ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「「オムニチャネル」の効果を測る! 統計学を取り入れた分析手法」最新記事一覧

【連載】「オムニチャネル」の効果を測る! 統計学を取り入れた分析手法:
第6回 マスとデジタルを横断したマーケティングの結果を分析する(事例編)
第2回から第5回にわたって説明した分析手法は、あくまで「情報」である。情報は、仕事に結び付け、成果につながってこそ「知識」につながる。最終回では、今までの「情報」をもとにした分析事例を公開する。(2015/1/15)

【連載】「オムニチャネル」の効果を測る! 統計学を取り入れた分析手法:
第5回 マスとデジタルが与えている影響を可視化する「インパルス応答」
現状の整理だけでは「分析した」とは言えない。しかし、マスとデジタルが与え合う影響を数字で証明する方法が分からない。統計学を用いて、オムニチャネルの効果を「数字」で明らかにする手法を紹介する。(2014/12/18)

【連載】「オムニチャネル」の効果を測る! 統計学を取り入れた分析手法:
第4回 マスとデジタルが与えている影響を可視化する「グレンジャー因果性」
テレビCMを出稿した。CVが増えた。だからテレビCM施策はよかった。……このロジックは果たして正しいのだろうか? そもそも、マスとデジタルを俯瞰して分析することは可能なのだろうか? 今回から、いよいよ「統計学」を用いた分析事例を紹介する。(2014/11/21)

【連載】「オムニチャネル」の効果を測る! 統計学を取り入れた分析手法:
第3回 データは溜まった、という人に真っ先に見て欲しい「相関」
アドテクの進化は止まらず、もはや計測できない領域はないとも言える。しかし、どのように調理すればいいかに困っている人は多い。マスとデジタルをどのように分析すべきか、その導入を紹介する。(2014/10/29)

【連載】「オムニチャネル」の効果を測る! 統計学を取り入れた分析手法:
第2回 「基本統計量」と「グラフ」を使えばデータは丸裸にできる!
いきなりデータを分析するのは手ぶらで樹海に乗り込むのに等しい。例えばエクセルを使うだけで、今まで見えなかったデータの切り口が出てくる。その鍵は「基本統計量」と「グラフ」にある。(2014/9/30)

【連載】「オムニチャネル」の効果を測る! 統計学を取り入れた分析手法:
第1回 「マス」と「デジタル」は横断して分析できる!
マスの効果は測り難いと言われる一方、マーケティング潮流はオムニチャネルが叫ばれるようになった。このままでは、効果が正確に測れるデジタルだけ改善サイクルを回すことになる。その代替案は「統計学」にあった。(2014/8/29)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。