ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「広告」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

プロダクト自体を評価する賞も新設:
「コードアワード2018」大賞はPerfume出演5G実証実験
D2Cは、デジタルマーケティングの広告賞「コードアワード2018」の最終審査を行い、ファイナリスト48作品の中から受賞22作品を決定したと発表した。(2018/7/13)

利用料金はそのまま:
クラウド広告運用ツール「Shirofune」にディスプレイ広告の出稿・運用管理の新機能
Shirofuneは、クラウド広告運用ツール「Shirofune」に、年齢や性別、行動や関心などから自動でターゲットを選定して広告を配信する「ブロードターゲティング広告機能を追加した。(2018/7/12)

講談社が「STOP! 海賊版マンガサイト」キャンペーン 雑誌広告やテレビCM展開
「マンガに、未来を。」がキャッチフレーズ。(2018/7/12)

講談社、「STOP! 海賊版マンガサイト」テレビCM展開、全漫画誌に広告
講談社は、海賊版漫画サイトを利用しないよう読者に呼び掛けるキャンペーンを始めた。6月末から全漫画誌に広告を掲載。7月中旬からはテレビCMを放送する。(2018/7/12)

ツイート数に連動して広告クリエイティブを最適化:
サイバーエージェントが「ツイート数連動型広告」の提供を開始
サイバーエージェントは、ツイート数に連動してTwitterの運用型広告のクリエイティブが最適化されるサービス「ツイート数連動型広告」の提供を開始した。(2018/7/11)

Facebook、AR(拡張現実)広告のテストを開始 口紅やサングラスを試せる
Facebookが、化粧品やアクセサリーを“試着”できるニュースフィード上のAR広告のテストを米国で始めた。広告上のアイコンをタップするとインカメラで商品を試着し、撮影したセルフィーをニュースフィードに投稿できる。(2018/7/11)

池田直渡「週刊モータージャーナル」【番外編】:
豊田章男社長がレースは「人を鍛える」という真意
自動車メーカーのレース活動をどう考えるだろうか? 結局のところ道楽ではないか? あるいは、せいぜい広告宣伝。恐らく多くの人はそう思っているはずだ。ところが、トヨタ自動車の場合、これが深謀遠慮に富んだ「働き方改革」の推進システムなのだ。その並外れたユニークな手法を明らかにしたい。(2018/7/11)

「全国タクシー」、広告配信タブレットのQRコード決済機能を主要都市で展開
JapanTaxiのタクシー配車アプリ「全国タクシー」は、東京都内で実施していた広告配信タブレットを使ったQRコード決済機能を全国で展開。7月から神奈川、名古屋、京都、大阪、福岡、札幌を中心に行い、2020年までに全国合計5万台の導入を目指す。(2018/7/11)

「マンガ図書館Z」運営のJコミックテラス、メディアドゥ子会社に
絶版漫画を広告付きで無料配信する「マンガ図書館Z」を運営するJコミックテラスが、ヤフーグループからメディアドゥホールディングス傘下になった。(2018/7/10)

宣伝広告と地道な商品開発が奏功:
ユニクロのエアリズムにみる「脱・安かろう悪かろう」の研究
かつては「安かろう、悪かろう」のイメージが強かったユニクロだが、今やお手頃な価格で高機能の商品が売れるようになった。ここに至るまでの地道な取り組みを商品開発や宣伝広告の面から検証する。(2018/7/9)

ツルツル肌をそるカミソリ広告はおかしい! カミソリブランドBillieがリアルなムダ毛処理CM公開
これが本当のムダ毛処理だ。(2018/7/6)

番宣に特化した広告商品:
Ameba、芸能人・有名人ブログポータルでテレビ局向けの広告商品を提供
サイバーエージェンが運営する「Ameba」は、IPGと共同で開発したテレビ番組訴求に特化した広告メニュー「Ameba SP TVAD」の正式販売を2018年7月より開始した。(2018/7/3)

保守速報「このままだと存続危うい」 広告消滅で現役市議から“救済処置”提案 グッズ販売へ?
6月半ばに広告を撤去してからは、“広告なし”での運営が続いていました。(2018/7/2)

「LINE CONFERENCE 2018」レポート:
LINE公式アカウントが月額0円からスタート可能に、他 マーケティング視点で注目すべきLINEの進化とは?
LINEはこの1年の取り組みの振り返りと新たなサービスの発表を行う「LINE CONFERENCE 2018」を開催した。ビジネスアカウントや広告分野の新展開についての発表もあった。(2018/6/29)

「情報と広告(Info and Ads)」ボタンを追加:
Facebook、広告とFacebookページの透明性向上のためアップデートを実施
Facebookは、広告とFacebookページにおける透明性を向上するアップデートを実施すると発表した。(2018/6/29)

Facebook、ページによる広告の透明性を強化 フォローしていなくても広告一覧可能に
Facebookが、サービス上の広告の透明性を高める取り組みの一環として、Facebookページに「情報と広告」ボタンを新設し、ここで誰でもそのページによる広告やその他の情報を確認できるようにした。(2018/6/29)

常見陽平のサラリーマン研究所:
NewsPicksの広告「さよなら、おっさん」はいけない。「こんにちは」である
意識高い系ニュースキュレーションサービス「NewsPicks」が、ちょっと珍妙な広告を出していた。日本経済新聞に、カラー全15段で「さよなら、おっさん。」と書いていたのである。刺激的なキャッチコピーであるが、この言葉に対して、筆者の常見陽平氏は違和感を覚えたという。なぜかというと……。(2018/6/29)

Google、広告サービスの「AdWords」や「DoubleClick」を改称し再編成
Googleが、広告サービス「AdWords」や「DoubleClick」の名称を変え、「Google Ads」「Google Marketing Platform」「Google Ad Manager」に再編する。デジタル広告の多様化・複雑化に対応する目的という。(2018/6/28)

ロジカルに解き明かすEC・通販の成功法則:
広告からCRMまで、一連のコミュニケーションを自動化する
この連載もいよいよ最終回。「広告」「引き上げCRM」「継続CRM」と続くリピートビジネスのコミュニケーションを自動化することが容易になってきた最近の状況変化について解説します。(2018/6/28)

事前承認が必要:
Facebook、仮想通貨関連広告を一部解禁 「制限を設け、広告主を絞り込む」
米Facebookは6月26日、今年1月に発表した仮想通貨関連広告の禁止措置を緩和すると発表した。事前承認制とした上で、一部を除き解禁する。(2018/6/27)

Facebook、仮想通貨関連広告を条件付きで一部解禁
1月に仮想通貨関連の広告を全面的に禁止したFacebookが、バイナリオプションとICO以外であれば条件付きで解禁した。広告主は「オンボーディングリクエスト」でFacebookに出広を申請し、承認されれば広告を出せる。(2018/6/27)

即日利用開始可能:
ブレインパッドの広告運用支援ツール「AdNote」がオンラインサインアップに対応
ブレインパッドは、広告運用支援ツール「AdNote(アドノート)」がオンラインサインアップに対応したと発表した。(2018/6/27)

成功する動画広告、メディア別の傾向と対策:
YouTube「バンパー広告」、6秒以下のクリエイティブで最大限の効果を出すポイントは?
長さは最大で6秒。ただしスキップなし。YouTubeの広告フォーマット「バンパー広告」にはどのような効果が期待できるのでしょうか。(2018/6/27)

AT&T、大手デジタル広告技術企業AppNexusを買収
米通信大手のAT&Tが、デジタル広告市場大手のAppNexusを買収する。先日買収を完了したTime Warnerなどの動画コンテンツでの広告事業を強化していく。(2018/6/26)

広告入出稿の自動化を支援:
広告事業に特化したRPA導入コンサルティングサービス、イー・ガーディアンが提供開始
イー・ガーディアンは、広告の入出稿に関わるランニングコストを人×RPAの力で大幅削減するサービスを提供開始した。(2018/6/25)

ITはみ出しコラム:
YouTubeを超えて広がる「好きなことで、生きていく」のいま
YouTubeは人気YouTuberが離脱するのを防ぐため、広告以外のマネタイズツールを強化しました。Facebookもグループ管理者が収益化できるプログラムのテストを開始するなど、オンラインサービスでのマネタイズ手法が広がりをみせています。(2018/6/24)

出資元の事業会社と共同事業実現へ:
位置情報広告のジオロジック、LINE Venturesなどから総額1億円を調達
ジオロジックは、ジェネシア・ベンチャーズ、LINE Ventures、東急エージェンシーを引受先とする第三者割当増資を実施し、総額約1億円を調達した。(2018/6/22)

「お使いのシステムは破損」「ウイルス感染」詐欺サイトの報告相次ぐ 対策のため広告停止するサービスも
「お使いのシステムは破損しています」「ウイルスに感染しています」――こんな偽のアラートを出しす詐欺サイトの報告が多数。広告ネットワークで配信されている悪質な広告によって表示されているとみられる。(2018/6/22)

Apple、Cannes Lions 2018の2部門でグランプリ
世界3大広告賞の1つに数えられるCannes LionsをAppleのCMが席巻した。(2018/6/21)

業務提携契約を締結:
ウォンテッドリーと電通、名刺管理アプリ「Wantedly People」における広告商品の共同開発へ
ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリーは、電通と広告商品などの開発において業務提携契約を締結した。(2018/6/21)

タイ人F1層に訴求:
「C CHANNEL」、訪日タイ人をターゲットに想定した動画広告メニューを提供
C Channelは、タイ子会社のC CHANNEL(Thailand)において、訪日タイ人観光客向けに商品やサービス訴求ができる動画広告サービスを開始した。(2018/6/20)

Facebook、「ライブ動画」を賞金付きライブクイズ番組や投票付き動画のプラットフォームに
Facebookが、動画配信サービス「ライブ動画」を、「HQ Trivia」のようなライブクイズ番組のプラットフォームとしてクリエイターに提供する。クリエイターはサブスクリプションや広告でマネタイズでき、クイズ勝者に賞金を出すこともできる。(2018/6/20)

【新連載】動画広告で成功するクリエイティブ設計:
動画広告活用がマス広告の補完だけで終わらない理由
マスとデジタルをミックスしたマーケティング全体の最適化が本格的に議論されるようになりました。この連載では、マス広告のリーチ補完だけではない動画広告の可能性について、コミュニケーション視点から考えます。(2018/6/20)

「痩せる」不当表示で販売会社に課徴金2000万円 アフィリエイトサイトの悪質表示も広告主の責任に
アフィリエイトの健全化が期待されます。(2018/6/20)

デジタル広告がけん引し、世界の総広告費6135億ドルへ
電通イージス・ネットワークが年2回発表している「世界の広告費成長率予測」によると、2018年の成長率は3.9%に上方修正され、総広告費は過去最高となる6135億ドルに達する見込み。成長著しいデジタル広告がけん引する格好で、そのシェア率も38.4%が見込まれ、初めてテレビ広告を抜く予測となっている。(2018/6/19)

今日のリサーチ:
世界の広告費成長率、デジタルが2桁成長でテレビ超え――電通イージス・ネットワーク予測
電通イージス・ネットワークは、世界59カ国・地域から収集したデータに基づき、「世界の広告費成長率予測」を取りまとめました。(2018/6/19)

「バイトル」のディップ、広告契約を「kintone」で電子化 営業の内勤業務を月間1万5000時間削減
求人情報サイト「バイトル」などを運営するディップは、サイボウズの「kintone」と「Easy電子契約」を導入し、求人広告掲載の契約プロセスを電子化。ペーパレス化と書類の回収・確認業務の効率化により、契約手続き時間の短縮や営業プロセスの改善を図る。(2018/6/15)

リスナー参加型広告:
毎日放送とNTTレゾナント、電話口で話した内容をそのままラジオ広告として出稿するシステムの実証実験を開始
毎日放送とNTTレゾナントは、ラジオへの広告出稿を電話で受け付ける実証実験を開始した。(2018/6/15)

Google、新「広告設定」ページ開設と「この広告について」表示範囲のYouTubeなどへの拡大を発表
Googleが、広告の透明性強化の一環として、ターゲティング広告の体験を一元管理するページ「広告設定」の開設と「この広告について」の表示範囲をYouTubeやGoogle Playなどに拡大したことを発表した。(2018/6/15)

広告主の目的に沿った記事を選定:
ログリー、媒体社の編集記事を活用したコンテンツマーケティング支援サービスを提供開始
ログリーは、広告主向けの編集記事を活用したコンテンツマーケティング支援サービス「logly lift for Editorial」を提供開始した。(2018/6/14)

Facebook、広告の「カスタムオーディエンス」で個人情報源明記を義務付け
Facebookが、広告ターゲティングオプション「カスタムオーディエンス」で、個人情報をどのように入手したかを広告主に義務付けると発表した。(2018/6/14)

まとめサイト「保守速報」から広告バナーが完全消滅 広告主に問い合わせる“広告剥がし”の動きが加速か
「ヘイトの温床」として以前から問題視されていたサイトでした。(2018/6/13)

広告掲載パートナーサイトの収益性向上を促進:
Yahoo!アドエクスチェンジ、ヘッダービディングを用いた広告配信に対応
Yahoo! JAPANは2018年6月12日、広告取引プラットフォーム「Yahoo!アドエクスチェンジ」が、ヘッダービディングを用いた広告配信に対応したと発表した。(2018/6/13)

Facebook、広告への顧客フィードバック開始 改善なければ締め出しも
Facebook上の広告経由で商品を購入したユーザーが納品などの不満をFacebookにフィードバックできるようになる。否定的なフィードバックが多い広告主は閉め出される可能性もある。(2018/6/13)

成功する動画広告、メディア別の傾向と対策:
YouTube「TrueView動画広告」でスキップされない仕掛け
プロモーション施策において動画を使い始めたものの効果が感じられないと悩むマーケティング担当者に向け、成功のポイントを解説します。(2018/6/13)

「高速PDCA」の実現をサポート:
マクロミル、広告効果測定に特化したオリジナルダッシュボードを提供開始
マクロミルは、広告効果測定に特化したオリジナルのダッシュボード「millBoard」を提供開始した。 (2018/6/12)

総務省、ドコモに行政指導 「ドコモ光セット割」で不適切な広告表示
総務省がNTTドコモに行政指導を行ったと発表。同社のサービス「ドコモ光セット割」で、不適切な広告表示があったという。(2018/6/8)

著作権侵害サイトへの広告掲載抑止へ 権利者団体と広告関連団体が定期協議
著作権侵害サイトを広告掲載先から排除する取り組みが強化。権利者団体のCODAは、広告関連団体3団体と協力して定期的な協議を行う場を設ける。(2018/6/8)

海賊版サイトへの広告を排除へ CODAと広告関連3団体、抑止に向けて定期協議実施を決定
JIAAは会員社が海賊版サイトに関与していないかを調査中。(2018/6/8)

CM期間中にリアルタイムでPDCAサイクルを回す:
テレビCMと動画広告の最適な広告接触回数の検証、CyberBullが資生堂ジャパンと共同で実施
CyberBullは資生堂ジャパンと共同で、テレビCMと動画広告の最適な広告接触回数に関する検証を実施した。(2018/6/6)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。