ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ネット広告」最新記事一覧

ニューバランスが先行導入:
クリエイティブに対する感情分析でターゲティング、動画広告のアンルーリーが新ツールをリリース
アンルーリーは、動画コンテンツに対して好反応なオーディエンスに広告配信するターゲティングツール「EQターゲティング」をリリースした。(2016/12/7)

業務改善による広告価値の向上を目指す:
日本アドバタイザーズ協会、広告業務全般における働き方改善を目指す取り組みを行うと発表
日本アドバタイザーズ協会は、広告業務に携わる人の働き方改善を目指す取り組みを行うと発表した。広告制作の依頼主として広告に携わる人のより良い働き方について検討を行い、広告業務についての働き方改善を推し進める。(2016/12/6)

2015年度は前年比117%の8900億円:
ネット広告代理市場、2016年以降年平均16.4%の大幅な伸び──ミック経済研究所調査
ミック経済研究所の調査によるとネット広告代理市場の総市場規模は2016年度以降、年平均16.4%の伸びで推移し、2020年度には1兆9000億円市場にまで拡大する見通し。(2016/12/6)

「90 Seconds Japan」など3社と協業:
朝日広告社、クラウドソーシングを活用した動画サービスを提供開始
朝日広告社は、クラウドソーシングを活用した動画サービス「ASAKO VIDEO CROWD」の提供を開始すると発表した。(2016/12/5)

オリジナルセグメントを開発:
Facebook広告にオフラインでの行動データを活用、アクシオムがデータ提供
フェイスブックジャパンとアクシオムジャパンは、アクシオムが提供するオフラインでの消費行動データやライフスタイル属性データを利用したFacebook広告のターゲティング配信サービス「Partner Categories」の日本提供を開始した。(2016/12/2)

データフィード統合管理プラットフォーム「dfplus.io」の正式版:
フィードフォース、セルフサービスでデータフィードの作成・管理が可能なプラットフォームを提供
フィードフォースは、データフィードの作成・管理・最適化を広告担当者自身で行うことのできるデータフィード統合管理プラットフォーム「dfplus.io」の正式版の提供を開始した。(2016/12/2)

Android版Chromeの「データセーバー」で動画データも最高67%削減可能に
Android版Chromeのデータ通信料節約機能「データセーバー」が画像とテキストに加え、動画もサポートするようになった。また、間もなくコンテンツをダウンロードしてオフラインで表示できる機能が追加される。(2016/12/1)

ユーザーの嗜好の変化を自動的に把握して精度アップ:
AI活用で広告ターゲティングを最適化――DACと住信SBIネット銀行、Automagiの3社で試験運用
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムと住信SBIネット銀行、Automagiの3社は共同で、Automagiが提供するAI(人工知能)ソリューションを活用したデジタルマーケティングを試験運用すると発表した。(2016/12/1)

北米で開始か
Windows 10のロック画面に広告表示? 「いい気はしない」との声も
Webサイトやソーシャルメディアに広告表示は付き物だが、北米では「Windows 10」にまで広告が表示するようになったようだ。(2016/11/30)

CM到達実態の測定とデジタル広告でのリーチ補完システム:
デジタルインテリジェンス、テレビCMとデジタル広告の統合管理および広告配信に関する特許取得を発表
デジタルインテリジェンスは、テレビCMとデジタル広告の統合管理に関する広告配信システムとその方法、ならびにプログラムに関する特許を取得したと発表した。(2016/11/29)

ヤフー、高次元データの高速検索技術「NGT」をオープンソース化 企業に“眠る”ビッグデータを分析しやすく
ヤフーが、高次元データの高速検索技術「NGT」をオープンソースで公開。(2016/11/25)

CV数、ROIを計測可能に:
LinkedInの運用型広告に新機能「コンバージョントラッキング」を追加
リンクトイン・ジャパンは、ビジネス特化型SNS「LinkedIn」の運用型広告・マーケティングソリューションズに新機能「コンバージョントラッキング」を追加したと発表した。(2016/11/25)

広くエンジニアに使ってもらいたい:
ヤフー、ビッグデータ分析を超高速化する「高次元データの高速検索技術」をOSS化 GitHubで公開
ヤフーがビッグデータ分析分析領域の最先端技術となる、高次元データの高速検索技術「NGT」をオープンソースソフトウェアとして一般公開。同様の主流/先端技術と比べて、言語データ/画像特徴データを約12倍以上高速に検索できるという。(2016/11/25)

DMP成功まで、あと1センチ(2):
「DMPなんて何に使うの?」 そんな上司と戦う前に
DMPを導入しようと声を掛けても“面倒くさそう”という反応ばかりで、なかなか話が前に進まない――。そんな経験はありませんか。多くのデータ分析系の製品でも同じような状況に陥ると思います。その解決の糸口はどこにあるのでしょうか?(2016/11/25)

広告によるブランド毀損を防ぐ:
SSP「fluct」にメディア向けブランド保護機能
fluctは、SSP「fluct」において、メディア向けのブランド保護機能「fluct ListOffers」の提供を開始した。ブランド毀損(きそん)に対する懸念からRTBを利用した出稿ができなかったメディアの課題を解決する目的。(2016/11/24)

成果につながる考え方:
エキスパートが語る「高速PDCA」の回し方――シナリオ設計から組織と仕組み作りまで
PDCAの重要性は頭では理解していても実践が難しいと悩むWeb担当者へ、シナリオ設計から組織と仕組み作りまで実践的なノウハウを紹介する。(2016/11/24)

身代金を支払うか、データを失うか【後編】
身代金を支払わない組織は6割超、ランサムウェア被害から自社を守る対抗策とは
「ランサムウェア」の被害は増えているが、身代金を支払わない企業が大半を占めていることが、2016年8月に実施されたOsterman Researchの調査で判明した。ランサムウェア攻撃に屈しないためにはどうすべきか。(2016/11/24)

IoT市場は2022年度に3兆円規模まで拡大:
野村総研、2022年度までの国内ICT市場予測を発表
野村総合研究所が、2022年度までのICTに関連する主要分野についての動向分析と市場規模の予測を発表。主要市場はIoTや携帯端末がけん引し、引き続き成長すると予測する。(2016/11/22)

導入媒体社に段階的に自動で導入:
メディアの広告収益最大化を支援、AOLプラットフォームズ・ジャパンが「AlephD」を提供開始
AOLプラットフォームズ・ジャパンは、提供するSSP「ONE by AOL: Display MP」を導入している媒体社に対し、広告収益最大化支援ソリューション「AlephD」の提供を開始した。(2016/11/22)

【連載】脱CPI至上主義のモバイルアプリ広告入門 第3回:
「グノシー」に学ぶ、キャンペーンの自動最適化でスケールする広告運用
今回はCPI(Cost Per Install:インストール当たりの単価)とインストール後データを活用して広告効果を最適化する方法と、その上でボリューム増やしていくための具体的な考え方を紹介します。(2016/11/22)

行動履歴とデモグラフィック情報を一気通貫で分析:
「アドエビス」にデモグラフィック情報分析機能、約100億件のアクセスデータと外部データを連携
「アドエビス」などを提供するロックオンは、アドエビスにデモグラフィック情報の分析機能を追加すると発表した。利用者向けに無償で提供する。(2016/11/21)

インフィード型ネイティブ広告へも対応予定:
人工知能搭載DSP「Logicad」がSSP「fluct」と連携を開始
ソネット・メディア・ネットワークスは、DSP「Logicad」において、fluctが提供するSSP「fluct」との連携を開始した。インフィード型ネイティブ広告への対応も近日中に開始する。(2016/11/18)

第一弾は静岡第一テレビ:
HAROiD、放送局向けプライベートDMP「HAROiD DMP」をリリース
HAROiDは2016年11月16日、放送局向けのプライベートDMP「HAROiD DMP」をリリースした。(2016/11/16)

2、3カ月に渡り、検証・改善を実施:
オールアバウト、記事型ネイティブ広告の最適化を図る「運用型コンテンツマーケティング」の提供を開始
オールアバウトは2016年11月14日、記事型ネイティブ広告の運用・改善を実施し、最適化を図る「運用型コンテンツマーケティング」の提供を開始した。(2016/11/14)

SSP「AdStir」の配信在庫へ質の高い広告を配信:
トレンダーズとユナイテッド、記事コンテンツLPに特化したインフィード型ネイティブ広告ネットワークを提供開始
ユナイテッドはトレンダーズと連携し、同社のスマートフォン媒体向けSSP「AdStir」において、記事コンテンツLPに特化したインフィード型ネイティブ広告ネットワークのサービス提供を開始した。(2016/11/11)

スマホ動画が成長をけん引:
2016年の動画広告市場は前年比1.5倍の842億円に──サイバーエージェント調査
サイバーエージェントは、デジタルインファクトと共同で国内動画広告の市場動向調査を実施、調査結果を発表した。(2016/11/9)

プレミアム枠に一括配信:
「GenieeDSP」から「DoubleClick Ad Exchange」へPMP入札が可能に
ジーニーは、「GenieeDSP」と「DoubleClick Ad Exchange」を接続し、アプリおよびWeb広告枠に対してPMP配信が可能になったと発表した。(2016/11/8)

210万件の富裕層情報を利用:
富裕層をターゲティングした広告配信、ランドスケイプが提供
ランドスケイプは、同社が構築した「エリア別富裕層データ」とDACが提供するDMP「AudienceOne」を連携し、郵便番号情報を利用して富裕層をターゲティングするインターネット広告の提供を開始した。(2016/11/7)

週刊「調査のチカラ」:
御社に「校閲ガール」はいますか? 調査が明かすメディアと広告の気になる裏側
ECサイトの「プッシュ通知」に消費者が反応するタイミングとは? 「Instagram」の広告を女性たちはどう思っている? 若者は本当にテレビ離れしているの? マーケティング担当者の「そこが知りたい」に答える調査を紹介。(2016/11/5)

「Microsoft Concept Graph」を公開:
マイクロソフト、「コンピュータが、人間のように概念化して考えられるようになる」技術を開発
マイクロソフトの研究部門 Microsoft Research Asiaが、コンピュータが人間のように物事を概念化して処理できるようにするために必要となる技術「Microsoft Concept Graph」を開発。AIなどの研究用としてプレビュー版を公開した。(2016/11/4)

サイバーエージェント、4つの新会社を設立 社長は全員20代
サイバーエージェントは11月1日、4つの新会社を設立した。それぞれ、アドテクノロジー事業、カップリングアプリ開発、体験型イベント事業、メディア運営を行う。新会社の社長に就任した4人はいずれも20代。(2016/11/1)

【連載】初めてのロケーションベースキャンペーン 後編:
ターゲティングだけじゃない、位置情報があるから見える「刺さるメッセージ」の作り方
位置情報系を使った広告配信が増える中で「どれがいいの?」「何が違うの?」と迷うマーケターは少なくありません。この連載では位置情報を活用する意義から具体的なサービス選択のポイントまで解説します。(2016/11/11)

大ヒット小説「戯言シリーズ」が、あえて「OVA」でアニメ化されるワケ
西尾維新の大ヒット小説「戯言シリーズ」が、待望のアニメ化を果たす。テレビアニメではなく、あえてOVAでアニメ化されるのはなぜなのか? 「西尾維新アニメプロジェクト」を生み出し、現在はアニプレックス社長に就任している岩上敦宏さんに聞いた。(2016/10/29)

オーディエンスデータを広告配信に活用:
インティメート・マージャー、4億件のオーディエンスデータをDSP「ScaleOut DSP」へ提供
DMP専業大手のインティメート・マージャーは、Supershipが提供するDSP「ScaleOut DSP」へのオーディエンスデータの提供を開始した。(2016/10/28)

【連載】営業の生産性を向上させる「インサイドセールス」活用術 第4回:
デマンドジェネレーションを強力に支援するインサイドセールスの「7つ道具」
今回は、インサイドセールスの効果を最大化するためのコミュニケーション手段や情報共有の仕組み、各種ツールについて紹介します。(2016/10/27)

サイバーエージェント、売上高・営業益とも過去最高 スマホゲームはガンホー抜く規模に
サイバーエージェントは10月27日、2016年9月期(15年10月〜16年9月)の通期決算を発表。インターネット広告事業とゲーム事業が好調で、売上高と営業利益が過去最高となった。(2016/10/27)

潜在顧客の抽出から育成までをワンストップで:
ソネット・メディア・ネットワークスとブレインパッド、「優良顧客育成ソリューション」の提供を開始
ソネット・メディア・ネットワークスとブレインパッドは、ソネット・メディア・ネットワークスのDSP「Logicad」とブレインパッドのプライベートDMP「Rtoaster」を連携し、「優良顧客育成ソリューション」の提供を開始した。(2016/10/27)

アプリと親和性の高い「dメニュー」などに広告掲載が可能:
D2C、スマートフォン向け検索連動型広告に「アプリプロモーション広告」を提供
D2Cは2016年10月26日、スマートフォン向け検索連動型広告「D2C Performance Ads」の新機能として「アプリプロモーション広告」の提供を開始した。(2016/10/27)

Computer Weekly製品ガイド
SQLからNoSQLへ――そして再びSQL?
Webスケールのデータセットを整理するデータベースの台頭に関わるサプライヤー、そして「NewSQL」と呼ばれる新興勢力の動向について紹介する。(2016/10/27)

Facebook Japanとの共同調査:
Facebook広告の効果を最大化する予算投下量とは?――アイレップが調査
アイレップの調査で、Facebook広告がユーザーの検索行動に影響を与えることが分かった。Facebook広告の効果を最大化する予算投入投下量も判明したという。(2016/10/25)

【連載】脱CPI至上主義のモバイルアプリ広告入門 第2回:
「広告効果」と「獲得」のバランスをどうする?――モバイルアプリ広告配信におけるマーケターの役割
現在の広告パフォーマンスがどのような状態なのかを測る指標が、ROAS(Return on Ad Spend)です。今回は、この指標を使って広告効果を最大・最適化するにはどうすればいいかを紹介します。(2016/10/25)

プレミアム媒体への出稿をROIベースで最適化:
C CHANNELがAppLovinとネイティブ動画広告で連携
C Channelは、モバイルマーケティングプラットフォーム「AppLovin」を提供するAppLovinと連携し、C CHANNELのユーザーに対してAppLovinのネイティブ動画広告の配信を開始した。(2016/10/21)

ジーニー保有のアプリ在庫に広告配信:
AppLovinとジーニーが業務提携、高単価なネイティブ広告を「Geniee SSP」に提供
スマホ向けモバイルマーケティングプラットフォーム「AppLovin」を運営する米AppLovinの日本法人が、ネット広告事業を展開するジーニーと業務提携を行ったと発表した。(2016/10/20)

【連載】コンテンツマーケティングの“HARD THINGS”に立ち向かう 第4回:
「もっと商品を前面に」の社内圧力とどう戦うか
コンテンツマーケティングでは一方的な商品訴求をすると、せっかくユーザーの課題解決の提案をしても信頼性が弱まる。しかし一方、社内ではコンバージョン率アップが求められ……。(2016/10/21)

制作から配信、クリエイティブ改善まで:
Fringe81とCrevoが業務提携、動画広告サービスをワンストップで提供へ
Fringe81はCrevoと業務提携し、動画広告の企画制作や配信、配信結果を踏まえたクリエイティブ改善までをワンストップで行う動画広告サービスを共同で提供すると発表した。(2016/10/18)

【連載】単品通販、海を渡る 後編:
日本になくて台湾にはあるチャンスとは? 通販ビジネスのブルーオーシャン市場を求めて
台湾は海外進出を考えるEC事業者には有望な地域ですが、日本と事情の異なるところもあります。その点を中心に亞星通(STAR TO ASIA)執行役員の安田和秀氏に話を聞きました。(2016/10/18)

10周年を前に……Twitterクライアント「モバツイ」終了 ガラケー対応、技術面でもビジネス面でも困難に
07年にスタートした老舗Twitterクライアント「モバツイ」が終了。ガラケー対応をめぐる技術的面・ビジネス面双方で、維持が難しくなったという。(2016/10/17)

マイクロアド、ジーニーと協業:
ソフトバンク、キャリアデータを活用した広告配信を実現する「SoftBank Ads Platform」を提供開始
ソフトバンクは、高精度なターゲティングデータに基づいた最適な広告配信を実現する「SoftBank Ads Platform」の提供を開始した。(2016/10/14)

車種を自動判別、最適な屋外広告を表示 AI活用 電通、クラウディアンなど4社が開発
クラウディアン、電通、スマートインサイト、Quanta Cloud Technology Japanの4社は、屋外広告(デジタルサイネージ)にAIを活用し、車種ごとに最適な広告を配信することを可能にしたと発表。(2016/10/13)

浅野忠信、岡田准一、メロディー洋子が背後に:
サッポロビール、「撮影するとゾンビが写り込む」特殊印刷技術を用いた屋外広告を展開
サッポロビールは、「麦とホップ」のプロモーションの一環としてフラッシュ撮影をするとゴーストやゾンビが写り込む屋外広告の掲載を開始した。16日までの期間限定。(2016/10/12)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。