ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「モバイル化/マルチデバイス化時代のEC事業」最新記事一覧

【連載】モバイル化/マルチデバイス化時代のEC事業:
第5回 「レスポンシブECサイト」がECサイト事業の売り上げ拡大に貢献する理由
最終回では、レスポンシブWebデザインで構成したECサイト(レスポンシブECサイト)が今後のECサイト事業の売り上げ拡大の大きなカギを握る理由を整理したいと思います。(2013/12/10)

【連載】モバイル化/マルチデバイス化時代のEC事業:
第4回 レスポンシブ化という新たなスマホ対応
ECサイトのスマートフォン対応としてメジャーな「自動変換方法」と「スマホ専用サイト構築」。しかし、これらの方法は、すでに時代遅れとなりつつある。では「レスポンジブ化」はどうか?(2013/11/11)

【連載】モバイル化/マルチデバイス化時代のEC事業:
第3回 ECサイト、レスポンシブ化の効果――CVR(転換率)103%改善
今回はECサイトのレスポンシブ化に関する効果を検証する。「運用効率60%向上」「CVR(転換率)103%改善」「自然検索アクセス数146%改善」「注文数129%改善」といった効果が得られたのはなぜなのか?(2013/8/29)

【連載】モバイル化/マルチデバイス化時代のEC事業:
第2回 ECサイトのマルチデバイス対応問題――「ページ分離構成」か「一元ページ構成」か
第2回はECサイトのマルチデバイス対応について考えます。ポイントはサイトの構成です。選択肢は大きく2つ。1つは「ページ分離構成」で、もう1つは「一元ページ構成」、すなわち、レスポンシブECサイトです。(2013/7/24)

【連載】モバイル化/マルチデバイス化時代のEC事業:
第1回 レスポンシブECサイトの時代へ
EC事業に地殻変動が起きています。これまでPC中心に組み立ててきた体制や仕組み、マーケティング戦略をモバイル中心に“再構築”する必要があります。その解答の1つが「レスポンシブECサイト」です。(2013/6/21)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。