ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「いとうのいぢ」最新記事一覧

「涼宮ハルヒの憂鬱」のアニメ一挙放送きたあああああ! AbemaTVで24時間全28話を放送
時系列に沿った2009年版です。(2016/5/1)

新東名サービスエリアがモチーフのキャラ ドワンゴ×NEXCO中日本「幻想交流」でビジュアル公開
岸田メルさんや渡辺明夫さんがデザイン。(2016/4/9)

カドカワ、ネットの高校「N高等学校」来春開校へ プログラミング、アニメの課外授業も
カドカワは、ネットで受講できる通信制高校「N高等学校」を来年4月に開校する。プログラミングや文芸小説などプロによる課外授業も予定し、進学や就職につなげる。(2015/10/14)

カドカワがネットで学べる「N高等学校」を来春開校 川原礫・いとうのいぢが教え、刀鍛冶・マタギ体験も可能
生徒全員にメルアド、Slack、GitHubのアカウントを発行。全日制高校と同じ卒業資格を得られる。(2015/10/14)

こんなメイド見たことない! 空想上のメイドをイメージしたシックなワンピースが「スキヤキ」から登場
シックでかわいい「カントリー」「シネマ」「ナース」の3種類。(2015/10/2)

東京・中野で「夏のイラストレーター個展祭」 なつめえり、いとうのいぢらのイラストを展示
オリジナルグッズの販売や、サイン会も予定している。(2015/7/13)

「ありがとう、リブロ」池袋本店の柱に作家や漫画家が感謝のメッセージ刻む
6月19日には、リブロ池袋本店の歴代スタッフが同店の思い出とともに本を紹介するフェアがスタートした。(2015/6/22)

とらのあな創業20周年感謝祭 幕張メッセで6月21日開催
原画展やチャリティーオークション、限定グッズ販売など20周年にふさわしいさまざまな企画が予定されている。(2015/5/30)

「絵師100人展」5回目のテーマは「絵師の世界」 いとうのいぢ、樋上いたる、蒼樹うめ等参加
人気イラストレーター100人の描き下ろし作品が集う、毎年恒例イベントが2015年も開催!(2015/3/18)

pixivで「ドコモメール」公式キャラクター募集コンテスト開催――審査員にいとうのいぢ
NTTドコモは、イラストコミュニケーションサービス「pixiv」で「ドコモメール」の公式キャラクター募集コンテストを開催する。審査員はイラストレーター・いとうのいぢ氏。(2015/3/17)

アニメ「長門有希ちゃんの消失」 制作は「マクロスF」のサテライト! 2015年公開 
キャストは同じです。(2014/12/18)

人気声優・作家が大集合「電撃文庫 秋の祭典2014」 ステージ・サイン会の応募受け付け開始
「ソードアート・オンライン」「魔法科高校の劣等生」など人気作品の作者や声優が登場する。(2014/8/8)

カバー絵に小畑健、吉崎観音ら――『角川まんが学習シリーズ 日本の歴史』2015年発売
シリーズは全15巻で、発売は2015年2月を予定している。(2014/6/30)

出版社が運営するWebコミックサイトまとめ
出版社が運営する無料で読めるWebコミックサイトをまとめてみました。お気に入りのサイトや作品がきっと見つかるはず。(2015/1/8)

ただのアニメには興味ありません:
dアニメストアで「長門有希ちゃんの消失」がアニメ化――公式パロディ2作品も配信
ドコモ・アニメストアの「dアニメストア」にて、「涼宮ハルヒ」シリーズの公式スピンオフ漫画「長門有希ちゃんの消失」のアニメ化情報が掲載された。(2013/12/19)

「長門有希ちゃんの消失」アニメ化 dアニメストアに告知
スピンオフきたー!(2013/12/18)

何もかもが新しい――電撃文庫創刊20周年記念「大電撃文庫展・冬」開催
KADOKAWA アスキー・メディアワークス ブランドカンパニーとムービックは、電撃文庫創刊20周年を記念した「大電撃文庫展」の冬バージョン「大電撃文庫展・冬」を開催する。(2013/11/13)

「涼宮ハルヒの憂鬱」全28話 GyaO!で一挙無料配信キター
エンドレスエイトもあるよ。(2013/9/20)

「ああっ女神さまっ」初の公式アンソロジー 執筆陣はCLAMP、羽海野チカ、いとうのいぢ、大暮維人など33名
連載24周年&連載300回記念! 女神たちを題材に豪華作家陣がアンソロジー執筆。(2013/8/23)

「涼宮ハルヒの消失」で学ぶ英文法参考書、中経出版から
「『涼宮ハルヒの消失』で英文法が面白いほど身につく本」は、「涼宮ハルヒの消失」の英訳を使って文法を解説する。(2013/3/6)

賞金なんと1200万円 「第1回デジタルMANGA新人賞」栄えあるグランプリ作品は?
アスキー・メディアワークスが「第1回デジタルMANGA新人賞」の授賞式を開催。魔法少女を引退したヒロインが成長後にもう一度魔法少女として戦う作品『Re:魔法少女』(作:しよた こん)がグランプリに選ばれた。(2012/12/5)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/8/7)

限定版「ねんじぇねてんこもりBOX」も同時発売――PSP向け「ねんどろいど じぇねれ〜しょん」、発売日が2012年2月23日に決定
ゲームやアニメに登場する人気キャラクターをフィギュア化している「ねんどろいど」がついにゲームに。限定版として、登場キャラクターのチャームがセットとなる「ねんじぇねてんこもりBOX」も同時発売となる。(2011/9/7)

フィーチャーフォン向けソーシャルゲーム「涼宮ハルヒの団結」事前登録開始
5月25日より「涼宮ハルヒの団結」の事前登録が開始された。6月15日よりGREEでサービスを開始する。(2011/5/25)

「シュタインズ・ゲート」「涼宮ハルヒの驚愕」仕様のメモリスティックが6月23日に発売
6月23日のPSP向け「シュタインズ・ゲート」発売にあわせ、同タイトルのイラストを使用した特製仕様のメモリスティックが発売に。あわせて、新刊ライトノベル「涼宮ハルヒの驚愕」仕様のメモリスティックも発売される。(2011/5/23)

iPadの電子書籍を涼宮ハルヒがナビゲート――iPadアプリ「アニメロイド『涼宮ハルヒのBOOK☆WALKERナビ』」無料配信開始
角川グループの電子書籍プラットホーム「BOOK☆WALKER」のナビゲーターとして、アニメロイド化した涼宮ハルヒが登場。iPad上で動作し、4月25日からApp Storeで無料配信される。(2011/4/25)

“涼宮ハルヒ”カーがSUPER GTに参戦
イカ娘やエヴァに加えて、ハルヒの痛車もSUPER GTに出場する。(2011/4/22)

角川コンテンツゲート、著名クリエイターによる震災チャリティー電子書籍を販売
角川グループは、角川書店が発行するアニメ雑誌「月刊ニュータイプ」にゆかりのあるクリエイターなどの協力の下、震災チャリティー電子書籍「Pray for JAPAN from JAPANESE CREATOR vol.01」の販売を「BOOK☆WALKER」で開始した。(2011/3/31)

日々是遊戯:
アマテラスやロックマンも日本を応援! ゲーム・アニメ関係者から寄せられた応援イラストまとめ
こんな時だからこそ、少しでも励みになる話題を――。Twitterなどに寄せられた、漫画家、イラストレーターによる応援イラストを紹介します。(2011/3/15)

ネクソンが「涼宮ハルヒの憂鬱」のソーシャルネットワークゲームを開発へ
ネクソン、テレビアニメシリーズ「涼宮ハルヒの憂鬱」のソーシャルネットワークゲームの開発・運営に関するライセンス契約を締結。(2011/2/25)

「涼宮ハルヒちゃんの麻雀」オープニングムービー公開
角川書店より3月31日に発売を予定している「涼宮ハルヒちゃんの麻雀」のオープニングムービーが公式サイトで公開されたので要チェック。(2011/2/10)

TGS2010:
「女子キャラノート」に「Crysis 2」──TGSに出撃するPCゲーマーのチェックポイントはここだ!
コンシューマーゲームに圧倒されぎみのPCゲーム。しかし、TGSでは、注目のビックタイトルや海外プロゲーマーとの対戦などなど、興奮のイベントが満載だ。(2010/9/16)

Faith、“いとうのいぢ”天板ミニノートに新柄モデル
ユニットコムは、いとうのいぢ氏イラストキャラクターを天板にあしらったAtom搭載ミニノートPC「茉百合様に蔑まれるネットブック」を発売する。(2010/4/26)

パソコン工房、Core i7を搭載した15.6型ワイドノートなどハイエンドモデル4機種
パソコン工房は、15.6型ワイドノートPC「Lesance BTO CLG641」シリーズ2モデルと、ゲーミングデスクトップPC「Amphis BTO GS810」シリーズ2モデルを発売した。(2010/2/2)

パソコン工房、“いとうのいぢ”ネットブックを再販
ユニットコムは、2009年に限定販売された“いとうのいぢ”デザイン天板仕様のミニノートPC「SHIRO-TSUBAKI」を再販する。(2010/1/20)

パソコン工房、「いとうのいぢ」デザインキャラ絵柄のネットブックを限定で販売――コミケ販売分も
ユニットコムは、イラストレーターのいとうのいじさんによるデザイン天板を採用したミニノートPCを発売する。通販で25台、コミケで25台の計50台限定。(2009/12/24)

Windows 7深夜販売:
Windows 7の一般販売が解禁――真夜中のアキバに1000人を超える群衆
10月22日0時、DSP版Windows 7の一般向け販売が始まり、秋葉原の深夜販売は多くの人で賑わっていた。各ショップのカウントダウンの様子をお伝えしよう。(2009/10/22)

いとうのいぢデザイン「音々ちゃん」仕様ノートPC発売――大阪限定&100台限定
ユニットコムは、大阪・日本橋の電気街キャラクター「音々」ちゃんを天板にあしらったデザインノートPCを発売する。(2009/6/25)

キョンの苦労を体感できる? 「涼宮ハルヒの直列」
セガより、5月28日にニンテンドーDSで発売される「涼宮ハルヒの直列」を動画で紹介する。(2009/4/22)

東京ゲームショウ2008 セガブース:
いとうのいぢ氏も登場! セガ「シャイニング・フォース フェザー」トークイベント
セガブースで行われたDS「シャイニング・フォース フェザー」のイベントには、なんと本作のヒロインのキャラクターデザインを手がけた、いとうのいぢ氏が登場した。(2008/10/11)

「任天堂カンファレンス 2008.秋」:
ソフトラインアップ一挙公開――ニンテンドーDS編
「任天堂カンファレンス 2008.秋」において発表された、ニンテンドーDSの新作タイトル最新スクリーンショットを公開する。(2008/10/3)

「任天堂カンファレンス 2008.秋」:
ソフトラインアップ一挙公開――Wii編(その1)
「任天堂カンファレンス 2008.秋」において発表された、Wiiの新作タイトル最新スクリーンショットを公開する。こちらではいわゆるサードパーティを中心にまとめてみた。(2008/10/3)

「シャイニング・フォース」シリーズの最新作がニンテンドーDSに登場
「シャイニング・フォース フェザー」は、遺跡の奥深くに眠っていた古の少女アルフィンと、トレジャーハンターの少年ジンとの出会いから始まる物語。キャラクターデザインに“pako”氏と“いとうのいぢ”氏を起用している点にも注目だ。(2008/10/1)

名越稔洋氏や中村光一氏など、5人のキーマンが注目タイトルを語る――セガ コンシューマ新作発表会
来春までにセガから登場するタイトルを紹介する「セガ コンシューマ新作発表会 2008 秋」が開催。「ファンタシースター」「シャイニング」シリーズの新作に加え、「龍が如く3」や「風来のシレンDS2」などの新情報が明らかになった。(2008/9/16)

日々是遊戯:
憧れ(?)の“痛車オーナー”気分が味わえる「1/24 痛車シリーズ」
ある意味、オタクにとっては究極の趣味のひとつと言える「痛車」。財布と世間体への大ダメージは必至とあって、一般人にはなかなか手が出しにくい分野だが、この「痛車」のプラモデルが今、人気なのだとか。(2008/3/19)

「涼宮ハルヒの約束」レビュー:
「ただのゲームには興味ありません」――話題の超監督がゲームで大暴れするそうです
同名小説が原作で、2006年にアニメ化された「涼宮ハルヒの憂鬱」がPSP用ゲームとなって登場。アニメで魅了された筆者がプレイし、本作の魅力を確かめてみました。(2008/1/18)

新作カットからストーリーを追う――「涼宮ハルヒの約束」
発売日まであと1週間を切ったPSPソフト「涼宮ハルヒの約束」。どうやら文化祭前日がいつまでたっても終わらず、文化祭当日がやってこないという状況に陥ってしまうらしい。新たに公開されたカットから、そのストーリーを追ってみよう。(2007/12/21)

追加されたイベントカットに本作の核心が!?――「涼宮ハルヒの約束」
今回はパッケージイラスト&長門有希「S.O.S.」情報、みくるミニゲーム、そして新たに到着したイベントシーンについてご紹介。登場する“神人”の前に立ちはだかるハルヒは何を思う!?(2007/11/12)

「キョン! プロモーション映像を収録するわよ!」――「涼宮ハルヒの戸惑」PV収録現場に潜入
バンプレストは2008年1月31日発売予定のプレイステーション 2用ソフト「涼宮ハルヒの戸惑」のプロモーション映像に涼宮ハルヒ役の平野綾さんを起用した。その収録現場にお邪魔してみました。(2007/10/17)

“あのゲーム”のプロトタイプを収録?――「涼宮ハルヒの約束」
PSP「涼宮ハルヒの約束」続報が到着。TVアニメに登場した「The Day of SagittariusIII」をモチーフにしたミニゲームが収録されているとか!? ストーリー予想&サブキャラのS.O.S.情報も。(2007/10/12)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。