ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「いたずら」最新記事一覧

関連キーワード

パパパンダ・ママパンダ・子パンダ パンダ家族がベッドの下でかくれんぼする収納ボックスが誕生
かわいくて便利。(2017/8/19)

「このお野菜いただきニャッ!」 見つけたキュウリに思いっきりかじりつく猫ちゃんの表情に和む
猫ちゃんの表情に注目です。(2017/8/14)

「名誉毀損にもなりえます」 叶姉妹、Twitterでつぶやかれた“間違った情報”に警鐘
夏コミ参加は「とらのあな」CMのプロモーションではないか、といったつぶやきが投稿されていました。(2017/8/14)

高畑充希、竹内涼真の写真集にいたずら 佐藤二朗ver.の仕上がりにファン「じわじわくる」「欲しい」
欲しくなった。(2017/8/4)

「アースアイズ for 寺社仏閣」:
AIでさい銭泥棒を察知 「寺社仏閣特化」の監視カメラ
さい銭泥棒や墓へのいたずらが増える夏に向け、アースアイズが寺社仏閣に特化した監視カメラを開発。犯行の動きを学習したAIが、不審人物の自動察知や検知を行う。(2017/7/31)

かーずSPのインターネット回顧録:
「もせあ」って覚えてる? 音楽データの扱いに革命を起こした「MP3」の衝撃
MP3の普及で、音楽・音声の扱いは一気に変わりました。(2017/7/29)

お家の時間を操るニャ 壁掛け時計がおかしくなっていた原因の決定的瞬間が目撃される
時を操るかわいいもふもふ参上。(2017/7/19)

やまぬTwitter「なりすまし」 偽の「唐澤弁護士」140以上も 対策難しく……
Twitterは、他人になりすましてウソの情報を発信することもできてしまう。6月下旬には実在する弁護士になりすまして、小林麻央さんの訃報を弄んだ投稿が混乱を引き起こした。(2017/7/19)

悪質な「まとめサイト」に捜査のメス 広告収入目的でデマ拡散
他人の名誉をいたずらに傷つける悪質な「まとめサイト」。事実無根な情報が飛び交う悪質サイトに、ついに捜査のメスが入った。(2017/7/18)

中小企業のためのIT活用のススメ(2):
“鳥の目”でIT導入の真の目的を見極めよ! 何となくのIT活用にさようなら
本格的な第4次産業革命の到来に向け、IoT活用への期待が非常に高まっている。この大きなビジネスチャンスをつかむべく、大企業を中心にさまざまな戦略、施策が打ち出されているが、果たして中小企業はどうすべきか? 第2回では「2017年版ものづくり白書」に触れつつ、現場のあるある課題を取り上げながら仕事の電算化(IT活用)における目標設定の在り方を紹介する。(2017/6/30)

いたずら黒うさぎから1年3カ月ぶり 田村ゆかり、ラジオレギュラー復活!
2年2カ月ぶりとなる新曲「Hello Again」も発表。(2017/6/26)

素直でかわいい とうもろこしが好きすぎておちゃめないたずらに何度も引っ掛かるワンコ
もっと欲しいワン。(2017/6/23)

「滝に打たれてきていい?」「は?」 仲里依紗の「あなそれ」番宣動画で夫・中尾明慶が自由すぎ
姉さん、声が素のトーンになってます……。(2017/6/21)

モルモットの名前をディープラーニングで命名 保護施設からの依頼に研究者が二つ返事で応える
まさかの活用方法。(2017/6/19)

Twitterでトランプ大統領にブロックされたスティーブン・キングにJ.K.ローリングが助け舟
ドナルド・トランプ米大統領への批判的ツイートで知られる米作家のスティーブン・キング氏が「トランプにブロックされてしまったようだ」とツイートしたところ、やはりトランプ氏批判で知られる英作家のJ.K.ローリング氏がサポートを申し出た。(2017/6/14)

「無駄な精子は1つもない」 政治家が全てを下ネタで解決する漫画「あおい万太郎」が日本に求められている人材
政治家が突然下ネタで声を掛けてくる事案が毎話発生。(2017/5/30)

5分で絶対に分かる:
5分で絶対に分かるオブジェクトストレージ
IoT/ビッグデータトレンドの進展に伴い、データ蓄積・活用基盤として注目を集めているオブジェクトストレージとはどのようなものなのでしょうか? 5分で解説します。(2017/6/30)

FM:
スマホからビルの異常をいつでも遠隔監視、月額2000円で始めるセキュリティ対策
三菱電機ビルテクノサービスは、中小規模ビル向けのセキュリティサービス「おてがるっく」の提供を2017年4月1日から開始した。監視カメラシステムと入退室管理システムを連携。これらの情報をクラウドにあげることで、スマートフォンやPCのWebブラウザから、いつでも監視カメラの映像や入退室情報を確認できるという。月額2000円(税別)から利用できるのが特長だ。(2017/5/25)

PR:『賭博黙示録カイジ』が7日間限定で無料読み放題 『黙示録』はなぜ名作なのか……圧倒的解説……!
「金は命より重い……!」とためらっていた人も無料で読めます。(2017/5/24)

統合的なアプローチを
IoTセキュリティのチェックリスト、“エコシステム”をどう構築する?
本当に安全なIoTを実現するには、IoTテクノロジー全体のセキュリティとバリューチェーンに対して統合的なアプローチを取る必要がある。(2017/5/22)

米YouTuber、子どもへの過激すぎるいたずら動画で炎上 謝罪するも児童虐待と非難殺到で親権を失う
どうしてこうなってしまったのか……。(2017/5/5)

テレビ見ながらそのまま「おやすみにゃ……」 おっさんみたいに寝る猫ちゃんがだらしなかわいい
あおむけでだらーんがとっても気持ちよさそう。(2017/5/2)

これがピザポテトの恨み……! 奥さんのピザポテトを「ピザぼんち」にした結果、お弁当で見事に仕返しされる
仲良し夫婦はどちらもセンスの塊でした。(2017/4/29)

悪質な出品、どう止める?:
メルカリの現金出品問題 監視体制は“人力”
大きな話題となったフリマアプリ「メルカリ」の現金出品問題。メルカリは現金の出品を禁止したが、新たな手口も出現し、“いたちごっこ”の状態にある。こうした悪質出品は、どうすれば防ぐことができるのか?(2017/4/26)

俺様イケメンによる「椅子ドンVR」の衝撃 女性たちをキュン死にさせる(?)VRを体験
女性向けVRを体験できるエンターテインメント施設が越谷レイクタウンに期間限定で登場する。(2017/4/24)

自転車シェアリングも扱い乱雑、消費者モラルが……中国で急成長「共有の経済」の裏側
中国では自転車シェアリングが大人気。ただシェアリングエコノミーは「共有の経済」。規律を守れるかに課題がある。(2017/4/20)

世界を読み解くニュース・サロン:
信頼できそうな大人に、子どもはどう接すればいいのか
教師が子どもにいたずらをしたり、暴力をふるったり。子どもを守って育てていく立場の大人たちが、実は子どもにとって「最大の敵」なのかもしれない。どういうことかというと……。(2017/4/20)

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(前編)
ほんとつらい。(2017/4/16)

猫見遊山 東京の奥座敷・東伊豆で個性豊かなにゃんこたちに出会う
旅猫したい。(2017/4/14)

テレビがCIAの盗聴デバイスに
「テディベアがあなたの会話を聞いている」時代のIoTセキュリティとは
2年前、IoT攻撃は、業界関係者や陰謀論者だけが興味を持つ“あり得ない”攻撃手段という認識だった。だが、もはや十分“あり得る”事態となっている。(2017/4/12)

「断捨離のため息子のカード売ります」→市場価格50万のMTG「ブラックロータス」がヤフオク出品でネット騒然
地味に家庭崩壊の危機かもしれない。※追記あり(2017/4/11)

世界が爆笑 お茶目なおばあちゃんのいたずらにほっこり
キュートな老夫婦に和む〜。(2017/4/6)

並列化を実現した「1/8 タチコマ」に“変な学習”をさせると……?
(2017/3/23)

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)
炎上から学んだこと。そして、若者に伝えたいこと。(2017/3/19)

東京メトロ、全車両に監視カメラ設置へ つり革の盗難やいたずら、迷惑行為やテロへの対策として
2018年度より順次導入。(2017/3/14)

ドア上部に:
東京メトロ、全車両に監視カメラ設置へ
東京メトロは監視カメラを全車両に設置する。(2017/3/14)

東京メトロ、全車両に防犯カメラ設置へ
車内での迷惑行為がたびたび発生し、設置が必要と判断した。(2017/3/14)

「アニメは後でいいでしょ!」 ご主人が大好きなワンコの構ってビーム
(2017/3/14)

世界を「数字」で回してみよう(40) 人身事故(最終回):
人身事故を「大いなるタブー」にしてはならない
「人身事故」という、公で真正面から議論するには“タブー”にも見えるテーマを取り上げた本シリーズも、いよいよ最終回となります。今回は、「飛び込み」を減らすにはどうすればいいのか、という視点を変え、「飛び込み」さえも構成要素として取り込む鉄道インフラシステムについて考えてみたいと思います。(2017/3/13)

研究開発のダークサイド(6):
近代科学の創始者たちに、研究不正の疑いあり(ニュートン編)
西欧の近代科学における不正疑惑の代表が、アイザック・ニュートンによる著作の改ざん疑惑である。今回は、研究不正に関する2冊の著名な書籍から、ニュートンの不正疑惑に触れた部分を紹介したい。(2017/3/8)

竹30本伐採の「怪事件」 “犯人”の意外な正体……動機は「秘密基地作り」
大阪市の公園で竹30本が何者かに伐採される被害があった。犯行を“自供”したのは意外にも……。(2017/3/7)

ドールハウスに住む猫たちをYouTubeでライブ配信中! かわいすぎて目が離せなくなるぞ
こんなほっこりライブ配信があったか。(2017/3/6)

木更津で多発する“水道盗賊” 盗まれるのは水ではなく……誰が、何のために
木更津市内各地の公園で蛇口や水道メーターの盗難が相次いでいる。窃盗事件として警戒を強化する警察や、近隣住民のパトロールを尻目に暗躍する“水道盗賊”。誰が、何のために?(2017/3/1)

研究開発のダークサイド(5):
近代科学の創始者たちに、研究不正の疑いあり(前編)
研究不正(研究不正と疑われる行為も含む)は、16〜17世紀の西欧では既に存在していた。英国の数学者であるチャールズ・バベッジは1830年に、「英国の科学が衰退しつつあることへの意見」という論文を発表し、研究不正を定義している。(2017/2/28)

新規開拓が全てじゃない
間違いだらけのデジタルマーケティング、LTV(顧客生涯価値)アップのため何をすべき?
マーケティングの目標として「新規顧客獲得」を重視する企業は多い。だが、そこにばかり目を奪われて既存顧客が離れてしまっては、業績は上がらない。どうすればいいか。(2017/3/1)

恒例の京大「折田先生像」、今年はコウメ太夫になる 注意書き「どうか土曜日は破綻しないでください」
受験生は水曜日にドブに落ちないように気をつけましょう。(2017/2/25)

最新鋭の猫キーボードがもっふもふ! タイピングされて気持ちよさそうな猫ちゃんがかわいい
「Enter」打ったら「にゃ〜!」って鳴りそう。(2017/2/26)

にゃんこがノートに遊びにくる! 実写の猫をプリントしたかわいい「猫ふせん」のパート2が発売
本とノートのまわりが猫ちゃんでいっぱいにゃ!(2017/2/18)

はやくおやつちょうだいよ〜! ベルを鳴らしておやつを催促するコーギーがかわいい
このベルを鳴らすと、自動的におやつが出てくるんだよねー!(2017/2/13)

でっかい体のネコ科の完成形 人になついたカナダオオヤマネコがぐにゃぐにゃ甘えまくってかわいい
力強い外見に反してナデナデに弱いぞ。(2017/2/10)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。