ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ネット広告」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ロマサガ3」ほぼ全ての技を100%ひらめく方法が発見される 発見者は「おやつ」さん
ひらめきシステムを極限までハックした到達点。(2018/12/10)

管理方法を中心に解説
Chrome、Firefox、IE、Edgeを比較 ビジネス利用の視点で見ると?
主なWebブラウザであるGoogle Chrome、Mozilla Firefox、Internet Explorer、Microsoft Edgeについて、それぞれの管理方法や機能を紹介する。(2018/12/8)

AI×不動産の新しいデータ活用:
LIFULLがAI導入の成果を報告、DMP施策でCVRが最大330%に
LIFULLは、2017年10月に導入したAppierのAI搭載データサイエンスプラットフォーム「AIXON」によるマーケティング施策の成果について発表した。(2018/12/7)

無料でコンサルティング:
売れるネット広告社、単品リピート通販会社限定で「LINEチャットコンサル」を無料提供
売れるネット広告社は、単品リピート通販会社限定で「LINEチャットコンサル」を無料で提供した。(2018/12/3)

製造ITニュース:
AIプロジェクトの大半は専門家の“魔法”であり続ける――ガートナーの展望
ガートナー ジャパンは、IT部門とユーザーに大きな影響を与える、2019年以降に向けた重要な展望を発表した。(2018/12/3)

美名のもとに遂行される「政府シナリオ」:
公務員65歳定年制の導入は「若者の賃金搾取」と「解雇規制緩和」の序章だ
政府は公務員の定年引き上げを検討している。この動きが民間にまで波及すれば法定定年年齢の65歳への引き上げにつながり、70歳までの雇用確保を義務付けるという「政府のシナリオ」が現実味を帯びつつあるのだ。その先にあるのは……。(2018/11/29)

「True効果」に基づくミドルファネル施策:
電通デジタル、広告効果の高いターゲットを発掘する「True Target Discovery」を提供開始
電通デジタルは、デジタル広告の配信結果を基に広告効果の高いターゲットを発掘する「True Target Discovery」を提供開始した。(2018/11/28)

ワンイシューで語り下ろすデジタルマーケティング:
デジタルエージェンシーが真のパートナーになるために必要なビジネスモデル変革
デジタルエージェンシーがクライアントの成果に十分にコミットできていない原因の一つとして、報酬体系の在り方の問題を指摘する的場啓年氏。デジタル広告の世界の異端児が語る、次世代のビジネスモデルとは。(2018/11/22)

「People Driven Marketing」をさらに前へ:
電通、マーケティングプラットフォーム「STADIA」にラジオ広告も統合
電通は統合マーケティング プラットフォーム「STADIA」の機能を拡張し、ラジオ広告を統合した。(2018/11/21)

水曜インタビュー劇場(45%増公演):
5年間ヒトヤスミしていたのに、なぜ「一休」は再成長したのか
宿泊予約サイトを運営する「一休」の取扱高が、伸びに伸びている。2007年〜11年にかけては伸び悩んでいたのに、なぜ再成長したのか。その秘密について、同社の榊社長に聞いたところ……。(2018/11/21)

各領域の専門メディアと協業:
博報堂DYメディアパートナーズとDAC、業種特化型マーケティングソリューションの開発を開始
博報堂DYメディアパートナーズとDACは共同で、専門的な情報に特化したWebメディアと協業し、業種特化型マーケティング・ソリューション「カテゴリーワークス」の開発を開始した。(2018/11/16)

本気で考える広告運用の自動化:
広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化に切り替わるかというと、それも現実的ではないようです。連載の最後に、自動化の現在地について解説します。(2018/11/16)

自動入札機能を拡張:
クラウド広告運用ツール「Shirofune」に複数コンバージョンの並行最適化機能
Shirofuneはクラウド広告運用ツール「Shirofune」の自動入札機能を拡張し、複数コンバージョンの並行最適化機能を追加したと発表した。(2018/11/14)

サイバーエージェント「AI Lab」に聞く(後編):
AIは人の怒りを鎮めることができるか――信頼できる「対話エージェント」の作り方
「人が信頼したくなる、思わず信頼してしまう対話エージェント」を生み出したい……そんなビジョンを掲げ、AIの研究を進める「AI Lab」。企業とさまざまな実証実験を進めているが、その実現にはいろいろな課題もあるという。(2018/11/12)

ブランドセーフな動画広告在庫の取引へ:
CCIとアドビ、SpotXが動画広告でのプログラマティック配信で連携
サイバー・コミュニケーションズとアドビ システムズおよびSpotXが動画広告取引で連携。(2018/11/9)

広告ブロッカーが有効な場合も
cookieのプライバシー対策、便利さとセキュリティのバランスをどう考えるか
cookieはWebサイトでパスワードや設定を再入力しなくて済むようにしてくれる便利な機能だが、プライバシーに関する不安がつきまとう。cookieの役割を整理した上で、どのようなセキュリティ対策があるかを紹介する。(2018/11/9)

オーディエンスターゲティングを強化:
KCCSの「KANADE DSP」とランドスケイプの企業データベース「LBC」が連携
日本最大級の企業データベースを活用し、効果的なターゲティングが可能になる。(2018/11/8)

メルカリ、潜在顧客の“掘り起こし”に勝機 「既存のアクティブユーザーの倍はいる」
「メルカリを『使ってみたい』という人は、既存のアクティブユーザーの倍はいる」――メルカリの長澤啓CFO(最高財務責任者)はそう話す。出品カテゴリーを強化し、潜在顧客層を掘り起こす。(2018/11/8)

Teradata Analytics Universe 2018:
「このホテル、あなたはいくらなら予約する?」も推測――楽天トラベルのAI活用、その裏側
あなたはいつ、どこへ旅行するのか、そこにいくら払うのか――そうしたユーザーの“意図”を、AIを使って見極めようとしている企業がある。オンライン旅行予約サービス「楽天トラベル」を展開する楽天だ。(2018/11/7)

マピオン提供の「環境データマート」と連携:
電子チラシサービス「Shufoo!」、天気に合わせた広告を自動配信
凸版印刷は、希望に応じたエリアへ天候や気温に合わせた広告を「Shufoo!」内にて自動配信できるサービス「Shufoo! 気象ターゲティング広告」を提供開始した。(2018/11/6)

Google、「Chrome 71」から有害広告に対する対策を強化
12月にリリース予定の「Chrome 71」からは、不正行為が執拗に行われている少数のWebサイトで、全ての広告を削除する。(2018/11/6)

モバイルアプリ広告事業を強化し、新たな産業分野へサービスを拡大:
Criteo、アプリインストール広告のManageを買収
Criteoは、モバイルアプリマーケティングサービスを提供するManageを買収したと発表した。(2018/11/5)

今日のリサーチ:
デジタル広告の新指標「タイムインビュー」 日本ではデスクトップが8.49秒、モバイルが6.98秒――IAS調べ
IASは、2018年上半期のデジタル広告に関する最新レポートを発表しました。(2018/11/5)

クリエイティブ×動画×テクノロジー:
オズマピーアールとHAROiD、PR動画をターゲティング配信する「VNN ニュースチャンネル事業」を開始
オズマピーアールとHAROiDは、企業・団体の新商品や新サービス情報、記者会見などをニュース動画として制作・配信する「VNN ニュースチャンネル事業」を開始した。(2018/11/1)

JapanTaxi、広告目的での位置情報利用を停止 「説明が不十分だった」
JapanTaxiが配車アプリで乗客の位置情報を広告配信のために取得・利用することを停止した。ネット上でユーザーへの説明や同意を得るプロセスが不十分といった指摘が相次いでいた。(2018/11/1)

「マーケティングが変わる」 ヤフー川邊社長が「PayPay」に込める期待
決済サービス「PayPay」の普及を前提に、ヤフーの川邊社長は「マーケティングが全く変わる」と期待を寄せる。(2018/10/31)

3社でネット広告シナジー:
VOYAGE GROUPとCCIが経営統合 電通傘下に
VOYAGE GROUPと電通100%子会社のメディアレップ、サイバー・コミュニケーションズが経営統合(2018/10/31)

極右のたまり場と非難されるSNS「Gab」一時閉鎖「新しいプロバイダーに移行して復活する」と予告
銃撃事件の容疑者が使っていたSNSのGabが、「あらゆるレベルのネットインフラプロバイダーからプラットフォームを奪われた」としてWebサイトを一時閉鎖している。(2018/10/30)

ITりてらしぃのすゝめ:
「極上の広告体験」とスパムは何が違う? 個人情報と広告の“微妙な関係”
普段スマートフォンやPCで何気なく使っているWebサービスは、私たちの個人情報をどう利用しているのか。今回のテーマは、個人情報と広告の“微妙な関係”について。(2018/10/30)

広告主に新たな付加価値を提供:
読売新聞がMMSマーケティングに出資、新聞広告から店頭購買促進まで一気通貫のサービス提供へ
読売新聞東京本社は、MMSマーケティングの株式の一部を取得したと発表した。(2018/10/29)

有名人に宣伝を頼まない:
NPOが出費ゼロで4億円の広告効果を達成 鍵はSNSとおにぎり!?
アフリカの子どもに給食を送るNPOがSNSを使ったキャンペーンで4億円分の広告効果を達成。おにぎりの写真を投稿すれば寄付に。チャリティを「自分事」として捉えてもらうのが鍵。(2018/10/26)

ランドスケイプと連携:
Yahoo! JAPANがB2Bターゲティング広告の提供を開始
Yahoo! JAPANは、同社の保有するデータとランドスケイプ保有の企業データ・IPアドレスを掛け合わせることで高精度な法人向け広告配信を実現するサービスを提供開始する。(2018/10/25)

動画広告で成功するクリエイティブ設計:
売り上げに貢献する広告クリエイティブ、実現の鍵は「デジタル化するリアル店舗」との連携
「デジタルで広告を面白く」は手段の1つではあってもゴールではありません。売り上げに貢献する広告を実現するため、マーケターや広告クリエイターはより広い視野を持つ必要があります。(2018/10/25)

ネット広告収入をだまし取る新手の手口、GoogleがAndroidアプリ削除などの対策
Androidアプリなどを使った新手の広告詐欺の手口が発覚し、Googleが不正利用されていたアプリを削除するなどの対策を講じた。(2018/10/24)

ヤフーが不正広告対策 誤タップ狙う広告など、ガイドラインで禁止
ヤフーがアドフラウド対策で広告ガイドライン改定。新ガイドラインでは、広告配信先のメディア運営者の条件を新設したほか、誤タップを狙う広告や、自動クリックを発生させるbotなどを禁止する。(2018/10/22)

今日のリサーチ:
高成長テック企業の傾向は? デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2018年 日本テクノロジー Fast 50
テクノロジー企業成長率ランキング。プレイド、BitStar、DATUM STUDIOなどが上位にランクインしています。(2018/10/22)

分散型コンテンツを一元的に管理・分析できるソフトウェアを共同開発:
ログリーとビルコム、B2B企業向けコンテンツマーケティング支援事業を行う新会社設立へ
ログリーとビルコムは、共同出資により、新会社を設立することで合意した(2018/10/19)

UPQは課徴金なし:
「誤記」騒動のディスプレイ広告で景表法違反 DMMに1704万円の課徴金
消費者庁がDMM.comに1704万円の課徴金納付命令を出した。液晶ディスプレイの広告に、実際よりも高スペックに見せかける表現があり、景表法に違反していたため。要件を満たさなかったことから、ODM供給していたUPQは課徴金の対象外となった。(2018/10/19)

今日のリサーチ:
オフライン広告の効果測定手法、よその会社はどうしている?――サイカ調査
測定が難しいオフライン広告の効果測定をどうしていますか。(2018/10/19)

AIとプライバシー、SNS、クラウドの動向を視野に:
Gartner、2019年以降の「戦略的展望」トップ10を発表
Gartnerは、IT部門やユーザーにとって重要な意味を持つと同社が考える2019年以降、2023年までの「戦略的展望」トップ10を発表した。企業内のAI利用は今後もなかなか進まないが、社会に与えるAIの影響は大きいという。プライバシー情報をより入念に扱わなければならなくなり、企業活動に与える影響が大きくなるとした。(2018/10/19)

正確なキャリアデータにより質・量とも充実したデータを提供:
Supershipが打ち出すハイブリッド型DMP「Fortuna」の強みとは?
Supershipが提供開始したハイブリッド型DMP「Fortuna」。その特徴とは何だろうか。(2018/10/12)

KDDI傘下のSupership、「Syn.」終了後の戦略は
7月に「Syn.」のサービスを終了したKDDIグループのSupershipホールディングスが、今後の事業戦略について発表した。(2018/10/11)

プログラマティック広告の健全性向上へ:
SSP「MicroAd COMPASS」がドメインスプーフィング攻撃の自動検知と広告停止機能を搭載
マイクロアドは、媒体社向け広告プラットフォーム「MicroAd COMPASS」において、アドフラウド対策の一環として、ドメインスプーフィング攻撃のリアルタイム検知と広告配信停止機能を搭載した。(2018/10/10)

「Safari」のトラッキング防止機能(ITP 2.0)に対応:
オプト、広告効果測定ツール「ADPLAN」に「キックバック機能」を追加
オプト提供の広告効果測定ツール「ADPLAN」が広告配信プラットフォームに広告成果を送信できる「キックバック機能」を実装した。(2018/10/9)

台湾発の注目AI企業が打ち出す新たな一手:
AIベースのマーケティングオートメーションでデータが不十分な企業でも勝てる――Appier CEOに聞く
台湾発のAIテクノロジー企業Appierが満を持してマーケティングオートメーションプラットフォームをローンチした。その狙いとは何か。CEO兼共同創業者のチハン・ユー氏に話を聞いた。(2018/10/5)

AIも搭載:
Repro、アプリとWebを横断した分析が可能な「Repro Web」を提供開始
モバイルアプリ分析ツールの「Repro」がWeb領域に拡大。アプリとWebを横断したデジタルマーケティングをワンストップで実現する。(2018/10/4)

ブランドセーフティーへの取り組みを強化:
マイクロアド、「BrandSAFE list」の提供を開始
マイクロアドは、DSP「MicroAd BLADE」において、新たに「BrandSAFE list」の提供を開始した。(2018/10/3)

精緻なターゲティングを実現:
「Ameba」が「Arm Treasure Data eCDP」と連携開始
サイバーエージェントは同社「Ameba」の広告商品をArmが提供するカスタマーデータプラットフォーム「Arm Treasure Data eCDP」とデータ連携可能にした。(2018/9/28)

「China-Japan Internet Celebrity Summit2」レポート:
中国と日本、それぞれどうなっている? 当事者が語るインフルエンサーマーケティング最新事情
中国ではKOLと呼ばれるインフルエンサーが広告ビジネスにおいて中心的な役割を担い、アパレルや化粧品ブランドを独自で立ち上げるなどビジネスのスケールを拡大している。一方日本では……。(2018/9/28)

Messengerでも間もなく利用可能に:
Facebookでも「ストーリーズ広告」がスタート
Facebookは、「Facebookストーリーズ広告」を全世界で提供開始したと発表した。(2018/9/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。