ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「DSP(Digital Signal Processor)」最新記事一覧

インフィード型広告枠を拡充:
KANADE DSPがスマートフォン向けネイティブ広告枠への配信を強化
京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、スマートフォン向けネイティブ広告配信の強化を目的にインフィード型広告枠を拡充したことを発表した。(2016/6/17)

DSP「Logicad」をDMPと連係して広告配信:
ソネット・メディア・ネットワークス、「検索カテゴリーターゲティング」を開始
ソネット・メディア・ネットワークスは、DSP「Logicad」をクロスリスティングが提供する「クロスリスティングDMP」と連係させた「検索カテゴリーターゲティング」を開始した。(2016/6/17)

より効率的なターゲティングを実現:
Sizmek、広告浪費やアドフラウド排除に向けモバイルDSPに広告枠コンテンツ解析技術を導入
サイズミック・テクノロジーズは、独自の広告枠ページやアプリに対するベリフィケーション技術を、モバイルに特化したDSP「StrikeAd」上で提供を開始したと発表した。(2016/5/16)

ケイデンス テンシリカVision P6 DSP:
ニューラルネットワーク向けビジョンプロセッサ
ケイデンス・デザイン・システムズは、組み込み機器向けのニューラルネットワークアプリケーションを対象にしたイメージングプロセッサ「テンシリカVision P6 DSP」を発表した。(2016/5/12)

オーディエンスターゲティングの精度向上へ:
AOLプラットフォームズ・ジャパンのDSPがアクシオム「Connect」と連係
AOLプラットフォームズ・ジャパンは2016年3月15日、同社が提供するDSPおよびアドネットワークにおいて、アクシオムジャパンの「Connect」との連係を開始した。(2016/3/15)

訪日状況に応じた広告を配信:
サイバーエージェント、訪日外国人へ広告を配信する「インバウンドターゲティング」を提供開始
サイバーエージェントのアドテクスタジオは、DSP「BitBlend」において訪日外国人へ広告を配信する「インバウンドターゲティング」の提供を開始した。(2016/1/29)

広告クリエイティブを自動最適化:
フリークアウトDSP、大手3社のデータフィードマネジメントサービスと接続開始
フリークアウトはDSP「FreakOut」において、フィードフォースが提供する「DF PLUS」など大手3社のデータフィードマネジメントサービスと接続を開始した。(2016/1/26)

「FreakOut」のRTBエンジンを刷新:
フリークアウトがインフィード・ダイナミックリターゲティング広告配信サービスを開始
フリークアウトは2016年1月25日、同社のDSPをネイティブ広告プラットフォーム「Hike」とRTB接続し、インフィード・ダイナミックリターゲティング広告配信サービスの提供を開始した。(2016/1/26)

SYSTEM DESIGN JOURNAL:
組み込みコンピューティングに向けた、ハードウェアアクセラレーションの選択肢
組み込みコンピューティングを加速させるハードウェア・アーキテクチャとは何でしょうか。DSP?GPU?それともメニーコアでしょうか。どのアプローチが最も適するのかを考察します。(2016/1/22)

RTB対応の広告配信を拡大しメディアの収益最大化支援を強化:
SSP「fluct」が人工知能搭載のDSP「Rocket Fuel」と連係開始
fluctは2016年1月21日、同社のSSP「fluct」と米Rocket FuelのDSP「Rocket Fuel」の接続を開始したと発表した。(2016/1/22)

デル株式会社提供Webキャスト
アドテク企業ジーニーの選択、AWSからオンプレミスへインフラ移行した背景とは?
大量のデータ分析から、価値を生み出せるかどうかが企業の戦略を左右する。SSP、DSP、DMPをワンストップで提供するアドテク企業ジーニーでは、事業の拡大に伴いシステム基盤をクラウドからオンプレミスに移行。その判断の背景に迫る。(2016/1/25)

ユーザーの行動や生活シーンに応じた最適な動画広告配信を実現:
サイバーエージェントがリアル行動ターゲティングの動画配信を実現するDSPを提供開始
サイバーエージェントは多様なデータを柔軟に組み合わせターゲティング配信するDSP「BitBlend」の提供を開始した。(2016/1/8)

柔軟で効果的な商品訴求を実現:
プラットフォーム・ワンのDSP、ユーザーの行動履歴を基にした広告クリエイティブの動的変更に対応
プラットフォーム・ワンは、同社のDSP「MarketOne」でユーザーの行動履歴を基に広告クリエイティブを動的に変更するダイナミッククリエイティブの配信に対応したと発表した。(2015/11/25)

プレミアム広告に位置情報を活用してO2Oを促進:
位置情報を利用したPMPサービス、フリークアウトとPubMaticが提供
フリークアウトは2015年11月12日、米PubMaticと提携し、DSP「FreakOut」においてモバイル端末の位置情報を活用したプライベートマーケットプレイスのサービスを開始したと発表した。(2015/11/13)

インターシル ISL29501:
最大2mの高精度近接検出/測距が可能になるIC
インターシルは、最大2mの対象物検出/測距を可能にする、ToFシグナルプロセッシングIC「ISL29501」を発表した。ソリューションの実装面積を低減し、内蔵DSPによるToF計算によって、周辺光の明暗に関係なく最大2mまでの高精度近接検出/測距が可能になるという。(2015/10/28)

閲覧履歴から個々に最適なバナー広告を配信:
ソネット・メディア・ネットワークス、「Logicad ダイナミッククリエイティブ」を提供開始
ソネット・メディア・ネットワークスは2015年10月20日、「Logicad ダイナミッククリエイティブ」を開発し、DSPによるリターゲティング広告配信に向けた提供を開始したと発表した。(2015/10/21)

モバイルの位置情報を活用したキャンペーンを国内アプリで実現:
AdNearのDSPがスケールアウトのSSP「Ad Generation」とRTB接続
シンガポールに本社を置くAdNearは、スケールアウトの媒体社向け広告配信プラットフォーム「Ad Generation」と接続。RTBによる広告取引を開始した。(2015/7/22)

「広告は本当に見られているのか」の疑問を解消:
AOLプラットフォームズ・ジャパンが米MOATと提携、In-View率計測が可能に
AOLプラットフォームズ・ジャパンは2015年7月17日、同社が提供するDSP「ONE by AOL: Display」およびアドネットワーク「advertising.com」において、米MOATとの提携を発表した。(2015/7/17)

デバイス DSP:
新世代SHARCはCortex-A5搭載でマイコン要らず――産業機器/車載機器市場への展開を狙う
アナログ・デバイセズは2015年6月、浮動小数点DSPコア「SHARC」を搭載する新世代プロセッサとして、CPUコア「ARM Cortex-A5コア」を混載した「ADSP-SC58x」を発表した。DSPコアの性能向上などにより、電力効率が高まった他、CPUコア搭載により、インタフェース制御用マイコンを省略できる。(2015/6/18)

もうCookieに頼らない:
DSPのBypass、スマートフォン向けターゲティング広告配信を強化
ユナイテッドは2015年6月4日、同社が提供するけスマートフォン向けDSP「Bypass」を活用したスマートフォンアプリプロモーションサービス「Bypass App Promotion」の提供を開始した。(2015/6/4)

SSP「AdStir」がDSP「Campaign Suite」とRTB接続を開始:
スマホ向け媒体へ全世界の広告主から入札が可能に
ユナイテッドは2015年5月28日、同社が提供するスマートフォン媒体社向けSSP「AdStir」と、米Turnが提供するDSP「Campaign Suite」とのRTB接続を開始した。(2015/5/28)

Q&Aで学ぶマイコン講座(14):
マイコンとDSPの違いって何?
マイコンユーザーのさまざまな疑問に対し、マイコンメーカーのエンジニアがお答えしていく本連載。今回は、初級者の方からよく質問される「マイコンとDSPの違いって何?」についてです。(2015/5/27)

リッチメディア広告配信を実現:
京セラコミュニケーションシステム、「KANADE DSP」と「Smart Canvas」と連係を開始
京セラコミュニケーションシステムは4月16日、同社が運営する広告配信プラットフォーム「KANADE DSP」が、ヒトクセのリッチメディア広告プラットフォーム「Smart Canvas(スマートキャンバス)」と連係したことを発表した。(2015/4/16)

製品レベルでの連係は国内初:
フリークアウト、自社のDSP/DMPと「Adobe Audience Manager」を連係
フリークアウトは4月9日、同社が開発/提供しているDSP「FreakOut」およびプライベートDMP「MOTHER」を、アドビ システムズが提供するオーディエンス管理ソリューション「Adobe Audience Manager」と連係したことを発表した。(2015/4/10)

オーディエンスデータ活用:
インティメート・マージャー、the Trade Deskとデータ連係開始
DMP専業大手のインティメート・マージャーは4月3日、米国大手DSPのthe Trade Deskとデータ連係を開始したことを発表した。(2015/4/6)

日本国内で初:
インティメート・マージャー、Google「DoubleClick Bid Manager」の外部データパートナーに
3億超のオーディエンスデータを有する大手DMP専業のインティメート・マージャーは3月26日、Googleが提供するDSP(Demand Side Platform)の「DoubleClick Bid Manager」と連携し、データ提供を開始したことを発表した。(2015/3/27)

行動が類似するユーザーにも広告配信:
カンム、カード会員向けのクーポンデータ基に幅広く広告配信
「決済×アドテク」をテーマとしたマーケティング企業のカンムは3月3日、カード決済連動型サービス「Card Linked Offer」(CLO)で配信したクーポンのエントリーデータを利用した広告配信サービス「カンムCLO+DSP」を開始した。(2015/3/3)

東芝 TC35668IXBG:
Bluetooth Smart Ready対応のDSP内蔵車載機器向けIC
東芝は、Bluetooth Smart Readyに対応したIC「TC35668IXBG」を発表した。ハンズフリープロファイル、オーディオ再生プロファイル、電話帳関連プロファイルに加え、Bluetooth Low Energy機能を内蔵している。(2015/3/3)

ADI BLIP他:
イメージ/オーディオ処理機能の開発期間を短縮、Blackfin応用の開発基盤
アナログ・デバイセズ(ADI)は、DSPシリーズ「Blackfinプロセッサ」を搭載した2種類の開発プラットフォームを発表した。これらの開発プラットフォームを用いることで、イメージセンシング処理やオーディオ処理に必要な機能の開発期間を短縮することが可能となる。(2015/2/27)

スマホ広告の枠広がる:
ソネット・メディア・ネットワークス、ユナイテッドのSSP「AdStir」とRTB接続を開始
ソネット・メディア・ネットワークスは1月21日、同社が運営するDSP「Logicad」と、ユナイテッドが運営するSSP「AdStir」とのRTB接続を開始した。これにより広告主は、自社の広告をLogicadを通じてAdStirに接続しているメディアへ配信可能となる。(2015/1/21)

多彩な広告配信オッケー:
スケールアウトのSSP、台湾のAppier運営のDSP「Appier」とRTB接続始める
スケールアウトは1月5日、同社が運営する媒体社向け広告配信プラットフォーム(Supply Side Platform)「Ad Generation」(以下、アドジェネ)が、台湾のAppierが運営するDSP(Demand Side Platform)「Appier」と接続し、RTB取引を開始したことを発表した。(2015/1/5)

CRMやDMP、DSPを連携:
見えない顧客を育てるプラットフォーム、トライアックスが開発
トライアックスは12月18日、中長期の顧客育成を支援するコミュニケーション マネジメント プラットフォーム「SATORI for BIZ」を公開した。SATORI for BIZはCRM/DMP/DSP、そしてマーケティングオートメーションなどの最新技術を連携したプラットフォーム。顧客の興味関心を可視化し、その結果を基に広告配信の最適化やコンテンツの出し分けなどのマーケティングオートメーションを実現する。(2014/12/19)

月間700億インプレッション:
フルスピード、同社「AdMatrix DSP」と「Xrost SSP」とのRTB接続を開始
フルスピードは12月18日、同社のDSP「AdMatrix DSP」が、Platform IDが運営するSSP「Xrost SSP」とRTB接続したことを発表した。(2014/12/18)

組み込み開発ニュース:
アルテラ、浮動小数点DSPサポートの「Quartus II 開発ソフトウェア v14.1」
アルテラは開発ツール「Quartus II 開発ソフトウェア v14.1」を発表した。「Arria 10 SoC」が実装する浮動小数点DSPブロックをサポートしており、最大1.5TFLOPSのDSP性能を得ることが可能になる。(2014/12/16)

プロセッサ/マイコン:
「iPhone」も搭載しているセンサーハブ、専用チップをメガチップスが投入へ
ウェアラブル機器の台頭により、センサーデータからのデータ収集/処理を専門に行うセンサーハブへの注目が高まっている。日本のファブレス企業であるメガチップスは、Tensilica(現在はCadence Design Systemsの一部)のDSPコア「Xtensa」をベースにしたセンサーハブチップを投入する予定だ。(2014/12/3)

ユーザーフレンドリーなDSP:
マーベリック、広告効果を最適化するDSP「Auto Sphere(ベータ版)」を提供開始
マーベリックは12月1日、DMPから得たデータを活用し、機械学習による広告自動最適化エンジンを搭載した「Auto Sphere(ベータ版)」をリリースした。(2014/12/1)

動画広告にも対応へ:
TAGGY、リターゲティング広告の配信最適化に特化した「おもてなしDSP」を発表
ディスプレイ広告事業を営むTAGGYは11月28日、リターゲティング広告の配信最適化に特化したプラットフォーム「おもてなしDSP」をリリースした。おもてなしDSPは、同社が培ってきたリターゲティング広告の運用ノウハウに基づき、広告配信を最適化するロジックを搭載した。(2014/11/28)

1動画で約100万インプレッション獲得:
プレイウィズ、「WebCM動画制作×動画DSP広告」を融合した広告サービスを開始
プレイウィズは11月25日、動画制作と動画DSP広告を一括で請け負う「WebCM動画制作×動画DSP広告」サービスを開始した。(2014/11/25)

RTBに対応した広告配信へ:
ソネット・メディア・ネットワークスのDSP「Logicad」、マイクロアドのSSPと連携
ソネット・メディア・ネットワークスは11月20日、同社のDSP(広告主の広告配信効果を最適化するためのプラットフォーム)「Logicad」とマイクロアドが運営するSSP(広告媒体社の広告収益を最大化するためのプラットフォーム)「MicroAd COMPASS」を連携し、RTB(インプレッションごとにリアルタイムで入札が行われる形式)に対応した広告配信を開始した。(2014/11/20)

オンライン動画の視聴/拡散を促進:
ニューステクノロジーがDSPを活用した「BLADE PR for Video」の提供を開始
ニューステクノロジーは11月13日、広告主のオンライン動画をターゲットユーザーの興味関心に合わせた形で視聴/拡散を促すサービス「BLADE PR for Video」を開始した。(2014/11/13)

ブランド保護を強化:
ヤフー、来春にもYahoo!プレミアムDSPにアドベリフィケーション機能を導入
ヤフー(以下、Yahoo! JAPAN)は11月13日、同社が運営する「Yahoo!プレミアムDSP」について、広告配信先サイトを評価し、ブランド価値を損なうような配信を制御するアドベリフィケーション機能を来春に導入する予定を発表した。(2014/11/13)

広告在庫をRTBで買い付け可能に:
スケールアウト、PubMaticの「PubMatic」とRTB接続を開始
スケールアウトは10月27日、同社のDSP「ScaleOut DSP」が米PubMaticのSSP「PubMatic」 とRTB接続を開始したことを発表した。(2014/10/27)

CPM課金での広告配信量増加:
adingo、自社が運営するSSP「Fluct」とGoogleの「DoubleClick Bid Manager」を連携
広告配信事業を展開するadingoは10月16日、同社のSSP「Fluct」と、Googleが提供するDSP「DoubleClick Bid Manager」との連携を開始したと発表した。Fluctの提携メディアは、DoubleClick Bid Managerから配信されるRTB広告を掲載できるようになる。(2014/10/16)

【連載】実践! データマーケティング:
第3回 DMP構築による統合マーケティングの実現
今回はDMPがDSPと連携することにより可能となるマーケティング戦略について今後の展望を交えて解説する。(2014/10/7)

DSP/DMP事業で国内シェア拡大:
フリークアウト、10月1日から関西支社を設立
DSP/DMP事業を手掛けるフリークアウトは10月1日、大阪府大阪市北区に関西支社を設立、業務を開始したことを発表した。(2014/10/2)

車載半導体:
ARMが新プロセッサ「Cortex-M7」を発表、「コネクテッドカーを進化させる」
ARMは、マイコン向け32ビットプロセッサコア「Cortex-Mシリーズ」の新製品となる「Cortex-M7」を発表した。従来品の「Cortex-M4」と比べて、演算処理性能およびデジタル信号処理(DSP)性能を大幅に高めた。(2014/9/24)

【連載】実践! データマーケティング:
第2回 プライベートDMP構築のポイント
DMP(データを統合的に管理し、マーケティング活動全体を最適化するためのプラットフォーム)を導入すると、あらゆる企業において、容易にすばらしいユーザーコミュニケーションが可能になるように思える。しかし、実際にはそう簡単ではない。今回は、DMPの導入にあたって注意すべきポイントと、DSPとの連携について解説する(本連載では「DMP」は「プライベートDMP」を指す)。(2014/9/16)

【連載】実践! データマーケティング:
第1回 なぜ、いま、DMPなのか?
最近のデジタルマーケティング分野における重要キーワードにDMP(Data Management Platform)がある。DMPとは、企業が持つ顧客データやマーケティングデータ、ネット上だけではなくリアル店舗などのオフラインのデータも含めたさまざまなデータを統合的に管理することにより、マーケティング活動全体を最適化するためのプラットフォームを指す。本連載では、プライベートDMP導入の課題から、DSPと連携することで可能となるデータマーケティング戦略の現在と未来をお伝えする。(2014/7/28)

プロセッサ/マイコン:
最大800MMACSの性能をわずか95mWで実現、ADIがBlackfinコアを拡張
アナログ・デバイセズ(ADI)は、DSPシリーズ「Blackfinプロセッサファミリ」として、最大800MMACS(メガ積和演算/秒)の処理性能を、わずか95mWの消費電力で実現することができる「ADSP-BF70x」を発表した。競合製品に比べて、同じ処理性能であれば消費電力は半分で済むという。(2014/6/13)

スマホ上でリッチメディア広告:
第三者配信によるHTML5 バナー広告配信実現
ユナイテッドは5月19日、同社の提供するDSP「Bypass」が、サイズミック・テクノロジーズ製のデジタルキャンペーン管理プラットフォーム「Sizmek(サイズミック) MDX」と接続したことを発表した。スマートフォン上でのリッチメディア広告が可能になる。(2014/5/20)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。