ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「Microsoft System Center」最新記事一覧

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(48):
Windows Server 2016 Technical Preview 5の評価方法と注意点
「Windows Server 2016 Technical Preview 5(TP5)」と「System Center 2016 Technical Preview 5(TP5)」がリリースされました。今回は、Windows Server 2016 TP5の評価に役立つ情報をお伝えします。(2016/5/11)

ホワイトペーパー:
BCP対策に強み、Windows Server専用のプライベートクラウドソリューションを検証
「Windows Server 2012 Hyper-V」と「System Center 2012」で構築されたプライベートクラウドは、Microsoft Azureとの連携でハイブリッドクラウドとしても利用可能なプラットフォームだ。(2016/4/21)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(36):
ついに日本語版が登場、Windows Server 2016テクニカルプレビューこれまでのまとめ
マイクロソフトは2015年11月20日(日本時間)、次期Windows Serverと次期System Centerの新しいプレビュー「Windows Server 2016 Technical Preview 4」および「System Center 2016 Technical Preview 4」を公開しました。Windows Server 2016 TP4をざっと評価してみただけですが、新しくなった点をピックアップして紹介します。(2015/12/8)

ITMaaS型の運用管理ソリューションが登場:
“クラウドの力”で運用管理のさらなる効率化・高品質化を実現せよ
いま、ITインフラの運用管理作業の効率化と高品質化に“クラウドの力”を活用する動きが出てきている。そうした中、マイクロソフトは、クラウド対応の運用管理スイート「System Center」に加え、新たなクラウド型IT管理サービス「Microsoft Operations Management Suite」の提供を開始した。(2015/9/4)

オンプレだけでなくクラウド管理にもSystem Centerを:
PR:Microsoft Azureの運用管理には、System Centerが必要
企業のビジネス領域におけるパブリッククラウドの利用は、いま本格的な普及期を迎えています。パブリッククラウドの利用が拡大すると、特にIaaS環境では運用管理が大きな課題となってきます。マイクロソフトの運用管理スイート「System Center 2012 R2」は、IaaS環境への展開も可能で、クラウド運用管理のさまざま課題を解決します。(2015/4/27)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(2):
次期System Centerから削除されるもの
今回は、Windows Serverとは切り離せない関係にある管理ツール製品「System Center」の次期バージョンについて、削除される予定のコンポーネントや機能を説明します。(2014/12/26)

移行先に適したプライベートクラウドを提供:
PR:最新のマイクロソフトテクノロジを活用したプライベートクラウドで移行を支援
「Windows Server 2012 Hyper-V」と「System Center 2012 R2」で構築されたプライベートクラウドサービス基盤「ビットアイルクラウド Wシリーズ」を提供しているビットアイル。現在、Windows Server 2012 R2の環境を無償で試せるキャンペーンなども用意している。グループ会社のSIer、ビットサーフとともにWindows Serverの移行を強力に支援する。(2014/10/7)

Windows Server 2003ユーザーのためのHyper-V解説【第4回】
Hyper-Vだけじゃない、統合管理ツール「System Center Virtual Machine Manager」のカバー能力
MicrosoftのCloud OSビジョンの根底を支える技術である「Hyper-V」。今回は、Hyper-Vをはじめとした統合的なITインフラ管理を実現する「System Center」の中身について「System Center Virtual Machine Manager」を中心に解説する。(2014/9/29)

System Center 2012 R2で実現するクラウド的管理法(1):
PR:自社の仮想化基盤をクラウド流に管理する
「System Center 2012 R2」は、8つのコンポーネントから構成される1つの製品です。各コンポーネントが提供する豊富な機能は相互に連携しながら、企業のIT環境の運用管理を改善、効率化し、ITサービスの品質を高めます。例えば、既に多くの企業が導入している仮想化基盤の運用管理は、System Centerに組み込まれたクラウドの技術でもっと楽にすることができます。(2014/4/16)

System Center 2012 R2で実現するクラウド的管理法(2):
PR:少人数のITスタッフで効率の良い運用管理を行うには
企業のIT基盤がオンプレミスの閉じた環境に収まらず、パブリッククラウドにまで広がろうとしている中、システム全体を把握し、それらをいかに効率良く管理できるかが、IT部門の課題となっています。「System Center 2012 R2」なら、IT環境の全階層を網羅的に監視し、運用管理タスクの自動化を促進することができます。(2014/4/16)

【徹底解剖】System Center 2012 R2(4):
クライアント管理はConfiguration Managerにお任せを
「System Center 2012 R2」はプライベートクラウドの運用管理ツールとして注目されているが、企業クライアントの管理においても重要な役割を果たす。多種多様なOS/デバイスが利用されるようになり、ますます複雑化する運用管理は「System Center 2012 R2 Configuration Manager」にお任せしよう。(2014/1/28)

【徹底解剖】System Center 2012 R2(3):
Virtual Machine Managerによるシステム展開
「System Center 2012 R2 Virtual Machine Manager」(SCVMM)で仮想化基盤を構築後は、この上に仮想マシンを展開して本格的にシステムを構築していくことになる。SCVMMでは仮想マシンの展開だけでなく、サービスやホストのベアメタル展開もサポートしている。(2014/1/21)

【徹底解剖】System Center 2012 R2(2):
System Center 2012 R2で構築する次世代ITインフラ
クラウドを導入する上で、懸念材料の1つに「運用管理の煩雑化」を挙げる企業は多い。その懸念を払拭する運用管理ツールが「System Center 2012 R2」になる。今回はSystem Center 2012 R2でプライベートクラウドを構築する際のポイントを解説する。(2013/12/19)

Windows Server 2012 R2登場(4):
“BYOD”時代に対応するリモートアクセス
Windows Server 2012 R2とSystem Center 2012 R2の注目の新機能を中心に、BYODデバイスの視点から、これからのIT基盤の姿の一端を見る。ドメイン参加とは異なる「ワークプレース参加」で、社内リソースへアクセス可能だ。さらに、BYODデバイスとの間でファイルを同期できるワークフォルダー機能も提供する。(2013/12/12)

【徹底解剖】System Center 2012 R2(1):
クラウド時代の運用管理を強力に支援するSystem Center 2012 R2
System Center 2012 R2は、Windows Server 2012 R2への対応とプライベートクラウドとパブリッククラウドを連携したハイブリッドクラウドへの対応強化が行われた最新の運用管理スイート製品である。企業においてはプライベートクラウドだけではなく、パブリッククラウドの利用も考慮する必要があり、両者のシームレスな連携は欠かせない。System Center 2012は、そうしたハイブリッドクラウド環境を効率よく運用管理するため、大幅にブラッシュアップされている。(2013/12/6)

【徹底解説】Windows Server 2012 R2(1):
Windows Server 2012 R2とSystem Center 2012 R2が企業のクラウド導入を強力に後押しする
マイクロソフトがビジョンとして掲げる「クラウドOS」。そのクラウドOSを具現化したサーバーOSが、Windows Server 2012 R2だ。では、クラウドOSとは何なのか。クラウドOSによってどのようなビジネスメリットがもたらされるのか。また、クラウドOSのコンセプトに沿って、IT基盤を構築し、サービスを提供、運用管理しようと考えた際には、何が必要になるのだろうか。(2013/12/5)

SDNと仮想化の“真”の統合管理を目指すなら:
PR:NECのOpenFlow対応製品「UNIVERGE PFシリーズ」をSCVMMで制御して統合管理と運用自動化を実現
NECは早くからSDNの実用化に取り組み、2011年3月には世界に先駆けてOpenFlowに対応した製品「UINVERGE PFシリーズ」を発売。多くの企業・団体にネットワーク仮想化環境を提供してきた。この「UINVERGE PFシリーズ」をマイクロソフトの「System Center 2012 R2」で管理し、サーバーとネットワークの統合管理環境を実現したのが「IaaS運用自動化ソリューション」だ。(2013/11/21)

System Center 2012 導入支援Liteパッケージがさらにパワーアップ:
PR:運用管理製品との密な連携で詳細管理と運用自動化を実現
デルはマイクロソフトとの密接な協業体制の下、同社サーバ製品とSystem Centerと密に連携し、BIOSレベルでの詳細設定や運用自動化を実現している。また、ソリューションプロバイダとして導入支援パッケージにも注力している。(2013/11/21)

ITエンジニアのためのSAM入門(3):
System Center Configuration Managerを用いたSAM効率化
皆さんは、「ソフトウェア資産管理(SAM)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? この連載では、ITエンジニアの方にSAMの背景や規格、正確な基礎知識を提供していきます。最終回では「Microsoft System Center Configuration Manager」を例に取り、SAM実践のステップをツールで効率化する方法を紹介します。(2013/11/21)

Windows Server 2012 R2登場(1):
企業のIT基盤を変革する“クラウドOS”とは何か
2013年10月18日(日本時間17日)、Windowsの最新サーバOS「Windows Server 2012 R2」と統合管理ツール「System Center 2012 R2」が正式リリースとなった。前回のバージョンアップからまだ1年。この早いリリースサイクルは、ユーザーや管理者、開発者を少なからず動揺させているに違いない。本連載では、Windows Server 2012 R2とSystem Center 2012 R2の導入で、企業のIT環境やエンドユーザーの現場はどう変化するのか、新バージョンに実装された新機能を中心に探ってみる。(2013/11/1)

ホワイトペーパー:
Microsoft環境依存のデータセンター、物理・仮想を問わず運用管理を一元化するには
ITインフラの安定性を最大限に高め、リスクを最小限に抑えたい。Microsoft System Centerコンソールで、Microsoftアプリケーションと物理/仮想サーバを一元的に管理する方法がある。(2013/10/21)

製品動向:
アリスタEOSがOMI APIに対応、System Center 2012上での統合管理可能に
アリスタが提供するEOSが最新バージョンでOMI APIをサポート。パブリック/プライベートクラウド管理統合を容易にする。(2013/7/29)

「Microsoftの管理戦略は根本的に変化した」
Windows Server担当バイスプレジデントに聞く、米Microsoftのクラウド、BYOD戦略
MicrosoftのWindows ServerおよびSystem Center担当コーポレートバイスプレジデント、ブラッド・アンダーソン氏の独占インタビュー。同社のクラウド、BYOD、OSアップデート戦略を聞いた。(2013/7/19)

Computer Weekly:
Windows Server担当バイスプレジデントに聞く、米Microsoftのクラウド、BYOD戦略
MicrosoftのWindows ServerおよびSystem Center担当コーポレートバイスプレジデント、ブラッド・アンダーソン氏の独占インタビュー。同社のクラウド、BYOD戦略を聞いた。(2013/7/10)

ホワイトペーパー:
「Windows Server 2012」と「System Center 2012」が変える企業システムの姿
マルチデバイス、クラウド活用時代の今、企業のITシステム基盤には変化が求められている。「Windows Server 2012」と「System Center 2012」によるクラウド時代のテクノロジーを余すところなく解説する。(2013/4/17)

TechTargetジャパン会員限定サービス
ノベルティプレゼント「System Center 2012 USBハブ&こすると消えるカラーペンセット」
(2013/2/8)

マイクロソフトがシステム管理製品群を強化、Hyper-Vのシェアも拡大
「System Center 2012 SP1」とクラウド型の「Windows Intune」の新機能などを新たにリリースした。(2013/1/21)

一から知るSystem Center 2012と仮想化管理 Virtual Machine Manager:
第3回 自社の仮想化システムをクラウドに近づけるために 〜System Center 2012 Virtual Machine Managerの新機能とこれから〜
仮想マシンの管理機能だけがVirtual Machine Manager(SC2012VMM)の価値ではない。仮想化システムを支えるホスト(物理マシン)も効率よく管理するSC2012VMMの新機能と、近くリリース予定のSC2012 Service Pack 1の新機能について解説する。(2012/12/20)

VMwareはなぜvRAMライセンスを廃止したのか
VMwareのvRAMライセンス廃止の背後にMicrosoftの影
VMwareはvSphere 5でvRAMライセンスを廃止した。その背景には、Windows Server 2012やSystem Center 2012のライセンスを簡素化するMicrosoftとの競合関係が少なからず存在する。(2012/11/19)

一から知るSystem Center 2012と仮想化管理 Virtual Machine Manager:
第2回 Hyper-Vを「使う」から「管理する」へ 〜System Center 2012 Virtual Machine Manager〜
Hyper-V単体でも仮想化環境は運用できる。では専用ツールであるSystem Center 2012 Virtual Machine Manager(SC2012VMM)の価値とは? 仮想マシンの作成手順を例に解説する。(2012/11/8)

読者の疑問をMS担当者にズバリ聞いた!:
PR:果たして、Windows Server 2012 Hyper-Vはどこまで使えるようになったのか?
プライベートクラウドとオンプレミスを併せて運用する“ハイブリッドクラウド”が注目を集めている。今回は、ハイブリッドクラウド時代に応えるべく「Windows Azure」や「Microsoft System Center 2012」を提供し、さらに9月にはサーバ最新版「Windows Server 2012」をリリースし、対応を強化している日本マイクロソフトに話を聞いた。(2012/10/10)

System Center 2012を試そう(4):
System Center 2012における「クラウド」の概念と運用
米マイクロソフトはSystem Center 2012を2012年4月に正式リリースした。日本でもこの製品の本格展開が始まり、ユーザーに向けた評価版ダウンロード提供も、5月11日に開始されている。本記事では、System Center 2012が最終的にどのような製品になっているのか、同製品のサーバ/データセンター管理機能の概要を紹介し、評価版をダウンロードして構成する手順についても示す(2012/9/28)

一から知るSystem Center 2012と仮想化管理 Virtual Machine Manager:
第1回 System Center 2012の概要
仮想化や展開、稼働監視、データ保護、マルウェア対策など幅広く管理するマイクロソフト製ツールSystem Center 2012の概要を解説する。(2012/9/20)

System Center 2012を試そう(3):
SCVMM 2012における仮想マシンの作成とテンプレートの利用
米マイクロソフトはSystem Center 2012を2012年4月に正式リリースした。日本でもこの製品の本格展開が始まり、ユーザーに向けた評価版ダウンロード提供も、5月11日に開始されている。本記事では、System Center 2012が最終的にどのような製品になっているのか、同製品のサーバ/データセンター管理機能の概要を紹介し、評価版をダウンロードして構成する手順についても示す(2012/8/13)

仮想化統合管理ツール紹介:マイクロソフト
Windowsの世界から飛躍した、System Center 2012の仮想化・クラウド管理
System Center 2012の中でもクラウド・仮想化管理を担う「System Center 2012 Virtual Machine Manager」を紹介。物理環境との統合管理、組織や部門単位での管理、サービステンプレートの3つの特徴を備える。(2012/8/2)

System Center 2012のスペシャリストが語る
プライベートクラウド化へ向けた運用管理のポイント
System Center 2012のトレーニングコースの講師を務めるスペシャリストがプライベートクラウド化へ向けた運用管理のポイントを解説。また中堅・中小企業でも無理なくプライベートクラウドに移行できるアプローチ方法を紹介する。(2012/7/24)

System Center 2012を試そう(2):
System Center 2012のインストール詳細
米マイクロソフトはSystem Center 2012を2012年4月に正式リリースした。日本でもこの製品の本格展開が始まり、ユーザーに向けた評価版ダウンロード提供も、5月11日に開始されている。本記事では、System Center 2012が最終的にどのような製品になっているのか、同製品のサーバ/データセンター管理機能の概要を紹介し、評価版をダウンロードして構成する手順についても示す(2012/6/19)

System Center 2012を試そう(1):
System Center 2012の概要とインストール
米マイクロソフトはSystem Center 2012を2012年4月に正式リリースした。日本でもこの製品の本格展開が始まり、ユーザーに向けた評価版ダウンロード提供も、5月11日に開始されている。本記事では、System Center 2012が最終的にどのような製品になっているのか、同製品のサーバ/データセンター管理機能の概要を紹介し、評価版をダウンロードして構成する手順についても示す(2012/5/29)

プロセスの自動化支援機能に注目、MSがSystem Center 2012を説明
日本マイクロソフトが、上半期の出荷を予定する「System Center 2012」の製品概要を紹介した。(2012/2/20)

Hyper-VとVMware vSphereのライセンス対決
ライセンスが簡素化された「System Center 2012」、VMwareに対する優位性は?
マイクロソフトは、仮想環境を管理できるソリューションスイート「System Center」のライセンス体系を2つに簡素化する。これによってVMware vSphereの牙城を切り崩すことはできるのか?(2012/2/13)

ホワイトペーパー:
System Center Data Protection Manager 2007 SP1を使用したWindows Server 2008のベアメタル回復
Data Protection Manager(DPM) 2007 Service Pack 1(SP1)を使用して、ベアメタル回復(BMR)を作成する手順について説明する(提供:マイクロソフト)。(2010/12/16)

運用管理ツールから見るサーバ仮想化製品【第3回】
Hyper-Vを高度に管理するSystem Center Virtual Machine Manager
Windows Server 2008の標準機能として搭載されたHyper-Vと、Hyper-Vをベースにした仮想化環境を管理するシステム運用管理製品System Center Virtual Machine Managerについて紹介する。(2010/6/14)

ホワイトペーパー:
Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2008 R2 レビュアーズ ガイド
バーチャル マシンおよび物理マシンに対してコスト効率の良い包括的な管理ソリューションを提供することにより、 仮想環境固有の問題に対処するソリューションを提供します(提供:マイクロソフト)。(2010/4/9)

日立とMS、運用管理分野の協業で基本合意
日立とマイクロソフトは、「JP1」および「Microsoft System Center」の連携を進めることで合意。年内の新製品開発も目指す。(2009/6/15)

「ようやく登場」の純正管理ソリューション
Windows Mobile携帯向け管理ツールSCMDMでセキュリティ強化
MicrosoftはSystem Center Mobile Device Managerで、Windows Mobile携帯電話のビジネスでのさらなる普及を促進するねらいだ。(2008/11/26)

仮想化環境を効率よく管理するSCVMM 2008の概要:
第1回 SCVMMによって複数のHyper-Vを一元管理する
サーバ仮想化技術Hyper-Vの実運用に必須の管理ツール「System Center Virtual Machine Manger 2008」。その機能概要と運用の実際。(2008/10/9)

アップデートされない事象:
MSの月例パッチ適用で一部に問題、アドバイザリーが公開
影響を受けるのは「System Center Configuration Manager(ConfigMgr) 2007」を使っている場合のみ。(2008/6/16)

マイクロソフト、System Center Configuration Manager 2007日本語版を発売
マイクロソフトは、企業内のIT 資産・構成管理ソリューションを提供する「Microsoft System Center Configuration Manager 2007」日本語版の販売を同日から開始した。(2008/2/1)

NEWS
マイクロソフト、IT資産・構成管理製品「Microsoft System Center Configuration Manager 2007」を発売
サーバからクライアントPCまで、総合的なIT資産管理機能を提供。Windowsプラットフォームのライフサイクル全般の一元管理を実現。(2008/2/1)

MS、システム管理製品群を大幅強化――サーバ管理スイートも発売
マイクロソフトは、System CenterおよびForefrontの新製品を発表。System Centerには他社に比べ価格が3分の1以下というサーバ管理スイートを投入する。(2007/12/6)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。