ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ガンダム」最新記事一覧

ガンダムの「ハロ」がビーチボールになって浜辺を舞う
アニメ「機動戦士ガンダム」のビーチグッズが、予約受け付けを開始した。(2018/2/15)

ビバップのソードフィッシュIIだこれ! 映画「レディ・プレイヤー1」のポスターにおじさんニンマリしちゃう
ガンダムとアイアン・ジャイアントが並び立つ世界観が熱い!(2018/2/14)

「機動戦士ガンダム」ジュラルミン製iPhone Xケース&カードケースが登場
バンダイ ライフ事業部は、アニメ「機動戦士ガンダム」に登場するジオン公国のエンブレムを削り出しデザインしたiPhone Xケースと、「機動戦士ガンダムUC」のジュラルミン製カードケースの予約受付を開始。2017年3月に発売したカードケースの再販も行う。(2018/2/7)

帰ってきたガンプラバトルアニメ! 最新作「ガンダムビルドダイバーズ」が2018年春放送へ
4年ぶりの第3弾、主人公機はダブルオーベースのカスタマイズ機。(2018/2/2)

スピルバーグ監督最新作「レディ・プレイヤー1」に三船敏郎も登場? 原作者の強すぎる日本愛
ガンダム、AKIRA、デロリアン、春麗、ハローキティなど大集合で何が始まるんです?(2018/2/2)

全駅制覇で山手線カラーのガンプラがもらえる「JR東日本 機動戦士ガンダムスタンプラリー 行きまーす!」 1月9日から
山手線なデザインのガンダムが登場。(2018/1/8)

「HSDPA」に初対応! 下り最大3.6Mbpsで通信できる「N902iX HIGH-SPEED」(懐かしのケータイ)
W-CDMA(3G)の下り通信を高速化する「HSDPA」に国内向けケータイとして初めて対応した「N902iX HIGH-SPEED」。従来比で約10倍の高速通信に対応する“先進性”をアピールすべく、「ガンダム」をモチーフにしたデザインが採用されました。(2017/12/31)

日本は「いつのまにかアニメ後進国」:
アイドルが登場するのは「ガンダムファンが嫌いそうだから」 「マクロス」河森監督の企画論
「アイドル×ロボット×戦争」で“ロボットアニメ観”に風穴を開けた「マクロス」シリーズ。河森正治監督はいかにしてマクロスを生み出したのか? キーワードは「ガンダムじゃないもの」だ。(2017/12/22)

写真でふりかえる2017年:
アニメから“現実化”したロボットまとめ(2017年) 「ハロ」「タチコマ」など
ガンダムの「ハロ」、攻殻機動隊の「タチコマ」――2017年は、日本のアニメ史を彩ってきた個性豊かなロボットたちがいくつも“現実化”した1年間だった。(2017/12/23)

『最後のジェダイ』公開記念:
シャアVS.ダース・ベイダー 上司にするにはどちらがいい? 激動時代におけるリーダーの条件
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』と『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』が公開された2017年。両シリーズに登場する魅力的な、あまりにも魅力的な「敵」。ダース・ベーダーとシャア・アズナブルについて、作家の堀田純司さんがそのリーダーシップの違いを考える。(2017/12/22)

あの「九谷焼ガンダム」に新作 伝統の技術で「庄三風少佐復讐の図」「青手壺間取ギャン」など名シーンを再現
箸にも帰れるところがあるんだ。こんなにうれしいことはない。(2017/12/12)

「ハリウッド、いきまーす!」 ガンダムや春麗、キングコングたちが電脳空間で共演する夢の映画「レディ・プレイヤー1」予告映像公開
“連邦の白いヤツ”がハリウッドデビューだと……!?(2017/12/11)

「ロリータ包丁」とは何か 職人手作り、ガンダムの武器も再現
「ロリータ包丁」が脚光を浴びている。レースやフリルが特徴の「ロリータファッション」を基調に刃がハートやチョウの形をした斬新な姿だが、鍛冶職人が真面目に一本一本鍛造した本格的な包丁だ。(2017/12/11)

ガンダムの「ニュータイプ」はこんな感じ? 頭の中が“Twitterのタイムライン”になっていると例えた発想が天才的
赤い彗星さんのツイート「ララァ……ララァ……ママ……」(2017/12/9)

かっこいい 「機動戦士ガンダムUC」のハイカットスニーカー2種類が誕生
老舗シューズメーカー「ムーンスター」とのコラボです。(2017/12/5)

こんなにかわいかったっけ? 「ガンダム」「ジオング」がモフモフのヘッドクッションに
2つセットで使いたい。(2017/11/27)

ガンダムとジオングの頭部がクッションに 「ひとやすみヘッドクッション」予約開始
バンダイは、ガンダムとジオングの頭部をクッションにした「機動戦士ガンダム ひとやすみヘッドクッション」の予約受付を開始した。(2017/11/25)

量産型は数で勝負! 21体の大型立像が立ち並ぶガンダムイベント、日本初開催
東京・お台場の「ダイバーシティ東京プラザ」で新たなガンダムイベントが開催される。ガンプラをモデルにした10分の1サイズの大型立像が立ち並ぶという。(2017/11/14)

全長360ミリのホワイトベースにガンダムとガムが付属 「食玩とは何か」を問うセットが2万4840円で
付属のモビルスーツおよびコア・ファイターを格納可能。ガンペリーの格納庫には、ガムを収納できます。(2017/11/8)

「ガンダム」モチーフの本格ロードバイクが3種登場 幕張メッセで開催の「CYCLE MODE」にて初お披露目
これは乗ってみたい。(2017/10/27)

ふぃぎゅらぼ:
ドム子と呼ばれて3年、まさかの公式化! 「ガンダムビルドファイターズ」リックドギャン子がガンプラ化
ドムなのかギャンなのか。(2017/10/8)

長谷敏司のSF小説「BEATLESS」がテレビアニメ化決定! 監督は「機動戦士ガンダム00」水島精二
放送は2018年1月から。(2017/10/7)

「ガンダム」のディープな会話に対応したコミュニケーションロボ パタパタ動く「ハロ」の実物を見てきた
アニメさながら。(2017/10/3)

ぬいぐるみ型ガンプラがぬいぐるみに 「ベアッガイIII」のPCクッション登場
高さ約45センチ。(2017/10/2)

CEATEC JAPAN 2017:
ガンダムの「ハロ」、AI搭載ロボットに 来年発売
「機動戦士ガンダム」のペットロボット「ハロ」がAI搭載ロボットとなり、2018年に発売。(2017/10/2)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
西尾・舞城・奈須を超えろ――重版童貞が名物編集者に言われた最高のアドバイス「ガンダムを1日で見ろ」
そんな無茶な……。(2017/10/2)

富田靖子、シャア愛語りが中継に阻まれ哀戦士化 「またガンダム特集で呼んで」
何という悲しみ。(2017/9/28)

VR ZONE SHINJUKUでガンダムの新アクティビティー 「戦場の絆」のVR版も発表
「ガンダムユニコーンVR 激突・ダイバ上空」「機動戦士ガンダム 戦場の絆 VR PROTOTYPE Ver.」の2種を今秋開始。(2017/9/25)

やっぱり量産型は数をそろえないと――U-NEXT、同じガンプラ10体まとめてプレゼント
君は作りきることができるか?(2017/9/25)

PR:「どんな状況でも楽しい仕事を」――バンダイで記録的ヒット商品を生み出した誉田氏の思想【後編】
カプセルトイの世界において、まれに見る大ヒット商品となったバンダイの「機動戦士ガンダム EXCEED MODEL ZAKU HEAD」。この仕掛け人である同社ベンダー事業部 企画・開発第一チームの誉田恒之氏が開発秘話を語った。(2017/9/25)

お台場実物大ユニコーンガンダムが内山昂輝の声でデストロイモードに変形! 動画7本&画像60枚で全演出一気見
「機動戦士ガンダムUC」の新プロジェクトも発表されました。(2017/9/24)

来春に新プロジェクト:
お台場に実物大「ユニコーンガンダム」降臨 変形も再現
9月24日から、実物大の「ユニコーンガンダム」立像の展示が始まる。「ユニコーンモード」から「デストロイモード」への変形が再現されている点が特徴。(2017/9/24)

実物大ユニコーンガンダム、ついにデストロイモードに変形
9月24日(日)からお台場の“実物大ユニコーンガンダム”が一般公開される。前日に行われたセレモニーでデストロイモードへの変形を披露。さらに「ユニコーンは立像だけではない」?(2017/9/23)

声優・音響監督の中嶋聡彦さん逝去 「ガンダムSEED」「サクラ大戦」の親方役などバイプレーヤーとして活躍
告別式や葬儀は近親者で執り行われました。(2017/9/16)

Amazonプライムビデオ、約1400タイトルの無料視聴が30日以内に終了 「ガンダム」や「孤独のグルメ」など
「スラムダンク」「スーパー戦隊シリーズ」なども公開終了です。(2017/9/11)

PR:大ヒット商品「ザクヘッド」の企画を持ち込んだバンダイ・誉田氏の行動力【前編】
20万個以上の売り上げをたたき出したバンダイのカプセルトイ商品「機動戦士ガンダム EXCEED MODEL ZAKU HEAD」。この商品の仕掛け人である同社 ベンダー事業部 企画・開発第一チームの誉田恒之氏はいかなる人物なのか。その素顔に迫った。(2017/9/11)

プレミアムバンダイから「サイコジム」というとんでもないガンプラ登場 サイコガンダムにジムの頭部がついた巨大なジム
「ガンダムビルドファイターズ GMの逆襲」からの登場。(2017/8/26)

実物大ユニコーンガンダムは9月24日公開、夜になるとデストロイモードに
東京・お台場の「ダイバーシティ東京 プラザ」に建設中の“実物大ユニコーンガンダム”が9月24日から公開される。(2017/8/23)

お台場の「ユニコーンガンダム実物大立像」、9月24日に展示スタート 可能な限り再現された変形シーンが待ちきれない
ガンダムファンのみなさん、あと1カ月ですよ!(2017/8/23)

「実物大ユニコーンガンダム」9月24日展示開始 デストロイモードに変身も
お台場の「実物大ユニコーンガンダム立像」は9月24日から展示へ。夜の演出では、ユニコーンモードからデストロイモードへの変身を「可能な限り再現する」という。(2017/8/23)

ガンダム立像の進捗は?:
お台場に“ガンプラ総合施設”オープン 限定ガンプラや工作コーナーも【写真多数】
東京・お台場に国内初の「ガンプラ総合施設」が登場。(2017/8/17)

「シャア専用ザクII」Tカード登場 「THE ORIGIN」仕様
「Tカード 機動戦士ガンダム THE ORIGINデザイン」の発行受付が、TSUTAYAのWebサイトで始まった。(2017/8/16)

懐かしのケータイギャラリー:
「ガンプラ」も付属! ガンダムの世界観を詰め込んだ「945SH G Ver.GP 30th」
機動戦士ガンダムに登場する「RX-78-2ガンダム」をモチーフにした外観とコンテンツを持つ「945SH G Ver.GP 30th」。付属品としてガンプラまで付いてくる、正真正銘の「ガンプラケータイ」でした。(2017/7/30)

「サイボーグクロちゃん」も:
「コミックボンボン」Web版で復活 「SDガンダム」再掲
講談社が、2007年に休刊した漫画雑誌「コミックボンボン」をWeb雑誌として復刊。毎週金曜日に漫画配信サイト「pixivコミック」上で無料配信する。往年の人気作「SDガンダム」シリーズなどを再掲載するほか、現在Web媒体などで連載中の新作も収録する。【更新】(2017/7/21)

CoCo壱番屋とガンダムがコラボ ビームサーベルをスプーンにもちかえたオリジナルガンプラが当たる
アムロ、食べまーす!(2017/7/6)

アッガイ、ズゴックの頭上でひと休み ガンダムモデルのヘッドクッション3種が登場
パステルカラーでかわいいデザイン。(2017/6/19)

「ホワイトベースの塩不足問題」でおなじみタムラコック長風ランチがガンダムスクエアに登場 盛り付けが塩少なめ
意味が分からない人はファーストガンダム第16話「セイラ出撃」を見よう。(2017/6/12)

プラモなのに二次元にしか見えない!? アニメ塗りの「Zガンダム」がイラストそっくりすぎて混乱
もしかしてカミーユは、この不思議すぎる機体に乗ったせいで……。(2017/6/6)

水曜インタビュー劇場(ガシャポン公演):
殻を捨てた「ザク」が、20万個以上売れている秘密
バンダイが発売しているガシャポン「ザク」が売れている。機動戦士ガンダムシリーズに登場するザクの頭部を再現したものだが、最大の特徴はサイズ。カプセルよりも大きいこのアイテムはどのように開発したのか。担当者に聞いた。(2017/5/24)

アニメ「機動戦士ガンダム Twilight AXIS」6月23日に配信開始 全6話約23分でシリーズ異例の短さに
主要キャストに清水理沙さん、小野大輔さんらの名前も発表されています。(2017/5/11)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。