ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「格闘ゲーム」最新記事一覧

質問!ゲーム→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でゲーム関連の質問をチェック

6月23日は昇龍拳の日! Twitterにさまざまな”昇龍コマンド技”登場、格ゲーの”昇龍”こんなにいっぱいあるんです
なぜ6月23日が昇竜の日か、知ってますか?(2016/6/23)

「生息場所:井戸」ってなんだよ! 映画「貞子VS伽椰子」のキャラクター紹介がなぜか格ゲー風
闇深すぎな二人のプロフィールがコワすぎ!(2016/5/27)

セガの白いアーケードゲーム筐体「アストロシティ」がプラモデルに
90年代の対戦格闘ゲームブームを支えたセガのアーケードゲーム筐体「アストロシティ」がプラモデルに。(2016/5/11)

スーパー科学者大戦!? 偉大な科学者たちが戦う格ゲー「Science Kombat」正式リリース
8連戦を勝ち抜いた先には「この世の真理」が?(2016/3/30)

格ゲー界に天才児現る!? 生後6カ月の赤ちゃんが「ストリートファイターV」のCPUを次々撃破
のちの世界選手権優勝者である(かどうかは知らない)。(2016/3/15)

集え、企業戦士! 第三回格ゲー企業対抗戦が開催、今回は「ストリートファイター」「ギルティギア」「ブレイブルー」の3種目
弊社より強い御社に会いに行く。(2016/3/6)

司書メイドの同人誌レビューノート:
アケコンをトランクに詰め込んで、いざ! 世界最大級の格ゲー大会「EVO」出場者によるガイドブック
読んだら大会へ出るんだな。(2016/3/6)

アインシュタインやダーウィン、偉大な科学者が戦う格ゲー「Science Kombat」がブラジルで開発される
偉大な科学者たちが「相対性」「ワームホール」「グラビティ」などの特殊攻撃を駆使して戦う。(2016/3/2)

ゲームのバグ技問題:
現役プレイヤーに聞く、“エアガイツ騒動”の真実
突如ネットで話題となった格闘ゲーム「エアガイツ」。その騒動が意味するものとは。現役プレイヤーたちに話を聞いた。(2015/12/14)

対戦型格闘ゲーム「メルブラ」シリーズの最新バージョン、2016年春にSteamで配信決定!
アークシステムワークスから「MELTY BLOOD Actress Again Current Code」が配信されます。(2015/12/8)

弊社より強い御社、出てこいや! 格ゲー企業対抗戦第2回大会が12月31日開催!
対戦種目は「GUILTY GEAR Xrd -SIGN-」。(2015/11/8)

なんだか“スケスケな”ヤツを試してみよう:
スケルトンボディが目を引く「USB アクリルアーケードスティック」で格ゲー先輩を倒した(かった)
自宅でアーケードゲームの興奮を味わいたいならアーケードスティック(通称“アケコン”)が欠かせない。上海問屋の「USB アクリルアーケードスティック」で、格ゲーが強いあの先輩を……倒すっ!(2015/10/11)

そこの御社! 弊社と勝負だッ!! 企業戦士が格ゲーで会社対抗ガチバトル カプコン、スクエニ、セガなど参戦
大手ゲームメーカーやネット関係企業が大量にノミネートしているという事案。(2015/8/26)

ベンキュー、“格闘ゲーム向け”モードも備えた27型フルHD液晶「RL2755HM」
ベンキュージャパンは、格闘ゲーム向け表示プリセット機能を備えた27型フルHD液晶「RL2755HM」を発表した。(2015/8/24)

格ゲー世界王者と世界最高プロゲーマーはどちらが強いのか? ギルティギア世界王者「小川」とプロゲーマー「ウメハラ」が8月22日、激突!
ギルティギアは「ウメハラがぁ! 画面端ぃ!!」の“電波実況”でも有名なゲームです。(2015/8/9)

世界最大級の格闘ゲーム大会「EVO」でまさかの珍プレー 勝利を確信した選手がガッツポーズ → まだ1R残っていたためボコボコにされ敗北
優勝者より有名になってむしろ良かったんじゃないか説まで浮上。(2015/7/22)

賞金総額25万ドル超! 世界最大級の格闘ゲーム大会「EVO2015」まもなく開幕 東京・大阪ではパブリックビューイングも
日本勢の活躍に期待しましょう!(2015/7/17)

1000人が見守った?:
伝説の格ゲー「エアガイツ」の世界大会(17年ぶり2回目)が開催! 全国から猛者集結
エアガイツ仮面、一体何者なんだ……。(2015/1/19)

ゲームの祭典「闘会議2015」、格ゲー大会やマリカー実況など Wii U「Splatoon」国内初出展も
来年1月末のゲームの祭典「闘会議2015」はレトロゲームやアーケードゲームから最新スマホゲームまでが集結。来場者が参加・体験できる大会やアトラクションも用意する。(2014/12/19)

格闘ゲームの賞金ってレベルじゃねぇ! カプコン、2015年に開くゲーム大会に総額50万ドル(約6000万円)の賞金を出すことを発表
今から格ゲー始めたくなってしまいますねぇ。(2014/12/14)

「↓↘→P」もすぐ打てる! 格ゲーのコマンドしか入力できない、夢の「アーケードスティック型」キーボードアプリ登場
その発想はなかった……っていうかターゲットが限定的すぎる!(2014/12/8)

「レッツゴージャスティーン!(10年ぶり2回目)」 ウメハラが伝説の逆転劇を10年越しに再現して話題に
格ゲーで仲良しプロレスをする神々の遊び。(2014/11/26)

夢のコラボも実現しちゃう!? ミリオンヒット確実な「犬」が戦う格闘ゲーム(の妄想)
俺より強い犬に会いにいく。(2014/10/1)

ポケモン×鉄拳 格闘ゲーム「ポッ拳」2015年に登場
ポケモンが戦う格闘ゲーム「ポッ拳」がアーケードゲームとして稼働する。(2014/8/26)

ベンキュー、“格闘ゲーム向き”の24型フルHD液晶「RL2460HT」
ベンキュージャパンは、24型フルHD液晶ディスプレイ「RL2460HT」を発表。格闘ゲーム向きモードを備えるほか、スルー出力を行なえるHDMI出力端子も備えた。(2014/7/25)

海外のファンが作ったドラゴンボールの格ゲーのクオリティが半端ない
超おもしろそう。(2014/4/10)

空中で回転しながら弓をシュパッ! スタントマンの練習動画が超スタイリッシュでかっこいい
完全に格ゲーの動き。(2014/3/23)

ITmediaスタッフが選ぶ、2013年の“注目端末&トピック”(編集部村上編):
“ドラクエ”や“KOF '97”がスマホに登場――古参ゲーマーが重い腰を上げた1年
2013年もゲームを中心にスマホアプリが盛り上がった年だった。人気RPG「ドラクエ」シリーズやSNKの格ゲー「KOF '97」がスマホに登場するなど、往年のコンシューマーゲームのアプリ化にも拍車がかかっていた。(2013/12/26)

日々是遊戯:
インディー格ゲー「EF-12」がSteam GreenLightに登場 さらにバーチャルカジノ「Salty Bet」の競技種目に
これで海外産キャラがどかっと増えてくれるといいなぁ(ポワワ)。(2013/11/21)

フリー格闘ゲーム「ヴァンガードプリンセス」がSteam Greenlight通過 ウソみたいだろ、ツクール製なんだぜ、これ……
「斑鳩」といいこれといい、Steam進出の流れ来てる!(2013/10/31)

骨が砕けて首が飛ぶ! 残虐格闘ゲーム「モータルコンバット」を実写で再現した動画がすごい
コマンドを確認するお茶目な一面も。(2013/10/3)

格ゲー最強プレイヤーが集うゲーマーイベント「MAD CATZ UNVEILED JAPAN」開催──9月20日
マッドキャッツが、東京ゲームショウが開催される幕張で前夜祭的ゲーマー向けイベント「MAD CATZ UNVEILED」を9月20日に実施する。参加は無料、プロゲーマーと対戦できる試遊機なども設ける。(2013/9/2)

日本最大の格闘ゲーム大会「闘劇」が終了
「“闘劇の次幕”への準備期間」と新展開を期待させる記述も。(2013/3/29)

「ストリートファイター」25周年を記念したiPhone 5向けケース
プレアデスシステムデザインは、カプコンの対戦格闘ゲーム「ストリートファイター」25周年を記念したiPhone 5向けケースを発売した。(2012/12/21)

野田vs安倍の格ゲー登場 台湾のアニメ会社が制作
「これでいいノダ」「カイケンポウ」など独自の技が設定されています。(2012/12/12)

格ゲー用に6連ボタンを搭載――マッドキャッツ、「ストリートファイター X 鉄拳 ファイトパッド S.D.」を12月13日発売
親指部分に6連ボタンを配置し、コンボ技を繰り出しやすいようパドル部分を大型にした、格闘ゲーム用にこだわった「ストリートファイター X 鉄拳」オフィシャルゲームコントローラーが発売される。(2012/12/5)

日々是遊戯:
3D版「M.U.G.E.N」キターッ!? 無限のカスタマイズ可能な3D格闘ゲーム「EF-12」
格闘ゲームは遊ぶ時代から作る時代へ。(2012/10/15)

価格は399円:
ゲームのジャンルに合わせた3種類――「静電圧容量式 液晶モニター用 ゲームボタン」
上海問屋から、静電タッチパネル用の吸盤型ゲームボタンセットが発売された。レースゲーム用、格闘ゲーム用、シューティングゲーム用の3種類を用意する。価格はすべて399円。(2012/9/27)

「プロゲーマーという職業に希望を」――格闘ゲーマー・梅原大吾氏の挑戦
対戦型格闘ゲームの世界的なプレイヤーとして知られる梅原大吾氏。そのカリスマ性に注目したゲーム周辺機器メーカーのマッドキャッツが2010年にスポンサーとなった。マッドキャッツはプロゲーマーに何を期待しているのか、また梅原氏はプロゲーマーとしてどのような思いで活動しているのかを尋ねた。(2012/9/27)

TGS2012:
格ゲーじゃない……ジョジョゲーだッ! ――「ジョジョの奇妙な冒険」連載25周年記念発表会
「ジョジョの奇妙な冒険」連載25周年記念のプロジェクトの一環として、2013年に「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」が発売される。今回の発表会では新PVの上映、キャスト発表、システム紹介などが行われた。(2012/9/21)

App Town ゲーム:
カプコン、iPhoneで遊べる「ストリートファイター X 鉄拳 MOBILE」を配信
iOS向けの格闘ゲームアプリ「ストリートファイター X 鉄拳 MOBILE」がカプコンから登場。9月末までは特別価格250円で購入できる。(2012/9/19)

日々是遊戯:
作ったヤツは間違いなくバカ(褒め言葉) リアルに火を噴く「スーパーストリート“ファイヤー”」
これが最新の対戦格闘ゲームか……。(2012/9/6)

日々是遊戯:
日本のeスポーツ界に翼をさずける 東西対抗ゲームトーナメント「Red Bull 5G」開催へ
勝つのは東軍か、西軍か。5ジャンル5ゲームで最強を争う本格ゲームトーナメントが始動。(2012/7/5)

ガイルやポールも登場! iOS版「ストリートファイター X 鉄拳」参戦キャラクター公開
カプコンが、今夏リリース予定のiPhone/iPod touch/iPad向け対戦型格闘ゲーム「ストリートファイター X 鉄拳 MOBILE」における参戦キャラクターを公開した。(2012/6/21)

App Town ゲーム:
格闘ゲーム史上最大の祭が今夏到来! iOS版「ストリートファイター X 鉄拳」発表
カプコンが今夏、iPhone/iPod touch/iPadに対応した対戦型格闘ゲーム「ストリートファイター X 鉄拳 MOBILE」をリリースする。モバイル端末向けの新システムや遊び方を盛り込んだ。(2012/6/14)

カプコン、iPhone/iPod touch/iPad向け「ストリートファイター X 鉄拳 MOBILE」を今夏配信開始
「ストリートファイター」「鉄拳」のキャラクターが総出演する格闘ゲーム「ストリートファイター X 鉄拳」が、iPhone/iPod touch/iPad向けのモバイル版として今夏に配信されることが明らかになった。(2012/6/14)

App Town ゲーム:
対戦型格闘ゲーム「MARVEL VS. CAPCOM 2」がiPhoneアプリで登場
カプコンが、iPhone/iPod touch向けに対戦型格闘ゲームアプリ「MARVEL VS. CAPCOM 2 - New Age of Heroes -」を発売する。(2012/4/24)

「ニコニコ超会議」の「闘劇」企画を特集! 新情報も発表
4月に開催されるニコニコ動画のユーザーイベント「ニコニコ超会議」に関する特別番組をライブ配信。格闘ゲーム大会「闘劇」を特集し、ニコニコ超会議で実施される「闘劇2012」開幕戦の新情報を発表する。配信は4月2日23時10分〜。(2012/3/31)

直撮り対戦動画もあるよ:
フランスパン&エコールによる新作HD対戦格闘ゲーム「アンダーナイト インヴァース」AOU版プレイリポートをお届け!
「メルティブラッド」のフランスパンの新作HD格闘ゲーム「アンダーナイト インヴァース」がAOUに登場。こりゃやるっきゃない! ということで、ガッツリプレイして分かったゲーム内容を、動画付きで解説する!(2012/2/20)

「GLADIATOR VS」店頭体験会を今週末に東京、大阪で開催
11月23日に発売となった格闘アクションゲーム「GLADIATOR VS」の店頭体験会が11月26日、27日に開催。会場ではその場で豪華プレゼントが当たる抽選会も実施される。(2011/11/25)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。