ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「いたずら」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「いたずら」に関する情報が集まったページです。

おすましワンコやいたずらワンコ かわいいワンちゃんがいっぱいの「いぬ休み展」 東京・浅草橋と名古屋で開催
犬派のみなさんお待たせしたワン。(2018/10/20)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第10話:シンジケート(後編)
機密情報漏えいの危機にさらされたひまわり海洋エネルギー。同じ手口のインシデントが海外でも起こっていることを知り、インベスティゲーターの鯉河平蔵は情報収集のためインターポールに向かう。情報を交わす中、犯行の手口や犯人像が浮かび上がってきた。(2018/10/19)

製造業のグローバル展開:
大企業の中の「地味め」事業をB2Bデジタルマーケティングで世界へ――ダイキン工業化学事業部の挑戦
主力の空調機事業が売り上げの9割を占めるダイキン工業。世界に冠たるB2Bの有名ブランドの陰で、小さな事業部がグローバル展開を模索している。(2018/10/10)

架空世界で「認証」を知る:
「のばら」には脆弱性がある? 「ファイナルファンタジー」で学ぶ知識認証
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第1回のテーマは「合言葉」。(2018/10/10)

何でも完璧にこなすアンドロイドにはまさかの秘密が 少し不思議なSF漫画に「続きどこですか」「オチが秀逸」の声
想像と妄想が無限に膨らむ展開。(2018/9/30)

サンリオの“くせ者”ぐでたまとばつ丸が「ぐでたまかふぇ」でコラボ フードメニューが納得のかわいさ
2者のクセのあるかわいさが見事に融合。(2018/9/27)

瞬間移動できる彼女が瞬間移動しなかった理由は? 能力者と彼氏の日常を描いたSFラブコメ漫画がかわいい
このときばかりは能力があるのも善し悪しなのかねぇ。(2018/9/21)

食べたら口の中が真っ黒に!? コールドストーンのハロウィーンのイチオシは「ブラックアイスクリーム」
コールドストーン史上初の「竹炭」を使ったアイス。(2018/9/18)

ちゅ〜るをもらった猫ちゃん「……」 まさかの無反応でおやつタイムの常識を覆す
パロディCMっぽさが絶妙にかわいい。(2018/9/16)

あなたの職場でもきっとできる:
生産性向上の第一人者が厳選した“出社したくなるオフィス”5社
NTTデータ、Google、味の素、タマノイ酢、オトバンク……。「テレワーク時代」が到来する中、従来のオフィスの在り方を見直し「社員が来たくなるオフィス」作りに工夫を凝らしている企業もある。(2018/9/14)

“自殺ゲーム”世界中でじわり拡散 ネットユーザーを脅迫・洗脳、「モモチャレンジ」要警戒
インターネット上で「モモチャレンジ」と呼ばれる“自殺ゲーム”が流行しつつある。匿名の“犯人”から送られてくる「チャレンジ」をこなしていくうち、内容がエスカレートしていき、最終的に自殺に至ってしまうというものだ。既にモモチャレンジとの関連が疑われる自殺が世界各国で確認されている。インド国内でも相次いで若者が命を絶ち、政府が注意を呼びかける事態に発展した。(ニューデリー 森浩)(2018/9/11)

「うちも同じことする」 甘えてきた愛犬をお布団に入れた漫画の展開に共感の声
ズン……(愛の重さ)(2018/9/11)

「ブルーホエール」(青い鯨)に続き:
新たな“自殺ゲーム”世界中でじわり拡散 ネットユーザーを脅迫・洗脳、「モモチャレンジ」要警戒
 インターネット上で「モモチャレンジ」と呼ばれる“自殺ゲーム”が流行しつつある。匿名の“犯人”から送られてくる「チャレンジ」をこなしていくうち、内容がエスカレートしていき、最終的に自殺に至ってしまうというものだ。既にモモチャレンジとの関連が疑われる自殺が世界各国で確認されている。インド国内でも相次いで若者が命を絶ち、政府が注意を呼びかける事態に発展した。(ニューデリー 森浩)(2018/9/11)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第7話:協調領域(後編)
「従業員の心得」「コンプライアンス」「ハラスメント防止」――忙しい業務に加わる“講習三昧”に苦情の声をあげる社員たちに、一体どうすればセキュリティ教育を真剣に受けてもらえるの? 悩みぬくCSIRTの教育担当に、ベテランがくれたアドバイスとは。(2018/9/7)

「波平と出川哲朗さんは同い年」:
「カツオは将来、社長になる」 サザエさん好きの慶大名誉教授と考える、磯野家の未来
かつてのベストセラー「サザエさん」のトリビア本「磯野家の謎」の続編が四半世紀ぶりに出版された。著者は慶應義塾大学 名誉教授の岩松研吉郎さん(74)らのグループ。数十年にわたって同作品を愛し続ける岩松さんに、書籍を通じて現代人に伝えたいことを語ってもらった。(2018/9/5)

スマートアグリ:
コマツは建設だけでなく農業と林業もスマート化「今までできなかったことをやる」
オプティムが開催した「スマート農業アライアンス」の成果発表会に、コマツ 会長の野路國男氏が登壇。コマツが石川県で推進しているスマート農林業の取り組みについて紹介した。(2018/8/28)

次から次へと:
ハラスメントを招いてしまう要因は「甲子園」と「水戸黄門」
次から次へと現れるスポーツ界のハラスメント。 一般社会がこれだけコンプライアンスにうるさくなっているにもかかわらず、とどまるところをしりません。スポーツ界だけが腐っているのか? それとも……。(2018/8/23)

アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」ファンが今も静岡・沼津に殺到するヒミツ
「ラブライブ!サンシャイン!!」で静岡県沼津市が沸き立っている。アニメキャラが大きくあしらわれたTシャツやグッズを身につけたファンが、市内の至るところを歩く姿も見慣れた光景に。アニメ放送開始から2年が経つが、飽きられるどころかますます人気に拍車が掛かっている。(2018/8/21)

フルーツに付いているあの帽子が大好きな猫ちゃん 顔を突っ込んで香りを楽しむ姿がいとおしい
フルーツキャップを差し入れしてあげたい。(2018/8/20)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Amazon Echoに対応したTP-LinkのWi-Fiルーター 音声操作で何ができる?
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はスマートスピーカーからの音声操作に対応したTP-LinkのWi-Fiルーターについて、具体的に何ができるのかを紹介する。(2018/8/19)

「2年縛り」「4年縛り」の見直し 何が変わる? どう影響する?
総務省からの行政指導や公正取引委員会からの指摘を受けて、大手キャリアがいわゆる「2年縛り」「4年縛り」の見直しを表明している。一体何が変わり、どのような影響が出るのだろうか。(2018/8/17)

ポケモンGOのNiantic野村氏に聞く 東京でゲームを開発することに決めた理由
世界的なポケモンGOブームを巻き起こした米Nianticが、今なぜ東京に新しい開発拠点「Tokyo Studio」を設立したのか。スタジオの代表であり、ポケモンGOの生みの親でもある野村達雄氏に話を聞いた。(2018/8/13)

技術のパナvs国策の中国 車載電池、日中の競争し烈
車載電池の市場で、日中メーカーの競争が激化している。テスラと手を組むパナソニックが日本勢として技術力で存在感を示す一方、中国では国策のバックアップもあって複数の会社が急成長。今後の市場の行方が注目される。(2018/8/1)

いたずらパンダがあっかんベ ふんわりやさしい「パンダの和風マシュマロ」 フェリシモから登場
かわいすぎて食べられない。(2018/7/27)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第4話:インテリジェンス
企業を守るサイバーセキュリティの精鋭部隊「CSIRT」のリアルな舞台裏を目撃せよ――メタンハイドレードを商業化する貴重な技術を保有するひまわり海洋エネルギーの新生CSIRT。度重なるインシデント対応に奔走したばかりの若手メンバーは、知識不足や経験不足を痛感したことで“ある行動”に出た……。(2018/7/27)

脱・いつものセカイ:
働き方や組織を変えたいのなら「混乱」をつくろう
働き方を変えたい、会社の文化を変えたい……。そう思っていろいろと頑張って取り組んでいるのに、なかなか変わらない。そんな人は多いはず。こうした悩みに対して、私たちは明確な答えを持っています。(2018/7/18)

25歳を迎えた“のん” 特注ケーキ&「この世界の片隅に」スタッフから愛情マシマシの祝福を受ける
おめでとうございます!(2018/7/14)

「こんにちはAI養命酒です」 天気は教えてくれないけど養命酒は勧めてくれる 養命酒型スマートスピーカーが爆誕
「AI養命酒」なるものが生まれてしまった。(2018/7/14)

なにかと養命酒を勧めてくるスマスピ「AI養命酒」 抽選で当たる
話し掛けるといささか強引に養命酒にからめて返答するスマートスピーカー「AI養命酒」が登場。抽選で10人に当たる。(2018/7/13)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
「プロセッサIPを出せばいい」時代の終了、Armはどう対処するか
Armは2018年5月から6月にかけて多くのプレスリリースを出している。それらを俯瞰してみると、もう単純に「プロセッサIPだけを提供していればいい」という時代ではないことがよく分かる。その時代にArmはどう対処しようとしているのか。(2018/7/13)

それでも期待値は高め:
ICOは詐欺案件だらけ? 800以上の仮想通貨が「1セント以下」に
ICO(Initial Coin Offering、仮想通貨の新規公開)を含む仮想通貨関連プロジェクトが過去18カ月の間に矢継ぎ早に立ち上がり、多くの仮想通貨(またはトークン)が発行された。(2018/7/6)

「かいけつゾロリ」1作目の続編が31年ぶりに登場 ゾロリがふたたびドラゴン退治に
うれしい特典キャンペーンも同時展開。(2018/7/5)

「フォートナイト」ソロで48キルという前人未踏の記録を樹立したプレイヤー現る ロケット打ち上げを見守る見学者が大量落命
そういうキル方法!?(2018/7/4)

「Eテレが思ったより攻めてる」「夜ねむれることの贅沢さ」 “子どもができて知ったこと”のイラストにパパママ大共感
子どもと暮らすということは、新しい発見の連続。(2018/6/27)

女性オタク「いかゴリラ」の日常漫画が単行本化 謎おっさんに絡まれたりいたずらして怒られたりする話が満載
服のサイズは基本的に合わない。(2018/6/25)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第1話:針(後編)
一般社会で重要性が認識されつつある一方で、その具体的な役割があまり知られていない組織内インシデント対応チーム「CSIRT」。その活動実態を、小説の形で紹介するCSIRT小説「側線」、第1話の後編です。メタンハイドレードを商業化する貴重な技術を持つひまわり海洋エネルギーにインシデントの予兆が……。(2018/6/22)

ネコのいたずらに「やりがいをありがとーー!!!」 飼い主のテンションと悲惨な写真のギャップが面白い
心にハリを感じさせる強い一言を見習いたい!(2018/6/21)

富士通クライアントコンピューティングが「小学生向けPC」を開発 何が違う?
富士通クライアントコンピューティングが、Lenovo傘下に移行してから初めての新製品を発表した。教育市場向け製品で培ったノウハウを投入した“小学生向け”のノートPCだという。何が今までと違うのか。【訂正】(2018/6/12)

奈良のシカ50頭が突然、市街地を爆走……衝撃映像から原因を探ると
奈良市の住宅街を爆走するシカの大群――「奈良のシカ」のうち約50頭が突如、奈良公園を離れ、群れをなして市街地を走り出した。その模様は動画でネットにアップされ、瞬く間に全国のユーザーに拡散した。シカの“奇行”、原因は何だったのか。(2018/6/12)

関西の議論:
奈良のシカ50頭が突然、市街地を爆走……衝撃映像から原因を探ると
古民家が軒を連ねる奈良市の住宅街を、ひづめの音を響かせて爆走するシカの大群−。5月中旬の早朝、国の天然記念物「奈良のシカ」のうち約50頭が突如、奈良公園を離れ、群れをなして市街地を走り出した。(2018/6/12)

ファンを増やし選ばれ続けるブランドへ:
ソニーが逆境の時代を乗り越えるために実践したワンツーワンマーケティングとデータ活用の取り組み
ファン創造に向けカスタマーマーケティングを展開しているソニーマーケティング。どのような顧客コミュニケーションを目指し、いかにデータを活用しているのか。(2018/6/12)

「シッポを振りすぎて、このまま飛んでいっちゃいそう」 喜びを全身でアピールするフェネックがかわいい
うれしくってたまらないよぉ!(2018/6/8)

にゃんこのビックリ箱かな? 子猫がシュバッと出てくる動画が何度も見たくなる中毒性
このビックリ箱が欲しいです。(2018/6/5)

開始1日で500通:
「それ、セクハラですよ」を匿名で通知 サービス開発の理由とは?
セクハラやパワハラなどのハラスメント行為を匿名で通知できるWebサービス「ソレハラ」がリリースされた。手軽に使えるサービスとして開発したのはなぜか。開発企業に聞いた。(2018/5/31)

ソニー新中計、3年で設備投資1兆円 自動運転車向け画像処理センサー中心
2021年3月期までの3カ年の中期経営計画を発表した。(2018/5/23)

ITの過去から紡ぐIoTセキュリティ:
監視カメラへの不正アクセスを機に考える、注意喚起のあるべき姿
4月下旬〜5月にかけて、複数の自治体で、河川監視などに利用している監視カメラが不正アクセスを受け、画面に「I'm Hacked. bye2」と表示される被害が相次ぎました。その原因は「パスワード」でした。(2018/5/21)

ステキな花びらから事件現場へ…… 母の日にもらった「バラの入浴剤」を入れた結果がホラーだと話題に
美しいバラにはトゲがある……。(2018/5/19)

「告白しようか迷ってます」→「現場から応援してます!」 工事現場の意見箱、回答が丁寧すぎてほっこり
徹底して丁寧な回答。(2018/5/15)

人気Twitterアカウント「アボガド6」さん、「まる」さんがアカウント凍結 DMCAの悪用による虚偽申請が原因か
ネット上では「悪質」と批判する声もあがっています。(2018/5/12)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第52回 「ぼくのかんがえたさいきょうのセキュリティ」を作りたい、元ギタリストの選択
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。(2018/4/26)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。