットが描かれたデザインだ。(2011/10/12)

TGS2011:
あ、アムロがふたり居る!?――バンダイナムコゲームスにガンダム芸人登場
今回も数多くのイベントを行った「バンダイナムコゲームス」ブースで行われたイベントリポートを掲載! ガンダム芸人の若井おさむさんと土田晃之さん、声優の古谷徹さんも登場!(2011/9/16)

週間ソフト販売ランキング:
3DS発売――ソフト販売ランキングで見る3DS
2月26日に発売されたニンテンドー3DS対応タイトルがランクイン。シリーズものも健闘し、ほぼ総入れ替えとなっております。(2011/3/3)

明日発売の「Gジェネワールド」!! フェニックスシリーズに黒い“X”が出現
(2011/2/23)

日々是遊戯:
「偽ガンダム」の妄想オープニング動画が公開!? Pixivではまさかの「女体化」も
中国・四川省のテーマパークで先日公開された、ガンダムそっくりな「偽ガンダム」等身大立像。その二次創作があちこちで盛り上がりを見せているようです。(2011/2/8)

主人公orライバルを選択して戦力アップしよう! 「Gジェネワールド」を紹介
(2011/2/2)

「Gジェネワールド」はオリジナルキャラを作成して戦える!
(2011/1/14)

高難度の条件をクリアすればシークレットユニット出現! 「Gジェネワールド」紹介
(2010/12/24)

全50作品のガンダムが集う! 新要素・MSを収録した「Gジェネ」最新作が登場
(2010/12/9)

TGS2010:
ガンダム、インベーダー、ソニック――「I Love iPhone」で披露された新作アプリ
東京ゲームショウのイベント「I Love iPhone」で、iPhoneゲームを手がける9社が新作アプリを発表した。また、各社の発表から、どんなiPhoneアプリが求められているかも垣間見られた。(2010/9/21)

バンダイナムコブースにはiPhone/iPod touch向けガンダムゲームも登場――「TGS2010」出展ブース情報
いよいよあさって開幕の「東京ゲームショウに2010(TGS2010)」に、バンダイナムコブースは「SDガンダム Gジェネレーション タッチ(仮)」などのiPhone/iPod touch向けゲームの追加出展を発表。そのほか、iPhone/iPod touchで3Dが楽しめるシートの展示情報や、PC向けオンラインゲーム関連のイベント情報などが発表されている。(2010/9/14)

東京ゲームショウ2009:
体験版をダウンロードして無料でプレイ――ドコモの“115連射コーナー”
ドコモブースでは、115作品のゲームを無料でダウンロードできるコーナーを用意。来場者はFeliCa対応のリーダーライターにドコモ端末をかざすと、専用サイトにアクセスしてダウンロードできる。(2009/9/24)

「ドラクエIX」3週間ぶりにトップ返り咲き 週間ゲーム販売
「ドラクエIX」が、お盆をまたぐ週のゲームソフト販売ランキングで3週間ぶりにトップに返り咲いた。(2009/8/20)

週間ソフト販売ランキング:
充実の夏
遊ぶものに迷います。(2009/8/13)

勝因はいかに自分色にするかにかかっている――「SDガンダム ジージェネレーション ウォーズ」
(2009/7/17)

臨場感ある戦闘システムと演出を――「SDガンダム ジージェネレーション ウォーズ」
バンダイナムコゲームスが8月6日に発売を予定しているPS2/Wii用シミュレーション「SDガンダム ジージェネレーション ウォーズ」の戦闘システムを紹介する。(2009/6/12)

タイはじまっていたか
微笑みの国・タイがどうやら人気です……観光ではなく。(2009/5/27)

物語が急展開する“ウォーズブレイク”とは?――「SDガンダム ジージェネレーション ウォーズ」
バンダイナムコゲームスが発売するPS2/Wii用「SDガンダム ジージェネレーション ウォーズ」では、特定の条件をクリアすることによって発動する未曾有の展開が待っている。(2009/5/22)

深夜の観賞会
これは残業に入りません。(2009/4/22)

レゴで何作る?
せいぜい高さ50センチほどの城を作るのが限界でした。(2009/4/15)

すべてのガンダム世代へ贈る新世代のGジェネ――「SDガンダム ジージェネレーションウォーズ」
バンダイナムコゲームスは2009年夏をめどに、PS2/Wii向けにシミュレーションの金字塔Gジェネシリーズの最新作を投入する。(2009/4/10)

「エンブレム オブ ガンダム」プレイリポート&インタビュー:
宇宙世紀を振り返り、直感的なマップで作られる新「ガンダムシミュレーション」
本作は、全く新しいアプローチでガンダムを題材にしたシミュレーションゲームだ。歴史家の視点、プロヴィンスマップ、バトンでつなぐ物語……さまざまな試みが盛り込まれたタイトルをプレイし、かつ、開発者である芝村裕吏氏に話を聞いてきたりもした。プレイのご報告とインタビューが織り成すハーモニーをどうぞ。(2008/5/22)

新たなガンダムの物語が始まる――「エンブレム オブ ガンダム」
これまでの「ギレンの野望」・「Gジェネ」シリーズとはまったく異なる切り口でガンダム世界を描いたシミュレーションゲーム「エンブレム オブ ガンダム」が登場する。(2008/3/7)

「SDガンダム ジージェネレーションスピリッツ」レビュー:
宇宙世紀をまるごと味わえるGジェネ、見参!
全国のガンダムファンのみなさん、「SDガンダム GGENERATION」シリーズの最新作「SDガンダム ジージェネレーションスピリッツ」はもうプレイしましたか? 充実の会話イベント(とにかくよくしゃべる)、迫力の戦闘アニメ(とにかく描き起こし)、巨大ユニットの登場(とにかくデカい)をひっさげた最新作は、PS2で遊べますよ!(2008/1/9)

山手線に「SDガンダム Gジェネレーションスピリッツ」のラッピング車両登場
(2007/11/27)

普段詩に書いていることとガンダムの世界は同じだから“すっ”と書けた――森口博子さんインタビュー
「SDガンダム Gジェネレーション スピリッツ」のOP/EDテーマ曲を歌う森口博子さん。非常に盛り上がった東京ゲームショウ2007のステージイベントを終了したあとに、今回の新曲について話を聞いてみた。(2007/9/23)

東京ゲームショウ2007:
古谷徹さんが登場すれば森口博子さんも熱唱そして新作2タイトルも公開――バンダイナムコゲームス/バンプレストブース
おなじみの古谷徹さんがゲストに登場したほか、森口博子さんは新曲2曲を披露。そして「ギレン」最新作ともう1つ新たなタイトルも公開されるなど盛りだくさんの「ガンダムスペシャルステージ」だった。(2007/9/23)

バンダイナムコゲームス、東京ゲームショウ2007出展・イベント情報を発表
(2007/9/12)

「ガンダムEXPO東京2007」、8月11日から開幕
「機動戦士ガンダム」シリーズのキャラクターやガンプラなどが一堂に会した「ガンダムEXPO東京2007」が、8月11日〜8月16日の期間で開催される。純プラチナ製、約2900万円相当のガンダムも展示。(2007/8/10)

全15作品のモビルスーツが登場──iアプリ「SDガンダムGジェネレーションi3」
(2007/7/10)

CS「テレ朝チャンネル」でゲーム情報番組を開始――第1回目はガンダム特集
(2007/6/11)

ガンダム作品一挙登場――「SDガンダム Gジェネレーション クロス ドライブ」
「Gジェネ」シリーズ最新作は、驚愕の120ステージを収録、15作品以上が登場する。ニンテンドーDS用タイトルらしくタッチペンでの操作は、歴代「Gジェネ」シリーズのいいとこどり?(2007/3/22)

iモード向けにゲームポータルサイト「ガンダム公式ゲーム」を提供
(2006/11/6)

東京ゲームショウ2006:
やっぱり最後はアムロで締めよう――「ガンダム バトルオペレーションインサイト」
バンダイナムコゲームスブースでは、「ガンダム バトルオペレーションインサイト」と題して、今冬にかけて発売されるガンダム関連のゲームを紹介するステージイベントを開催。アムロ役の古谷徹さんも登場し、ユーザーとの対戦プレイも行われた。(2006/9/25)

「SDガンダム Gジェネレーション・ポータブル」レビュー:
ボリューム感、爽快感、達成感のどれもが大きく、ハマリ度の高いPSP版「Gジェネ」
1998年にプレイステーションで1作目が登場して以来、ガンダムファンを虜にしてきた「SDガンダム Gジェネレーション」シリーズ。その最新作はPSPでの発売となったが、タイトルは“ポータブル”でもボリュームたっぷり! やり込み要素も多くて、これはハマる。(2006/8/31)

コズミック・イラを体験せよ――「機動戦士ガンダムSEED DESTINY〜GENERATION of C.E.〜」
機動戦士ガンダムSEED/SEED DESTINYの世界を体験できる「機動戦士ガンダムSEED DESTINY〜GENERATION of C.E.〜」。モビルスーツはガンダムゲームシリーズ初の「セルシェーダー」で描かれており、アニメの表現に近い形でプレイできるのが特徴だ。(2005/9/5)

香港でも「機動戦士ガンダムの待受」
(2004/12/22)

ボーダフォンライブ!向け「SDガンダムGジェネレーションV」
(2004/4/14)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。