ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「三菱化学」最新記事一覧

日本の義足開発、パラリンピックきっかけに拡大 3Dプリンタや新素材、技術転用も
日本メーカーが、義足の開発に相次ぎ乗り出している。一部メーカーは9月7日に開幕するリオデジャネイロ・パラリンピックの出場選手に提供するなど、技術力を誇示する構えだ。(2016/9/2)

義足国内開発、パラリンピック契機に拡大 3Dプリンターや新素材、技術転用も
日本メーカーが、義足の開発に相次ぎ乗り出している。(2016/8/30)

リオ五輪、テロ・感染症防ぐ日本の技術 顔認証や殺虫剤など活躍
円滑な大会運営に導く上で大いに貢献してきたのが日本企業だ。(2016/8/22)

株主総会は22日:
新生・東芝の次期会長に不正会計で「グレー」判定の人物が就任するのはなぜなのか?
経営再建中の東芝が次期会長に志賀重範副社長を昇格させることに、疑問の声がわき上がっている。6月22日の株主総会で“新生東芝”をアピールしたいところだが、株主から人事に異論が噴き出る可能性も。(2016/6/22)

不正会計で「グレー」判定の人物、東芝の次期会長に なぜ?
東芝が次期会長に志賀重範副社長を昇格させることに、疑問の声がわき上がっている。不正会計を招いた原因とされる米原発子会社WHの会長を務めた人物だからだ。(2016/6/21)

化学大手各社、「機能商品」の育成強化 原油安に黄信号、再編活発化も
化学大手各社は、他社との差別化が容易で収益性も高い「機能商品」の育成を強化する。(2016/5/30)

蓄電・発電機器:
薄くて曲がる太陽電池に新素材、電極の層を減らして製造工程を短縮
東京大学の研究チームが有機薄膜による太陽電池の新しい製造方法を開発した。薄くて透明な太陽電池を構成する電極の層を減らして製造工程を簡略化できる。電極の素材に従来のインジウムに代わってニオブを採用した。レアメタルの中でも生産量が多くて価格と供給量が安定している。(2016/1/28)

東京モーターショー2015:
リヤウィンドウのど真ん中にブレーキランプを設置!? 透過型有機EL照明で実現
パイオニアは、「東京モーターショー2015」において、独自の有機EL照明技術を活用した「透過型ハイマウントストップランプ」を展示した。ランプのオン/オフに関わらず透過性を確保できる透過型ハイマウントストップランプは、リヤウィンドウそのものに組み込むこともできるという。(2015/11/6)

自然エネルギー:
温泉とスキーの高原に地熱発電所、2020年にも15MW級で運転開始へ
地熱資源が豊富な岩手県の八幡平市で発電所の開発プロジェクトが動き出した。温泉とスキー場で有名な安比地域に、発電能力が15MW級の設備を建設する計画だ。すでに環境影響評価の手続きに着手した。順調に進めば2018年に建設工事に入って、2020〜21年に運転を開始できる。(2015/11/2)

5分でわかる最新キーワード解説:
スプレーで作れる発電機「有機薄膜太陽電池」
スプレーするだけで太陽電池を生み出す「有機薄膜太陽電池」。その電力変換効率を12〜15%へと改善する技術が理化学研究所の手で開発検証されました。その効率アップのヒミツに迫ります。(2015/9/18)

火力発電の最新技術を学ぶ(6):
CO2でバイオ燃料やプラスチック、太陽光のエネルギーが新たな価値を生む
火力発電で回収したCO2の処理方法は2通りある。1つは地下に貯留して大気中に排出させない。もう1つはCO2から価値のある商品を作り出すことだ。CO2と太陽光で光合成を促進して、バイオ燃料やプラスチックの原料を製造する技術が進化してきた。2020年代の後半には実用化が期待できる。(2015/8/17)

屋根や屋上だけではない、窓や壁でも発電できる:
シースルー発電フィルム、三菱化学が市場開拓へ
三菱化学は、有機薄膜太陽電池を用いた「シースルー発電フィルム」を実用化し、市場開拓を始めた。窓用フィルム分野については、スリーエム ジャパンと製品開発及び市場開拓で協力していく。(2015/8/14)

太陽光:
“窓に貼る太陽電池”実用化へ、透明の有機薄膜太陽電池フィルムで
三菱化学は、有機薄膜太陽電池を用いた「シースルー発電フィルム」を開発・実用化し、市場開拓を開始する。(2015/8/10)

寝室や医療現場、文化財や絵画などの保管にも:
ブルーライト99%カット! 目に優しい有機EL照明
三菱化学とパイオニアは2015年7月、ブルーライトレス塗布型有機EL照明モジュールを開発したと発表した。従来有機EL照明に比べ、ブルーライト成分を99%以上カットしたという(2015/7/31)

キーワード解説:
夢のクリーンエネルギー「人工光合成」とは
地球温暖化など環境負荷の大きな二酸化炭素を吸収しつつ、エネルギーを生み出し、さらに有害物質を排出しないというクリーンエネルギーの生成を実現する「人工光合成」。“人類の夢”ともされた技術だが、2020〜2030年には現実のものとして実現する可能性が見え始めている。(2015/7/17)

省エネ機器:
日本がリードするナノ炭素材料を次世代省エネ部材へ、NEDOが新事業
軽量かつ高強度、そして電気や熱の伝導性が高いなど優れた特性を持つナノ炭素材料は、高機能な省エネ部材を実現する原料として期待されている。NEDOはナノ炭素材料を利用した次世代省エネ部材の実用化に向けた事業として、新たに6つのテーマに助成を行う。(2015/6/18)

クルマから見るデザインの真価(4):
自動車業界にもアップルとフォックスコンのような完全水平分業の時代が来る?
自動車の開発に必要な部品や素材、それらに関する技術開発の動向を見ることができる展示会「人とくるまのテクノジー展」。2015年の同展示会でプロダクトデザイナーの林田浩一氏が感じたのは、メガサプライヤの存在感の大きさだった。今後、メガサプライヤと自動車メーカーの関係はどうなっていくのだろうか。(2015/6/10)

自然エネルギー:
木と水がある場所でバイオマス発電、53億円かけて2018年に運転開始
ヒノキの生産量が全国有数の愛媛県で初の木質バイオマス発電所を建設する計画が動き出した。林業を躍進させるため、53億円にのぼる事業費の一部を県が無利子で融資するほか、森林組合やチップ加工業者が燃料の供給体制を整備する。年間に2万4000世帯分の電力を供給できる見込みだ。(2015/4/7)

自然エネルギー:
水からプラスチックを作る、「人工光合成」で化石燃料不要の化学品製造実現へ
NEDOと人工光合成化学プロセス技術研究組合は、太陽エネルギーを利用した光触媒による水からの水素製造で、世界最高レベルの太陽エネルギー変換効率である2%を達成した。今後2021年度末(2022年3月期)にエネルギー変換効率10%を目指すとともに、同時に開発している分離膜技術と合成触媒技術を組み合わせ、化石資源が不要な化学品製造基盤技術の確立を目指す。(2015/4/1)

自然エネルギー:
福島・小名浜に18MWメガソーラーが完成、沿岸地域で5200世帯分の電力
再生可能エネルギーによる新しい産業の振興を目指す福島県いわき市に、2カ所を合わせて18.4MWのメガソーラーが完成した。三菱グループが小名浜港の周辺で建設を進めてきた「小名浜太陽光プロジェクト」で、太平洋沿岸の日射量を生かしてエネルギーの地産地消を推進する。(2015/1/29)

知財ニュース:
白色LED用赤色蛍光体特許のクロスライセンスに合意
三菱と日亜は、白色LED用として使用される窒化物系の赤色蛍光体について、「特許相互実施許諾契約」を締結した。また、三菱とNIMSが共有する米国特許を三菱・日亜・NIMS・シチズン電子の4社で共有することも合意した。(2015/1/29)

製造マネジメントニュース:
炭素繊維事業を統合し、石炭ピッチ系とPAN系の強みを併せ持つ存在へ
三菱樹脂と三菱レイヨンは、炭素繊維・複合材料事業の強化を目的とし、三菱樹脂のピッチ系炭素繊維事業と三菱レイヨンのPAN系炭素繊維事業を統合することを発表した。(2015/1/8)

新型「ロードスター」にも採用:
マツダが新開発したバイオ素材、エコだけじゃないもう1つの狙いとは
マツダは「エコプロダクツ2014」で、三菱化学と共同で新開発した、自動車の外装意匠部品に使用可能なバイオエンジニアリングプラスチック製の部品を展示。その開発の背景には、環境への配慮に加えて商品性の追求といった狙いがあったという。(2014/12/12)

材料技術:
マツダの新型「ロードスター」、内装に新開発のバイオエンプラを採用
マツダは、三菱化学と共同で、自動車の外装意匠部品として使用可能なバイオエンジニアリングプラスチック(バイオエンプラ)を開発した2015年発売予定の「マツダロードスター」の内装部品に採用した後、量産車の外装部品に順次採用していく方針。(2014/12/10)

再生請負人が見る製造業(4):
開く世界基準との収益性の差、日系化学メーカーが未来を切り開くのに必要なこと
企業再生請負人が製造業の各産業について、業界構造的な問題点と今後の指針を解説する本連載。今回はグローバル競争が過熱する日系化学メーカーの現状と抱える問題点について解説する。(2014/10/23)

CEATEC 2014:
“鼓動の音”で脈を測定、活動量計で勤怠記録――デジタルヘルスケア・プラザから
「CEATEC JAPAN 2014」では、ヘルスケア向けの測定機器やシステムだけを展示するデジタルヘルスケア・プラザが設けられている。同エリアでは、鼓動の音から脈拍を測定する指輪型活動量計や、活動量計を出退勤の記録代わりに使うなど、さまざまな製品が紹介された。(2014/10/9)

自然エネルギー:
有機物の薄い膜で太陽電池、東芝が効率9.9%
東芝は2014年7月、開発中の有機薄膜太陽電池の性能が9.9%に達したと発表した。5cm角の太陽電池モジュールであり、同社によれば世界最高記録だという。同時に1cm角の単層太陽電池セルでは変換効率11.2%を達成している。(2014/8/4)

製造マネジメントニュース:
三菱化学、山口大学とMOT総研の3者で植物工場に関する包括的連携協定を締結
三菱化学、山口大学、MOT総合研究所の3者が持つ技術基盤や事業開発のノウハウ・知見を融合させ、新たな栽培品目や栽培技術・設備技術などの研究・開発を実施する。(2014/8/1)

自然エネルギー:
物流施設は太陽光向き、7棟の屋根に2.5MW
オリックスは2014年7月、三菱化学物流の倉庫7棟の屋根を賃借し、出力2.5MWの太陽光発電所の運転を開始したと発表した。同社は全国148カ所で、屋根を利用した太陽光発電を計画しており、合計出力は68.9MWに達する。(2014/7/22)

キーワード解説:
薄くて軽い「薄膜太陽電池」、住宅からメガソーラーまで用途が拡大
太陽電池は素材や製造方法によってタイプが分かれる。現在のところ結晶タイプのシリコンを使ったものが主流だが、最近では各種の化合物を素材に利用した薄膜タイプの製品が増えてきた。薄くて軽く、日射熱に強い点が特徴で、建物の外壁やメガソーラーにも使われ始めた。(2014/5/16)

産業制御システムのセキュリティ:
制御システムセキュリティを世界で主導、世界初のCSMS国際標準認証が始動
標的型攻撃などが活発化する中、制御システムを守るために企業運営の面から対策する制御システムセキュリティマネジメントシステム(CSMS)認証制度が始動した。同認証は、国際標準規格である「IEC62443-2-1」に準拠。認証制度が本格始動したことにより、三菱化学エンジニアリングと横河ソリューションサービスが、世界で初めて同認証を取得している。(2014/4/25)

スマートハウス:
壁面や窓がエネルギーを生み出す、日独の方向性の違いは?
有機物を使う有機薄膜太陽電池。固く重いシリコン太陽電池では実現しにくい用途に適する。薄く軽いからだ。大成建設と三菱化学はゼロエネルギービル(ZEB)に利用しようとしており、ドイツHeliatekは太陽電池の透明性を生かす用途を狙っている。(2014/3/28)

「制御システムセキュリティカンファレンス 2014」リポート:
「カイゼン」でセキュリティ向上? 標的型攻撃に狙われる制御システム
経済産業省とJPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は2014年2月5日、「制御システムセキュリティカンファレンス 2014」を開催した。制御システムの脆弱性の傾向や認証制度の確立に向けた取り組み、そして海外での事例などが紹介された。(2014/3/10)

自然エネルギー:
建物の「窓」で発電、有機系太陽電池を外装材に使う
竹中工務店はオフィスビルや工場の外装部分に太陽電池を用いる実証実験を開始した。軽量な有機系太陽電池を窓のルーバー(よろい戸)に設置し、発電しつつ、日照量を調整する試みだ。(2013/11/6)

CEATEC 2013:
製造コスト10分の1! パイオニアの「発光層塗布型」有機EL照明モジュールが登場
パイオニアはCEATEC JAPANで、大幅な製造コスト削減を実現した「発光層塗布型」の有機EL照明モジュールのサンプルを参考出品した。従来の蒸着製膜プロセスを採用したものに比べ、製造コストは5分の1から10分の1に低減できるという。(2013/10/1)

導入事例:
菱化システム、グループ429社が利用のクラウド基盤をvCloud Suiteで構築
菱化システムは、三菱ケミカルホールディングスのグループ企業429社が利用するクラウドサービス基盤に「VMware vCloud Suite」を導入した。(2013/9/25)

自然エネルギー:
有機系の太陽電池はなぜ必要――軽量でフレキシブルな性質が生きるから
有機系太陽電池はシリコン太陽電池にはない性質がある。変換効率では劣るものの、軽量でフレキシブルであるため、シリコン太陽電池の設置に向かない用途を開拓できる。NEDOの支援により、国内メーカー7社の実証試験が始まる。(2013/7/18)

自然エネルギー:
都市のメガソーラーに市民が5億円を出資、北九州市の試み
自治体がメガソーラーを立ち上げる手法はさまざまだ。北九州市は市政50周年記念債として、市民へ5億円の公債販売を試みる。(2013/7/1)

自然エネルギー:
クラウドで太陽電池を作れるのか、ハーバード大とIBMが巨大な計算に挑戦
現在のシリコン太陽電池には向いていない用途を開拓する有機薄膜太陽電池。プラスチックフィルムの軽さと柔軟性が生きる。課題は変換効率にあり、極めて多数の有機化合物を探索する必要があった。米ハーバード大学と米IBMは有機化合物の探索をクラウドソーシングで実行。有望な有機化合物を探し当てた。(2013/6/26)

人とくるまのテクノロジー展2013:
オール樹脂製自動車は実現できるのか、CFRPだけじゃない材料メーカーの取り組み
自動車の材料を金属から樹脂に置き換えれば大幅な軽量化が可能だ。炭素繊維強化樹脂(CFRP)が注目を集めているが、その他にも樹脂の採用拡大に向けたさまざまな取り組みが進んでいる。(2013/6/4)

世界初の“透明な紙”、王子HDと三菱化学が開発
紙の原料であるパルプをナノオーダー単位まで解きほぐして連続シート加工した“透明な紙”を王子ホールディングスと三菱化学が開発した。(2013/3/21)

学術誌「Cell」 表紙イラストで“タンパク質擬人化”
東京大学のグループによる研究内容をベースに描かれています。(2013/3/1)

タレントマネジメント製品紹介【第11回】
「COMPANY」がタレントマネジメントで目指す“進化するベストプラクティス”
国産の人事・給与パッケージとして大企業を中心に広く使われている「COMPANY」。同社はユーザー企業の要望を受けて数年前からタレントマネジメントの機能を製品に盛り込んできた。その特徴とは。(2012/12/20)

タレントマネジメントシステムで人材を可視化
【事例】三菱ケミカルがグローバル人材データベース整備で選んだ製品とは
事業のグローバル展開には海外人材の活用が鍵――そう考えた三菱ケミカルホールディングスは海外のグループ企業も含めた人材の可視化を実現するデータベースの整備を始めた。実現のために選定した製品とは。(2012/12/3)

プロが可能性を語る:
PR:「ITインフラソリューションプロバイダー」がこのOSに注目する理由
「ベンダ中立な立場で見ても、この製品のポテンシャルは注目に値する」と評価する品田氏。企業のITインフラシステムのアセスメントや運用経験の豊富な同氏がこう断言する理由は? 本稿では「ITインフラのプロ」の経験に基づく評価を見ていく(2012/10/22)

知財で学ぶエレクトロニクス(2):
「SiC」と「GaN」、勝ち残る企業はどこか?(後編)
前回はパワー半導体の次世代材料であるSiCとGaNのウエハーに注目し、企業ごとの開発動向を知財の観点から説明した。今回は、国や地域ごとに状況を解説した後、特に日本企業の特許出願状況を分析する。技術者が自ら特許情報を検索する手法についても紹介しよう。(2012/8/20)

知財で学ぶエレクトロニクス(1):
「SiC」と「GaN」、勝ち残る企業はどこか?(前編)
品質やコストと並んで、設計開発者が関心を持たなければならないのが、「特許」だ。製品設計の前段階から、自らの新たな視点に基づく特許出願を心掛けることが重要だが、まずは技術者が自ら特許について調べるためのヒントが必要だろう。本連載では、特定分野を毎回選び出し、その分野に関する特許の企業別、国別の状況を解説しながら、特許を活用する手法を紹介する。(2012/8/6)

省エネ機器:
有機EL照明をビル入口に導入、LED照明では実現できない機能を活用
LED照明ほどは目立っていないが、次世代の照明として「有機EL照明」の開発も進んでいる。三菱化学は、同社の有機EL照明を五洋建設に導入した。有機EL照明ならではの特長を生かして、今までにない使い方を提案している。(2012/6/11)

知財コンサルタントが教える業界事情(12):
実用化はどこまで? プリンテッド・エレクトロニクス業界の開発競争を読む
印刷技術を応用した回路・センサー・素子製造の技術はどこまで進展しているか? 各国がしのぎを削る開発競争を見る。(2012/3/21)

vProユーザーの気になる最新のPC管理術、開発中のツールもお披露目
「vPro」の発表2000日を記念したイベントをインテルが開催。vPro活用でヘルプデスク業務を効率化したというユーザーの最新事例や、vProの使い勝手を高めるという開発中のツールが紹介されている。(2012/3/1)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。