ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ネット広告」最新記事一覧

自社サイトで得た広告収入を自社の広告出稿に当てる循環型モデルを実現:
KABUKI、EC事業者に広告収入をもたらすEC特化型広告配信ネットワーク「アド・アトリエ」を提供
次世代型ECモール「kabukiペディア」を運営するKABUKIは、EC特化型広告配信ネットワーク「アド・アトリエ」の提供を2017年3月上旬に開始すると発表した。(2017/2/24)

ネット広告成長、「運用型」けん引 新聞・雑誌は苦戦 電通「日本の広告費」
電通が発表した「2016年 日本の広告費」によると、国内の総広告費は5年連続で前年実績を上回った。ネット広告は2ケタ成長を維持した一方、紙媒体は苦戦が続いた。(2017/2/24)

紙媒体は減少傾向:
ネット広告、媒体費で初の1兆円突破
インターネット広告費が大きく成長し、初めて1兆円を突破した――電通調べ。(2017/2/24)

総広告費は6兆2880億円:
電通が「2016年 日本の広告費」を発表、インターネット広告が全体の2割超える
電通は、わが国の総広告費および媒体別、業種別の広告費を推定した「2016年 日本の広告費」を発表した。(2017/2/24)

ポイントサイト「manekin」が運営ガイドライン策定 “偽キャンペーン問題”受けて運営見直しへ
「嘘、大げさ、まぎらわしい表示、演出を行いません」などの項目も。(2017/2/23)

意識や感情データの聴取が可能に:
WebサイトやWeb広告の接触者にアンケートを配信、「イード・アクセスログリサーチ」の提供開始
イードは楽天リサーチアクセスログパネルをプライベートDMPと連携し、WebサイトやWeb広告への接触者に対してアンケートを配信できるサービスを開始した。(2017/2/22)

コンバージョン確度の高いオーディエンスを動的に推測:
フィードフォースがFacebookダイナミック広告におけるプロスペクティング配信機能を強化
フィードフォースは「Feedmatic フルファネル」の提供を開始。「プロスペクティング配信機能」も強化し、コンバージョン確度が高いユーザーにより広く広告表示ができるようになった。(2017/2/22)

先行導入では、購買意欲の増加も:
アライドアーキテクツ、テレビCMを活用したSNS動画広告配信・測定パッケージを提供
アライドアーキテクツは、テレビCMの映像を活用したSNS動画広告の配信・測定パッケージサービスの提供を開始した。(2017/2/22)

ネイルサロンのデジタルサイネージへ配信:
F1、F2層対象のプレミアム動画広告「Trend TV」の提供を開始──ベクトルとマイクロアドの合弁会社
ベクトルとマイクロアドの合弁会社ニューステクノロジーは、F1、F2層を対象としたプレミアム動画広告「Trend TV」の販売を開始した。(2017/2/22)

pixiv(Android版)で一時「不適切なポップアップ広告」表示 配信元は既に特定し配信停止済み
「不審なポップアップ広告が表示されてもタップしないようご注意ください」とも。(2017/2/21)

動画広告に説明文などの付加が可能に:
サイバーエージェント、ブランド広告特化の「CA本部DSP」でネイティブ動画フォーマットに対応
サイバーエージェントは2017年2月21日、同社が提供するブランド広告企業向け広告配信サービス「CA本部DSP」において、ネイティブ動画フォーマットの対応を開始したと発表した。(2017/2/21)

APファクトチェック:
「トランプはレーガンのように偉大に」とビル・ゲイツはツイートしていない
AP通信では虚偽ニュースのファクトチェックを実施している。今回はビル・ゲイツのツイートを偽造したニュース。(2017/2/18)

ミック経済研究所が予測:
Webインテグレーション市場は2020年度がピーク?――AIによる工数削減で以後は成長鈍化の可能性も
ミック経済研究所は、Webインテグレーション市場とネット広告のアドテクノロジープラットフォーム市場について調査を行ったマーケティング資料を発刊し、その一部を公開した。(2017/2/17)

Hadoopは限界、4億ブラウザの行動データを分析する高信頼システム構築の要点
のべ4億ユニークブラウザもの行動データから、年齢や性別、地域ごとの行動の違いや商品への関心の有無を導き出す。安定したサービスを実現するため選ばれたシステムとは。(2017/2/16)

位置情報から属性を推定した配信が可能に:
ヒトクセの「Smart Canvas」、位置情報活用のアドネットワーク「GeoLogic Ad」と連携開始
ヒトクセは、同社のリッチメディア広告の配信プラットフォーム「Smart Canvas」において、ジオロジックが運営する位置情報を活用したアドネットワーク「GeoLogic Ad」との連携を開始した(2017/2/16)

清水富美加さん「ニベア」サイトから消滅? 花王は「たまたま新商品との切り替え時期と重なった」と説明
個別商品ページでは現在も清水さんの姿が確認可能。(2017/2/13)

セミナーレポート:
日本企業のインサイドセールスはどうあるべきか?
2017年1月20日にアイティメディアとSCSKサービスウェアが共催したセミナー「デジタル+アナログで攻める 日本企業に最適なB2Bマーケティング手法とは」の内容をダイジェストで紹介する。(2017/2/13)

動画広告のトレンド分析が可能に:
CyberZ、動画に特化したスマホ広告分析ツール「カッシーニ」の提供開始
サイバーエージェントの連結子会社であるCyberZは、動画に特化したスマホ広告分析ツール「カッシーニ」の提供を開始した。(2017/2/13)

2022年には市場規模3013億円、動画比率は3分の1に:
2016年のインフィード広告市場は前年比1.8倍の1401億円に──サイバーエージェント調査
サイバーエージェントは2017年2月9日、デジタルインファクトと共同で、国内インフィード広告の市場動向調査結果を発表した。(2017/2/9)

PR:4億ユニークブラウザの行動データを分析する「次世代マーケティング基盤」を安定稼働させるには――マイクロアドが「Lenovo x86サーバ」を選んだ理由
のべ4億ユニークブラウザにものぼる膨大な行動データを分析し、年齢や性別、地域ごとの行動の違いや広告への反応、商品への興味関心の有無を導き出す――。次世代マーケティング基盤「UNIVERSE」を提供するマイクロアドは、安定した高信頼のサービスを実現するために、どのようなシステムを選んだのだろうか。(2017/2/7)

第1弾は、コスメ商材プロモーション向け:
サイバーエージェント、業種特化型動画広告フォーマット「AVA Style」の提供開始
サイバーエージェントは、同社の運営するサービス「Ameba」において、業種特化型の動画広告フォーマット「AVA Style(Ameba Video Ad Style)」の提供を開始した。(2017/2/3)

日経電子版のセグメント用いた広告商品:
DAC、日経電子版のオーディエンスデータを活用した広告配信サービスを提供開始
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムとプラットフォーム・ワンは、プラットフォーム・ワンが提供するDSP「MarketOne」において、日経電子版会員データを用いた広告配信サービス「日経オーディエンスターゲティング」の提供を開始した。(2017/2/2)

2017年4月に提供開始か
「Windows 10 Creators Update」で何が変わる? 担当者歓迎の新プライバシー設定とは
「Windows 10」の次期大型アップデート「Creators Update」では、OSで収集してMicrosoftに送信するデータの設定においてユーザーやIT管理者による制御範囲が広がるという。(2017/2/2)

「NAVERまとめ」と著作権 LINEに法的責任を問えるか? 弁護士が考察する
「NAVERまとめ」のコンテンツは著作権侵害に当たるのか。著作権侵害が認められた場合、LINEに法的責任を追及できるのか。弁護士の杉浦健二さんが解説する。(2017/1/31)

キャリアデータを活用した高精度なターゲティングを実現:
マイクロアド、「SoftBank Ads Platform」のDSPサービスに動画広告配信機能を追加
マイクロアドは、ソフトバンクと共同開発した広告配信プラットフォーム「SoftBank Ads Platform」におけるDSPサービスの拡張機能として、マルチデバイスに対応した動画広告配信サービスを開始する。(2017/1/30)

“計測ツールからプロモーションダッシュボードへ”:
オプト、広告効果測定ツール「ADPLAN」をフルリニューアル
オプトは、広告効果測定ツール「ADPLAN」をフルリニューアルし、管理画面とロゴのデザインの刷新と大幅な機能追加を行った。(2017/1/27)

旅行商品では従来比144%:
「KANADE DSP」、独自の人工知能エンジンでROASの自動最適化機能を強化
京セラコミュニケーションシステムは、広告配信サービス「KANADE DSP」において、人工知能エンジンに搭載した新ロジックにより、広告費用に対する売上効果の自動最適化機能を強化したことを発表した。(2017/1/27)

Alphabet(Googleの親会社)、“その他”部門の営業損失10億ドルで純利益が予測に届かず
Googleの親会社、Alphabetの10〜12月期の決算は、売上高は2桁台の増加だったが純利益は8%増でアナリスト予測に届かなかった。広告のモバイルへのシフトや「X」などの“その他”部門の10億ドルの営業損失が響いた。(2017/1/27)

ゲーム事業も苦戦:
サイバーエージェント、営業益51%減 AbemaTV投資で
サイバーエージェントが2017年9月期第1四半期(16年10〜12月)の連結決算を発表。売上高は865億円と過去最高だったが、営業利益は63億円と51.1%減だった。「AbemaTV」への投資がかさみ、ゲーム事業の苦戦も響いた。(2017/1/26)

NECPC、SRIインターナショナルが共同開発:
コンテンツの内容を理解して広告レコメンドする人工知能をNECPCがスリーアイズに提供
NECパーソナルコンピュータは、SRIインターナショナルと共同で実施している人工知能に関する開発において、その成果技術をマーケティング業務支援などを行うスリーアイズに提供したと発表した。Web上のニュース記事のトピックスに見合うWeb広告の自動選出機能に活用開始する。(2017/1/30)

広告事業が全体をけん引:
LINEのIPO後初決算は営業益10倍、最終黒字に転換
LINEが2016年12月期通期の決算(IFRS)を発表。売上高が前期比16.9%増の1407億円、営業利益は前期比で約10倍の198億9700万円と大幅な増収増益。通期で最終黒字に転換した。(2017/1/25)

ダイナミックなクリエイティブを展開可能に:
サイバーエージェントなど3社、天候や各種SNSなど外部データと連動するリアルタイム型デジタルサイネージ広告を提供開始
サイバーエージェントとマイクロアドデジタルサイネージ、ヒットの3社は共同で、天候や気温、各種SNSなどの外部データと連動したデジタルサイネージ広告配信サービス「VISIONIA(ビジョニア)」の提供を開始した。(2017/1/25)

ネットを席巻した鼻うがい薬の女優・白木あゆみさんに直撃インタビュー 「(使ってみて)最初はドキドキしました」
撮影時の様子などを聞きました。(2017/1/24)

キンコン西野氏が火種 「コンテンツ無料化は、作家を殺す」のか? マンガを例に考える
キングコング西野氏が絵本「えんとつ町のプペル」を無料公開し、賛否両論が渦巻いている。「コンテンツの無料化は作家を殺す」との批判もあるが、実際はどうなのか。漫画を例に考える。(2017/1/24)

ユナイテッドのSSP「AdStir」と連携:
博報堂DYデジタル、PMPで配信可能なスマートフォン上のプレミアム面を拡充
博報堂DYデジタルは、同社と博報堂DYメディアパートナーズが提供する「HDY PMP_」において、スマートフォン特化型SSP「AdStir」と連携したと発表した。(2017/1/23)

他社SSPとの連携強化へ:
ダイナミックリターゲティング配信の「nex8」が 「MicroAd COMPASS」とRTB接続を開始
ファンコミュニケーションズは、リターゲティング広告配信サービス「nex8」をマイクロアドが運営するSSP「MicroAd COMPASS」と接続し、RTBによる広告取引を開始した。(2017/1/20)

戦略立案と実行計画が課題:
見込み客情報が「足りている」企業は2割未満──SATORIがB2Bマーケティングの実態を調査
SATORIは、国内B2B企業におけるマーケティングの実施状況や課題、成果についての調査を実施し、結果を発表した。(2017/1/20)

DMP成功まで、あと1センチ(6):
責任者不在のプロジェクトにならないためにーーDMP運用の責任は誰が負うべき?
プレイヤーが多いプロジェクトほど、役割と責任の所在が曖昧になってしまうもの。特にDMPでは、仕切り役の人間が不在になり、システムの運用で行き詰まるケースも多いのです。DMPを進める主体となるのは、一体誰なのでしょうか?(2017/1/20)

「はちま起稿」買収騒動から4週間、沈黙続くDMM・インサイトの現状は―― まとめサイトの「運営隠し」は何が問題なのか
両社とも「個別の取材は受けない方針です」との回答。(2017/1/24)

運用支援ツール開発企業とのマッチングを実施:
「Yahoo!プロモーション広告」の運用効率化支援制度「Preferred Partner Program」がスタート
ヤフーは、「Yahoo!プロモーション広告」の運用効率化支援制度「Preferred Partner Program(プリファード・パートナー・プログラム)」を開始した。(2017/1/18)

成長しているのに電子<紙?:
なぜ電子出版は軽視されるのか
不調が続く出版業界の中で、唯一成長している電子出版市場。出版社が電子に注力する価値はありそうに見えるが、実際は業界内の電子への期待はまだまだ薄い。「売れない紙を大事にして、売れ始めている電子を軽視する」のはどうしてなのだろうか。(2017/1/18)

電通ネット広告“不正問題”、取引額は約1億1500万円 調査委が報告
電通が国内のネット広告で掲載期間を誤るなどの不適切業務を行っていた件で、社内調査委員会が調査結果を報告。新たな再発防止策も発表した。(2017/1/17)

パブリッシャー数増加が背景に:
Facebook、「オーディエンスネットワーク」経由の広告閲覧数が月間10億人を突破
Facebookはこのほど、「オーディエンスネットワーク」を通して広告を閲覧する人数が毎月10億人を超えたと発表した。(2017/1/17)

アプリ利用の活性化を支援:
「KANADE DSP」がスマートフォンアプリ向けリエンゲージメント広告を開始
京セラコミュニケーションシステムは、広告配信サービス「KANADE DSP」において、スマートフォンアプリ向けリエンゲージメント広告の提供を開始した。(2017/1/17)

訪日中国人向けデジタルマーケティング支援体制をさらに強化:
メンバーズ、テンセントと広告販売における代理店契約を締結
メンバーズは、テンセントの国際事業部であるインターナショナル・ビジネス・グループと代理店契約を締結した。メッセージングアプリ「Weixin/WeChat」上でのプロモーションサービスを提供する。(2017/1/17)

「プロスペクティング配信機能」を実装:
未接触ユーザーにFacebookダイナミック広告を配信、サイバーエージェントが「iXam Drive」に機能追加
サイバーエージェントは、インフィード広告に特化した運用プラットフォーム「iXam Drive」において、サイト未接触の潜在ユーザーに「Facebookダイナミック広告」を配信する「プロスペクティング配信機能」を追加した。(2017/1/13)

5000クリックまでCPC35円保証のキャンペーンも実施:
Zucks Ad Network、スマホアプリ向けに全画面広告を配信開始
月間180億インプレッションのスマートフォンに特化したクリック課金型のアドネットワーク「Zucks Ad Network」を運営するZucksは、スマートフォンアプリ向けに全画面広告の配信を開始した。(2017/1/13)

ヒートマップ分析も:
SSP「AdStir」、A/Bテストを用いた広告枠設計のコンサルティングを開始
ユナイテッドは、同社のスマートフォン媒体社向けSSP「AdStir」において、A/Bテストを用いてユーザー行動を解析し、最適な広告枠設計を行うコンサルティングを開始する。(2017/1/10)

SEO的視点で再考:
Googleにとっての“良質なコンテンツ”の定義がハックされた結果――「WELQ」後に起こること
粗製乱造の“キュレーションメディア”が批判の末に閉鎖に追い込まれた。質の悪いコンテンツの発信者はもちろん、Googleをはじめとする検索サービスの信頼性をも揺るがせたこの事件の核心をSEOの専門家が考察する。(2017/1/11)

30秒以内の動画を自動再生:
トレンダーズ、スマートフォン特化のニュース配信サービスに動画配信機能を追加
トレンダーズは、スマートフォンに特化したニュース配信サービス「mitayo.」において、動画の配信機能を追加したと発表した。(2017/1/5)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。