ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ザ・キング・オブ・ファイターズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ザ・キング・オブ・ファイターズ」に関する情報が集まったページです。

麻宮アテナ、VTuberになっりま〜す! 声は池澤春菜が担当、「KOF」スピンオフ作品をPR
ゲームアプリ「ザ・キング・オブ・ファイターズ オールスター」の発表会で判明。(2018/6/15)

「NEOGEO mini」今夏発売 「KOF」「メタルスラッグ」など収録
SNKが今夏発売する「NEOGEO mini」は、「ザ・キング・オブ・ファイターズ」シリーズや、「メタルスラッグ」など40タイトルを収録。セーブ機能も搭載する。(2018/6/10)

SNKが「NEOGEO mini」を発表 全40タイトル内蔵、3.5インチ液晶付き
イメージ画像では「KOF97」らしきゲームの映像が使われています。(2018/5/10)

業界が注目した「KOFガチャ返金訴訟」が和解で決着 原告への返金は認められず疑問残る結果に
なんともスッキリしない結果に……。(2018/4/16)

ガチャの出現確率「3%」、実際は0.333% スマホゲーム「KOF」運営会社に措置命令
消費者庁は1月26日、スマートフォンゲーム「THE KING OF FIGHTERS '98 ULTIMATE MATCH Online」内の表示が景品表示法違反に当たるとして、運営会社に措置命令。(2018/1/26)

スマホ版「KOF」に消費者庁が措置命令 ガチャの確率表示に有利誤認
出現確率3%と表示されていたキャラの実際の出現率は0.333%でした。(2018/1/26)

“自販機連動”スマホ格ゲー登場 「KOF」とダイドーがコラボ、飲料買ってキャラ育成
KOFのキャラが登場するスマホ格ゲーがダイドーから登場。自動販売機で飲料を買って手に入れたポイントでキャラを育成できる。(2017/8/10)

「鉄拳7」にギース参戦! SNK「餓狼伝説」「KOF」シリーズからまさかの殴り込み
当て身投げも健在。(2017/7/17)

G-Tune、特典DLCコードも付属した「KOF XIV」推奨ゲーミングPC
マウスコンピューターは、G-Tune製ゲーミングPCのラインアップに「THE KING OF FIGHTERS XIV STEAM EDITION」推奨モデル3製品を追加した。(2017/6/16)

スマホ版「KOF」訴訟問題、運営していたのは中国企業だった? 公式サイトで異例の「表記ミス」謝罪 → 新たな法的問題も浮上へ
謝罪内容が事実であれば、新たに個人情報保護法違反の可能性も浮上することになります。(2017/4/12)

スマホ版「KOF」景表法違反の疑いで訴訟問題に発展か さらに特商法違反も発覚
まさかKOFでこんなことが起きるなんて……。(2017/3/26)

スーパーファミコン向け新作2D格ゲー「Unholy Night」カートリッジ生産のため資金募る 「サムスピ」「KOF」元スタッフ開発
全体的にはNEOGEOの時代にSNKに在籍していたメンバーが多いようだ。(2017/2/16)

格闘ゲームじゃない……だと? KOFシリーズ初のMMORPG「KOF W」、今夏中国で先行リリースへ
あの濃いキャラクター達の中でMMORPG……。(2017/1/16)

PS4「アーケードアーカイブス」にNEOGEOタイトル配信決定 第1弾は「KOF94」「メタルスラッグ」など
まずは“ザ・キング・オブ・ファイターズ '94”から。(2016/9/28)

ITmediaスタッフが選ぶ、2013年の“注目端末&トピック”(編集部村上編):
“ドラクエ”や“KOF '97”がスマホに登場――古参ゲーマーが重い腰を上げた1年
2013年もゲームを中心にスマホアプリが盛り上がった年だった。人気RPG「ドラクエ」シリーズやSNKの格ゲー「KOF '97」がスマホに登場するなど、往年のコンシューマーゲームのアプリ化にも拍車がかかっていた。(2013/12/26)

ユニットコムより「電王ネットブック」、参上!
ユニットコムは、「仮面ライダー電王」デザインモデルのAtom搭載ミニノートPC「VN-電王/7HP-N550502G/KOF」を発売する。(2011/6/24)

タイトー、アーケード機向け新システム「NESiCAxLive」にKOFシリーズ2タイトルを今冬配信開始
ゲームを店頭でダウンロードして楽しむ、タイトーの新アーケードシステム「NESiCAxLive」向けに、SNKプレイモアの「THE KING OF FIGHTERS’98 ULTIMATE MATCH FINAL EDITION」と「THE KING OF FIGHTERS 2002 UNLIMITED MATCH」の2タイトルが投入されることが決まった。(2010/11/24)

「THE KING OF FIGHTERS XIII」7月14日より稼働開始
(2010/6/22)

KOF人気キャラのアイテムが「ルーセントハート」で使える――6月23日よりコラボイベントを開催
(2010/6/15)

SNKの人気キャラが一堂に集結――PSP向けシューティング「NEOGEO HEROES 〜Ultimate Shooting〜」7月29日発売
SNKプレイモアといえばといえばさまざまな世代のキャラクターが戦う格闘ゲーム「KOF」シリーズが代表作。そのキャラクターたちが、今度はシューティングゲームの世界にやってくる!(2010/5/11)

KOF「THE KING OF FIGHTERS XIII」発表
(2010/2/26)

日々是遊戯:
「KOF XII」のドット絵はいかにして作られたか――? 特設サイトでその秘密が公開中
「ザ・キング・オブ・ファイターズ XII」の稼働を記念して先日オープンした、特設ページ「KOF XII 2D DOT GRAPHICS GALLERY」が話題となっている。(2009/6/9)

「THE KING OF FIGHTERS XII」発売日決定――新キャラクター&新モード実装
SNKプレイモアは、PS3/Xbox 360向け2D対戦格闘ゲーム「THE KING OF FIGHTERS XII」を、7月16日に発売すると発表した。(2009/5/8)

ユニットコム、地デジチューナー搭載のミニタワーPCなど3製品を発売
ユニットコムはこのほど、地デジチューナー搭載のミニタワーPC「LESANCE DTX Economy 5000RAM/TV/KOF」など計3製品を発表した。(2009/5/1)

SNKプレイモア「THE KING OF FIGHTERS XII」をPS3&Xbox 360で発売決定
(2009/4/21)

東京ゲームショウ2008 SNKプレイモアブース:
やはり注目は「ザ・キング・オブ・ファイターズ XII」の試遊
(2008/10/10)

東京ゲームショウ2008 SNKプレイモアブース:
新作は「KOF XII」だけじゃない! 驚きの隠し玉を用意していたSNKプレイモアブース
9月に行われた「第46回アミューズメントマシンショー」に続き、「ザ・キング・オブ・ファイターズ XII」を大々的に出展していたSNKプレイモア。しかし、プレスカンファレンスではこれ以上の「隠し玉」が用意されていた!?(2008/10/10)

「KOF XII」や「タツノコVS.CAPCOM」が遊べる――第46回アミューズメントマシンショー
千葉・幕張メッセで第46回アミューズメントマシンショーが開幕した。2月のAOU2008に引き続き、格闘ゲームが多い印象を受けた今回のアミューズメントマシンショー。主要メーカーのブースを中心に、注目タイトルを紹介していく。(2008/9/18)

先行体験できるMMBBオンラインゲームフェスタ!「KOF MIA+KOF'98UM プレミアイベント」開催
(2007/6/11)

暮れの元気なご挨拶――お約束となった「KOF忘年会2006」も無事に3年目
SNKプレイモアは恒例となった「KOF忘年会2006」を有楽町マリオン 丸の内ピカデリー1で12月22日で開催。朝までの長丁場を何事もなく無事に終えることができたのか?(2006/12/25)

今年ももちろん開催します――「KOF忘年会2006」
SNKプレイモアは、恒例の「ザ・キング・オブ・ファイターズ」ファン感謝イベント「KOF忘年会2006」を12月22日に開催する。今年も徹夜で盛り上がるぜ!(2006/11/22)

「ザ・キング・オブ・ファイターズ イレブン」レビュー:
11回目のプロポーズ――やっぱりオレ……「KOF」が好きッス
2005年にアーケードに登場し人気を博している「ザ・キング・オブ・ファイターズ イレブン」がPS2に移植された。11作目の「ザ・キング・オブ・ファイターズ」は、前作「ザ・キング・オブ・ファイターズ2003」の正常進化版として楽しめる、ファンなら買いの一作だ。(2006/6/22)

「KOF マキシマムインパクト2」レビュー:
この爽快感はクセになる?――2D生まれの3D格ゲー
本作では新システムの追加とさらなるバランス調整が施されて遊びの幅が格段に広がった。今回はその「KOF MAXIMUM IMPACT 2」の魅力あるストーリーと、新たに採用されたシステムがどれほどプレイに幅を持たせてくれているのかを紹介していきたい。(2006/5/19)

KOFマキシマムインパクト2:FALCOON氏インタビュー
「MI2」のプロデューサーになぜ大抜擢されたのか?
3Dの新しい“KOF”はどう作られていったのか。「KOFマキシマムインパクト2」プロデューサーFALCOON氏に話をうかがった。イラストレーターからプロデューサーへの転身、そして氏の中にあった葛藤とは。(2006/5/2)

数多くのオリジナル要素を引っさげ、PS2版「THE KING OF FIGHTERS XI」登場
2005年10月26日にアーケードで稼働を開始した「THE KING OF FIGHTERS XI」(以下、KOF XI)が、家庭用オリジナル要素を数多く搭載し、プレイステーション 2版として登場する。発売日は2006年6月22日、価格は7140円(税込)を予定。(2006/4/28)

「KOFマキシマムインパクト2」隠しキャラクター7体が判明
SNKプレイモアは、2006年4月27日に発売したプレイステーション 2用ソフト「マキシマムインパクト2」の隠しキャラクター7体を公開した。(2006/4/28)

隠し要素の情報も――「MMBBオンラインゲームフェスタ! KOF MI2 + KOF XI プレミアイベント」開催
2006年4月22日、東京・原宿にあるKDDIデザイニングスタジオにて、「MMBBオンラインゲームフェスタ! KOF MI2 + KOF XI プレミアイベント」が開催された。3つのトークイベントを中心に、イベントの様子をお届けする。(2006/4/24)

「KOFマキシマムインパクト2」プレミア映像Vol.2配信で隠しキャラ4体初公開
SNKプレイモアが4月27日に発売を予定しているPS2用ソフト「KOFマキシマムインパクト2」の隠しキャラクターが公開。「ワイルドウルフ」、「リチャード・マイヤ」、「ハイエナ」、そして「ナイトメア・ギース」の4人。(2006/4/14)

隠しキャラ3人が判明――「KOFマキシマムインパクト2」
SNKプレイモアが4月27日に発売を予定しているプレイステーション 2用ソフト「KOFマキシマムインパクト2」において、隠しキャラクターの一部と隠しステージが公開された。判明した隠しキャラクターは、「ニノン・ベアール」、「キム」、「B.ジェニー」の3人。(2006/3/28)

KOFショートアニメ主題歌、本日からOnGenで配信開始
(2006/3/8)

「KOFマキシマムインパクト2」プロモーション映像配信
(2006/3/3)

「KOFマキシマムインパクト2」公式サイトがついにオープン
(2006/2/2)

「ファルコン号」応答せよ!――寒波の中、熱い年の瀬を送る「KOF忘年会2005」
SNKプレイモアは昨年に引き続き、さらに規模を拡大した「KOF忘年会2005」を開催。深夜0時からはじまったファン感謝イベントへは、おりからの寒波にも負けることなく、熱く朝まで続いたのだが……。(2005/12/26)

プロダクション I.G.制作のショートアニメ配信――SNKプレイモア「ザ・キング・オブ・ファイターズ」KOF忘年会2005情報もあります
SNKプレイモアは来春プレイステーション 2用ソフトとして発売される「KOFマキシマム インパクト2」に先駆け、「ザ・キング・オブ・ファイターズ」のショートアニメーション「The King of Fighters:Another Day」を製作、配信を開始すると発表した。恒例の「KOF忘年会2005」情報も!(2005/11/25)

「ザ・キング・オブ・ファイターズ」ショートアニメ化
(2005/8/23)

「ティンクルスタースプライツ」に「KOF」、「戦国BASARA」のサウンドトラックが発売に
(2005/7/29)

不知火舞が、麻宮アテナが――カプセルトイ「SRフィギュアシリーズ」新製品登場
SNKプレイモアの「ザ・キング・オブ・ファイターズ」女性キャラがリアルフィギュアとなってカプセルトイに登場。1月下旬から発売予定だ。(2005/1/7)

DDIのマルチマッチングBBに「THE KING OF FIGHTERS'94 RE-BOUT」が登場
SNKプレイモアは、KDDIはオンラインゲームサービス「マルチマッチングBB」に対応したPS2向け格闘ゲーム「THE KING OF FIGHTERS'94 RE-BOUT」を12月28日に発売する。(2004/12/6)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。