ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「卒業式」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
リスクを取って砂漠の中のオアシスを見つける、それがビジネス成長――アプレッソ 代表取締役社長 小野和俊氏
安定したエンジニア生活から一転、アプレッソに代表取締役として引き抜かれ、ベンチャーの荒波にもまれることになった小野氏。「心が動いたらブレーキをかけない」をポリシーとする小野氏が編み出した、一点突破でスキルを伸ばしていく“ラストマン戦略”や、事業成長の見極め方、エンタープライズソフト市場の価値構築法とは?(2018/9/14)

「だから今の自分がここにいる」 広瀬すず、約6年間在籍の『Seventeen』卒業に感無量 姉・アリスへの思いも明かす
11月号で卒業。(2018/8/25)

乙女ゲームの“攻略される側”、本当はこんな気持ち? 男子キャラの視点で葛藤を描いた漫画
私に興味がなさそうだったあのキャラも実はこう思ってたのかも……。(2018/8/2)

「最高で最強のスリートップ!!」 26歳になった本田翼、大政絢と波瑠に祝われた“non-noショット”で至福顔
プラベートでも仲良しな3人。(2018/7/2)

ショートヘアの最高峰! 27歳になった波瑠、本田翼とのお祝い2ショットが美しいの極み
ファッション雑誌『non-no』専属モデルを務めた2人。(2018/6/18)

「あたしの振袖一枚しか……」 石田ひかり、民法改正で娘2人の“同時成人式”問題に頭を抱える
2023年の成人式どうなる。(2018/6/14)

Rakuten GirlsAward 2018 SPRING/SUMMER:
本田翼、ガルアワで“non-no卒業式” 笑顔で有終の美飾る
non-noステージで有終の美を飾りました。(2018/5/19)

“AI市長候補”が市長選に出馬して分かったこと 「握手ができないAIは選挙活動が苦手」
突如現れた奇抜な候補者はいったい何を目指していたのか。(2018/5/1)

ねとらぼネイティブアドで「本当に読まれる記事広告」を作りませんか?
月間1億PV超えのねとらぼ編集部のノウハウを駆使して、「ネットで読まれる記事広告」を作成。ねとらぼテイストで「製品/サービス」をアピールします!(2018/5/1)

涙するお母さんに駆け寄る女の子が渡すのは…… 娘の卒園式を描いた漫画に「電車で泣いた」「涙が止まらない」の声
心が温かくなるステキなお話です。(2018/4/17)

PR:スーパーカブで通学する種子島の高校生 卒業式にHondaが新聞の「全面広告」で祝福
島に根付いた「カブ文化」に感謝を込めて。(2018/3/23)

第2ボタンください! 手作りの学ラン風首輪を付けた猫ちゃんの「にゃん中総代」がかわいい
僕たち、私たちは、にゃん中を卒業します!(2018/3/22)

クセがすごくてジワジワくる猫イラスト 『世にも不思議な猫世界』著者が初のサイン会
顔出しNGの著者に会えるチャンスです。(2018/3/20)

つるの剛士、スタイル抜群な長女と卒業式に親子ショット 「嬉しいやら儚いやら」
大人になったなあ。(2018/3/17)

「究極のスタイル」 9頭身モデル熊江琉唯、脚の長さ際立つはかま姿で卒業式
はかまが本体かな?(2018/3/16)

「仰げば尊し」「蛍の光」はなぜ卒業ソングの定番になったのか
当たり前だと思ってたけど。(2018/3/13)

「影響力がまだ残っているうちは続けるよ」 GACKT、初の女子校で卒業式シークレットライブ
そこにシビれる憧れるゥ!(2018/3/7)

常見陽平のサラリーマン研究所:
「毎年、新年の抱負を達成できない系」になっていませんか?
意識高い系は、毎年同じような新年の抱負を語る。こうした“新年の抱負を達成できない系”にならないためには「今年、やらないこと」を決める必要があるのだ。(2018/1/12)

モブが主人公のマンガが立て続けに登場 なぜ今モブなのか
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第86回。モブを主人公にした『僕がモブであるために』『モブ子の恋』を紹介。(2017/11/19)

広瀬すず、卒業後初の制服姿に照れ気味 「十分現役です」「全く違和感ない!」
むしろ好きになってください。(2017/10/10)

意外と自由気ままだし闇の権力もないよ! 生徒会のリアルな姿をほのぼの描くマンガ『ふたり生徒会』
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」の第84回。生徒会に「優等生集団」イメージ持っていた人、これが彼らの実態だ!(2017/6/18)

「一切イジメ受けてない」 紺野あさ美、テレ東退社で仲間たちへの感謝を伝える
「紺野、今から踊るってよ」がまた見たい。(2017/6/2)

糖尿病と闘う高校生を支える介護犬、 おそろいのガウンで卒業式に出席
介護犬と共に過ごした楽しい高校生活が無事に終了。(2017/5/14)

「中二病」って病気なの? 治し方を精神科医に聞いてみた
くそっ鎮まれ……俺の疑問よ……!(2017/4/28)

フィギュア・村上佳菜子が現役引退 国別対抗戦のエキシビションで最後の演技
涙をこらえ、笑顔で臨みました。(2017/4/23)

ボタン1つで孫の顔、4K対応の親孝行支援型クラウドサービス「ひかりTVクラウドC」
(2017/4/18)

授業中に亡くなった中学生の卒業式、学校側が遺族の出席を拒否して波紋 父親「限界に近づいています」と心境吐露
ご両親の気持ちに寄り添った解決が望まれます。(2017/4/17)

スピン経済の歩き方:
籠池さんが契約書を「鉛筆なめなめ」してしまった理由
歯に衣着せぬ発言で、安倍首相から民進党の辻元清美氏までさまざまな人にダメージを与えてきた籠池夫妻の「爆弾発言」が、ここにきてブーメランのように自分自身を追い込むことに。どういうことかというと……。(2017/4/4)

GACKT、静岡の中学校で恒例の卒業式サプライズライブ 「あっという間に11年が経ってる」
1年に一度の「野に咲く花のように」を歌いました。(2017/3/20)

まいんちゃんが高校卒業! 袴姿でファンにごあいさつ、プリキュアメンバーからの祝福に涙も
あらまあ美人さん……。(2017/3/19)

卒業証書の筒で作った“動く漫画”が卒業生を華々しく送り出す……こんなの泣いちゃうずるい
ラストの大仕掛けにグッとくる。(2017/3/14)

広瀬すず、卒業式は10分だけ出席 リアル女子高生ではなくなることに不安も
「第40回日本アカデミー賞」に出席するため、10分で切り上げたようです。(2017/3/8)

マーク・ザッカーバーグ氏、中退したハーバードで“名誉博士号”取得へ
Facebookの共同創業者で2005年にハーバード大学を中退したマーク・ザッカーバーグ氏が、今年の同学の卒業講演に招かれた。これにより、やはりハーバード中退のビル・ゲイツ氏と同様に名誉博士号を授けられる見込みだ。(2017/3/8)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道と生まれ変わった宮城県女川町を旅した
東日本大震災で市街の大半が消失し、復興の過程にある宮城県女川町。石巻線の全線復旧から1年10カ月、駅前商業施設「シーパルピア女川」のオープンから1年が過ぎた。新しい町に人々が列車で訪れる様子を見て、鉄道がある町の活気を感じた。(2017/1/13)

仮面女子の黒木ひなこ・澤田リサが卒業と芸能界引退を発表 「まだまだ長い人生芸能界以外でもっと、いろいろな経験をしたい」
黒木ひなこさんが12月18日、澤田リサさんが2017年1月2日に卒業となります。(2016/11/22)

Fintech Innovation Lab AsiaPacific Investor Day 2016 Report:
突出する中国のフィンテック投資、日本では巨大な貿易金融に革新の期待が
トランプショックが世界を駆け巡った9日、香港では新興のフィンテック企業を育成するプログラムの「卒業式」が行われた。アジア太平洋地域では、中国におけるフィンテック投資が突出しているものの、貿易立国の日本では輸出入に伴う貿易金融でさらなる革新の余地があるという。(2016/11/10)

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2016(2):
大学4年生になっても続けたい、学生フォーミュラでのクルマづくり
学生フォーミュラのピットを周ってみると、各校の個性が見えてくる。マシンのコンセプトが異なるのはもちろん、苦労していることや抱えている課題もさまざまだ。取材に快く応えて生き生きと話してくれる、学生たちの笑顔がまぶしい。(2016/10/19)

【閲覧注意】出発点は“グロ弁” リアルな「ホラー菓子」をつくる「中西怪奇菓子工房。」に秘密を聞いた
「脳みそレアチーズケーキ」や「目玉ゼリー」……ホラーなお菓子で話題の「中西怪奇菓子工房。」(2016/9/23)

「大食いからの卒業おめでとう」 女子高生AI「りんな」の雑な卒業証書
(2016/7/20)

「全力疾走」という病:
長く売れ続ける「定番」を狙う デザイナー・小関隆一氏のモノ作り哲学とは?
ワインボトルの形をしたLED照明「Bottled」や、ペン型のはがせる水性塗料「マスキングカラー」など、ユニークな日本の技術をうまく組み合わせた商品をデザイン。これらは国内外で売れ続けている。その仕掛け人、デザイナーの小関隆一氏の生き方を追った。(2016/6/30)

前代未聞! 「ボカロPV付き」参考書13万部の大ヒット 中学生の心つかんだ学研の戦略
「ボカロPV付き」という前代未聞の学習参考書が異例の大ヒットを記録している。「全体的に“中二病”になるよう作った」というその中身は。(2016/6/27)

劇場アニメ「ポッピンQ」、ポッピン族のキレッキレダンスがきゃわわ
ダレンが本当に愛らしい。(2016/6/23)

若さは2度と来ない:
Facebook、Google、孫正義「心に響く名言集」
IT偉人たちの言葉。若いときにどれだけ堂々と行動できるかが、共通点といえそうです。(2016/6/4)

姉「弟が卒業ダンスパーティに猫と参加してる件」 女子を誘えなかった弟氏、プロムに猫をつれていく→150万アクセスの人気者に
これもまた青春……。(2016/5/23)

IT偉人名言:ホリエモン「今を生きろ」の真意
(2016/4/26)

学校が知るべき「家庭内IT」の今【前編】
中高生の家庭では「LINE禁止」「ネット制限」は“常識”ではない
教育機関がIT活用やIT教育を進めるためには、学習者の家庭でのIT環境も考慮する必要がある。保護者によってIT活用の考え方は異なり、家庭内IT環境はさまざまだ。今回は筆者の家庭での実例を紹介する。(2016/4/26)

入学式にクオリティ高すぎる黒板アート 6つの作品を美術部員が2日で仕上げた
新入生にとっていい思い出になったことでしょう。(2016/4/7)

入学式はVR世界で――ネットの高校「N高」開校、式辞は“ディスプレイ越し”
カドカワの通信制高校「N高」が開校し、都内で入学式を開催。生徒たちがVRヘッドマウントディスプレイを装着し、沖縄本校の様子を360度の立体映像で体験した。(2016/4/6)

V8! V8! V8! 多摩美の卒業式が今年は「マッドマックス 怒りのデス・ロード」仕様に
これぞ美大生の本気。(2016/3/24)

卒業式で歌うのはボクの“エゴ” GACKTが自費で続けるサプライズライブの真意を語る
「ボクがやりたいからやってる」とは言うけれど。(2016/3/16)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。